ひどい生理痛、月経痛は

  • はてなブックマークに追加
  • 酷い生理痛にはツボや薬よりも緩和する薬よりも原因から改善していくようにしていきましょう。

生理になっている方の多くは、生理痛が起きると薬ばかり服用して楽にしているみたいですが、生理痛になるのは、原因が必ずあります。その原因から変えていくことをしないと、いつまでたっても生理痛がよくなりません。場合によっては悪化する事もあります。

ひどい

生理痛を解消しようと思うなら

  • ① まずは何と言っても体を整えていく事から(体を整えていかないと骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも改善できません。)
  • ② 生理に関係するホルモン・子宮・卵巣の状態のチェックをしていきます
  • ③ 体が整ってくると、次のステップとして体質改善で生理痛の原因を見つけ出して改善する事ができます

 

 

以前は起きなかった症状が起き出すこともあります。

生理痛になるのは、2つの原因が考えられます。一つは体調です。

しかし、体調と言うのは意味不明な言葉です。

自分で体調が良いと感じれば、そうなるからです。

体調が悪いとか、調子が悪いとか、言われることがありますが、それは、どういう事なのか??

体調が悪い、調子が悪いとかは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるモノがたまっている事を言います。

日々の生活で、日常で多くのモノが生み出されて体にたまっていきます。

それが疲れです。疲れと言うと『なんだ疲れかぁ~』と思うでしょうが、疲れは限界なく蓄積して、多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になります。

蓄積疲労は、体にとって、ありとあらゆることを起こしていきます。

疲れがたまって多くなると体のあらゆる部分にたまっていきます。筋肉にもたまりながら生理に関係するホルモン、内臓も例外ではありません。

多くの方が内臓と言うと病気??と思うでしょうが、健康な細胞から一気に半年や1年で内臓の病気になることはありません。いくら定期検査を受けていても病気として完成まじかか、完成してしまうと数値の異常が出て病気の判定が下されます。その場合は病院の専門医の治療をしなければなりません。

しかし健康な細胞から一気に、病気の細胞になる事はありません。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れが全身にたまりながら、体の弱い部分にたまったのが、残って積み重なって多くなります。

弱い部分と言うのは人は誰でもありますが、どこが弱い部分なのかで違います。筋肉が弱い方もいますし関節が弱い方もいますし、内臓が弱い方もいます。

弱い内臓に多くの疲れの蓄積が起きていくと先将来につながってしまいますが今、検査しても異常ではありません。

弱い部分と言うのは体質的に弱い部分と言う意味ですから、弱っていると言う事ではありません。体質的に弱い部分は成長期から、ず~と弱く、徐々に疲れをためながら、生理になってくると生理痛を起こすようになります。

体質的に弱い部分が、体に多くの疲れをためてしまったときに、弱い部分にも多くの疲れがたまることから、内臓のある部分か、関連する部分に症状を起こします。

体質的に弱い部分は生理ですから子宮、卵巣、ホルモン系になります。

体質的に弱い子宮、卵巣、ホルモン系に日常の疲れが溜まりやすくなっていくと生理痛になります。

生理痛になるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーで疲れの蓄積が多くなるだけではなく、眠りの浅さからも疲れは多くなっていきます。

眠りとは

眠りと生理痛

眠りというのは布団やベッドの上で目を閉じて横になってスースー寝息を立てていたりいびきをかいていることが寝ているわけではありませんので、どんなに横になってグーグー寝ていても大脳が寝ていない限りは眠れているとは言えません 。

眠りというのは脳が寝ている間の短い時間だけを言いますので6時間から8時間睡眠時間があっても最高に脳の眠りができるのは30分以内だと言われていますので30分のうちどれぐらいの方が寝ている時間があるのかで眠れているのか眠れていないのかということが決まります。

眠りが浅い形ほど膿が出ていないわけですから熟睡ができていないので体を検査してみると自分でも気が付いていないぐらい骨盤が大きくずれていたり歪んでいたり開いたり背骨がずれたりしていることが多くありますので生理痛がないときでも腰痛を感じることもあれば感じない方もいるんですが全員が骨盤のトラブルや背骨のズレを起こしています。

熟睡

今まで30年間以上生理痛を研究していきましたが疲れの蓄積が多くなればなるほど又眠りの浅さが多くなって脳疲労が起きてしまった方が多くいますので骨盤だけで改善できることもない場合が多くなっているんですが骨盤が歪んだり骨盤が開いてあり背骨がズレたりすることも脳が関係している場合も多くありますので熟睡ができていないと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がズレてガタガタ事態になっていて骨盤周辺やウエストの部分にむくみが多くなっていきます。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動する事や階段は上ったり下りたりする事や歩いたりする事や色々な物事で体を動かしていますので何をしても疲れが生み出されてしまい、何もしなくても家で、ゆっくりしていてもゴロゴロ、ダラダラしていても疲れは多くなるばかりなんですが、この疲れというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで起きる症状の部分が違います。

不眠症と生理痛

不眠症と生理痛

寝ようとする時に不眠症という言葉がありますが不眠症というのは1時間も2時間も寝つきが悪く眠れないのが不眠症の特徴なんですが夜中に何回も目を覚ましてしまって30分も1時間も眠れないことも不眠症の特徴でもあります。

さらに夜中に何回も目を覚まして寝返りをしたりすると、すぐ眠れるからと思っている方も多くいるでしょうが、これも不眠症の特徴にもなります。

脳が寝ていない限りはまた熟睡ができていない限りは眠っているわけではありませんので寝つきが悪い方は不眠症の問題を起こしていますので不眠症というのは非常に厄介なものですから生理痛を治すためにもホルモンの親分みたいな脳下垂体ホルモンからバランスが崩れてしまっているということもありますし自律神経を支配しているのは脳幹の部分で支配されていますので眠れていなければ自律神経も乱れているということで生理痛が起きている可能性もあるんです 。

不眠症の方の検査をしてみると体がガタガタでボロボロ状態になっているのに大脳が弱ってしまったことが原因であらゆる症状を感じにくくしてしまい自分が体調が良いと思う方が多くいますので脳から元気にしていかなければいけませんので生理痛の改善を行いながら眠りの問題も改善していくようにしていますが眠りの問題というのは非常に厄介で問題が山積みになっています 。

 

睡眠負債

睡眠負債と生理痛

睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがないんですが眠りが浅い睡眠しかしていないため不眠症の方と同じように身体はボロボロで骨盤のゆがみは骨盤の開きが大きくあり内臓の問題も起こしながらホルモン系の問題を起こしていますので生理痛になってしまうのは当然の結果ぐらい体の状態がよくありません 。

睡眠負債の方は夜寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間になってしまい考え事をしている時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残りません。

そして朝まで目が覚めないから寝ていると思っているんですが眠りが浅い睡眠しかしていないのに検査をしてみると体がボロボロ方々状態になっていてむくみや脂肪が多くなっているということは当然起きています。

 

体質改善

体質改善と生理痛

体質的に弱い部分に疲れがたまりやすくたまってしまうと細胞の変化を起こすぐらい負のエネルギーに変換されてしまいますので細胞の変化が起きればお昼ほど悪さが進行してしまうことがあり先将来の問題につながりやすいことがありますので弱い部分を少しでも変えていくことができるのが体質改善の矯正になります。

薬で抑えても骨盤の歪みや骨盤の開きを整えても背骨を矯正しても内臓の働きだけをあげても体質レベルで変えない限りは戻りやすく繰り返しやすく効果がなくなっていくこともありますので体質改善で細胞の変化を良くなる方向の方に変えることが必要になります。

しかし体質改善の強制は初回や2回目からはできませんので早い方から3回目の矯正が可能になる場合もあるんですが疲れを減らしたり骨盤を整えたり背骨のズレを確認したら矯正をしたりしなければいけませんので整った方から体質改善の矯正を行うことができます 。

また期間をあけてしまったりすると体質改善の矯正はできなくなることもありますのでご注意してください。 一週間に一回来れば体質改善の矯正ができる方もいますし一週間に2回来なければ体質改善の調整ができない方もいますので個人個人違いますができるだけ開けないで詰めてきた方が効果は上がりやすく体質改善の矯正おすすめやすくなります 。

マッサージとかであれば悪くなった時だけ行けばいいでしょうがマッサージをしても電気をしても鍼灸をしても指圧をしても他の整体やカイロプラクティックを受けても、体質レベルができなければ体の変化は起きていません。

 

 

生理痛を緩和するだけではなく、生理痛にならないようにしていくことを研究しています。簡単な方法で短期で良くすることは困難ですが、以前、ひどかった生理痛が生理になっても楽になれば良いと思う矯正をしています。

生理痛の緩和

その為には、体を整えていくことをしないと、先に進める事ができません。

まずは、初診の方の体の状態を検査してみると、体が良い方はいません。来院時に生理がきていないでも原因はありますから、検査することで状況判断していきます。

生理痛の方は原因は生理に関係する部分が深く関係していますから下腹部を触る事もあります。正確な確認をしなければいけませんので。

もちろん洋服の上からですが。

目で見て判断できないこともあり、中の状態を確認しなければならない為にです。

下腹部を触ると、ブヨブヨしていたり、フニョフニョしていたりする方もいます。しかし、それでも病気ではありません。

まずは下腹部をしっかりさせることからしないといけませんが、院長がまずは触って確認したら、ご自分でも、触っておぼえてもらいます。

一度で、どこまで、しっかりしてくるのかは、やって見ないと、わかりません。

下腹部がブヨブヨしていたり、フニョフニョしていたりすると言う事は何かが起きているからです。

そして疲れの蓄積、眠りの浅さからも骨盤の歪み・背骨のズレを起こしています。

骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていると腰痛になります。

生理痛を緩和するだけではない

初回の矯正は、

①下腹部を検査して異常を確認できれば、しっかりさせることです。

②骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する事をしていきます。

初回から飛ばしすぎると、変化に体調や体力がついていかないとダルクなりますから、注意して矯正を進める必要があります。

当院の目的は生理痛の緩和ではなく、起きなくする事ですから、しばらくの矯正が必要になります。

その為、1回目の矯正は、下腹部をしっかりさせることと、骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する事になると思います。

マッサージではありませんから、時々、来られても矯正は進めていく事はできません。マッサージでは癒しですから、症状が起きた時、症状を感じた時に行けば良いでしょが。

また整骨院でも揉んだり低周波治療器や電器をしていますから、症状が起きた時、症状を感じた時に行けば良いでしょが。

それでは、整えるだけで、直せません。

整えるだけでも楽になる事もありますが、原因を変えていかない限りは、生理痛を感じていない時でも進行するからです。

 

生理痛を楽にするというよりも生理痛を楽にしたら原因を見つけ出して変えていくことで生理痛を起こらなくしていく方法をしています。

生理痛を楽にするためには体を整えていくことから始めて行かなければいけないんですが生理痛を起こしている場合、全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして背骨のズレを起こして疲れやストレスが多く蓄積しています。

生理痛と薬 生理痛の緩和

生理痛を緩和

生理痛

生理痛を緩和しようと思うなら、まずは体から整えていくことが基本的になりますので今まで生理痛で当院に訪れた方全員の方と検査してみると、体調が、すごく落ちていて体の歪みや骨盤の開きや骨盤のズレが大きくあり背骨がズレている方ばかりです。

一人として体が整っているという方はいませんでしたので全員の方に対して身体を整えていくことからしないと生理痛は楽になってくれません。

生理痛を緩和しようと思うなら基本的なものはベースにある体質的な弱さであり悪さが基本的なものになりますが弱さや悪さがある上に、体調レベルで問題を起こしていると、ひどい生理痛になります。

生理痛が起きやすかったり以前、生理痛があったことなどは、これからは更年期障害も患いやすくなったり不妊症を起こしたり子宮や卵巣系の病気になる可能性も高くなっていますので根底にあるものから改善していくということが必要になっていきます。

ひどい生理痛

ひどい

生理痛が軽かったり酷い生理痛になってしまう原因は体調の状態にありますので、体調が落ちていることが原因でいろいろな問題を起こしてしまいます。

体調が良い時には生理痛は必ず軽くなりますし、生理痛がひどい時は体調が落ちているから生理痛がひどくなってしまいます。

全ては体調が関係しているんですが体調を検査するということは、病院でもしていませんし元来体調を検査するという方法はないんですが、自分で感じている以上に体調を落としている方が多くいるようです。

当院では普通にいつもしている検査がありますが体調を検査することをしたり色々な状況判断を目で見てわからないものを検査することができますが当院で行っている検査は病気を見つける検査ではありません。

生理になる前から体調が悪くなったりホルモンのバランスが悪くなったりして、いろいろな問題を起こしてひどい生理痛になってしまいますので、ひどい生理痛の方も改善することが可能ですからまずは体から整えていくことをしてください。

いつもひどい生理痛が起きている方もいるんですが生理痛のひどさというのは変化する時もありますので変化する場合は全て体調に関係があります.
生理痛が起こりやすい体質というのは簡単に変化することはありませんので毎月の生理の時に変化することはありませんから急激に落ちるという場合もあるでしょうが簡単に変化はするものではありませんので変化しているのは体調です。

生理痛と睡眠

生理痛と眠り

生理痛を改善していくためには眠りの問題も深く関係していますので最近多くの方が眠りのトラブルを抱えている現状を踏まえ説明していきたいと思います。

多くの方が勘違いしている場合があるんですが眠りというのは脳が休養とって寝ていること脳が眠っていることだけを眠りと言います。

脳がスースー寝息を立てているような状況が眠りです。

人が横になって目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ていると誰でも思うんですが、それは寝ていることにはならないこともあります。

人は見た目だけで判断してしまいますので、目が覚めなければ寝ていると勘違いしてる方が多くいます。

眠りと

眠りというのも二つの眠りがあります

不眠症と睡眠負債という言葉があります。

不眠症と生理痛
不眠症と

不眠症という方は自分でも分かっていない場合があるんですが夜中に何回も目を覚ましたりするのが特徴ですし寝ようとする時に1時間までに時間も寝付けなくて眠れないという方が不眠症の特徴になりますので気が付いている方もいれば、分かっていない方も多くいます。

まさか自分が不眠症になっているということもわかっていなくて普段生活している方が多くいます。

不眠症の言葉状態を検査してみると異常と思えるほど落ちていて生命機能の中枢である中枢神経系がすごく悪くなっています。

大脳の状態が落ちすぎているだけではなく大脳の脳幹の部分にある脳下垂体という体全部のホルモン系の親分みたいなものが、働きがすごく落ちていれば生理痛になるのは当然です。

不眠症の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありますし背骨がずれてガタガタ状態になっているんですが脳内麻薬のホルモンがいっぱい分泌されていればモルヒネに似た物質ですから痛みやコリを他の部分が麻痺させてしまっているということも考えられます。

つまり自分では体調の悪さを感じていないで生理の時に生理痛がひどくなっているということです。

睡眠負債と生理痛
睡眠負債と生理痛

睡眠負債というのは特徴的に多くの方が睡眠負債になっているんですが先ほども説明したように眠りとは脳が寝ていることだけを言いますので6時間の睡眠時間があっても脳が出ている時間は30分未満です。

脳が寝ている30分の時間ができているかできていないのか、あるのか、ないのかで寝ているのか、 眠れていないのか判断できます。

多くの場合、寝ている本人はわかっていませんが夜寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

朝まで目が覚めないから寝ているとは思わないで

夜、寝ようとするとすぐ眠れて、少しだけ眠れるんですが、すぐに寝ながら考え事をして眠っている時間になってしまい、この時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか記憶に残らないために寝ていると思っています。

つまり寝ている間に5時間も6時間もそれ以上の方が考え事をしている時間が圧倒的に長くなっているわけですから膿が出ているわけではありませんので脳が休めないと、どんどん、どんどん悪くなっていきます。

悪くなるのは生理に関係する部分だけではありません。 初めは記憶違いや物忘れやうっかりが多くなっていきます。

その結果としてブレーキとアクセルを間違えたり逆走していても気がつかないということが起きてしまって社会現象になっています。

体調と生理痛

体の状態と生理痛

生理痛を説明するには3つの大きなモノがありますので、一つ目は体調と、もう一つは体質と、もう一つは眠りの問題です。

たぶんどのサイトを見ても生理痛が起こるメカニズムとかは書いてあると思いますが原因たるものやどうして起きるのかという問題を書いているサイトは少ないと思います。

体調を落とすということは、毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが弱い部分にたまっていきます。

疲れやストレスがたまりやすいところは弱い部分にたまっていきますので筋肉が弱い人は肩こりになりますし腰の部分が弱い方は腰痛を起こし生理に関係する部分が弱い方は生理痛になり台胃腸が弱い方は便秘になるということです。

疲れやストレスというのは毎日毎日多くなっていくものですし何もしなくても多く積み重なっていき何かをしたら、さらに積み重なっていきますので多くの疲れやストレスは蓄積することが多くあります。

生理痛を起こすわけですから生理に関係する内臓を調べてみるとホルモン系とか、卵巣や子宮しかありません。 つまり何らかのホルモン系の問題や卵巣や子宮の関係が関与していると考えたほうが自然だと思います。

しかし病気ではないために病院に行って検査をしてもわからない場合がありますので、今、現在は病気ではなくても、何かの弱さがあると判断できると思います。

他にも原因がなくて生理痛が起きることはありませんが検査することができないために薬ばかり飲んで一時的に抑えているというだけになっています。
検査することができれば状況を判断して改善することが可能なんです。

体質改善と生理痛

体質改善と生理痛

しかし、どんなに体調をとしても体質的な弱さが、生理に関係する部分にない方は生理痛になることはありません。

生理痛を起こす弱さがあるからひどい生理痛になったりするわけですから、原因を見つけ出すためにも体を整えて言ったら、体質改善を進めていく必要がありますが、体質改善で反応する部分、つまり直さなきゃいけない部分つまり変えなきゃいけない部分というのは、子宮だったり、卵巣だったりまたはホルモン系だったりという感じが中心だと思います。

簡単に言えば弱いから生理痛が起きるわけですから弱さを少しずつでも変えることをしていけば生理に関係する内臓が変わってくるということです。

根底にあるのは弱い部分に疲れやストレスがたまるとどんな症状が起きても不思議ではありませんので、肩こりであろうと、腰痛であろうと、便秘であろうと、生理痛であろうと同じ現象が起きているということです。

初回からでも無理ですし一回で終わることはありませんが弱い部分を変えていくことをしていくのが体質改善という意味になります。

体質改善とは

 

 

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。生理痛は解消するには、薬ばかり飲んでいないで原因を見つけることが大切です。

生理痛が起きる時にはどうして生理痛が起きているのかということも考えていかなければいけませんので薬を飲んで、 一時的に楽にすることは構いませんので、原因を見つけ出すことをしなければ、いつまでたっても生理痛が改善しないということがあります。

ひどい生理痛を緩和

生理痛がひどい方や生理痛を緩和したい方やツボをしたり、吐き気があったり、腹痛があったり頭痛があったり、寝れないという方も多くいますので、薬ばかり使ったりしないで原因を見つけ出すことが一番だと思います。

当院では検査することができますので検査をしてみると生理痛の原因がしっかりと分かりますので生理痛の原因から改善すると、1度では無理ですが少しずつ楽になっていくことが評判なんです。

生理痛とは

生理痛と言うと薬ばかり飲むことが多くあると思いますが薬を飲んでも一時的に緩和状態が測れるだけであり原因を見つけ出さなければまた次の生理の時に同じ結果になってしまいます。

同じ結果が繰り返されることなく改善するのが生理痛を治していくということになりますので、薬ばかり飲んでも構わないと思いますが、原因を見つけ出すためにも体から整えていくと症状の緩和や次の生理の時の軽さが出てくると思います。

生理の時にどんな症状が起きようとも全てに関係しているものがあります。しかしどんなに関係しているものがあっても病院に行って検査することができないものもあるということを知ってください。

病院というところは病気の専門家ですから病気になったら初めて訪れて検査してみると異常が見つかりますが、 病気になっていないでも色々な症状が起きてしまうのが腰痛や肩こりや頭痛や生理痛もあるということですからこれらの症状は病気というわけではありません。

病気というわけではありませんが何かの異常があるから起きている現象なんです。

当院では体の状態を検査することができますので生理痛で悩んでいるとか苦しんでいると言われれば検査することをしてみると多くの場合異常が見つかります。
異常が見つかれば正常に戻すことや正常にしていくことをして改善することが可能だということなんです。

生理痛とは

生理痛になる体質

生理痛になったりする時には必ず関係しているものが二つあるんですが、一つ目は体調です。そして、もう一つ目は体質になります。

多くの症状も頭痛であろうと、便秘であろうと腰痛であろうと腰痛、腰の痛みであろうと、肩こりでも、この二つが全てに関係しています。

生理痛になる体質というのがありますが生理痛になる体質というのは生理に関係する内臓が弱いということで体質という風に読んでいますが子供の時はまだいいかも分かりませんが生理が起きだす前後の辺りで急速に生理に関係する内臓が弱くなっていくことがあります。

弱い部分というのはストレス(蓄積疲労)をためやすくストレスを溜めてしまうことが原因で働きが低下した状態で子宮、卵巣自体も弱っていきます。

弱った時に生理になってしまうと、ひどい生理痛になってしまいます。

生理痛というのも変化する方もいますし変化しない方もいますので変化して軽い方は子宮や卵巣の状態が少し良い時です。

しかし毎月軽ければ問題ないんですがひどい時もあって寝込むような状態の時もしっかりとした原因がありますので原因から改善していくと徐々にですが軽くなっていきます。

生理痛と体調

根底にあるのは体質的な弱さだったり悪さなんですが弱い部分や悪い部分というのはストレスをためやすくなっていきますのでストレスを溜めてしまうと、ひどい生理痛になってしまいます。

体質というのはそんなに簡単に変わるものではありませんので毎月毎月、体質が変わるということはありませんし、体質は一度、悪くなったものは良くなることはありません。

つまり体質は変えていかない限りは進んでいくものです。
毎月毎月の生理で変わる変化するものは体調の方です。

体調というのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどやまた不眠症や睡眠負債で落ちていくものです。

生理痛と言っても体の状態が全て関係していますので体の状態が良いか悪いかでひどい生理痛になるか軽い生理痛になってしまうかです。

疲れやストレス

 

眠りと生理痛

生理痛に関係あるのは眠りの深さですからただ寝ているだけではなく本当に熟睡状態ができているのか脳からの眠りができているのかで体の状態が違うんです。

不眠症というのがありますが不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪かったり夜中に何回も目が覚めてしまったり夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

この不眠症でもすごく体調が悪くなっていますが痛みやコリがないからと言って体調が 良いとは限りませんので自己判断はできません。

不眠症の方はどんなに体が歪んでいても自分の状態を把握しにくい事も起きていますので、麻痺したりしている方も、そういう状態になっているから、ひどい生理痛になってしまうことさえ分かっていないと言うか理解していない場合があります。

不眠症と生理痛

不眠症というのは1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりトイレに行ったり夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症の特徴なんですが不眠症は目が覚めてしまうのが多くありますので自分でも気がつきやすいのが不眠症の特徴でもあります。

不眠症の方は身体全身が弱っているという段階ではなくて疲弊したり衰弱状態になっていても自分ではわからなくなっているか違いますので衰弱状態や疲弊状態になったり、弱った方は痛みやコリが感じにくくなっています。

これにはある現象が関係しているんですが眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていきますので大脳が弱っただけではなく脳幹の生きていく神経の部分も弱っていきますから全ての問題が麻痺したり鈍感になったりすることがありますので痛みやコリを感じにくくなっているんです。

不眠症の方は麻痺したりどこかになったりして痛みやコリを感じにくくなったり風邪もひかないような状態まで陥ってしまうと生理になった時にひどい生理痛になってしまう方が多くいます。

そのため生理に関係する内臓だけではなく全ての内臓が自律神経の試合を行うことができませんのでコントロール不可の状態が起きてしまい全ての内臓に不調状態が起きています。

しかしそういう状態が起きていても大脳が弱ってしまうと脳内ホルモンの分泌が行われてモルヒネに似た物質が出てきますので痛みはコリに鈍感になってしまうということが起きてしまうんです。

ということを考えれば内臓だけではなく脳内ホルモンだけでもなく内分泌系のホルモンだけでもなく他の内臓も全てやられていて骨盤の歪みや骨盤の開きも大きくあり背骨のズレが起きてガタガタ状態になっているということが起きていますので生理痛がひどくなるのは当然なんです。

眠りと生理痛
睡眠負債と生理痛

不眠症とは違って睡眠負債というのはありますが睡眠負債でも異常と思えるほど滞納が弱ってしまったり疲弊したり衰弱状態になってしまう方が多くいますので睡眠負債というのは朝まで目が覚めることがないけど眠りが一番、浅い睡眠しかしていないということになります。

夜、寝ようとする時に朝まで目が覚めないんですが寝ている間もスースー寝息を立てている時も大脳の中はどういう状況になっているかと言うと寝ながら考え事をしている状態の妄想に走っているんです。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので熟睡の状態の時間なんですが6時間の睡眠時間があってもたった30分の熟睡状態ができればいいほうだそうです。

この30分の時間ができていないことが眠れていないという状態になり、睡眠負債になりますので目が覚めないからと言って寝ているわけではありません。

もし仮に寝ていれば生理痛が、ひどくなることはありません。

不眠症や睡眠負債が多くあればあるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がずれてガタガタ状態になっていても痛みやコリを感じないということが起きてしまいますので脳内ホルモンの分泌がモルヒネのようなホルモンが出てくれば当然として麻痺した状態になってしまいますので自分でも分からなくなっているということがあります。

生理痛と不眠症と睡眠負債


 

生理痛を解消する

生理痛を改善したり緩和するためにはまずは体を整えていくことから始めなければいけませんので初診の方は検査をしてみると体調を落としていますので、体調としている方ほど上がりにくく改善しにくいのが現実ですが、少しずつでも何かをしていけば体は徐々に回復していきます。

体が回復していく証拠として浮腫みや脂肪が減っていくということもあり代謝が良くなったぶんだけリンパの働きが改善されて老廃物が流れていき循環が良くなることから浮腫みや脂肪が減っていき特にウエストなどが引き締まるという効果もあります。

体を整えていくことをすれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレも解消されていきますので次の生理痛は楽になってくると思いますが楽にならない場合は体質改善の調整が必須になります。

楽になる生理痛もあれば楽にならない生理痛もありますので全ての問題は先ほども説明したように体質が関係していますので体を整えていくことで楽になった方もそれで終わりではなくて体質改善の矯正をしていくことで安定した状態で生理を迎えることができるようになりますし先将来に繋がりにくくなっていきます。

初診ではどこまで体調や調子を落としているのかということを判断しなければいけませんので、判断するためにも、検査することをしていますが、最近は多くの方が不眠症や睡眠負債状態になっていますので不眠症や睡眠負債状態の方ほど、眠りに問題を抱えていますので、大脳の中枢部にある脳幹の部分が、すごく弱っていたり疲弊したり衰弱したりということまで起きている可能性もあります。

大脳が問題を抱えている方の場合はいくら体の方を調整してもすぐに戻ってしまったり効果がなかったりということが起きますので大脳を元気にしなければいけません内臓と大脳を元気にするということは簡単な方法でできることはありません。

それほど大脳に問題を抱えるということは重大事なんです。

まずは体を整えていくことから始めていきますが体を整えていくためには筋肉だったり靱帯だったり骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレだけではなく内臓の状態も確認しながら治療にあたって行かなければいけませんし中枢神経系の問題があれば中枢神経系の問題も解消していかなければいけないという大変な作業が伴っていきます。

しかし眠りができない形を眠らせるということは簡単な方法でできることはありません。

生理痛の問題

生理痛が起きたりする方は生理に関係する内臓が深く関係していますが内臓と言っても病気ではありませんので病院に行って検査をしても見つかる可能性は少なくもし見つかれば完全に病気になっているということです。

病院というところは病気の専門家ですから病気になって完成したら数値的な異常が出たりすることで発見される可能性があるんですが、それ以外は発見されることはありません。
多くの生理痛の場合病気というわけではありませんので病院に行ってもホルモンの薬をもらったりすることをだけだと思いますし痛み止めをもらうということも多くあると思います。

生理痛は病気ではありませんので病院に行っても意味はないということはありませんがあまり関係がないように思いますので専門家を訪れなければいけませんが、生理に関係する専門家というのは元来ありませんのでまずは体を整えていくことから始めた方がいいと思います。

ある程度体が整ってくると当院では体質改善の矯正をすることで、生理痛を徐々に楽にすることができますが一回で終わることはありませんので、しばらくの通院が必要になります。

生理痛があると子宮や卵巣の病気になりやすくなりますから、そして不妊症にもなりやすくなります。

病気になる前に、しばらくの通院をして生理痛を直していきませんか!!!!

生理痛を直していく前に体を整えることから始めていきます。体を整えていくと生理痛が楽になることもありますが、それだけでは生理痛を直しているとは言えません。

生理痛を楽にすることと生理痛を直すことは違います。

生理痛を楽にすることは体を整えていくことでもできますが、これで治ったと言うものではありません。

まずは体調を整えて体質改善 アンチエイジング 若返りの治療で体を、生理痛に関係する所を直していきます。

生理痛を改善する為には体を整えていくことが必要です。体が整うことなく体質改善の治療はできません。

体を整えていくことを当院では体調を上げていくと言います。

その為、当院では検査することができます。体調の検査をすることができます。

●体調が、良いのか悪いのか、どの段階なのか??

●一番に反応する体調面で弱っている所はどこなのか??

●一番、背骨の歪みが起きている部分はどこなのか???

●生理痛に関係する骨盤の歪みや開きは、あるのか??

●骨盤自体が炎症やハレはないのか?? 

などを検査することができます。

 

生理だから生理痛は起こると思っていませんか??

生理痛がない方もいます。生理だから腰痛、腰の痛み、腹痛、ダルイ、イライラなどが起こるのものではありません。

生理の時に生理痛になる時は、普通と思わないで何かの異常のサインと思うようにした方が良いと思います。

生理になっても色々なしょうじょうが起きない方もいます。

生理に関係する内臓の問題があるから余計にバランスが崩れて生理痛になっています。

生理に関係する内臓は卵巣、子宮、ホルモンですから、その部分の何かの異常です。

薬をで痛み止めや一時抑えばかりしていると原因は進行するばかりです。


生理痛になるのは

当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています