整体とは歪みやズレを整えること

  • はてなブックマークに追加
  • 整体とは体を整えていくことなので歪みを矯正することでカイロプラクティック徳力整体院

当院では北九州市小倉北区からも多くの方が来院しています。

体に疲れやストレスがたまっていくと、体は自然と歪みやズレを起こしていきます。疲れやストレスが誰でもたまっていますから、多くの方が歪みやズレを起こしていますが、痛みやコリになっていないだけです。

疲れやストレスは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスなんですが、疲れやストレスは体にたまると言うことは、わかっている方が多くいますが、どこにたまるのか、知っている方は少ないようです。

疲れやストレスはたまれば、ため込むことができます。限界なくたまっていくのが疲れやストレスです。

疲れやストレスがたまる場所

疲れやストレスがたまるのは、体のどこにたまっていくのか、たまる所があるから、たまっていきますが、疲れやストレスは全身にもたまりながら、ある部分に多くたまっていきます。

ある部分と言うのは、人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は、痛みやコリにも関係することがありませんが、弱い部分は、そうはいきません。

弱い部分に多くの疲れやストレスがたまっていくと、体は歪みやズレになります。

例えば、筋肉が弱い方は筋肉疲労になりやすく、なると肩こりになります。

腰が弱い方は、弱い腰に疲れやストレスがたまりやすく、たまると腰痛のなります。

生理に関係する部分が弱い方は、その部分に疲れやストレスがたまりやすく、たまると生理痛がひどくなります。

大腸が弱い方は腸に疲れやストレスがたまると、余計に働きが悪くなり、便秘になります。

膝が弱い方は年齢でも進行していますし、疲れやストレスがたまることで細胞の変化が起きて膝の痛みになります。

弱い部分と言うのは体質的に弱い部分です。

 

整体とは読んで字のごとく、歪みやズレが起きた体を整えて矯正していく治療法です。歪みやズレは姿勢で起きるものではありません。

整体で行う矯正は骨盤の歪み・背骨のズレだけでは有りません。歪みやズレが、どうして起きるのか、どこから歪みやズレが起きているのか考えなければならないからです。

だから単純にボキボキしたりすることもなく低周波治療器や電器で誤魔化したりする事もなく検査することからしています。整体と言うとボキボキ音をさせる矯正が特徴ですがボキボキ音は手の指をボキボキさせる方法と同じです。

関節が大きいから矯正音に聞こえますが本当の矯正をしている音ではありません。

人の背骨は真っすぐな方はいません。何かしらのズレがあります。その背骨のズレは遺伝子に関係があります。遺伝的に家系的に背骨のズレを起こしています。

もとからある歪みやズレと後天性の歪みやズレ

背骨のズレ

例えば親が肝臓の病気を持っていれば子供や孫も肝臓が弱く生まれてきます。肝臓が弱いとアレルギー、花粉症、しっしん、膝の痛み、外反母趾になりやすくなります。肝臓の問題がある家族は背骨の8番目が初めからズレています。

親が糖尿があれば子供も孫も、まだ糖尿ではありませんが膵臓が弱く生まれてきます。膵臓が弱いとアトピー、下痢、かゆみ、乾燥肌、足が攣りやすいなどの症状が起きやすくなります、膵臓が弱い家族は背骨の6番目が生まれつきズレています。しかし、この時点では痛みやコリはありません。

これが誰でもある体質です。この弱さがあると初めからズレていますから疲れやストレスがたまると気泡がたまり歪みやズレが大きくなります。この時に痛みやコリになります。つまり体質で起きている背骨のズレは痛みやコリにはなりません。

痛みやコリを感じる時には疲れやストレスが多くたまって骨盤の歪み・背骨のズレになっています。疲れやストレスは体質的に弱い部分にたまっていきます。

体質改善

疲れやストレスと言うのは根底にある弱さの部分に多くたまっていきます。土台である体質が全てに関係して何かが起こります。痛みやコリになる時も病気になる時も、すべて体質が関係しています。

もし人の体の遺伝子が弱い部分がなければ病気になることも痛みやコリが起きる事もありませんから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みに悩まされることはありません。

 

姿勢が悪くて起きるものは、その前に歪みやズレを起こしているからです。歪みやズレがあるからと言って痛みやコリを起こすとは限りません。

整体で対象になるものは多くの症状がありますが、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなど多くの症状に適応しています。体に起きる多くの症状は歪みやズレを伴って起きています。歪みやズレがなくて起きることはありません。

体に歪みやズレが起きる原因は疲れやストレスの蓄積にあります。疲れやストレスの蓄積は誰でもあるものです。疲れやストレスがたまっていない方はいません。

生活している限り疲れやストレスは存在しています。生きている限り疲れやストレスは多くなるばかりです。

多くなったものは体の弱い部分にたまっていきます。人の体には弱い部分と、そうでもない部分に別れます。そうでもない部分には痛みやコリにつながることはありません。

しかし弱い部分は、そうはいきません。弱い部分に多くの疲れやストレスがたまっていきます。弱い部分が、どこなのかで起きる症状が違います。

例えば弱い部分が生理に関係する方でしたら生理痛になります。その時には腰椎の3番目と5番目の骨がズレを起こしています。

腸の働きが弱い方は便秘になりますが、この場合も腰椎に歪みがあります。腰椎4番目が腸に関係する骨です。便秘になる方は腰椎4番目が歪みが大きい時に特に便秘になります。

腰痛の方は骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると起こります。骨盤が不安定な時に重たいものを持ったりすると体を支えることができなくなる時に痛みになります。




当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。