ブログ一覧

肩こりになると

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りから解消するのは当然ですが筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは少ないと思っています。

肩こり

肩こりとは

肩こりが起きてしまう原因として考えられることは肩というのは肩の部分だけではなく指や手のひらや肘などでも負担になっている使い方が多くありますので使えば使うほど肩に力が入ってしまい筋肉疲労や筋肉の緊張が残ってしまって肩こりになってしまうということが多くありますが筋肉だけでコリや緊張をや疲労を起こしたら普通は1日や2日で改善しなければいけませんが改善しないうちにまた多くの緊張や疲労やコリなどが積み重なって慢性的になっていることもあると思います。

肩こりがどうして起きてしまうのかということを考えなければ単純にこりを改善することができても楽にすることができて、戻りやすくコリを感じない時でも進行していくということがあるのが怖いところです。

肩こりというのは

肩こりというのは、コリを感じる時もあれば、コリがあるのに感じていない場合もあるからです。

肩こりを強く感じている時もあれば肩こりを軽く感じてしまう時もありますので強く感じている時と悪い時の差というのは体調の状態で関係して変化しています。
体調が落ちていれば肩こりを強く感じてしまい体調が少し良い時には肩こりを軽く感じることです。

しかし原因が改善されたわけではありませんので、その時の体の状態において強く感じたり弱く感じたり軽く感じたりということで変化するということなのです。

肩こりの原因

肩こりを感じてしまう時には原因がありますので原因から改善しなければいけませんが多くの治療というのは対症療法という治療の範囲に入ってしまっていますので原因なんかは見つけ出すこともなく検査することもなく単純に湿布を貼ったり家族の方に揉んでもらったり叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電気などをかけたりして楽にすることを考えています。

しかし楽にすることと、原因を見つけ出して改善していくということは全然、意味からして違います。

対症療法

原因を見つけ出すこともなく楽にすることを対症療法と言います。

原因なんかは関係なく楽にすることを対症療法と言います。

表面上の痛みやコリを楽にすることを対症療法と言います。
対症療法と対するものは根本療法なんですが根本療法というのは原因を検査することをして見つけ出すことをしています。

しかし普通の原因を見つけ出すという根本療法をしている整体とカイロプラクティックの先生も骨盤矯正や背骨の矯正を主にしている場合がありますのでボキボキしたりまたは低周波治療器や電気などをかけたりということが多いようですからあまり根本療法とは言えない感じです。

肩こりと筋肉のコリ

肩こりを起こす時には必ず筋肉のこりと背骨のズレが起きていますので背骨のズレを矯正すれば筋肉は戻ってくるのかと言うと一時的には戻るでしょうが背骨の矯正だけ押してもまたすぐに背骨がズレてしまいます。

背骨のズレを起こしている原因があるということですから原因から改善していかなければ背骨のズレを矯正したら終わりマッサージしたら終わりというわけではありません。

どうして背骨のズレが起きてしまったのかどこから背骨がずれたのかという原因を検査することで見つけ出さなければ表面上の背骨のズレを矯正しても、しばらくは、いいでしょうが原因もいつまでも同じままではいられません。
当院では肩こりの方の治療としてまずは筋肉の凝りからほぐすようにしています。

肩こりと背骨のズレ

筋肉のコリと背骨のズレ

筋肉の凝りがほぐれてきたら次にあるのは背骨のズレですから背骨のズレを矯正してもちろん痛くない方法でしていますので安心ですが椎間板ヘルニアになっている可能性もありますので椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも来てしまうものですからヘルニアを見つけて調整して整えていくことをしています。
筋肉の凝りが改善できて背骨のズレと椎間板ヘルニアが正常になったらどこから背骨のズレが起きたのか椎間板ヘルニアになるまで進行してしまったのかということも考えて見つけ出すことをしています。

見つけ出さなければいけないのは背骨のズレの原因です。
筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれたり動いたりすることで筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしますのでリンパの働きを悪くなり老廃物が多くたまに循環が悪くなるということで肩こりとして感じてしまいます。

肩こりと筋肉と背骨のズレ
2019年03月19日

整体とは

北九州市小倉北区で整体ならボキボキしない痛くない整体で評判の徳力整体院。

整体というのは痛みやコリが起きる時には必ず歪みやズレがあるということの理論に基づきながら歪みやズレを矯正して体を整えていくことで痛みやコリ腰痛や肩こりなどを楽にしていく方法が整体という施術法になります。

整体とは

 

整体とは

整体の施術の対象というのは腰痛や肩こりにとどまらず頭痛や生理痛や便秘や色々な症状が適用になりますが多くの痛みやコリというのは歪みやズレから起きていますので歪みやズレを矯正するもの全て整体の施術法の対象になります。
しかし整体で対応できるものは多くの痛みやコリになりますが、どうして歪みやズレが起きるのかという問題がありますが歪みやズレが起きる時には姿勢が悪かったりすることで起きたりするものではなく猫背ということでも起きたりするものではありません。

歪みやズレとは

歪みやズレが起きる時には毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張が加えられることで多くなっていくものが原因なんですが多くなっていくものは体に蓄積していき弱い部分に蓄積していきます。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まりやすく溜まってしまうと必ず歪みになっていきますが歪みも軽ければ何も症状を感じることもありませんし痛みやコリになることもありませんが、歪みがひどくなっていくと徐々に痛み起こりを感じやすくなったり急に痛みとして感じてしまうことがあります。

歪みやズレ

歪みやズレが起きるのは

必ず腰痛や肩こりを楽にしていくためには歪みやズレを矯正して整えていくことが必要なんですが多くの治療法というのは対症療法という治療がありますから対症療法という治療法は原因何かは関係なく歪みやズレも関係なく表面上の痛みやコリを楽にすることをの方法のことです。

対症療法でしている治療法というのは病院に行って注射を打ったりすることでも痛み止めになるために対症療法の一つですし湿布を貼ったりすることでもサプリメントや薬を飲んだりすることでも痛み止めで楽になることもありますから対症療法の一つですし家族の方に揉んでもらったり専門家の先生のマッサージ受けたりすることも対症療法ですし針やお灸をすることでも対症療法の一つになります。

対症療法というやり方は多くの治療法で見受けられるやり方なんですが低周波治療器や電気などをかけたりすることも対症療法の一つですから検査することもしていませんし治療らしい治療はしていないから痛みやコリを散らしてわからなくしているだけです。

整体とカイロプラクティックでは

整体やカイロプラクティック院でも低周波治療器や電気などを使うことが多くありますので痛みやコリを散らしているだけですから整骨院などと同じ状態だと思います。

当院の整体療法は電気を使うこともなく手の技術だけで体の歪みやズレを検査して見つけ出すことをして強制することをしていますので他の整体院やカイロプラクティック院などのようにボキボキしたりすることもありません。
歪みやズレが起きる時には必ず何らかの状態が起きていますので歪みやズレを矯正すればいいというわけではありませんので他の整体やカイロプラクティック院とは当院とは違います。

低周波治療器や電器

当院の矯正というのは整体やカイロプラクティックの理論や技術を使いながらさらに歪みやズレを矯正するだけではなく、どこから歪みやズレが起きてしまったのかということ見つけ出して原因から改善することになります。

歪みやズレが起きる時には必ず原因が存在していますので原因は体の中にあります。

歪みやズレを矯正することでいろいろな症状が緩和されたり楽になったりということがありますが歪みやズレを矯正すればいいというわけではなくどこから歪みやズレが起きてしまったのかということを見つけ出さなければいけませんので検査をしていきます。

歪みやズレの原因

歪みやズレを起こす原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで多くなっていくものが原因ですから多くなったものは弱い部分に蓄積していき骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしながら背

骨のズレを起こしたり椎間板ヘルニアを起こしたりしていきます。
単純に歪みやズレが起きただけではなく骨と骨の間にある椎間板という軟骨がひねられた状態を椎間板ヘルニアと言いますのである一定の部位から飛び出た状態に膨らんでいきますのでヘルニアという状態で神経圧迫することもあります。

疲れやストレスから歪みやズレになる
2019年03月18日

肩こりを解消するには

北九州市小倉北区から30年の経験があるから評判の徳力整体院。

肩こりというのは筋肉のこりというイメージが強いために筋肉の凝りばかりを解消するようにして楽にすることができるために筋肉ばかり注目してほぐしたりマッサージをしたり揉んだり低周波治療器などをかけたり湿布を貼ったりサプリメントなどを飲んだりしていますが筋肉のこりだけで起きている肩こりというのはひとつもありません。

肩こりとは

肩こりのコリとは

肩こりが起きてしまう時には肩の筋肉というのはいつも多く日常的に使うことが多くありますので筋肉疲労が起きたり緊張が起きたりしてこりになることがありますしこりになればリンパが働悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなるということも当然起きていると思いますが筋肉のコリを検査する時に検査をしてみると程度は半分も入っていない場合があります。
筋肉のコリを検査することができますが検査をしてみると1割か2割ぐらいに止まっていて肩こり起こしているのは筋肉のコリだけではなく背骨のズレにあるという場合が多くあります。

対症療法と肩こり

肩こりが起きてしまった時には病院に行って注射を打ったりサプリメントや湿布を貼ったりすることも多くありますが家族の方に揉んでもらったり専門家の先生に揉んでもらってマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけるということが多くあります。

対症療法

しかしこれらの事の治療のことを対症療法と言いますので体調療法というのは原因なんかは関係なく表面上の距離を楽にすることが中心の治療法のことです。
肩こりというのは多くの場合筋肉のコリを伴いながら背骨のズレが起きていますが背骨のズレも何も原因がなくてずれることはありませんので何かの原因があってズレているということですからずれの原因を探して解消しなければいけませんので筋肉のコリだけではありません。

肩こりと背骨のズレ

肩こりというのは筋肉のこりと背骨のズレと連れの起こした原因が存在しているという三つの大きな要素が関係しています。
筋肉のコリだけをほぐしても確かに楽になっていく場合がありますがいつまでも同じことばかりしていても背骨のズレの部分も固着したりなくしたり動きにくくなったりして背骨のずれが解消していきにくい状態になっていくこともありますし背骨のズレを起こした原因が体に存在していれば原因もいつまでも同じままではいられません。

疲れやストレス

確かに筋肉疲労が起きてしまうと緊張したりコリになっていきますので筋肉の凝りからほぐさなければいけませんが筋肉のコリだけで起きていることはありませんのでその先にある背骨のズレが関係しているということなんですが背骨のズレも姿勢が悪かったり猫背になったりしていることでズレることはありません。

背骨のズレはどうして

何かの原因があるからズレを起こしているわけですけどそのズレを解消しなければ筋肉のコリだけ解消しても安心してはいられません。

背骨のズレが起きるのは特別なことではなく毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや最近多くの方が起きている寝つきが悪くなったり夜中に何回も目を覚ましたりする不眠症や目が覚めないけど眠りが浅い睡眠負債でも多くなったりするものが原因になっているということです。

背骨のズレ

日常的に多くなって積み重なったものが体に溜まっていくと体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は痛み薬になることもなく先将来の問題につながることはありませんが弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなっています。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと体は徐々に歪みやズレを起こしていきますので疲れやストレスが弱い部分に溜まることが原因で肩の部分の背骨がズレて筋肉を引っ張ってしまうということで肩こりになっています。
背骨がずれてしまうのは毎日毎日の疲れやストレスが体の弱い部分に溜まっていくと徐々に大きくなっていきますので大きくなってしまった時に初めて肩こりとして感じてしまいます。

疲れやストレスの蓄積というのはいつも一応的に変わっていますがある限界を超えたものは変わることはなくいつも肩コリさせるということが起きてしまいます。
疲れやストレスというのも蓄積はいつも変わっていますから軽くなったり悪化してひどくなったりしていますので悪化した限界がいつまでも長くあると戻りにくくなりますのでいつも肩が張ったり重かったり肩こりになっていくということが起きてしまうんです。

肩こりを起こしている背骨のズレを原因は筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら体には何があるのかということを説明していかなければいけませんが体には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながら最大限内臓にたまっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきますが内臓と言っても病気というわけではありませんので何でもかんでも直結的に内臓をイメージするのはやめてください。
疲れやストレスというのは内臓に溜まっていくことで体の内側から崩れを起こしていきますので崩れが背骨のズレを起こしたり骨盤が開いたり歪んだりということが普通に起きてしまっています。

内臓疲労と肩こり

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg が水分になりますので水分に疲れやストレスがたまるということはないと思いますので後残った35 kg の中に神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓があるということです。
内臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に働きが悪くなっていきますので数値的な異常が出ることはありませんが通知できないようが出てしまえば病気になっているということも考えられます。

内臓疲労から肩こりになる

しかし内臓に疲れやストレスがたまるということですから内臓に疲れやストレスが溜まっていくと骨盤が歪んだり骨盤が開いてあり背骨がずれたりしていきますが分かりやすく説明すると便秘というのは大腸が働きが悪くなっているのが原因ですから働きが元気であれば便をうまく送り出すことができると、思いますので便通が快調になっていきますが腸が弱ってしまったところに疲れやストレスが溜まっていくと余計に働きが悪くなっていきますので余計に働きを悪くなることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きも同時に起きています。
肩こりを起こす時には同じことが起きています。

2019年03月11日

腰痛、腰の痛みになると

北九州市小倉北区から腰痛なら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

腰が痛くなったりするのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますので歪みやズレが起きている時に重たいものを持ったり前かがみをしたりバランスが崩れることをすると体を支えることができないために腰が痛くなってしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きを伴わないで腰が痛くなることはありませんので必ず骨盤の歪みや骨盤の開きを伴いながら痛みになっていきますが、 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えないでも表面上の痛みを楽にすることはできる こともあります。

腎臓ひろうから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを整えなくても湿布を貼っても楽になることもありますしサプリメントを飲んでも楽になることがありますしマッサージや指圧や鍼を打っても楽になることはありますがまた電気をかけても低周波治療器をかけても楽になってしまいますから表面上の痛みだけは対症療法という方法で楽になっていくこともありますが根本から直さないと原因が残ったままになっています。

原因が残ったままだと繰り返しやすくも取りやすく慢性化しやすくなっていきますので、 腰の痛みが無いからといって安心してはいられません。

腰が痛くなったり腰痛になったりするのは骨盤のトラブルが原因ですからトラブルから改善していかないと表面上の痛みをいくら楽にできても原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられないということがありますから進行してしまいます。
また骨盤の歪みや骨盤の開きを慢性化してしまった状態になってしまうと固着状態に入っていきますので簡単に動いてくれることはなくなってしまいますので固まった状態になってしまいます。

骨盤の歪みや背骨がずれたりする原因

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれたりする原因も必ず存在していますので一年に一回でも腰が痛くなったりしたり一年に2回以上腰が痛くなる場合も必ず原因が存在しているということで徐々に進行していきます。

疲れやストレスから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

普通一般的には時々痛みを起こしながら進行していく場合が多くありますので慢性化という状態は使いたくありませんが慢性化状態になって治りにくい状態になってしまいます。

腰の痛みがどんなことをしても治らないということが慢性化状態になってしまいいつも長く腰が痛いという感じになってしまい生活することや仕事をすることも困難になることもありますのでそういう状態になる前に何らかの手を打たなければいけません。
腰痛や腰の痛みにつながる骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのは疲れやストレスが溜まることが原因で疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰に関係するものであれば骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしやすく背骨がずれたりすることが多くありますので原因を見つけ出して原因から改善していかなければいけません。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかということを追求していくことが必要になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりする原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで積み重なっていくものが体に溜まるのが原因ですし、 また不眠症や睡眠負債などの眠りが浅いことや目が覚めてしまうことが原因で貯まっていくものも原因になります。
体に溜まっていく多くのものというのはどういうものなのかということなんですが、それ疲れやストレスです。

疲れやストレス

遠くの人が疲れやストレスと言うと簡単に考えてしまう傾向がありますが本当は疲れやストレスというのは一番、減らすのは難しく簡単には減らないから一番、厄介なものなんです。
疲れやストレスを減らすためにはマッサージをしても揉んでもらっても減らせることはできませんから簡単ではありませんが気持ちいいのと疲れやストレスが減った状態というのは違います。

疲れやストレスを減らすためには単純に押したり揉んだりしているだけではだめですし湿布を貼ってもうダメなんです。

また栄養やサプリメントを飲んでも疲れやストレスは減ることはありませんので疲れやストレスを減らすためには何をすればいいのかということを考えなければいけません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになると

疲れやストレスというのは一番厄介なものですから溜まっていく部分があるということなんですが体には何があるのかと言うと神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していませんので、この中で疲れやすレスを多く食べやすい所というのは筋肉と内臓になりますが内臓といっても病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。

毎日毎日食事をしたり呼吸をしたりすることで働いてくれている内臓ですから人が体を動かす時でも筋肉を使う時でも歩いたりする時でもジョギングをしたりする時でも買い物したりする時でも仕事をしたりする時でも、お風呂に入ったりする時でも料理を作ったりする時でも掃除をしたりする時でも多くの疲れやストレスが生み出されてしまい、それらがすべて内臓にも溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

内臓に溜まっていくことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨がずれて痛みに繋がっていきます。

内臓疲労ということですから病気というわけではありませんので多くの方が健康から即、病気なのかということを考えなければいけません。

病院などで色々な検査をして異常が無くても水面下で起きているものは病気として反応はありませんので数値的な異常が出るまで待たなければいけません。
しかし数値的な異常が出てしまっては完全に病気になっているわけですから病院で何らかの治療をしなければいけないということなんですが多くの場合、病気になる前に起きていることが多くありますので痛みというのは病気に進行していっている可能性もあるということなんですが、完成していない限りは病気として過ごしていけないじょが出ることもなく見つかることは少ないと思います。

腰痛になってしまう原因として一番に考えられる疲れやストレスが溜まりやすい内臓というのは腎臓です。

腎臓疲労

腎臓というのは関係する筋肉がありますので筋肉というのは、大腰筋と腸骨筋という筋肉の二つの筋肉に影響を出してしまいますので、腎臓が弱ったり疲れたりすると大腰筋と腸骨筋のバランスが悪くなり骨盤が維持できない状態になってしまいますので、骨盤の歪みや骨盤の開きそして引っ張られた結果、背骨がズレたり、骨盤が歪んだりして不安定状態になってしまった結果背骨がズレていくということがあります。

多くの体に起きる症状というのは病気ではない状態で起きていますが内臓疲労から起きている場合が多くありますので内臓疲労から起きるものが一番の体にとってのダメージにつながっていきますのでダメージが歪みやズレになり歪みやズレから痛みやコリになっていくというものが本当に起きています。

腎臓と疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2019年03月04日

小顔矯正とは

北九州市小倉北区から小顔矯正なら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが初回から顔を小さくしていくことは本当のことなんですがどうやって小顔にしていくのかという疑問があると思いますので疑問にお答えしたいと思います。

顔を小さくしていくためには顔というのは頭蓋骨の一部だということを認識しておいてください。

小顔矯正とは

顔を小さくする

頭蓋骨の前側の部分が顔というだけであり顔という正式名称はありませんので正式名称には頭蓋骨という意味になります。

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を形を変えていくという意味もあります。

では頭蓋骨の骨が変わるのかと言うと多くの方は疑問に思うと思います。

顔を小さくしていくためには顔の部分でどこが変わるのかということも確認しなければいけませんしどうやって顔が小さくなるのかということも考える必要がありますが多くの場合毎日、毎日の生活や仕事をすることや運動することや不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態の方が多くなっていますので多くなってしまったことがある現象が起きています 。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正をして行く時に毎日多く生み出されていくものが関係するというのは大変、考えにくいことだと思いますが実は密接に関係しているものが体に溜まっていっています。

体に溜まっていくものというのは疲れやストレスなんです。
疲れやストレスというのは誰でも多く蓄積しているものですから疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので何らかの問題が起きているということが分かると思います。

今まで小顔矯正に来た方の全員の方に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。

同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんということなんですが、本人は調子はいいといいますが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなったり背骨がずれて片方状態になっているということを分かります。

疲れやストレス

体の歪みやズレが起きたり背骨がずれたりする時には体調の低下を示していますので体は正直に示しているのですが自分では痛みやコリがないからまたはきつくなったりだるくなったりすることがないから体調が良いと思っている方が多くいます。

顔を小さくする小顔矯正

逆に考えてもわかると思いますが体調が良ければむくみが多くなったりすることはありませんし水を飲んでも太ることはないと思いますので疲れやストレスがたまるとむくみやすく脂肪が多くなって太りやすくなっていきます。

小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積というのは大変重要なものになりますが疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが一番の問題になっていきます。
疲れやストレスが溜まるところというのは全身に溜まりながら顔にも溜まることがあるんです。

顔に疲れやストレスがたまると顔の脂肪やむくみが多くなっていき顔が徐々に大きくなっていきます。

顔が大きくなるのは脂肪やむくみからだけではありません。
もちろん顔に多くの疲れやストレスがたまると脂肪やむくみから顔が大きくなっていきます。

しかしそれだけではないということなんです。

顔には何があるのかと言うと表面から言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しか存在していません。

あとはむくみもあります。

しかし皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と顔面の骨と含みしか存在していない部分の 何を減らしたら小さくなるのかという問題なんですがこの五つのうちに減らしたら顔が小さくなるというものが存在しています。

顔を小さくしていく小顔矯正で何をしたら顔を小さくすることができるのかという問題なんですがむくみや脂肪を減らすことでも顔が小さくなっていくと思いますが単純にそれだけではないんです。

顔が大きくなる

というのも疲れやストレスというのは骨にも溜まっていくということが分かっているから何です。
骨に溜まっていくと言うと何言ってんのかという感じなんですが実は本当のことなんです。

骨に疲れやストレスがたまると骨が膨張して大きく膨らんでいくということが分かっているからそれを正常に戻すことをしていくと顔が小さくなるということなんですが特に顎のラインは多くの疲れやストレスを溜めて骨が膨張して大きくなっていますので顔を小さくしていくことが特に顎の部分でできるわけです。

小顔矯正でも体を整える事

小顔矯正をして行く時には単純に顔を小さくすればいいというわけではなく身体全身が関係していますので一回で終わる小顔矯正はありません。

初回から、いろいろやってしまうとだるくなってしまう恐れがありますので大したことしなくても体調が悪い方ほど調子落としたかたほどだるくなってしまいますからだるくならないようにしたいのですが完全とは言えません。

小顔矯正で顔を

小顔矯正を行う時に一応聞くのですがだるくなりますよとか変化があるから顔が小さくなるからだるくなりますよとか言うと多くの方が「はい」と答えます。
しかし実際にだるくなった方は後日、来た時に悪いような感じで言われる場合もありますので注意して欲しいところです。

2019年03月02日

腰痛が起きるときには、原因があります

北九州市小倉北区から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどなら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

腰痛が起きた時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますので骨盤の歪みがなくて腰が痛くなることはありません。

しかし腰痛といっても原因ときっかけが存在していますので原因ときっかけの両方が揃って初めて腰が痛くなります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

切っ掛けというのは重たい物を持ったりすることも切っ掛けですし、前かがみで何かをした時に腰が痛くなったりすることもきっかけの一つです。

朝、起きたらいつも腰が痛いというのも切っ掛けの一つですから原因ではありません。
車の運転をしているときや長く椅子に座ったりしてる時の腰の痛みもきっかけです。

きっかけが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが存在してそして背骨のズレが存在している時なんですが、この時には骨盤が不安定になっていますので骨盤の不安定という状態は骨盤が歪んだり骨盤が開いている状態のことを言います。

骨盤が不安定状態になっている時に同じ姿勢を続けていると徐々に骨盤の歪みや開きが大きくなっていきますので歪みや開きが大きくなることで腰が痛くなっていきます。

切っ掛けで腰痛が起きる

重たいものを持ったりした時も骨盤の歪みや骨盤の開きがあると重みでバランスが崩れてしまいますので体を支えることができませんので体を支えることができない状態で腰が痛くなり椎間板ヘルニアが起きたりすることもあります。
椎間板ヘルニアというのは特別なものではありませんので誰でも多くの方に起きている現象です。

また布団に寝ている時に腰の部分が歪みすぎると骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に徐々に歪みや開きが起きてしまうことがありますので歪みや開きが起きてしまうと朝すぐ起きた時から腰が痛いということになります。

そして骨盤の歪みや骨盤の開きがある時にまた背骨のズレがある時にくしゃみをしただけでも 腰に痛みが走る時もあります。

くしゃみをしただけで腰に痛みが走る場合は多くの場合、椎間板ヘルニアが起きている場合ですし足のしびれや足の痛みを伴って腰痛が起きている場合は坐骨神経痛の可能性があります。

背骨のズレと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

骨盤の歪み・背骨のズレ

しかしどうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きるのかという原因なんですが姿勢が悪かったりして起きるものではありません。
また急に重たい物を持ったりして骨盤が歪んだり骨盤が開いたりそして背骨がずれたりすることはありません。
何かの原因があるから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてそして背骨のズレが起きて腰が痛くなったり腰痛になったりしています。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

骨盤の歪みや背骨のズレが起きたりするのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態で多くなっていくものが原因です。
体に蓄積していくものが多くなればなるほど人の体は骨盤から歪みやひらき起こしそして背骨のズレになっていきます。

骨盤の歪みや背骨のズレを起こす原因は毎日毎日と生活に関係しているものだと説明しましたが何をしても増えるものですし何もしなくても増えていくものが原因です。
何をしても増えていくし何もしなくても増えるのものは疲れやストレスです。

疲れやストレス

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰痛に関係する部分であれば腰の痛みとして現れてきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在していますので、そうでもない部分は痛みやコリに関係することもなく先将来にも関係することはありませんが、弱い部分はそうはいきません。

弱い部分には疲れやストレスをためやすく冷めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
疲れやストレスを溜めてしまう弱い部分というのが一番の腰痛を起こしている原因になってしまっているわけですけど弱い部分というのは骨盤のどこなのかまたは他なのかということがあります。

骨盤の部分には何があるのかと言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨盤の三つの骨と背骨しか存在していません。
後は椎間板があるぐらいです。

この中で骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因はもちろん骨盤の部分にも関係していますがもう少し上の部分に関係があります。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腎臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレに

もう少し上というのは筋肉や靭帯でもなく骨盤の歪みや骨盤の開きではなく背骨のズレでもなく椎間板の問題でもなくそれらを総称して関係しているのが腎臓です。

腎臓と聞くと多くの方が病気というのを関係付けてしまいますが病気と言ってるわけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まることが普通に起きています。
腎臓に疲れやストレスが溜まってしまう方が腎臓が弱いわけですけど腎臓が弱いと腎臓に関係する筋肉である大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが狂ってしまい骨盤の歪みや骨盤の開きになり背骨がずれてしまいます。

しかしこの段階ではまだ痛みにはなっていません。
痛みになるためにはきっかけが必要です。

切っ掛けと原因

切っ掛けと原因である骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが初めて揃って歪みやズレが大きくなった時にきっかけで痛みが起こります。

当院では腰痛の治療をしていく時には 筋肉靭帯の炎症を確認して炎症があれば改善していくようにして骨盤の歪みや骨盤の開きを解消して背骨のズレも解消して椎間板ヘルニアが存在していれば椎間板ヘルニアも改善するようにして腎臓の働きを良くするような方法で腰痛の改善をしています。

低周波治療器や電気などをかけることはありませんので手の技術だけで腰の痛みの原因を探して整えていくことで楽にしていきます。
ボキボキしたりすることもありませんしボキボキしても本当の意味での骨の矯正にはなっていませんのでボキボキしたりする治療ではありません。

別にボキボキしなくても骨の矯正はできます。
そして先ほど説明したように腎臓が弱いわけですから弱い腎臓に疲れやストレスがたまりやすくなりますので弱い腎臓を少しずつでも強く支えていくことをしていくのが体質改善という治療になりますので体質改善の治療を行うためには数回の体を整えていく治療が必要になります。

2019年03月02日

肩こりになると

北九州市小倉北区から肩こりなら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

肩こりを起こしたら多くの方が湿布を貼ったりマッサージをしたり専門家の先生に揉んでもらったりサプリメントを飲んだりするかと思いますし病院に行って注射を打ってもらうことも方法として考えられますが低周波治療器や電気などをかけても楽になることがありますが原因を見つけ出すことなくしていますので対症療法の治療法だということです。

肩こりとは

肩こりを対症療法で

対症療法というのは僕の治療法に用いられている治療法なんですが楽にすることを目的として施術している治療法なので原因なんかは関係なく検査することもなくマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけたりする方法が対症療法です。

しかし肩こりになってしまう方は筋肉のこりというイメージがどうしても付きまとってしまいますので簡単に考えてしまっている場合が多くありますが筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは今まで30年間肩こりを改善してきて一人もいません。

確かに筋肉が緊張したり筋肉疲労から起きるこりが起きるとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなることが考えられますが筋肉のコリだけでしたら首や肩を動かしたり湿布を貼ったりすることで多くの場合は改善していくという感じなんですが、 そこにあるものが存在していると改善しにくくなっていくわけです。

肩こりと筋肉のコリ

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いんですが筋肉のコリを伴いながら背骨のズレが起きていますので背骨がずれたりすると筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなって肩こりになります。
しかし背骨がずれたりすることも姿勢でずれたりすることはありませんので背骨がずれたりするのは体の中に原因が存在しています。
背骨がずれる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや不眠症や寝ながら考え事をしている睡眠負債で多くなっていくものが原因なんですが何をしても多くなるものですし何もしなくても多く蓄積していくものでもあります。
蓄積していくものというのは疲れやストレスなんです。

疲れやストレス

疲れやストレスというのは誰でもたまっているものですから溜まっていない方はいませんがたまり方に問題があります。

疲れやストレスがたまるところというのは人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分はあまり肩こりにも関係しませんが弱い部分は疲れやストレスをためやすくためてしまうと背骨のズレになっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまるということは体に何があるのかということを説明しないと分からないと思いますので体には神経血管リンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスを多く食べやすい所というのは筋肉にも食べてしまいますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れを食べてしまうのが内臓なんです。
しかし内臓と言うと多くの方が病気というのを関係付けて思いますが内臓の病気と言ってるわけではなく非常に疲れやストレスが溜まってくると背骨のズレになっていくということなんです。

疲れやストレスと背骨のズレ

弱い部分にたまる疲れやストレス

弱い部分に疲れやストレスが溜まるということは内臓に、たまると説明しましたので内臓のどこなのかということで背骨のズレが起きる原因が違います。

背骨の部分には関係する内臓が存在していますので首の骨の下の方は横隔膜に関係している部分でもありますから横隔膜に何らかのトラブルが生じた時には首の骨の4番目と5番目と6番目と7番目の骨はズレを起こしていきます。

また胸椎の1番目と2番目は心臓に関係する部分ですから息苦しさや胸苦しさや時々胸の辺りでチクッとする痛みが一瞬起きている場合も心臓の負担が考えられますが病気と言ってるわけではありません。

また胸椎3番目では肺に行く神経が出るところですから、肺に何らかの問題が生じた時には背骨の胸椎の3番目の骨がずれを起こしていきますが時々咳が出たり喉がいがらっぽくなったりするのが肺の問題になります。

内臓が疲れやストレスをためてしまい弱っているということなんですが弱っていることでも背骨のズレが起きてしまいますので背骨がズレが起きてしまうと筋肉が引っ張られたり緩んだりしながらリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなり神経の流れや血液自体も流れが悪くなります。

疲れやストレスがたまると背骨のズレになる

背骨のズレ

背骨がズレが起きただけでも神経の流れ流れを阻害してしまい血流も阻害してしまうということが起きてしまいますので筋肉や靭帯が引っ張られただけではすみません。

しかし筋肉や靭帯が引っ張られたりする時にはくっついている脂肪層も引っ張られていきますし表面上にある皮膚も引っ張られていきますので筋肉だけで引っ張られるということはないと思います。

当院では肩こりを改善していくためには筋肉の凝りからほぐすようにしていますし筋肉の凝りがほぐれてきたらリンパの流れも改善するようにしていますし背骨のズレを矯正してさらに背骨のズレが起きた原因を見つけ出すことをしていますが最近多くの方が不眠症や眠りが浅いことが原因で肩こりを起こしている方もいます。

最近は多くの方が夜中に何回も目を覚ますことが多くなっていますので目を覚ませば様と喉体調が良いことがありませんしいろいろ内臓にも負担になっているということがあるんです。

睡眠負債と不眠症と肩こり

また一番、気がつきにくい睡眠負債状態というのも多くの方が患っている現象なんですが睡眠負債というのは眠りが浅いことを言いますので目が覚めることがなくても眠りが浅ければ体調が飛ん族のよ体調になっていますし色々な内臓にも負担になっていることがありますので必ず背骨のズレが起きています。

睡眠負債と肩こり

多くの方が 眠りの状態を聞いてみると何回も目を覚ましたりすることがある方や目が覚めることがなくても検査すると分かりますが異常に体調落としてる方が多くいますので異常に体調を落とす時には眠りに関係している場合が多くありますが眠りの改善というのは脳が行うことですから脳の改善をしていかなければいけませんが脳の改善というのは一番難しい問題になります。

不眠症や眠りが浅いことや見ながら考え事をしてる睡眠や夢を見たりすることが多くなっていくと大脳は急激に弱っていきますので一番に問題を起こすのは痛みやコリを感じにくいということなんです。

自分の体調は自分がわかってなければいけませんが一番に分からなくなっていくのは麻痺した状態は鈍感状態になっていく痛みやこりなんです。
痛みやコリを感じにくくなるだけではなく温感も麻痺するかと思いますので温感が麻痺すると 、寒さが分からなくなったり暑さが分からない方がいます。

2019年03月02日

整体で歪みやズレを矯正

北九州市小倉北区から30年の経験があるから評判の徳力整体院。

整体というのはボキボキしたりすることが中心だと思いますが当院の整体の治療法はボキボキすることもなく低周波治療器や電気などをかけたりすることもなくての技術だけで体を整えていく矯正をしています。

整体とは

整体とは

整体でボキボキするような治療法というのは椎間板の中に気泡が溜まることが原因で 梱包材のプチプチの空気を弾けさせるのと同じように骨と骨の間にある椎間板の中には気泡が多くなっていきますので気泡を弾かせる音がボキボキというふうに聞こえるだけですから本当の矯正の意味とは全然違います。

整体というのは歪みやズレから起きる痛みやコリが中心で改善していく方法なので歪みやズレがどうして起きてしまうのかということを考えなければいけませんが腰痛であろうと肩こりであろうと生理痛であろうと便秘であろうと頭痛であろうと僕の症状が適用になっていますが根本的にはあるものが体に多く溜まったのが原因です。

疲れやストレス

あるものというのは疲れやストレスなんですが疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や不眠症や眠りが浅いことなどで多く蓄積していくものですから誰でも溜まっているということがあると思いますが単純に痛みやコリを感じていないだけかも分かりません。

疲れやストレスが溜まってしまうと歪みになっていきますが痛みやコリとして感じている方もいれば感じていない方はむくみや太りやすくなったり脂肪が多くなったり顔が大きくなったり骨盤が大きくなったりしていますので痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。

疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積

体調が良いか悪いかというのは自分で判断して自分で感じるしかありませんが最近は多くの方が不眠症と眠りが浅い睡眠負債状態になっていますので大脳が急激に弱っていきますから大脳が弱ったことが原因で痛みやコリを感じにくくなっている方もいます。

大脳が元気だから痛みやコリが起きているような状況であれば痛みやコリを感じてしまいますが痛みやコリを感じないほど大脳が弱ってしまっている方も時々、来院していますがすごくこじらせた状態になっています。

脳が元気だから

風邪なども引く時も風邪の細菌が体内に入って増殖すると大脳が元気だから熱を上げて最近を減らそうとします。

インフルエンザウイルスが体内に入っていると大脳が元気だから熱を上げてインフルエンザウイルスを減らそうとします。

しかし大脳が弱ったままになっていると熱を上げることもなくインフルエンザを発症させることもなく風邪を発症させる元気もありません。

最近風邪をひかないなと思っていると本当は大風邪を引いているような状況に細菌が体内に多く増殖していても発症させる元気もなければ寝込むこともなく熱が上がることもありません。
整体院に行くと足の長さが違うと言われることがありますが体調や疲れやストレスが溜まっている時には足の長さが違うのは当然ですから当院では足の状態を気にしていません。
痛みやコリを感じている時も脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしている時も体調を落としていますので体調を落とすことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。

疲れやストレスがたまると痛みやコリになる

疲れやストレスが歪みやズレに

疲れやストレスが溜まってしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて骨盤の中にある内臓の働きも悪くなり余計に骨盤の歪みや骨盤の開きにつながっていきます。

そして骨盤だけではなく背骨のズレというのも内蔵に直結していますのでカタクリ起こしている胸椎の一番目と2番目の骨というのは心臓と肺に関係していますし腰の痛みを起こす原因として考えられている腎臓も胸椎の11番目と12番目の骨に関係している部分ですから筋肉バランスも悪くなり内臓の状態の低下から腰が痛くなったり肩こりを起こすということがあります。

大腸が弱い方が便秘になっていますので大腸の弱さを改善していただければ年齢以上に急速に進行していき弱くなっていきます。

大腸が元気であれば便秘になることもなく正常に便は出てくると思いますが体調が便を正常に送り出すことができないために便秘になっていると考えられます。
腰痛や肩こりや頭痛や生理痛などが起きてしまう原因は体に溜まった疲れやストレスが原因ですから体に溜まった疲れやストレスを溜まったところから減らしていくことをすると歪みやズレがなくなっていきます。

歪みやズレというのは疲れやストレスの蓄積なんですが人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は痛みやコリに関係することもなく先将来の問題につながることもありませんが弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすい傾向がありますので急激に細胞の老化が起きて行きますから老化の最終形態がどういう状況になるのかということを考えなければいけませんので老化の途中で何らかの痛みやコリをどこかの部分に起こしています。
痛みやコリと先将来の問題というのは関係がないことはありませんので必ず因果関係があります。

疲れやストレスがたまると姿勢も悪くなる

疲れやストレスと歪みやズレ

整体というのは疲れやストレスを減らしていくことで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがなくなっていくという治療法をしているのが整体療法の特徴でもあります。
最近は多くの方が出ているようで眠れていませんので寝ていることが分かっている方はいいんですが眠れていないのに出ていると勘違いしてる方が多くなっていますから要注意しなければいけないところです。

疲れやストレスが多くなってしまうといくらダイエット法を押しても痩せようとしても運動しても筋トレをしてもストレッチをしてもダイエットグッズを使ってもサプリメントを飲んでも基本的なことができていないため効果が出にくいようです。

疲れやストレスというのは痛みやくりにも関係してしまい美容整体のダイエットをしても痩せる方法をしても効果が薄れていくのが疲れやストレスの問題になります。
しかし疲れやストレスというのは一番減らすことが難しいのでマッサージをしても電気をしても低周波をかけてもローラーをかけても温めても針を打ってもお灸をしても指圧をしてもボキボキしても減ることはありません。
一番、簡単なようで難しいのが疲れやストレスを減らすことなんです。

2019年03月02日

肩こりについて筋肉ばかりではありません

肩こりを楽にしていくためには筋肉の凝りから、ほぐさなければいけませんが筋肉のこりというのは大変、重要な問題になってしまっていますので、これがどうして起きるのかということも考える必要があります。

肩こりの施術

肩こりとは

筋肉のコリが起きる肩こりというのは筋肉が疲労したり緊張したりすることでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくことが原因で起きている現象なんですが毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や不眠症や寝不足状態でも多くなっていくものが原因なんです。

肩こりを起こしている原因というのは何をしても多くなるものが原因でありますし、何もしなくても多くなってしまうものが原因です。

肩こりで多くなってしまうものというのは単純に筋肉の疲労だけではなく身体全身にたまるものが原因で頭から体の全身にたまるものというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多く積み重なって生み出されていくものが原因です。

それは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変多く溜まっていくものなんですがどこに溜まるのかということが一番の問題になりますので肩こりを起こしている時には弱い部分にたまる傾向が疲れやストレスはありますので弱い部分がどこなのかで起きるところが違います。
つまり肩こりを起こしている部分が弱い部分の人が肩こりになりやすく腰が弱い方でしたら腰痛になってしまいます。

肩こりを起こすのは多くの方は筋肉のこりというイメージがありますので筋肉ばかりだと思っている方がいますが実は筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれることでも引っ張られたり緩んだりすることで肩こりになりリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということがあります。

肩こりと筋肉

肩こりの原因とは

何も原因がなくて肩こりになることはありませんし痛みやコリが起きることはありませんので何かの原因があって起きていますが病気ではありませんのでいくら病院で検査をしてもわからないということも多いようですが病気の場合でも心臓が弱ったりすると左肩に痛みや張りが起こりやすいということがあります。

しかし多くの場合肩こりは病気ということで起きているわけではありませんので筋肉のこりというイメージが強いんですが筋肉だけで起きている肩こりはありません。
筋肉のコリを起こしながら背骨がずれていますが背骨がずれるのも何も原因がなくてずれることはありませんのでどうしてズレているのか、という原因がしっかりとあるということなんです。

肩こりを感じやすいかというのは腕や指や肩に力が入っている動作が多くしている場合がありますが単純にこれだけではなく肩や腕や指に力が入ることが原因で疲れやストレスが多く蓄積されていくんです。

肩や指や腕に力が入ってしまった状態が多くあるとこりになります。

何もしなくても肩や腕や指に力が入ったままで寝ている方もいますので日常的なものだけではありませんので寝ている間でも全身に力が入っている方もいますし肩や腕に力を入れぱなしの方もいます。

最近は多くの方が携帯やスマートフォンなどを操作していますのでボタンを押したりすることでも何気ない動作でも指や肩や腕に力が入ったままになっている場合がありますので筋肉疲労が起きるのは当然ですし同じ肩ばかりに荷物を持ったりパックを下げたりすることでも筋肉疲労が起きてしまいます。

疲れやストレスと肩こり

積み重なるものが肩こりになる

何気なくしている動作が積み重なったものが肩こりになっていきますので筋肉の緊張や筋肉疲労が起きて背骨がずれたりすることはあまりありませんので背骨がずれるのが先で筋肉を引っ張ったり緩んだりして老廃物が多くたまるということでリンパの働きを悪くなっていきます。

筋肉を引っ張ったりするのも原因があるから起きているわけですから背骨のズレとして考えることが自然だと思います。

肩こりの原因
2019年02月27日

小顔矯正で顔が小さく小顔になれる

顔が小さくなることで評判が良い小顔矯正をしていますが小顔矯正をして行く時にはどうしたら顔が小さくすることができるとかということを考えなければいけませんので何も考えずに顔を小さくすることは不可能です。

小顔矯正とは

顔を小さくするとは

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが全員と言っていいほど顔が大きくなってむくみや脂肪があるだけではなく顔自体が大きくなっていますので顔自体が大きくなって正常ではなくなっていますから正常に戻すことで顔が小さくなっていきます。

当院では腰痛や肩こりでも検査をしていますが小顔矯正をしている時でも検査することをしていますので検査することでわかることがありますが小顔矯正を希望されて訪れた方全員の方が体調が良くない方が多くいますので初回では体調を上げることで顔を小さくしていく小顔矯正をすることができます。

顔が小さく小顔になるには

本当に今まで小顔矯正を多くの方にしてきて全員の方を小さくすることができていますが初回から顔を小さくしていく小顔矯正というのは、正常に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正なんですが、簡単にしているようにしか見えないために多くの方が、自分でもできると思う方がいるくらい簡単な方法でしていますができるから簡単そうに見えるだけであり実は大変、難しい高等テクニックを用いています。

小顔矯正をして行く時には小顔矯正に入る前に自分の顔を鏡で見てもらうことをしていますが何を見るのかと言うと顔の大きさや顔の左右差なんです。

鏡というのは目で見ることができますので目で見て顔の大きさを覚えてもらう言いながら左右差も覚えてもらおうということなんです。

小さくなるのが自分でわかる事

当院のスタッフがメジャーなどや計測する機械で測るということは市が違ったりきつく測ったりいるか測ったり色々になってしまいますので、鏡で見て大きさを判断するということは自分で変化がわかりますので顔が小さくなった時の笑顔が違います。

そして鏡で見ただけではなく当院ではご自分の両方の手のひらを顔に当ててもらい大きさが小さくなったのがしっかりとわかるようにしています。

しかし単純に自分の両方の手のひらで顔を大きさを覚えるということは簡単なようで難しいことですから簡単に触ってしまった方ほど、ただ手を置いてた気になってしまっていますので顔の大きさが分からないという方が、時々いますのでわからないということがないようにしっかりと触っておいて欲しいんです。

顔の触り方

本当に顔が変わるから触り方をしっかりと覚えるように指導していますが簡単な方法ですから簡単に考えてしまった方ほどいい加減に触ることがありますのでいい加減に触ることがないようにしっかりと触って欲しいところなんです。

顔の触り方というのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにしてくっつけるだけなんですがただくっつけるだけでは手を置いただけですから分かりませんので左右差を感じようとしてください。

顔のさわり方

左右さを感じようとした時に手の集中力と脳の感覚神経を働かせることができますので感じようとした時に一番、記憶に残ります。

感じようとしないで簡単に考えてしまったかたほど顔がどんなに小さくなってもわからないということがありますので小顔矯正と言っても5 CM 、50 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正をして行く時に顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じですから例え1 CM 変わってもわかるようにして触っておいて欲しいんです。

目で見ても1 CM 変わったのが分かりづらいかと思いますし、分かる方もいます。

これと同じように手で触るということは逆に感じてしまっている方も多くいますので院長が手を添えながら小顔矯正に入る直前に指導も行いますのでしっかりとわかるように触っておいて覚えてください。

小顔矯正の方法

小顔矯正をしていく時には痛くもなくボキボキもしませんので顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔をマッサージするような感覚で顔を小さくすることができます。
実際に顔をマッサージして小さくなることはありませんのでマッサージをしているわけではありませんが 他人の目から見てもマッサージをしているようにしか見えませんのでマッサージ感覚と説明を加えていますがマッサージをしているわけではありませんしマッサージをして顔が小さくなることはないと院長も思っています。

しかし誰が見てもマッサージをしているようにしか見えませんが実際にマッサージをして揉んでいるだけで顔が小さくなって行ってます。
しかし小顔矯正と言っても顔の前がの部分を買おうという名前がついてるだけであり顔面骨という名前がついているだけであり正式名称は頭蓋骨の前側の部分が顔です。

つまり小顔矯正と言っても顔だけ変えることはできませんので頭蓋骨全ての問題に絡んでいますので小顔矯正をした後に本当に顔が小さくなった変化に体調や体力がついていかないとだるさが起きるかと思います。

疲れやストレスと小顔矯正
2019年02月27日

肩こりを楽にする筋肉のコリから

北九州市小倉で肩こりを解消するなら。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りからほぐしていかなければいけませんが肩こりを起こしている筋肉というのは僧帽筋という筋肉になりますので首の付け根から腕の部分から背中まで広がっている大きな筋肉が凝りを起こした時が肩こりになります。

僧帽筋のコリが肩こり

僧帽筋のコリが肩こり

僧帽筋という筋肉の上の部分が緊張したり筋肉疲労を起こしたりすることでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい循環が悪くなることから肩こりになっていきます。

僧帽筋の筋肉は多くの生活で使うことがありますので指先を使ったりすることでも力が入ることがありますから力が入ることで筋肉疲労を起こすことがありますしスマホなどの細かい文字を操作したりボタンを操作したりすることでも力が入っていますから力が入ることで筋

肉疲労が大きい緊張や筋肉疲労から肩こりになってしまいます。
また人というのは持ちやすい革にバッグを持ったり肩にかけたりしますので筋肉疲労は当然起きやすくなりますので使いやすい側と使いにくい側が存在していますので、使いやすい革に多く使うことがありますから使うことで筋肉疲労が起きてしまいます。

筋肉疲労から肩こりになる

肩こりを楽にすることは色々ありますが。

肩こりと言うと湿布を貼ったりすることが多くありますが湿布を貼っても鎮痛効果で楽になることもありますし楽になる程度の肩こりであれば楽になっていきますが単純にそれを繰り返していたらそれだけでは済まないことが起きてしまいますので湿布を貼っても効果がないということもあります。

肩こりといっても程度と言うか段階がありますので軽いものから中程度の元から重症程度のものからそれ以上のものの肩こりが存在していますので段階に合わせてどういう状況になっているのかということを考えなければいけませんので単純に湿布を貼ったりして楽になることもあるでしょうが違うことも多くあります。

肩こりというところを中心的に考えていかなければいけませんので筋肉のコリがどうして起きるのかということも見つけ出さなければいけませんから、軽いこりでしたら自力でも改善することができるでしょうが中程度残りになってしまうと自力で解決するのは大変難しいようです。

筋肉のコリをほぐす事

当院では肩こりの筋肉をほぐすこともしていますが原因を見つけ出すことをしていますのでどこから肩こりが起きているのかということを見つけ出すことをしています。

今まで30年間肩こりを改善してきて筋肉のこりだけで起きている近くにの方は一人もいませんので検査をすることでこりの原因になっているものを見つけ出すことをしています。

肩こりの治療法というのは湿布を貼ったりサプリメントやドラッグストアなどで売っている健康食品を飲んでも楽になることもありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし鍼を打っても送っても指圧をしても楽になることもあるかも分かりません。

また低周波治療器や電気などをかけても楽になることもありますが肩こりには原因が存在していますので原因から直していかないと慢性化状態を作ってしまうこともあります。
肩こりには原因が存在していますので原因から改善していくということが一番重要だと思います。

背骨のズレが肩こりに

肩こりの原因

肩こりがどうして起きるのかどこから起きるのかということは一番の肩こりを改善していくための解消法になりますが多くの場合、運動していないとかいうこともあるでしょうし肩や腕動かしていないから鍛えていないから筋肉が弱っているからという考えもあると思いますが単純にそれだけではありません。

肩こりが起きてしまう原因を考えれば筋肉疲労から起きていますので筋肉疲労と言うと肩や腕や指先を使うことが原因なんですが同じことをしても筋肉疲労にならない方もいれば筋肉疲労になってしまうかと思いますので筋肉の弱さにも原因がある可能性もありますが単純にそれだけではありません。

筋肉の弱さが肩こりに

筋肉が弱いからと言って肩こりになるのかと言うとそうではないということなんです。

筋肉の強さというのは運動したり鍛えていたりすることでも強さは違ってきますが鍛えれば

鍛えるほど強くなるかと言うと重たい物を持ったりすることができるかも分かりませんが筋肉が強くなることと逆に積み重なるものが生まれていきます。

筋肉を鍛えることで運動したりすることで筋肉が強くなる代わりに代表として筋肉疲労が多くなってしまいますので何をしても筋肉疲労が多くなってしまいますし筋肉にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

筋肉に多くの疲れやストレスが溜まることでも肩こりを起こしやすくなっていきますので単純に来たいればいいというわけではなくそんなに簡単に鍛えられることもありません。

肩こりになるのは
2019年02月26日

骨盤矯正で小尻にするなら

骨盤矯正が人気なんですが骨盤矯正をしている時には始めに骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますので自分で骨盤が小さくなったということが分かるようにしているのが特徴です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが全員の方が骨盤が小さくなっていますが骨盤矯正をする前に幅を覚えるということが簡単なようで難しいために分からないという方も時々いますのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えておいて欲しいんです。

特に骨盤矯正は小顔矯正とは違って目で見ることができませんので感じようとして触らないと単純に骨盤の横に手を置いただけではわからないということがありますのでわからないということがないようにしっかりと幅を覚えるようにしてください。

当院では骨盤矯正をして行く時には院内のスタッフが計測したりメジャーで測ったりすることはしていませんので、ご自分の手の感覚だけで分かってもらうことを重要視していますので他人がメジャーで測ると笑顔も違いますので自分でしっかりわかることが中心になります。

自分で変化がわかる事

骨盤矯正をする前に必ず全員の方の骨盤を自分で触って覚えてもらうことをしていますので骨盤の真横に手を置いて幅を感じようとして触ってください。

特に幅を感じようとして触ることが一番重要なんですが左右差が骨盤には存在していますので骨盤の左右差を感じようとして触ると右側の方が大きいとか左側の方が一部分が出っ張っているとかいう違いが必ず存在していますので違いがわかるようにして触ることが一番大切になります。

自分の手で骨盤が小さくなったのがわかることが一番重要だということなんです。
当院の院内のスタッフが測ったりすると計測する位置が違ったり強く測ったりゆるく測ったりということで待ち待ちの状態になってしまいますので嘘偽りがないように自分の手で触ることが一番だということです。

小尻になる

骨盤に手を当てただけでは、わからない

そのためには単純に骨盤に手を当てただけではわかりませんので骨盤の幅を少し中心に押しながら感じようとして触ってみてください。
骨盤矯正をする時には単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというものでもないし強制しても少ししか小さくならない可能性がありますし骨盤周辺の脂肪やむくみを取るだけでも確かに骨盤は小さくなっていくかも分かりませんがそれだけではないということを説明したいと思います。

骨盤矯正をして行く時には検査することをしていますが検査をしてみると全員の方が体調が悪く調子を落としていますので体調の悪さから起きる現象が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていますので体調をあげて体を整えていくことで骨盤の歪みや骨盤の開きは解消していきます。

そして調子や体調を落とすことは背骨のズレを起こしていきますが背骨のズレを矯正すれば骨盤が小さくなるかと言うとそうではありませんので骨盤矯正では背骨のズレは関係ありません。

骨盤を触る位置

骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正

骨盤矯正で整えなければいけないのは骨盤の歪みや骨盤の開きは最低限のものですし骨盤周辺にあるむくみや脂肪を減らすというのも最低限のものですから骨盤がどうして歪んなのか骨盤がどうして開いたのかということを考えなければいけませんが、それはあることが関係しています。
骨盤矯正をしていく上で一番関係するものというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで増えていくものですし不眠症や睡眠不足や睡眠負債で多く積み重なっていくものが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。
骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして行くと骨盤が徐々に大きくなっていき脂肪が多くなりむくみやすくなって足が太くなっていきます。

小尻になると言うことは

一度に減らせるレベルというのは限りがありますが徐々に骨盤が小さくなっていきますのでご自分で初回は できるだけわかるぐらい変化させたいと思っています。

骨盤矯正をして行く時には多くの方が単純に骨盤が小さくなることだけ5時になることだけを希望されてきますが本当は深く関係しているものがいろいろ関係していますのでいろいろ関係しているものを一度に取り除くことはできません。

骨盤矯正をしています
2019年02月26日

小顔矯正で顔が小さく小顔に

顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが小顔矯正といっても単純に顔を小さくすればいいというわけではなく小顔矯正で顔を小さくしていくための関係する部分を減らさなければ顔のが小さくなることはなく維持することもできません。

小顔矯正

顔を小さくする小顔矯正とは

顔を小さくしていくためには何をしたら顔小さくなるのかということを考えなければいけませんので顔というのは表面上は皮膚と皮下脂肪と筋肉と骨しか存在していません。

皮膚と皮下脂肪と筋肉と顔の骨の四つの部分から何を減らしたら顔が小さくなるのかという問題があるんですがもちろんここには書いていませんがむくみを減らすことでも顔は若干ですけど小さくなるかも分かりませんが単純にそれだけではありません。

小顔矯正をしていくときには皮膚と皮下脂肪と筋肉と顔の骨の何をしたら顔を小さくすることができるのかという問題なんですが皮下脂肪が増えている方は皮下脂肪を減らすことで少しだけ顔が小さくなっていくということがあります。

小顔矯正

どこを減らせば顔が小さくなる?

しかし顔を小さくしていく時には皮下脂肪だけを減らせば顔が小さくなるのかむくみを減らせば顔が小さくなるのかという問題なんですが皮下脂肪を全部を減らすことができませんので皮下脂肪と言ってもそんなに多くなっている方はいないと思います。
むくみといってもそんなに多くはありませんので顔が小さくなることはあまりないと思います。
では小顔矯正なのにむくみや皮下脂肪だけを減らせばいいというわけではないと言っているのは毎日毎日の疲れやストレスが多く生み出されて体に溜まることが原因になります。

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態でも多く積み重ねていきますので積み重なったものが体に蓄積していきますので体というのは顔も入るということなんです。
大変変な話になりますが顔にも疲れやストレスがたまるということが本当に起きてしまっているんです。

疲れやストレスと小顔矯正

顔に溜まった疲れやストレスというのは顔を大きくしてしまいますのでいつのまにか顔が大きくなってしまうということがあるということなんですが顔が大きくなっているのが異常になっていると考えれば正常に戻すことをしていけば顔が小さくなるということなんです。

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや眠りに関係する問題が取れないでも疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスが多くなると体にも蓄積していますが顔にも溜まっていきますので顔がむくんだり脂肪が多くなったり顔が徐々に大きくなっていきますが脂肪やむくみだけではなく大きくなってしまうのは顔の骨つまり顔面骨自体も大きくなっていき変形状態ということで顔が大きくなります。

今まで多くの方の顔を小さくすることができましたが全員の方が疲れやストレスを体にも溜まってしまっていますが顔にも溜まっている状態で普通でしたら痛みやコリを起こしていたり何かの縁を状態を感じていたりという状態の方ばかりでしたが痛みやコリを感じてもいないし体の不調状態を訴えている方は一人もいませんでしたので単純に小顔矯正をしてくださいという方が多くいました。

顔を小さくするとは

本当に顔の骨が小さくなる小顔矯正

しかし本当は小顔矯正と言っても顔を小さくすればいいというわけではありません。
小顔矯正というのは顔面骨ともいいますし顔の部分だとも考えている方が多くいますが専門的分野では顔面骨もありませんし顔という部分もありませんので頭蓋骨になります。
つまり顔の骨というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨の前側の部分が顔と言う呼び名になっています。

小顔矯正というのは頭蓋骨矯正という意味ではありませんが頭蓋骨を小さくするということにもなりますので全体でトータル的に考えれば頭蓋骨矯正という意味ではありませんので注意して説明をしっかり聞いてください。
小顔矯正をして行く時には 頭蓋骨の前側の部分だけを小さくすることはできないと思いますので 頭蓋骨の一部を変えても全体の変化があります。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや眠りの浅瀬の問題で疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスというのは体にもたまりながら顔にも溜まっていきますので顔のむくみや脂肪が多くなり頭蓋骨の前側の顔の部分だけが大きくなっていくということがあります。
これらを正常に戻していくと顔が小さくなり顎のラインは特にすっきり引き締まるということで小顔矯正をしていますので意味のない小顔矯正ではなく大きく意味がある小顔矯正になります。

2019年02月23日

肩こりを解消するなら

肩こりとは

背骨のズレが起きる原因
何も原因がなくて背骨のズレが起きる事はありません。姿勢が悪くても猫背でも背骨のズレは起こりません。

肩こり

背骨のズレが、どうして起きるのか、どこから起きるのか、と言うことに問題があります。
肩こりが起きるときには必ず背骨のズレが起きていますが、背骨のズレが、どうして起きるのか。

背骨のズレが起きるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
生活で多くるものであり、仕事しても多くなり、運動しても積み重なり、精神的な緊張やプラッシャーでも多くなり、不眠症も睡眠負債でも多くなるものが肩こりの原因です。
それ、

疲れやストレスです

疲れやストレスとは同じ言葉の繰り返しです。疲れが溜まって疲労になり、疲労が蓄積したら蓄積疲労になり、これがストレスです。
ストレスは和製日本語です。以前はストレスと言う英単語はありません。今では作られていますが。

疲れやストレスのたまる所

疲れやストレスは体の弱い部分にたまっていきますから肩が弱い方が肩こりになり、腰が弱い方が腰痛になります。
生理に関係する部分が弱ければ生理痛、生理不順になります。
便秘に関係する大腸が弱ければ弱い大腸に疲れやストレスが多くたまると便通が停滞して便秘になります。

この場合の、弱さと言うのは体質的な弱さの事を言います。体質と言うのはコロコロ変わる事はありませんが変えない限りは進んでいきます。
体質はクリームを塗ってもサプリメント、医薬部外品を飲んでも変わるものではありません。
悪くなることはあっても放置しておくと進んでいくのが体質です。

体質改善

当院では体質改善と言う施術をしています。体質改善と言うのはアンチエイジングの施術でもありますから弱い部分を変える事ができるのが体質改善ですが、病気を治すものではありません。体を直していくのが体質改善です。

例えば筋肉が硬くなっていると老化ですから、老化した筋肉を柔らかくすることができますが1回で変わる事はありません。
体質改善の施術は早い方で3回目からできるような施術ですから。
変わらないものを変えていくことができるのが体質改善です。

弱い所に疲れやストレスがたまり、疲れやストレスがたまると細胞の変化を起こしていくながら背骨のズレを起こしていきます。

特に肩に関係する部分は背骨で言うと胸椎の1番と2番は心臓、3番目は肺にたまった疲れやストレスです。心臓や肺に疲れやストレスがたまると胸椎の1番目と2番目と3番目の部分にズレを起こします。

心臓に疲れやストレスがたまると、肩こり、肩がダルイ、肩が重い、息苦しさ、胸苦しさ、動悸、寝汗、オシッコが近い、手の痛み、手のシビレ、握力低下などが起きる事もあります。
肺では急に出るセキが特徴です。また胃、肝臓も関係しますし、眠りが浅い睡眠負債、寝つきが浅い不眠症も関係します。

肩こり
2019年02月18日

ダイエットして痩せるなら

ダイエット、痩せる為には基本的なことを忘れると痩せようと努力しても効果は上がりません。
サプリメント、医薬部外品を試しても、ダイエットグッズを試しても、ストレッチ、ジョキング、ヨガ、ホットヨガ、サウナ、プールで泳いでも、基本的なことができていないとキレイに痩せる事はありません。

疲れやストレス

痩せる為には細くなれば良いと言う訳ではなく、体重計のメモリが落ちる事ではなく体を引き締めていくことがダイエットになりますし、痩せることになります。
運動やジョキングなどで痩せても筋張って細くなります。つまり筋肉が浮き出て痩せていきます。運動系で痩せることをして細くなっても筋肉が浮き出てしまってはキレイに見えることはありません。確かに運動系で痩せる事をしすると脂肪は燃焼するでしょうが。
浮腫みは多くなります。脂肪が燃焼して細くなって浮腫みも減るくらい努力しても筋(すじ)張って痩せてもキレイに見えることはありません。
食事制限で痩せても具合の悪そうにしか見えません。もちろん食べすぎはダイエット、痩せる為には天敵です。お菓子、ケーキ、炭水化物、甘いものはダイエット、痩せる為には敵になります。

ダイエット、痩せる為には体が基本

ダイエット、痩せる為にはするなら体から整えていくことが重要です。体には毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
積み重なるものは疲れやストレスです。
体に多くの疲れやストレスがたまっていくと疲れやストレスは限界はありません。際限なく限界なくたまっていきます。
この疲れやストレスの蓄積が太りやすくしていきます。そして脂肪が多くなります。
疲れやストレスが多くたまっていくと太ります。脂肪が増えていきます。浮腫みやすくなります。

そして睡眠負債があると自分でも気が付いていない方が多くいますが睡眠負債になると太ります。脂肪も多くなります。浮腫みやすくなります。
ダイエット(痩せる・細くなる方法)するなら基本的なことが重要です。基本的なこととは体調です。当院では検査する事ができます。正確な検査ですから自分の評価よりも正確にわかります。

疲れやストレスの蓄積

ダイエット(痩せる・細くなる方法)をする時には一番の敵があります。これは疲れやストレスと睡眠負債です。
どんな良い効果があるダイエット食品を試しも疲れやストレスの蓄積が大きいと効果が出ません。そして睡眠負債があると、さらに効果が上がりません。
運動しても筋トレしてもジョキングしてもストレッチしても皮下脂肪は減るかも知れませんが内臓の周辺の脂肪は増えていきます。そして浮腫みも多くなります。浮腫みと脂肪は違います。

脂肪は中に脂肪がありますが、浮腫みは中には脂肪はありません。
自分の体の皮膚を指で摘まんでみてください。つまんだ部分が多くあり中には何があるのか変わりますか。一色単に考えることなくバラバラで見ます。
触り方は分けて考えます。どうやって分けるかと言うと骨を中心にして考えます。
体でしたら骨(肋骨)を中心にして筋肉、じん帯、脂肪、皮膚になります。
肋骨の中には内臓と内臓周辺の脂肪になります。
このどこの部分に脂肪があるのか、浮腫みがあるのか。確認しながら触ってみて下さい。

ダイエットするなら体重よりも見た目から先に細くしていくことが得意で人気のダイエット法。
体重ばかり身にしていないで、まず、先決は見た目でしょう。
いくら体重を落とすことができても顔色が悪くても綺麗に見えません。
体重が落ちても骨ばるように痩せても意味はありません。
細い方は健康的に見えないで骨ばっている方が多くいます。ここは見た目を見て判断していますが健康的に痩せないと綺麗どころか体に悪い状態です。
ダイエットをして痩せるためには、いくら良い方法をしても食事、サプルメントを飲んでも筋トレしても運動しても体の中から直す異常はありません。

当院の痩せる方法は

ダイエットというと痩せる方法ということになりますが、体重ばかり気にしていると健康的には痩せていきません。
痩せるためには食事制限をしたり、甘いものを食べないようにすることも必要ですが、健康的に良い状態で体を絞っていくために。
体を引き締めていくためには、循環や代謝を上げることも必要です、そしてリンパの流れが滞って老廃物がたまりますので老廃物を解消していくように。

当院のダイエット法は

①体調 と ②体質改善の施術で体を直していく方法で変えていきます。
体を変えていくと体は健康的に痩せていきます。
①体調を上げていくことで代謝率や循環が解消されて細くなります。もちろん浮腫みも改善していきます。

さらに内臓の働きから変えていくので初回から細くなりますが、さらにその先の治療がありますから、しばらくの治療が必要です。
体を直していくダイエット法で痩せていくので、無理ダイエットでもなく理想に近いダイエットで痩せていきます。
当院の痩せるダイエットをする前に、
必ず、幅や浮腫み度合いを自分で触っておぼえて下さい。

治療した後に変わっています。その変化がわかるようにしてください。
まずは幅を覚えるようにしてください。
体を細くしていくことで変わるダイエット法なので浮腫みも解消して痩せていきます。
ダイエットするなら効果があるダイエット法があります。
今まで多くのダイエット法を試してみても効果がない方や、こんなダイエット無理だとか言っていませんでしたか??
今まで多くのダイエット法が紹介されましたが、当院のダイエット法は一番効果的で実効性があります。

ダイエット、痩せる為には

一般的なダイエット法は

食事制限 栄養を抑えたビスケットやクッキー、サプリメント、運動、ストレッチ、バナナダイエット、リンゴダイエット、筋トレ、エステのダイエット、色々なダイエットほうがありますが、すべて外的なものから変えていこうとするダイエット法です。
そとから変えていくダイエット法に対して

体質改善のダイエット法があります。

この体質改善との施術によるダイエット法はアンチエイジング、若返りの施術という方法なので体の中から変えていく方法でダイエットしていく施術です。
体質改善の施術は初回からはできません。体調が良くなってからの施術になりますから、あまりあけないで来院してもらうと3回目からできる可能性があるダイエット法です。
当院で一番、強い施術なので、体も変わるし元気にもなります。

2019年02月08日

カイロプラクティックはボキボキしない

カイロプラクティックで歪みを矯正
多くの痛みやこりは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレから起きています。

ボキボキしないカイロプラクティック

対症療法

湿布を貼ったり、注射を打っても、マッサージしても、低周波治療器や電器をしても、他院のカイロプラクティックでボキボキしても痛みやこりが楽になることができるかも知れませんが、その裏にある本当の問題まで改善や解消はできないと思います。
例えばですが、どうして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きるのかと言う問題があります。
ある人は姿勢が悪いとか、運動不足だとか言いますが、それは違います。

姿勢や運動不足でも悪くない時もあります。同じことをしても痛めるときもあれば、どうもない時もあります。
この差は、その時の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの状態にあります。骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレもいつも同じではなく少し良くなったり、歪みが大きく悪化したりしています。
この歪みやズレの変化が痛める原因です。
この変化が体調です。体調と言うのはいつも変化していますから良い時もあれば悪い時もあります。

悪い時に痛めることをすると痛くなります。

体調が悪い時にコリが起きるようなことをすると、コリが起こります。
体調が良い時に、同じことをしても痛みを起きないし、コリも起こりません。
体調と言うのは、すべての痛みやこりに関係しています。
カイロプラクティックと言うのは体の歪みを整えていく施術法です。カイロと言う意味は「手」という意味でプラクティックは『 術・技 』と言う意味です。

カイロプラクティックの治療で骨盤の歪み・背骨のズレを整えることで痛みやこりが楽になります。
しかし、骨盤の歪み・背骨のズレも原因が裏側にあって起きています。
何も原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起こりことはありません。
中枢神経系を守っている骨盤の歪み・背骨のズレが簡単に歪んだりズレたりしたら大変な事になります。

骨盤の歪み・背骨のズレは中枢神経を守るのが目的です。
簡単に歪んだりズレたりしていては守ることができません。
しかし、内部から起きた問題やトラブルには弱く、崩れを起こしていきます。

これが骨盤の歪み・背骨のズレを引き起こして痛みやこりになっていきます。
これを整えていくのがカイロプラクティックの目的です。
カイロプラクティックとは日本語では手技療法と訳されています。手の技で骨盤や背骨の矯正をしていく方法なので、カイロプラクティックは唯一、他の治療とは違い痛みやこりの原因から改善することをしています。

歪みやズレ

他の治療は痛みやこりの原因が歪みであると言うことがわかってもいないし、治療ができません。
だから低周波治療器や電器などで痛みやこりを中和しているだけです。中和していてもそれなりに楽になりますが、原因はすべて残っています。
この原因は痛みやこりがない時も進行していきますから、いつかは、痛みやこりが急に起きて、今度は治りが悪くなります。
原因もいつまでも、同じではありませんから、一時的に楽にすることが低周波治療器や電器などでもできますが、痛みやこりがない時も原因は進行して悪くなっていきます。

カイロは原因から

カイロプラクティックで行う症状の多くは原因があって起きています。体に原因がなくて起きる症状はありません。必ず何かの原因があって痛みやコリになっていきます。
体の歪みや背骨のズレが起きるのは、誰でも子供でも起こります。年齢や性別に関係なく起こるのが歪みになります。歪みが起きれば痛みやコリになっていきます。
この歪みや背骨のズレになるのは、ストレスが原因です。ストレスと言うのは『Distress』と言う英語がありますが、この英語は苦悩、苦痛と言う意味です。前のdiだけがなくなって後半が残ったのが今の「stress」ストレスです。

しかし、意味が全然違いますが、

今のストレスと言う意味は、ストレスがたまった=疲れがたまったと言う意味になります。
体の疲れ(ストレス)がたまってくると歪みになっていきます。この歪みが色々な症状になっていきます。この歪みをカイロプラクティックの施術で減らしていくのが歪みを解消する矯正になります。
カイロプラクティックと言ってもボキボキしないカイロプラクティックをしています。ボキボキしなくても背骨の矯正はできます。

疲れやストレスとカイロプラクティック
2019年02月04日

整体と言うのは

体を整えること
今でのボキボキすることもなく整体の治療で体を整えていくことができますから。治療技術がない方やよく理解していない方が低周波治療器や電器などを使っています。

整体とは

整体とは

当院では、30年以上の経験から治療技術の向上と研究に努力して、マッサージ感覚でも骨盤や背骨の矯正ができるようになりました。マッサージ感覚と言ってもマッサージではありませんので注意しておきますが、もちろんマッサージではありませんが、体を揉むことはしていますが、目的は筋肉ではなく、歪みやズレの矯正だからです。

筋肉だけ揉んでも気持ち良さはありますが、痛みやこりの原因は筋肉ではなく歪みやズレですから。

①筋肉をほぐすこと。

②痛みやこりの起きている骨盤の歪み、背骨のズレを見つけだすこと。

③骨盤の歪み・背骨のズレが、どうして起きているのか、本当の黒幕を見つけて改善することこれが当院の整体の治療です。他院では多くの場合、2番目までが多いようです。

2番過ぎたら低周波治療器や電器をすることで痛みやこりが解消できなかった所に対して筋肉疲労を余計に起こさして、痛みやこりがわからなくなるようにしていきます。

これが他院の整体の方法です。(個人的見解)当院では、さらに骨盤の歪み・背骨のズレが、どうして起きたのか、そこまで探して治療に当たります。

当院の整体療法はボキボキしません。痛くない怖くない整体をしております。当院も開業当初は、ボキボキしたり、電機や機械などの色々ありました。 

一例で言うと、低周波治療器、パルス機械、ローラーベット、ホットパック、金魚運動牽引機、レーザー光線などがありました。 整体でボキボキした後に、ローラーベットをした後に電機やホットパックと言う感じでしたね。しかし、ある時、施術に入る前に患者さんの体を検査することをしました。そして、ローラーベットに乗ってもらいました。 

そうすると、ローラ-に乗る前と、後では検査の結果が違っていました。 そのことから考えて、考えて研究して、数年後にわかりました。ほとんどの電器や機械は、体を疲れさせているということが。 電器や機械は、刺激です。刺激はストレスと同じです。

疲れやストレスがたまっている体に余計にストレスを与えてわかなくしていると言う事です。整体と言うとボキボキしたりすることと思いますが、当院では違います。整体というと、日本には昔からある矯正法です。 

整体と言うのは、日本ではボキボキしたり電器やマッサージローラーと言う感じです。
日本では、昔は、柔道家の方が、けいこ相手に投げ技をして肩を痛めたり、膝を痛めたりすることが多く、これらを施術していたのが、今の整体の源流です。

柔道をしていて、肩や関節を痛めた時に、施術していたのが整体の施術になっています。昔は技術的な問題から、多くの機械やマッサージを置いていました。

体質改善を整体で

当院には整体でする体質改善の施術があります。体質改善と言うのは、変わらないものを変える事が出来る施術です。いくらボキボキしても、電気をしても、サプリメントを飲んでも、変わらないものが体質です。
内臓から色々な症状が起きています。根本的な原因は、内臓に蓄積した疲れやストレスです。内臓にたまる疲れやストレスは内臓の弱い所にたまります。

必ず、体には弱い所とそうでもない所があります。この弱い所は、疲れやストレスがたまりやすく、すぐに疲れてしまいます。

しかし、疲れると、それだけではすみません。内臓が疲れることで体は歪みを起こしていくからです。内臓が疲れを起こして歪みやズレが起きて、それが大きくなって痛みやコリになっていきます。この弱い所は、先将来の問題になりやすく、なっていく途中で疲れをためてしまって痛みやコリになっています。

当院の施術である体質改善の施術は、これをこのまま放置しておくと、いつかは、もっと悪くなってしまっていきますので。悪くならないようにしていく整体です。整体と言うと、体を整えていく事ですが、体を整えていくには、体調と体質が関係しています。

疲れやストレスが多く蓄積すると体調は落ちていきます。誰でも、初回やしばらく間を開けて来院させた方は、体質改善よりも、体調を優先して上げて体を整える整体をしていきます。体調が良くなって、少しでも維持できていれば、体質改善で体を直すことをして内臓を強くしていきます。

内臓を強くしていくというのは、わかりやすく説明すると、例えば、固い所があるとします。これを柔らかくしていく事なんですが、内臓は手で触れません。たとえ触っても、もんでも柔らかくなりません。

歪みやズレは
2019年02月04日

整体とは

整体と言うのは日本古来の背骨矯正術です。
日本には昔から侍の時代から柔道や柔術、剣道がありましたから、関節を痛めることが多くありました。関節には膝の関節、肘関節、股関節、骨盤の関節、背骨の関節などがありますが、これらを練習で痛めることがありましたから、その治療で行われたのが整体です。

整体とは

しかし整体は先生から弟子に受け継がれる要素が大きくあったために指導する学校もなく一子相伝に受け継がれるものでした。
特に柔道や柔術などで痛める関節を治療していたのが整体です。
しかし学問的には体系づけることがなく、無いうちにアメリカから似たような治療法が入ってきました。これがカイロプラクティックです。
整体とカイロプラクティックは酷似していましたが治療体系になったのはカイロプラクティックですからアメリカでは国がカイロプラクティックを法制化して認可しています。

しかしカイロプラクティックもアメリカでは保険は効きません。というかアメリカには日本のような保険制度自体がありません。保険は生命保険会社の特約で変える事ができますが。
ですからアメリカでも実費です。
日本でも整体は保険は効きません。整体は国に認められた治療法ではありませんから法制度自体がありませんので保険は効きません。

整体は日本中、どこに行っても保険は効きません。

しかし整体も色々な団体や治療がありますから、統一した物はありません。先生がどの技術を選択するかで違います。
ボキボキする方法を選ぶ先生が、ほとんどですが。
中にはドロップ台と言う台を用いて少し台の一部を上げてドロップするように落とす方法でしている所やアクチベーターと言ってパチンとする背骨矯正もあります。
多くは体に優しいと言うドロップ台か、ボキボキしています。

当院の整体は

当院はボキボキしない痛くないマッサージ感覚の整体をしています。子供さんから年配の方まで受けていただいております。
当院の院長は30年以上、整体の経験がありますが、当院でも初めはボキボキすることから初めています。そして以前は当院も低周波治療器や電器などを多くしていました。この時には低周波治療器や電器などの意味が分かりませんでしたが、今では低周波治療器や電器の研究をしてわかるようになりましたので、一切の低周波治療器や電器は使いません。
低周波治療器や電器などで痛みやこりをマヒさせたりするのではありませんので、体を整えていくのが整体の目的です。

歪みやズレは
2019年02月04日

姿勢が悪い、猫背矯正

正常な状態と言うと分かりにくいと思いますが体がそういう状態になっている時には猫背になったり姿勢が悪くなったりするのは当然だということなんです。
ではどういう状態が猫背になるのかと言うと体に多くの疲れやストレスが溜まっている時です。

猫背

体に多くの疲れやストレスが溜まっていると体は自然と自分の心臓や肺を守ろうとして前かがみになってしまいますが前かがみになることで心臓や肺を圧迫したり胃腸の働きを悪くしてしまいますが胸を張るという動作が苦しい時にやっている場合があります。

猫背や 姿勢が悪くなる時には二通りの姿勢の悪さがあります。
一つ目の姿勢の悪さは背骨から丸くなる現象と肩が前側になるものと両方が同時に起きてしまっている方があります。

普通一般的には姿勢が悪くなる時には背骨から悪くなる場合がありますが猫のように肩が前側についているような感じで起きてしまっている姿勢の悪さがあります。
しかも誰だって寒い時には猫背になるでしょうし体が丸くなるような感じで丸くなると暖かいような感じがすることもあるからです。しかし寒くないのに体が丸くなったりすることはありませんので疲れやストレスが多く溜まった時には体は丸くなってしまいます。
姿勢が悪くなったりするのは原因がありますので原因を見つけ出さなければいけませんが当院では体の状態を検査することができますので検査すると色々な状況がわかってくるということがあります。

疲れやストレスから歪みやズレに

体を検査すると状況がわかる

普通一般的には見た目で見て判断できるものではないものも検査をすることで体の状態を把握することができますので把握した状態を改善していくと体は徐々にまっすぐな姿勢を保とうとし綺麗な姿勢を保つことができます。
猫背になったりする時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態や睡眠障害が重なっている場合がありますので一度で猫背が取れることはありませんが徐々に正しい姿勢を楽に持つことができるようになっていきます。
普通一般的には体の検査なんかできるわけはありませんし検査と言うと病院で検査をしていることがありますが病院で検査をする時には病気になってからの検査ですから猫背矯正の検査でもありませんし姿勢矯正の検査でもありませんので尿検査、血液検査やレントゲン検査などは病気になってからの検査になります。
検査すると姿勢の悪さの原因が判明する
当院で行なっている検査というのは総合的な体調の検査と骨盤の歪みと背骨のずれの検査になりますが骨盤が第一に歪んでいるということは体調が落ちて悪いということをさせていますし背骨がズレが大きくあると体調が悪いということになりますので体調が悪ければ悪いほど歪みやひらきや擦れが大きくなります。
しかし歪みやズレというのは体に溜まった疲れやストレスが原因で起きていますので疲れやストレスというのも体の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるところが違います。

猫背になる時には

姿勢が悪くなったりするのは多くの場合体に溜まった疲れやストレスが原因なんですが体に溜まった疲れやストレスも弱い部分にたまる傾向がありますので人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分は猫背で姿勢の悪さに関係することはあまりありませんが弱い部分というのは疲れやストレスを多く貯めやすくなっていきますので疲れやストレスを多くためてしまうと歪みやズレになっていきますが歪みやズレというのは横にズレたものや傾斜というひねりの状態のことを言います。

猫背になったり姿勢が悪くなる時には横回転や傾斜も起きている場合がありますが横回転や傾斜ではなく横から見た背骨の湾曲が大きくなっているときなんです。ズレや傾斜と言うのは背中は触ったら背骨の部分に棘突起と部分が触ることができますので棘突起を中心にして右回転をしていたり左回転をしているときや横の突起の部分が上に上がっているか下に下がっているかということで傾斜の判断ができます。
しかし猫背というのは横から見た状態で湾曲が強くなっている時に起きていますので歪みやズレももちろん当然として起きているのですが横から見た状態のことの湾曲の強さを手こぜと言います。

猫背矯正を治療しようと思うなら身体に溜まった疲れやストレスを減らしていくことが一番ですけど疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分というのは体の中にあることにですから体には何があるのかということを説明しなければいけませんので例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなります。

疲れやストレス

猫背矯正・姿勢矯正

水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので疲れやストレスが溜まるところというのはあと残った35 kgの中に疲れやストレスがたまる所が存在しています。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していますのでこの中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く溜まっていきます。
しかし内臓と聞くと多くの方が病気というのを結びつけてしまいますが当院で言う内蔵というのは内臓に溜まった疲れやストレスですから病気とは関係ありませんので注意してください。

疲れやストレスは弱い部分に溜まると言いましたので弱い部分が筋肉だったり関節だったり内臓だったりということで疲れやストレスを多く貯めてしまいますので疲れやストレスが多く溜まった部分が心臓や肺や内臓であれば猫背になるのは当然なんです。

2019年02月04日

自律神経失調症になったら

自律神経はバランスを喪失することを自律神経失調症と言います。自律神経と言う神経は実際に実態がある神経の事です。

自律神経は脳幹から発祥している神経のことで背骨の横を縦の両側にあります。交感神経、副交感神経は車で言うとブレーキとアクセルです。車はアクセルを踏むとスピードが出ますがスピードではなく働かせる神経と言う事です。

自律神経失調症

働かせる神経と押さえる神経になります。
主には内臓を働かせる神経になると内臓がしっかり働いてくれると言う事です。自律神経には内臓に限らず色々な働きがあります。

詳しくは他のホームページを検索して下さい、ただし惑わされないで下さい。

当院の院長はいつも現場で治療にあたっています。学者でもありません。
自律神経がバランスが悪くなる時には、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこりが起きている方も、本当は自律神経が崩れています。

失調状態ではありません。

自律神経失調症と言うのは病名です。バランスが崩れている状態とは違います。そんな簡単なものではないから自律神経失調症と言います。つまり崩れすぎてバランスが崩れた状態よりも、さらに悪い状態だと言う事です。
自律神経を回復させるには
自律神経失調症からよく為には、何よりも基本的なことからしないと回復しません。基本的なこととは、体調です。

体調が悪いから色々なことが起きている訳です。もちろん自律神経も失調するのは当然です。

自律神経失調症の方が来院すると、体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。ここまで落ちてしまうと自力回復は不可能です。それを回復させないと直りません。いくらい薬で抑えても。

自律神経失調症を改善

自律神経が失調状態になること、バランスが悪くなることを自律神経失調症と言いますので、自律神経から支配されるもの全てがバランスを崩している時に起きる症状なんですが、個人差があります。
自律神経というのは、実際にある神経のことですから、調べてみると分かると思いますが、自律神経の中に交換神経と副交感神経という神経が存在しています。簡単に言うと、交換神経という神経は車で言えばアクセルみたいなもんですから、働かせるということで鞭を打ったりすることが自律神経のなかの交感神経という神経になります。交感神経に対して副交換神経というのはブレーキを踏む神経という感じだと思えば分かりやすいと思いますので、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるということで働きを抑える神経になります。

交感神経と副交感神経

車とは違ってアクセルを踏みながらスピードを上げながらブレーキを踏むことをするのが交感神経と副交感神経になりますので、このバランスが狂ったことを自律神経失調症という感じになります。多くのものが自律神経において支配されていますので、自律神経という神経が中枢中の中枢になりますから、これがバランスを崩すということは大変なことが起きているという感じなんですが、自律神経失調症になった方は安定剤などを飲んで薬で抑えることしかできないのが実情です。

しかし、自律神経という神経が実際にある神経だと説明したように、詳しくは調べてみると分かると思いますが、脳幹の部分から発症している神経のことですから、脳幹の部分に全ての原因がある可能性があるということなんです。

脳幹の部分が何らかの問題を持ってバランスを崩した時が自律神経失調症になるということですから、脳幹の部分や大脳の部分に何らかの問題があるということなんですが、病気ではありませんので病院に行ってもいくら検査をしてもわからないということで、薬の処方が促される場合が多いようですが、遠いんでは検査することが出来ますので、検査をしてみると大変なことの状態が分かってきます。

自律神経の支配

自律神経失調状態の方は色々な部分は悪くしてしまっていますので、簡単に回復することはできませんが、治療を続けていくことで色々な問題が解消していき、少しずつでも前に進んでいくことができると思います。

自律神経失調症になってしまうと、自律神経に支配される内臓が全てのバランスを崩してしまいますので、腰が痛くなったり、肩が痛くなったり、首の痛みや首のコリが起きたり胃が重たくなったりだるくなったり熱っぽくなったり不安が起きたりと色々な症状が起きてしまうのが自律神経失調症になります。

自律神経失調症を改善しようと思うなら、原因を見つけ出さなければいけませんので、個人差があると説明したように個人個人違う症状ですから、総合的な体調の状態と部位の状態を確認しなければいけませんが、簡単に検査することができませんので、まずは目の前にあるものから改善していくようにしていますが、すぐには改善することができません。

自律神経失調症になってしまった方は、体調が奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調をしている方ばかりですから、これらを治すためにも少しずつでも体調を上げる努力をして商品を整えていくことをすると少しずつですが良くなってくると思います。

自律神経のある部分

自律神経失調症というのは、中枢神経系の問題が起きて、バランスが悪くなった時に起きる症状ですから、中枢神経系を改善していくというのは簡単な方法ではありませんので、マッサージをしたりしてもサプリメントを飲んでも薬を飲んでも色々な治療法をしても何も一向に変わりにくいのが自律神経失調症なんですが、諦めずに治療をすることで色々な症状の緩和が図れる場合が多くありますので、当院では自律神経失調症から抜け出すお手伝いをすることをしています。

自律神経失調症になってしまった方は色々な問題がありますので、脳の力がないと回復しませんが、脳自体の力が落ちているのが自律神経失調症になっている問題ですから、色々な問題をクリアするためにもまずは少しずつでも体調を上げて整えていくことをしていくと楽になっていくことも多くありますが、回復力自体がありませんので簡単なことではありません。

色々な症状から楽になるためにも、回復するためにも回復する力が必要ですが、回復する力というのは大脳にあります。

回復する力、良くなる力

しかし、大脳自体の力が落ちているためになかなかうまく回復してくれないのが実情ですから、回復するように検査をしながら1歩1歩でも改善していくことができればと思います。自律神経失調症というのは大変やっかいなものなんですが、大事に言うとしばらく前からまたは自律神経失調症になる前から眠りが浅いということに気がついていない方が多くいるせいです。

自律神経失調症になる方は、寝ているようで眠れていないため、大脳が極端に弱ってしまったのが原因ですから、うまく眠れていれば自律神経失調症になることはありません。

自律神経失調症になる方は、寝ている時に寝付きが悪いという方もあったり、夜中に何回も目を覚めてしまうという方もありますが、多くの方は夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っていたとよく言われます。

2019年02月04日

自律神経失調症だと言われたら

睡眠負債と自律神経失調症

先程も言ったように寝ている方は自律神経が失調状態になることはありませんので、眠りが浅いのに気がついていないで自律神経失調症になったということなんです。

自律神経失調症

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いもいいとこですから、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、眠りというのは簡単なものではありませんので、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

しかし、夢というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて目が覚める瞬間に見ているのが夢です目が覚める前に見ているから、記憶に残り覚えていますが、それを夢よりも浅い睡眠がさらにありますので、浅い睡眠のことを寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですから、最高に眠りが浅い睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠になります。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

体を検査することが重要

病院で行う検査は病気の検査ですから当院ではしていません。病院では尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などで数値の異常が出れば病気です。
しかし自律神経失調症は数値の異常が出てきません。
自律神経失調症は病名ですが病院ではありません。自律神経失調症になると病院では薬で抑える事をしています。

安定剤などが多く出されます。自律神経を安定させる薬です。
しかし、当院では検査する事ができますから検査してみると体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調になっている方ばかりです。
ここから回復させることからしていかないと回復しません。しかし単純な、簡単なことではありません。普通は奈落の底のような体調、ドン底のような体調まで陥ることはないからです。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調まで落ちているから自律神経は乱れるのは当然です。

何が落ちているのかと言うと全体です。

自律神経に乱れが起きる時には、全てが低下した状態になります。大脳、脳幹、体温調節機能、内臓の働き、頭痛、腰痛、肩こり、イライラする、ダルイ、倦怠感、疲れやすいなどなど起きるのは当たり前の体調になっています。
ですから回復力も低下で回復しません。
回復させるのは期間がかかります。1回や2回で回復することはありません。

自律神経失調症のおおもと

自律神経失調症には自律神経失調症になる原因があります。
自律神経失調症になるのは原因があって起きています。病院では原因まではわかりません。病院では病気の専門家なので病気になったらいくところです。
しかし、自律神経失調症は病気ではありません、バランスと体調の問題です。ですから病気とは違いますから安定剤などを飲むことも良いですが原因から改善していくようにして下さい。

自律神経と言うのはどこにあるのか???

自律神経と言う神経は実際にある神経のことです。背骨の両側にあって脳の下から骨盤まである神経のこと。

自律神経の中に交感神経、副交感神経があります。
この2つの神経のバランスが悪くなったときに起きるのが自律神経失調症です。
下のイラストにあるように小脳の前から自律神経は出てきています。
つまり自律神経失調症というのは脳幹のトラブルと言う事になります。
病院、薬では自律神経のおおもとである脳幹の改善はできません。自律神経は生きていく神経の部分です。ここが何かの原因で弱ってしまったか、悪くなってしまった時に自律神経失調症になります。

脳幹はすべてを支配しています。支配されているもの全てに影響があります。

自律神経失調症を良くするためには、まずは体調を上げることで体を整えていく事です。
体調が整ってきたら体質改善で直していかないと回復する力もありません。回復する力がないから回復していかなかったんです。

体調も異常と思えるほど落ちていますから簡単なことではありません。
体質改善というのは、短い時間で変わる事はありませんが、変えない限りは変わりません。そして体質は年齢以上に悪くなります。

2019年02月04日

整体とカイロプラクティック

整体とカイロプラクティックとは

普通は整体、カイロプラクティックと言うとボキボキしたり電気を使いますが当院では30年の経験と研究で、低周波治療器や電器もボキボキすることもなく体を矯正する事をしています。

整体とカイロプラクティック

痛みやコリでも腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも、美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも深く関係することがあります。

痛みやコリでも美容整体でも関係するものとは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くなっていくものですが、多くの方は減らす事もしていませんから多くなるばかりです。多くなったものは歪みやズレになり、脂肪が増えたり浮腫みが多くなったり太りやすくしてしまいます。

痛みやコリでも美容整体でも関係するのは

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みでも、小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも関係するのは疲れやストレスです。

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み

疲れやストレスが多くある方ほど、痛みやコリが無くても歪みやズレはあります。と言うのは疲れやストレスがたまっていない方はいないからです。痛みやコリになっていなくても便秘、生理痛、生理不順がある方もいます。

便秘の方は背骨の腰椎の4番目の骨がズレています。また生理痛、生理不順の方は腰椎3番目と5番目の骨がズレています。
弱い部分に疲れやストレスはたまる

疲れやストレスと言うのは弱い部分に多くたまっていきますから弱い部分が腰であれば腰痛になり、弱い部分が肩であれば肩こりになり、生理に関係する部分が弱ければ生理痛、生理不順になり、大腸が弱ければ便秘になります。
また痛みやコリだけではなく、美容整体でも関係するのは疲れやストレスですから疲れやストレスが多くなると必然的に浮腫み、脂肪が多くなります。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット

疲れやストレスがたまると顔が大きくなりますし顔の浮腫みが増えていきます。小顔矯正をする時には顔にたまった疲れやストレスを減らすと顔が小さくなり小顔になっていきます。しかし、それだけでは持続性はありませんので、小顔矯正をする時も体質改善の施術で変えていく必要があります。

小顔矯正をする時には本当に変わるから顔の大きさをおぼえてもらうようにしています。
骨盤矯正と疲れやストレス
骨盤矯正をしていく時も疲れやストレスを減らすと骨盤が小さくなっていきますから、実証済みです。骨盤矯正をする時には体質改善の施術をしていくと効果が大きくなります。
骨盤矯正をする時にはウエストまで細くなりますから矯正する前に触っておぼえてもらうようにしています。

睡眠負債

最近は多くの方が気が付いていませんが睡眠負債になっています。睡眠負債は不眠症とは違いますから夜中に目を覚ますことがなく熟睡ができていない状態を言います。
不眠症では寝つきが悪かったり、夜中に何回も目を覚ますのが不眠症ですが、睡眠負債は一度、寝てしまうと朝まで目が覚める事はありません。しかし眠りが一番、浅いのが睡眠負債です。

体質改善の施術

体質改善と言うのはアンチエイジングの施術でもあります。初回からできる事はありませんので早い方で空けないできて3回目くらいからです。体の中から変えていく方法です。
美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも効果があり持続性が向上しますし変わりやすくなります。
また腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みの改善の方でも体質改善の施術は根本的に原因から変える事ができる唯一の方法です。

2019年02月01日

頭痛とは

最近は多くの方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛に悩まされています。これには一つの原因があります。

痛みが起きると普通は頭痛薬を使うことがあると思いますが薬は一時的に痛みを押さえているだけです。その時に痛みを押さえても、また、しばらくすると痛みになる事があります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛がある方は痛みがない時でも原因は良くなったわけではなく水面下で進行しています。頭痛と言うのは時々、痛みを起して自分に知らせる事をしています。

自分に知らせる痛みが頭痛として頭の痛みになっています。せっかく何かの異常があると言う痛みを起してくれているのに、何も思うことなく痛み止めの薬を使うと言うことは良くありません。

多くの頭痛、頭の痛み、偏頭痛の場合は体と頭にたまった疲れやストレスが原因で頭痛につながっています。

体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。
頭に疲れやストレスがたまると脳が弱っていきます。頭に疲れやストレスがたまっていくと循環が悪くなります。老廃物も多くたまります。もちろん働きも悪くなります。
そうすると緊張が高くなります。緊張が高くなると頭痛になります。しかし緊張ではない頭痛の方も増えています。
特に頭が大脳が強く弱った時に頭痛、頭の痛み、偏頭痛になります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因

頭痛が起きた時に薬を使うことは構いませんが、それで楽になるからと言って多用して良いのか、と言う事も考える必要があります。
今、痛みがある時には、服用しても良いと思いますが、強い痛み出なければ痛みがある時に、予約して下さい。と言うのは検査する事ができますから状態を確認しやすくなるからです。

頭の痛みと言うと色々なものが複雑に関係していることがあります。一つずつでも減らすことをしています。当院では頭痛の方の状態を検査する事をしていますから、しっかりと原因を把握する必要があります。今、痛みが起きていなくても原因を確認することができますが、楽になったか判断することができません。

当院では多くの頭痛の方が来院していますが、痛みがある方も、施術することで痛みが徐々に楽になっていく事ができます。そのため施術途中に痛みの度合いをお聞きする事をしています。その時に、まだ痛いのか、楽になったのか、と言うことも確認しています。

頭痛になる時には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には、ある原因があって痛みになっています。当院では見た目で見て確認できないものを確認しながら施術することができます。
頭痛の方の痛みが起きる時には、体調が落ちています。体調が良い時に、もし痛みがあれば逆に大変です。

体調と言うのは実は意味不明なことなんです。

自分で体調が良いと思えば体調は良いのかも知れません。
しかし色々な痛みやコリが無いからと言って体調が良いとは限りません。
体調が良いか、悪いかは疲れやストレスの蓄積度合いで決まります。疲れやストレスが溜まるのは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなります。

毎日、毎日の生活する事の掃除や食事作ることでも洗濯する事でも買い物して歩く回る時や荷物を持つときでも多くなるものが体にたまるのが疲れやストレスです。何もしていないと言う方もいるかも知れません、そんな事はありません。

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないし、疲れやストレスを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。
特に睡眠負債、睡眠障害がある方が増えていますので、睡眠の問題があると大脳は弱ってダイレクトに痛みやコリ、体調の悪さを感じなくなります。

眠りとは
2019年01月31日

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になったら

頭の痛みになる方の多くは寝ている積りでも深く寝ていない方がいます。眠りと言うのは大脳が休養を取って寝ている熟睡を言います。
寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

見た目だけで判断しています。
人が目を閉じてスースー寝息を立てていると、誰でも寝ていると思います。しかし眠りと言うのは違います。

多くの方が夜に寝る時間に寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。イビキは眠りが浅い時にかいているということはわかると思います。
夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

睡眠障害、睡眠負債は不眠症とは違いますから不眠症と言うのは夜に寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症です。また寝る事が出来ても夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。

睡眠障害、睡眠負債は違いますから夜に寝たら朝まで目が覚めません。
そのため眠りが浅いことに気が付いていません。この方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛になっています。

眠りが浅いことに気が付て良いないから体調が良いと思っています。大脳が弱ると痛みやコリにマヒした状態になりますから痛みやコリも感じにくくなります。ただし痛みやコリを感じない限界はあります。
限界まで悪くしたものは、今まで、どうもなかった状態で一気に、ひどい痛みを感じるようになります。

痛みが起きる時には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛を楽にするなら薬でもできますが、頭痛を直すことはできません。頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには、原因があります。しかし原因は簡単なことでは起きていません。
筋肉の緊張性の頭痛とか、勝手に想像で言われてしまいます。例えば肩こりからくる頭痛とか、首の痛み、首のコリから起きる頭痛とか眼精疲労から起きる頭痛とか、色々言われますが、どうして肩こりが起きているとか、首の痛み、首のコリが起きているのか、どうして眼精疲労が起きやすいのか、全ては原因があります。
頭痛でも肩こりでも首の痛み、首のコリでも原因があるから起きています。

当院では頭痛を30年以上臨床と研究しながらしています。
頭痛の原因を見つけ出す為にも体調を上げると言うことは重要になります。体調と言うのは実は意味不明な言葉です。痛みやコリがないから体調が良いと思っているからです。
ダルさや疲れを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時に、体調が落ちている時にしか起こらないからです。もし

体調が良いと思っている時に、頭痛が起きれいるとしたら大変なことです。
それこそ病気かも知れません。
その場合は、病院で検査しないといけません。KRI検査やエコー検査などなど。

頭痛になるのは

しかし頭痛と言うのは病気と無関係ではありません。しかし、今ではありません。
テレビの特集の番組で頭痛の半数の方が脳梗塞になっていると言っていました。頭痛の方は予備軍だと言う事です。
しかし、病気も1年や5年や7年でなる事はありません。病気になる為には健康な細胞から病気の細胞に変化していく為には20年前後かかります。
つまり、仮に脳梗塞が進行しても20年前後かけながらなっていきます。

頭痛の方の原因

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因は総合的に見て体調が悪い時に頭痛になる因子が多いい方が頭痛になります。体調を落としても頭痛の因子がない方は頭の痛みにはなりません。
頭痛になる因子は、いつも進行途中です。進行が止まることはありません。一度、起きたものは痛みがない時でも進行してきています。
ですから頭痛がある時にだけ進行するものはありません。

時々、頭痛を起こしながら徐々に進行していきます。
始めは半年に1回くらいだったのが、2か月に1回の頭痛になったり、いつも頭痛薬を持たなければならない場合もあります。つまり、それほど頻繁に起きていると言う事なんですが。

また、痛みの度合いも違ってきます。ズキズキうずくような痛みになったりします。脈打つような痛みになる事もあります。
どの症状も軽いのから始まります。徐々にひどくなっていく事もあります。しかし多くの症状が頭痛薬を飲むと、しばらくすると収まっていきます。その為、治ったと思います。

しかし頭痛薬は維持的な痛みを押さえているだけです。
頭痛の原因なんか関係ありません。原因を見つけ出すこともしていません。そこを勘違いしないで下さい。

頭痛の原因

最近の頭痛の方の主な原因は睡眠負債、睡眠障害にあります。多くの方の場合、自分で気が付いていない方ばかりです。
睡眠負債・睡眠障害と不眠症は違います。全員の方が不眠症と勘違いしています。不眠症と言うのは夜に寝ようとすると1時間も2時間も目がさえて眠れない方が不眠症です。

また寝つきよりも寝て夜に何回も目が覚める方が不眠症です。
不眠症の特徴として眠れないと言う事です。
しかし睡眠負債・睡眠障害は違います。

2019年01月31日

頭痛を繰り返すのは

頭痛、頭の痛み、偏頭痛は睡眠障害・睡眠負債は寝ています。

普通に考えたら良い眠りをしているように思えます。
夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。
例えば、夜の11時に寝ている方がいるとします。

ほぼ11時に寝てベットに入ります。目覚まし時計を朝、6時にセットします。布団に入ったら、しばらくしたらスースー寝息を立てていきます。

6時に寝覚まし時計がなったら目を覚まします。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思います。寝ている方を他人が見てもスースー寝息を立てていれば寝ていると思います。

頭痛とは

眠りと言うのは、そうではありません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていれば寝ていると思うのではなく眠りと言うは大脳が休養を取って寝ていることを言います。

大脳が休養をとる眠りと言うのは熟睡です。
つまり熟睡ができていないと言う事ですが、熟睡ができていないと大脳は急激に結わっていきます。

大脳が弱ってきているのに体調は良いですとは言えません。大脳が弱っていると生命機能も低迷状態になります。そうすると歪みやズレも多く起こります。
肩こり、首の痛み、首のコリ、眼精疲労が多くなります。
大脳の弱りから脳の緊張や硬縮、圧縮が強くなります。これが頭痛になります。
脳の緊張や硬縮、圧縮が頭痛がない時でも収まることはありませんから眠りも浅くなります。

ずっと脳の緊張や硬縮、圧縮が長く起きていると、単純な脳の緊張や硬縮、圧縮だけでは済まなくなります。何かの変化が起きても不思議ではありません。脳血管が固くなったり詰まりやすくなったりすることもあります。
多くの頭痛が現在進行形で起きている方も1度の治療で収まる場合が多くあります。しかし、

それで治ったと言う訳ではありません。この時点では痛みを楽にしたと言う感じです。
そこから、さらに原因を見つけ出すことをして、体質改善の施術で直していきます。

頭痛を解消する為には

頭痛の方は、いつも急に頭痛が起きる為に頭痛薬を持ち歩いている方が多くいます。
頭痛薬を持ち歩いていなくても時々、急に頭痛が起きてしまうことが多くあります。
頭痛が起きやすい方は、いつも頭痛に悩まされている方、頭痛薬を持ち歩いている方は、どうして頭痛が起きるのか、考えている方や調べている方は少ないと思います。
それは、しばらくしたら収まるから痛み止めの薬を飲むだけだからです。

頭痛と薬

本当に、それでいいですか?????

頭痛には頭痛を起こしている原因があります。
その原因も、いつまでも同じままではありません。
頭痛と言うのは頭で起きています。

何か、頭に異常が起きていると言う事があるかも知れません。
異常が起きる時には誰でも病気と考えてしまいますが、急に病気になることはありません。
病気として完成してしまう為には、1か月でもなく半年でもなく1年でも3年でもなく、数十年かかります。

数十年かかりながら徐々に血管や脳細胞の変化が起きていきます。
この進行途中に頭痛として、時々、起きています。
これが頭痛の原因です。
進行途中ですから、今は検査しても病気ではありませんから、病院で検査しても尿検査しても血液検査してもレントゲンを撮っても異常なしの場合が多く見受けられるのは、当然です。

もし検査して異常が見つかれば、もう完成してしまったと言う事です。
頭痛は完成する前に、ならないようにしていく必要があります。
進行も早い方もいれば、進行が遅い方もいます。どこまで完成してしまうか、と言う事もあります。
なんでもかんでもなると断言できませんが可能性が大きくなるのは大変なことになりますから。
当院では癒しや痛み止めをしている訳ではなく直すことをしています。

頭痛には原因があります。

この原因から頭痛・片頭痛が起きています。
頭痛になる原因は、脳疲労です。脳疲労と言うのは、誰でも起こる特別なものではありません。ほとんどの頭痛の原因は脳が弱った時に起きています。 体も弱る事があるように、脳も弱ってしまう事が起こります。

脳が

脳が一度弱り始めると、際限なく弱っていきます。 つまり、限界なく弱っていく事が出来ます。脳が弱ると、イライラしたり、頭がボーっとする、頭痛、クラクラする、ふらふらする、頭が締め付けられる、頭が張る、などの症状が起きやすくなります。

ほとんどの場合、

頭痛とは

脳が弱るのは、原因がありますので、この原因は、多くは眠りです。 本人は寝ているつもりでも、寝ていないと言う事が多くあります。 横になって寝ていても、夢ばかり見ていたり、寝ながら考えことをしていたり、などの方が多くなっています。
ただ、寝ているのではなく、脳まで休む睡眠が出来ていないと言う事です。 つまり、熟睡ですね。毎日、熟睡が出来ていれば、頭痛は起こりません。

頭痛を体質改善で

頭痛は体質的にも関係しています。 頭痛持ちと言う事がある方が、体調が落ちて悪くなった時に頭痛になります。 この時の頭痛持ちと言うのは、体質です。 頭痛が起きやすい体質があると言う事です。だから、体質から直すことをしないと、薬などで中和していると、多くは脳梗塞につながる事をテレビで言っています。
当院の体質改善アンチエイジング(若返り)の施術は、体を直していく施術法です。体を直していくには、電機や機械ではできません。ましてやサプリメントでは全然意味なしません。

2019年01月31日

体質改善で体質を変えるには

本態性のズレ本態性のズレが遺伝子が関係しているズレです。生まれつきあるズレになります。家系的なズレであり、親からもらう遺伝子に関係しているものですが、これが先将来の病気につながります。

体質改善

体質とは遺伝

親が糖尿病になっていれば、子供や孫は糖尿病に進行していきながら、なる前にアレルギーやアトピー、乾燥肌、下痢をしやすい、などを起こしています。親が肝臓の病気を持っていれば、子供や孫も肝臓の病気として進行していきながら進行途中でアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾などを起こしています。病気になると言っている訳ではなく、あくまでもなる確率です。

誤解のないように。しかし病気にならないまでも、親と同じ内臓が弱いことには間違いありません。当院には体質改善と言う施術があります。

 

疲れやストレスと体質改善

体質改善と言うのは、別名、体質改善 アンチエイジング(若返り)です。

体を変える事に意味がある症状の方に、主にしている施術法です。体質と言うのは、クリームを塗っても変わりません。(クリームを塗っているから肌のツヤがあります)サプリメントを飲んでも体質は変わりません。(サプリを飲んでいるから栄養を取れて何かが良くなります)こんなことで体質が変わったら、大変です。ある程度は痛みやこりが楽になっても体調が良くなっても来院していることが条件になります。

週に2回、来院して治療を受ける方が一番、体質改善の理想です。週に1回の方は、週2回、来る方の半分も進めません。

時々は体質改善の施術ができることもあります。

10日~3週間に1回とか、1か月に1回と言う方は、体質改善の施術が全然進めません。週に2回来ていても風邪の細菌が入って風邪をひきかけていると体質改善はできません。

体の弱い方は週に2回でも初めは進めないのが現状です。

体質で頭痛持ちになります。体質で肩こり起こりやすくなります。体質で腰が痛くなりやすくなります。(繰り返します)体質で膝が痛くなりやすくなります。体質で先将来の病気も決まります。体質と言うのは、そんなに簡単には変える事はできません。痛みやコリを起こしているときには、原因は2つあります。

① 体調から起きる痛みやコリ② 体質から起きる痛みやコリほとんどの場合、痛みやコリは体調から起こります。しかし、いくら体調を崩しても、体質的な弱さ・悪さがないと、痛みやコリは、そこには起こりません。体質から起きる症状代表例はアトピー、アレルギー、ぜんそくです。アトピー アレルギーがひどくなるのは、体調で悪化します。 しかし、根底にはアレルギー体質と言うのがあります。

●アレルギー体質があるから、体調が落ちた時に悪化してアレルギーになります。

●ぜんそく体質があるから、体調が落ちてくると、ぜんそくが起こります。

●腰痛、腰の痛み体質があるから、疲れやストレスがたまって体調が落ちて腰痛になります。

●肩こりが起きやすい体質があるから、体に疲れやストレスがたまると、体調が落ちて肩が凝りだします。●生理痛が起きやすい体質があるから、疲れやストレスがたまって、生理の時にになると生理痛になります。

●便秘に方は便秘になる体質があるから、疲れやストレスがたまると腸の動きが余計に悪くなって便を送り出せないで便秘になります。

●下痢の起きやすい方は、下痢をしやすい体質を持っています。 このため体に疲れやストレスがたまっていくと、腸や胃の緊張が高くなり下痢になります。などなどが体質と言う意味です。

わかりやすく言うと体質改善と言うのは、少しずつでも、これを変えていこうとする施術法です。体質改善は初回からできません:理由は、体調が良くないからです。数回、施術して、準備ができたら進む事が出来ます。

時々、来院する方は、できません。:理由は、体調が落ちて疲れやストレスがたまっているからです。体質改善の施術は、定期的に来院していないとできません。体に蓄積した疲れやストレスが少なると、検査で反応するので体質改善の施術ができます。

体質改善と睡眠負債
2019年01月25日

体質改善で体の質を変える

本態性のズレが遺伝子が関係しているズレです。生まれつきあるズレになります。家系的なズレであり、親からもらう遺伝子に関係しているものですが、これが先将来の病気につながります。親が糖尿病になっていれば、子供や孫は糖尿病に進行していきながら、なる前にアレルギーやアトピー、乾燥肌、下痢をしやすい、などを起こしています。

体質改善

親が肝臓の病気を持っていれば、子供や孫も肝臓の病気として進行していきながら進行途中でアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾などを起こしています。病気になると言っている訳ではなく、あくまでもなる確率です。誤解のないように。しかし病気にならないまでも、親と同じ内臓が弱いことには間違いありません。

当院には体質改善と言う施術があります。体質改善と言うのは、別名、体質改善 アンチエイジング(若返り)です。体を変える事に意味がある症状の方に、主にしている施術法です。

体質と言うのは、クリームを塗っても変わりません。(クリームを塗っているから肌のツヤがあります)

何をしても変わらないのが体質

サプリメントを飲んでも体質は変わりません。(サプリを飲んでいるから栄養を取れて何かが良くなります)
こんなことで体質が変わったら、大変です。
ある程度は痛みやこりが楽になっても体調が良くなっても来院していることが条件になります。

週に2回、来院して治療を受ける方が一番、体質改善の理想です。

週に1回の方は、週2回、来る方の半分も進めません。時々は体質改善の施術ができることもあります。
10日~3週間に1回とか、1か月に1回と言う方は、体質改善の施術が全然進めません。
週に2回来ていても風邪の細菌が入って風邪をひきかけていると体質改善はできません。

体の弱い方は週に2回でも初めは進めないのが現状です。
体質で頭痛持ちになります。
体質で肩こり起こりやすくなります。
体質で腰が痛くなりやすくなります。(繰り返します)
体質で膝が痛くなりやすくなります。
体質で先将来の病気も決まります。
体質と言うのは、そんなに簡単には変える事はできません。
痛みやコリを起こしているときには、原因は2つあります。

① 体調から起きる痛みやコリ
② 体質から起きる痛みやコリ
ほとんどの場合、痛みやコリは体調から起こります。
しかし、いくら体調を崩しても、体質的な弱さ・悪さがないと、痛みやコリは、そこには起こりません。
体質から起きる症状
代表例はアトピー、アレルギー、ぜんそくです。
アトピー アレルギーがひどくなるのは、体調で悪化します。 しかし、根底にはアレルギー体質と言うのがあります。

●アレルギー体質があるから、体調が落ちた時に悪化してアレルギーになります。

●ぜんそく体質があるから、体調が落ちてくると、ぜんそくが起こります。

●腰痛、腰の痛み体質があるから、疲れやストレスがたまって体調が落ちて腰痛になります。

●肩こりが起きやすい体質があるから、体に疲れやストレスがたまると、体調が落ちて肩が凝りだします。
●生理痛が起きやすい体質があるから、疲れやストレスがたまって、生理の時にになると生理痛になります。

●便秘に方は便秘になる体質があるから、疲れやストレスがたまると腸の動きが余計に悪くなって便を送り出せないで便秘になります。

●下痢の起きやすい方は、下痢をしやすい体質を持っています。 このため体に疲れやストレスがたまっていくと、腸や胃の緊張が高くなり下痢になります。
などなどが体質と言う意味です。
わかりやすく言うと体質改善と言うのは、少しずつでも、これを変えていこうとする施術法です。

体質改善は

初回からできません:理由は、体調が良くないからです。
数回、施術して、準備ができたら進む事が出来ます。
時々、来院する方は、できません。:理由は、体調が落ちて疲れやストレスがたまっているからです。
体質改善の施術は、定期的に来院していないとできません。
体に蓄積した疲れやストレスが少なると、検査で反応するので体質改善の施術ができます。

2019年01月25日

体質改善とはアンチエイジング

人は生まれつき弱さを持って生まれてきています。

成長すると言う言葉は良くなる訳ではなく体が大きくなるだけです。体全部が生まれてきて1日目から老化が始まります。1年で1歳の歳を取るのは暦暦ですから体は、1年で1歳歳を取ることはなく生まれて1日目から老化が始まります。老化することで弱くなり疲れやストレスを多くためていくと弱い部分は急速に老化を進行させていきます。

体質改善は簡単な施術ではありません。しばらくの回数がかかります。短期で体質が変わることはありません。体質改善ができるようになるまでは数回かかります。期間を空けると体質改善はできません。

腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み

例えば

肩こり

肩こりの筋肉が弱い方は弱い筋肉に疲れやストレスがたまりやすくなります。弱い筋肉に疲れやストレスを多くためてしまうと徐々に筋肉は老化していきます。筋肉が老化すると運動した時の故障、痛めやすくなりやすくなります。筋肉が徐々に老化して固くなるとマッサージしても湿布を貼っても低周波治療器や電器をしても何をしても柔らかくなることはありません。柔らかくなるのは緊張やコリの段階の場合だけです。
体質改善の施術では初回から進むことはできません。体質改善ができるまでに数回かかります。体質改善の施術で老化した筋肉を柔らかくすることができれば老化して固くなった筋肉が変わります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる方、繰り返す方には原因があります。一つは体調の低下です。体調が低下していると弱い部分に疲れやストレスが多くたまります。これが骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になり腰痛、腰の痛み、腰が痛いになります。

便秘

便秘

便秘になる時には腸の働きが悪いから便通が低下して便秘になります。この働きの悪さは腸の老化が起きていることが多くあります。腸が老化すると働きが低下して便を送り出す力が無くなります。腸がどれくらい動いていないのかで改善は違います。

生理痛

生理痛の方は生理に関係する部分が弱いのが原因です。生理に関係する部分が弱い為に疲れやストレスがたまりやすくなります。疲れやストレスを多くためていくと徐々に細胞は変化していきます。病気を解消する訳ではありません。病院で検査して数値の異常が出る場合は病院で治療を受けて下さい。当院では生理痛に関係する部分の体質改善を行いますから病気ではありません。

当院は30年になる経験と研究をしている整体とカイロプラクティックの治療で歪みを矯正することをしています。
マッサージでもなく癒しでもなく体の治療をしていくのが目的です。体を直していきます。

背骨のズレには2通りのズレがあります。
ズレには一過性のズレと本態性のズレがあります。普通に言っているズレと言うのは一過性のズレのことを言っています。
多くの整体やカイロプラクティックの治療は、一過性ののズレをしている場合が多くあります。本態性のズレを矯正することはできていません。

一過性のズレを矯正して直すと言うよりも楽にすることを治したと言っています。
当院では楽にすることと、直すことは違うと思っています。楽にすることは楽にすること。
直すことは直すことです。しかし直す為には、楽にしないとできません。楽にしたら、直していくのが当院の治療です。

背骨のズレ

一過性のズレ

一過性のズレは、体調で起こります。その時の体調で違いがあります。体調が落ちていれば歪みやズレはひどくなっていきます。
しかし体調と言うのは症状を感じていなくても落ちて悪くなっていることもありますから痛みやコリ、だるさなどの症状を感じていないからと言って体調が良いとは限りません。

体調が悪い、体調が落ちていると言うのは疲れの蓄積が多くなってきた時です。ストレスの蓄積が増えてきた時です。骨盤の歪みが大きくなってきた時です。背骨のズレが大きくなってきた時です。リンパの流れが停滞して老廃物が多くたまっていっている時です。循環も悪くなっています。内臓の働きも低下しています。

これらが一つではなく、いくつかの重なりで起きています。この時に感じる痛みやコリが一過性の背骨のズレで起きています。

2019年01月25日

腰痛になると

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、必ず、骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレがあります。しかし何も原因がなくて歪みやズレが起きることはありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

歪みやズレは姿勢が悪いからと言って起きる事もありません。触り方が悪いからと言って起きることはありません。重たいものを持ったからと言って痛みになる事はありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる時には、体にはあることが起きています。あることは2つ存在します。

一つ目の痛みの原因は

切っ掛けです。

切っ掛けと言うのは一番は重たいものを持ったりすること、何かを取ろうとして体を伸ばした時に痛くなったり、車の運転で座っているだけで腰が疼いたり、前かがみで掃除をすると腰が痛くなるとか、料理を作っている時に腰が痛くなったり、寝て目を覚まして朝から腰が痛いとか、クシャミをしただけで腰が痛いとか、野球をしてギックリ腰になったとか、サッカーをして蹴ろうとしたときに腰が痛くなるとか、などが切っ掛けです。
しかし切っ掛けだけでは腰痛は起こりません。いつも同じことをしても起きないと思います。

腰が痛くなる時には2つの原因が重なった時に起こります。

痛みの原因の2つ目は

疲れやストレスの蓄積です。体に多くの疲れやストレスがたまっていくと自然と歪みやズレになります。歪みやズレは骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。歪みや開きやズレも程度があります。程度と言うのは軽くズレが有る時もあれば、ひどくズレを起こす時もあります。

椎間板ヘルニアと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

ズレの程度は疲れやストレスの蓄積で違います。疲れやストレスが多くたまった時には大きくズレを起こしていきます。歪みも同じです。しかし疲れやストレスがたまる部分が決まっています。

体には弱い部分とそうでもない部分があります。弱い部分に多くの疲れやストレスがたまりやすくなります。疲れやストレスが多くたまると歪みやズレになります。
疲れやストレスがたまりすぎて歪みやズレが最大になった時に切っ掛けをすると体を支えることができませんから、腰痛、腰の痛みになります。悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

最近の腰痛の方はこじらせている方もいますし、睡眠負債から起きている腰痛の方もいます。すぐに痛みが消えることがない腰痛の方もいます。治療を進めていかないと治らない腰痛の方もいます。腰痛には、上記の2つの原因だけではない腰痛もあります。
腰痛の大本の原因は体質にありますので体質改善が必要になります。

腰痛を良くする為に

腰痛と言うと急激な痛みを起す時もあれば、鈍痛と言う鈍い痛みを起すこともありますが、腰痛を楽にしていく為には簡単に考えている方も多くいます。

腰痛が起きた時には、腰を揉んでもらったり、マッサージしたり、整形外科でレントゲンを撮ったり、注射を打ったり、湿布を貼ったり、指圧やお灸の治療をしたり、整骨院で電気をしたり、整体でボキボキしたり、カイロプラクティックでボキボキしたりすることが一般的です。

腰痛と言うのは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレから起きています。
ですから整体やカイロプラクティックの治療で矯正することが一番なんですが・・・。
腰痛は腰を揉んでもらっても楽に感じることもあります。

腰痛はマッサージをしても楽になることもあります。
腰痛は湿布を貼っても楽になることもあります。
腰痛は電気治療をしても楽に感じる事もあります。
腰痛は鍼灸をしても楽に感じる事もあります。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2019年01月25日

腰が痛いのがよくならない

腰痛は整骨院で電気をしても楽に感じることもあります。
腰痛は整体院やカイロプラクティック院でボキボキで矯正しても楽に感じることもあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛とは

しかし、

本当は、その裏になる腰痛を起こしているものが大変なことになっているから腰痛になっている訳です。
腰痛を何も考えることなく楽にすることも重要ですが、腰痛がどうして起きたのか、その裏側にある理由が一番重要です。

どうして腰痛が起きるのか???。

腰痛を繰り返すのか???

数年に一度、腰痛が起きるのは????
その裏側に潜んでいる本当の原因を見つけて改善しない限りは腰痛は本当の意味で良くなることはありません。

腰痛を一時的に良くすることや、腰の痛みを感じなくする治療は色々あります。
どれもこれも楽にする事ばかりしているので原因も考えることなくしています。
腰痛と言うと痛みさえなくなれば良い、腰の痛みさえ消えれば良い、そうすると治ったと思いますよね。

実は、その奥に大変なことが進行途中で潜んでいます。
この進行途中のものが腰痛を起こしている本当の原因です。
この進行途中のものが完成してしまうと大変なことになります。

腰痛と言っても痛みが楽になることばかり気にしていないで、原因から改善して変えていくことも考えることが必要です。

痛みになるのは

腰痛、腰の痛みのご案内

腰痛がある方、腰痛に悩んでいる方、腰痛が起きやすい方は骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定性がある方です。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定性がある方が、重いものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、ふいに体をひねったり、運動したりする、バットの素振りなどをすると腰痛が起こります。
骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定性は原因があって起きています。
湿布を貼ったり、注射をうったり、ブロック注射をしても、痛み止めの薬を飲んでも、マッサージしても、低周波治療器をしても、ボキボキしても、腰痛は楽になることはあるかも知れませんが、腰痛を起こした原因が陰に隠れています。原因が陰に隠れたままでは治っていません。

原因から変えていくことしないと原因は、いつまでも留まっていません。原因はいつも進行途中です。

当院の腰痛の治療は、他とは違う腰痛の治療をしています。原因から改善していく治療をしているので低周波治療器や電器などで誤魔化すことはしていません。

腰痛が起きた時には、湿布を貼ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器などをしたり、ボキボキしたり、注射を打ったり、サプリメントや薬などを飲んだりすることは、構いませんが、骨盤の歪みから改善していくことをしないと、繰り返しやすくなりますし、癖になります。

腰痛が起きた時には、必ず、骨盤の歪みがありますが、普通に骨盤の歪みはいつもで起きていますが、これが腰痛、腰の痛みになっているかと言う事だけですから。

骨盤の歪みがあっても腰痛になるとは、限りません。
骨盤の歪みがあっても、腰の痛みとして起きていないで生理痛や生理不順、便秘、膀胱炎、卵巣の問題、尿漏れ、子宮脱、浮腫み、脚の冷え、男性の場合は前立せ

骨盤の歪み・骨盤の開き
2019年01月25日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰の痛みが起きた時に、色々な施術方がありますが当院は対症療法ではなく原因から改善していく根本施術をしています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

対症療法と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

対症療法と言う施術は痛みがある所に電気を当てて痛みを散らすことです。痛みがある所に対して施術していくので対症療法と言います。
色々な腰痛、腰の痛みの改善法があるので、その説明をしていきます。

病院などと整体院やカイロプラクティック院との決定的な違いは保険です。
保険が効くのが病院などで、整骨院さん、マッサージさん、指圧さん、鍼灸さんですね。
これに対して整体院やカイロプラクティック院は保険は効きません。

しかし疑問が生まれませんか??

保険が効かないのは

どうして保険が効く所があるのに、保険が効かない整体やカイロプラクティックがあるのか????
それは整体やカイロプラクティックでは歪みを矯正して体を整えていく施術をしているからです。

整体やカイロプラクティックも電気を使う所があります。しかし、電機などは痛みや

コリを散らしているだけです。
電器などで痛みやコリが直ることはありません。散らすことをしているだけですから原因は残っています。

これに対して他院の整体院やカイロプラクティック院では歪みの矯正が目的ですが、当院では歪みの原因になるものから改善することをしています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるときは

必ず、何も原因がなくて歪みが起きることはありません。

原因があって歪みが起きています。この歪みの原因は体の奥底にあるものです。この体の奥底になるものは時々、腰痛、腰の痛みなどを起こしながら、痛みがないときも進行していきます。
進行したものが最終的なものにつながっていきます。

●病院(主に外科)では、レントゲンが撮れます。主には骨折、外傷(ケガ)などが主ですが、注射や湿布、薬などですね。電器もしている所もあります。電器を置いている種類が違います。保険が効くので安くて済みます。

●整骨院さんでは、体を揉んだり電気を充てる施術をしています。電器を当ててしているので対症療法になります。

●マッサージさんは筋肉に対して施術する方法で体を癒してくれます。

●指圧さんは、ツボを使って施術している所です。

●鍼灸さんは針とお灸の施術になります。

それぞれでしていることに違いはありますが、一例ではこんなところかと思います。

対症療法

対症療法と言うのは、原因は関係ないと言う事です。腰痛、腰の痛みの原因は歪みです。骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉、靭帯のバランスなどは関係ありません。ここが整体院やカイロプラクティック院の施術と違いです。
しかし、整体院やカイロプラクティック院も、施術院で技術力が違います。対症療法の電器をしている所ほど技術不足がうかがえると思います。(あくまでも個人の感想ですが)

●当院の整体、カイロプラクティック療法は、ただ歪みがと言う訳ではなく、どうして歪みが起きたのかと言う施術をしています。必ず歪みが起きた原因があります。

この歪みから施術していく事をしています。
腰痛、腰の痛みは、原因があって起きています。 この原因があると、いつ起きても不思議ではない状態になります。あとは起きる切っ掛けです。

腰痛、腰の痛みが起きる切っ掛けは

切っ掛けは、前かがみの姿勢で仕事をしていたら腰が痛い、庭仕事で座って仕事をしていたら腰が痛くなった、重いものを持とうとしたら腰が痛くなった、体を捻って物を取ろうとしたら腰が痛くなった、長く車の運転をしていたら腰が痛くなった、靴下を履こうとしていたら腰が痛い、ブーツを履いて歩いていたら腰が痛くなった、などなど色々な腰痛があります。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2019年01月25日

小尻になる骨盤矯正

始めて受けた見たいと思う方、他で骨盤矯正を受けたことがあっても効果がなかったと言う方、本当に骨盤矯正で骨盤が小さくなるのかと思う方、骨盤の大きさに悩んでいるけど疑問がある方、1回でも骨盤が小さくなれば良いと言う方、などは初回金の3000円だけで受けることができるコーストなります。もちろん気に言ってもらえたら②のコースにもできます。

骨盤矯正

しかし当院の3つのコースでも一番、効果と持続性、維持する力が下のコースです。骨盤矯正をする時には骨盤だけを小さくすれば良いと言う訳ではありません。骨盤の中にある内臓の問題も深く関係しています。

骨盤矯正とは

骨盤の中の内臓とは大腸、小腸、膀胱、卵巣、子宮などです。生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などがあると必然的に骨盤は歪みやすく骨盤が開きやすくなります。これらも少しずつ働きを上げたりすることや改善する事をしないと骨盤は歪みやすく戻りやすくなります。

さらに夜に眠りが浅いと脳が弱っていますから持続する力、維持することなんかできません。脳が元気だから維持すること、持続させることができます。最近の方は寝ていると思っている方も眠れていません。それは寝ている時に夢も観ていますが寝ながら考え事をしている睡眠をしています。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

大脳疲労と骨盤矯正

この睡眠は脳疲労を強く起こしてハイテンションになります。ハイテンションになると眠れていないにも関わらず朝から元気に動けます。疲れ知らずで動くことができます。そのため多くの方が体調が良いと思っています。体調が良いと言うのに検査してみるとボロボロと言う方が多くいます。そうすると骨盤矯正をしても維持すること、持続力はありません。骨盤周辺にも脂肪や浮腫みが多くなっています。骨盤矯正と言っても骨盤だけ整えれば良いかと言うとそうではありません。
※骨盤矯正を受けたあと体調や体力のない方ほどダルクなる場合があります。これは揉み返しではありませんが揉み返しのような感じでダルクなります。受けてもらうと徐々に体調や体力が向上して小顔矯正をしても無くなります。

本当の骨盤矯正

当院では骨盤矯正をする時にはすべて検査する事をしていきます。今まで多くの方の骨盤矯正をする前に検査することしてきましたが、院長から「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」と聞けれると「体調は良いです」とか「調子は悪くないですか」と聞くと『体調は悪くありません」とか「調子は良いです」と言う答えが返ってきます。検査して調べてみるとボロボロ、ガタガタです。

疲れやストレスと骨盤矯正

ひどい歪み、ズレが多くあり、椎間板ヘルニアまで起きている方がいますが、感じていません。わかっていません。これは睡眠負債がある為です。睡眠負債があると脳が弱っていっていますが脳が弱ると痛みやコリ、体調の悪さを感じません。ハイテンションになります。
当院では検査する事をしていますから検査をすると体調が良いと思う方は一人もいませんでした。体調の悪さ、睡眠負債を少しずつでも解消して減らす事をしていくと骨盤が小さくなるだけではなくウエストも細くなります。受ければ受けるほどウエストは細くなっていきます。

それに応じて上体の体も細く引き締まっていきますが、お腹が一番、問題です。お腹のハリは一番、最後くらいにしか減りません。
※骨盤矯正を受けたあと体調や体力のない方ほどダルクなる場合があります。これは揉み返しではありませんが揉み返しのような感じでダルクなります。受けてもらうと徐々に体調や体力が向上して小顔矯正をしても無くなります。

体質改善による骨盤矯正

当院では体質改善の施術で骨盤矯正をすることができます。体質改善と言うのはアンチエイジングの方法であり若返りの施術です。骨盤矯正に関係する部分を若返らせると小さく細くなって引き締まっていきます。体質改善はダイエット効果もあります。体質改善はハッキリ言って数回では終わりません。

10回、20回以上かかります。そのため回数券のご購入をお勧めしています。(無理強いはしません)10回、20回かかりますが、その時にはかなり体は変わっています。

細くなって引き締まっていきますから。骨盤矯正だけではありません。
若返りすることができるのは骨盤矯正で関係する所は大脳の中の脳幹だったり骨盤の中の内臓、筋肉、じん帯です。骨盤矯正と脳幹と言うのも関係がないようですが、実は密接に関係があります。脳幹は生命力のおおもとであり、自律神経の親分見たいな所です。脳内ホルモンも関係します。脳幹を治療すると頭がはっきりしてきたとか、目がスッキリしてきたと言われることもあります。当院の施術の中では強い治療になりますから初回からできません。

体質改善と骨盤矯正

期間を空けないで受けに来ていると院長から「体質改善の治療ができるようになりましたから、どうしますか」と聞かれます。その時に「お願いします」と言うと体質改善をしていきますが、体質改善の1回目は体には体力がありませんからダルクなる方がいます。これは変化する方に、若返る方に体力を取られるためです。

2019年01月25日

骨盤矯正とは

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが、当院の骨盤矯正は美容的な骨盤矯正ではなく、一番、効果があって長持ちする骨盤矯正をしています。
その為には1回目で骨盤が小さくなって小尻になることができますが1回では小尻を維持する力がありません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正で骨盤を小さくしても維持する力が自分にないと維持できませんから戻りやすく浮腫みやすくなります。
骨盤矯正をして小尻を維持するのは、あるものが増えたのが原因です。このあるものとは日常的に増えていくものです。このあるものは多くなることはあっても少なくなることはありません。

骨盤矯正をしていくうえで、このあるものが骨盤矯正に密接に関係しています。
このあるものを減らしていくと骨盤が小さくなります。そして持続する時間を長くしていく体質改善と言う治療に進むことができます。
この体質改善の治療は別名、アンチエイジングの治療であり、若返りの治療です。体の中から変えていくことをしていくと内臓から元気になっていくと持続する力が上がります。

当院では人気がある骨盤矯正をしていますが、多くの方が骨盤矯正をわかっていません。骨盤矯正をしている専門家の先生も知っていないこともあります。
骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく事です。骨盤を小さくすることができれば小尻になることができます。
しかし、この骨盤をどうやって小さく小尻にしていくのか??ということが問題です。
上の写真にある骨盤の骨を小さくしていくことができれば、本当に小尻になる訳です。

当院の骨盤矯正は

① 骨盤周辺にある浮腫みを解消して減らしていくと小尻になります。
② 骨盤周辺の脂肪を減らしていくことで骨盤が小さくなって小尻になります。
③ 股関節の出っ張りを減らすと骨盤が小さくなります。
④ 骨盤の歪みを解消していくと骨盤が小さくなって小尻になることができます。
⑤ 骨盤の開きを改善することで骨盤が小さくなります。
⑥ 体調を上げて整えることで骨盤が小さくなる方もいます。
⑦ 疲れを減らしていくと骨盤が小さくなっていく方もいます。
⑧ ストレスを減らしていくと骨盤が小さくなる方もいます。
⑨ 眠りが浅い睡眠負債を減らしていくと骨盤が小さくなる方もいます。
⑩ 内臓の働きを上げていく事でも骨盤が小さくなり小尻になる方もいます。
⑪ 体質を改善していくと骨盤が小さくなって小尻になりますが維持する力も上がります。(体質改善は初回からできません)
⑫最近は多くの方が変な状態になっています。変な状態とは普通では起きないことなんですが検査する事ができますから検査してみると確認していますが、多くの方が骨盤の骨の炎症やハレがあります。

疲れやストレスの蓄積

この炎症やハレは普通では起こりません。骨盤の骨自体に炎症やハレが見受けられます。この炎症やハレを改善することができれば骨盤が小さくなります。

大きくなる骨盤

特に骨盤の仙骨と言う骨が炎症やハレがあると大きく肥大していきますから、肥大すると骨盤の幅が広がります。つまり、骨盤が大きくなります。そうすると骨盤周辺に脂肪、浮腫みが多くなります。股関節も出っ張ってきます。
炎症やハレは骨盤の骨だけで済まない方もいます。筋肉、じん帯、内臓も炎症やハレがあるかたもいます。当院では検査することを優先してしていますから検査で確認しながら施術していきますが、今まで骨盤矯正に来た方、全員が炎症やハレがありました。

骨盤矯正とは

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで評判の良い骨盤矯正をしています。
当院では骨盤矯正に入る前に、自分の両方の手で骨盤をさわっておぼえてもらいます。
何をおぼえるのかと言うと骨盤の両横の幅です。
骨盤矯正で小尻になる為には、骨盤の幅を変えることが骨盤矯正ですから、骨盤の幅を触っておかないと小さくなったのがわかりません。

しかし、パンツやスカートの緩さで判断することも構いませんが、自分の両方の手のヒラで幅をおぼえることができれば、すぐにわかりますから、自分の両方の手のヒラを骨盤の横に当てて幅をおぼえるようにして下さい。
この時に、股関節の部分に手の指を当たるようにして、手のヒラで骨盤の幅を感じます。

そして少し中心部へ向けて押してみると良くわかります。
さらに左右差を感じるようにして触ると最高です。
この左右差を感じながら触ることができれば、骨盤矯正の途中でも触ってもらう事ができます。変化が良くわかるように。
骨盤矯正をする前と、骨盤矯正をしたあと、小さくなったのを比べたりすることができます。

その為にも、幅をおぼえると言うことは大変重要ですが、簡単なことではありません。
ですから簡単に触った方ほど、触れていませんしわからないと言う方もいるのが事実です。
同じ触り方をしても、わかる方とわからない方がいます。

同じように骨盤を小さくしても、わかる方もいれば、わからない方もいます。
わからないことがないように、しっかりを触りましょう。

触ることや、左右差を感じると言うことは簡単なことではありませんから。
特に寝ているつもりでも深く寝ていない方はわかりにくく治療を進めていかないとわからない方もいます。最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債と不眠症

睡眠負債とは眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠をしているかたです。
一番、悪い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。
しかし睡眠負債で寝ながら考え事をしている睡眠が多いと目がさめた瞬間に忘れています。
この方ほど、脳疲労や脳マヒになっているからです。脳マヒ段階になると歪みやズレが起きていても感じません。体調がどん底でも感じません。

この痛みやコリも感じる事が出来ないから骨盤矯正をしてもわかりません。
わかるように治療することをお勧めしています。
骨盤矯正とは
当院の特徴の一つですから自信のある骨盤矯正をしています。そして小尻になる骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなっていきます。

しかし、それには条件があります。その条件とは骨盤矯正を始める前に自分の骨盤の幅をおぼえていることです。
簡単に触っている方が多くいますが手の感覚神経で骨盤の幅を触ると言うことは大変難しいことです。
骨盤にも左右差があるので左右のハリや形をおぼえながら触ると今、現在の大きさがわかります。

骨盤矯正とは

骨盤も顔と同じで左右が違います。

顔もそうですが骨盤も左右が違いますから、この左右がわからないと、いくら骨盤を小さくしても小さくなったのがわかりませんから、しっかり触っておぼえて下さい。
骨盤の左右を感じがながら触ると手の感覚神経、脳の感覚神経が動員されます。ここを精一杯働かせてください。

当院の骨盤が小さくなる骨盤矯正は効果が長く続く骨盤矯正です。
マッサージ感覚で骨盤矯正をしていきますので、電機や機械などは使いません。
手のみで骨盤矯正で骨盤を小さくしていきます。

本当に骨盤が小さくなっていきます。 股関節の部分の出っ張りも減らすことをしていますので、骨盤全体がほっそりしていきます。
当院の骨盤が小さくなる骨盤矯正は、初回から効果が出ますが、数回は必ず受けて下さい。
それには、理由があります。それは、もっと変えられるからです。

体に自分でも気がつかないで疲れやストレスはたまっていきます。
このたまったものから減らすことをしていきます。
疲れやストレスを減らすだけでも、効果はすごくあります。
当院では、骨盤のあたりや周辺を揉んでいるだけで、疲れやストレスが減って骨盤が小さくなります。

疲れやストレスがたまると骨盤が大きくなる
2019年01月25日

小顔矯正でお尻を小さく

小顔矯正をする時には顔を触っておぼえてもらいます。手と目で見る事、両方をしてもらいます。まずは鏡で顔を見て下さい。鏡で見ると顔の左右が違うのがわかります。
当院では小顔矯正をする時に、3つのコースがあります。どのコースでも初回から顔が小さくなります。しかし小顔効果、持続力、維持する力に違いがあります。

小顔矯正

① 1回だけの小顔矯正コース 

小顔矯正を受けたことがないので試しに受けてみたいと言う方、本当に小顔になるのか体験したい方、他で小顔矯正をしても小さくならなかったから不安があるから、小顔矯正をする時に怖い思いをしたから疑問の方などの方、1回だけ受けて顔が小さくなれば良いと思う方の専用のコーストなります。もちろん気にいってもらえたら②のコースに進むこともできます。
しかし小顔矯正と言っても顔だけして小顔になっても持続力、維持する力は3つの中でも下の方です。1回でできる範囲は限りがあります。

このコースの方は初めに予約時に1回だけ受けてみたいと言って下さい。始めに3000円の代金だけでクレジットなどの申し込みはありません。1回、1回の料金だけです。20万円も30万円もするコースではありませんが小顔矯正の効果は、それ以上あると院長は思っています。気に入ってもらえたら しばらく当院の小顔矯正を受けて見ませんか。当院の小顔矯正は初回は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきます。

小顔矯正とは

しかし小顔にする時も関係するものは顔だけではありません。いくら顔が小さくなっても洋服で隠している体はどうでしょう。当院の小顔矯正は体全体も整えていく小顔矯正です。小顔矯正をしていく時に、まずは体重よりも見た目を細く引き締めていく事ができます。ダイエットと言うと体重が落ちることを言いますから、体重計よりも脂肪、浮腫みを減らしていくことを2回目からできます。体を整えて行くとウエストも細くなっていきます。
※小顔矯正を受けたあと体調や体力のない方ほどダルクなる場合があります。これは揉み返しではありませんが揉み返しのような感じでダルクなります。受けてもらうと徐々に体調や体力が向上して小顔矯正をしても無くなります。

小顔矯正とは

② 小顔矯正で体を変えたいと思っている方のコース 

当院の小顔矯正をしばらく受けてみたいと思う方の専用のコースです。当院の院長である私は30年の経験から特別な小顔矯正ができるからです。当院の小顔矯正は小顔矯正と言うよりも顔の治療と言う意味もあります。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、検査する事をしています。顔を検査すると言うのは顔の形とかではなく異常のある部分です。
顔には検査してみると疲れやストレスが多く多く蓄積します。もちろん体にもたまっています。顔に疲れやストレスがたまると顔は肥大して大きくなり浮腫み、脂肪が増えていきます。

そして、それだけではありません。顔にも炎症やハレが起きてしまいます。顔に炎症やハレが起きると余計に顔がハレます。これを正常に戻していくと顔が小さくなっていきます。また特殊な小顔矯正ですから顔を触らなくても体を整えたりすると顔が小さくなります。朝から顔がハレているも原因があります。

※小顔矯正を受けたあと体調や体力のない方ほどダルクなる場合があります。これは揉み返しではありませんが揉み返しのような感じでダルクなります。受けてもらうと徐々に体調や体力が向上して小顔矯正をしても無くなります。

③ 体質改善の施術による小顔矯正コース

 当院の小顔矯正で一番、小顔効果があって顔の小ささと維持する力がレベルアップできる小顔矯正です。体の中から若返らせていく事ができる小顔矯正ですから顔の近くにあるものから直して若返らせることをしていきます。体質改善と言うのは体の中から直していく方法です。

小顔矯正をするなら

体質改善による小顔矯正は顔だけではなく全身に効果があります。もちろん顔だけ小さくすることではなく体を直していくことで顔が小さくなり維持する事もできますが、それだけではなく脂肪の減少、浮腫み解消、ウエストが細くなり体全身が細く引き締まっていきます。全身が引き締まるのは、もちろん1度や2度で変わることはありません。徐々に変わってきます。

そのため回数券を購入されることをお勧めしています。(強制ではありません)
体質改善は若返りの治療ですからアンチエイジングともいいます。年齢に関係なく老化した細胞を少しでも若返らせる方法です。その為には体の準備が必要です。

体質改善は初回からできる治療ではありません。期間を開けないで小顔矯正を受けに来ていると3回目か4回目に院長から「体質改善ができますよ」と言われますから、その時に、お願いします、と言われるとできる治療です。

2019年01月25日

どうしたら顔を小さくなるのか

当院では特徴がある小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正ではなく一番、効果があって長持ちする小顔矯正をしています。
その為には1回で顔が小さくなっていきますが、1回では持続する時間がありません。それには理由があります。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしても小顔の維持する時間が短くなるのは、体に蓄積しているあるものが原因です。この蓄積しているものは誰でもあるものであり、日常生活で多くなるものです。

小顔矯正をする時には、このあるものが密接に関係があります。
このあるものを減らしていくと顔が小さくなります。そして持続する時間を長くするには体質改善の治療で体を元気に健康にしていくと持続する時間が長くなり他の不調状態の部分も解消していきます。

この体質改善の治療はアンチエイジングであり、若返りの治療です。体を中から直していく事をしています。身体の中から変えて強くしていくのでしばらくかかります。

小顔矯正と言うのは、ただ顔を小さくすれば良いと言うものではなく顔を小さくするということは顔の骨を小さくすることです。美容の形成外科のように顔の骨を削ることはしませんが、当院の小顔矯正は顔の浮腫み、顔の脂肪を減らすことや皮膚のタルミを上げることや顔の骨を小さくしていく事ができる特殊な方法です。

1回で終わる小顔矯正はない

そのため1回で小顔矯正が終わることはなく、顔だけをして顔が小さくなっても体に歪みやズレがあったり、疲れやストレスが多く蓄積していると顔色もさえないし、顔の皮膚のツヤもない、お化粧のノリが悪かったりするのは、すべて体調にあります。このため体調からも上げて顔を小さくすることが必要になります。

今まで小顔矯正に訪れた方、全員が検査してみると体調が良い方はいませんでした。院長から「体調はどうですか」と言われると『体調は良いです』と言う方ばかりでしたが。
小顔矯正を希望されて来た方が100人いたとして100人とも体調が良い方はいませんでした。

体調が悪い方ほど顔が大きくなりますし、浮腫みが多くなったり、脂肪が増えたり、顔のツヤが無くなって顔色が悪くなります。目の下の涙袋が大きくなっている方、目の下にクマがある方は体調が落ちています。体調を上げていくと顔が小さくなります。

体調が悪いと、何が起きているのかと言うと、顔の皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨が炎症やハレを起こしています。これを矯正と言うよりも治療する技術があれば顔を小さくしていく事ができます。特にアゴのラインは多くの方が炎症やハレを起こしています。これを整ていくと顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には

当院の小顔矯正はアゴのラインをスッキリさせていく事ができるのと顔が小さくなっても頭が大きかったり頭でっかちでは意味ありません。頭も小さくすることができるのが当院の特徴です。

頭と言うのは頭なんですが頭には大脳が入っています。大脳も小さくすることができないと頭は小さくなりません。しかし危険なこともなく正常に戻していくと頭は小さくなっていくんです。頭の骨の一部が顔ですから、顔を小さくする為には頭も小さくならないと宇宙人みたいになって頭でっかちになってしまいます。

そこで当院では30年の経験から頭を小さくする特殊な技術があります。それもどうやって頭を小さくできるのか、と言うことも肝心です。

大脳の弱りと睡眠負債

それは大脳にも疲れやストレスがたまることがあります。大脳に疲れやストレスがたまると大脳は働きが低下してしまうだけではなく大脳の中にも老廃物が多くたまり循環が悪くなります。脳の中には空洞があって、この空洞のことを脳室と言いますが脳室は脳せき髄液を作る所です。

血液から無色透明な脳せき髄液を作る所ですが、脳の働きが落ちたりすると生産力も低下していきますが、流れが悪くなって疲れやストレスがたまると誰でも大脳は大きくなって肥大していきます。これを少しずつ1度にできるものは限界がありますが、戻していくと大脳も小さく正常になっていきます。大脳が正常になっていくと頭も小さくなっていきます。

疲れやストレスは誰でもあります。そのため自分で気が付かないで大脳にも疲れやストレスがたまります。特に睡眠負債の方が増えていますから、眠りが浅いと脳に疲れやストレスがたまります。これを減らす事ができると頭が小さくなりますが、1度でわかるのは限界があります。それほど大脳に疲れやストレスが多くたまっています。
そして小顔矯正をしていく時には大脳に限らず顔の骨にも疲れやストレスはたまっています。

疲れやストレスの蓄積

骨に疲れやストレスと言うと変なことをと思うからもいるでしょうが、本当の事です。骨に疲れやストレスがたまると骨も炎症やハレを起こしたり骨が肥大しながら大きくなります。それを正常に戻していくと顔が小さくなります。これも無理な小顔矯正ではなく正常に戻すことで顔が小さくなる小顔矯正です。

疲れやストレス

小顔矯正とは始めに検査して骨の炎症やハレがないか、確認します。今まで30年間でない方はいませんでしたので全員があります。骨が炎症やハレがあれば皮膚も脂肪も筋肉も炎症やハレがあります。炎症やハレがあると脂肪、浮腫みが多くなります。
この小顔矯正は特殊な小顔矯正ですからどこでも誰でもできる小顔矯正ではありません。当院の院長だけができる特殊な小顔矯正です。そのため一般的な常識ではありませんが特別な小顔矯正です。

誰でもある疲れやストレスの蓄積が頭を大きくしてしまっています。当院では検査する事ができますから検査して異常のある部分を見つけて正常に戻していくことで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

そのため今まで30年間で、顔が小さくならなかったと言う方はいません。しかし睡眠負債で大脳に疲れやストレスが多くたまると感覚マヒが起きますから、この方は頭を小さくしても顔を小さくしても分かりずらかったと言う方はいます。
当院では初回から小顔になることができる小顔矯正をしています。

顔の触り方

小顔矯正で顔が小さくなりますから小顔矯正を希望される方は、自分の顔を触っておぼえておきましょう。これが一番、大事な作業です。これをおろそかにすると変化がわからなくなります。

小顔矯正のさわり方

当院では小顔矯正に入る前に、顔を触っておぼえてもらうことを必ずしていますから、どれくらい顔が小さくなったのか、わかります。当院の小顔矯正は自分の手で触ることで小さくなったのがわかります。他人がメジャーなどで測ると位置が違ったり、きつく測ったりしていることもあります。

自分の手で確認するのが一番わかると思いますが、自分の手で顔を触って変化がわかると言うのは簡単ではありません。
だからしっかり触ることを指導しています。
当院では多くの小顔矯正を希望する方が訪れますが、小顔矯正する場合は、体調が関係しています。体調と小顔矯正がどう関係するのか、と言う事を言われますが、小顔矯正だけ中心にしても、その時だけいくら良い小顔矯正をしても、顔が小さくなりにくく、リバウンドが大きく戻りやすくなるからです。

今まで体調は悪くないと言う方も多く来院しましたが、自分で感じなければ体調は良いか、痛みやこりがなければ体調は良いかと言うとそうではありません。
当院の院長は個人個人違う体調を検査する技術を持っています。嘘偽りがない検査技術で、本人にもわからない体調を検査することができます。

体調も段階で表していますが

今まで小顔矯正を希望される方も体調が良い方は一人もいませんでした。
そのことから考えて、どれくい体調が良いのか、悪いのかと言う事になります。

この陽気の変動で体調が良い方はいませんので、体調が悪い方が眠りが浅い睡眠をどれくらいしているかと言う事も検査対象ですから、睡眠負債(NHKが番組で使ったいました)が多ければ多いほど体調は良いことはありません。
睡眠負債があると借金と同じですから、睡眠負債があればあるほど脳疲労が起きています。つまり脳疲労が起きると脳は弱ったり、衰弱したりすると言うことです。

疲れやストレスの蓄積
2019年01月25日

小顔矯正をするなら

睡眠負債が多くて脳疲労が強いのに体調が良い訳ありません。
睡眠負債の方は体調の維持ができないので戻りやすく小顔矯正の効果がでにくいのが実情です。
でも小顔矯正の効果を出していかなければいけませんので初回は顔を触って小顔矯正にしていきます。

小顔矯正

小顔矯正の1回目:

小顔矯正の初回は、顔を触って小顔矯正をしていきますので、小顔矯正に入る前に顔の大きさや幅、輪郭をおぼえてもらいます。小顔矯正した後に大きさの変化がわかるように触っておぼえることをしてもらいます。これが一番大切ですから、安易に顔を触るようなことをしないで、しっかり把握するように触ることをしてもらいます。把握と言う言葉があるように顔の大きさを把握してもらいます。
小顔矯正する前と小顔矯正をした後を比べることができるように触ります。しかし、睡眠負債の多い方で脳疲労が多い方は感覚神経まで働きが落ちていますので、変化がわからない方がいます。この方も治療を進めていけばわかるようになります。わからない方は大変なことですから、しっかりした施術を進めていくように考えて下さい。
初回からあれやらこれやら色々な所をしているとわからなくなるし分散してしまうので小顔矯正だけにターゲットを絞ってさせてもらっています。

2回目:

1回目で小顔矯正した矯正後の小顔矯正の大きさは維持できていません。それでは2回目の小顔矯正は体の方も施術しながら、さらに小顔矯正をしていきます。1回目で触った触り方で顔を触っておぼえて下さい。人の体はいつにまにか蓄積した疲れやストレスが多く蓄積してます。

疲れやストレスが多いと痛みやこりがなくても骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレが起きています。痛みやこりがなくても生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、浮腫み、頭痛、頭がボーとする、胃の持たれ、トイレが近い、下痢などの症状になっている方もいます。

疲れやストレス

顔を小顔矯正で矯正しながら体を整えていきます。筋肉のコリ、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のずれ、リンパの流れ、循環、代謝、内臓の働きの問題などなどです。
顔を触らなくても体を整えると顔が小さくなることもあります。顔と体はそれだけ密接に関係がありますから。そして体から変えていくとウエストが細く引き締まっていきます。もちろん場合によっては骨盤が小さくなっていきます。
必ず、小顔矯正を受ける前に顔をさわることをしてください。

3回目:

またまた2回目の小顔矯正でした顔の大きさをそのまま維持することはできていません。でも少し小さくなってアゴのラインがスッキリしてきています。

早い方で3回目で体質改善による小顔矯正ができます。体質改善で行う小顔矯正と言うのは体の中ら直していく方法で小顔矯正をしていくことです。矯正と言うよりも治療と言う感じです。

体質改善で小顔矯正をすると内臓が若返っていきますから、内臓が若返るとさらに顔が小さくなっていきます。そしてウエストがさらに細くなるし、骨盤が小さくなっていきます。

3回目の小顔矯正のあとのまま大きさの維持はできませんが、維持しやすくなっていきます。
4回目、5回目、6回目・・・・体を直せば直すほど変わります。

小顔矯正と睡眠負債と疲れやストレス
2019年01月25日

小顔矯正で顔を小さくする

当院の特色の一つが小顔になる矯正です。

そして当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなっていきますが、条件があります。
その条件とは小顔矯正を始める前に顔の大きさを触っておぼえておくことです。

小顔矯正

自分の顔の大きさ、幅、輪郭、浮腫み度合いなどを触るだけなんですが、簡単にパッパッと触るとわかりません。必ず手を動かさないで、そのままの位置を維持しながら左右を感じるようにして下さい。

顔の触り方

この時に左右を感じようとすると手のひらと脳の感覚神経が高まります。普通はここまでしなくていいのですが、最近、時々、いい下限に触る方やおぼえていることができない方がいます。

手のヒラの神経と脳の感覚神経を動員するように左右差をおぼえて下さい、必ず変わっていますから。
これがわからないと手の感覚神経の問題か、脳の感覚神経の問題があるからです。この方も、治療を進めていくとわかるようになります。

このように小顔矯正と言っても簡単なことではありませんが、変化がわかる方ほど、しっかり触ろうとしますが、わからない方ほど簡単に顔を触っています。
当院の小顔矯正は美容でもなく癒しでもなく、体を直していくことで顔が小さくなる小顔矯正ですから効果と持続力が違います。
顔を色々触らないで手を動かさないで、アゴのラインから手のひら全体で顔を覆うように触ります。

矯正の特徴は

顔のさわり方

当院の小顔矯正は他とは違い、当院だけの特徴があります。他院ではマネできない当院だけの小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は院長がすると簡単そうに見えますが、簡単にしている訳ではありません。多くの方が勘違いされますが技術力がある院長がするから、初回から顔が小さくなることができます。

しかし、、初回は体調や体の歪みなんかは関係なく、顔を中心に小顔にしていきます。
顔が小さくなるための小顔矯正ですから、なんといっても顔を小さくしていくことを優先していきます。

矯正後を維持することは

しかし、顔だけ触って小顔矯正をしていくと、持続性がありません。次回は顔と体の両方を治療することから、さらなる小顔を目指していきます。
どこでも同じと思いますが、小顔矯正も1度で終わることはありません。しかし、当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで人気の小顔矯正です。
ですから初回から顔の形が小さくなるので

触り方をしっかり指導しますので、それをおぼえて触るだけです。
顔を触る時には左右差をおぼえるように触ります。必ず誰でも顔の左右差があります。右側は全体が大きいとか、左側は一部分だけが出っ張っているとか、必ずありますので、それを確認しながら覚えるだけです。
簡単なようで難しいですけど、自分の手ですぐに実感できて笑顔になることができるのが、自分の手ですから。当院ではご自分の手の感覚を一番、重要視しています。

疲れやストレスと小顔矯正

当院の矯正は

①予約日の予約時間の5分前には来院して下さい。 施術する前にカルテに必要事項を書いてもらいます。

②症状についてお聞きしますので、いつから起きているのか、どんな施術を今までしてきたかと言う事を話せるだけで結構ですから。

③顔を触っておぼえてもらいます。顔の大きさ、輪郭の形、頬骨のハリ、アゴのラインなど

④施術台に寝てもらって施術に入ります。

⑤初回は顔を触って小顔矯正をしていきますが、顔だけでは戻りやすく効果も出にくいので次回は体の歪みから施術したいと思います。痛みやコリがなくても歪みは起こしています。

⑥施術台に寝てもらって初めに、もう一度、顔を触って再確認してください。院長が顔を触ります。20秒くらいでもう一度触ってもらいます。こう言うふうに変わると言う事をお見せするためです。

⑦本格的に小顔矯正に入ります。

⑧20分くらいですが、20分くらいが一番、小顔矯正の効果が出ます。立って、もう一度顔を触りましょう。もう小顔になっていますから。
⑨小顔矯正も顔だけではなく体の歪み矯正も小顔効果を上げる一因です。顔だけが、顔の関係するものではありません。ですから小顔矯正には数回かかります。
⑩当院には、もう一つの小顔矯正があります。この体質改善と言う施術の小顔矯正は持続時間と効果が上がる小顔矯正です。体質改善の小顔矯正は体を直していく矯正ですから。
当院の体質改善は、体が細くなる矯正です。体重よりも見た目から体を細くする矯正になります。体が引き締れば人は痩せたと思います。まず、体重よりも見た目です。

小顔矯正と疲れやストレス
2019年01月25日

小顔矯正をするなら

今まで多くの方の顔を小さく小顔矯正をしてきましたが、院長が『体調はどうですか』とか、『調子が悪くないですか』と聞くと、多くの方が同じ答えを返してきます。

小顔矯正とは

体調と小顔矯正

同じ答えと言うのは、「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と答えてくれますが、当院では検査する事ができますから検査してみると全員の方が体調は悪く骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくあります。そして、それだけではなく背骨のズレがありガタガタ状態になっています。

これらは体調の悪さを表していますから、本当は体調が悪いと言う事なんですが、体調が良いのか、悪いのかと言うことは抽象的なものでしかありません。と言うのは今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて体調が良い方は一人もいません。

体調の悪さとは痛みやコリが無いからと言って良いとは限りません。体調の悪さと言うのは何を指しているのかと言うと疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスがたまっていない方はいません。

小顔矯正をしていく時には深く関係するものは疲れやストレスです。いつの間のカたまってしまった疲れやストレスが体にもたまりながら顔にもたまっています。

疲れやストレスと小顔矯正

顔に多くの疲れやストレスがたまると顔の大きさが正常では無くなって大きくなります。そして顔に浮腫み、脂肪が増えていきます。この蓄積した疲れやストレスを減らしていくと顔が小さくなって細く引き締まっていきますが1度ですべて減らせる事はありません。

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが、小さくなった方が顔の小ささを維持することや持続力はありますか、と聞かれますが、それには体の状態も検査したり整えたりしないとないと思いますと答えています。維持することや持続性は全体が関与しています。しかし小顔矯正ですから初回は本当に顔が小さくなることからしていますので顔だけ触っていきます。

初回から顔が小さくなることで人気がありますが、ボキボキしない痛くない矯正をしていますので安心して受けてもらう事ができます。手の技術だけで顔を小さくする事をしていきますので低周波治療器や電器を使う事はありませんが小顔矯正と言うのは単純に顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。

顔を触って小さくする

しかし初回は顔だけ触って小さくする事をしていますが顔を小さくする時に、一番、深く関係するものが2つあります。一見、関係ないように思える事なんですが。
それは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。今まで30年間で検査してみましたので顔を小さくしたいと希望されて訪れた方、全員が両方ともあることです。
毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなって積み重なっていきます。疲れやストレスの蓄積が顔の浮腫み、脂肪を多くしてしまいます。

そして何よりも顔の輪郭を変えてしまうからです。どんな風に変えてしまうのかと言うと顔を大きくしてしまうからです。これは専門家の先生も知りませんから一般的ではありません。誰も説明できないことです。検査が出来なければ、本当なのか、嘘なのかわかりませんから。
しかし、当院では検査する事ができますから全員の方の顔を小さくすることができています。
毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスは、どこにたまるのか。疲れやストレスがたまると体は歪みやズレを起こします。
ですから痛みやコリが無いからと言って体調が良いとは限りません。

①どうしたら顔が小さくなる??

小顔矯正をする時には重要なものが2つあります。専門家の先生も知らない方が多くいますが小顔矯正をしていく時に無理やり顔を押さえつけたりすることやボキボキするのではなく正常に戻していくことで多くの方の顔が小さくなっていきます。と言う事は、今の顔の大きさが正常ではないと言うことになります。どうして今の顔の大きさが正常ではないのかと言うと疲れやストレスにあります。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスは体だけではなく顔にもたまっていくからです。場所を選ぶことなくたまっていくのが疲れやストレスです。もちろん体にもたまります。顔に疲れやストレスがたまると顔が大きくなります。当院でも普通では考えられないことですから数年の研究がかかりましたが、本当の事です。顔に疲れやストレスがたまると脂肪、浮腫みも多くなりますが、それだけではありません。

顔が徐々に肥大して大きくなっていきます。特に疲れやストレスだけではなく寝ているようで眠りが浅い睡眠負債も関係しています。睡眠負債は不眠症とは違います。熟睡がないことが原因で顔に一番、近い大脳が弱っていきます。今まで多くの方の顔を30年間で小さくしてきましたが、全員の方が体調が悪いのですが、悪いことに気が付いていません。院長が「体調はどうですか」とか「調子は悪くなるですか」と聞くと全員の方が「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と言います。
そこで検査してみると骨盤の歪みが大きくあったり、大きく背骨のズレている方ばかりでした。

それを説明しても分かってもらえない場合もあります。

痛みやコリがないからと言って体調は良いとは限りません。体調が良い方の顔を小さくすることは簡単ではありません。体調が悪いから顔の肥大がありますから顔が小さくなります。これは、本当の事です。嘘を言っても意味ありませんから。体調が悪い方ほど小顔矯正をしたあと変化に体がついていかないとダルクなる事があります。小顔矯正といっても1回で終わる事はありません。

② 顔が大きくなっているのを小さくするには

疲れやストレスがたまると顔が大きくなると説明しましたが顔が大きくなるのは炎症やハレがあります。つまり顔が炎症を起こしていることがあったり、ハレていることで顔が大きくなっています。これを正常に戻すことができれば顔が小さくなる訳です。
当院では検査する事ができますから、本当に顔に炎症やハレがあるのか、見つけることができます。

③ 体質改善で小顔矯正

当院では体質改善と言う施術があります。体質改善と言うのは初回からできる施術ではありません。小顔矯正の中でも一番、持続性がある施術になりますが体質改善と言うのは体の質を変える施術ですから体の中から若がらせていき顔が小さくなる不思議な施術です。体質改善の施術は顔だけに影響がある訳ではありません。
スタイル全般に影響します。浮腫み、脂肪が減ることは、もちろんですがエステとの違いが表面的なものにとどまる事はないと言う事です。体質改善の詳しくは、こちらへ

体質改善と小顔矯正
2019年01月24日

小顔矯正で顔が小さくなる

当院の小顔矯正は特徴がある当院だけでの小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は体調を上げる事でたまっていた疲れやストレスが減っていくと小顔になれる矯正をしています。

小顔矯正とは

当院の体調を上げて小顔矯正にすることができる施術は特殊な施術なので、他院ではしていません。

と言うのも体調から上げる小顔矯正は簡単ではありませんので、誰でもできるものではありません。

他院では顔を押さえつけたり、ボキボキしたり、無理やりしたリする小顔矯正と称してしていますが、当院から言わせれば、全然だめだと思います。(当院の実感)
小顔矯正をしていくのも自然な状態で矯正していかないと小顔矯正の効果は上がりません。
そして歪みが起きている体では、いくら小顔にしても小顔が映えません。

当院では理想的な小顔矯正をしています。

たった20分くらいの小顔矯正ですが、20分くらいの矯正の方が一番効果が大きくなります。時間を掛けても効果はドンドン少なくなります。

効果の度合いを知ってもらうために、小顔矯正に入る前に顔を触ってもらいます。ご自分の手でしっかりと顔を触って大きさや形をおぼえて下さい。
院長がデモンストレーション的に1分くらい顔を揉んで、もう一度、顔をご自分で触ってもらいます。たった1分くらいですが、もう顔が小さくなっています。

簡単にしているようですが、簡単なことではありません。そして誰でもできるものではありませんので、院長だからできる事です。お間違えなく。
ここから、
さらに顔を触って小顔にしていきます。全体を通して20分くらいの小顔矯正ですが、効果の度合いは一番だと思いますよ。

小顔矯正とは

●初回:顔を中心に小さくしていきます。顔が中心なので顔全体が変化して小さくなっていきます。小顔とエラのハリ、頬骨なども減っていきます。顔全体が変わります。
小顔矯正をした後に体力がない方は、小顔の変化に体力が奪われるとダルクなる方がいます。次回以降はダルクなることは少なくなると思いますので、ご安心してください。。

●2回目:初回の顔の小さいのを維持するのは難しく、多少ですが戻っています。しかし小顔矯正を始める前には戻っていないと思います。2回目からは顔だけではなく体からも歪みを矯正することをして、もっと小顔にしていきます。
小顔矯正をしていくうえで、体も重要なんです。体に疲れやストレスが多くたまっているだけで不健康ですから。小顔矯正をしても、小顔が映えません。

●3回目以降:体調を上げてる施術をして、もっと小顔にしていくか、体調が良くて希望すれば体質改善で小顔矯正の施術をしていく事が出来ます。
体質改善の施術は体の中を直すことを目的とした施術になります。体質改善の施術は別名アンチエイジングの施術とも言いますし、若返りの施術とも言います。
体の中ら変える事で、もっと小顔になれるし、ウエストが細くなる、小尻になれる、体全体が細くなる施術になります。

疲れやストレス

体質改善の施術は小顔の効果と小顔の持続力が違います。
当院の小顔矯正は初回から顔の形が変化していく小顔矯正をしています。小顔矯正と言っても顔を押さえつけたりする小顔矯正もありますが、当院では顔を押さえつける事はありません。

小顔矯正をしていくのは手のみで小顔にしていきますが、顔を揉むような感じで小顔矯正をしていきます。それだけで院長がすると顔が小さくなっていきます。
当院の小顔矯正には、2通りの小顔矯正があります。

一つはストレスを減らすことでする小顔矯正と、体質改善の小顔矯正です。
誰でも年齢に関係なくなるものがストレスですが、ストレスもいつのまにか、たまってしまうと顔の浮腫みが起きたりしています。顔だけではなく体の浮腫み、足の浮腫みなどはストレスの蓄積で起きています。

ストレスは『Distress』と言う英語の変形語です。前の「Di」がなくなって「stress」だけが残った言葉がストレスです。
ストレスと言うのは緊張と言う意味にもなりますが、緊張しすぎると疲れてしまいます。これが体に残ります。つまり、蓄積疲労になって残っています。この事がストレスがたまると言う事になります。

つまり、ストレスを減らすことをしていくと小顔になっていきます。顔の形が変わって小さくなることです。顔が小さくなる矯正なので小顔矯正と言います。
当院では無理な小顔矯正をしていません。理にかなっている小顔矯正をしています。

顔が小さくなることで口コミで人気の徳力整体院の小顔矯正。

当院の小顔矯正は、初回から変わります。だから、ご自分の手で小顔矯正を始める前に、おぼえておいてほしいものがあります。

顔を小さくする小顔矯正
2019年01月24日

小顔矯正で小顔になれる

当院の小顔矯正の特徴は、顔を本当の意味で小さくしていく事です。顔が小さくなった分、頭も小さくしていく事をしています。
顔が小さくなる時に頭が大きいままではバランスが悪いどころの騒ぎではないと思います。

小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正

顔が小さくなった分だけ頭も小さくしていく事をしていますが、頭が小さくなると言う事は頭がい骨を小さくしていく事ですが、変な意味ではありません。
頭がい骨が小さくなると言う事は脳の働きが良くなる事なんです。

脳にも疲れやストレスはたまります。たまると脳の働きが低下して悪くなります。イライラしやすくなったり頭がボーっとする、頭痛、なども起こります。

小顔矯正をしています

当院の小顔矯正はボキボキしない痛くない小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は、本当に顔をボキボキしたりすることをしていませんし、痛くもない小顔矯正をこころがけています。

当院では小顔矯正をしていく時には、自分で小さくなったのがわかるようにしています。そのため。少し難しいことをしてもらいます。
簡単な方法なんですが簡単なようであって、簡単ではないことです。
それは触り方です。

小顔矯正をする時に顔が小さくなったのが、わかるようにしていますが、わかる為には小顔矯正を始める前に顔を触っておぼえてもらいます。

小顔矯正をする前に

この顔を触っておぼえてもらうことは、簡単なようで簡単ではありません。
簡単に触った方ほど、わからないと言う事がありました。
あまり強く言えませんから、しっかりと触ってもらうようにしていますが、わからない方ほどしっかりと触ってくれません。

わかる方は、触り方を教えると、難しいですね、と言われますが、わからない方ほど努力をしてくれません。
ですから顔を触る時に、順番をおって言いますから、教えた通りの触り方をして下さい。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時の顔の触り方は、

小顔矯正のさわり方

①アゴの所で両方の手首を合わせます。
②手のヒラと指を広げて顔を触ります。
③この時に指や手のヒラが浮いていないか、注意して下さい。鏡で見ても良いと思います。
④顔を触ることができたら左右差を感じます。
小顔矯正をしていくときの顔の触り方は、たった、これだけですが、目で見るよりも手の感覚神経を使った大きさを判断すると言うことは大変、難しく簡単ではありません。
上の写真のように触ります。この触り方をして浮いた部分がないように注意して左右差を感じます。

これができれば小顔矯正をした時の顔の変化がしっかりとわかります。
始めから顔が小さくなるから、小顔矯正に入る前の顔の大きさ、形をおぼえておかないと変化がわかりません。

顔が小さくなったのがわかりませんから、小顔矯正に入る前におぼえて下さい。

小顔の矯正に入ります

大きさや形をおぼえたら小顔矯正に入ります。施術する台に上向きに寝てもらいます。
院長が小顔矯正に入る前に、もう一度、顔をおぼえてもらいます。

当院では2回の触り方を指導しています。小顔矯正に入る前と直前に。
この時には、院長が患者さんの手を上からおさえて触り方を教えています。
2度の顔の触り方でもおぼえていない方がいます。結構、小さくなってもおぼえていないのでは変化がわかりません。

2度の触り方で、しっかりとおぼえて下さい。

院長が小顔矯正をしていきますが、怖くもなく痛くもなく小顔矯正をしていくことができます。

顔を無理に押さえつけたりすることなく小顔矯正をしていきます。
小顔矯正をするときには、誰が見ても、別の専門家の先生が見てもマッサージをしているようにしかみえません。
顔を揉んだり、マッサージをしたりして小顔矯正をしていきますが、マッサージをして顔が小さくなると言う事はありません。
ですからマッサージ感覚と説明していますが、マッサージではありません。

現実にマッサージをして顔が小さくなることはないと院長も思っていますから。
矯正をしていくと
本当に顔を院長がマッサージ見たいにしていくと顔が徐々に小さくなっていきます。
しかし院長がしていく小顔矯正は無理な小顔矯正ではありませんので、検査する事ができます。

顔を検査して異常がある部分を見つけていきますが、今まで30年間、小顔矯正をしてきて顔の異常がない方はいませんでした。

疲れやストレスと小顔矯正

全員が顔に異常があります。

異常と言っても顔の作りではありません。

顔の皮膚や皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨に炎症やハレがあります。

顔に炎症やハレがいつの間にか、気が付かないうちにできてしまうと顔が大きくなります。
顔にも脂肪が多くなったり、浮腫みやすくなったりしています。
特に顔に浮腫んだようなものがなくても小顔矯正をしていくと顔の浮腫みがあるということがわかる方もいます。

それは皮膚が引き締まってくるからです。
始めに摘まむようにして皮膚を触ると、小顔矯正をしたあとには摘まめなくなるからです。
特にアゴの部分は細くなってスッキリしてシャープになります。

それほどアゴの部分には炎症やハレがあるという事です。
炎症やハレがあっても多くの方が気が付きません。
当院では初回から顔が小さくなっていく小顔矯正をしています。

小顔矯正と疲れやストレス
2019年01月24日

筋肉のコリをほぐして

多くの専門家の先生も知らない方が多くいますが筋肉だけで起きている肩こりはないと思います。そのため何も検査できない方が揉んだりマッサージしたり低周波治療器や電器ばかりで中和ばかりしているとコリを感じていない間も進行してこじらせていきます。

肩こりは僧帽筋

筋肉のコリとは

肩こりになる時には筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。しかし多くの肩こりは筋肉ばかりに注目していますから、筋肉のコリの先にあるものが置き去りになっています。

肩こりは確かに筋肉をほぐせば圧力が下がってしまい楽になります。筋肉のコリが起きているt時には流れが悪くなりますが圧力が上がっています。圧力が上がって肩こりになります。圧力を下げるには湿布を貼っても、マッサージしても低周波治療器や電器をしても下がりますが、肩こりを起こしている原因が残ったままになっています。
肩こりを起こしている原因は重大なものであることもあります。しかし普通、一般的には、それを検査して調べることができるものはありません。
筋肉のコリばかり楽にする治療では原因は見つかりません。コリの先にあるものが原因です。筋肉を揉んだりすれば良いと言う訳ではありません。確かに何も考えないで筋肉を揉んだり低周波治療器や電器をすることは簡単です。

肩こりは筋肉のコリ?

多くの方が肩こりを筋肉のコリだと思って治療しています。しかし筋肉も何も原因がないのにコリを起こすことはありません。どうしてコリを起こしているのか、原因があるからコリを起こしています。
当院では筋肉のコリからほぐしていくことは、もちろんですが、その先にある原因をみつけていきます。その先にあるものを見つける為にも筋肉をほぐしたら終わりではありません。

肩こりを筋肉だとばかり思って治療している方はこじらせたりしていることもあります。コリを起こしている原因も、いつまでも同じままではないからです。
確かに肩こりと言うと筋肉さえ、ほぐせば楽になります。
肩こりの施術でも根本的には体質から起きていますから体質改善の施術も必要になります。

疲れやストレス

肩こりを楽にするには

多くの方が肩こりを簡単に考えています。本当の肩こりが起きる原因を知ることもなく考えることもなく、肩こりと言うのは実は大変なことが起きています。
肩こりと言うと筋肉のコリと思う方が多い為ですが、筋肉を揉んだりマッサージしても肩こりは一時的に楽になったように装うことができる為です。

肩こりと言うと湿布を貼っても良くなることもあります。
肩こりと言うと肩を揉んでも楽に感じることもあります。
肩こりと言うとマッサージしても楽になったように感じることもあります。
肩こりと言うと電気をしても楽に感じることがあります。
肩こりと言うとボキボキしても楽に感じることもあります。
しかし本当の肩こりの原因はそんなものではありません。
もちろん中には筋肉のコリで起きている肩こりもあります。(しかし筋肉のコリも同じことをしても肩こりが起きない方もいます。肩こりが起きる方と肩こりが起きない方の差を考えて下さい)

しかし今まで30年以上肩こりの治療をしてきて筋肉のコリだけで起きている肩こりの方はいませんでした。
30年間で数千人の方を見てきましたが、全員が筋肉だけで起きている肩こりではありませんでした。

マッサージしても揉んでも

肩を揉んでもらったり、マッサージしても、湿布を貼っても、電気をしても肩こりは楽に感じることもあります。この為、肩こりが直ったと思う方もいます。
ここが大きな間違いを起こしています。
肩こりと言うのは、そんなに簡単なものではありません。
肩こりと言うのは体が引き起こす警報です。しかし警報もスイッチを切ってしまえば警報音もなりません。
このスイッチをきることがマッサージをしたり、電気をしたりしていることです。
警報がなった原因を見つけることなくスイッチを切ってしまえば、しばらくは警報もなりません。

しかし原因である火種は肩こりを感じない時も進行していきます。
この肩こりを感じない時でも進行していくことが先将来に及んでいきます。
先将来に及んで命まで脅かす存在になっていきます。

たかが肩こり、されど肩こり

肩こりを楽にする為には筋肉ばかりしていると最終的に筋肉は固くなっていきます。
特に低周波治療器などで肩こりを改善しようとすると電気は強い為、肩こりをしばらく感じなくなりますが、肩こりが治った訳ではありません。
低周波治療器をすることでプラスからマイナスへ定電流が流れて筋肉を疲労させるだけです。電気で筋肉を動かすので一時的に筋肉は動いて血流、リンパの流れが良くなりますが、その時だけです。

当院でも昔は使っていましたが低周波治療器を研究してみると、肩こりを直してあるものではないと言う事がわかりました。その為、低周波治療器を使用していません。逆に低周波治療器をすればするほど患者さんの体を壊していることにもなります。しかし、低周波治療器を使っている先生自体が意味を分かっていません。
低周波治療器は肩こりをわからなくしているだけです。肩こりをわからなくして感じなくすることが肩こりが治ったと思わせています。

当院の肩こりを改善するときには基本的なことから見ていきます。何も考えずに低周波治療器や電器などをすることは簡単ですが、肩こりには肩こりが起きている原因があります。

湿布を貼っても、もんでも、低周波治療器や電器をしても緩和できる時もありますが、筋肉だけ緩和しても肩こりを楽にしても原因は残ったままです。
腰痛や頭痛や生理痛と同じように肩こりも体が起こす警報です、つまり何かの異常が起きているから、正しく働けないで肩こりになっていると言うことがうかがえます。

肩こりと疲れやストレス

体が起こしているボディランゲージが肩こりなのに、警報音が鳴っているのに、音を止めるだけで良いのか????と言う事です。この音を止める行為が湿布を貼ったり、もんだり、低周波治療器や電器などです。

2019年01月24日

肩こりを解消

この状態でも、肩こりになっている方がいます。
筋肉の緊張や筋肉の固さから起きる肩こりと内臓疲労から起きる肩こりがあります。

筋肉のコリ

肩こりになるのは

疲れやストレスというのは内臓に蓄積していきます。もちろん筋肉にもたまりますが、最終的には内臓に蓄積していきます。
内臓に蓄積した疲れやストレスは体全体の歪みを起こしていきます。
体全体の歪みが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きれば、筋肉のこりも起こりリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまります。

内臓疲労から起きる肩こり

多くの場合、肩こりは基本的に内臓疲労がメインで起きています。毎日の生活や仕事での疲れやストレス、など色々な疲れやストレスがありますが、体にたまる疲れやストレスが、すべての黒幕です。

疲れやストレスが多く蓄積すると簡単には減りません。疲れやストレスというのを簡単に考えていますが疲れやストレスが多く蓄積すると免疫力も落ちて病気なったり、ガンにもなります。

疲れやストレスは老化を促進させていきます。内臓が老化したものが病気です。

疲れやストレスと肩こり

コリを解消するために

肩こりを楽にしていくためには、筋肉のコリが重要ですが、多くの肩こりの場合、筋肉のコリだけで起きていません。

当院では、筋肉のコリから解消していくようにしていますが、筋肉のコリが起きてしまうと、血流や循環もわるくなりますし、リンパの流れが悪くなると老廃物も多く滞留しています。また、筋肉の中には血管や、神経がありますので、血管障害や神経障害と言う事も起こります。
そして筋肉だけではなく背骨のズレが筋肉を引っ張ったり、緊張させたりすることも起こりますから、どこから起きている肩こりなのかと言う事を見つけていきます。

ただ、肩の筋肉を揉んでも低周波治療器や電器をしても、原因から見つけて改善しないと一時的な肩こり解消しかなりません。

人によっては、肩こりと言うよりも肩が痛いということもありますから、色々な肩こりがあります。

肩こりが起きたら湿布を貼ることや、薬を飲む、サプリメントを飲む、健康食品、注射をうつ、低周波治療器や電器を当てること構いませんが、原因は???と言う事を考えて下さい。

肩こりには原因がありますから、原因から改善しないと肩こりを感じていない時も原因はいつまでも同じではありません。

原因は常に悪化して悪くなっていきます。

肩こりは、しっかりとした原因がありますから原因から改善していくことを考えないと、肩こりをしばらく感じなくなったら、他の現象が起きているということになります。もっと重大な問題が浮上してきています。
一度起きた原因はなくなることはありません。電器をしても、マッサージしても、ボキボキしても、湿布を貼っても、注射を打っても、サプリメントで栄養を補給しても、原因は残っていますから、肩こりを感じないからと言って肩こりが治ったと思わないでください。

肩こりの原因を本当の意味で治すのは、当院の体質改善の治療でしか治せません。
電器をしても、マッサージしても、ボキボキしても、湿布を貼っても、注射を打っても、サプリメントで栄養を補給しても原因は何も変わっていません。
肩こりは筋肉のコリですが多くの場合、筋肉疲労から起きている場合が多いようです。
他の施術では、肩こりは筋肉のコリなので揉んだり電気をすることが多くみられます。

しかし、ほとんどの筋肉は、何も原因がなくて筋肉がコリを起こすことは考えられません。何かの原因があると考える事が自然です。
この原因がある事なのに電機などでコリを散らしているだけで良いのかと言う事になると思います。

疲れやストレスと肩こりは
2019年01月24日

肩こりとは

肩こりになる時には筋肉のコリと背骨のズレと背骨のズレを起こした原因が関係しています。

筋肉のコリ

①本当に筋肉のコリがあるのか検査する

当院では他ではできない検査をしています。多くの肩こりを解消する治療と言うのは検査する事もなくマッサージしたりほぐしたり低周波治療器や電器をしています。筋肉を揉んだりしても固さは判断できない事もあります。人それぞれ硬さが違うからです。筋肉には正常な硬さと言うか柔らかさがありますから、人それぞれ違う硬さを判断する事はできないと思います。例えば筋肉の硬さの10段階があるとします。今まで30年間以上コリを解消してきて10段階中10段階の方はいません。肩こりがひどくても5段階まで行っていれば多いほどです。肩の部分に何があるのかと言うと筋肉だけではありません。皮膚もあれば筋肉、じん帯、脂肪、骨(肋骨・背骨)内臓があります。このなかで、どれがコリに関係しているのか。検査することで見つけていきます。筋肉のトラブルが改善できたら次は背骨のズレの検査です。

②背骨のズレの検査

背骨のズレは整体院やカイロプラクティック院でのみ矯正する事ができます。当院ではボキボキしない痛くない怖くない矯正をしていますから安心して下さい。背骨のズレが解消できたら、どうしてズレを起こしたのか、検査していきます。

③背骨のズレを起した原因を見つける

背骨のズレがあるのは原因があります。何も原因がなくて背骨のズレが起きる事はありません。姿勢でも背骨のズレることはありません。猫背だからと言ってズレは起こりません。背骨のズレが起きるのは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスの蓄積が原因です。疲れやストレスは弱い部分にたまっていきます。

背骨のズレと原因

④弱い部分を強くする体質改善

体質改善とはアンチエイジングの治療になります。疲れやストレスは弱い部分に疲れやストレスをためていきながら筋肉のコリ、緊張、筋肉疲労などを起こして徐々に固くなっていきます。筋肉が固くなるのも一時的に固くなる場合と永久的に固くなるものの2通りあります。一時的に固くなっている筋肉であればマッサージしても揉んでも低周波治療器や電器をしても変わりますが、もう、そう言う状態ではない場合もあります。筋肉も疲れやストレスを貯めすぎると硬くなります。この場合の硬さは永久的な硬さです。永久的な硬さは揉んでも柔らかくなりません。その場合に体質改善の治療で変えられることがあります。

体質改善と肩こり
2019年01月24日

肩こりは筋肉のコリも

当院の肩こり解消法は、保険は効きません。保険がいくところは色々ありますが、外科などの病院、整骨院さん、マッサージさん、指圧さん、鍼灸さんなどですが保険は適応されています。

保険が効くのに対して対して

ボキボキしない

整体やカイロプラクティックの施術は保険は効きません。
では、どうして保険が効いて安い所があるのに、保険が効かない整体やカイロプラクティックなどの施術があるのか?????
それには理由があります。

その理由は、肩こりなどの原因がわかっていないからです。
原因がわからないから電器などで対症療法をしています。電器でコリを散らすことをしています。電器ではコリをほぐすことはできません。電器でプラスからマイナスへ電器を流して

筋肉疲労をさらに起こしています。

肩こりには筋肉の疲労がつきものですが、長く起きている肩こりや、繰り返す肩こりには、筋肉だけでがなく他の原因も考える事が出来ます。
この原因から改善していくのが整体やカイロプラクティックの施術になります。

だから、

ただ電器をすれば良いと言う訳ではありません。
整体やカイロプラクティックの考えは、肩こりと言うのは筋肉だけだけではなく体も歪みから起きていると言う事に注目しています。

必ず肩こりが起きているときには筋肉だけではないと言う事実があります。歪みが起きると筋肉は引っ張られたりしますので、それでコリを起こしています。
背骨のズレや骨盤の歪みから起きていることも多くあります。

肩こり

肩こりと筋肉のコリ

肩こりと言うと歪みからと言うことを考える事が出来るくらいです。

●初回は:肩こりの筋肉から柔らかくしていきます。まず肩こりの筋肉の僧帽筋と言う筋肉の循環を良くしていきます。肩こりが起きているとリンパの流れも悪くなります。リンパの流れや血流が悪くなると老廃物が多くたまっていますので、筋肉から柔らかくしていく事をしていきます。
そして、歪みや背骨のズレがあれば、その部分を整えていきます。背骨から整えて筋肉もほぐしていく事を電機任せにしないで解消していきます。

肩こりに

肩こりになっている原因を見つけていく事が出来るのが整体やカイロプラクティックの施術になります。
肩こりを起こしている僧帽筋のコリを解消して、歪みも解消していくと肩こりが楽になることが多いようですが、もう一つ原因も考えられます。
その一つは

内臓疲労です、病気ではなく内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、背骨のズレ、ホルモンのバランスが崩れたり、筋肉バランスが崩れる事になりますので、内臓を元気にしていく事も当院ではしています。
この施術は当院だけの施術ですから他院ではここまでしていないと思います。
他の整体院やカイロプラクティック院では、筋肉のコリをほぐしていく事をして背骨の矯正をすると思いますが、一番 重要なのは実は内臓疲労なんです。

内臓に

疲れやストレスがたまると体は歪みを起こしていきます。この事は整体院やカイロプラクティック院をしている先生でも知らない方が多くいます。知っていても解消できないのが当然です。

当院では肩こりは内臓にたまった疲れやストレスが原因で起きていると言う事がわかっています。ですから、筋肉のコリを解消して骨盤や背骨の歪みも減らしてさらに内臓の疲労を減らしていく事をしていきます。

当院は肩こりが楽になる肩こりを原因から解消することをしています。 普通は肩こりというと筋肉のコリと思いがちですが、筋肉のコリも起こりながら、歪みやズレが起きている場合が多くあります。
肩こりには色々な原因があります。
肩こりというと、筋肉ですが、この筋肉は僧帽筋という筋肉です。 この僧帽筋という筋肉がコリを起こした時に肩こりになります。

肩こりは僧帽筋のコリ

肩こりには僧帽筋のコリが代表的です。
僧帽筋と言うのは
上のイラストが僧帽筋です。 左側にしか書いていませんが、もちろん両側にあります。
この筋肉がコリを起こした時が肩こりになります。コリにとどまらず、肩が重い、肩がダルイなどの症状も起こしていきます。

肩こりと僧帽筋
2019年01月24日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛みを感じた時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますが骨盤の歪みや骨盤の開きを改善しなくても急激な痛みや腰の痛みを楽にすることはできます。
楽にすることを対症療法といいますが対症療法というのは原因なんかは見つけることもなく痛みやコリを楽にすることを中心的にしていく方法です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど


対症療法という治療法は多くの治療法で使われている治療法なんですが湿布を貼っても腰痛を楽にすることはできる可能性もありますしドラッグストアなので売っている腰痛を楽にするというサプリメント屋健康食品を飲んでも腰痛を楽にすることはできる可能性もありますし鍼を打ったりお灸をしたりすることでも可能かも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることはできる可能性もありますが腰痛の根本的な原因になっている骨盤の歪みは骨盤の開きがなくなったわけではありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛の原因になっているものは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが歪みや開きを矯正しなくても腰の痛みを楽にすることはできますが慢性化状態を招いたり長期に腰が悪くなったりすることや急激に坐骨神経痛や椎間板ヘルニアに一気に進行することがあります。

痛みを楽にすることと原因を見つけ出して原因を矯正するということは全然、意味からして違いますが、まずは、楽にしていくことから始めなければいけませんが普通一般的には楽にすることを治したとか治ったという風に思っている方が多くいます。
腰痛を感じてしまった時には痛みを起こしたきっかけというのがあります。

疲れやストレスの蓄積

切っ掛けと腰痛

きっかけというのはあくまでもキッカケであり原因ではありません。
腰痛を起こすきっかけというのは重たい物を持ったりすることでも腰を痛めてしまいますし車の運転をして座っているだけでも徐々に腰が痛くなったり薄いたりすることが起きたり何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰を痛めてしまったり靴下を履こうとして前かがみになった時に急に腰が痛くなったりします。

人においてはくしゃみをしただけで腰が痛くなったりすることもありますしベッドや布団で寝て朝起きたら、いつも腰が痛いという感じになっている方がいます。
痛みを楽にすることを対症療法と説明しましたが当院でもまずは楽にすることをしていかなければいけませんので腰の痛みや腰痛を楽にすることから始めています。

筋肉と人体の炎症やハレ

腰痛や腰の痛みが楽になると同時に筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善しなければいけませんし骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することは、もちろんですから背骨のズレも矯正することをしていますし背骨がズレすぎて椎間板ヘルニアが起きている方も多くいます。

椎間板ヘルニアや椎間板ヘルニアなどから進行していく坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きても不思議ではないものなんですが椎間板ヘルニアが1度起きてしまったり坐骨神経痛が起きてしまった方はなかなか治りにくいということは聞きますが当院では椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も対象になっていますので改善することができます。
しかし改善すると言っても一度で改善できるものもあれば数回から数十回以上書けないと治らないものもあります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になる

骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う事ではない

マジックやごまかしをしているわけではありませんので体の状態に合わせて回復させていかなければいけませんが慢性化になってしまっていると単純に骨盤の歪みや骨盤の矯正をすればいいというわけではなくなってしまっています。
どういう状況で起きているのかということを一つ一つずつ見つけ出して改善しなければいけませんので一度に出来るものではないために、しばらくの回数がかかる方もいます。

そして最近は多くの方が睡眠負債状態で眠れていない方が多くいますので睡眠負債状態の方は眠れていないわけですけど自分で気が付いていない方が多くいますので説明してもわかってもらえないこともありますけど正確な検査をしていますので眠れていないものは眠れていませんので大脳が急激に弱っていて回復する力がなくなっている方が多くいます。

大脳が元気だから回復する

腰痛といっても大脳が元気だから回復する力や治ろうとする力があるわけですけど大脳が弱ってしまっていると、いくら腰の部分だけをやっても治りが悪かったり治らなかったりということが考えられます。

多くの方が考えていませんが大脳には回復する力がありますしたい脳に支配された内臓も回復する力に関係していますので回復する力がないのによくなる力がないのに良くなることはないと思いますので慢性化させたり長期間悪い方が多くなっています。

眠りというのは不眠症とは違いますので夜、寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり何回も夜中に目を覚ましたりすることは不眠症のひとつです。
また不眠症の中には夜中に何回も目を覚ます場合も含まれていますので夜中に何回も目を覚ましたりトイレに入ったりすることも不眠症です。

不眠症と睡眠負債

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

しかし不眠症とは違って睡眠負債というのは目が覚めることはありませんが浅い睡眠をしていますので浅い睡眠をすればするほど不眠症と同じように大脳が弱っていきますので大脳が弱れば体の状態も良くありません。

しかも大脳が弱っていくと限界まで悪くなってしまわないと痛みやコリを感じないということもありますのではいてないんです、どの段階で感じてしまっているのかということを一度に初診で見ることはできませんが体の調整をしていたり矯正をしたりすると徐々にわかってくることも多くあります。

一番ひどく腰の痛みが起きて慢性化してしまい長期間悪くなる場合は、眠りが浅い方が腰の痛みになっている場合です。
そして腰痛も簡単に行く腰の痛みが解消できるものもあればそうでもないものも存在していますので簡単に考えて諦めないでください。
治療を進めていかないと一度に全ての者が病院の検査のようにデータで出ることはありません。

腰痛は病気ではない

病院に行ってデータが出るのは病気の検査をしているわけですから病気になったら尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などをして病気として数値の異常は出たり何かの異常を示すことがあります。
しかし腰痛というのは病気ではありませんのでデータで表されることはありません。
腰痛を起こしている時には疲れやストレスというのは弱い部分にたまっていきます。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれてしまいますのでそうでもない部分は痛みやコリになりにくく先将来の病気につながったりすることはありません。

しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めてしまうと負のエネルギーに変換されてしまいますので不のエネルギーが弱い部分に溜まることが原因で老化というよりも悪くなっていきます。

老化と違うと言ったのは老化しても80歳の方でも元気に、肩こりも腰痛も膝関節が悪くないという方もいますし病気でもないという方がいるからです。

痛みは悪くなることもある

ということを考えれば老化したら悪くなるというわけではなくどうかしたら病気として数値的な異常が出るということではなくその部分が悪くなってしまうと数値的な異常が出たり膝が痛くなったり腰が痛くなったりしているということなんです。
腰痛や腰の痛みが起きる時には普通のレベルでは弱い内臓に溜まっていく疲れやストレスが原因です。

体には何があるのかということを説明しなければいけませんが体には100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出てくるそうですが体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分に何かの問題があるということはないと思いますので、あと残ったものの中間を取って35 kg の中に問題があるということになります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

腰の弱さから痛みになる
たまる疲れやストレス

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉ももちろんなんですが最大は内臓に溜まっていくのが原因なんですが内臓に溜まっていくと言っても病気と言ってるわけではありませんので勘違いしないでください。
病気ではない状態で弱い内臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていき背骨がずれを起こしていきます。

腰痛に一番関係するものというのは骨盤の歪みやズレも関係しますが背骨のズレも関係しますがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかというさらに奥に原因があるということですから、その原因を言えば腎臓の弱さにあります。

腎臓というのは骨盤の内側にある筋肉のバランスで関係していますので筋肉のバランスが悪くなると骨盤が引っ張られたりしますので骨盤の歪みが起き秀明が起きたり背骨のズレが起きたります。

疲れやストレスの蓄積する場所

後は内臓の弱さの部分が背骨に関係しますので骨盤がゆがめは背骨のズレを起こしますが重なった状態で背骨のズレを起こしていくのが内臓に直結しています。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まってくると徐々に必然的に大腰筋、腸骨筋という骨盤の中にある筋肉のバランスを崩してしまいます。

骨盤の筋肉のバランスの崩れから骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。
骨盤が歪んだり骨盤が開いたりした時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんので骨盤が不安定状態になりますから不安定状態の時に重たい物を持つと負担になります。

負担になった時に腰が痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰になります。

さらに内蔵というのは自立神経で支配されていますので自律神経の支配しているところというのは大脳の脳幹の部分にありますので脳幹が弱って疲弊状態を起こしたり衰弱状態を起こしている可能性もありますから大脳に回復する力がないといくら腰を治療しても立った瞬間に崩れていくかと思います。

2018年12月06日

肩こりは筋肉のコリ

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉のコリだけで起きている肩こりというのはありませんので、どうして筋肉のコリが起きてしまったのかということ見つけ出さなければいけません。

肩こりとは

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリばかりほぐしてしまって楽にすることばかりしていますが、筋肉のコリというのは筋肉疲労だったり緊張だったりという意味だと思いますので筋肉がどうして疲労が解消できないのか緊張が取れないのかということを見つけ出さなければいけません。

筋肉の緊張と筋肉疲労がコリに

筋肉の緊張や筋肉疲労が起きてしまうとリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることもありませんし老廃物が溜まるということは考えられませんので何かが起きているからリンパの働きが悪くなり老廃物がたまって循環が停滞します。

しかし肩の筋肉というのは自分で思っていなくても多くの物事で使っていますので使えば使うほど筋肉に疲労が生まれて積み重なっていきます。
では筋肉疲労というのは、どこで、どうして取れているのか解消しているのかという問題なんですが、解消ができていないから筋肉疲労が積み重なっていくわけですから。

肩こりになる時には

肩こりを感じる時には筋肉疲労と筋肉の緊張が積み重なっている場合がありますので毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで多くの筋肉を使っていますので筋肉は疲労が積み重なるばかりです。
筋肉疲労というのは肩や腕を回すことをしても取れることはありませんしストレッチをしたからといって筋肉を伸ばしているだけですから筋肉の疲労を取っているわけではありません。

筋肉疲労が唯一取れる時というのは寝ている時が大半だそうです。
しかし最近、多くの方が睡眠負債状態に陥っていますので眠れていない方が多くなっている関係から筋肉疲労が解消できなくなって抜けにくくなり積み重なる場合が多くあります。

眠りと肩こり

眠りというのは熟睡状態のことだけを言いますので普通であれば2時間ぐらいの宿水をしていなければいけないそうですが最近は多くの方が2時間どころか全く熟睡ができていないという方が多くなっていますが自分で気が付いていない場合が多いようです。

睡眠負債状態と不眠症とは違いますので多くの方が勘違いして混同状態している場合がありますが、不眠症というのは説明すると寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

睡眠負債とコリの関係

しかし睡眠負債というのは不眠症とは違いますので何回も目が覚めたりすることはありませんので朝までぐっすりだと思っている方が多いようですが眠りというのは深さですから深さが足りないということで睡眠負債状態になっている方がいますが自分では気がついていない方が多いようです。

睡眠負債というのは寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありません。
目が覚めなければ寝ているのかということなんですが目が覚めなくても寝ながら考え事をしている睡眠というのがありますが寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番、最悪な浅い睡眠でもあります。

眠りが浅い睡眠というのは夢というのもありますが夢を多く見ている時も眠りが浅い睡眠になりますが寝ながら考え事をしている睡眠の方がより浅い睡眠になります。

睡眠負債と肩こり


夢と寝ながら考え事をしている睡眠

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間もあるのに目が覚める瞬間に夢を見ているから夢の方が記憶に残り夢の方が覚えていますが、夢を見る以前の寝ている時間は寝ながら考え事をしている浅い睡眠をしていても覚えていられません。

多くの方が寝ながら考え事をする時間が長くなっているのに気がついていないぐらいになっていますので体調がすごく悪い方が多くなっています。

肩こりというのは筋肉だけで起きることはないと説明しましたので筋肉疲労も積み重なりながら筋肉の緊張も積み重なりながら背骨のズレが起きています。

今まで30年間、肩こりを解消してきて背骨のズレがない方はいませんでしたので必ず筋肉だけではなく背骨のズレを起こしていて肩こりを感じています。

筋肉は骨に引っ付いている

筋肉というのは骨から骨にくっついていますから骨がずれて動くと骨は引っ張られたり緊張したりすることがありますから引っ張られたり緊張したりして緩んだりするとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

普通一般的に筋肉だけで起きるこりというのはありませんので背骨がズレて動いたりすることで骨は引っ張られたり緩んだりして肩こりを感じてしまいます。

筋肉の凝りがあっても検査することができますが10段階中10段階の人はいませんので多くの方はひどくても3段階目か4段階目に留まっています。
どんなに酷い肩こりを感じても3段階目の方のレベルまで凝りを起こしていればひどい方だと思います。

多くの肩こりの場合、背骨がずれると筋肉が引っ張られたり緩んだりしますので引っ張られたり緩んだりした筋肉が凝りになります。

しかし原因もないのに背骨がズレたりすることはなく筋肉を引っ張ったりすることもありませんので、どうして背骨がズレたりするのかという原因がありますので単純に背骨を矯正すればいいというわけではありません。

背骨のズレと筋肉の問題

背骨がずれて筋肉を引っ張るためにも原因がありますので原因を見つけて改善していかなければ本当の意味で肩こりを楽にすることはできないと思います。

肩こりを感じている時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張を加えられることで多くのものが生み出されて体に蓄積していくのが原因です。
生み出されて体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは誰でもたまっているものですから溜まっていないという方はいませんので誰でも、どこかが痛みやコリを起こしている可能性を秘めています。

背骨のズレ

あとは、切っ掛けが必要なだけです。

きっかけというのは重たいものを持ったりしたら肩こりになったとかデスクワークばかりしているから肩こりになったとか持ちやすい側に、いつもバックを持つから肩がこるとか色々な物を言われます。

原因があるときに切っ掛けをすると肩こりに進行する場合がほとんどです。
必ず、切っ掛けをするのが原因ではなくて、きっかけをする前に背骨のズレが起きています。

ということは背骨のズレがあっても直接的にすぐに痛みやこりになることはありません。
背骨のズレというのも段階と言うか、酷さがありますので大きくズレている場合もあれば軽くズレている場合もあります。

肩こりを起こしている時には体には多くの疲れやストレスが溜まっていますがいつも変化していますので軽くなった時には、肩こりも軽く感じますし疲れやストレスの蓄積が多くなった時には肩こりをひどく感じてしまいます。

肩こりを感じたら疲れやストレスの蓄積を考えなければいけませんが疲れやストレスというのはたまるところがあるから雨って言ってるわけですから体のどこにより多くの疲れやストレスが溜まっているのかということも考える必要があります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスを感じたらリンパの働きも流さないといけませんので首や肩などを動かしたりすることも有効な手段なんですが程度と言うか段階がありますし筋肉のコリだけで起きている時には効果はありますがそれ以外で起きているものに対しては効果はありません。

肩こりというのは疲れやストレスの蓄積で体の歪みが起きたり何が起きたりすることが原因で筋肉が引っ張られたりしてこりを起こしていきますが普通なら眠ることで改善できなければいけませんが先ほど説明したように最近多くの方は気がついていない方が多くいますが眠りが浅くなっています。

眠りが浅くなるということは疲れやストレスが抜けにくくなるんです。
疲れやストレスが抜けないということは積み重なっていきますので積み重なったものが肩こりになります。

肩こりとは
2018年12月06日

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正をして行くならボキボキもしない知りたくもないと評判の良い小顔矯正をしている30年になる徳力整体院へ。

小顔矯正

多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが何も考えていなくてただ顔が小さくなりたいとか小さくしたいという漢字の方が多くいますのでどうやったら小顔矯正をすることができるのか何をしたら顔を小さくすることができるのかということを考えてみたいと思います。

小顔矯正とは

小顔矯正をして行く時には顔周辺に多くなったむくみや脂肪を減らすことでも顔が少しだけ小さくなっていきますが単純にそれだけでは小顔矯正ということを言うことはできません。
小顔矯正をしていく時には減らす部分が一番重要になりますので減らす部分に何があるのかということを見ていかなければいけませんので顔というのは皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨しかありません。

この中で何を減らすことをしたら小さくなって顎のラインなどがすっきりしたり顔全体が小さくなるのかということを考えてみてください。

もちろん顔には神経や血管やリンパもとっていますからむくみが多くなったり脂肪が多くなってしまうこともありますが先ほども言いましたようにむくみが脂肪だけではないと説明しました。

顔を小さくするには

顔を小さくしていくためには何を小さくしたら顔が小さくなるのかということなんですが減らすものの限界がありますので減らすものの限界というのは皮膚の厚みを減らすことも限界がありますし筋肉や靭帯は減らすことはできませんが引き締めて行くことは可能だと思いますけどあと何が残っているのかと言うと顔の骨しかありません。
美容形成外科や美容整形と同じように骨を削るということは当院ではしていません。

ではどうすれば手術をしないで顔を小さくすることができるのかということなんですが一番肝心なことは基本的なものを忘れてしまっている場合があります。
今、現在の顔の大きさが正常なのかということなんです。
当院では多くの方の顔を検査することをしていますが初回で顔が正常の大きさの方は一人もいませんでした。

顔が正常な大きさではない

つまり逆に捉えれば全員と言っていいほど顔が大きくなっているんです。
顔が大きくなっているわけですから顔を小さくすることが可能な理由なんですけど、どうして顔が大きくなっているのかということだんです。
顔というのはいつのまにか大きくなっている場合がありますのでむくみが脂肪だけで大きくなったりすることはありません。

むくみや脂肪が多くなるのも原因があるから多くなってしまいますから特にむくみというのはリンパの働きが悪くなったり老廃物が多く溜まっていることで起きていると思いがちだんですが実はさらにその奥に原因があります。
むくみが多くなっている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くなっていくものが体と顔に溜まっているからです。

顔が大きくなっている

いつのまにか大きくなっていくむくみが多くなっていくということですから顔も大きくなってしまい肥大傾向を示している方が多くいます。
小顔矯正をしていく時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで生み出されていくものが一番、敵になります。

疲れやストレスというのは貯まるところを選びませんので体全部の部分に溜まっていきますから体に何があるのかと言うと例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出てくるそうです。

疲れやストレスがたまる所

あと残ったものは真ん中を取って35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスが貯まるところというのは筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが顔の筋肉にも疲れやストレスが溜まっていきます。

しかし顔の筋肉だけに疲れやストレスが溜まることがありません。
もう一度小顔矯正をしていくときの関係する部分に戻りますが顔というのは皮膚と筋肉と靭帯と脂肪とむくみと骨しかありませんのでこの中で何をしたら小さくすることができるのかという説明をしなければいけませんが疲れやストレスがたまるところというのは骨にも溜まっていきます。

顔の何を変えると小さくなる?

顔は筋肉もありますから筋肉にも疲れやストレスが溜まっていきますが人体にも疲れやストレスが溜まっていきますし皮膚にも疲れやストレスがたまることもありますしたまれば溜まるほどむくみが多くなったり脂肪が多くなっていきます。
骨にも溜まっていきますから小顔矯正をするときに関係するものというのは顔面骨つまり頭蓋骨の一部です。

顔の骨というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨の前側が顔面骨というだけであって一体化しているのはそうしようとして頭蓋骨という名前になります。
つまり頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということなんですが頭蓋骨の中でも特に大きくなっている部分というのは顎の部分だと思います。

顎の部分というのは多くの疲れやストレスを溜めてしまうことがありますので多くの疲れやストレスを溜めてしまうと顎の皮膚も筋肉も実態も脂肪も太くなっていきますからむくんだりすることも多くありますし顎の骨も炎症や腫れ起こしている場合がありますので炎症や腫れを起こすということは太くなったり大きくなったり幅が広がったりします。

顔、体調を検査する

普通では常識ではありませんが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると本当に起きているということがわかりました。
これは小顔矯正をしている先生もあまり知ってる方はいないと思いますから本当に顔の骨が

炎症や腫れを起こすということがあるんです。
顔の骨が炎症や腫れを起こすと大きくなったり肥大したりしますので顔全体が大きくなったような感じをしますが大きくなるのも10 CM 20 CM 30 cm も多くなることはありませんから1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が大きくなります 。

小顔矯正をしていくときにも10センチも変わることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきます。
当院の院長が顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしていますので患者さんは不思議がられていますが説明すると説明している通りのことが起きていますので逆のことをして顎のラインを細く引き締めたり顔を小さくすることをしていますので無理な治療ではありません。

つまり顔を正常な大きさに戻すことをしています。

顔は正常な大きさに戻すためには顔だけではダメなんです。
先ほども説明しましたように疲れやストレスというのは顔だけにたまるものではありませんし最近奥の方が睡眠負債状態になっていますので大脳が急激に弱っているという方がいますので大脳が弱ったかたほど痛みやコリを感じにくく風邪をひかないということがあります。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症です。

しかし睡眠負債というのは、目が覚めることはありません。

夜中に目が覚めたりすることはないために寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
今まで多くの方に小顔矯正をしてきて全員と言っていいほど睡眠負債状態があって体調がむちゃくちゃ悪いのに、めちゃくちゃ悪いことに感じていない方が多くなっています。

検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるのに普通だったらつらくてつらくてたまらないところなのに感じていませんし背骨がずれすぎて椎間板ヘルニアが起きているとかなり体調の悪さを感じていなければいけませんが感じていない方が多くいますので胎嚢が終わってしまうと痛みは恋に鈍感になってしまい麻痺した状態になってしまいます。

麻痺した方はいくら説明しても聞いてもらえないことも多くいます4分かってもらうことはできないこともあります。
本当にどういう状態になっているのかということをしっかりと検査をして説明をするようにしていますが実際に起きているものを説明しようとしても説明してもわかってもらえないことも多くあります。
自分の体だから自分で症状を感じなければいけないのにそれが分からなくなっている方が多くいます。

睡眠負債、睡眠障害
疲れやストレスと小顔矯正

大脳が弱ってしまうと限界まで疲れやストレスを溜めてしまって溢れかえってやっとこさ何かの症状を感じるという場合もありますし大脳が元気だから風邪の細菌が体内に増殖をすると熱を上げて細菌を減らそうとします。

大脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に入ってくると熱を上げてインフルエンザウイルスに感染した状態になりますが大脳が元気じゃないと麻痺した状態だと何も感じませんし熱を上げることもできませんので自力でウイルスを減らす高熱をあげることはできません。

熱を上げるということはウイルスや細菌を減らそうとする大脳のパワーです。

ウイルスや細菌が体内に入っていても何も起こりません。
大脳が元気だから高熱を上げてウイルスや細菌を減らそうとします。
小顔矯正をしていくときに体にも多くの疲れやストレスが溜まっていると顔色が悪かったり目の下のクマがあったり肌の色が悪かったりお化粧のノリが悪くなります。

また生理痛や生理不順で起きている方もいますし便秘が起きやすいかと思いますし膀胱炎を繰り返す方も体調の悪さから起きています。
腰痛や肩こりがないからといって体調が良いとは限りませんし痛みやこりがないからといって体調が良いとは言えないということなんです。


2018年12月05日

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽に生きていくためにはまずは腰の痛みを楽にしていくことから始めていきますが痛みになっている時には多くの場合、炎症や腫れが起きていますので炎症や腫れを抑えていくことからして行くことになります。
痛みというのは炎症や腫れのことですから痛みがある時には筋肉や靭帯や関節の炎症が起きている場合がありますから炎症から押さえていかなければいけません。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると

痛みは炎症やハレ

多くの場合、炎症や腫れがある部分を触ると温かい感じがすると思いますので他の部分を触って暖かい感じがあれば炎症や腫れがあるということですが慢性化してしまうと逆に冷たい感じがある場合がありますので急性状態は暖かく慢性状態になってしまうと冷たい感じがすることもあります。

炎症や腫れがあったりすると湿布を貼ったりすることでも改善するレベルがありますが改善しないレベルもありますので段階に応じて状態を確認しながら解消していただければいけません。

腰痛を起こしている時には重たいものを持ったりして腰が痛くなったりすることもあれば同じ姿勢を続けていてデスクワークや座りぱなしなどの姿勢で腰を痛めてしまうこともありますのでいろいろなものごとをしても何をしても何もしなくても腰が痛くなる場合が多くあります。

腰の痛みとは

単純にくしゃみをしただけでも腰が痛くなることもありますし靴下を履こうとして前かがみになって吐いていたら腰が痛くなったという場合もありますし何かを取ろうとして体や手を伸ばした時に腰が痛くなることもありますのでどういう現象で痛くなるのかということは人それぞれで違いますしタイミングが合えばいつでもどこでも痛くなるのが腰痛です。
ぎっくり腰というのは関節に起きてしまう捻挫と同じですけど手首足首と同じような捻挫というわけではなく関節が大きいために体を支えることができませんし手首や足首というのは全体の体重をかけるということもありますが体の中にあるわけではなくなったんぼにあるため痛みの度合いが違います。
ぎっくり腰になるという方は疲れやストレスが多く溜まっていたり最近は眠りが浅かったり睡眠負債状態の方がなる場合がありますので寝違えと同じように旧姓状態でおきますが強い痛みとして感じてしまいますけど捻挫と同じなんです。

骨盤の歪み・背骨のズレ

慢性と急性の痛み

一万は急性状態で足首や手首に起きてしまう捻挫と言うと同じ治療をすればいいわけですからしばらくは安静状態を保つようにしたり動かさないようにしたりして冷やしてください。
お風呂に入ったりすることは逆効果ですから慢性状態に入れば何をしても構わないですが冷やしたりしても温めたりしても関係ありませんが急性状態というのは強い痛みで起きてしまいますので強い痛みにある時には何も考えなくてもいいですから冷やしてください。

急性状態で起きてしまう痛みというのは強い痛みが起きた状態でおきますからすぐに冷やした方が炎症や腫れを広げることもなく深くすることもないと思います。
しかし急性状態であろうと反省状態であろうと起きてしまう原因が存在しています。
この原因から改善していかなければ本当の意味で腰痛を治すということは言えないと思いますので腰痛を治すことと痛みを楽にすることは違います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

普通一般的には 腰の痛みが楽になったら治した、または治ったと思うでしょうが実は違います。
痛みを楽にすることと痛みを治すということは違いますので痛みを治すためにも痛みを楽にしていかなければ治すことはできません。
そのためまずは痛みを楽にすることから始めていかなければいけませんので筋肉や靭帯の炎症や腫れを抑えることから解消していきます。

腰痛というのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが関係して起きていますので歪みやズレがなくて痛みになることはありません。
しかし歪みやズレというのも原因があるから歪みやズレ起こしているわけです。
では歪みやズレを起こす原因というのは何でしょうか。
歪みやズレを起こしている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが原因です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと痛み

多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは何をしても生み出されていきますし何もしなくても多くなっていきます。
疲れやストレスというのは溜まるということは知っている可能性はありますが減らしている方はいませんので溜まるばかりです。

普通一般的にはストレスが溜まったらカラオケに行ったり飲みに行ったり旅行に行ったり温泉に入ったり山に登りに入ったりジョギングをしたりということで解消できていると思っているでしょうが精神的なストレス解放というのはできる可能性もあるんですがストレス解消ができないのが肉体的なストレス解消です。

精神的なストレス解消というのは気分転換的なことをすればいつもと変わったことをすればストレス解消になると思いますが肉体的には疲れやストレスは溜まるばかりです。
疲れやストレスがたまりば溜まるほど溜め込んでしまうことができますので溜め込んだ状態が骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスの蓄積

肉体的なストレスというのは蓄積されていくものですけど精神的なストレスを解消することで多少は変わってくる場合もありますが多くは積み重なっていくばかりですから生み出されたものは積み重なります。

積み重なった疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますので体の弱い部分があれば積み重なっていきますから多くの方は積み重なるばかりだということです。
人の体というのは弱い部分塗装でもない部分が必ず存在していますので誰でも多くの疲れやストレスが弱い部分に溜まっていく傾向がありますが弱い部分というのは筋肉であり関節であり、また、その他の部分ということです。

弱い部分に疲れやストレスが多くとまって行くと体は骨盤の歪みが骨盤の開き背骨のズレを起こしていきますが特に背骨のズレというのは内臓に直結しています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。

疲れやストレスがたまる場所

水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った30 kg から40 kg の中に疲れ、ストレスがたまるところがあります。
30 kg から40 kg ということですから中を取って35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と

脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
35 kg の中には神経と血管とリンパがありますが神経や血管やリンパに疲れやストレスが溜まることはありますが多くはもっとさらに貯まるところがあります。
そして筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが皮膚、脂肪にたまるということも本当はあるんですが少ないと思います。

あと残っているのは骨と内臓ですが骨にも疲れやストレスが溜まるということはありますが多くの内臓に疲れやストレスが溜まっていきますので内臓は毎日毎日働いてくれていますから働きの低下から疲れやストレスが溜まった状態で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスとは
生み出される疲れやストレス

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスですが多く生み出されていきますが 生み出された疲れやストレスは体の弱い部分に泊まっていきます。

疲れやストレスが多く溜まっていくと体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が筋肉だったり関節なったりまたは内臓だったりということで色々な問題を起こしていきますが内蔵というのは病気と言ってるわけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということが体の中で一番多くなっているんです。
多くなってしまった疲れやストレスが弱い内臓に溜まっていくと肩こりになっていきます。

生み出されてしまった疲れやストレスが弱い内臓に溜まっていくと腰痛になっていきます。
腰痛を起こしている原因というのは腎臓がおもですから腎臓が弱い方が腎臓に疲れを溜めると骨盤の歪みは骨盤の開きになっていき背骨がずれ起こしていきますから骨盤が不安定状態になっていきますので骨盤が不安定な時に重たいものを持ったり体を支えることができない姿勢をした時に痛みになります。

そして椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きていることがありますが、椎間板ヘルニアが起きていますよっと患者さんに言うとびっくりされるかと思います。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくと起きてしまう現象です。

2018年12月03日

つらい肩こりを解消

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りをほぐすようにして筋肉のコリがほぐれてきたらその先にあるものが深く関係していますので検査をすることで見つけたさなければいけません。
肩こりというのは筋肉を揉んだりマッサージをしたり電気を開けたりしても楽に感じてしまうことがありますし湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽に感じさせてしまいますが治ったわけではありません。

低周波治療器や電器

肩こりを解消する

肩こりを解消する治療というのは多くは筋肉ばかりに注目してしまっていますので確かに筋肉に何かをすることで肩こりを楽にさせることができますが、楽になった期間が長くても原因が存在していますので、原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりを起こしている時には確かに肩の筋肉というのは毎日毎日の仕事や生活することで使うことが多くありますので必然的に筋肉疲労を起こしたり緊張したりということが起こりますからリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まったり乳酸がたまっているということがありますが本当の原因は筋肉ではないからです。

コリの原因を見つける

しかし原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために筋肉ばかりに注目してしまって表面の治療ばかりしてしまっています。
確かに表面の治療をすることでも肩こりを楽にすることはできますが一時的なものです。
一時的なものが短期で終わることもあれば、しばらくは肩こりを感じない場合もあります。

肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから何かの原因が起きているのかということを見つけ出さなければいけませんので単純に筋肉だけを揉んだりマッサージすればいいというわけではありません。
確かに筋肉も緊張しているので問題にマッサージをすることもあって、大切にはなるんですがその先にあるものが重要なんです。

肩こりと言うと今まで検査することをしてきましたが筋肉の凝りも伴いながら背骨のズレを起こしています。

筋肉の

背骨のズレから筋肉のコリが起きる

背骨のズレが起きた時には病院でも強制する方法はありませんしマッサージは筋肉に対して行っていますので背骨のズレはあまり関係がありません。
鍼灸さんも鍼を打ったり、お灸をしたりすることがおもですから背骨の矯正をしているものがありません。

整骨院さんでも揉んだりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたり湿布を貼ったり顔もだと思いますので特に整骨院さんの施術項目というのが肩こりはありませんので整骨院さんの手術項目というのは捻挫や骨折、打撲や打ち身などが専門です。

つまり整骨院さんというのは専門は腰痛や肩こりなどではないということです。
病院に行ってもレントゲンをとったり注射を打ったり湿布を貼ったり電気 ということが中心ですから背骨の矯正をしているわけではありません。

肩こりというのは筋肉の凝りを伴いながら背骨のズレを起こしているのが原因ですから背骨のズレを矯正しなければいけませんが背骨のズレかどうして起きたのかというわけがあるということなんですがなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありません。

姿勢で背骨のズレを起こすことはない

姿勢が悪かったり猫背でも背骨がずれることはありません。
背骨というのは中枢神経系を守っている部分ですから簡単に姿勢で曲がったりすることはありません。

背骨が曲がるということは中枢神経系にも影響を出していきます。
そのため簡単に背骨が曲がったりズレたりすることはないということなんですが簡単に曲がることがない背骨のズレで起きるということはどういうことなのかという問題がありますがそれは体に溜まっていく疲れやストレスが原因です。

体には多くの疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやすレスが溜まっていないという方はいませんので何をしても疲れやストレスが溜まっていくし何もしなくてもゴロゴロダラダラしていても疲れやストレスは溜まって増えていきます。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですけど溜まっていくところというのは体ということは分かっていると思いますが全身の体にたまにながら弱い部分にさらに何十倍も多くの疲れやストレスを溜めていきます。

疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積

何十倍も多くの疲れやストレスをためることが原因で体は内側から崩れ起こしていきます。
体の崩れで起きる時には弱い部分にたまると説明してましたが弱い部分というのは筋肉だったり関節だったりまたその他の部分が弱いということが多くあります。

体というのは何があるのかということを説明すると体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。
水分が疲れやストレスを食べるということは聞きませんので後残った約40 kg の中に疲れやストレスをためてしまうところがあるということです。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

大脳や脳幹も内臓の一部です。

たまる疲れやストレス

筋肉にも疲れやストレスが溜まるということが分かっていると思いますが、あと残ったものはどこに溜まっていくのか。

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので体には弱い部分とそのでもない部分が存在しています。

そうでもない部分は痛みやこりになることもなく先将来の問題につながることもないので弱い部分というのは逆の部分なんです。
弱い部分というのは疲れやストレスを貯めやすく疲れやストレスを貯めていくと徐々に変化していきます。

弱い部分が肩の筋肉では肩こりになる可能性もありますが筋肉だけで起きていることはありませんので必ず背骨のズレが関係していますが背骨がずれると筋肉というのは骨から骨にくっついていますから骨が動くことで筋肉は伸ばされたり緩んだりします。
筋肉が伸びたりしたものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまる原因になります。

リンパの流れ、老廃物

何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物がたまったりすることはありませんので筋肉が緩んだり緊張したりすることでリンパの働きは悪くなっていきます。

もちろん、この時には筋肉疲労が重なっています。
背骨のズレが起きる時には特別なものではなくまた特殊なものではなく誰でもいつでも落ちているものなんですが起きている原因は毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することで積み重なっていく疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので誰でも多くとまっていますが単純に痛みやこりになっていないだけということです。

歪みやズレというのも程度と言うか段階がありますので軽いのから中程度から重程度から重症程度といろいろな段階がありますので段階に応じて痛みやこりになっていかなければいけませんが最近多くの方が睡眠負債状態を抱えている場合が多くあります。

睡眠負債

睡眠負債状態というのは大脳が弱っていきますので大脳が弱ると痛みやコリを感じにくく麻痺した状態や鈍感状態になっていきますのでどんなに体調を落としても関係ないという場合がありますが限界まで悪くしてしまって、やっと痛みやこりになるという方もいます。

睡眠負債というのは不眠症とは違いますので不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは目が覚めることがないため多くの方が寝ていると勘違いしています。

眠りとは

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことです。
熟睡状態ができていないと寝ていないということになりますが調べてみると熟睡状態の時間というのは本当かどうかはわかりませんが2時間前後が必要だと考えられます。

しかし最近は多くの方が2時間も寝ていなくて1分も取れていないという方がいます。
睡眠負債状態というのは2時間以下の方というよりもどちらかと言うとかなり時間が少ない方のことを言います。

睡眠負債と肩こり
2018年12月01日

小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正をして顔を小さくしてボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしているので人気がある徳力整体院はどうですか。
当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正をして行く時にはどうやったら顔を小さくすることができるのか、どういうことを検査することをしています。

アゴのライン

小顔矯正とは

顔を小さくすることができるのか検査することは特殊な検査法ですから誰でもどこでもできるものではありませんが当院では検査することで多くの方の顔を小さくすることで評判です。
小顔矯正をしていく時には小顔になるためには何をしたら顔を小さくすることができるのかということを説明をしていきたいと思いますが小顔矯正をしていくときに小さくなるのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭がい骨の一部です。
頭というのは頭蓋骨という意味と同じですから顔を小さくするということは頭蓋骨の前側の顔の部分を小さくすることになります。

顔を小さくする為には

頭蓋骨というのは顔の骨も入れて頭蓋骨と言いますので頭蓋骨矯正をしていくわけではありませんが小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくしていくということになりますが頭蓋骨の中でも前側の部分だけを小さくすることを小顔矯正と言います。
頭蓋骨矯正をしていくわけではないという風に説明しましたので頭蓋骨矯正と言うのは簡単な方法ではありませんので初回からできるものではありません。
しかし小顔矯正というのは初回から顔を小さくすることができる方法なんです。

何をしたら顔をが小さくなる?

では小顔矯正をして顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかということなんですが顔というのは表面上では皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨があります。
この中で顔を小さくしていくためにはどれかを減らしていくことをしなければ顔が小さくなりませんので顔にできてしまった脂肪を減らすことも顔が小さくなることでもありますしこの中には入っていませんがむくみも減らすことをして顔を小さくすることができます。
しかし小顔矯正をして行く時にはむくみや脂肪だけを減らせばいいというものではありません。
小顔矯正をして行く時には何をしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんので顔の皮膚や筋肉や皮下脂肪や骨が対象になります。

疲れやストレスと顔

顔の脂肪、浮腫みも

むくみや脂肪以外で減らすことができるのは何なのかということをこの中で考えることをしてください。
このどれかを減らすことをしなければ顔が小さくならないということです。
多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが全員と言っていいほど小顔矯正の意味をわかっていませんので小顔矯正をする時には何をしたら小顔にすることができるのかということを考えると重要なことが分かってきます。
小顔矯正をしている時には顔を動かしたり口を動かすことでも運動になりますので筋肉を鍛えられることになりますから鍛えれば多少は引き締まった状態になります。
9時にストレッチをするようなものを加えて動かすことで筋肉は鍛えられて小顔になると言われていますが、それだけではありません。
小顔矯正をして行く時には単純に期待でばいいというものではなく鍛えれば鍛えるほど運動させていることにつながりますので運動した結果、鍛えられるところがむくみが多くなってしまいます。
運動したりすることで疲れやストレスが多くなるからです。

疲れやストレスも矯正に関係する

疲れやストレスというのは浮腫みを多くしてしまいます。
顔を動かしたりすることで引き締め効果はあると思いますが簡単な方法ではありませんので運動することで鍛えることと同じことですから簡単に筋肉を引き締めることはできなくなりますし、そのうちに浮腫みが多くなります。
仕事をしているときや何かの運動した時にする前よりも足がむくんだりするのは疲れやストレスが足に溜まっているからです。
何かをするということは動かしたりすることにもなりますので筋肉は鍛えられる結果になりますが筋肉は鍛えたり動かしたりする結果、筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労が起きるということは流れが悪くなりますから流れが悪くなった結果、むくみが多くなるということです。

顔を触って見る

小顔矯正をしていく時には小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の輪郭を覚えてもらいます。
顔の輪郭を覚える時には何を見て覚えるとかと言うと右側の出っ張り度合いと左側の出っ張りと比べることです。

鏡で顔をみて

顔の左右が対象の人はいませんからつまり同じ人はいませんので必ず左右の違いがあるということなんですが違いを鏡で見て目で確認することができますので目で見て左右差を覚えてください。
例えばですけど右側が全体的に大きくて左側の頬骨のあたりが出っ張っているという感じの方が多いと思います。

鏡で見て顔の輪郭を覚えたら今度は目を閉じてください。
まずは目を閉じる前に両方の手首を合わせるようにしてくっつけます。
両方の手首をくっつけたら顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。
そして次に手のひらと指が浮いていないかどうか確認してください。

顔を触ると言うことは

人の指や手のひらというのは密着させているようで浮いている場合があります。
浮いたところは顔を触っていないわけですから分からないと思いますので。
顔を触ることができたら今度は左右差を感じてください。
先ほど鏡で見たように同じように感じるかどうかなんですが目で見て覚えることと手で触るということは逆に感じてしまうくらい難しいんです。

迷ってしまうということはわかっていないということになりますのでわかっていないと顔が小さくなってもわからないという方がいます。

分からないという方は本当は重要な問題が潜んでいる方なんですが小顔矯正ところではない場合もありますので体を整えていくというよりも体を治していかなければ色々な部分のものが悪くなっていることもあります。

小顔矯正とは
自分の顔を確認する

小顔矯正をしていくときにはご自分で顔を触って覚えるということが一番わかりやすくなりますので他人がメジャーで測ったりすることもなくスタッフの人がメジャーで測ったり計測する機械で測ったりすることはありませんので自分の目や手を信用してもらうしかありません。
信用に値するほど触っているかどうかなんです。
ただ手を当てただけでは顔が小さくなったのが分かりませんので小顔矯正と言っても10 CM 20 CM を30 CM も小さくなることはなく、顔を矯正しても一センチ小さくなることや2 CM 小さくなることや同時にむくみが脂肪が減るということもあります。
たとえ顔が一cm 小さくなってもわかるように触っておいて欲しいんです。
単純に手を当てただけではわかりませんし顔を触っただけではわかりません。
一番は感じようとすることなんです。

感じようとする触り方

感じようとすると手の集中力と脳の感覚神経を働かせることができます。
これができない方がどんなに顔を小さくしてもわからないということです。
だからただ単に手を置いただけではわかりません。
小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし顔を無理やり押さえつけたりすることもないので一番安全な安心な小顔矯正をしています。

2018年11月30日

小顔矯正で顔が小さくなる

小顔矯正をして顔を小さくするならボキボキすることもなく痛いこともなく初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに深く関係するものが二つ存在しています。

小顔矯正

単純に何も考えずに小顔矯正をするようなものではなく小顔矯正をするためには頭蓋骨矯正の治療ではありませんが顔に影響を与えているということは頭蓋骨に影響を与えているということになりますので顔面骨というのは頭蓋骨の一部です。

顔というのは顔を小さくすればいいというわけではなく頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨を小さくしていくということですけど頭蓋骨の前側にあるのが顔ですから頭蓋骨の前側の部分を小さくしていくというのが小顔矯正です。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には頭蓋骨を説明しなければいけませんが前頭骨や頬骨や上顎骨や下顎骨が頭蓋骨の中の前側の顔の部分になります。
小顔矯正をして行く時には何をしたら顔が小さくなると思いますか。

顔に多くなってしまった浮腫みや脂肪を減らすことでも顔が小さくなることはあります。

しかし単純に小顔矯正というのは顔にできてしまった浮腫みを減らすことでも小さくはなりますがそれだけではありません。
顔に多くなってしまった脂肪を減らすだけでも顔は小さくなると思いますが、それだけではありません。

顔に多くなってしまった脂肪や浮腫みを減らすというよりもどうして増えてしまったのかということを考えなければいけませんので何も原因がなくて脂肪、浮腫みが多くなることはありません。

顔に多くなってしまったむくみが脂肪が増えてしまう原因というのは全体的に疲れやすくですがたまっているのは原因になっていますので全体的に溜まった疲れやストレスは体にも止まりながら顔にもたまにながら頭にも溜まります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは場所を選んでたまることはありませんので身体全体にたまるということですから体にもたまりながら手足にもたまりながら顔にもたまにながら頭にも溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときの顔というのは分別かして詳細化してみると皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しか存在していません。

あとはむくみの原因になってしまうリンパ、血管、神経だけです。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物が溜まるということもありませんので何かの原因があるからリンパから流れが悪くなって老廃物が多くたまり浮腫になっています。
何も原因がないのにリンパの働きが悪くなっていたら大変なことです。

何かの原因があるからリンパの働きが悪くなり老廃物が多くたまりむくみになります。

どうしたら顔を小さくできる

そして小顔矯正をしている時にはどうやったら顔を小さくすることができるのか、どうしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんし小さくなったら小さくなったで持続力があるのか維持することがあるのかということを聞かれる場合がありますので説明をしていきたいと思います。
小顔矯正をしていく時には表面上に顔というのは皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しか存在していませんのでこの五つの中で何をしたら顔を小さくすることができるのかという問題が生じてしまいます。

皮膚の下の脂肪を減らすことでも顔は小さくなりますし浮腫みを減らすことでも顔は小さくなると思いますが単純にそれだけでは少ししか小さくなることはできません。
さらにそれ以上のことをしなければ小顔矯正と言っても少ししか小さくなりませんのでそれ以上の小顔矯正が必要だということなんです。

小顔矯正をして行く時にはご自分で顔の大きさや幅などを覚えてもらうことをしていますが単純に触る方法ですが単純に触ってしまったほど感じようとしていませんのでわからないということがあります。
顔が小さくなっても小さくなったのがわからないということがあるということです。
顔が小さくなったのがわからないという方はただ単にてだけを顔に当てている方です。

小顔矯正をする

顔の触り方

手を当てるのではなく、感じようとしないと分かりません。
小顔矯正をする時には強制に入る前に鏡で見て顔の幅や輪郭などを目で見て確認をしてもらいます。
鏡で見る時には何を見て確認するのかと言うと顔の輪郭なんですが左右さを見て下さい。

顔というのはシンメトリーつまり左右が対象ではありません。
単純なことなんですが右側が全体的に大きいとか左側がホホ骨の部分が出っ張っているとかいう感じがあると思いますので意識をして左右を比べてみてください。

多くの方は右側の顔が大きくて左側の頬骨の部分が出っ張っている場合があるようです。
左右が違うこともあります。

顔というのは左右差があるということですから左右差を見に見て確認して次の段階に進みます。
鏡で見て左右がわかったら今度は目を閉じて手で触ります。

小顔矯正に入る前に

手で触る時の触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に開けて手のひらと指を顔に密着させるだけです。

この時に鏡で見て手のひらや指が浮いていないかどうか確認してください。
人の手というのは触ったような感じでも実は浮いている場合があります。
浮いたところは幅を確認することができませんから指と手のひらを密着させるようにして顔を触っているか確認してください。

左右差を感じようとする

顔に密着させることができたら今度は左右差を感じようとしてください。
人の感覚神経というのは左右が逆転したように感じてしまっている場合がありますので、それほど簡単なことではないんです。

人においては鏡で見て確認したことと左右が逆に感じてしまうことがあります。
それほど難しいことですから簡単に手を置いただけではわからないということなんですが顔が小さくなったのが分からなければ意味もありませんし目で見るよりも手のひらで顔が小さくなったのがわかれば笑顔が違います。

左右差がある顔

鏡で顔を見て

当院では鏡で見て目で確認するよりも手で触って手だけで小さくなったとかわかるのを大切にしていますので全員の方に小顔矯正を希望された方はやってもらっています。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが100%の中で、2割ぐらいの方が分からないということがありますのでしっかりと触らなければ小さくなったのが分かりません。

小顔矯正をする時に顔が10 CM 20 CM を30 CM も小さくなることはありませんので小顔矯正をするときに変化するのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じですから1 CM 変わってもわかるようにしておいてください。

顔が小さくなるのは

目で見ることは簡単なことなんですが何を見ているかということを考えてみなければ分かりませんしさらに手で触るということは簡単な方法ではありませんのでしっかりと触ってわかるように触ってください。
小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもないし顔をマッサージするような感じだと思えば近いと思いますのでマッサージ間隔で顔を小さくすることができますがマッサージをしているわけではありません。

顔を揉んだりしてマッサージしているだけで顔が小さくなることはありません。
ということはマッサージではないということです。

小顔矯正と疲れやストレスと睡眠負債
2018年11月29日

肩こりを解消する

肩こりを楽にしていこうと思うなら 筋肉のコリをまずほぐすようにして筋肉のコリがほぐれてきたら単純に肩こりが治ったわけではありませんのでどうして筋肉のこりが起きたのかという原因を見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを治したということは言えないと思います。

肩こりと疲れやストレス

肩こりには肩こりになる原因が関係している場合が多くありますので単純に筋肉だけをほぐして楽にすることをしたら肩こりが治ったというわけではありません。

肩こりは筋肉のコリ

肩の筋肉のこりと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することやいろいろなものごとをしたりしなかったりすることで多く積み重なるものが体に蓄積しているのが原因です。

体に蓄積しているものというのは何をしても何もしなくても生み出されて積み重なっていくものです。

毎日毎日の生活や生活しているだけで生きていくだけで積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは体に溜まるということが分かっていると思いますが疲れやストレスを減らす努力はしていませんので疲れやストレスは積み重なって蓄積していくばかりです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが多くなればなるほど体はどういう状態のものになるのかと言うとダメージとして体を歪みやズレを起こす結果になります。

疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので誰でも疲れやストレスは溜まっているんですが多くの疲れやストレスというのは歪みやズレとして現れてきます。
体に起きる荒れる症状というのは歪みやズレから起きていますので歪みやズレを起こす原因は疲れやストレスです。

疲れやストレスを減らす時には二つの疲れやストレスが生じますので二つというのは精神的な疲れやストレスと肉体的に溜まっていく疲れやストレスです。
精神的なストレスというのはアルコールを飲みに行ってもカラオケに行っても温泉に入っても旅行に行っても気分転換になってストレスが発散したように思います。

たまる疲れやストレス

たまる疲れやストレス

しかし肉体的なストレスというのは飲みに行ってもアルコールを分解したりある油文が多い食事をして消化することでも負担になっています。

旅行や温泉に行くことでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですが精神的なストレス発散ができるため勘違いしている場合が多くありますので車で運転した疲れが多くなったり電車やバスに乗って行くと疲れやすいですが多くなってしまいますが精神的な気分転換をしていますので疲れやストレスが発散したように思っているだけです。

肉体的な疲れやストレス

肉体的なストレスというのは精神的なストレス発散をしても精神的なストレスは発散できるかも分かりませんが肉体的なストレスは積み重なるばかりです。
仕事をしたりすることでも精神的な疲れやストレスが多くなるばかりです。
生活することでも精神的な疲れやストレスは多くなるばかりです。

しかし気分転換的なことをしてしまうと精神的な疲れやストレスは多少、発散できます。
しかし肉体的な疲れやストレスというのは溜まるばかりで減ることはあまりありません。

例えば美味しい焼肉を食べても体に蓄積していく疲れやストレスは消化や分解で多くなるばかりですから減らすことはできません。
うなぎを食べて栄養が多いものを体にとっても使っているのは内臓ですから内臓に溜まっていく疲れやストレスというのは多くなるばかりですから栄養とっても内臓が元気じゃないと意味はありません。

運動してもストレスはたまる

運動をしてもストレッチをしても疲れやストレスは多くなるばかりです。
疲れやストレスが溜まっていくということは知っているのに減らす努力をしていません。
ドラッグストアなので売っているサプリメントを飲んでも疲れやストレスは減ることはありません。

先ほども言いましたように栄養やサプリメントやビタミンなどを取っても雷蔵に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことはできません。
湿布を貼ったりしても疲れがストレスは減ることがありません。

マッサージをしても体を癒しても疲れやストレスはをした気持ち良さはありますが本当の意味で疲れやストレスを減ることは少ないと思います。

低周波治療器や電気などをかけても疲れやストレスを減らすということはできないと思いますので当院でも簡単なことで疲れやストレスを減らしているわけではありませんができるだけ疲れやストレスを減らすようにしていますが簡単に減ることはありません。

ストレス

疲れやストレスを減らすのは簡単ではない

一番、難しいのが疲れやすトレスを減らすことなんです。
多くの方が勘違いしている場合がありますが疲れやストレスと言うのは簡単に減ることはないから一番の困難な問題になっています。

疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分にたまれば溜まるほど細胞の急激な老化が大きい色々な問題を起こしていきます。
最終形態的には弱い部分に疲れやストレスが多く溜まって行くと病気になっていくこともあります。

弱い部分が関節であればひざ関節などの特徴として痛みを繰り返したり水が溜まったりヒアルロン酸を注入しなければいけないような状況になってしまいます。

何をしてもたまる疲れやストレス

肩こりというのも毎日毎日の生活をすることや運動することやストレッチをすることや仕事をすることで多く積み重なるものが筋肉疲労を起こす場合がありますし同じ方ばかりに荷物を持ったり下げたりショッピングで買い物をしたものを持ったりすることやキーボードを打ったりすることやスマートフォンなどの操作をしたりすることでも腕や肩や指に力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労を起こしてしまいます。

積み重なったものが弱い筋肉にたまっていくとコリになりますのでコリというのは意味不明な言葉ですから恋というのは筋肉疲労や緊張のことを指していると思います。
筋肉疲労や緊張が起きたりすると乳酸が多くたまったり老廃物が多く溜まってリンパの働きが悪くなったり循環が悪くなることがあります。
何も原因がなくってコリが起きることはありませんので、どうしてこりが起きたのかという

原因を見つけ出さなければ、また原因を見つけ出して解消しなければ肩こりを治したということは言えないと思います。
肩こりが起きてしまっている方は24時間囲っているという方はいませんので何かに集中したり何かをしている時には肩こりを忘れている場合があります。

肩こりと疲れやストレス
2018年11月26日

整体・カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは整体とは違ってしっかりとした理論や学問になっていることで体系づけられている治療法の一つですが発祥はアメリカですが整体の技術が整わないうちにアメリカからカイロプラクティックという同じような治療法が入ってきましたので整体とカイロプラクティックは日本では同じような意味として捉えられています。

ボキボキしない

カイロプラクティックというのは整体と同じような意味だと言いましたがカイロプラクティックはアメリカで発展してきた骨盤や背骨の矯正術の治療法のことです。

整体とカイロプラクティックとは

整体というのは日本に昔からある骨盤や背骨の矯正術のことです。
同じような意味合いがあるカイロプラクティックと整体なんですが整体というのは柔道や剣道の師範をしている先生からでしに伝えられるものでしたから一子相伝という感じが強くあり広まることはあまりありませんでした。

整っているのはカイロプラクティック

そのため学問的にも整っていないものが多くあります。
しかしカイロプラクティックというのは学問的にも整っているのでアメリカの国家が認めている治療法の一つになります。

アメリカと日本で同じような矯正方が発展してきたという経緯があるからです。
アメリカでは背骨を矯正したり骨盤を矯正する技術のことをカイロプラクティックといいます。

日本では整体

歪みやズレから

日本では背骨を矯正したり骨盤を矯正する技術のことを整体と言います。
つまり同じような矯正法だったのですが治療法として国家が認められたものと治療法の体系を付けられることなく国が認めていないのが違いです。

厳密に言うと違いは大きくありますが今では整体もカイロプラクティックも似たような状態だと思ってもらった方がいいと思いますが後はしている先生自体でテクニックの技術に差があります。

テクニックの技術に上がるのはどこでも同じですから病院でも違いがありますし 整骨院の先生やマッサージの先生でも違いがあるようにカイロプラクティック院や整体院でも先生において違いがあります。

カイロプラクティックはアメリカ

整体やカイロプラクティックでも学ぶところがありますのでテクニックをどこで学んだのかどういうテクニックを学んできたのかどのテクニックを使うのかで治療法自体が治療院において違うのはどこでも同じだと思います。

エステなどでも技術に差の違いがあります。

技術の差

病院でも整骨院でマッサージ院でも鍼灸院でも整体院でもカイロプラクティック院でもしている先生自体がどれぐらい経験を積んでいるか勉強をしているか研究をしているかで意味が違います。
当院では院長が実際に治療を行っていますが30年以上前から勉強することをしていますので臨床的には色々な経験を積んでいると思っていますが完成することはありませんので今でも色々な事で研究をしたりすることをしていますのでテクニックを常に向上させることをしています。

今ではあまり行かなくなりましたが今まで色々なセミナーに東京に200回以上言っていることがありますし福岡のセミナーや仙台のセミナーや鹿児島のセミナーで色々なことを学んできました。

本場のアメリカから講師の先生がセミナーを行うものにも多数出席をしています。
整体やカイロプラクティックで行う矯正というのは体を矯正していくことなんですが実際に強制する部分というのは筋肉だったりじん帯だったりということもありますが主には骨盤の矯正と背骨の矯正になります。

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

矯正は

しかし骨盤の矯正と背骨の矯正をする時にはどうして矯正をしなければいけないのかという意味がありますので検査することをしています。
背骨が歪んだりズレたりすることは日常的に起きていることです。背骨のズレやゆがみがあっても直結的に痛みやこりになるかと言うとそうでもありませんので歪みやズレというのも度合いと言うか程度があります。

歪みやズレというのも軽いのから中程度から重症程度からひどすぎるものかな色々な程度があるのですが、もちろん歪みやズレがひどければ、ひどいほど痛みやこりになります。
歪みやズレというのはどうして起きるのかと言うと、それは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的なプレッシャーが加わることで生み出されていくものが原因です。

歪みやズレを矯正

歪みやズレというのはない方はいませんので全員の方が何らかの歪みやズレを起こしています。
歪みやズレが作られる原因としてあげられるものは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスというのは感じていない方は多くいますが溜まっていないという方はいません。

人が生きている限り生活している限り疲れやストレスは常に生み出されていきます。
気がついていない方が多くいますがスマートフォンに着音する音なんかも警報に近い音だからです。
気が付かせる音というのは多くは警報音に近い音になりますので警報音というのはやはり精神的に良くないものだからです。

これが毎日毎日の生活で積み重なっていくものなんです。

さらに体を動かしたり体を使ったりすることでも多くの疲れやストレスは生み出されていきますので疲れやストレスがないという方はいないということです。

さらに体を動かしたりするだけではなく最近多くの方が自分でも気がついていないぐらい睡眠負債状態に陥っていますが睡眠負債状態と不眠症は違います。
多くの方が睡眠負債状態と不眠症を同じような状態だと思ってしまっていますが不眠症というのは夫婦する時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます野田不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは目が覚めることはありません。
夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

しかしこれが大きな勘違いなんです。

眠りは

目が覚めないから寝ているということは言えないと思いますので寝るということを考えてみると大脳が休養とって寝ていることをいいますので熟睡状態のことを言います。
目を閉じてスースー寝息を立てていれば人が寝ていると思うでしょうが実際には寝ているかどうかというのは判断はできません。

睡眠負債

眠りというのは見た目だけで判断できないのが眠りなんです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないと思うのが大きな勘違いですから夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
睡眠負債状態で多くなっている睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
寝ながら考え事をして睡眠というのは一番、浅い睡眠ですから目が覚めないだけです。

睡眠負債状態では体が異常と思えるほど落ちていきますので自分でも感じていないぐらい体調を閉じていても鯛の王が麻痺状態になっていて弱っていては痛みやこり自分の体調を感じ取ることはできませんし体を弱らせば弱らせるほど風になっても発症しにくくインフルエンザウイルスが体内に入って増殖傾向を示していてもインフルエンザとして発症することはありませんので細菌やウイルスがたまりっぱなしになっています。

細菌やウイルスがたまりっぱなしになっている状態のことを「バカは風邪ひかない」と言います。

細菌やウイルスが体内に多く入っていると肌荒れが多くなったりしますので単純にそれだけでは済まないで体の中からやられていきます。

整体やカイロプラクティックの施術を受ける時には単純にボキボキしたりすることでもなくマッサージをしたり揉んだりすることでもなく低周波治療器や電気などをかけたりすることもなく体の状態を把握しながら検査していき体調を上げていくということをしなければいけませんが一番、難しいのは体調をあげるということなんです。

体調を上げる時にはマッサージしても上がることはありませんしサプリメントを飲んでも体調を上げることができませんし電気をかけても低周波治療器をかけても会長をあげるということはできません。

体調を上げることができるのは唯一自分だけなんですが自分だけの部分が異常と思えるほど弱っていればあげることは一生できないと思います。

自分だけの部分というのは大脳です。
つまり大脳に回復する力があるということなんですが大脳が弱っていては睡眠負債状態になっていたり疲れやストレスが多く蓄積していると回復する力はな生命機能の中枢である脳幹も徐々に落ちていきます。

2018年11月21日

小顔矯正で顔が小顔になる

顔が小さくなる小顔矯正をしていくためには初回から顔が小さくなるので評判の良い小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに一番、関係するものが二つあります。
小顔矯正をしていく時には多くの方が顔を小さくするためだけに訪れていますが実は小顔矯正をしていくときには、初回に院長が「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」とか聞く物に深く関係しているのです。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

小顔矯正をして行く時には顔をどうやったら小さくすることができるのか。
小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを多くの方が疑問に思って訪れていますのでお答えしたいと思います。
小顔矯正をしていくときに本当に顔が小さくなるのかという疑問に対しては本当に顔が小さくなります。
そして顔が小さくなったら維持することができるのかという答えにはご自分の状態を確認する必要がありますので、それぞれで状態が違ってきます。
小顔矯正をして顔が小さくなったわけですから後はご自分の状態で関係するということですから小顔矯正のテクニック技術の差ではありません。

上手に小顔矯正をしても

どんなに上手に顔を小さくすることができる先生でもあることができてないと維持することや持続力はありません。
初回から色々してしまうと小顔矯正をした後に変化に体調がついていけない方がだるくなる場合がありますのでできるだけだるくなることは避けたいと思いますが、どうしても出てしまうかと思います。
それだけ変化があるということなんですが顔を小さくしていくためにもご自分の体調や体力が関係するからです。
体調や体力が落ちている方がだるくなる恐れがありますので注意しなければいけません。
小顔矯正をして行く時には顔を小さくするためにもご自分の体調や体力の関係が深く関係していますので体調や体力ある方ほど変化が大きくありますが変化がありすぎるとだるくなることもありますのでよくないこともあります。

ダルクなる

顔が小さくなるからダルクなることも

しかしそれだけ変化があるということなんです。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をして院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると逆の事が分かります。
逆のことというのは骨盤の歪み骨盤の開きそして背骨のズレが大きくあるということなんです。
実は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるということは調子が悪く体調としているということなんです。
骨盤矯正だけではなく小顔矯正をしていくときにも骨盤の歪みや骨盤の開きと背骨のズレが深く関係してしまいます。

顔の左右差

顔を触って小さくなったのがわかる

できるだけだるくなることがないように小顔矯正を希望されて訪れていますので顔だけ触って矯正をしていきますが顔を触って小さくすることをしてもだるくなることがあります。
小顔矯正をする時にはまずは鏡で見て顔の大きさを確認してもらいます。
顔が小さくなったのが分かるようにしていますので鏡で見て顔の大きさを確認してもらいますが詳細を言うと顔の輪郭を見て覚えるということなんです。
人の顔というのは左右が対象ではありませんので左右の大きさが違います。

顔の形は違う

例えばですけど右側が大きいとか左側の全体が大きいとかいうことがありますので右側が全体的に大きければ左側の頬もねの部分だけが出っ張っているということが多くあります。
これを鏡で見て覚えてもらうわけです。
まずは鏡で見て自分の顔の輪郭を覚えてもらい判断してもらいます。
顔の左右差がわかったら今度は手首の部分を合わせるようにして触り顎に当てます。
そして次は手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
ただ手を置いただけではわかりませんし顔を触っただけではわかりませんので、何をしたらわかりやすいのかと言うと左右差を感じようとすることです。
顔には左右差が存在していますので顔の左右差を覚えるようにして触ることを大切にしています。

顔の触り方

しかし目で見るよりも手で触るという行為は大変難しいことですから簡単なと思って触ってしまったかたほど顔が小さくなってもわからないということが本当にあります。
手だけで触るということは逆に感じてしまうこともあるからです。
しかし手で触って顔が小さくなったのがわかれば笑顔が違いますので鏡で見るよりも納得するよりも手で触るということが一番大切になります。
そのためまずは鏡で見て顔の輪郭を覚えて左右差を見てください。
目で見た左右さを覚えたら今度は手で触って左右差を感じ取ってください。
左右差を感じ取ることができたら小顔矯正をしたあとに、もう一度触ってもらった時に本当に顔が小さくなったというのがはっきりとわかると思います。

鏡でみる

顔の変化がわかること

小顔矯正の方法は顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔が痛いということもなくマッサージをするような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていく小顔矯正をしていますので安心なんですが本当にマッサージをして顔が小さくなるのかと言うとマッサージをしたりしてもなりません。
一番近い言葉を探せばマッサージをしているような感じだという風に説明をしていますがマッサージをして筋肉を揉んだりしても循環を良くしてもリンパの働きを良くしても体調をあげても顔が小さくなることがありません。

マッサージ感覚の小顔矯正

ということはマッサージではないということです。
しかし一番、近い言葉を探せば顔を揉んだりして小さくすることをしていますのでマッサージ感覚だと説明をしています。
マッサージ感覚で感覚で顔を小さくすることをしていますがマッサージをしているわけではありませんので注意してください。

小顔矯正と疲れやストレス
2018年11月20日

肩こりを解消して楽に

肩こりを楽にしていくためにはどうしても肩こりと言うと筋肉のコリというイメージが強いために多くの形は筋肉のこりだと思い込んでしまって筋肉ばかりほぐしたりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントやドラッグストアなどで売っている健康食品などを飲んでいる場合が多くあります.

肩こりとは

肩こりとは

普通一般的には肩こりが起こしてる場合は触ってみることで筋肉のコリというのがわかるということもありますが筋肉の硬さも人それぞれ違いますのでどこをどういう風にして判断しているのかということをできなければ本当の意味で肩が凝っているのかどこから来ているのかということを見つけ出すことはできません.
肩こりになってしまった方は湿布を貼ったりすることでも肩こりが楽になることがあります。

肩こり解消法は色々ありますが

ドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品を飲んだりすることでも肩こりを楽にすることはできる可能性もあります。
家族の方に肩を揉んでもらったり肩を叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりを楽にすることはできる可能性もあります。
色々な治療院で用いられている低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽にすることができる可能性もあります。
しかしこれらの治療法というのは筋肉ばかりを対象として扱っていますので本当に筋肉のコリが起きているのかということを分かって判断しなければいけませんが多くの方の専門家の先生もしっかりとした検査をしている場合は少ないようで。

肩こりになる時には

疲れやストレスからコリに

肩こりを起こしている筋肉のコリというのは緊張や筋肉疲労や乳酸が多く溜まった状態でリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになっているという感じなんですが運動不足を疑われる場合もありますのでストレッチをしたり運動したり筋肉を鍛えたりすることで肩こりを解消させようとする動きもあります。
しかし筋肉疲労が起きているのに筋肉を運動させるということ忘れじをするということは疑問に思わざるありません。
筋肉疲労というのが筋肉を動かしたり筋肉を鍛えるということで本当に解消するのかということなんですが筋肉疲労が起きているのに筋肉を使うということは疑問があります。
筋肉が疲労している時に鍛えたりすると痛める場合が多くあります。

筋肉のコリからコリに

何でもかんでも筋肉を鍛えればいいというものでもなく筋肉を動かしたりすることも解説がわかりませんが時と場合によります。
筋肉疲労が起きていると何でも何も考えずに運動不足かなと思う方も多くいますが運動不足だと思うことなく筋肉が疲労しているということを考えなければいけませんので体が疲労している時に運動していいのかということがあります。
専門家のトレーラーさんもそういうことがよくはしっかりと知っていない場合がありますので簡単に何もわからずに当たり前のような状態を言っている場合が多くありますから注意しなければいけません。

疲労が起きることがコリに

何かの症状が体に対して起きる時には全てに対して疲労が伴っています。疲労がなくて起きる痛みやコリなどの症状はないということです。
必ず何かの症状が起きる時には筋肉疲労を伴いながら起きていますので筋肉疲労が起きている時には疲労を取ることをしなければいけませんが疲労を取るためには運動、鍛えることは全然意味からして違います。
特に日本人の特徴なんですがなにかの症状が起きてしまったら運動不足とかいう感じで思い出す炒めアスレチックジムに通う方も多くいますが何かをするということは色々な疲れやストレスが多くなってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れというのは疲れという感じになりますがストレスというのは意味不明な言葉ですから英語で言うとストレッサーという言葉やストレスという言葉がありますが欲求不満という感じや抑圧という意味になりますので本当の意味でのストレスという意味ではなっていません。
つまりストレスという言葉は作られた英語です。
ストレスが溜まったと言い変えることはできるのは疲れが溜まったという意味になりますから疲れやストレスというのは同じ意味になります。
体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的なプレッシャーを加えられることで色々な疲れやストレスが多くなるものばかりなんですが積み重なっていくためには生み出されなければいけませんので多くの疲れやストレスが生み出されていくということですが生み出されたものはすべて体に溜まっていきます。

筋肉疲労から肩こり

疲れやストレスの蓄積でコリに

体に溜まってしまった疲れやストレスというのは大変多く蓄積していき減らさなければいけませんが多くの方は減らすことをしていませんし減らすことができていません。
疲れやストレスを減らすというよりも解消していくためには何をすればいいのかという問題なんですが美味しい焼肉を食べても栄養がある鰻を食べても疲れやストレスは減ることはありません。
精神的なストレスを減らす為には精神 S という意味をよく理解しなければいけませんが精神的なストレスというのは大脳のストレスになりますので実体があるということですから実体があるものから減らさなければ本当の意味でストレス解消にはなりません。
大脳に溜まってしまった精神的なストレスというのは気分転換をすることで多く発散できるようです。気分転換で発散できるストレスというのはカラオケに行っても気分転換になりますし飲みに行くことでもつ気分転換にもなりますから温泉旅行に行くことでも温泉に入ることよりも気分転換的に露天風呂に入って景色を見たり空を見上げたりゆっくりすることが気分的なものを発散状態につながりますので発散状態でストレスが解消されるものもあります。

ストレス発散

しかし大脳のストレスというのは気分転換くらいで減ることはありませんので気分転換できるレベルのストレス発散というのは低レベルのストレス発散になります。
体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的なプレッシャーで疲れやストレスが多く蓄積していきますが多くのものはたまりっぱなしになっています。
このたまりっぱなしになっているものが肩こりにつながっています。
たまりっぱなしになっている疲れやストレスが筋肉に影響を与えながらさらにその奥の方の部分に疲れやストレスを溜めてしまうところがありますので疲れやストレスを置くためてしまったところほど背骨のズレになります。
背骨のズレというのは体の奥に溜まってしまった疲れやすいですが原因なんですがもう少し具体的に疲れやストレスがたまるところというのはどこなのか。
疲れやストレスが体にたまるところというのは本当に奥の方に溜まっていきますので簡単に減らすことができないレベルです。

減らないのが疲れやストレス

疲れやストレスというのはマッサージをすれば減るかと言うとそういうものではありません。
疲れやストレスを減らす為にはサプリメントを飲んでも栄養があるものを食べても減ることはありません。
疲れやストレスは簡単に減らないであるものに変換されます。
疲れやストレスが多くなればなるほどあるものに変換されていくわけですけどあるものというのは細胞を変化させるエネルギーになります。
細胞を変化させるエネルギーというのは老化させていくということなんです。
例えば筋肉も老化します。
老化しないところはありませんので一年に一才歳をとるものは暦の出来ですから暦歴で言うと一切しか年を取りませんが体の年齢はそうはいきません。
体の年齢が大きく変化していくところというのは人にとって弱い部分であります。

弱い部分にたまる

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分はあまり関係しませんが弱い部分はそうはいきません。
人の体には弱い部分というのはありますから弱い部分には疲れやストレスが溜まりながら徐々に細胞を変化させていくことにもなります。
弱い部分の細胞が変化していけば最終的には病気という感じになります。
しかし変化が完成するまではまたは方向が同じ方向の方に向かわなければ数値できない以上は出ませんので病気という認定は最終的に出ない場合もあります。

肩こりとは疲れやストレスから

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからからカイロプラクティック徳力整体院

2018年11月19日

肩こりのコリとは

肩こりを楽にしていくためには筋肉ばかりに注目している方法が多くありますが30年の経験からして肩こりが筋肉だけで起きていることはあまりありませんが筋肉をほぐしたりすることで肩こりを一時的に楽にすることはできます。

肩こりと言うとどうしても筋肉というイメージが強くあるために筋肉の凝りばかりほぐしてこりを楽にしていることが多くありますがどうして筋肉のこりが起きるのかということを見つけたっていませんので戻りやすく繰り返しやすくコリが起きていない時でも原因は進行している場合が多くあります。

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にするなら筋肉のコリだけではないので背骨のズレも関係しています
肩こりになる筋肉

肩こりのコリとは

肩こりのコリという意味は意味不明な言葉でもありますからイメージがしにくくコリというのは筋肉が緊張したり硬くなったりすることで筋肉疲労から起きている場合が多くあります。

肩というのは意外に多く使うことがありますので肩を使うことで多くの筋肉疲労は確かに生み出されていきます。肩を使うことというのは荷物を持ったりすることでも指や腕でもつと思いますが肩にも力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労につながることはあります。
重たいものや軽いものに関係なく持ったりすること自体で指や腕や肩を使っていますので筋肉疲労というのは積み重なっていきます。
確かに重たいものを持つことでも余計に負担にはなりますが軽いものでも負担になることはあります。

肩にバッグなど思ったりすることでも筋肉疲労は起こります。
手紙を書いたりすることでもパソコンでキーボードを打ったりすることでも異常に肩に力が入っていますので筋肉疲労は起きてしまいます。
スマートフォンで文字を打ったりする時でも指や腕や肩に力が入っていますので筋肉疲労は起き疲れが積み重なっていきます。

筋肉疲労からコリが

しかし普通は筋肉疲労が起きた時には美味しいものを食べたり栄養があるものを食べたり寝ることでも筋肉疲労は解消していくはずなんです。
体の構造から言うと筋肉疲労は筋肉疲労を解消するホルモンというものがありますので筋肉

疲労を解消するホルモンが正常に分泌されている時には筋肉疲労は解消していかなければいけません。
筋肉疲労が起きると乳酸の蓄積が起きたりすることで筋肉疲労が増強されるということはあります。
筋肉を修復するホルモンというものが出て筋肉を修復してくれるということもあるそうです。
実は肩こりのこりというのは筋肉の疲労ということで説明をしましたが筋肉のコリだけで起きているものはありませんので筋肉のコリがどうして起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

疲れやストレスから肩こりに

コリを解消する為に

多くの方が肩こりが起きてしまうとドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んだりしてのも肩こりを楽にすることができますし筋肉疲労の部分に鎮痛効果がある湿布などを貼ったりすることでも楽に感じてしまうことがあります。

しかしそういう行為ばかりしていると原因を見つけ出すことをしていませんし考えることもしていませんので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うと家族の方に揉んでもらうことも筋肉疲労を除去する一部分ですから筋肉が疲労してしまうとをしたり揉んだりすることで解消する場合も多くあります。
しかし筋肉疲労が解消しても楽に感じてしまっても肩こりが治ったわけではないと思います。

何をするとコリが楽になるか

肩こりを治すためには原因を見つけ出さなければいけませんしどうして肩こりが起きているのかということを考えなければいけません。
専門の先生に肩を揉んでもらったりマッサージをしてもらうことでも肩こりを楽にすることは出来ると思いますが、どんなに上手いマッサージをしても原因が残ったままになっていますのでマッサージというのは筋肉に対してしている癒しです。

マッサージの専門の学校に入ってはじめに教わることはマッサージというのは癒しだということで襲われそうですから筋肉というのを揉みほぐしたり揉んだりすることで楽に感じたり気持ちがいいと思うかも分かりませんが、癒しているだけですから治療しているだけではありません。

多くの治療院で用いられている電気機械や低周波治療器というのも肩こりを楽にすることができると思いますが低周波の電気を肩の部分に当てて電気を流すことをして筋肉を運動させることをしています。

電気でコリを楽にする?

低周波治療器や電器

プラスの端子からマイナスの端子に電気は流れていきますのでプラスからマイナスへ電気が流れるということで筋肉疲労を運動的に動かすことで流れを良くしてリンパの働きを解消したり老廃物を流れるようなことをしています。
しかし電気というのは体にとって良いものではありませんので低周波の電気であろうといいことはないと思いますので余計に筋肉疲労が生まれて積み重なっていくということがあると思います。

当院でも昔は低周波治療器などを使っていましたが今では一切、電気、機械、低周波治療器などを使うことはしていません。
電気や機械などを使ってしまったり低周波治療器を当てて頼ることは簡単にできると思いますが原因を見つけ出すこともなく検査をすることもなくただあてて寝ているだけでオッケーですから簡単でいいと思いますが、患者さんの体にとっては悪影響があると思います。

しかし肩こりというのは原因がわかっていませんので湿布を貼ったりドラッグストアで売っているサプリメントを飲んでありマッサージをしたり電気をかけることしかできません。
そのため本当の原因を見つけ出すことを遅らせる結果になっています。
どうして体には痛みやこりが起きるのかしっかりとした原因があるわけですからその原因を見つけ出さないで抽象的な表面的なものばかり解放して楽にすることをして直したと思うことは全然意味が違うと思います。

コリがわかる?

肩こりというのは肩の部分を触ったりすることでも肩こりが分かるという方がいると思いますが筋肉の張りやかたさというのは皆さん違いますので一概に触ってわかるということはないと思います。

しかし肩こりで 来院しているわけですから肩の筋肉を触って、こっているね、張っているねといえば間違いはないと思います。
どうして肩の筋肉は凝ったりはったり肥料起こして乳酸が多く蓄積しているのかということを見つけたさなければ本当の意味で改善することにもなりませんし治療という言葉は使うことはできないと思います。

肩こりというのはひとつの原因で起きていることはありませんのでいくつか重なった状態で複雑に絡み合って起きている場合が多くありますから余計に原因を見つけ出すことは簡単なことではなくなっていきます。
当院で検査をしてみると多くのことが分かって行きますがまずは体調が悪いということをさせています。

疲れやストレスと肩こり

体調と肩こり

体調が少しだけ良い時には肩こりは軽く感じてしまいます。
体調が悪く落ちてしまった方は肩こりを強く感じてしまうことがあります。
日によっても違いますし午前中と午後でも違いがありますから疲れたりすると余計に体調が悪く落ちていきますので午後の方や夕方の方が肩こりを感じてしまうという方があります。

単純に筋肉疲労が起きる時には総合的に体調が全体的に落ちている時に強く感じてしまいますので体調を上げていかなければいけませんが元来、体調を上げる治療というのは少ないと思います。
体調を上げる治療というのは焼肉を食べても鰻を食べても体調は上がることはありませんし脂っこいものを食べれば食べるほど負担になることもありますので焼肉を食べて元気になったという方はいませんしうなぎを食べても元気になったという方は少ないと思いますから多く食べれることが焼肉を食べたり美味しかったということになります。
サプリメントを飲んだりしても栄養がある物の錠剤を飲んでも元気になることがありませんし翼が生えることもありません。

栄養でも肩こりは楽になる

サプリメントというのはあくまでも栄養補助食品ですから食べれなかったりばらつきがあったりする方が食べたりするのがサプリメントです。
いつのまにかサプリメントというのは意味が違って宣伝したり使ったりすることがありますが栄養失調や食事にばらつきがあったりする方が服用した方がいいのがサプリメントですから普通の食事で補ったほうがいいと思います。

しかし単純に1日に摂取しなければいけない栄養などを取ることはできないというので補うという方もいるかも分かりませんがそんなにばらつきはないと思います。
サプリメントや錠剤で服用するよりもどちらかと言うと口を動かして料理を食べた方が味を味わうことも出来ますし楽しみになると思いますから食べられれば口から入れた方がいいと思います。

しかし単純に行く力入れればいいというわけではなく口から入れても内臓が元気に働くことで栄養やミネラルやいろいろなものを作ってくれることがありますので内臓の負担にならない限りはいいと思いますが最近、多くの方が疲弊状態の内臓起こしている場合があります。

肩こりの方が 来院てみると検査をしてみると体調が異常に悪い肩や骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが多くある方がいるのが現状ですから大きくズレたところほど筋肉疲労が起きるというよりも背骨がずれて引っ張られたことで筋肉は緊張したり緩んだりすることで肩こりになっていると思います。

背骨のズレとコリ

肩こりと言うと背骨のズレが ありますので背骨のズレを矯正しないといくら筋肉ばかり揉みほぐしたりマッサージをしたり電気をかけても背骨のズレは残ったままになっていますし背骨のズレが、どうしていたのかという原因が裏側に潜んでいます。

何も原因がなくて背骨がずれたりすることはありません。
何かの原因があるから背骨がずれるほどのものが起きているということですから筋肉ばかりに注目してしまわないで背骨のズレを矯正したりすることはもちろんですが、どこから背骨のズレが起きているのかということを考えなければいけませんし見つけ出さなければいけません。

背骨のズレが起きるのは背骨というのは内臓に関係していますので背骨のずれが起きる時にはある内臓が病気というわけではなくて内臓にも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くの疲れやストレスが溜まっていくということがあります。

体が疲れたと言う割には疲れやストレスがどこにたまるのかということを考えている方はいませんし専門家の先生も知らない場合が多くあります。
疲れやストレスがたまるところというのは体には何があるのかということを考えてください。

たまる疲れやストレス

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg の水分が出てくるそうです。60 kg グラムの水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

ということは後残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるのかも分かりません。

あと残った40 kg の中には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨と内臓しかありません。この中に疲れやストレスがたまるところがあるわけですけど筋肉にたまるということは分かっていると思いますので筋肉以外のどこにたまるのかということを考えてみると内臓しかないということになります。

ストレス発散
2018年11月16日

小顔矯正で顔を小顔に

顔を小さくしていく小顔矯正ならボキボキもしないし痛くもないと評判の良い小顔矯正をしている当院の小顔矯正はいかがですか。

当院では30年間の経験から初回から顔を小さくすることができますが小顔矯正をしていく時には関係する二つのものがあります
小顔矯正をしていくときに関係している二つのものと言うのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。

小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほど体調がすごく悪い方ばかりです。

院長が「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」と聞くと必ず「全員の方が体調はいい」ですと返してきます。
しかし当院の院長は検査することができますので検査をしてみると体調が良い所ではないということがわかります。
体調が悪いと証拠は、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあります。
体調が悪かったり体調を落としているということはかならず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

無理な小顔矯正ではありません

本当は小顔矯正と言っても顔だけ小顔矯正をしていくと無理があります。
しかし初回から色々なことをしているとだるさが出てしまいますのでだるくならないようにしていますが全員の方が、だるくなる可能性があるほど体調落としています。

小顔矯正をして行く時には初回は顔だけ触ってできるだけ顔を小さくすることに専念していますが顔だけ触っても体調を落としていたり調子が悪かったりするとだるくなることがあります。

顔しか触っていないのに体がだるくなることがあるんです。
顔しか触っていませんので揉み返しとは違います。

顔しか触らなくても顔に多くの老廃物が溜まっていたりリンパの働きが悪くなっていると顔を小さくしていくためには老廃物を流してありリンパの働きを良くしなければいけませんので老廃物が流れていくと処理が間に合わなくなりますので腎臓機能の問題からだるくなることがあります。

老廃物というのは最終的には腎臓が処理をしますので腎臓の働きが低下して落ちていればだるさが出てしまいます。

小顔矯正でもダルさが出ることも

当院でもできるだけダルさが出ないように気をつけていますが患者さん側とってはできるだけ顔を小さくしてほしいという希望がありますけど顔を小さくすればするほどダルさが出る確率が上がってきます。
患者さん側にとってはできるだけ顔が小さくなることを希望していますのでできるだけ顔を

小さくして欲しいと言いますが院長が、だるくなってもいいですかと聞くと簡単に「いいです」と答えていますが後でだるくなったと電話される方もいます。
小顔矯正をしていくときにはできるだけ顔を小さくすることをしていますが希望も揃うようにしなければいけませんので板挟みの部分があります。

左右差がある顔

体から整える小顔矯正

普通一般的に小顔矯正をして行く時には体から整えていくことが基本型ですが体から整えていても顔が小さくならないということもありますが、当院では顔を触らなくても体を整えていくことで顔も少しは小さくなっていきますが患者さん側にとっては少しでは我慢ができないようです。

そのため小顔矯正を希望されて訪れた方の多くは顔を触って顔を小さくすることをしていますがあまりにも大きく変化してしまうとだるさが出てしまう可能性が増えてしまいます。
特に小顔矯正をしていくときに小さくなりやすい部分というのは顎のラインです。
顎のラインが小さくなるというよりも細く引き締まっていくという効果がある小顔矯正です。

右側と左側の顎のラインを引き締めるためにもどうすればいいのかということを考えながら細くなるように引き締まるようにしていきます。
もちろん引き締まるためには、浮腫みや脂肪を減らさなければいけません。

小顔矯正をするには

小顔矯正をして行く時にはどうやって顔を小さくしていくのかという疑問があると思いますので説明をしていきたいと思いますからしっかりと聞いてください。
小顔矯正をして行く時には検査することをしていますが検査するということは何を検査するのかという問題なんですが顔の状態を検査することをしています。

小顔矯正をしている時には顔の検査するということですが顔の形や輪郭などを検査するのではなく見栄えを検査するのではなく顔の状態を検査するということなんですが顔の状態と言っても抽象的ですから意味不明ですね。

小顔矯正をしていく時には無理矢理、顔を小さくすることをしていませんし顔を無理やり押さえつけたりすることもしていません。

当院では小顔矯正をしていくときにはできるだけ自分で小さくなったのが分かるようにしているのが特徴なんですが自分で顔の大きさは把握するというのは大変、難しいことですから簡単に触ってしまった方ほど小さくなってもわからないという方がいます。

自分で感じることができる

小顔矯正をする時には小顔矯正をする前に自分の顔を触って覚えてもらうことをしていますが手で触ることをしてもらう前にあることをしてもらった方が分かりやすいと思いますのであることというのは院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔の形を覚えてもらうことをしています。

つまり自分で顔の形を見るということをしてもらうということなんですが目で見て何を確認するのかと言うと顔の輪郭の左右差です。

顔というのは全員と言っていいほど左右が対象の人はいませんので左右 の違いを目で見て覚えてもらうということをしています。
例えばですけど鏡で見て右側が全体的に大きいと感じたり左側の頬骨の部分だけが出っ張っていると感じることがあります。

鏡の中の自分の顔の形をしっかりと覚えてもらうことをして次の段階として自分の両手で顔を触ってもらうことをしています。
この時に多くの方が顔の左右を違えてしまう場合もあります。

鏡でみる顔は

顔を触ることが重要

矯正に入る前に手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を密着させるようにして触るのが小顔矯正の触り方ですが、鏡で見た時の顔の左右が違うという方もいますのでそれほど難しいんです。
しかし手で触ってわかれば笑顔が違いますのでなんとなくではなく実感できるようにしているのか通りの特徴ですから自分の両方の手のひらで顔の輪郭を触って覚えるようにしてもらいます。

単純なような触り方なんですが大変難しい触り方ですから何も考えずに触ったりしたらわかりませんしておいてなければわかりません。
両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を密着させるようにして顔をに触り左右さを感じます。

先ほど鏡で見たような感覚でしっかりと触って覚えてもらうことをするとわかるんですが単純に手を開いただけでは分かりません。
顔に手を当てて感じようとしてください。

顔に手を置いて左右差を感じようとしてください。

感じようとしたり左右さを感じようとしたら手の集中力と大脳の感覚神経がしっかり働き出しますので大脳の感覚神経が働くことで手の集中力が増しますから、増した状態でしっかり触ってもらうと小さくなったのが分かります。

鏡で自分の顔を映して左右さを見て次の段階として両方の手首を合わせるようにして手のひらと指を密着させるようにして顔を触るということは簡単なことではありませんので単純に

手を置いただけでは分かりませんし触っただけでは分かりませんので左右差を感じようとするということが一番大切ですし、どれくらい脂肪があるのかということを摘んだり手のひらで触ったりすることも大切です。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが小顔矯正の多くの方が自分でも気がついていないくらい体調落としていますので体調を落とした方ほど矯正した後にだるくなることがあります。

しかも顔だけしか触っていないのにだるくなることもあるんです。

顔を小さくしていくためには変化があります。顔が変化するのも身体全体に影響を与えてしまいますので身体全体の影響から変化が起こり老廃物が多く流れることもありますので腎臓の働きの低下した方や体調の悪い方ほど、だるくなることがあります。

当院では小顔矯正をして行く時にはボキボキもしないし顔を無理やり押さえつけたりすることもない矯正をしていますので安心安全で矯正ほど安心な小顔矯正はありません。

顔が小さくなっても自分でわからなければ意味ありませんので自分でしっかりと両方の手のひらで顔を触るという行為を大切なことだと思っていますからしっかりと触って覚えるようにしてください。

単純に小顔矯正だけをしても顔が小さくなっても体の歪みやひらきや背骨がずれてガタガタ状態になっているでは持続力もありませんから顔の小ささを維持することはできませんので体の調整も大切な小顔矯正の一つです。

最近は多くの方が疲れやストレスの蓄積だけではなく睡眠負債状態を多く抱えています。
睡眠負債状態というのは自分でも気がついていない方が多くいますが寝ているようで眠れていないのが睡眠負債です。

疲れやストレスと小顔矯正
睡眠負債と小顔矯正

夜、寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が思っています。しかし院長が検査をしてみると体調がすごく悪く落ちていることがあるんですが普通だったら寝込んでいなければいけないほど体調が悪いのに院長から「体調はどうですか」とか「調子は悪くないです」とか聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。

同じ答えというのは 「体調が悪くありません」という感じ」や「調子はいいと思います」と簡単に答えてしまっていますが睡眠負債状態の方は自分の体調がわからないという方も多くいます。

普通は背骨がずれて椎間板ヘルニアが起きている場合、歯の痛みのようなものを感じたりしていることが普通です。椎間板ヘルニアというのも程度と言うか段階もありますが軽いのからひどいのからひどすぎるのから色々なものがありますが椎間板ヘルニアというのは歪みやズレの上の状態をさせています。

普通は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのは体調が悪く疲れやストレスが多く溜まっていることが原因で起きている現象ですから体調の悪さを感じなければいけませんしその部分のズレが、どうして起きたのかという問題も生じてしまいます。

また普段の生理痛や生理不順や便秘などでも起きている場合もありますので生理痛や生理不順や便秘の方も時々は軽くなったりひどくなったり程度という段階があると思いますので体調が落ちた時ほど生理痛がひどく感じたり生理不順が強くを多くなったり便秘が起きやすくなっていきます。

体の歪みから

普段から起きているものですが分かっていないという方もいますので普段から起きてる現象も程度が変わっている場合もあります。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは夜一度、寝たら目が覚めることはありません。朝まで目が覚めることがないのが特徴なんですが一番、浅い睡眠になります。寝ている本人にわからないのは当然だと思います。寝ているからです。

睡眠負債と小顔矯正
2018年11月06日

骨盤矯正で小尻になれる

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためにはどうすれば骨盤が小さくなるのか小尻にすることができるのかということを検査をして見つけ出すことをしていますが今まで多くの方の骨盤を小さくすることに成功していますが全員の方が体調を落としていますので体調を落とせば

骨盤矯正

骨盤が大きくなり歪みや開きだけではなくなっているのが多くなっています。
骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係をしています。

単純に骨盤を小さくすればいいというわけではありません。

単純に骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正すれば骨盤が小さくなるのかと言うと少しは小さくなると思いますが維持することや持続力はないと思います。

骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには、どうすれば骨盤が小さくなるのか何をすれば骨盤を小さくすることができるのかということを判断しなければいけませんので判断するためにも検査することをしています。
骨盤矯正を希望されて訪れた方は検査をしてみると体調がすごく悪くなっている場合が多くありますので体調が悪いということは疲れやストレスを溜めてしまっているという結果になります。

骨盤矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係するということですから疲れやストレスを減らしていくことをすれば骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしていますので無理な骨盤矯正ではなく痛い思いをする骨盤矯正でもありません。

骨盤を正常に戻すと骨盤が小さくなっていきます

骨盤を正しい状態に戻すことで骨盤が小さくなっていきます。
骨盤が正常状態に戻って行くと周辺のむくみや脂肪も代謝が良くなるというよりも減りやすくなります。

逆に考えてもらえれば骨盤が異常になっているから骨盤周辺にむくみが脂肪が増えてしまっています。

正しい状態に骨盤を戻していくだけで骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正ですから安心して受けてもらうことができます。

当院では骨盤矯正をしていくときに初回から骨盤が小さくなっていきますので必ず始めから骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますがスタッフがメジャーで測ったり計測する者で測ったりすることはありませんので自分が小ささを実感できればいいと思いますので自分が小ささを実感できるのが最高だと思いますから自分でわかった方が笑顔が違いますから。
そのためには骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えてもらわなければ小さくなったのが分かりませんので簡単に障ることなくしっかりと触って覚えるようにしてください。

骨盤矯正をする

小顔矯正でも

小顔矯正をしている時には鏡で見て顔の形などを覚えてもらうことをしますが骨盤というのは顔よりもさらに難しいものですから鏡で見ただけでは分かりませんから自分の両方の手のひらを骨盤に当てて触ってもらうことをして感じるようにしてもらいます。
骨盤矯正をしていくときには自分の手でわかるようにしているのが特徴ですからはいてきた

スカートやズボンの跡がゆるくなったということで喜ばれるかと思いますが実際に自分の体だけで触るということは簡単な方法ではありません。

簡単だと思って触ってしまったかたほど手を置いただけになってしまいますので手を置いただけでは小さくなったのをを感じ取ることができません。

骨盤を手で触ることをしますが骨盤の幅を感じ取るようにしないと感じるように触らないと分かりません。

骨盤が小さくなる範囲は

矯正をしていくときには10 CM も20 CM を30 CM も骨盤が小さくなることはありませんので骨盤矯正をしていくときに変わる変化というのは1 CM だったり CM だったり3 CM だったり4 CM だったりという感じだと思いますので後で一cm 変わってもわかるような触り方をしてください。

骨盤矯正をしていくときに触り方は骨盤の股関節の上の辺りを手のひら全体で触るようにします。

先ほども言いましたように触っただけではわかりませんので中心軸から比べて左右さを比べようとしてみてください。

体の真ん中を意識しながら骨盤の横を触りますので触る位置は真横になりますから股関節の辺りが悪い気になります。
そして触った時に少し中心部に向けて押すようにします。

中心部に押すようにして触りながら目を閉じて左右さを感じ取るようにしてください。
右側が出っ張っているか左側が出っ張っているかで構いません。
骨盤というのも右側と左側で大きさが違いますので右側が大きいか左側が大きいかということで判断します。

右側が大きいか左側が大きいかという左右差で 触ってみた時に手の集中力と大脳にある感覚神経がしっかりと働きだしますので感覚神経と集中力の問題で骨盤の幅がわかりやすくなります。

骨盤の覚える

骨盤矯正をした時に骨盤の幅がわからないと小さくなったのが分かりませんので矯正する前と矯正したあとを比べることができます。

比べるためにもしっかりと矯正に入る前の骨盤の大きさを覚えておかなければいくら小さくなっても分かりません。
骨盤が小さくなったのが分かるためにも骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の大きさや幅などを

しっかりと触って覚えることをしてください。
骨盤の大きさで分かったら骨盤矯正に入っていきますのでボキボキもしないし痛くもないし電気や機械を使うこともなくての技術力のみで骨盤を小さくしていきます。

手の技術力でどうやって骨盤を小さくしていくのかと言うと骨盤矯正を行うことはもちろんですから検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがあれば解消することは当然ですが最近は多くの方が骨盤の骨に炎症や腫れ起こしています。

左右差がある

骨盤の歪み・骨盤の開きだけではない

骨盤の歪みや骨盤の開きでも骨盤が大きくなってしまいますが、 骨盤には大きく分けて三つの骨が存在していますので真ん中の骨を仙骨または尾てい骨ともいいます。

最近は多くの方が真ん中の仙骨という骨が炎症を起こしたり腫れたりして横に広がってる場合があります。

真ん中の骨というのは背骨につながっている骨のことなんですが真ん中の逆三角形をしている仙骨という骨が炎症を起こしたり腫れたりすると骨が大きくなっていきます。
真ん中の骨の仙骨が大きくなれば骨盤が横に広がってしまいます。

普通では起こらないものなんですが骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係していると説明をしましたように多くの方が疲れやストレスの蓄積が大きくあり睡眠負債状態も重なっている場合が多くありますので体調が奈落のような体調をしていたりどん底のような体調していますので無茶苦茶と言っていいほど体調落としています。

疲れやストレスと骨盤矯正

体調を落としたり調子が悪くなるということは何が起きても不思議ではありませんので特別なものが起きても不思議ではありませんからそれが当たり前になっています。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく骨盤の骨自体に炎症や腫れが起きていて骨が変形している方が多くいます。

特に真ん中の骨の仙骨だけではなくベルトをする部分の両横の骨でも炎症や腫れが大きくあって変形している方が多くいますので骨盤の上部つまり上の方が腫れ上がっている方が多くいますので骨盤の位置が違う場合が多くあります。
普通は女性の骨盤というのは横に広がっているものなんですが横に広がってもいますが長さが長くなっているという場合があるということです。

骨盤の骨が肥大している

つまり骨盤の骨も生きていますので生きている限り骨盤が変形しないということはないので変形状態を戻していくことでも簡単ではありませんが徐々に骨盤が小さくなっていきます。
そして骨盤矯正の特徴として骨盤を小さくしていくとウエストが細くなるという相乗効果が得られます。
骨盤矯正をしていく時には骨盤を小さくすればいいというわけではなく体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らさないと戻りやすくむくみやすく効果がなかったりということもあります。

骨盤矯正をしていくときに骨盤矯正だけではなく体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らしていくと持続力や維持する力が大きくなり骨盤がより一層、小さくなっていきます。
骨盤矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスが深く関係していますので疲れやストレスが多い方ほど骨盤の歪みや骨盤の開き骨の炎症や腫れが大きくなっています。

炎症やハレがあると骨が

一度に減らすことはできませんので徐々に減らしていくことをしていけば骨盤が小さくなっていくということが多くあります。
骨盤矯正をしていくときには毎日毎日の生活することや仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることや座っているだけでも疲れやストレスは多く生み出されていきます。
疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものですから溜まっていないという方はいません。

疲れやストレスが多く生み出されて行けば行くほど骨盤にも溜まっていきますので骨盤にはまっていけば骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなっていきますので骨盤が肥大しながら大きくなります。

しかし疲れやストレスというのは貯まるところがあるからたまって言ってるわけですから疲れやストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分だということですが水分に疲れやすいですがたまるということはないと思います。
ということは。あと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやすレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓に多く蓄積していきます。

生理痛と便秘と骨盤矯正

内臓でも疲れやストレスの蓄積

しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので内臓と聞くと多くの方が病気というのをイメージしますが病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということで骨盤の歪みや骨盤の開き代謝力の低下でむくみや脂肪が多くなったりすることがあるんです。

内臓と言うと息病気と言うと関係付けるのを止めてください。
内臓にも多くの疲れやストレスが溜まっていきますので骨盤矯正をしていくときに一番重要なものは単純に骨盤の歪みは骨盤の開きではなく体調の悪さではなくリンパの働きの問題ではなく骨盤の中にある内臓が問題になります。

骨盤の中にある内臓というのは大腸と小腸と膀胱と子宮と卵巣です。
例えばですけど便秘がある方は骨盤が大きくなっています。

例えばですけど生理痛は生理不順のある方は骨盤の歪みや骨盤が大きくなっています。
骨盤の中に入っている内臓に全て骨盤の歪みは骨盤の開きが深く関係していますので便秘や生理痛や生理不順のある方や膀胱炎を繰り返しやすい方などは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

骨盤矯正と睡眠負債

そしてさらに疲れやストレスの蓄積だけではなく睡眠負債状態も骨盤矯正をしていくときに関係をしますので睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんですが普通に考えれば良い睡眠をしているように思いますが最悪な睡眠の方がいます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態のことは寝ながら考え事をしている場合が多くあり眠りが夢よりも浅い睡眠をしています。
目が覚めないからといって寝ているとは限りません。

睡眠負債状態の方は大脳が急激に祝っていきますので大脳が弱ると立った瞬間に骨盤が歪んだりすることが起こりますので維持する力がないという方もいます。
どんなに骨盤を小さくすることができても疲れやストレスの蓄積や睡眠負債状態が多くあると効果が消失していきますので体を治していくことをしなければいけません。

睡眠負債と骨盤矯正


2018年10月30日

腰痛の原因とは

腰痛腰の痛みを楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを見つけてさなければいけませんが原因なんか見つけ出すこともなく楽にする治療法もあります。

腰痛とは

腰痛を楽にしていくためには単純に楽にすることを目的にしていく治療法とどこから腰痛が起きているのかどうして腰痛が起きているのかということを見つけ出す治療法の二つが存在しています。

普通一般的な腰痛を楽にする治療法というのは表面上の痛みだけを楽にすることをして治ったまたは直したと言っていますが本当は原因がすべて残ったままになっている場合が多くあります。

腰痛とは

腰痛には腰痛を起こす原因があるから起きていますので原因が残ったままだと根本的には直したということが言えないと思います。
腰痛の痛みを楽にすることをしていかなければいけないので腰痛を楽にする治療法のことを対症療法と言います。

対症療法というのは原因なんかは関係なく筋肉や靭帯の炎症を抑えていくことを目的としてやっていく治療法の一つです。

対症療法の中には湿布を貼ったりしても楽になることもありますので湿布を貼って炎症や腫れを抑えていくという方法もあります。

対症療法でドラッグストアなどに売っているサプリメント を飲んだりしても楽になることもありますので栄養やサプリメントで痛みを緩和するという方法もあります。

マッサージしたり湿布を貼ったり

家族の方にマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛は楽になってしまいますので対症療法の一つだと言えます。 マッサージというのは筋肉をほぐすことを目的として行っていますので筋肉から起きる炎症や腫れを改善できる方法ですから。

低周波治療器や電気治療器をかけても楽になることもありますので 筋肉の緊張や疲労を改善することができます。

それぞれで目的が違いますが腰痛の原因が残ったままになっていると思います。
当院でもまずは痛みを楽にすることからしていかなければいけませんので筋肉の疲労や緊張や炎症や腫れを改善していくことを目的として治療にあたります。
しかしそれは表面上の痛みを楽にしている治療にしか過ぎませんので対処療法という方法になります。

腰痛と低周波治療器や電器

対症療法と腰痛の治療

対症療法という治療法は原因を見つけ出すこともなく探すこともなく検査することもなく痛みや腫れや炎症を改善していくことを目的として行っている治療法です。

しかし腰痛というのは原因があるから伊丹になっているわけですから原因を探すこともなく原因を見つけ出して変えて行くことをしないと戻りやすく繰り返し安く腰の痛みがない時でも原因はどんどん悪化しながら進行していくという状況があります。

腰を腰の痛みを起こしている原因がいつまでも同じままではいられませんので慢性化状態で長期間あったりすると固着状態が起きたり固まった状態が起きるということがあります。
腰の痛みがないからといって本当に原因がないのかということは言えないと思います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛みになる方は多くの場合重たいものを持ったりして立とうとした時に急に腰が痛くなったとか、前かがみをして何かを取ろうとした時に腰が痛くなったとか、同じ姿勢で座っているだけでも腰がズキズキ疼いたりする、長く歩いてると腰が痛いとか、立ちっぱなしにしていると腰が痛くなるとか色々なことがありますし、ベッドや布団などに寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか色々な現象を言われますがこれらは全て切っ掛けです。

腰痛や腰の痛みが起きる時には二つの物事が関係していますので二つの物事で一つ目というのはきっかけです。
そしてもう一つの物事というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。
この両方が揃った時に腰の痛みとして起こります。
骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのもいつも同じままではいられませんので軽くなったりひどくなったり重症程度になったりひどい状態になったりという風に変化しています。

姿勢や猫背では腰痛にならない

姿勢が悪かったり猫背になったり歩き方がおかしかったり足を組んだり横座りで骨盤が歪んだりズレたりすることはありません。

歩き方がおかしいのも骨盤の歪みや骨盤の開きにあるからです。
足を組んだりよく座りをして骨盤が歪んだりすると座っていられませんし横座りなんかしていられませんから、そういう状態で歪んだりすることはありません。

骨盤の歪み骨盤の開きが起きるのは原因がありますから原因を探さなければいけませんが、原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多くみなされていくものが原因です。

毎日の生活で多くなるもの

毎日毎日の生活で多くなったりするものはいつも満たされて多くなっていくものなんですが多くなったものは体に蓄積していきます。
体に蓄積していき積もり積もったものが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきますが、だからといって痛みになるとは限りません。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも程度と言うか段階があります。
骨盤の歪みや骨盤の開きは誰でもあるものなんですが程度と言うか軽いものが痛みにならないということもありますから。

しかしあるものが 体に多く蓄積していくと骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが大きくなっていきます。

疲れやストレスの

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定に

歪み、開きや背骨のズレが大きくなっていくと、あとは切っ掛けを待っているだけです。
この二つの条件がある程度揃った時に腰が痛くなってしまいますのすしぎっくり腰になります。

腰痛と言うと椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのもありますが椎間板ヘルニア坐骨神経痛も特別なものではありませんので誰でも起こりやすくなるのが特徴です。
腰痛の方が LINE したら検査をしてみることをしていますが検査をしてみると椎間板ヘルニアがありますよと言うとびっくりするかと思いますので椎間板ヘルニアというのも起きる原に因があるからなっているわけですから特別なものではありません。

腰痛から椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きる原因は毎日毎日の生活に原因があると説明しましたので、その原因というのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものですから程度が軽くても歪みやズレがあるということです。
疲れやストレスが溜まっているということが分かる方もいればわからないという方もいます。

疲れやストレスがわからないという方もいますので単純に溜まっていないということはないけど何かの原因で分からなくなっているという場合もありますので全員が疲れやストレスを感じているかと言うとそうではないという場合もあります。

疲れやストレスの蓄積と言うのは毎日毎日の生活をすることで多くなったり減ったりしていくものなんですが多くなった時に感じやすくなりますから減った時には何も感じていない場合もあります。
人というのは勝手なものですからひどくなった時にしか感じていません。

疲れやストレスの蓄積から痛みになる

しかし疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけですけど体のどこにたまるのかという事が問題になるんです。
もちろん疲れやストレスというのは全身に溜まっていきます。逆に疲れやすいですがたまらないところはないと思います。

疲れやストレスというのはどこでもたまりやすく全身にたまると説明しても過言ではありません。

疲れやストレスが体の弱い部分に多く蓄積していく傾向がありますので人の体には弱い部分そうではない部分が存在しています。

骨盤の歪み・背骨のズレから

普通一般的に強いという風に思いたいですが強いというところはありません。表面上の皮膚などは強いというよりも若いという部分はあると思いますがその下にあるものはガタガタ状態になっていることもありますので強いというわけではありません。

疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動すること屋ショッピングをすること屋歩いたりすることや食事を作ったり掃除をしたりすることで多くなっていき積み重なっていくものが体に溜まっていきます。

疲れやストレスというのは大変多くの方に溜まっています。
疲れやストレスの蓄積が表面上には止まりながら体の奥深くに溜まっていきます。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定に

疲れやストレスのたまる所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということですが水分といっても血液だったりリンパ液であったり体液だったり色々な水分があります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

体重の半分以上が水分で構成されているということですから、あと残った40 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。
40 kg の中には神経と血管とリンパ管と 皮膚と脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と聞くと病気というのを結びつけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということが本当に起きるんです。

内臓と疲れやストレスの蓄積

しかし内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと徐々に細胞の変化が大きい老化していくことがありますので老化の最終形態が病気でもあります。
病気というのも関係がないということはありませんが当院で扱うものは病気ではなく内臓に溜まっていく疲れやストレスの方が原因で腰痛が起きてしまうということですから疲れやストレスを溜まったところから減らすことをしていくのが第一です。

病気として完成してしまえば病院に行って何らかの検査をして 陽性反応がでたら治療しなければいけません。健康な細胞から病気の細胞になっていく過程というのは半年や一年でなることはありませんので10年や15年かけながら細胞の変化が起きていきますがなっていく過程では病気ではありませんのでいくら検査をしても分かりません。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

ある程度、細胞の状態が変化したときに病院に行って検査をすると数値的な異常が出ているということはありますが完成間近か完成した状態で数値の異常が出てきます。
人の体には弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分はあまり症状を起こすこともありませんし腰痛につながることがありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まっていくと徐々に変化していきながら老化していきますので筋肉が老化することもあれば筋肉以外では靭帯や関節も老化していくということもありますし内臓も老化していく可能性があり余計に弱くなっていきます。

腰痛の原因

腰痛を起こしている内臓というのは腎臓になりますから腎臓に多くの疲れやストレスが溜まると炎症や腫れが起こりますが炎症や腫れが起こったからといって数値的な異常が出ることもないことも多くありますから病気ではありません。
腎臓の位置を確認してみると腎臓というのはウエストの肋骨の下の所にあります。
ウエストラインの少し上の肋骨の一番下の背中側を触れば腎臓の位置を触ることができます。

腰痛の方は腎臓のある部分が非常に出っ張っていたり硬くなっていたりぶよぶよしているということがありますのでこういう状態が起きていても病気というわけではありません。

腰痛は腎臓から
2018年10月30日

整体とは歪みやズレ

整体というのは歪みが起きた体を矯正して整えていくことで痛みやこりを楽にしていくことなんですが体が痛みやコリを起こしている時にはどういう状態になっているのかということがあります。

整体というのは体を整えていくことをしていくのが整体ですがどうして歪みやズレが起きてしまうのかということが繋がって痛みやこりになっていくわけです。
腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などが起きる時にはどうして起きてしまうのかということを考えなければいけないと思いますが多くの方は対症療法ばかりに逃げてしまっている場合が多くあります。

整体とは

対症療法と整体

対症療法というのは痛みを楽にすることなんですが色々な痛みやコリを原因を見つけ出すこともなく楽にすることをしていくのが対症療法です。

普通一般的には対症療法と言うと多くの治療法が対症療法の中に入っていますが当院でも対症療法をしていますが対症療法したら次の段階に進むことを考えています。

対症療法といっても多くの方が意味不明な言葉だと思いますから対症療法というのは湿布を貼ったりしても色々な症状は楽になることもありますしドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも楽になることもありますし家族の方にマッサージをしてもらっても楽になることもあるかと思いますが、また専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

特に低周波治療器や電気などをかけてしまうと楽になることもありますので原因なんかを見つけ出す必要もなく原因を探ることもなく検査することもなく楽にしてしまうことができるために原因が残ったままになっている場合が多くあります。

痛みやコリ

色々な痛みやこりが起きたり体調の悪さが起きる時には必ず何かが起きているわけですから

何かが起きていることを見つけ出すことは大変、難しいので見つけ出すこともなく楽にすることをしているわけです。
必ず何かの症状が起きる時には原因がありますから原因を見つけ出すこともなく楽にすることもできるということです。

しかし楽にすることと原因を見つけ出して直していくということは全然、意味からして違います。
腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などもしっかりとした原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すこともなく一時的 戦場の症状を改善していくのが対症療法になります。

しかし原因がもし仮に本当にあるとしたら原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということがあるから原因から直さなければ大変な結果に招いていくということがあります。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みは

必ず何かの状態が起きる時には原因が潜んでいますので原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みやコリや症状などを楽にすることをしているということは大変なことになっていくこともあるということです。

整体で扱う骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも単純に開きやズレやゆがみを矯正すればいいというものではなくどうしてひらきやズレやゆがみが起きたのかということが内側に潜んでいるからです。
普通の整体院では歪みやズレやヒラキなどを矯正したらそれで終わりということです。
しかしどうして歪みやズレや開きが起きたのかという問題がありますので問題がさらに奥にあるということです。

まずは痛みやコリや色々な症状などを楽にすることを目的として施術に入ります。
楽にするためには筋肉疲労やリンパの働きを解消することはもちろんですし老廃物の蓄積した状態を改善していかなければいけません。

リンパの流れ、老廃物

しかし単純に筋肉だけを揉みほぐしたりリンパの働きを解消したりすればいいというわけではありませんので、その先にあるものを見つけ出すことをしなければいけません。

特にリンパの働きというのも落ちてしまえば老廃物が溜まっていき循環が悪くなるということが起こりますが何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物がたまったりすることがないということです。

何かの原因があるからリンパの働きを悪くなって老廃物が溜まるということが起きますのでリンパ療法やリンパマッサージというのは単純に軽いマッサージをしているだけですから本当にリンパが流れているのかという問題視しなければいけないところがあります。

特にリンパの働きに命令を出すのは肝機能が命令を出すことをしていますので肝機能の問題や病気という状態ではない状態で起きてしまっていることもあります。

整体で体調する色々な症状というのはあらゆるものがありますが風邪を引いてもインフルエンザにかかっても背骨のズレが起きてしまいます。
整体で矯正をする時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが中心ですから、まずはどこから歪みやズレや開きが起きるのかということですね。

歪みやズレは

歪みやズレや開きが起きる原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することなど体を動かしたりすることが原因で生み出されていくのが原因です。
毎日毎日の生活で生み出されて多く体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは何をしても生み出されていきますし何もしなくても疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスが体に溜まるということは何となく知っている方が多くいますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題なんです。
普通一般的な素人というのは大変失礼ですが一般的な人は疲れやストレスをためるところを考えてもいませんし知っていることはないと思いますが専門家の先生でさえ詳しく知らない方も多くいます。

というのは疲れやストレスというのは実体がないからです。
実体がないから自分で本人が感じて 分からないからです。

ストレス

目で見ても分からないものもある

実際に骨折や怪我をしていたら人が見ても痛々しいということがわかりますが疲れやストレスというのは他人には分かりません。

一番多く疲れやストレスが溜まるという感じになっているのに疲れやストレスを検査する機械もなく道具もありません。

疲れやストレスは本人が感じているものしかわからないということです。
ですから疲れやストレスの蓄積で多くの状態が体にダメージを与えていても他人はわからないということです。

病院というところは病気の専門家がいるところですから病気になってしまえば専門家の先生の所に行って色々な検査を受けてみると病気という判断が降る可能性がありますが、病気でなければ分からないということです。
色々な検査をしても分からなければ精神疾患を疑われる場合もあります。

心の問題

つまり精神的な事から来ているだろうということです。
ここが痛いと言っても肩が凝ってると言っても腰痛が起きていると言っても膝が痛いと言っても対症療法ばかりしていることがありますから湿布を貼ったりサプリメントや薬をもらったり注射で水を抜いたりヒアルロン酸を注入したりということが多く伺いられます。

しかしどうして水が膝にたまるのかという問題があるということですね。
膝に水が溜まるのも原因があるとしたら原因から改善していかなければいくら水が溜まって

注射で水を抜いてもヒアルロン酸で滑りを良くしても軟骨に栄養成分を与えても原因が覗かれているわけではありません。

原因を見つけ出すためには検査をしなければ誰でもわかりません。
検査というのは単純な検査ではありません。
というのは人それぞれ体の大きさや形が違います。

脂肪体質も違うしない像の大きさが違うからです。
体型も違えば性別も違うということです。
当院では状態の検査をする時には後頭骨ラインという ラインの検査をすることをしています。
患者さんの後ろ頭を使って反応する ラインがありますので反応する LINE でその人の状態がすべて、わかってしまうという部分です。

歪みやズレ、体調を検査する技術

しかしこの方法も簡単なものではありませんので経験と練習と熟練度が必要になります。
3年ぐらい経験を積んでいくと人それぞれの頭の形や体型や男性や女性や色々な状態のものが分かってくるレベルにはなります。
毎日毎日の練習と経験を積んでいくことで検査方法が正確になっていきます。

しかしハイレベルの検査法になると大変、難しいのでそれ以上の修練が必要になります。
当院の院長も30年以上の経験がありますのでハイレベルの検査ができるので後頭骨ラインを触らなくてもある程度の状態を判断することができます。
後頭骨ラインというのはメジャーバートランドディジョネットという先生が作った方法です。

ディジョネット先生はドクターでもあります。
ドクターの分野からカイロプラクティックの分野に進出してきた先生でもあります。

足の長短の違い

整体で検査するというのは開業している先生でも難しいものがありますので足の長短というのは単純な検査法でしかなりませんので当院では足の長短を検査することはしていません。

足の検査というのは初回は誰でも狂っているのが当然だからです。
例えばですけど右足が短いとか左足が長いとかいう感じが足の長短になりますが骨盤の歪みから起きているという感じで説明されたり背骨がずれているからということで説明されることもありますが矯正されると揃ったしまうということがあります。

以前、午前中に他の整体院に行かれた方が、当院に午後に訪れた方がいましたが、他の整体院で足の長さが違うのを揃えてもらったと言っていましたが当院で確認してみたら足の長さは違し骨盤の歪みが起きているということがありました。
足の長さを単純に矯正して揃えれば良いというわけではなく、どうして足の長さが違うのかという事が問題になるということなんですが足の長さの違いというのは骨盤の歪みや骨盤の開きではないんです。

足が揃っても骨盤の歪み・背骨のズレが解消したとは限らない

足の長さが違うのも骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きてしまうのも体調が関係しています。

初回では体調が悪いのが当然ですから足の長さは狂っています市骨盤の歪みは骨盤の開きもあるということです。
腰痛や肩こりや 頭痛の方や生理痛の方や便秘の方も当然、足の長短は違います市骨盤の歪みや骨盤の開きは当然、起きています。

骨盤の歪みは骨盤の開き背骨がずれてガタガタ状態になっている現象は体調を落としていることが原因ですから体調落としているということは疲れやストレスが溜まっているということを言います。

ですから疲れやストレスを溜まっているところから減らすことをしていけば骨盤の歪みは骨盤の開きは解消しますし背骨のズレてガタガタ状態になっている方も改善できるということなんです。

体の中から調整すること

基本的に体の中から調整していくことをしないと多くの場合、意味はありません。
楽にすることはできるかも分かりませんが直していくということは不可能です。
楽にすることと直していくということは根本から違います。

整体というのは体調をあげるということをしていかなければいけないんですが単純にマッサージをしたらいい天気をしたりしても体調をあげることはできません。
整体で良く行っている矯正でボキボキするようなことをしていますがボキボキしても体調をあげることはできません。

低周波治療器や電気などをかけても体調をあげることはできません。
唯一体調を上げることができるのは自分自身の力でしかあげることはできません。
自分自身の力が上がるように体を改善することが整体の目的でもあります。

骨盤の歪み・背骨のズレ


2018年10月29日

小顔矯正で顔が本当に小さくなる

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに一番、重要なものがあります。
小顔矯正をしていくときに一番、重要なものというのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が顔を小さくしていくときに一番、関係するものだからです。

小顔矯正

顔を小さくするということは

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていましたが小顔矯正を希望されて訪れた方で体調が良いと思われる方は一人もいませんし院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいと思いますという感じなんですが

当院の院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっているのに普通だったらこんな状態だったら体調が悪いはずなのに悪いと言わないのかわかっていないのかというくらいの方がいますが当然、小顔矯正を希望されて訪れていますので顔を小さくすることに専念していかなければいけませんが本当は体から整えた方がいいのになと思うことが多くあります。

体から整えていくことをしないと小顔矯正をしても効果が薄くなったり持続性や維持することはできないのは当然です。

専門化のカリスマが小顔矯正をしても

いくらどんなに上手い小顔矯正の先生が顔を小さくすることができても体がガタガタになっていたりすると維持することはできないのは当然です。

小顔矯正をする時には簡単なようにして顔を小さくすることをしていますが簡単なテクニックではなく30年の研究の成果で簡単にしているようにしか見えないということですから簡単な方法で顔を小さくしているわけではありません。

当院の小顔矯正を経験した方は簡単にしているようにしか思われないために受けた方本人ができるような感じのイメージを与えてしまいますが簡単な経験で小顔矯正をしているわけではありませんし30年の研究があるから簡単にしているようにしか見えないというだけです。

小顔矯正をしていくときには矯正に入る前に2度ほど触る練習をします。
実際に一度目から顔が小さくなるから顔をしっかり触って覚えておかないと顔が小さくなってもわからないということがありますので小顔矯正と言っても10 CM 20 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正をしていくときには1 CM だったり2 CM だったりという風に変わってくるのが小顔矯正です。

顔が小さくなるのは

矯正をするときに1 CM 変わってもしっかりわかるように触っておいてください。
変わってもしっかりわかるように触っておいてください。
しかし簡単な触り方であって簡単ではありません。

当院の院長は経験があるから簡単に触っていますが患者さんにとっては簡単ではありませんのでしっかりと触って感じようとして触ってください。

当院では小顔矯正に入る前に鏡で見て左右さを比べてもらうようにしています。
まずは鏡で目で見て自分の顔の大きさや輪郭や幅などを覚えるということです。
目で見て多くの方は右と左側の出っ張り度合いが違うというのが分かると思いますが目で見るよりも難しいのが手で触るということです。

今まで多くの方が小顔矯正をするときに触り方の練習をしましたが例えばですけど10人の方が小顔矯正を希望されて訪れてもその中の一人か二人ぐらいの方が顔が小さくなってもわからないということがあります。

自分で小さくなるのが、わかるように

顔を触る時には単純に手を当てるだけではなく感じようとしないと分かりません。
感じようとするときに大脳の感覚神経が働いてくれて手に集中力を増強させてくれていますので大脳を働かせることができないと体だけで触っています。
体だけで触った方ほど小さくなったのが分かりません。
手を当てただけでは顔が小さくなったのが分かりません。
自分の顔に手を当てるだけではなく大きさや形の左右差が違うということを感じようとして触ります。
小顔矯正をしていくときの顔の触り方というのは両方の手首を合わせるようにくっつけて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。
しかしこれだけでは多くの方はわかりません。
顔を触る時には手のひらと指というのは気がついていないぐらい浮いている場合があります。
浮いたところというのは触っていないわけですから顔が小さくなったのが分かりません。
そして手を置いただけでは分かりませんので顔の左右差を感じようとして触ってみてください。

顔の左右差を感じる

顔の左右差を感じようとした時に大脳の中の感覚神経が働いてくれて手に集中力を増してくれていますのでより一層、顔の変化がわかりやすいということになります。

これを簡単なことだと思って触ったかたほど分かりませんし、わかろうとしっかり真面目に触ったかたほど顔が小さくなったということがわかります。
顔を触るということは大変難しいことですから簡単に触ってしまうと手を当ててた気になってしまいます。

手を当てただけではなく左右差を感じようとして触ると手の感覚神経がよく働くようになりますので左右差を感じようとすると大脳の感覚神経が働いてしっかりとわかるようになりますが頭を働かせることをしていないと、ただ手を置いただけになりますし大きさを把握することはできません。
顔が小さくなる矯正をしていくときには一番ご自分の手で触ってわかるということが大変なことになりますので大変なことがしっかりとわかるようにして触っておいてください。

当院では小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけたりすることもなく元気が機械を使ったりすることもなく手の技術力だけで顔を小さくしていくことをしています。

顔を小さくする為には

小顔矯正を訪れた方の顔を小さくしていくためにはどうやったら顔を小さくすることができるのかどこの部分を小さくすることができるのか細くすることができるのかということを考えながら検査しています。

顔に多くなってしまったむくみが脂肪を減らすことももちろん当然、顔が小さくなる最低条件ですからむくみや脂肪を減らすこともしたりすることをしていますが単純にむくみや脂肪が多くなってしまった方は何も原因がなくて多くなることはありません。
顔にむくみを脂肪が多くなる原因として一番考えられるのは疲れやストレスの蓄積です。

身体に多くの疲れやストレスが溜まるように顔にも疲れやストレスが溜まっているということが本当に起きていますので顔に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど浮腫みや脂肪になっていきます。
これは体でも同じことが起きますので体に疲れやストレスが多く溜まってしまうとむくみが脂肪になっていきます。

小顔矯正と疲れやストレス

顔を小さくしていく小顔矯正をしていく時には顔に溜まってしまった疲れやストレスが多くなったところの部分を矯正して行くと顔が小さくなっていきますが特に顎のラインというのは多くの方が疲れやストレスを溜めてしまい脂肪や浮腫になってしまっているということがありますが単純に誹謗やむくみが起きているわけではありませんのでその下にある顔の骨が炎症を起こしたり晴れたりしていることもあります。

当院では検査することができますので検査をしてみると骨の炎症や腫れがある場合が多く見受けられますので腫れや炎症を抑えていくことで顔が小さくなっていくということがありますが顔にできてしまった骨の炎症や腫れが大きくなると骨が肥大しながら変形起こしていきます。

顔が肥大することも

骨が肥大しながら変形を起こすと大きくなっていけますから変形状態を取ったり開いた状態を解消したりすることで顔が小さくなっていきます。

特に先ほどの説明したように顎のラインというのは炎症や腫れが多く起きている部分ですから自分で気がついていなくても骨まで肥大したり大きくなって変形しているという方が多くいますのでむくみや脂肪が増えてしまう原因になります。

むくみが脂肪が多くなってしまったかたは単純に毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが溜まっていきますが体にも止まりながら顔にも溜まっていくということが頭にもはまっていきます。

どこでも分け隔てなく溜まっていくのが疲れやストレスです。
たまらないところはありませんが多く溜まったところほどむくみや脂肪を起こす原因になってしまいます。

そして最近は多くの方が気がついていない方が多くいますが睡眠負債状態の方が異常に増えていますので不眠症とは違い気がついていない方が多くいるのが現状です。

不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますのが不眠症ですし夢を見ている時間が圧倒的に長くなっているのが不眠症です。

不眠症と小顔矯正

しかし不眠症とは違い睡眠負債というのは目が覚めることがありません。
朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを言います。

大脳が休養とって寝ている状態のことを熟睡と言います。
熟睡をしていない限りは浅い睡眠ばかりしていると眠っているとは言いません。
生命機能の中枢である大脳が休養とって休んでいることを眠りというますので目をつぶってスースー寝息を立てていることが眠っているわけではありません。

小顔矯正をしていくときに顔の近くにある大脳の状態が一番、関係しますので大脳の状態で関係するのは眠りということになります。

いかにいい睡眠をするというよりも大脳が眠っている状態を長くすればするほど本当の意味で寝ているということになりますが最近は寝ていても目が覚めなくても眠りが浅い形が異常に増えていますが眠りの浅い状態の方も夢を見ている状態は記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしているというのがあります。

寝ながら考え事をして眠っているわけですけど眠っている本人にはわかりませんが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあり厄介な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしてる睡眠が長いと大脳は急激に弱っていきますので弱っただけではなく脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳細胞の急激な減少を招いていく結果精神疾患になりやすくうつやパニックになりやすく認知症や痴ほうなどに進行しやすくなります。
寝ている時に眠れないことに気がついている方は多くいますが寝ている時に気がついていな

いぐらい浅い眠りをしている方は若いかたに多くいます。
子供でも寝ているような状態に見えても大脳が寝ながら考え事をしている場合が多くあります。
小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が多く関係しますがそれらのすべてが顔に表れているということがあります。

睡眠負債と小顔矯正

顔の部分が垂れ下がっているぐらいぶよぶよになっている方もいますし垂れ下がっているような顔をしているとむくみも多くなっていきますから体調がすごく悪く睡眠負債状態が関係している場合があるかも分かりません。
眠りというのは重要なものの要素ですから死なない程度に寝ているという状態かも分かりません。

本当に大脳が休養とって寝ていることを眠りと言いますので毎日毎日、熟睡状態ができているという方はいないと思いますし眠れていない方ほど痛みやコリを限界まで悪くしてしまっていますから風邪を引くこともできません。
大脳が元気だから風邪の細菌が入ってきたら風邪を引くことになります。

大脳が元気だからインフルエンザウイルスが入ってくると高熱を上げてインフルエンザウイルスを減らそうとします。
大脳が弱ってしまうとこれらの行為ができないということですから蔓延化した状態で細菌やウイルスが体内に増えてしまうということで万病のもとになります。

小顔矯正と睡眠負債


2018年10月29日

小顔になれる矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をする時に一番重要なものがあります。

小顔矯正

小顔矯正をしていくときに一番重要なものというのは関係するものなんですが小顔矯正をする時には体に蓄積してしまった疲れやストレスが一番深く関係をしていますので疲れやストレスを減らすことをしていかないと維持することや持続力はありませんし顔を小さくすることをしても効果がなかったりということがありますので技術の関係にしてしまいやすいですが体の状態というのが小顔矯正をしていく時には深く関係をしています。

顔を小さくするとは

小顔矯正と言っても単純に顔を小さくすればいいというわけではありません。
小顔矯正をして顔を小さくするというのは顔というのは頭蓋骨の一部です。
頭蓋骨の一部の事を顔面骨ともいいますが顔面骨という正式名称はありませんので頭蓋骨が顔の骨という感じになりますので部分的に顔の骨という状態ですが全体的にトータル的に見てみると頭蓋骨の一部が顔ですから。

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくするということですから頭蓋骨が小さくなるのかと言うと小さくなることはありません。
頭蓋骨というのは大脳や脳幹を納めている部分ですから大脳、脳幹が圧迫されたりすることがあるということは大変なことですから。

顔の左右差

頭がい骨を小さくする

頭蓋骨の一部が顔という状態ですから顔を小さくすることをしていけばいいと思うかも分かりませんが頭蓋骨全体に影響が出てしまうのが顔ですから。
小顔矯正をしていくときに頭蓋骨矯正をしていくというイメージですが小顔矯正をしていくときの矯正は頭蓋骨矯正ではありません。

頭蓋骨というのを小さくするということをしていくのが小顔矯正という意味になりますが顔だけ小さくすることはできませんし顔だけ小さくしても 頭でっかちで残っている場合が多くありますのでそういう状態ではバランスが悪く宇宙人みたいになってしまいます。
小顔矯正をして行く時には頭という概念で考えてください。

小顔矯正をして行くときには

小顔矯正をして行く時には顔だけということの意味ではありませんので頭蓋骨矯正という感じでもありませんが頭を小さくするという意味になります。
顔を小さくしていく矯正も顔だけ小さくするということはできませんから頭全体的にトータル的に考えてほしいということですけど、では顔を小さくすることをできるのかと言うと多くの方の場合、検査をしてみるとわかることがあります。

小顔矯正をしていくときには頭を小さくしていくということになります。
頭を小さくしていくということは変なことになるかも分かりませんのでわかりやすい言い方ですると顔を小さくすることができるのかということですが顔を小さくすることはできます。

疲れやストレスと小顔矯正

顔にもたまる疲れやストレス

しかし顔を小さくしていくときには顔がどういう状況になっているのかということがありますが顔というのは疲れやストレスが多くて溜まっています。
疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで色々な疲れやストレスが多く蓄積していきます。
多く蓄積するというよりも生み出されていきます。

疲れやストレスがない生活はありませんし生きている限り生活している限り仕事をしている限り運動している限り体を動かしている限り多く生み出されて蓄積していきます。

疲れやストレスというのは、体に溜まるということは分かっていると思いますが体に溜まるのに頭にたまるということはないということはありません。
疲れやストレスというのは全身にたまりますので全身にたまるということは体にもたまりながら頭にも溜まっていきます。

疲れやストレスは限界なくたまる

疲れやストレスというのは多くなればなるほど限界なく多くなってしまいますので多くなって限界まで溜まったものは体に蓄積していきます。
体に蓄積していくという風に考えればわかりやすいと思いますが疲れやストレスというのは体のどこにたまるのかということも考えなければいけません。
疲れやストレスがたまるところがあるから小顔矯正をしている時に関係しているわけです。

小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積が関係すると言いましたが疲れやストレスを減らしていくことで顔が小さくなっていくから関係していると説明をしています。
疲れやストレスというのは体にもたまりながら頭にも顔にも溜まっています。

顔にも疲れやストレスが

多くの方が知らないと思いますし専門家の方も言わないと思いますけど専門家の先生も知らない方が多くいますが疲れやストレスというのは頭にもたまにながら顔にも蓄積していきます。
顔に疲れやストレスが多く蓄積していくとむくみが多くなったり脂肪が多くなったり皮膚がたり下がったり顔がいつのまにか大きくなっていきます。

体に蓄積してしまった疲れやストレスというのは歪みやズレとして現れてきますが骨盤の歪みは骨盤の開き、そして背骨のズレというのは疲れやストレスの蓄積から起きています。
しかし顔に溜まった疲れやストレスというのはどういうことが起きるのかと言うと歪みやズレということも顔の起こりますが、浮腫みや脂肪というのも疲れやストレスの蓄積から起きています。

顔に疲れやストレスがたまると浮腫み、脂肪が増える

小顔矯正をしていく時に顔に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしていくとむくみや脂肪が減るだけではありません。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで色々な疲れや

ストレスが生み出されて蓄積していきます。
疲れやストレスが多く溜まりすぎた方ほど顔の歪みが起きてしまうこともあります。
顔が変形したりすることがあるということです。

疲れやストレスと言うのは簡単に考えるものではありません。
疲れやストレスが溜まるということは顔にたまるということで説明をしていますが顔だけではないということです。

大脳にも疲れやストレスがたまる

顔の近くには何があるのかと言うと大脳や脳幹などの重要なものがあるからです。
小顔矯正をして行く時には顔に溜まった疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなっていきますが逆に考えれば疲れやストレスがたまりばむくみや脂肪が増えるだけではなく顔の骨の変形を起こすということです。

顔の骨が変形するということは顔が肥大しながら大きくなっていきます。
骨にも疲れやストレスが溜まっていきます。

人が生きている限り骨も皮膚も筋肉も脂肪も生きているからです。
生きているもの、すべて疲れやストレスが溜まる対象になります。
つまり顔の皮膚や脂肪や筋肉にも疲れやストレスが溜まりますが最大にたまりやすいところというのは顔面の骨になります。

顔面の骨と言うと意味わからないという方も多くいますが本当に顔の骨に疲れやストレスが溜まって骨が炎症を起こしたり腫れたりすることも起きますし肥大して大きくなっていきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは、あらゆるところに溜まっていきますので貯まるところは多くありますがたまらないところはありません。
疲れやストレスを減らすことでも顔が小さくなっていくと説明したように多くの方は疲れやストレスを溜めすぎています。
小顔矯正に訪れた方に体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと必ず同じ答えを開始できます。

同じ答えというのは調子は悪くありませんとか体調はいいと思いますとか簡単に答えてしまっていますが痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないということを知らないという感じです。
体調が落ちているというのは痛みやコリがあるだけではありませんし体調の悪さが分かっていない方が多くいるからです。

小顔矯正をしていくときにもう一つ重要なものがあります。
重要なものというのは睡眠負債状態です。

小顔矯正とは

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと大脳が急激に弱っていきますし弱っただけでは済まなくなって脳細胞の急激な現象を起こします。

不眠症と睡眠負債状態というのは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし、夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症の特徴でもあります。

しかし新しい言葉である睡眠負債状態というのは違います。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが睡眠負債状態です。
普通であれば夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないと聞くと良い眠りをしているような感じだと思います。

睡眠負債とは

しかし睡眠負債状態は寝ているようで眠れていないのが特徴です。
睡眠負債状態が多くなればなるほど体調はどん底の体調をしていますし奈落の底の対象になっていますが、こういう状態に陥った方ほど自分の体調が分からなくなっていますし痛みやこりがないからといって体調が良いとは限らないということを知らないというよりも考えていない方が多くいます。

睡眠負債状態で大脳が弱った方は生命機能の中枢である脳幹の部分も弱っている可能性はありますので脳幹の部分が弱ると自律神経の支配をどう考えていますから、大変な結果を招いて言ってますが感覚的な麻痺がおきますので感覚的な麻痺が起きれば鈍感になってしまい麻痺した状態を長く繰り返します。

どんなに最高なカリスマの人が小顔矯正をしても眠れていないような状態では大脳が弱っていますので小顔矯正をしても効果がなかったり持続性はありません。

疲れやストレスが多くあると

本当はそういう状態の方は小顔矯正をするよりも大脳や体を治して整えていかなければいけませんが希望が希望ですから小顔矯正を中心にして顔を小さくすることをしていますが本当に大変な状況になっている方ほど小顔矯正を希望されて訪れる方が多くいます。
最初から嫌なことを言うのは嫌われますのであまりいうのも失礼かと思いますので言わないことも多くあります。

しかし体のことを心配すれば大変な状況が起きていますが大変な状況が起きているという言葉わからないという方がいます。

大脳の脳細胞の急激な現象が起きるといつかはうつやパニックや統合失調状態になるかと思いますし精神疾患を患う方もいますし認知症や痴ほうなどになりやすくなっていくということはあります。

睡眠負債と不眠症

必然的に眠りが浅いということも分かっていないわけですから当然だと思います。
小顔矯正をして行く時には一回で終わることはありませんので体を色々検査したりして状況を判断をしながら顔を小さくすることをしていますが当院のテクニックでは顔を触らなくても顔が小さくなるということもあります。
つまり体を整えていくことをしていけば顔が小さくなることもあるということです。
それほど体の状況が顔に影響を与えています。

しかし小顔矯正で訪れているわけですから顔を触らないと満足する方はいませんから顔を触って小さくすることをしていきます。

体を整えていくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしていますので無理な子顔矯正ではありませんし色々な症状が改善していくという効果がありますが 1回目から顔が小さくなっていきますが一回で全て整うことはありませんので一回で終わる小顔矯正というのはありません。

睡眠負債と疲れやストレスと小顔矯正
2018年10月26日

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛を楽にしていこうと思うなら 腰痛の原因になってるものを見つけ出す必要があります。 表面上の急激な痛みや強い痛みだけを解消して腰痛が治ったと思うのは意味が全然違いますので 楽にしていくことと原因を見つけ出して直していくということは意味が違います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていく方法というのはいろいろな方法があると思いますが 湿布を貼ったりすることでも楽になることもありますし ドラッグストアなどに売っている サプリメントなどを飲んでも楽になることもありますし頭痛薬などに使われる 痛み止めを服用しても楽になることもありますし マッサージをしても腰の痛みが緩和することもありますし、低周波治療器などの電気をかけることでも腰痛が楽になることもあります。

 

腰痛を楽にすることと直していく事の違い

しかし腰痛を楽にすることと腰痛を治していくということは違いますので勘違いしないで欲しいところです。

腰痛をまず感じている方は 楽にすることからしていきます。
普通は楽になったら腰痛が治ったと思うでしょうが 実は違うんです。

腰痛を楽にしたらそこから原因を見つけ出すことをしていかなければ繰り返しやすく戻りやすく腰の痛みがないときでも原因もいつまでも同じままではいられません。
腰痛というのは必ず原因があります。
腰痛の原因がありますが簡単な方法で見つかることはありませんので 対症療法の治療方が多く見受けられます。

腰痛の原因

腰痛を本当の意味で楽にしていくためには原因を見つけ出さなければいけませんが原因を見つけ出す前に痛みを楽にすることから始めなければ行けませんので腰痛をまずは楽にすることからしていきます。

腰痛を起こしている方の場合、どうして腰が痛くなったのかと聞くと多くの方の場合きっかけを答えています。

きっかけというのは原因ではありませんので切っ掛けというのは重たいものを持ったり中腰をしたりして立とうとした時に腰が痛くなったとか車の運転をしていると腰が痛いとか何かを取ろうとして手を伸ばした時に急に腰が痛くなったとか合わない靴は履いて腰が痛くなったとか同じ姿勢をしていると腰が痛いとか布団に寝て朝起きたら腰が痛くてたまらないとかくしゃみをしただけで腰が痛いとかいうことが切っ掛けです。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

切っ掛けで腰痛は起きる

腰痛というのは色々なものの切っ掛けで起きるのがありますが切っ掛けというのはあくまでも切っ掛けですから切っ掛けの他に原因があるということを考えなければいけません。

腰痛を起こしている場合はきっかけと原因が関係しますので原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。
この両方の条件が揃った時に腰痛がおきます。
どちらか片方が欠けても腰痛が起きることはありません。
両方の条件がある程度揃った時に起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

例えばですけど骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレがある時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんので体を支えることができないと腰に軋轢が起きて 腰の痛みとして腰痛が起こります。
テコの原理と同じようにして負担があるところに一番、重圧がかかりますので重圧がかかったところが痛みになります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも姿勢が悪かったり猫背になったりすることで起きたりすることはありませんし横座りしたり足を組んで座ったりすることでも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きることはありません。

姿勢が原因ではない

そんなに簡単に姿勢で曲がったりすると中枢神経系を守っている背骨や骨盤ですから影響が大きくありますので姿勢で曲がることはありません。

しかしあることが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起こります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレと言うのは毎日毎日の生活で仕事をすることで運動することで体を動かしたりすることで多くなって蓄積していくものが原因です。

毎日毎日の生活で多くなっていくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは多くの方が気がついていませんが同じ意味の言葉になりますので分かりやすいように疲れやストレスという言葉を使いますが本当は疲れやストレスというのは同じ意味になります。
疲れが溜まった状態のことをストレスという風に言いますので蓄積した疲れがストレスです。

ストレスの蓄積が腰痛になる

ストレスの蓄積

ストレスというのは肉体的に溜まるストレスもあれば精神的に溜まるストレスもあります。
体に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起こりますので多くの方の場合どこに疲れやストレスが溜まったのかで起きるものが違いますから疲れやストレスがたまりやすいところというのは体の弱い部分になります。

体の弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まりながら骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。
毎日毎日の生活は疲れることをしていますのでストレスが溜まりぱなしになっていますがたまるところというのは体の中でも弱いところに溜まっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

ですから肩こりの方は肩が弱いということになりますので腰痛の方は腰の部分が弱いということになりますから弱い部分が痛みを起こしながら症状を悪化させていくということもありますが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのも特別なことではなく誰でも起きても不思議ではないものです。
体には必ず弱い部分とそうでもない部分が存在しますので弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まることが原因で歪みやズレが起こります。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまると説明しましたが体のどこが弱いのかということになりますが人の体の体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg の水分が出てきます。

60 kg の水分に疲れやストレスが溜まるということはありえませんので、あと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。

40 kgの中には神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありませんのでこの中に疲れやストレスがたまるところというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く疲れやストレスが溜まっていきますが内蔵と言っても病気というわけではありません。

体の中から崩れてくる

内臓に多くの疲れやストレスが溜まりながら体の内部から崩れていきます。
表面上にあるものは筋肉ですから筋肉にも疲れやストレスが溜まります。
内臓に溜まった疲れやストレスと筋肉にたまった疲れやストレスが重なった状態で起きていくのが腰痛ということになりますので腰痛を起こす弱い部分の内臓というのは腎臓になります。

腎臓に多くの疲れやストレスが止まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

腰痛や腰の痛みやぎっくり腰と聞くと即、思い浮かぶのは腎臓なんです。
つまり腎臓の弱いかたが腎臓に疲れやストレスが多く蓄積しやすく蓄積していく度合いが大きくなって行けば行くほど骨盤の歪みや骨盤の開きが起こり背骨がずれるということでずれたり歪んだり開いたりしているときに重たいものを持ったり前かがみをしたりすると体を支えることができませんので腰の痛みになるということです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しなくても痛みを楽にすることができます。

痛みを楽にすることは

痛みを楽にすることをしていくのが対症療法というやり方ですから病院に行って注射を打ってもらっても湿布をもらって貼ってもマッサージをしても電気治療器をかけても腰痛が楽になっていきますが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが残ったままになっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるといつでも腰痛を起こす可能性がありますが程度と言うか段階と言うか歪みの度合いがあります。
大きく歪んだり大きくずれたりすることもあれば歪みやズレが減ることもあります。

このように変化するということは体調にコントロールされているものが関係していますので体調にコントロールされているものというのは疲れやストレスの蓄積何です。
疲れやストレスが多くなればなるほど骨盤の歪み骨盤の開きが大きくなっていきます。

大きくなった時に重たいものを持ったり前かがみをしたり座ってには仕事をしたりすると腰が痛くなるということが起こります。

疲れやストレスと骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛を起こしている時には必ず両方が重なって起きていますので痛みを改善したら骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正していかなければいけません。
いつまでも骨盤の歪みは骨盤の開きが同じままではいられませんので原因があると進行していく場合がありますが原因というのは腎臓の弱さになりますので腎臓の弱さがあると進行していくということがあります。

腎臓に病気を持っている方、透析の方などは以前と言うかだいぶ前も入れてですけど腰痛を起こしている可能性があります。

腰痛を起こしている時には先将来の病気が関係していますが完成していない限りはいくら病院で検査をしても病気ではありません。

病気というのも 健康な細胞から病気と細胞に一気に変化することはありませんので半年や一年で健康な細胞から病気の細胞になることはありえません。
なっていく過程と言うか進行していく過程がありますので進行していく過程があればあるほど病的段階に近づいてしまうということがありますが完成するまでは数値的な以上は出ない場合が多くあります。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛みに

腰痛というのは大変、腎臓が深く関係していますが腎臓の弱いかたはウエストラインの肋骨の下の辺りを触ると異常に難く出っ張っている場合が多くあります。
腎臓というのは骨盤の上の方にありますので左右二つとも腎臓が存在しています。

腰に手を当てた場合、一番触るのは上であれば腎臓になりますので走ったりランニングしたり料金をしたりした時に脇腹が痛くなるのは腎臓が深く関係をしていますのでランニングした時に走ったりした時に横腹が痛くなる方は腎臓が何らかの問題を持っているということがあります。

しかしいつもかつも痛いという方はいませんので時々痛くなるということは腎臓が深く関係しているということです。

しかし完成するまでは病気ではありませんので病院に行っていくら検査をしても数値的な異常が出ない場合も多くありますから早合点しないように注意してください。
当院では病気の治療をしているわけではありませんので病気の場合は病院に行って何らかのの検査をして陽性反応が出たら病気ということですから病院で治療しなければいけません。

しかし何回も繰り返しますが当院の施術項目の中には病気というのはありませんのであくまでも腎臓が弱っているという段階の場合だけです。
腎臓が弱るということは老化現象のひとつですから老化する腎臓が急速に進行していけば病気になるということなんですが病気として完成していない限りはいくら検査してもわからないということですから疲れやストレスの段階であれば回復させることができる可能性もあるということです。

腰痛を繰り返しやすい形治りにくいかというのは腎臓の問題がうかがえる場合が多くありますので単純に骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレを矯正すればいいというわけではありませんしマッサージをしたり電気をしたり湿布を貼ったり低周波治療器をかけたりすることも構いませんがあまり意味はありません。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに
2018年10月26日

腰痛が有る時には骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものを見つけ出さなければ表面上の痛みだけを楽にすることをしても効果はありますが繰り返し痛くなりやすく原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛み、ぎっくり腰が起きる時には原因があるから起きていますので原因というのは多くの方が勘違いしてる場合が多くありますが原因というのは重たいものを持ったり前かがみになったり中腰をしたり車の運転を長時間していることが原因などではありません。
腰の痛みで起きる時には必ずあることが起きています。
腰の痛みにつながるあることというのは骨盤の歪みや骨盤の開きです。

そして多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きだけで腰が痛くなることはなく背骨のズレが重なって起きています。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるからといって直接的に痛みになることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

痛みになる時にはきっかけが必要です。
きっかけというのは重たいものを持ったり前かがみになったり中腰をしたりくしゃみをしたり車の運転を長くしたりというのが切っ掛けです。

多くの方がどうしたら腰が痛くなったのかと聞くと前かがみになって立った時に痛くなったとか車の運転をしていると腰がズキズキするとか色々なことを言われますがすべてこれらはきっかけにしか過ぎません。

同じきっかけをしても痛くなる時と痛くならない時があります。
同じ仕事をしていても同じ姿勢をしていても痛くなる時と痛くならない時があります。
痛くなる時と痛くならない時には何かの差があるから起きています。
同じ事をしても痛くなる時と同じ事をしても痛くならない時の差というのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレの度合いです。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのも程度と言うか段階があります。
軽いのから酷いのからひどすぎるのから色々な状態があるということです。
例えばですけど骨盤の歪みが大きく起きているとあとは切っ掛けが必要ですから切っ掛けがどういうことでも構いません。

姿勢で痛みが起きる

例えば柔らかい布団に寝た時でも朝起きたら腰が痛かったということをよく行くと思いますが布団の関係も多少はありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている場合が多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開きがない方は柔らかい布団に寝ても痛くなることはありません。

布団というのは経年でへたりが出てきますので へたりが出れば新しい布団に変えればいいと思いますが変えたからといってよくなるとは限りません。
どんなクッションも高額なものも使えば使うほど形は違ってきますので形は違ってくるということは合わなくなってくるということもありますし柔らかさが減ってくるということもあります。

腰痛や腰の痛みが起きたりする時にはきっかけと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが深く関係していますので両方が揃った時に初めて腰が痛くなります。
しかし腰痛や腰の痛みが起きてしまう骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが何も原因がないのに起きることはありませんし姿勢が悪いからといって骨盤が歪んだりすることもありません。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのは原因があるから歪んだり開いたり付けたりしているわけです。

背骨のズレ

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪みや開きやズレというのは誰でも多少は起きているものなんですが痛みになっていないという方も多くいます。

何も症状が腰に感じることはないからといって歪みやズレや開きがないということはありません。

程度というのがあって軽いと何も感じていないからです。
腰痛は腰の痛みはぎっくり腰が起きる時には必ず骨盤の問題が生じているときなんですがどうして骨盤の問題が生じるのかという原因があるということですからその原因を探っていかなければ本当の意味で表面上の痛みだけを解決しても治ったということはなく楽にしたという程度にしか過ぎませんので楽にするということは湿布を貼ったりしても腰痛はしばらくすると治っていくこともありますしマッサージをしても腰痛は楽になっていくこともありますし電気治療器をしても腰痛を楽にすることはできる可能性もあります。

しかし楽にすることばかりしていると原因が残ったままになっていますので原因が残ったままだと単純に歪んだり開いたりズレたりしているだけでは済まなくなっていきます。

背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが長い間、あったりすると歪んだりずれたりしたままなので循環が悪くなったり筋肉や靭帯が骨の固着状態に入ってくる方もいます。
背骨の中の空間がある脊椎管というのがありますが脊椎管が狭くなったりすることも起きますし 背骨がゆがんだりしたままだと固まってしまうということもあります。

骨盤がゆがんだり開いたり背骨がずれたりした状態が慢性化して長期に及んでしまっていると単純に循環が悪くなるわけではなく血流が悪くなるわけではなくリンパの働きを悪くなるだけではすみません。
体というのは正常な状態が一番いいわけですから悪い状態が長くあったりすると癒着状態に入ってくることもあります。

癒着状態というのはどうかと同じですから老化したものがボキボキしても取れるかと言うと取れませんしマッサージをしても電気をしても注射をしても痛くして固まったものが解消できることはありません。

大変なこじらした状態になっていくのが歪みやズレの進行状態ということになりますので歪みやズレを早く解消していかないと大変な結果を招いていくということも可能性としては考えられます。

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因があるから起きてしまうわけですからこの原因から見つけ出して減らすことをしていかないといくら表面上の痛みだけを解決しても体の中では進行状態の場合が多くあります。
どうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きてしまうのかということを見つけ出すこともしなければいけませんので表面上の痛みだけを楽にすればいいというわけではなく体の奥にあるものを解消していかなければいけません。

骨盤の歪み・骨盤の開きが腰痛になる

骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレが起きてしまうのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多く生み出されていくものが原因です。
毎日毎日多く、生み出されていくものは疲れやストレスです。
生み出されて疲れやストレスが多くなっていくのに減らすことを考えている方はいません。

本当に毎日毎日の生活や生きていくことで多くの疲れやストレスは作り出されていきますが人というのは体に溜まるということは分かっていると思いますが焼肉を食べたりうなぎを食べたり気分転換でカラオケに行ったり飲みに行ったりすることで解消ができていると思っている方が多くいますが疲れやストレスというのは唯一減らすことができるのは寝ている時だけなんです。
しかし最近多くの方が睡眠負債状態という言葉があるように眠りが浅くなっていて寝ているんですが眠れていません。
疲れやストレスの蓄積というのは体にどこに溜まるのかということを厳密に説明すると例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から65 kg にもなります。

つまり体の多くは水分で構成されているということですから単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという感じの色々な水ということです。
疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg から40kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と内臓周辺の脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

ある部分というのは筋肉よりも奥にある部分ですから奥にある部分というのは内臓になります。
しかし内臓と言っても何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に多くの疲れやストレスが溜まるということが本当に起きてしまっているんです。

内臓に疲れやストレスが溜まっていくと細胞は徐々に変化していきますので内臓自体が老化していく病気に近づこうとします。
健康な内臓から一気に病気の内臓になることはありませんので健康な細胞から病気の細胞になっていくには年月が必要です。

病気の細胞になっていくためにはどんな細胞でもどんな内臓でも年月が必要ですから半年や一年で健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

健康な細胞から病気の細胞になっていくためには1年や2年や5年ではなく10年や20年や30年ぐらいかけながらなっていきます。

細胞の変化

健康な細胞から病気の細胞になっていくのに10年かかるかと違う人の場合は同じような状態でも20年かかってやっとなっていくという場合もありますがスピードが関係しています。

内臓の細胞が変化していくためにはスピードが関係していますので進行スピードが皆さん違うということですがどうして違うのかと言うと内臓の弱さと疲れやストレスの蓄積度合いが関係しています。

内臓のスピードの進行状況と疲れやストレスの蓄積度合いが内臓の病気を早く起こしてしまう結果に繋がっていきます。

疲れやストレスが多く貯まるところというのは弱い部分に溜まっていきますので弱い部分で多くの疲れやストレスが溜まることが原因で内臓の細胞が急激に変化を起こしていきます。

この最終形態が病気と繋がるわけですけど主に腎臓が弱い方が腰痛を起こしやすく繰り返し安くなっていきますのでぎっくり腰になる時も腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因ですから腰痛の方は先将来、透析などの病気になりやすい方です。
代表的なものが透析ですから腎臓と言っても色々な病気がありますし腎結石などの石がたまるということも起こります。

腎臓疲労

腎臓が弱い方が銀蔵に関係する骨盤の中にある大腰筋と腸骨筋という筋肉に影響を出してしまい大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが崩れた時に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

内臓と深く関係してしまっている筋肉ですから内臓に疲れやストレスが溜まっていくと筋肉バランスが悪くなっていきます。
筋肉バランスが悪くなることが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていく結果になっていきます。
多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると背骨はずれていますので関係があります。

そしてさらに睡眠負債状態という方は不眠症とは違いますので不眠症というのは1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚まし対する方が不眠症です。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし睡眠負債状態というのは記憶に残ることはありませんので目が覚めた瞬間に忘れてしまうことがありますから目が覚めた瞬間に忘れてしまうと寝ていると勘違いしています。
睡眠負債状態で眠りが浅い形というのは大脳が弱っていきますので大脳が弱ると大脳に支配されている体は全てやられていきます。

睡眠負債というのは寝ているんですが大脳が活発化した状態で寝ながら考え事をしている状態になっている方です。
体もスースー寝息を立てて寝ているんですが抱い脳が活発化状態で寝ながら考え事をしている妄想状態になっている方が睡眠負債状態ということです。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので勘違いしないで分けたほうがいいと思います

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2018年10月24日

肩こりになってしまったら

肩こりには肩こりを起こしている原因がありますので原因から改善していかないといつまでたっても肩こりを感じたり繰り返したり戻りやすくなるということが ありますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上残りばかり解消することに注目して湿布を貼ったりしたりサプリメントやドラッグストアで売っている肩こりを解消するものを使ったり マッサージをしたりしても一時的な効果は得られますが根本的に肩こりの原因を見つけ出すことをしていない限りは 原因がいつまでも残ったままになっていますので 原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりとは

肩こりとは

多くの肩こりを解消する治療法というのは表面上の筋肉ばかりに注目してしまって揉みほぐしたりマッサージをしたり湿布をしたり電気をかけたりということが多く見受けられますがそれでも一時的には楽にすることができるために治療という感じになっていますが実は治療らしい治療ではありませんので表面上の筋肉を揉んだりしてもマッサージをしても一時的にやらかくなっているだけであり本当の意味で筋肉の問題を解消していることにはなりません。
いくら筋肉だけを揉んで柔らかくすることをしてもまたしばらくすると戻ったりするのは筋肉だけが原因ではないからです。
肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが普通一般的にも専門家の先生的にも強いために筋肉の凝りばかり解消しているのが多く見受けられますが解消するためにマッサージをしたい湿布を貼ったり電気などをかけたりすることが多くありますが本当の肩こりの原因は違うところにあります。

マッサージしたり揉んでも

しかしマッサージをしたり肩を揉んだりすることで一時的に肩こりが楽になったように感じてしまいます。
肩こりを揉んだりマッサージをすることでもしばらくの間、肩こりを感じていない場合もあります。
しかし肩こりが治ったわけではありません。
当院の院長は30年間、肩こりを解消してきましたが筋肉のコリだけで起きている方は一人もいません。 筋肉のコリだけで起きている肩こりはありませんと言ってもいいくらいですから筋肉のコリを解消してもその先にあるものを見つけ出して改善していただければ戻りやすく繰り返し安く肩こりもいつまでも同じままではいられません。
本当に今まで30年間肩こりを研究していきましたし、しっかりと検査することをしましたが筋肉だけで肩こりが起きている方は一人もいませんでした。
肩こりというのはどういうことで起きているのかということを確認してみると筋肉というのは骨から骨にくっついていますので背骨がずれたりすることで筋肉が引っ張られたり緩んだりして循環が悪くなりますので循環が悪くなってくるとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起こります。
単純にリンパだけが悪くなる事はありませんので筋肉が緊張したり疲労したりすることで一時的に硬くなる現象が起きリンパの働きが悪くなるということで老廃物が溜まっていきます。

何もないのに肩こりは起こらない

何も原因がないのにリンパの働きを悪くなることはありませんのでもしあるとしたら大変な事が体に起きていますので、それこそ病院に行って何らかの検査をしていなければいけないと思います。 何も原因がないのにリンパが働け悪くなる言葉ありませんし老廃物が多く蓄積していくということは起きるわけではありません。
リンパの働きが悪くなったり老廃物が多く蓄積していくのは原因があるから起きているものです。
リンパの働き悪くなるのはどうしてなのか。
老廃物が多く溜まっているのはどういうことなのかということを考えなければいけません。
考えもしないでリンパマッサージはマッサージばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。
肩こりというのはどうして起きるのかということなんですが筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動くことで筋肉が引っ張られたり緊張したりしますので引っ張られたり緊張したりするとリンパの働きを悪くなっていますので老廃物が多く溜まっています。

肩こりになる筋肉

筋肉が緊張したり固くなる

肩こりというのは筋肉の凝りを伴いながら背骨のズレで起きています。
まずは筋肉のコリから解消するようにしていますので筋肉のコリ解消できて次の段階に入ってくると背骨のズレを見つけて改善していくことをしています。
背骨のズレが大きくなってくると椎間板ヘルニアも起きることがありますので椎間板ヘルニアが起きた方は椎間板ヘルニアを改善するようにしていますが椎間板ヘルニアというのも特別なものでもなく普通一般的に誰でも起きやすいものが椎間板ヘルニアなんですが椎間板ヘルニアが起きている方は体に多くの疲れやストレスが溜まっている方です。
背骨のズレが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっていることが背骨のズレを起こしている原因になりますので背骨がずれて動いたりすることで筋肉は引っ張られていくということで肩こりになります。
しかしなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんので何かの原因が裏側に隠れたものがあるから背骨がずれたりしているわけですけど単純に背骨のズレを矯正すれば終わりというわけではなく背骨がどうしてズレたのかということを見つけ出さなければいけません。

整体やカイロプラクティックでは

他の整体院やカイロプラクティックの治療院では矯正ばかりすることをしていますが本当はその裏側にある用紙て歪みやズレが起きたのかということが隠れたものがあります。
疲れやストレスというのは肩こりの主な原因になってしまいますが疲れやストレス以外で肩こりを起こす原因として考えられているものは睡眠負債になります。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスは生み出されて蓄積していきます。
疲れやストレスが多く生み出されてしまって体にたまっていくわけですけど体にも貯まるところとたまりにくいところがあります。
疲れやストレスがたまりやすいところというのは弱い部分に泊まっていきます。
体には強いということはありませんので、そうでもない部分という感じで疲れやストレスは溜まることは少ししか溜まっていきません。

筋肉から肩こりになる

弱い部分に肩こりを感じる

弱い部分には多くの疲れやストレスが蓄積していく傾向がありますので疲れやストレスが多く溜まってしまうと体は自然に歪みやズレを起こしていくわけです。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも疲れやストレスの蓄積したもので起きていますので弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まったのが原因です。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると体重の大半が水分だということになりますので60%ぐらいつまり60 kg は水分で構成されていますので水分が60 kg 出てきます。
あとは疲れやストレスがたまるものがありますので疲れやストレスがたまるところは皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と神経と血管とリンパと内臓しかありません。
この中で疲れやストレスが溜まるというのは筋肉にもたまりながら内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていきます。
疲れやストレスというのは弱い内臓に蓄積していく傾向が多くありますので弱い内臓は誰でもあるものですから弱い内臓がないという方は人間ではありません。
弱い内臓にも程度がありますので程度が悪いところほど疲れやストレスが多く蓄積していく傾向があるからです。

弱い部分にたまる

弱い内臓というのは遺伝的な要素があるものであり体質的な要素があるものですから避けることはできません。
しかし悪い体質や弱い体質を変えることができます。
疲れやストレス以外で肩こりに関係するものは睡眠負債ですから睡眠負債というのは多くの方に気がついていないぐらい起きているものです。
肩こりにつながるものが睡眠負債状態がありますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが睡眠負債ですから不眠症とは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症のひとつです。
睡眠負債というのは出てしまうと目が覚めることはありません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかし睡眠負債というのは違います。
睡眠負債というのは夜寝ようとすると朝まで目が覚めることはありません。寝ている本人には分からないと思いますが眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が圧倒的に長くなっているからです。

寝ながら考え事をしている睡眠

最悪な睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠になります。
寝ながら考え事を知る睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますからねていると勘違いしている場合も多くあります。
例えば睡眠時間が6時間ある方が寝ようとする時間に5分間目が覚める時間に5分間夢を見ている時間に5分間だとしたらあとは残った時間の5時間45分は寝ながら考え事をしている場合があります。
つまり5時間以上が夢を見ながら寝ながら考え事をしてる時間になり目が覚める瞬間に少しだけ夢を見るだけ眠っているわけです。
肩こりの方は同じような現象が起きている場合がありますので確実だんですが息苦しさを感じたり胸苦しさを感じたり時々胸の中心部の辺りでちくっとする痛みが一瞬だけあることがある場合があります。
これがすべてを物語っているものですから胸の部分にある内臓が深く関係していることがありますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスが溜まると言っています。

内臓にたまる疲れやストレス

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることで背骨のズレやゆがみになっていきます。
背骨のズレやゆがみになると筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。
カタクリに関係するものは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態なんですが睡眠負債状態も気がついていない方が多くいますので当院では検査することをしていますが眠れていませんよねという感じに言うと眠れていますと逆に切れたような状態で言われる方もいますが実際に眠れていないから証拠があるから入っています。
もし本当に眠れているんであれば肩こりなんか起きる理由はなく夜寝ている時に筋肉のコリは解消していると思います。
寝るということは疲れやストレスを減らすことができるものです。
美味しいものを食べても疲れやストレスは減ることはありません。
栄養があるサプリメントやドラッグストアなどで売っているものを飲んでも疲れやストレスを減らせることはできません。

運動不足ではない肩こり

運動不足だと思って運動したりすると余計に疲れやストレスは多くなっていきます。
運動したりすることで疲れやストレスを減らせることはありません。
疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけです。
しかも熟睡状態ができていないと寝ながら考え事をしている睡眠や夢ばかり見ているような睡眠では疲れやストレスが蓄積していくばかりです。
夜寝ようとするとあくびが出ないのが原因ですし、朝、目が覚めた時にもあくびが出なければいけません。
どんなに良い睡眠をしていてもあくびが出ないのはおかしいと思わなければいけませんが日中に出るあくびは関係ありません。

肩こりになるのは
2018年10月19日

肩こりになると

肩こりを楽にするためには普通一般的には肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のこりを解消することで肩こりを楽になったように感じることも多くありますが

実は肩こりというのは筋肉のコリだけで起きていることはあまりありませんが筋肉のコリだけを解消したりすることでも肩こりを楽に感じさせてしまうことができます。
しかし肩こりというのは筋肉のこりだけで起きているものではありませんので筋肉のコリを楽にして直したと思わせることは多く可能なんですが筋肉のコリだけを楽にしても原因が残ったままになっています。

肩こりを起こすのは

肩こりを楽にしていくには

肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが強くありますので運動したりストレッチをしたり何かの道具を使って運動したりということも多くありますし肩や腕を動かしたりすることでも肩こりを楽にすることはできますが、そこで考えてほしいことがあるんですがどうして肩がこるのかということを考えなければいけないと思います。

何も原因がなくて肩が凝ったりすることはありませんのでどうして肩がこるのかということを考えなければいけませんが肩こりの方は辛いという思いばかり優先してしまって原因を見つけ出すこともなく考えることもなく肩こりを解消することだけに専念しています。
肩こりを解消している治療院の先生も考えることなく肩こりを解消したり揉んだりマッサージをしたり電気治療器をしたりすることも多く見受けられます。

肩こりを解消するには

肩こりを解消するためには検査することができないと見つけ出すことはできません。
本当に肩こりが筋肉のこりから起きているのかということを考えなければいけませんので一番目は筋肉のコリが本当に起きているのかということを見つけ出す検査をしています。

多くの肩こりの場合、筋肉のこりは普通一般的にありますが筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。
筋肉のこりというのは意味不明な言葉のひとつでもありますのでイメージしてもこりという

イメージは硬いとか緊張しているというイメージになりますので固く緊張したりすると筋肉はリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということは普通一般的に起きていきます。

リンパの流れが悪くなるのは

何も原因がなくて筋肉が老廃物を多く溜めてしまうということもありません。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなるということもありません。
逆に何も原因がないのに老廃物が多くたまったりリンパの働きが悪くなるということは大変なことが起きている可能性があるからです。

リンパ療法という方法がありますがリンパ療法というのはリンパだけ流すということはできませんので軽いマッサージだと思ってしまえばいいと思いますが軽くやることがリンパを流すということに繋がると説明しているところもありますが実際は軽いマッサージをしているだけです。
リンパが滞留してしまったり老廃物が溜まる時には体にあることが起きています。

体に起きるあることが老廃物をためてしまい循環を悪くしてしまってリンパの働きを悪くしてしまっています。
肩こりが起きる時には人の体に生活したり運動したり仕事をしたりすることで多く蓄積していくものがあります。

肩こりになる時には

体にたまる疲れやストレス

体に多く蓄積していき生み出されていくものというのは疲れやストレスなんです。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に蓄積していく傾向を持っています。
腰の部分が弱いかたは腰痛を起こしやすく腰の部分に疲れやストレスを多くためてしまう傾向があります。

肩こりの方は肩の部分が弱いわけですから肩の部分に多くの疲れやストレスを溜めてしまい安く疲れやストレスを溜めてしまうことが原因で肩こりになっていきます。
しかし肩こりというのは肩の部分で起きてしまいますので肩の部分に何があるのかということを考えなければいけません。

解剖学的に見ても肩の部分には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨と内臓しかありません。

筋肉の緊張、固くなる筋肉

関節というのも筋肉や靭帯の付着や軟骨なので形成されていますので同じことです。
肩関節で起きている肩こりもあります。
多くの肩こりの場合、肩関節よりも中心部に近いところで起きている肩こりが多くあります。
肩こりを解消する方法というのは普通一般的にはドラッグストアなどに売っているサプリメントでも筋肉のコリをほぐしたりすることができるサプリメントが売っています。

肩こりと言うと筋肉の緊張やこりということですから湿布を貼ったりしてもスースーするインドメタシンなどの薬剤で肩こりを楽にすることもできるかも分かりません。
家族の方にマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりは楽になっていきますがマッサージというのは筋肉雄に対してほぐす行為をしています。
多くの治療院で用いられている低周波治療器なども同じことなんですが筋肉に対してほぐす行為をしているのが低周波治療器です。

何をしても楽になる

鍼灸院で行う針を刺したりお灸を行う行為も同じことですから指圧をしても同じことだと思いますし他にも色々な肩こりを解消するという方法があるかも分かりませんが当院では検査することをしていますので肩こりを単純に楽にすることもしていますが原因を見つけ出すことをして原因から変えていくことをしていきます。

肩こりというのは何が関係して肩を凝らしているのかということを見つけ出すということをしていくためにも単純に揉んだりすることなくどうして肩が凝っているのかということを見つけ出すことをしていくということです。

肩こりを解消しようと思う方は検査することをしてみると多くの場合、筋肉のコリはもちろん当然としてありますが背骨のズレが起きています。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたりずれたりすることで筋肉は伸ばされたり緊張したりすることで一時的に硬くなる現象や老廃物が多く蓄積していきリンパの働きが低下するという現象が起こります。

筋肉は骨から骨へ

しかし背骨のズレというのも姿勢や猫背で歪みやズレが起きることはありません。
姿勢が悪くなったり猫背になるのも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで蓄積していき生み出されてたまっていくものが原因ですから。
毎日毎日の生活で生きていくことで生み出されていくものというのは疲れやストレスの蓄積なんです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まっていくのかということを考えている方は少ないと思いますし専門家の方も知らない方が多くいます。
疲れやストレスというのは何をしても溜まっていくものです。

疲れやストレスというのは何もしなくても家でゆっくりテレビを見ていても溜まって生み出されていくものです。

疲れやストレスの蓄積が弱い部分に溜まることで筋肉が疲労したり緊張が高くなったりコリを起こしていきます。

蓄積していくもの

体に溜まっていく疲れやストレスですから疲れやストレスが溜まっていくと 体の中から崩れを起こしていきます。

体の中から崩れを起こすことが原因で骨盤の歪みが起きたら背骨がずれたりしていく結果になります。
背骨がずれたりすると筋肉が骨から骨にくっついていますので骨が動くことが原因で伸ばされたり緩んだりしていきます。
そうすると肩こりを感じてしまうわけです。
しかし今度は体の中のどこに疲れやストレスが溜まるのかということを考えなければいけませんので体の中には何があるのかということを厳密に考えていく必要があります。
肩こりを起こしている疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていくと説明しましたが弱い部分は体の中にもあります。
体には表面から言うと皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨があって膜があって内臓と内臓周辺に脂肪が存在しています。
例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60%から65%水分が出てきますので体重で言えば60 kg から65 kg が水分ということになります。
水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg から40 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と普通一般的な脂肪と骨と内臓しか存在していませんし大脳や中枢神経系の脳幹や脊髄も内臓の一部です。
この中で疲れやストレスが溜まるというところは筋肉と内臓しか存在していません。

内臓と言っても何でもかんでも即病気というのを結びつけることなく内臓に疲れやストレスが溜まるということが普通一般的に起きているんです。

しかし内臓と言うと誰でも病気というのを考えやすく最終的な結果が病気というだけであってその手前のなっていく過程というのは疲れやストレスの蓄積で細胞の変化が起きてしまう結果が病気です。

内臓が病気になっていく過程というのは弱い部分であり弱い部分に疲れやストレスが多くたまることが原因で細胞が徐々に変化していくことで最終的に病気という細胞になってしまうということです。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まったり関節に多くの疲れやストレスが溜まると細胞も徐々に悪くなっていきますので 関節の痛みになってしまったり内臓の病気になってしまうということなんです。
体が起こす痛みやこりというのは先将来の内臓の病気に直結している可能性があるんです。
しかし完成してしまえば病気として病院に行って検査をすると陽性反応で数値に異常が出てしまいますが完成する前は分からないんです。

痛みやコリは歪みから

普通一般的に痛みやコリを起こしやすい形繰り返しやすい方ほど病気になっていく可能性が多くマッサージ院や鍼灸院や整骨院などによく行かれる方ほど病気になりやすい可能性があります。

体に何かの異常や痛みやこりが起きる時には必ず何かが体に起きています。
体に何も異常がないのに痛みやこりが起きることはありませんし肩こりになることはありません。

多くの肩こりの肩の場合、息苦しさや胸苦しさや動悸や胸の辺りでちくっとする痛みが一瞬だけ起きてしまうことが時々あったりするか違います。

時々起きてしまうので忘れてしまっている方が多くいますが治ったというわけではなくそれらがボディーランゲージとして自分に知らせている警報と同じなんです。

異状を感じさせるのが痛みやコリ

体に何かの異常が起きてしまったら体は痛みやこりとして感じさせてくれていますが一時的に治ってしまうことが多くありますので気にしていない場合が多くあります。
しかし体というのは必ずボディーランゲージで警報を走っています。

このボディランゲージというのが痛みやこりなどの不調状態になってしまいますが病院では完成してしまわないと数値的な異常は出てきません。
数値的な異常が出てこない限りは病気ではありません。
肩こりと言っても単純に筋肉のこりという解消法だけでいいのかということになります。

当院では肩こりといってもまずは筋肉のこりから解消することをしていますが筋肉のこりを解消したらその先にあるものは背骨のズレです。
背骨のズレが起きてしまうと言うことは内臓に疲れやストレスが多く溜まっているということを指していますので内臓のどの部分に疲れやストレスが多く溜まっているのかということを見つけ出さなければいけません。

眠りと肩こり
2018年10月15日

腰痛が起きてしまうと

腰痛を楽にしていこうと思うなら 二通りの施術が存在しています。一つ目の方法というのはまずは何と言っても腰痛つまり腰の痛みを楽にすることから始めていきます。多くの治療法が腰痛を楽にすることをして直したと言っていると思いますが実は違います。

腰痛というのは腰痛を起こしている原因が存在していますので原因も見つけ出して改善していくことをしないと原因も、いつまでも同じままではいられません。

疲れやストレスの蓄積

腰痛とは

腰痛は腰の痛みを感じた時には何かのきっかけで起きている場合が多くありますのできっかけというのは重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたり布団に寝て朝起きたら腰が痛かったとかいうのが原因ではなくきっかけです。

普通一般的には原因のような感じで思われている方が多くいますが前かがみをしたり重たいものを持ったり中腰をしたりする時に腰痛を起こしたりする場合が多くありますがこれらは全てきっかけが原因です。

切っ掛けと腰痛

腰痛を起こしている時にはきっかけともう一つ関係しているものが存在しています。
もう一つ関係しているものというのは骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレです。
腰痛や腰の痛みを感じている時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが存在していますが何も腰痛の原因である歪みやひらきや背骨のズレを矯正しなくても腰の痛みを楽にすることはできます。

矯正をしなくても楽にする方法というのは対症療法という方法になります。

対症療法という方法は多くの治療院で用いられている治療法ですから湿布を貼ったりしても腰の痛みを楽になることもありますしマッサージをしても腰の痛みは楽に感じてしまうこともありますし病院に行って注射を打つことでも痛み止めになりますので腰痛は楽になることもありますして周波治療器を当てて、しばらくすると腰痛が楽に感じてしまうことがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

対症療法と腰痛

しかし対症療法ばかりして一時的に腰痛を楽にすることは可能かも分かりませんが原因が残ったままになっていると原因もいつのまにか進行したりこじらせたりすることが多くあります。

腰痛や腰の痛みを訴える時又は痛みを感じている時にはどういうことが起きているのかどうして腰の痛みに進行してしまうのかということも考えなければいけませんので説明をしっかりと聞いてください。

腰痛や腰の痛みを感じている時には必ず体に多くの疲れやストレスが溜まっているのが一番の原因です。

疲れやストレスと腰痛

毎日毎日生活することや運動することや仕事をすることで多くの疲れやストレスは溜まっていきます。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは何となく分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが痛みのつながりになります。

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張でも多くの疲れやストレスが生み出されていきますので生み出された疲れやストレスが体に蓄積していきます。
疲れやストレスが多く生み出されていくと体にも弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
そうでもない部分に疲れやストレスは多くたまることは が弱い部分には疲れやストレスが多く蓄積していく傾向があります。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

弱い部分に疲れやストレスが多くたまることが原因で筋肉にもたまりながらさらに多くの疲れやストレスがある部分に蓄積していきます。

ある部分というのは弱い部分なんですが弱い部分の部分が一番肝心なことなんです。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg も出てきます。

体の体重の半分以上は水分で構成されていますので単純な水分といっても水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったりという部分で65キロも出てきます。

水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まる部分が存在しています。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系である大脳と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

疲れやストレスをためると

この中で疲れやストレスを溜めやすく色々なものになっていくのは筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓と言っても誰でも病気というのを考えるかも分かりませんが内臓にも疲れやストレスが溜まるということですから内臓の病気というわけではありませんので病院に行って数値の検査をしても異常が出る可能性は少ないようです。

病院に入って体の不調を訴えても数値的な異常な検査が出ない場合が多く見受けられますので病気になっていない状態で色々な症状が起きることもあるということなんです。
もちろん病気になってしまえば病院に行って検査を受けて陽性反応が出たら病気という診断が降りますので何らかの治療をしなければいけないということもあります。

しかし腰痛というのは病気というわけではありませんが内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体に歪みやズレが起きるということなんです。

歪みやズレから腰痛

体に歪みやズレが起きると必然的に骨盤にも影響が出てしまい骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりということで体を支えることができませんので体を支えることが出来ない時に重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたりという感じで腰痛や腰の痛みに繋がっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが少ない時には痛みを感じていない場合が多くあります。
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレというのもいつも変化していますので同じ日でも午前中と午後では歪みの度合いが違います。

歪みの度合いが違う原因は疲れやストレスの蓄積度合いで違います。
歪みやズレというのも毎日毎日変化していますのでいつも腰が痛い方もいるかも分かりませんがなんかの拍子に急に腰が痛くなるということで繰り返し起きたりすることがあります。

腰痛や腰の痛みが変化するのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろの物事で蓄積して生み出されていく疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスは弱い内臓に溜まっていくと説明しましたがこれも遺伝が関係していますので親が腰痛や腰の痛みを訴えていることが昔であろうと一度でもあれば同じ原因が遺伝的に関係しているということで受け継がれているということです。

体質改善と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

体質とは

遺伝子が関係していないと起きるものではありませんので根底にあるものは弱いというのは生まれつき弱いという現象だということです。
顔つきや雰囲気が似てしまうのが親子ですから内臓の弱さも関係していますので同じ内臓が

弱いということですけど一人の子供が生み出されるのは二人の親が存在していますのでそのどちらがの遺伝子が多く受け継がれるかで子供の弱い部分が決まります。

多くの場合同じ弱さの遺伝子を持った人同士が夫婦になる場合がありますので同じ弱さの人同士が結婚する場合が多くありますから弱さは似たり寄ったりという状態で子供が生まれてきます。

腰痛を起こしている原因というのは弱い内臓と説明しましたがどの内臓が弱いのかである程度、腰痛が起きる確率が生まれてすぐにわかります。

腰痛は起こしていく主な内臓というのは腎臓になります。
腎臓が生まれつき弱い方が成長とともにどんどん内臓の腎臓が老化していくことが原因でさらに疲れやストレスを溜め安くなっていくのが腰痛に繋がっていきます。

年齢以上に

年齢に関係なく老化は進行していきますのでどれぐらい腎臓が弱く生まれるかで腰の痛みになったり腰痛になったりぎっくり腰になるのかということが決まります。
弱い内臓は疲れやストレスをためやすく疲れやストレスを多くためてしまうと細胞が変化していき老化していきます。

老化の最終形態が病気に進行していくということは何となく分かると思います。
しかし完成をしてしまわないと病院に行っていくら血液検査や尿検査やレントゲンや MRI 検査エコー検査などをしても陽性反応に出ることはありません。

弱い内臓が老化を進めていき進めた状態で細胞が変化した状態が完成したら数値的な異常が徐々に出てきます。
しかし完成するまでは病気ではありません。
腰痛や腰の痛みというのも体が唯一起こしてくれているボディーランゲージつまり警報と同じですから警報を無視したりスイッチを切るような行為をすることを対症療法といいますので対処療法ばかりしていると繰り返し安くなるというよりも違う意味として出てくることもあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛や腰の痛みになりやすい方というのは先将来何年か先かわかりませんが関係するのは腎臓の病気の可能性があるということで腰痛や腰の痛みを患うことになっていると思います。
つまり予備軍的なものが関係している時に腰痛や腰の痛みやぎっくり腰になるということです。
対症療法ばかりして腰の痛みを楽にすることばかりしていると直しているわけではありませんので原因がいつのまにか進行した状態で出てくることがあります。
腎臓が悪化した状態で病気的、段階になった場合真っ先になるというのは透析ということになる可能性もあります。

つまり腰痛や腰の痛みやぎっくり腰というのは先将来の問題を知らせてくれていることなんですがそれを我々は簡単に考えている場合が多くあります。

確かに湿布を貼ったりマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでも腰痛を楽にすることは可能の場合も多くありますがスイッチを切るような行為だけは考えない方がいいと思いますのでしっかりと検査をしてどういう状況になっているかということを考えながら改善するというよりも直すということを考えなければいけません。

当院では最近多くの方が悪化させたりこじらせたりしている方が多くいますので簡単に疲れやストレスが腎臓に溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きている方は少ないようです。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは起きていきます。

これが普通に起きる腰痛やぎっくり腰や腰の痛みなんですが普通ではない状態で痛みを起こしている方が多いということです。

普通ではない腰の痛みですからしばらくの間治療にかかると思います。
単純に普通の状態で起きている痛みでしたら1回、2回や三回で楽になることもあります。

しかし楽になることばかりしていては本当の意味で腰痛を治すことはできませんので楽になったら体質改善という治療で原因たるものを直すことが必要になると思います。
当院では体質改善という治療がありますが初回からできる治療ではありませんので体の状態が準備ができた状態か腰痛の痛みが少し楽になった時に初めてできる治療です。

体質改善という治療は短期では難しいためしばらくの治療が必要になりますが弱い腎臓を強くすることができます。

弱い腎臓を強くするためには1回や2回で強くなることはありません。そんな簡単なマジック的なものはありませんし腎臓が一回で2回で治療が完成するかと言うとそういうものはありません。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤は歪みやひらきや背骨のズレが起きていきます。
弱い腎臓を強くする方法というのは体質改善という治療法だけです。
体質改善の治療というのはつめて 来院して治療を受けていかないと進むことはできません。

2018年09月27日

肩こりのコリとは、

肩こりとは筋肉のコリ

肩こりを改善しようと思うなら筋肉中心で考えても別に問題はないと思いますが当院の院長の30年の経験から筋肉だけでコリを起こしている肩こりというのは存在していないと思っています。

しかし肩こりの筋肉というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く使っていますので使うことで筋肉疲労は起こります。
普通は筋肉疲労が起きると体の中から筋肉のコリをほぐすホルモンが分泌されて筋肉のコリをほぐしていきます。

肩こりは筋肉のコリから

しかし多くなったものは筋肉の凝りをほぐすことができませんので軽い家でしたら筋肉のコリをほるもんでほぐすことは可能なんです。
しかし筋肉のコリをほぐすホルモンが正常に出ている場合です。
何かのトラブルでホルモンの働きが低下している場合があります。

そして寝ることでも筋肉の凝りをほぐすことはできますが多くの方の場合眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと筋肉のコリを解消することはできません。

肩こりの検査

肩こりになっている方の検査をしてみると確かに筋肉のコリは筋肉疲労が積み重なっていて多くの方に起きていますが必ず筋肉のコリだけではなく背骨のズレが同時に起きています。
どちらが先かと言うと筋肉のコリが起きながら同時進行で背骨のズレも起きていきますので筋肉が緊張したり硬くなることが原因で背骨が引っ張られるということもあるかも分かりませんが多くの場合は逆です。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いてずれることが原因で筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしていきます。

肩こりになると 

普通一般的には、これが肩こりです。

特に最近は腕や肩や指を多く使うことがありますので使えば使うほど筋肉に力が入り筋肉疲労を起こしていくということは当然だと思いますが解消できないほどの奥の疲れやストレスを溜めてしまっています。
最近は多くの方がスマートフォンや携帯を扱っていますので小さい文字を押したりボタンを押したりすることで力が入っています。

力任せで押すということではなく細い文字やボタンを押すときには力が入ってコントロールをしないと押すことはできません。
小さい部分に腕を指を持っていくということは筋肉をコントロールしていることで持って行くことができます。

多くの生活で筋肉を使っている

筋肉をコントロールする時には力で押すという行為よりも多くの筋力を使っています。
肩こりになる多くの動作というのは色々なものに生活上に存在していますし仕事をする時でも多くの肩こりを起こす原因があります。
例えばキーボードを打ったりすることでも肩こりになります。

買い物をして指や肩に荷物を持つことでも筋肉疲労が起こります。
鉛筆やボールペンを持って字を書いたりする時でも筋肉疲労が起こります。
掃除をしたり窓拭きをしたりするときでも腕や肩や指を使っていますので使うことで筋肉疲労は多くなり肩こりになります。
車の運転をする時でも長期間ハンドルの維持に力を使いますので力を使うことで筋肉疲労顔こり肩こりになります。

寝ている時も

寝ている時に腕枕をしたりする時でも筋肉を使っていますので筋肉を使うことで肩こりになります。
色々な生活上や仕事をすることや運動することでも多くの肩や腕や指を使っていますので使うことが原因で徐々に筋肉疲労をためていき肩こりに進行していきます。

実際に肩こりになるものは多く生活上に存在していますので生活している限り生きている限り筋肉疲労が起きるということなんですが同じことをしても筋肉疲労が起きたりすることもなく肩こりを起こすこともない方がいます。
人というのは筋肉の力もそれぞれ違いますし筋肉の状態も違いますから比べることではありませんが同じことをしても肩がこる方もいれば肩がこらない方もいるということです。

双子でも筋肉の力は違いますので比べるものではありません。
ではどうして肩こりが起きたりするのかということの問題なんですが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多く溜まっていきます。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが弱い筋肉にたまっていきます。

睡眠負債と肩こり

筋肉も固くなる

肩こりになる方は肩の筋肉が弱いということが言えます。
弱いから筋肉に疲れやストレスが多くたまりやすくなっていき肩こりになります。

筋肉が強い方は肩こりになることはありません。
では筋肉を鍛えればいいのかということになりますが筋肉を鍛えるということは力は増していきますが力を増すことをすればするほど筋肉はどうかして硬くなっていきます。
筋肉が硬くなってしまうといくらもんでもマッサージをしても電気をかけても何をしても柔らかくなることはありません。

筋肉が硬くなるということも永久的に固くなる場合と一時的に固くなる現象があります。
一時的に硬くなる筋肉でしたら揉んだり湿布を貼ったり電気をかけたりすることでも解消するでしょうけど、永久的に硬くなる筋肉は揉んでも何をしても柔らかくなることはありません。

永久的に硬くなる筋肉というのは老化からくる筋肉ですから老化した筋肉は二度と柔らかくなることはありません。
しかし硬くなればなるほど筋肉だけではなく皮膚も固くなっていき中に入っている神経や血管やリンパも固くなっていきます。

筋肉の老化

筋肉も筋肉だけで硬くなることはないということです。
肩こりと言うと筋肉が硬くなることが原因で起きていることをも多くありますので体質改善の治療で筋肉を若返らせることで柔らかくすることもできます。

しかし中に入っている神経と血管も改善することをしないと神経や血管が硬くなると腕や指に行く血行が悪くなったり握力の低下が起きたりということも起こります。
単純に老化から来る握力の低下だけではないということです。

肩こりと言うと長期間肩こりになっている方は徐々にですが筋肉も老化していきます視神経や血管やリンパ管なども流れが悪くなったりすることは当然ですし老廃物が多く蓄積していくということも起こりますが単純に考えてもそれだけでは済まないということです。
ですからいくらうんどうやアスレチックや筋トレなどで鍛えてみても伝えることで一時的にマヒしていくんです。

筋肉疲労

筋肉を鍛えても固くなる

筋肉を鍛えることで徐々に筋肉も硬くなることが起こりますから筋肉自体の伸びがなくなっていきます。

筋肉が柔らかいから筋肉の伸びがありじん帯、筋肉を痛めることはないということなんです。
固くなってしまった筋肉や靭帯は痛めやすく損傷を起こしやすくなっていきます。
肩こりを長期間、慢性化してしまった方はいくら表面上、揉んだり湿布を貼ったり電気をかけたりしても効果が出にくいということがあるということです。

肩こりを感じてしまう時だけ治療に行けばいいというわけではありませんので肩こりを感じてしまってほぐしに行っても徐々に進行していきます。
早めに肩こりの原因を見つけ出すことが一番大切になるということです。
肩こりと言っても単純に肩こりだけではありません。

当院の院長は検査することをできますが多くの方の筋肉を触ってみるとこりは確かにありますが単純に見ても背骨がずれていることが原因で筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしていることで肩こりになっていて循環が悪くなりリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積しているということです。
しかし肩の部分の背骨のズレが起きるのは何も原因がなくて起きたりすることはありません。

背骨のズレから肩こり

何かの原因があるから背骨のずれが起きて筋肉が引っ張られたり緩んだりすることです。
背骨のズレが起きるのも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かすことで多くなる疲れやストレスが体に溜まることが原因です。

疲れやストレスが溜まると誰でも言うと思いますがどこに溜まったのかということを考えている方は少ないと思いますした待ったものを減らす努力は何もしていません。

疲れやストレスが溜まるとカラオケに行ったりアルコールを飲みに行ったりタバコを吸ったり旅行に行ったりショッピングをしたり美味しいものを食べたり焼肉を食べたり栄養のあるものを食べたりすることが多くあるということなんですが疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけなんです。
後は全て体に蓄積しています。

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけなんですが最近多くの方が眠りが浅く寝ているように思っても眠れていません。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

大脳が休養とって寝ているということは熟睡状態の時間が多くあることです。
夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
目が覚めないから寝ていると思っている方が多いということです。
眠りというのは人が見てスースー寝息を立てている状態でも大脳の中のことまで考えていません。

肩こりは背骨のズレから筋肉に
睡眠負債

目をつぶって寝息を立てていれば誰でも寝ていると思っているからです。
テレビなどでいびきをかいている方は寝ていないとか眠れていないとか眠りが浅いと言われますがいびきをかいていない時でも眠りがすごく浅い方が多くいます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を長時間を長くを見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりということです。
夢を長時間1時間も2時間も見ることはありません。

6時間の睡眠時間がある方は夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないからぐっすり眠れたと思っているでしょうが多くの方の場合、寝ながら考え事をしている時間になっています。

寝ながら考え事をしている時間というのは大脳が活発化した状態であり働いている状態ですから大脳が休養とっていません。
大脳をしっかり休めることが眠りなのに眠っている時でさえ夢と寝ながら考え事をしている時間になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている時間というのは最悪な睡眠になっていますので大脳が急激に弱っていき痛みやコリを限界まで貯めてしまわないと分からなくなっていきます。
つまり神経の麻痺が起きていきますので大脳が弱ることが原因で脳内麻薬であるモルヒネのような物質が出てしまい痛みやコリを限界まで貯めてしまわない限りわからないということです。

麻痺した状態の方が肩こりとして感じてしまっているとかなり進行していますので厄介な状態になっているという方が多くいますので単純に筋肉をほぐせばいいというわけではないということです。


2018年09月13日

顔を小さくする小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正をしていますが多くの方の顔を小さくすることをしていますが小さくするためにはどうすれば小さくなるのかという問題があります。

そして小顔矯正をして行く時には本当に顔が小さくなるのかというのをよく聞かれますし小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを聞かれることが多くありますのでその説明もしていきたいと思います。
小顔矯正をしていく時には多くの方は顔だけと言う感じなんですが小顔矯正をしていくときの顔だけというのは顔面骨という意味がありますが顔面骨というのも顔というのも頭蓋骨の一つです。

小顔矯正とは

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということをしていくのが小顔矯正です。
小顔矯正をしていくときには頭蓋骨の顔の部分を小さくしていくことをしていくのが小顔矯正ですからどうやれば頭蓋骨の顔の部分を小さくすることができるのかということです。

当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく電気などを使うこともなく無理やり顔を押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしています。
当院ほど小顔矯正をしていくときに安心で安全な小顔矯正はないと思います。

ではどうやって顔を小さくしていくのかという問題なんですが顔を小さくしていくときにはマッサージをするような感じだと思ってもらえれば一番近いと思いますのでマッサージをするような感覚で顔を小さくすることをしていますがマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正とは

顔を揉んでいるようなマッサージ間隔で顔を小さくすることができる特殊な技術を持っているからできる技ですからマッサージをしているようにしか見えないと思いますし小顔矯正を受けている方も実際にマッサージをしているような感じだと思うことがありますがマッサージをしているわけではありません。

顔が小さくなる

そして当院では小顔矯正をする前に自分の顔の大きさを覚えてもらうことをしていますが小顔矯正をする前と小顔矯正をした後 比べることができるのが特徴です。

そのためには顔を触って覚えてもらうことをしていますが顔を触るという行為は単純にただ手を当てればいいというわけではなく大きさを測るようにして触らないと小さくなっても分かりません。

小顔矯正をしていくときには顔が10 CM を20 CM を30 CM も小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので1 CM 変わってもわかるように触らなければ小さくなったのが分かりません。
そのため簡単なんですが難しい触り方があります。
触り方はすごく簡単なんです。

顔を触って自分で

顔を触るときには自分の顔の大きさや幅、輪郭などの形を覚えておかなければいけません。
小顔矯正をする前の触り方というのは両方の手首を合わせるようにしてくっつけて手のひらと指を広げるようにして顔に当てるだけです。

しかしただ顔に手を当てただけではわかりません。
その時に一番重要なのは左右差を感じようとするということです。

顔の左右差を感じようとして触ると幅や形や大きさが集中力をました状態で手に伝わっていきますのでしっかりとわかりやすくなります。
顔の触り方をしっかりとしておかないと小さくなったのが分かりません。
小顔矯正をする前に院長と向かい合って説明をしますので一度、鏡で見て記憶してもらいます。
というのは触り方が大変難しいからです。

顔の形を確認

鏡を目で見て自分の顔をの出っ張りや張りを覚えてください。
何を覚えればいいのかと言うと例えばですけど右側全体的に顔が大きいような感じがするとか左側は一部分が大きいような感じがするとかという単純なことなんですが、いざ手だけで触ってみると大変難しいのが分かります。
まずは鏡で見て顔の形を覚えること。

顔の形が分かったら目を閉じて手だけで同じように感じるか確認してください。
多くの方が違うことを思うこともあります。
それほど目で見たものが手で触るのが大変難しいからです。
目で見た出っ張り色合いなどが手で触ると違うように感じてしまいます。
どちらを信じればいいのかというのは目で見た方です。

比べることをする

しかし目で見て顔の大きさや形というのは実際にどれぐらい変化したのかということは分かりやすいと思いますが当院ではどうしても手で感じてもらうことをしています。
というのは小顔矯正をした後に顔が小さくなったのがわかったら笑顔が違うからです。
顔を小さくしていくためには自分の両方の手のひらを顔に当てて 感じようとしなければ分かりにくいので手だけで幅を覚えるように練習をしてください。
実際に手で触って小さくなったのが分かるようにしていく小顔矯正をしているから自信があります。
必ず初回から顔が小さくなる小顔矯正です。

しかし小顔矯正をする時には一度で終わることはありませんので多くの方は顔が小さくなったら終わりだと思うでしょうが、それでは維持ができません。
実は小顔矯正と言っても体の状態が深く関係しています。
体の状態というのは疲れやストレスの蓄積です。
顔だけ小さくしても体に多くの疲れやストレスが溜まっていると持続力はありませんし終わった瞬間に戻っていくという方までいました。

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスの方が一番の問題になりますので多くなればなるほど限界なく溜まっていくのが疲れやすとレスです。
疲れやストレスというのは際限なくある部分に溜まっていきますので限界というのはありませんから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなるばかりです。

しかし人は疲れたと言う割には減らすことをしていませんし考えることもしていません。
疲れやストレスが溜まってしまうと人は何をするかと言うと美味しいものを食べに行ったり焼肉を食べに行ったりうなぎを食べたりという感じだと思いますしまたサプリメントに頼り切っている方もいるでしょうから栄養と言うと疲れやストレスを減らすことができるのかという問題が考えなければいけないところだと思います。
確かに栄養でもよくなったような気がしますが食べる事で疲れやストレスが溜まる部分に多くの疲れやストレスを溜めてしまう結果になってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスを溜めてしまう部分というのは内臓です。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスがたまると言っているということです。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくことが原因で体は補正的に歪みやズレを起こしていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらその100 kg の体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということです。
水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水分です。

体のどこに疲れやストレスがたまる

水に何かが溜まるということは考えられませんので後残った部分に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
あと残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
35 kg の中で疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりなから内臓に蓄積していきます。
内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は補正的に歪みを起こしていきます。
そして実は小顔矯正をしていくときには疲れやストレスも体にたまりますが体の中でも筋肉や内臓に蓄積していくと説明しましたが本当を言うと顔にも疲れやストレスが溜まっていきます。
顔に疲れやストレスが溜まると顔のむくみが起きたり脂肪が多くなったり顔が変形してありということが起こります。
顔に疲れやストレスが溜まっていくと顔には皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨しか存在していませんのでこのどこの部分を解消すれば顔が小さくなるのかということを研究していくと確かに脂肪やむくみを減らすことでも少し顔は小さくなっていきますが単純にそれだけでは少ししか小さくすることはできませんし維持することもできません。
顔にできたむくみが脂肪を減らせばいいというわけではありません。
後残ったものは筋肉と靭帯と脂肪と顔面の骨しかありません。

疲れやストレスは内臓に

検査する小顔矯正

当院では小顔矯正をして行く時には検査することをしていますが検査をしてみると多くの方が顔に異常があるということがわかりましたが詳細に細分化してみると皮膚とか筋肉とか靭帯とか骨まで炎症を起こしているということがわかりました。
疲れやストレスが多く溜まっていくと皮膚も筋肉も人体も脂肪も炎症を起こしたり骨まで炎症起こして骨が変形しながら大きくなっていきます。

炎症というのは最低限のものですから炎症の上には晴れという状態がありますしハレの上にはタダレという状態も存在しています。
ここでは一番簡単な炎症と説明をしていますが検査をしてみると段階と言うか悪い状態の多くなればなるほどただれの状態になっている方もいます。
顔に炎症が起きていくと色々な部分が大きく膨らんでいきますので膨らんだ状態が顔に出てしまい顔自体が大きくなっていきます。

正常に戻すことで顔が小さくなる

これを正常に戻すことをしていくのが小顔矯正になりますので単純な小顔矯正ではなく顔に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしなければ顔を小さくすることはできませんしそれ以上に顔だけではなく体の状態も確認しながら顔に多くの疲れやストレスが溜まっているのに体にたまっていないということはありません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみて異常のある部分を見つけて正常に戻していくことをして顔を小さくすることをしていますが多くの方は顎の骨の部分を炎症や腫れやただれの状態になっていますので正常に戻すことで顎の部分は特にスッキリ細く引き締まっていくということが多く見受けられます。

最近は多くの方が疲れやストレスだけではなく睡眠負債状態で大脳を弱らせてしまっていますので大脳が弱った方は痛みやコリを感じにくくなっていくほど麻痺状態になってる方もいます。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのはれているようで眠れていないことなんですが眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態になってることを言います。
どんなに人が見て寝ているような感じに見えても格好だけしか考えていません。
人が横になって目を閉じてスースー寝息を立てていると誰でも寝ていると思うでしょうが格好だけではなく眠りというのは大脳が寝ていることだけを言います。
大脳が休養とって寝ていない限りは寝ていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので夢を長時間見るということはありませんので脳が起こすトリックにはまってしまうと長く夢を見ていたと思いますが実は短時間の夢だということがあります。

睡眠負債と小顔矯正
2018年09月03日

腰痛の痛みは

ボキボキしない腰痛

痛を改善していこうと思うなら腰痛の原因になっているものを検査することをして見つけ出さなければいけませんが原因を検査することができない方が多くいますので対症療法という治療法が存在しています。
対症療法という治療法は原因何かは関係なく楽にすることを中心にしていく治療のことです。

対症療法と腰痛

対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても腰痛を楽にすることはできる可能性もあります。

インドメタシンや炎症や腫れを抑えることができるのが湿布ですから炎症や腫れから起きる軽いものでしたら湿布を貼ったりして急性状態の痛みを抑えることはできます。

しかし原因が残ったままになっていますから腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレですから残したままだと進行するということがありますのでこじらせたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになってしまったり脊椎管狭窄症という症状になってしまうこともありますから単純に楽にすればいいというわけではないと思います。

また湿布を貼ることに限らずドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも腰痛は楽にすることは可能かも分かりませんが栄養や何かのエキスで改善することをしても急性状態の痛みは取れて楽になることはあります。 しかし栄養や何かのエキスで骨盤の歪みや骨盤の開きが取れるとは考えられません。

単純に何かの痛みに効くということですから痛みにとっては何でもいいんだと思います。
頭痛薬と同じで頭痛薬というのは葉の痛み求めてわからなくすることができますし生理痛などに使われる痛み止めも同じことだと思いますから一時的に痛みを楽にしているだけだと思います。

対症療法ばかりして

腰痛と言うと家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことも有効な手段だと思いますがマッサージというのは筋肉に対して治療をすることですから筋肉だけで腰痛が起きていることはあまりないと思いますが筋肉の炎症や腫れは改善できる可能性もありますし楽になることもあると思います。

鍼灸やつぼを使った指圧ということもありますが指圧がつぼや鍼灸を使うよりも実際に鹿に行った方がいいと思います市骨盤の歪みは骨盤の開きは関係ありません。

整骨院や整体院やカイロプラクティック院で用いられている低周波治療器は電気というものもありますが機械、電気というのは刺激をしているだけですから刺激をしても楽になることがありますが骨盤の歪みは骨盤の開きが変わったわけではなく矯正できているわけではありません。

特に低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を動かしていくことが目的ですからリンパの働きを良くなっている老廃物が多く流れていき循環は良くなります。

しかし原因が取れていないためまた元に戻りやすくなっていきます。

炎症や腫れなどが電気治療器、低周波治療器で取れることはありません。
腰痛は腰の痛みがある時には必ず炎症や腫れが存在していますから炎症や腫れをとるというのをを先にしていかなければいけませんので炎症や腫れが取れていくと筋肉、じん帯の問題を改善していかなければいけません。

腰痛は筋肉からも

腰痛を起こしている筋肉というのは腰周辺の筋肉が全て範囲に入りますので色々な筋肉が腰には存在していますが広背筋の筋肉というのが主だと思います。

腰痛を起こす時にはどうして起きたのかなぜをしていたら起きたのかと聞くと重たいものを持ったりしたら腰が痛くなったとか座って畑の仕事をしていたら立とうとした時に腰が痛くなったとか車の運転をしているとズキズキして腰が痛いとか何かを取ろうとして前かがみになって手を伸ばしたら腰が痛くなったとか下向きに寝て本を読んでいると腰が痛いとか、
布団に寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因だと思われるものが存在していますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

腰痛になる時にはきっかけとあるものが存在してい両方が揃った時に腰が痛くなります。
必ず片側だけでは起こりませんので両方の物が重なった時に腰が痛くなって腰痛になるということです。

ではもうひとつの原因は何なのかということなんですが、その原因は骨盤の歪みは骨盤の開きなんです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因がなくて起きることはありませんので必ず原因が存在しています。

多くの整体院やカイロプラクティック院治療というのは骨盤の歪みや背骨のズレをボキボキしたりすることで改善していくことを持って行きなんですが単純に表面上の歪みやズレを矯正すればいいというわけではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

整体院やカイロプラクティック院では 、表面上といえば表面上なんですが表面上のものを改善していくことをするために矯正したりボキボキしたりすることをしていくのが整体やカイロプラクティック院です。

後はマッサージをするわけではありませんが筋肉を揉んだり低周波治療器は電気などをかけるのが整体院カイロプラクティック院特徴ですが他とはできないのはボキボキしたりすること、骨盤の歪みや背骨のズレを矯正できるのが特徴です。

しかし当院では他の整体院やカイロプラクティック院とは違いますのでボキボキしたりすることもなく痛いこともなく体を整えていくことをしています。
ではどうして骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのかという問題なんですが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることや動かさなくても多くなったりするものが原因です。
毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることで多くなるものがあります。
それがすべて体に蓄積していくのが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

しかも多くなるだけではなく体のどこかにたまって言っているのが原因なんです。
体に溜まるというものは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変、多くの方に溜まっていますので溜まっていない方はいません。

実は疲れやストレスと説明していますが疲れやストレスというのは同じ意味になります。
疲れの蓄積してたまったものがストレスになりますのでストレスというのも色々な分野があるということです。

精神的なストレスもあれば肉体的なストレスもあれば色々なストレスが存在しています。
すべて疲れという意味になります。

ストレスという言葉を簡単に言う方ほどよくわかっていないのになんとなく使っている場合が多くありますのでストレスという英語はありません。
ストレスというのを誓い意味で探せば抑圧や欲求不満という意味になります。
ストレスが溜まったという時には抑圧が溜まったと言い換えることができますが意味が通じません。

ストレスが溜まったということを欲求不満が溜まったといういえばなんとなくは近づいていきます。

しかしストレスが溜まったという時は精神的なストレスが溜まったのか+肉体的なストレスが溜まったのかという情報が重なった時にストレスが溜まったと言ってることを言いますがカラオケに行っても精神的なストレスが発散できる可能性もあるんですが歌を歌うことでエネルギーを消費してしまいますので肉体的には疲れをためてしまいます。

疲れやストレスの蓄積

多くなるばかり疲れやストレス

旅行や温泉に入っても精神的なストレスは発散ができる可能性はありますが行くためには電車に乗ったり車に乗ったりすることで疲れやストレスが多くなるばかりです。

普通一般的にはストレス発散と言ってるのはエネルギーを発散していることになりますがエネルギーというのはストレスが多く溜まってしまうと偏ってしまいますので偏ってしまったエネルギーを消費してしまったということで全体的に消費傾向を示していることがストレス発散になります。

しかしエネルギーというのは消費してしまうということはよくありません。

エネルギーは多ければ多いほどいいわけです。
しかし多すぎるエネルギーも困ったものになります。

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来につながることもありませんが弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと体の歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスが蓄積する場所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に水が存在しているということです。

水に疲れやストレスが溜まるということはありません。
ということは水以外、つまり35 キログラムの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスが主にたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉になります。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやすですがたまると説明しています。

勝手に病気と考えることなくしっかりと説明を聞いてください。
内臓というのは運動したり生活したり体を動かしたりすることでも疲れやストレスを置くためてしまいますが自分で消化したりアルコールなどを分解したりすることでも呼吸したりすることでも多くの仕事をしていますので内臓が仕事をすることが原因で疲れやストレスを溜めてしまうこともあると思います。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

ですから体が弱った時にはアルコールの分解がまずできなくなったりすることもありますし油文が多い食事をしたらお腹を壊したということもあると思います。
ですから食べればいいというわけではなく食べたら栄養になりますが内臓がそれをコントロールできるのかということを問題視しなければいけません。

病院というところは病気の専門家の先生がいるところですから病気として完成したものは分かると思いますが完成する前ではわかりませんし完成する少し前だったら数値的な異常が出て気をつけなさいよとかいう感じで言われる可能性もあります。

病院に行う検査というのは病気の検査です。
病気として完成したものが分かります。

健康な細胞から半年や一年で病気の細胞に進行して変化するということはありえません。
健康な細胞から変化していくためには10年や20年かかると言われています。

しかし健康な細胞から病気な細胞に変化して行く途中で色々な症状が起きています。
その時に起きる症状は病気ではありません。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛は生理不順や便秘などで起きている可能性があります。
体に起きる色々な症状というのは必ず何かが関係していますので何かが関係しているということは内臓が関係しているということなんですが病気というわけではなく 弱い内臓に疲れやストレスが溜まっているということです。

弱い部分に疲れやストレスが

人の体は必ず弱い内臓とそうでもない部分がありますので弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨が不安定状態になってズレていきます。

腰痛を起こす内臓というのは腎臓です。

腰痛=腎臓というイメージがあるぐらい腰痛は腎臓に関係しています。
腎臓が弱った時に関係する筋肉が存在していますのでこの筋肉というのは骨盤を固定している筋肉にもなりますので股関節の内側から背骨についていたり骨盤の内側についている筋肉です。

その筋肉というのは大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉になりますので両方合わせて腸腰筋と言います。

この筋肉のバランスが悪くなったのが原因で骨盤が開いたりしていきます。
さらに便秘などで大腸が弱っている方は骨盤が不安定になっています。
生理痛は生理不順がある方は骨盤の下の方の部分が開いたり歪んだりしています。

腎臓と相まって起きるのが骨盤の中に入っている内臓になります。

必ず歪みやズレが起きる時には内臓がなにかのトラブル思った時でありトラブルを持っていくと骨盤の歪みは骨盤の開きになります。

腎臓から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月27日

顔を小さくするには小顔矯正が一番

初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていく時にはボキボキしないし痛くもない小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていくときには受けに来た本人に顔を触ってもらい変化を体験できるのが特徴です。
小顔矯正

そのために触り方がありますので触り方を説明するようにしていますが簡単な触り方なんですが簡単だと思って触ってしまったかたほど分からないという方がいますので小顔矯正と言っても10 CM 、20 CM 、30 CM も顔が小さくなることはありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますので1 CM 変わってもわかるように顔を触っておいてください。

小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の形を覚えてください。
何を覚えるのかと言うと顔の形というのは左右が対象ではありませんので左右がどれくらい

違うのかということを目で見て確認をするわけです。
必ず顔には左右差が存在していますので左右を確認しながら目で見て覚えるということをします。

左右差というのは例えばですけど右側の顔全体が大きいとか左側の一部分が出っ張っているとかいう感じで左右差が存在します。

顔を鏡で見て

鏡で見てそれがわかったら目を閉じて顔を触ってみてください。
形が同じように感じるかどうかがありますが多くの方が逆を言うこともあります。

鏡で見て目で判断したわけですから同じことを感じなければいけませんので例えば右側が出っ張っているんであれば目を閉じて顔を触っても同じように感じなければいけません。
ということを理解してもらった上で顔を触ってもらいます。

顔を触る時には目を閉じて触った方が分かりやすいという場合もありますのでしっかりと集中しながら顔を触ってみてください。
顔を触る時の触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。
そして手のひらと指を顔にくっつけるだけなんです。

顔の触り方

しかし手のひらと指を顔にくっつけただけでは手を置いているだけですから顔の形をわかっていません。

手を置くだけではなく、手を当てるだけではなく顔の大きさや形を感じようとして触らなければいけませんので左右差を感じ取るようにして触ってください。
左右の違いを感じようとする時には手の感覚神経がよく働きますのでよく働くことが大脳の感覚神経を働かせることにもなりますから左右の違いをしっかりとわかるようにしてもらいます。

これができないとどんなに小さくなっても分かりません。
触り方は簡単なんですが感じようとすることをしないと分かりません。

しかし多くの方が小顔矯正を希望されて訪れますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきますが院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが大きくあるのにという逆のことが確認できます。

顔のさわりかた

 

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレがあるということは体調の悪さを示しています。
体調が悪い方ほど小顔矯正をしても戻りやすくなりますので維持することは困難になりますし小顔矯正をした後にだるくなる方もいます。

小顔矯正をしたにも関わらず顔を小さくなったぶんだけ体調や体力を奪われてしまう結果になりますので体調や体力の低下でエネルギーない方ほど揉み返しではありませんがだるくなります。

自分で思っているほど体調や体力は良くない方が多くいますがそれを説明するのも自分でわかっていないから厄介なんです。

何も痛みやコリを感じていなければ体調が良いのかということはありません。
疲れていたりだるくないからといって体調が良いとは限りません。
痛みやコリや体調の悪さというのは脳は感じ取ることなんですが最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないんです。
不眠症でしたら寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚めてしまうという方が不眠症でした。

しかし睡眠負債状態は不眠症とは違い目が覚めにくいのが特徴なんです。
小顔矯正をして行く時には何をして顔を小さくしているのかと言うと検査をしてみると顔にも疲れやストレスが溜まっているということが多くありますので毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張を与えられることで疲れやストレスが体に溜まっていきます。

この疲れやストレスが顔にも溜まっているということで顔に溜まっていくと顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しかありません。

これのどれを取って小さくすれば顔を小さくできるのかということなんです。
顔を小さくすることができるのは体調の悪さから多くなってしまった脂肪やむくみを減らしていくことでも顔は小さくなっていきます。

顔の脂肪と浮腫み

しかし脂肪というのは太りなんですが顔のむくみというのは体調の悪さを示していますのでむくみが多すぎてぶよぶよになっている方もいますし、皮膚が垂れ下がっている方もいます。

体の状態が顔に出てしまっていることが多くありますので特に顔が歪んでいる方は身体全体の状態を表していますのでしばらくの小顔矯正が必要になりますが小顔矯正と言っても美容的な小顔矯正や何かのクリームを塗ったりスチームをかけたりする小顔矯正では長続きはしません。

表面上に何かを塗りながらマッサージをするような感じで小顔矯正を受けているシーンがテレビなどで見られますが表面上をいくらクリームを塗ったり汗を出すようなことをしても効果的にはあまりないと思います。

当院の小顔矯正は異常のある部分を見つけ出して正常な状態に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正です。

顔を検査する

検査することができますので検査をしてみると小顔矯正を希望されて訪れた方、全員が体調を落としていると説明しましたので体調を落としていると顔にも疲れやストレスが溜まることが多くありますので顔に疲れやストレスが溜まると色々な部分に炎症や腫れを起こしています。

顔の炎症や腫れが起きると特に起きている部分を説明すると骨が炎症起こしています。
しかし顔の骨というのは頭蓋骨の一つでもあります。
顔を小さくしていくということは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨に何らかの影響を与えたりします。

よく考えたらわかると思いますが頭というのは顔と大脳を納めている頭蓋骨に分かれます。
頭蓋骨に影響を与えることなく顔を小さくすることもできますが正常状態に戻していくことで顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなっていきますが無理矢理、顔を押さえつけたり痛いということはありません。

小顔矯正を希望されて訪れた方、全員の検査をしてみると 特にですが顔の骨が炎症を起こしているということがありますので顔の骨が炎症を起こしていると骨が大きく左しながら変形していきます。

アゴのラインがスッキリ

特に顎の骨の部分は全員の方が炎症や腫れがひどく骨が変形しながら出っ張っていきますので張った状態を正常に戻すことができれば顔の時に顎のラインが細くをスッキリ引き締まっていきます。

顎の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると骨の変形起こしたりしますので変形したものは簡単には戻ることは普通はありませんが当院ではそういう小顔矯正をしています。
毎日毎日の疲れや仕事をすることや生活することや運動することや精神的な緊張などで疲れやストレスは多くなるばかりなんです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますがどこにたまるのかという問題がありますので疲れやストレスは体にもたまりながら顔や頭にも溜まっていきます。

それを見つけ出して検査することができれば正常に戻す可能性ができます。
正常に顔を戻していくことが顔を小さくする結果になっています。
本当に今まで30年間、小顔矯正をしてきて一人も異常が顔にないという方はいません。

全員の方が顔が小さくなっていると説明を加えましたので全員の方が骨の炎症や腫れが起きているということが言えると思います。

骨の炎症やハレ

骨の炎症や腫れというのは大変厄介なものですから一度起きたものは永久的に変わることはありません。

顔の皮膚をつまんで見ると分かると思いますがどれくらい脂肪が多くなっているのかということがわかります。

顔の筋肉というのはそんなに多くはないし分厚くもありませんので顔の皮膚をつまんでみると指先に感じるもの全てが正常なのかということを疑う必要があります。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていきますがマッサージをしているわけではありませんしマッサージ感覚で顔を小さくすることができる小顔矯正です。

実際に小顔矯正をする時には顔を揉んだりマッサージをしながら小顔矯正をしていくのが当院の特徴でもありますから本当にマッサージを受けるような感じで顔を揉んだりしているだけで徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正

 

骨の炎症やハレを解消

小さくなっていく理由は先ほど説明しましたので骨の炎症や腫れを正常状態に戻していくと特に顎の骨はすっきり引き締まっていくという小顔矯正です。

しかし最近は睡眠負債状態の方が多くいますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないことなんですが目が覚めなければ寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかしさらに浅い睡眠があります。

浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大脳を急激に弱らせていきますので目を覚ますことはありません。

小顔矯正をしていくときに一番、近くにあるものは大脳です。
睡眠負債状態で大脳が弱ってしまっていると影響は大きく顔がぶよぶよしたり皮膚が分厚くなったりたり下がったり顔の変形が起きていきます。

睡眠負債と小顔矯正

大脳が弱ってしまっていると大変な結果を招いていきますので物忘れがうっかりが多くなっていきます。

体にも多くの疲れやストレスが溜まり大脳まで弱ってしまった方は顔が維持することができませんので小さくしてもを取りやすくなりますし立った瞬間に戻っていくという形までいましたので初回はいろいろなことをしてしまうとだるくなってしまう可能性がありますので初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきますが顔だけ小さくしても体がだるくなったという方はいます。

小顔矯正をして行く時にはおきぼきもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますが検査すると正常に戻すことができますので正常に戻せば顔は小さくなっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月24日

肩こりが起きるのは原因が

肩こり

つらい肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが慢性化した肩こりを繰り返しやすい肩こりというのは原因があります。
肩こりを繰り返しやすい形や長期間肩こりになっている方は筋肉が徐々に硬くなっていくこともありますので固くなったものは永久的に固くなってしまっていることもあります。
筋肉が硬くなる時には一時的に固くなる場合と永久的に固くなる場合があります。

筋肉が固くなる

筋肉が一時的に硬くなるものは揉んだり肩や首や腕を動かすことでも少しは解消していきますが永久的に固くなったものは何をしても変わることはありません。

永久的に固くなったものというのはほぐそうとしてもほぐれるものではありませんので慢性化した肩こりや長期間、肩こりになっている方ほど筋肉が徐々に硬くなることがありますのでこの現象のことを筋肉の老化と言います。

体が年を取るように筋肉も老化することがあります。
筋肉が老化してしまうと筋肉だけでは済まなくて周辺や筋肉の部分にある神経や血管やリンパなども固くなっていきますし皮膚も固くなっていき脂肪も固くなっていくということが起こります。

筋肉だけが固くなることない

つまり筋肉だけではなく全てのものが硬くなっていくということが起こりますので老化から来る方さはマッサージをしてもモンでも湿布を貼っても取れることはありませんのでマッサージ、低周波治療器をかけている時だけ、しばらくはいいかも分かりませんがまた元に戻ってしまいます。

肩こりを繰り返しやすい方やいつも肩が凝っている方というのは筋肉がどうなっているのかということを考えなければいけません。
単純に何も原因がなくて筋肉が凝ったりすることはありませんから何かの原因が関係していると考えなければいけませんが多くの治療院では検査をすることは大変難しく目で見たものしか分かりませんので対症療法ばかりしていることがあり対症療法というのは原因を改善するのを遅らせる結果になります。

対症療法と肩こり

普通一般的には多くの治療院で肩こりを解消する方法は対症療法になっている場合が多くありますので対処療法というのは原因を探すことはなく見つけることもなく楽にすることをしているだけです。
対症療法というやり方は例えばですけど湿布を貼ったりすることでも一時的に肩こりが楽になることもあります。
ドラッグストアで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも肩こりを楽にすることはできます。
家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりが楽になることもあります。

整骨院、整体院、カイロプラクティック院などで低周波治療器や電気などをかけてもらうことでも肩こりは楽になるでしょう。

対症療法と肩こり

楽にすることが優先

しかし楽になることは楽になることでありそれがまずは前提条件ですが楽になることばかりしていると原因もいつのまにか進行してしまっているという方があります。

原因もいつまでも同じままではいられませんので原因が進行したものが厄介な状態になっているということで単純な肩こりつまり筋肉のこりなのかどうかということを検査しなければいけません。

肩こりには肩こりになる原因がありますが一時的に楽にできる対症療法が多くありますので楽にすることはできるかも分かりませんが原因が残ったままになっているとしばらくは対症療法を受けたら楽になることもあるでしょうけど原因がある場合は進行するということです。

肩こりの原因

多くの肩こりの場合原因が潜んでいますが原因を見つけることは簡単なことではありませんし原因から改善していくということは対症療法をやっているよりも数回から数十回ぐらいかかることもあります。

毎日毎日の生活をすることや仕事をすることや運動することで筋肉疲労をより多く食べてしまっています。
普通は筋肉疲労をためてしまうことで筋肉がより緊張したり疲労したりしますので肩こりになります。

何も原因がなくて肩が凝ったりすることはありませんからどうして肩こりが起きるのかどこから肩こりになっているのかということを見つけ出すことが必要になりますからそのためにも検査することをしています。

今まで30年間肩こりを解消してきて筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは見たことがありません。
その先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉ほ骨から骨へ

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉が引っ張られていきます。
筋肉が引っ張られた状態がリンパの働きを悪くなっているが老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

筋肉のコリが起きるのは多くの場合、背骨がずれていることが多くあります。ですから背骨のズレを矯正することで筋肉は正常に戻る場合もありますので筋肉だけ、ほぐして終わりではなくその先にあるものを見つけ出さなければいけません。
しかし背骨のズレを矯正すればいいというわけではなくどうして背骨のズレが起きたのかという原因が裏側に潜んでいます。

筋肉疲労

背骨のズレ

背骨のズレを起こしている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなっていくものが体に溜まったのが原因です。
体にたまるものというのは疲れやストレスです。

しかし体に溜まると言いましたが体のどこにたまるのかという問題があります。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水で構成されているということなんですが水と言っても単純な水ではなく血液なったりリンパ液だったりという水です。

水に疲れやストレスが溜まるというのは考えられませんので後残った35 k の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中にはリンパと神経と血管と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありませんのでこの中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから 内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということです。

内臓疲労が肩こりに

しかし内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしますが病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということも起きるんです。
付け加えておきますが病院というところは病気の専門家ですから病気として完成したものを血液検査や尿検査で判断することをしています。
話は戻しますが肩こりというのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因で体が歪んでしまったのが原因です。
疲れやストレスというのは身体全体にたまりながら弱い内臓に溜まっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分というのは肩こりにつながることはありませんが弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく体の内側から崩れることが起こりますので体の崩れから骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりしていきます。

背骨のズレと内臓

特に背骨というのは内臓に直結していますので弱い内臓の部分は何が起こりやすくなります。
何と言っても数ミリだったり1 CM ぐらいのズレなんですが筋肉が引っ張られるのが1cm 引っ張られても緊張やこりが強くなってしまいます。
特に肩こりを起こしているのは肩の部分の骨が関係しますので肩の部分の骨の内臓というのは心臓や肺、横隔膜が中心になります。
つまり疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになっている裏側の原因というのは心臓や肺や

横隔膜の何らかのトラブルだと考えられます。
肩こりになりやすい方は胸苦しさや息苦しさや咳が出やすい、胸の辺りで時々チクッとする痛みがあるとかいう方、時々心臓が動悸があるとか言うことが時々起きている可能性があります。

内臓から症状が出ている

特に胸の辺りで時々チクッとする痛みが起きたりする時には心臓に何らかの問題が起きている可能性がありますがいつも起きることはなく忘れてしまった頃に起こます。
最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債状態というのは眠りが浅いのが原因なんです。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったりという方が不眠症でしたが睡眠負債状態の方が目が覚めることがありません。
目が覚める事がないために寝ていると勝手に思っている方がいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。

大脳疲労が肩こりになる

大脳が休養とっているよ眠りというのは熟睡状態です。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので長く夢を見ていたと思っても動画を越すトリックであり数秒の時間だったり数分の時間です。
夜寝ている時にも夢を一回見ているということはなく数回見ている可能性もあります。
しかし圧倒的に時間を多く消費してしまっている眠りというのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。
そのため多くの方が気がついていないことが多くあります。
睡眠負債状態や不眠症はどれだけ体を弱らせていくのかということがありますので不眠症や睡眠負債状態の原因を見つけ出さない限りは弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになります。

肩こりには」

睡眠負債から肩こりに

睡眠負債状態の方は徐々に大脳を弱らせていきますし大脳が弱ったら大移動だけでは済まなくて体を弱らせていきます。
弱ったものが弱っただけではすみませんから細胞の急激な現象が起きていきます。
睡眠負債状態というのは負債を返すことはできません。
一度、睡眠負債状態になってしまったものは何かが体の変化を急速に起こしています。

急速に進んでしまったものはいつかは何らかの形で浮上してきます。
睡眠負債状態というのは怖いものがありますが寝ながら考え事をしている睡眠に代表されるように体は色々な状態を起こしていきますが大脳がどんどん弱っていくことが原因で風邪をひきにくくなります。

インフルエンザや風邪の細菌が体内に入っても大脳が元気だから発症させて熱を上げて細菌やウイルスを殺そうとしますし減らそうとします。

大脳が元気だから

大脳が元気でなければ門が空いた状態ですからインフルエンザウイルスや風邪の細菌は入りぱなしになって多くなっていきますが大脳が弱ってしまっていると何も起こりません。

インフルエンザウイルスや細菌などが体内に入った状態で発症しない状態のことを隠れインフルエンザとか隠れ風と言います。
こういう状態で肩こりになっているか違いますので厄介な状態だということですから大脳を元気にしていことをしなければいけませんが大王は色んな所に関係を起こしていますので突き詰めるまで時間がかかります。

簡単には大脳が元気ならない

簡単にはいかないのが大脳の問題から起きる肩こりです。
大脳が弱ってしまうと一番に弱っていくのは心臓や肺や横隔膜になりますか。
最近は肺の形が変わった形まで多くいますので猫背になるほどハイが丸くなっているか違います。

肺の形が変わって横に広がった方もいます。
肺の形が変わってなが細くなったかたまでいます。

2018年08月23日

腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛は腰の痛みが起こりやすい方や繰り返しやすい方は原因から改善していかないといつまでたっても繰り返し安く痛みが慢性化していきます。
腰痛には腰痛になる原因がありますので原因から改善していかないと表面上の痛みだけ楽にすることをしていても原因が残ったままになっています。

腰痛や腰の痛みと言うと重たいものを持ったりして痛くなったとか何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなったとか何かをしていて痛めてしまうことが多くありますが裏側には骨盤の歪み、骨盤の開きあります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

必ず体というのは何かな症状が起きる時には原因が存在しています。
しかし原因を治すことなく楽にすることができます。

原因を治すことなく楽にすることができるために原因が残ったままになっています。
銀を治すことなくまた見つけることもなく楽にする治療というのは対症療法という治療になります。

多くの治療法が対象療法の治療に入ってしまっているために腰痛を起こしている本当の原因が残ったままになっています。
対症療法という治療法はドラッグストアなどで売っている痛み止めの薬を飲んだりすること屋健康食品やサプリメントを飲んで痛みを抑えることもできます。

家族の方に湿布を貼ったりしてもらっても楽になることもあります。
家族の方に揉んでもらっても楽になることもできます 。
専門家の先生にマッサージをしてもらっても腰痛が楽になることもあります。
低周波治療器や電気などをかけても腰痛は楽になることもあるでしょう。

しかし原因が残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると進行していくこともあります。悪さというのはいつまでも同じままではいられませんし同じままではないということなんですが。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

腰痛には腰痛になる原因がどこかに存在するから腰痛になってしまう理由。
この原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしているといつのまにか原因は進行してしまい悪化させた状態で出てくるか椎間板ヘルニアとしてててくるか坐骨神経痛として出てくる場合もあります。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪み、骨盤の開きです。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも起きているものなんですが経路があります。

程度というのは軽いものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものから色々あるということです。
軽いものは何も感じることができませんので痛みになることはありませんがこの段階では誰でもある可能性があり。

しかしここで違うのが大きくなるのか、ならないのかの違いです。
骨盤の歪みが大きくなってしまう時もあれば少し歪みが減ることもあります。
骨盤の歪みが大きくなった時に重たいものを持ったりしたら腰を痛めてしまう結果になりま。

骨盤の歪みが最大限広がった時には何をしても腰痛が起きるきっかけがあれば起きてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で体を動かしたりすることが原因です。

毎日の生活で蓄積するもの

いろいろなものごとで積み重なっていくとものというのは疲れやストレスです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスが溜まっていない方はいません。

人の体は生きている限り疲れやストレスと付き合っていかなければいけませんので生活することで色々な疲れやストレスが体に溜まっていきま。

しかし疲れやストレスも溜まるところがあります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分ということなんですが水分といっても血液だったりリンパ液だったり脳脊髄液だったり色々な水が存在しています。
この水が65 kg にもなるということですから水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

では後残った35 km の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
主なものをあげてみてもこの中で疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスがたまるところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということが挙げられます。
内臓に溜まって行く疲れやストレスというのは多くの方々待っているものですから構っていない方はいませんので体を動かしたりすることでも疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

筋肉よりもより多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
そして体を動かしたりすることだけではなく人は食べたりしますので食べたり呼吸をしたりすることでも働いてくれていますので働くことで内臓は疲れを溜めていきます。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

体を動かす事だけではなく

食べたものを消化したりアルコールなどを分解したりすることでもすごく働いてくれているのが内臓です。

内臓が働いてくれている時でもエネルギーを消費してしまいますので何もしなくても体を動かさなくても寝ているだけでもお腹は空きます。
内臓が働くことで動くエネルギーを生産してくれたり栄養成分を生産してくれていますが自分自身も動いたり働いたりすることで疲れやストレスが多くなるのは当たり前です。

この疲れやストレスが人の体の弱い部分に泊まっていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
そうでもない部分は何も痛みやこりに繋がってしまうことはありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い部分にたまる

弱い部分というのは関節の場合もありますが関節の場合もあります。
弱い部分というのは子供の頃から色々な症状を起こす場合もありますので風邪をひきやすい方は免疫の気管が弱いということになりますので風邪をひきやすくなります。

腰痛になりやすい方は弱い内臓に疲れやストレスが溜まると説明しましたので腰痛に関係する内臓というのは体の中でも色々なものがありますが腎臓になります。
腰痛と言うと必ず腎臓が深く関係していて黒幕になっています。

まず第一に弱い腎臓に疲れやストレスが溜まり徐々に腎臓の働きが低下していきます。
腎臓の働きが低下していくと腎臓に関係する筋肉がバランスを悪くしていきます。
腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉です。

大腰筋と腸骨筋という筋肉は股関節の内側についていますのでこの筋肉が収縮起こしたり緩んだりすることで骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

骨盤が不安手になると腰痛になる

骨盤が開いたり骨盤が歪んだりすると骨盤が不安定状態になっていきますので不安定状態のある時に重たいものを持ったりすると体を支えることができません。
体を支えることができないためにくしゃみをしても痛めてしまうことがあるということです。

しかしこれらを直さなくても湿布を貼ったりしても良くなることもありますしマッサージをしても良くなることもありますしサプリメントなどを飲んでも楽になってしまうこともありますし低周波治療器をかけても楽になってしまうことはあります。

しかし楽にしても骨盤の歪みは骨盤の開きは残ったままになっていますし骨盤の歪みは骨盤の開きが起きた原因である腎臓の疲れやストレスは残ったままですから腎臓疲労がどんどん進んで行くということも起こります市骨盤の歪みは骨盤の開きが進行するというよりも筋肉、靭帯が伸びた状態ですから伸びた筋肉靭帯は徐々に硬くなっていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰が痛くなる

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた時には必ず周辺にある筋肉 、じん帯の影響を受けてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きだけで済むかと言うとそういう問題ではなく筋肉靭帯も固く老化していくということが起こります。
これは肩こりの方にも言えます。
肩こりというのも背骨のずれが原因ですから、 筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動くことが原因で伸ばされたりして緊張した状態や緩んだりします。

正常な状態から動いてしまうと筋肉はいつまでたっても引っ張られたままで伸び切ったままになっていますので伸びきったままではリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることはもちろんですが伸びきった筋肉もいつまでも同じままではいられませんし若い筋肉ではいられません。

筋肉が固くなる

筋肉も体と同じように老化していきますので筋肉が伸び切ったままでは老化のスピードが急激に早くなっていきます。

また腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きを残したままだとすると脊椎管狭窄症という症状にもなってしまうということもあります。
腰痛を悪化させたものが坐骨神経痛であり椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なものでもありません。

対症療法ばかりして楽にすることばかりしていると色々なものに進行していくということが考えられますがまずは第一に骨盤の歪みは骨盤の開きそして筋肉の状態のものを検査して見つけ出すことをして正常レベルに戻していくことが一番大切になります。

内臓疲労が腰痛になる

最終的には腎臓の部分にも何らかの手を加えなければいけません。
弱い腎臓というのは徐々に疲れやストレスを溜めてしまうと細胞の変化が起きていきますので細胞の変化の起きたものが、先将来の病気に繋がっていきます。
しかし今は病気でもありませんから検査をしても異常なし数値の異常はないということです。

しかし健康な細胞から一気に病気の細胞に半年や一年でなることはありません。
進行していく過程があります。

進行するもの

進行していく過程というのは10年や20年かけながらなっていくんです。
ですから今は病気ではないかも分かりませんが誰でも弱い内臓は進行途中だということです。

人の体は年齢が一才歳をとることもありますが内臓年齢というのがありますので弱い内臓ほど急速に年を取っていきます。

弱い腎臓ほど急速に年を取っていきますので年を取っていきながら時々腰痛として警報を鳴らしてくれているということです。
体に起きる色々な痛みというのは警報ですからよくないことを知らせてくれているんですがこれを急性的な対症療法で痛みだけを楽にしていてしまっています。

対症療法という治療法は直しているわけではなく原因なんかも見つけることもなく楽にすることを目的とした治療法です。

対症療法ばかりしていると

対症療法をしている治療院では楽になったら終わりです。
楽になったことを治ったと言います。
患者さんも楽になったら治ったと思うでしょう。

しかし楽になったらそこから治療を始めることができるんです。
楽になったら治療を始めることができる治療法のことを体質改善と言います。

弱い内臓を少しずつでも強くすることができます。
体質改善の治療は初回からはできません。 体質改善をする準備が必要だからです。
今まで30年間以上、体の治療をしてきて初回から体質改善ができた方はいません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月21日

骨盤矯正で浮腫み、脂肪を減らす

骨盤矯正とは

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが今まで30年以上骨盤矯正をしてきて骨盤が小さくならなかったという方はいませんので一度でというのは無理ですが徐々に骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正ですし無理やり押さえつけたりすることもしていません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで骨盤を小さくすることができますがマッサージをしたりもんだりしているだけで骨盤が小さくなっていくという特殊な技術があるからできる技です。
誰でもできることではありませんのでマッサージをするような感じでと言えば近いと思いますので実際にマッサージをしているわけではありません。

当院の院長は骨盤矯正をして行く時には検査をすることはしていますので検査をしてみると全員の方がある現象が起きています。

今まで院長が骨盤矯正を希望されて訪れた方の全員に対して体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が調子は悪くありません体調は悪くありませんと答えますが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったりする形ばかりです。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤矯正ですから一番矯正しなければいけないものは骨盤の歪みや骨盤の開きです。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤は大きくなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤周辺に脂肪やむくみが多くなります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではありません。
確かに骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことをすると骨盤は小さくなります。
しかし骨盤を小さくなったぶんだけ骨盤の中に入っている内臓はどうなりますか。
特に骨盤の中というのは多くの内臓が存在していますので大腸や小腸、子宮や卵巣の問題が起きたりすることもあります。

仮に正常な骨盤から骨盤を小さくすることをすれば広がった部屋が狭くなるわけですから狭くなったぶんだけ圧迫されたり影響があるということも考えなければいけません。

骨盤の歪み・骨盤の開きの原因

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きがどこから起きるのかという問題が一番大きくあります。
姿勢が悪かったり足を組んだり、横座りをしたりすることで骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。

骨盤矯正をするためには骨盤だけを矯正すればいいというわけではありませんが骨盤矯正をする時に一番重要になる骨盤の歪みは骨盤の開きがどこから起きるのかという問題が大きくあると思います。

なぜ骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのか。
それは毎日毎日の生活や 仕事をすることや運動することや歩いたりジョギングをしたりいろいろなものごとで多くなるものが体に蓄積していくのが原因です。

疲れやストレスと骨盤矯正

体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。
骨盤矯正をして行く時には一番邪魔になるもの一番に矯正すれば骨盤が変わるものがありますが、それが疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは誰でも溜まっているものです。
生きている限り生活している限り仕事をしている限り隣り合わせで付き合っていかなければいけま。

ストレスや疲れがないことは全然ありません。
何もしなくても疲れやストレスは多くなります。
暑い中にいたり、寒い中にいたりすることでも疲れやストレスは多くなっていきます。自律神経が勝手に働いて調節してくれているから生活したり生きていくことができます 。
疲れやストレスがどこにたまるのか。

どこにたまる疲れやストレス

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので65キロ部分の水が出てくるということなんですが単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったりという水です。

水に疲れや、ストレスがたまるということはありませんので後残った35 km の中に疲れやストレスがたまるところが存在するという事です。
35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓しかありません。
一番よく働いてくれている内臓に疲れやストレスが溜まっていきます。

もちろん筋肉にもたまります。
筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
中枢神経系も内臓のひとつです。

内臓に蓄積する

つまり中枢神経系というのは大脳や脳幹や脊髄になります。
骨盤矯正をしていくときには弱い内臓に疲れやすレスが溜まっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれます。

そうでもない部分は骨盤の歪みは骨盤の開きに関係することはありません。
弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと徐々に細胞を変化させていきます。
疲れやストレスの最終形態が弱い内臓に溜まっていくと内臓の病気になっていきます。

骨盤矯正をしていく時には例えばですけど大腸や小腸が弱いかたは便秘を起こしやすいと思いますので便秘を起こす方は便の停滞が起きていますので明らかに骨盤が歪んだり骨盤が開いたりします。

骨盤矯正で骨盤が小さくなると

生理痛や生理不順がある方も同じことが言えますので生理痛や生理不順がある方は骨盤の下部のあたりが開きやすくなります。
内臓のある位置で骨盤の歪みや骨盤の開きの状態が違います。
大腸や小腸は骨盤の少し上にありますし生理痛は生理不順に関係する卵巣や子宮というのは恥骨の内側にあります。

卵巣や子宮の位置というのは股関節の位置と重なっています。
骨盤矯正をしていくときには女性に多い便秘などを解消しなければいけません。

骨盤矯正をして行く時には生理痛は生理不順を改善する必要もあると思います。
全ては体調と弱い内臓に疲れ、ストレスですが溜まったのが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。

骨盤矯正とは

単純に骨盤矯正と言ってもただ骨盤を矯正すればいいというわけではなくどこから骨盤が歪んでいるのかどこから骨盤が開いているのか原因は何なのかということ見つけ出さなければ表面上のうわべだけを矯正することになります。

多くの整体院やカイロプラクティック院、エステなどが効果が出ないのはその先にあるものを治療することができない関係です。

特にエステなどは矯正することはありませんので何かのクリームを塗ったりスチームをしたり色々な方法で対症療法ばかりしています。
当院の院長は検査することができますので体調がどの段階なのかということはある程度判断しながら骨盤矯正に入っていきます。

骨盤を小さくすると

初回は骨盤だけ触って骨盤を小さくすることをしていきますが骨盤をマッサージするような感じで揉んでいるだけで骨盤が矯正されていきます。
何もボキボキしなくても矯正はできます。

最近は多くの方が体調が異常と思えるぐらい悪いので体調が悪い方は睡眠負債状態が重なっている方が多くいますが睡眠負債というのは大脳が休養とって寝ている時間が少ないことを言います。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。
つまり熟睡状態です。
眠れているようで眠れていません。
目が覚めなければ寝ていると思うのは間違いです。
夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には大脳や脳幹などの状態を確認しなければいけません。
というのも大脳や脳幹が弱っていたりストレスをためていることがあるからです。
一番大事な部分にストレスが溜まっていると骨盤矯正をいくらしても維持することはできません。
立った瞬間に歪んで行きます。
これは当院でも経験していることなんですが大脳が弱った方は骨盤矯正をしてもその時には骨盤が正常になるんですがまたすぐに狂いだします。
最近は多くの方が大脳・脳幹を弱らせているぐらいの悪さを持っています。
夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

最悪の睡眠をしている方が多くいますので最悪の睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

睡眠負債と骨盤矯正

その睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまっている睡眠です。

例えばですけど8時間睡眠時間がある方が寝ようとする時に5分、目が覚める時に2分時間があるとしたら後の時間は夢を見ている時間と寝ながら考え事をしてる時間になっています。
夢というのは長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間ということですから圧倒的に長く寝ながら考え事をしている時間になっていますので寝ながら考え事をしている時間というのはもうそうに近い睡眠です。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大変だいのうや脳幹の部分を弱らせていきますので

大脳や脳幹などの中枢神経系を弱らせると大変な結果を招いていけますので単純に疲れやストレスが溜まっただけではなく脳細胞の急激な減少起こしていきます。
はじめのうちは物忘れうっかりが多くなった程度で済みます。
しかし徐々にそれが拡大したり違う形として現れてきます。

睡眠負債と大脳

睡眠負債状態のある方は鬱やパニックの時もなりやすく認知障害にも進行しやすくなっていきますのでブレーキとアクセルを間違えたりすることがあったりパニくることがあります。
骨盤矯正をして行く時には一番重要なものが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態です。
しかし初回から全てができるわけではありませんので始めは骨盤を小さくすることから始めていきます。

そのためには骨盤の歪みは骨盤の開きを調整することで骨盤を小さくすることをして小尻になります。

また骨盤の骨が炎症を起こしたり晴れたりすることもありますので炎症や腫れを検査で見つけることをすれば正常に戻すことでも骨盤が小さくなっていきます。
骨盤の炎症や腫れが起きると骨盤が大きくなり肥大していきます。

骨盤の骨が肥大する

つまり骨盤が変形状態を起こしていきますので特に変形を起こしやすいところというのは中央の仙骨という骨です。
または一般的には尾てい骨ともいいます。

この骨が炎症を起こしたり腫れたりすると中央の骨が横に広がりますので横に広がることが原因で骨盤が左右に広がります。
最近は骨盤矯正に訪れた方の骨盤を検査してみるとほとんどの方に骨の炎症まで見受けられます。

骨の炎症やハレを正常状態に戻すことができれば骨盤が小さくなっていきます。
また当院では体質改善という治療がありますので体質レベルを治していることで色々な症状が改善されていき骨盤だけではなくウエストまで細くなっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月20日

肩こりを筋肉からほぐす

肩こり

肩こりになりやすい方や肩こりを繰り返し安い方などはいろいろな原因が存在していますので安易に筋肉ばかりほぐしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということが多くあります。
肩こりには肩こりを起こしている原因が存在しますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上のこりをほぐすようなマッサージをするだけでは湿布を貼ったりするだけでは肩こりを解消するというグッズを買っても意味はありません。

肩こりとは

肩こりを起こす時にはどうして肩こりを起こしやすいのかということを考えなければいけませんので単純に筋肉に湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり低周波や電気などをかけたりすることは構いませんが原因は残ったままになっていますので原因を見つけ出していかなければ表面上の距離を楽にすることをしても進行してしまうということもあります。

肩こりを起こしている原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために多くの肩こりを解消するという治療法は対症療法という治療法になっていますので対処療法という治療法は直しているわけではなく楽にする方法をとっているだけです。

2通りの肩こり

治療法というのは二通りあって対症療法という方法と根本療法という方法がありますので多くの治療法というのは根本療法ではなく解消療法になっています。
対症療法というやり方は一番根本療法よりも簡単なやり方ですから原因なんかは見つけ出すこともなく症状のある部分にに対して何かをするというのが対症療法です。
対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても楽になることもありますから湿布を貼って治ったと思っているでしょうが実は原因がまだ存在しています。

対症療法とやり方はドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも楽になることもありますから栄養や何かのエキスが入っている飲み物を飲んで楽になる方法というよりも楽になっているだけであり原因が残ったままになっています。

肩こり解消

肩こりを解消するというグッズなどを買っても普通に動かすことでリンパの働きを良くなり老廃物も流れていきますのでそれ以上のことをしてしまうと余計なものを積み重ねてしまっています。
家族の方にマッサージをしてもらっても専門家の先生にマッサージをしてもらっても肩こりというのは筋肉だけで起きているものは今まで30年間経験してきて一つもありませんので筋肉だけではありませんがしかし筋肉をほぐすことで肩こりは一時的にしろ楽になっていきます。
しかし原因が残ったままになっていますので原因を残したままでいると進行していくということがあるということです。

色々な肩こりの原因になってるものを解さなければまたは解消しなければいけませんがまずは表面上の筋肉からコリをほぐしていくことをしなければいけません。
表面上の筋肉のコリや緊張やリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることで起きるこりを解消していくことをしてその先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉のコリが肩こり

普通一般的に筋肉のこりと言いますが筋肉のコリだけで起きているものはありませんのでその先にあるものも改善していかなければいけないということなんですが表面上のコリにある筋肉のコリをほぐすことで多くの方よりは楽に感じてしまうために混乱してしまっています。

肩こりというのはどうして起きるのかという意味がありますので肩こりを起こす原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやストレッチをすること、歩いたりすることやジョギングをしたりすること屋ショッピングをしたりすることや座っているだけでも車の運転をしている時だけでも多くなっていくものが原因なんです。

いつもいつも体を動かしたりすることでも多くなったりするものであるんですが体を動かさなくても積み重なっていくものがあります。

生活で肩こり

体を動かさなくても積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。 疲れやストレスというのは多くの方に蓄積しているものなんですが感じているかと感じていない方がいますので感じていることはわかると思いますが最近多くの方がストレスを感じにくくなっています。
ストレスを感じにくくなっている方はある現象が起きている方なんですがここでは説明はありませんので下の方を見てください。

ストレスを感じにくくなっている方は分かりにくいと思いますが色々な症状というのは限界になった状態で初めて感じてしまっています。
限界になって感じたものはすぐには治りにくく改善しにくいのがあります。
疲れやストレスと説明しましたがストレスというのは意味不明な言葉ですから英語でもありませんので日本人が作った和製英語の一つがストレスです。

ストレスの蓄積

体が疲れたストレスが溜まったと言うと思いますが体に溜まった疲れの蓄積状態がストレスという意味になりますのでストレスというのは蓄積疲労のことを言います。
体には毎日毎日の仕事や運動することやいろいろなものごとでストレスが溜まっていきますのでストレスは溜まるところがあるから溜まっていきます。
ストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 K の水分が出てきますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液、体液、だったり色々な部分に水が存在しています。
水に何かが起きるということはありませんので水にもストレスが溜まることはありませんから後残った35 kg 方にストレスがたまるところが存在しています。

ストレスがたまる

ストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますからこの中でストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
中枢神経系も内臓の一部ですからもちろん中枢神経系にもストレスが溜まりますが多くは体の内臓に溜まっていきます。

筋肉というのは表面上にあるものなんですが内蔵というのは体の奥の方にあるものですから体の奥のストレスから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。

背骨のズレが起きると色々な症状を起こしていきますので肩こりもその一環として起きているということが言えますが背骨がずれることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉は引っ張られたり緊張したりします。

筋肉疲労から肩こり

筋肉が引っ張られたり緊張したりすることで一時的に固くなっていきますので固くなったものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

肩こりというのは体に溜まったストレスが原因なんですがストレスというのは筋肉にもたまにながら雷蔵に多く蓄積していくということで肩こりに進行していきます。
筋肉のコリだけでしたら単純に揉んだりすることだけでもなく腕を動かしたり首動かしたりすることでリンパの働きを悪くなったものが改善していくと思いますから後は湿布を貼ったり冷やしたりすることも重要なものなんです。

しかしそれだけでは改善できない場合は単純な筋肉疲労や緊張などで起きているコリではないという意味になります。
どうして筋肉が緊張したりコリを起こすのかということを見つけ出さなければいけませんので内臓に蓄積したストレスが原因だということで背骨がずれるということが肩こりに進行していきますがどうして背骨のズレが起きるのかということの問題とどこにストレスが溜まっているのかという問題がありますので体には多くの内臓が存在していますのでその中でどこにストレスが溜まることが原因で肩こりになるのかということを考えなければいけません。

内臓疲労から肩こり

肩こりというのは特にですが内臓にストレスが溜まると説明しましたが内臓も色々の内臓がありますので一番、肩こりになりやすい内臓というのは心臓と肺と横隔膜に関係するものだと思っています。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓にストレスが溜まっていると説明していますので内臓の病気と言ってるわけではありません。
内臓に起きるものとして病気以外では内臓にストレスが溜まっていくということが普通に起きているんです。
しかし色々な検査というのは病気の検査をしていますので病気になっていない限りは何も分かりませんし健康だということで表されてしまいます。
何かの症状を感じているということは病気ではありませんが実際に何かが起きているから肩こりとして感じてしまっているわけですからその原因を見つけ出すことをしなければいけませんが検査というのは病気の検査しかありません。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方がストレス以外では睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなればなるほど色々な症状を表していきますので洗える症状が睡眠負債状態で積み重なっていきます。
積み重なったものが色々な状態を起こしていきますので心臓と灰屋横隔膜の問題から胸苦しさや動悸や不整脈や胸の辺りに一瞬だけチクッとする痛みが時々あるということが起きる可能性もありますが感じていないかと思います。
胸苦しさや息苦しさがいつもあるという方はいませんのでまた胸の辺りで一瞬だけチクッとする感じがいつもしている方はいませんので時々忘れた頃に来るのがチクッとした痛みです。

しかし一瞬で済んでしまうため色々な問題を取り残したままになっている場合が多くありますので色々な問題が重なって行く前に改善していかなければいけないということなんですが睡眠負債状態というのはかなりしつこく寝ているようで眠れていませんので夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思っているか違いますがこれが大きな間違いになっています。

寝ているようで眠れてない

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えているんですが長く夢を見ていたと思ってもたった数分の時間だということなんです。

睡眠負債状態というのは目が覚めないけど寝ながら考え事をしている睡眠になっていますので夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間はあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢の記憶しか残りません。

睡眠負債がどれだけ体調悪くしているのかという問題がありますのですごくかなり無茶苦茶と言っていいほど体調が悪くなっていますが睡眠負債状態が重なっていくと脳内ホルモンの分泌が行われて脳内麻薬が多く出てきますので痛みやこりだけではなく自分の体調の悪さを感じ取ることができないぐらいになります。


2018年08月18日

肩こりと思ったら

肩こりとは

肩こりを楽にしていくためには、肩こりの原因になっているものを見つけなければいけませんが、多くの肩こりを治療するという方法は対症療法という方法になっていますので、直しているわけではなく、楽にしているだけなんです。

肩こりとは

治療法には楽にする治療法と原因を見つけだして治していく方法があります。
対象療法という治療法は原因なんかは関係なく楽にすることを一番にしていく治療法のことですから、湿布を貼っても肩こりが楽に感じることもあるでしょうし、ドラッグストアなのに売っているサプリメントや肩こり解消する薬や肩こり解消グッズや低周波治療器や電気などを当てることでも肩こりを楽にすることができる可能性もありますが、楽にすることばかりしていると原因もいつの間に進行していくということがあります。

肩こりを改善しようと思うなら、原因を見つけ出して解消していくことをしないと多くの問題を残したままになっています。

肩こりを楽にするなら

肩こりを楽にしようと思うなら、検査をする事をして本当に筋肉のコリから起きているのかということを見つけなければいけません。
いつまでたっても肩こりを楽にすることばかり中心にしていると、原因もいつの間にか進行してしまって厄介な状態になっていくということも多く見受けられますので、こじらせたり

悪化させたりとゆうよりも形を違った状態で出てくることも多くあります。
肩こりをこじらせるぐらいならまだいい方です。

肩こりを悪化させる方がまだいい方です。

肩こりの原因

肩こりの本当の原因を知ってしまったら大変なことが起きているということが考えられますのでそのためにも検査をする事をしてどういう状況になっているのかということを確認しなければいけませんが多くの治療院の先生は専門家の先生でもそこまではしていません。
肩こりというのは、肩こりになる原因があるから、肩こりになっている訳です。

肩こりが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっている時が考えられます。
自分でも気がつかないうちに体に多くの疲れやストレスが溜まってしまって疲れやストレスがたまることが原因で色々な問題を起こして行っています。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することやテレビを見ることや食事を作ったりすることやショッピングをすること、歩いたりすることや掃除をすることでも多くなります。

疲れやストレスと無縁でいることはできませんので、必ず疲れやストレスと隣り合わせで付き合っていなければいけません。

生きている限り、生活している限り、疲れやストレスは付きまとってきますので、疲れやストレスというのは何をしても増えて、多くなるものなんですが、多くの方が疲れやストレスを減らすことをしていません。

美味しい鰻を食べても疲れやストレスは減ることはなく、鰻が美味しかったという感じだけですし、食欲が出たということで済ましています。

疲れやストレスで肩こりに

美味しい焼肉を食べても疲れやストレスとはあまり関係がありませんので、ただ焼肉が美味しかったというだけですし、疲れやストレスが減ることはありません。

カラオケに行っても余計エネルギーを消費しますので、カラオケに行って歌を大声で歌ってもストレス発散という感じと言いますが、ストレス発散よりも疲れを多く食べてしまっているのが現状です。

旅行などに行っても旅行に行く時に電車や車に乗っているだけでも疲れが多くなりますので、温泉に入っても景色を見ても気分は良くなるし、気分転換にはなるでしょうが、体には疲れがたまるばかりです。
この何をしても溜まる疲れやストレスが肩こりの原因になりますので、どうやって肩こりの原因と直結しているのかということを説明していきたいと思います。

どこにたまる疲れやストレス

例えばですけど、疲れやストレスというのは体に蓄積していくと説明しましたが、体のどこに溜まるのかということが問題になりますが、体には何があるのかということを考えてみてください。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので体重の半分以上は水で構成されているというわけですけど、水って言って水と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり細胞の中の水だったりという感じだということなんです。

水に疲れやストレスが溜まるとは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスが溜まる所があるということなんですが35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系、内蔵になります。

内臓疲労から肩こり

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉により多くの疲れやストレスが溜まると考えられます。

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することで色々なことをしていくと疲れやストレスが生み出されてきますが、生み出された疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくということで、体の中から崩れを起こし、まずは筋肉と同時に背骨のズレが起きていきます。
筋肉にも疲れが溜まり、緊張状態になりますので、緊張状態が起きると1時的に少し堅くなりますので、固くなったことが原因でリンパの働きが悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、

循環が悪くなっていきますが、筋肉のコリや緊張という状態のものでしたら肩や首を動かしたりするだけでリンパの働きはよくなりますし、老廃物も流れていきますし、循環が解消されるはずです。

筋肉のコリから肩こり

しかし、筋肉の凝りだけではないために解消されないんです。
筋肉のコリや緊張が起きている時には、必ず背骨のズレが伴っていますので、当院の院長も

30年の経験から筋肉のコリや緊張だけで起きている方は1人もいませんでした
必ず背骨のズレが起きているということで、背骨がずれて動くことが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動いてしまうことが原因で筋肉は引っ張られてしまいます。

筋肉が引っ張られたり、緩んだりすると緊張が高くなったり、硬くなっていきますので、リンパの働きや悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなっているということが起こりますが、この時に湿布を貼っても楽になる時もありますし、サプリメントを飲んで栄養を多くとっても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などを当てても肩こりは楽になっていくと思いますが、全て原因が残っていますので楽になることばかりしていると背骨のズレが残ったままになっています。

背骨のズレから肩こり

背骨のズレが残ったままになっていると、背骨が徐々に動きにくくなっていきますので、動きにくくなることが固定化を生じさせてしまいますので、固定化になると動かなくなりますから動かないことが原因で血液の流れが悪くなり、リンパの働きが悪くなり神経の流れも悪くなっていきます。

肩こりが起きる時には筋肉の疲労や緊張や硬くなることが1時的に起きていますが、多くの場合背骨のズレが重なって起きていますので、背骨のズレを解消しなければいくら揉んでも電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントをかけても意味はありません。
しかし、電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントを飲んでも効果はあることもありますから、肩こりは楽になっていきます。

背骨のズレは内臓疲労から

先ほど説明をしたように肩こりというのは内臓疲労から起きるという風に説明をしましたが、肩こりを主に起こす原因は心臓と肺と横隔膜が深く関係していますので、病気というわけではなく心臓や肺や横隔膜が何らかのトラブルを起こした時に背骨のズレが起き背骨のズレが起きることが原因で筋肉が引っ張られて肩こりになります。

肩こりの方を検査をしてみると、背骨の首と肩の部分の骨が歪んだりしていることが多くあり、ズレや歪みが起きているということで、筋肉は緊張を起こしていますので、まずはなんと言っても背骨の部分というのは内臓に直結していますので、歪みが起こしている部分の内臓に関係するところがあります。

背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、例えば肝臓がアルコールに関係なく弱っている方は背骨-8番目の骨がずれています。
心臓が弱っている方は、胸椎-1番目と2番目の骨がズレを起こしています

背骨のズレ

肺が弱っている方は咳が出やすく息苦しさが起こりやすくなりますので、共通-3番目の骨が深く関係してずれを起こしています。

しかし、病気ではありませんので、何でもかんでも病気というのを結びつけるのはやめてください。

最近多くの方が眠りが浅い方が異常に多くなっていますので、眠りが浅いと一番に弱ってしまうのは心臓です。
肩こりの方に質問してみると、息苦しさや胸苦しさや咳が多く出ていないかとか、時々胸の

中央のあたりで一瞬だけどチクッとする痛みがないかという風に聞くと多くの方が、そういえばと言われます。

睡眠負債から肩こり

最近多くの方が睡眠負債状態の方が多くなっていますので、睡眠負債状態の方は寝ているようで眠れていないということなんですが、多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

眠りというのは、大脳が寝ていることだけを言いますので、人が見てスースーに影響を立てているような状態で寝ているとは言えませんし、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
眠りというのは、熟睡の眠りなんですが、本当に目が覚めた時に寝ているかどうかは寝ている方には分からないと思います。眠りが浅いということは、全ての内蔵が弱っていきますので一番弱りやすい所というのは大脳と生命機能の中枢である脳幹の部分です。

中枢神経系の大脳と脳幹の部分が弱っていくと、生命力は極端に落ちていきますので、大脳が弱ることが原因で痛みやコリを感じにくくなりまひ状態になっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は肩こりを解消しています。

2018年08月14日

本当の小顔矯正とは

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州地区で顔が小さくなる小顔矯正をするならマイナス感覚で顔を小さくすることができることで人気があるカイロプラクティック徳力整体院は北九州市でも30年の経験。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛くもないと思われる、小顔矯正をしていますが、小顔矯正をしていく時にはすべて検査することをして本当に顔が小さくなるのかということを見つけ出すことをして小顔矯正を進めていきます。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正を希望されて訪れた方が一番疑問に思うのが本当に顔が小さくなるのかということと、小さくなったらなったで維持することができるのか、持続力があるのかということを一番に気にされることをしますので、それを説明していきたいと思います。


小顔矯正をしていく時には、30年の小顔矯正の経験がある院長が小顔矯正をしていきますが、小顔矯正に入る前に自分で顔の大きさを理解してもらうことをしています。
小顔矯正をする前とした後を比べることができるのが、当院の特徴です。

小顔矯正をする前に、顔の大きさをしっかり触って覚えてもらうことをしていますので、小顔矯正をした後で比べることができるのが特徴なんですが、触り方が一番簡単な触り方を説明していますが、簡単なようで難しい触り方ですから簡単に触ってしまうと分からないという方がいますので、本当に顔が小さくなったのを比べることができない方もいます。
小顔矯正を希望されて訪れた訳ですから、必ず顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていくためには変化したのがわからないと笑顔が出ませんので、笑顔が出るように分かってもらうような触り方をしています。

顔の触り方というのは簡単なんですが、簡単だと思って触ってしまった方ほどわからないという方がいるのが実情ですから分からないということがないようにしっかりと感じようとしてください。

小顔矯正する前にと、したあと

まず、初めに鏡で見て、顔の大きさや輪郭などを目で見て判断してみてください。
顔というのは左右さが多くの方で違いますので、ほほ骨のあたりの出っ張りや顎のラインの状態などを自分の目で見て比べてもらうことをしています。

そのために、まず鏡で見て、自分の顔の形をしっかりと覚えてもらうことをしています
顔の形をしっかりと覚えるためにも、鏡で見て目で記憶することをしてもらいます
目で見て、顔の大きさで形を覚えたら、その場で顎の部分に両方の手首を合わせるように充てて、手のひらと指で顔を密着させながら大きさを覚えてもらうことをしています。 単純に覚えるだけではなく、どちらが大きいだろうかということを比べてもらうことをしていますが、これが大変簡単ではありませんので簡単に触ってしまった方ほどわからないという方がいます。

小顔矯正の触り方

触り方は凄く簡単なんですが、感じようとしないとわかりません。
顔の大きさというのは、左右差がありますから、左右差を感じようとしないとわかりませんから、先程説明した鏡で見て顔の大きさを確認するという作業を合わせることをしながら目を閉じて手だけで顔を触って同じように感じるかどうかを確認してみてください。
確認することができないと小顔矯正をしてもわからないという方がいますし、なんとなく分かるというよりもしっかりとわかってもらうためのことです。
そのため、簡単ではない触り方で簡単な触り方を説明して触ってもらいます。
小顔矯正を触る時には、両方の手首を顎の部分で合わせるようにして、手のひらと指を顔につけるだけなんです。

ただ、手を当てただけでは分かりません。

そしてさらに手を置いただけでは分かりません。
顔に手を当てて左右差を感じようとするとわかりますが、左右差を感じようとする時に手の集中力と大脳にある感覚神経を働かすことができないとかをただ手を開いていただけになります。

顔に手を当てただけでは分かりませんので、大きさを把握しながら感じようとして右側が出っ張っているなとか左側の1部分ほどほほ骨のあたりが出っ張りすぎているなという感じを記憶しながら触ることです。

顔の形というのは皆さん違いますので、自分の顔の形を手と指の部分を使いながらしっかりと形を覚えるように記憶するということで、左右さを感じようとするというのが一番だと思いますので、左右差を感じながら触ってみてください。

左右さを感じようとして顔を触るということが一番大切になりますので、理解しやすく顔が小さくなったり、変化したりすることで変化したのがしっかりとわかっていきます。
小顔矯正をしていく時にはどうやって顔を小さくしていくのかという方法なんですが当院の院長は三十年以上の小顔矯正の経験がありますのでマッサージをするような感じが一番近いと思いますがマッサージをしているわけではありませんのでマッサージだと思わずに説明をしっかりと聞いてください。

実際にマッサージをするような感じで、顔を揉んでいくと小さくなっていくので、マッサージ感覚で小顔矯正をしていると説明しましたので、マッサージをしているわけではありませんので注意するようにしてください。
当院の小顔矯正をする時には、本当にマッサージをするような感じが一番近いと思いますので、マッサージをするような感じで顔を揉んでいるだけで徐々に顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますが、何回も言えますが、マッサージをしているわけではありません。

マッサージ感覚の小顔矯正

では、どうしてマッサージをするような感じで揉んでいるだけで顔が小さくなるのかということを説明していくと検査をすることができるからです。
検査するというのは、何を検査をするかというと、顔の形というよりも顔に何かの異常が起きていないかということなんですが、今まで多くの方が小顔矯正に訪れていますが、全員と言っていいほど顔に何らかの異常があるということが分かっているからです。
顔の異常のある整えていくことをしていくと、顔が小さくなるという小顔矯正をしているからです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査することをして異常のある部分を見つけ出して矯正して整えていくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかとかきくと全員の方が調子は悪くありませんと言われてしまいますので、検査をしてみると本人が感じていないだけで、また分かっていないだけで調子の悪さの状態を示している証拠が見つかります。

調子が悪い証拠というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということなんですが骨盤の歪みや言葉の開きが大きくあるだけで、体調が悪いということが起きていますが、それ以上に背骨のズレが起きてガタガタ状態の方が多くいるからです。
歪みや開きやズレというのは、体調の悪さを示していますが、体調が悪いというのは疲れやストレスが溜まっている証拠なんですが、疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっています。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのか、筋肉にもたまりますが、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスがある部分に蓄積しています。
疲れやストレスの蓄積が色々な問題を起こしていき、顔が浮腫んだり大きくなったり、脂肪が増えてしまったりということが起きています。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら体重の65キロの水分が出てきます。
つまり、体重の半分以上が水分だということなんですが、水分と言っても血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったりという風に色々な水分が出てきます。
水分に疲れやすいですが、溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスが溜まりやすいところがあるということです。
35キロの中には神経と血管とリンパの重さと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さとあとは中枢神経系脳大脳と脳幹と脊髄と内臓の重さになります。

疲れやストレスの蓄積

中枢神経系脳大脳と脊髄というのも内臓-1部ですから、主に疲れやストレスというのは内臓にたまにながら筋肉にもたまるということですけど、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが内臓に蓄積しているということですから、大脳や脳幹や脊髄にも疲れやストレスが溜まると理解をしてください。
小顔矯正をしていく時に一番邪魔になるものは疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスが内臓に蓄積していくのが多いということですから、周辺の内臓全てが小顔矯正をしていく時の問題になります。

そして最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態になるということは大脳が弱ってしまい痛みや凝りを感じなくなってしまいます。
大脳が元気だから痛みや凝りなどを感じますし、自分の体調の悪さを感じ取ることができますが、睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多い関係で、単純に目が覚めないから寝ているということは言えません。

睡眠負債と小顔矯正

眠りという大脳が休養とって寝ていることだけ眠りといいますので、夢を見ている時間が圧倒的に長くなっていたり、寝ながら考え事をしている時間が長くなっている方は寝ている訳ではありません。
夢というのを目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠なんです
ですから、記憶に残ることが少なく、目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですから、起きた瞬間からむくんでいたり顔が大きくなったりということがあります
特に朝、鏡を見た時に顔が大きくなっているような感じがしたり、むくんでいるような感じがした時には眠りが浅いということもあります
小顔矯正と言っても顔だけすればいいというものでもありませんし、体調や悪いのに維持することができるわけはありませんし、眠れていないともっと更に維持することや持続力はないということが言えると思います

北九州地区で小顔矯正をするなら北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方がきているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月08日

骨盤矯正で本当に骨盤が小さくなれるから

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で骨盤が小さくなる骨盤矯正をして30年になるカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしない痛くない方法で骨盤を小さくすることをしています、北九州市で骨盤矯正なら
骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていくことです。骨盤と言うのは骨の事を言います。骨が小さくなるのか、と言う事ですがなりません。では、どうして骨盤を小さくすることができるのか。何をしたら骨盤が小さくなるのか、と言うことが一番の問題です。

骨盤矯正と言うと多くの方が、何となくと言う感じしかわかっていません。

何も考えずに骨盤が小さくなることはありません。どうしたら骨盤が小さくなるのか、考えないと小さくなりません。

ただ骨盤を小さくしたいと言うことを言いますが、どうしたら骨盤を小さくすることができるのか。

骨盤を小さくする方法

①骨盤が小さく見える下着・パンツを履くと骨盤が小さく見えます。

②骨盤矯正を小さくする方法は骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すると骨盤が小さくなります。

③骨盤周辺の浮腫み、脂肪を減らしても骨盤が小さく見えます。

④それ以外のものを矯正する

当院でしている骨盤矯正は2番目と3番目と4番目です。骨盤を小さく見せるのではなく、本当に骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をして行くときには検査する事をしています。検査してみると多くの方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあると言うことがわかります。

しかし単純に、それだけではありません。

骨盤矯正をする時には自分で骨盤を触っておぼえてもらいます。骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の大きさや幅をおぼえてもらう事をしています。

しかし小顔矯正でも同じなんですが簡単に触ってしまう方がいます。骨盤矯正に入る時の触り方が重要なんですが手を当てただけではわかりません。

骨盤矯正といっても10センチも20センチも変わりません。

骨盤矯正で変わるのは1センチだったり2センチだったりです。ですから1センチ変わっても分かるように触ります。

触り方は簡単です。骨盤の横に手を当てているだけです。しかし、これだけではわかりません。手を当てると言うか骨盤を触っただけではわかりません。

骨盤の横に手を当てたら左右差を感じて下さい。左右差を感じようとすると骨盤の幅と大きさが頭に入りやすくなります。

実際に骨盤は左右差があります。例えば右側が大きいとか、左の一部分が出っ張っているとか、左右差があります。

骨盤矯正の触る位置

 

骨盤にある股関節の出っ張りも左右で違います。

足の太さも左右で違います。

顔も左右で違います。

顔はテレビでも確認することができます。顔の歪みが起きているタレントさんが多くいます。鼻の位置、形、そして口の位置、目の位置とかです。

骨盤にも同じことが言えます。顔が違うように骨盤も違うからです。

しかし目で見て判断するよりも、目で見ないで手だけで触ると言うことは簡単ではありません。

骨盤を触る時に目を閉じて感じようとして触って下さい。

骨盤矯正に入る前には自分で骨盤の大きさ、幅をおぼえてもらいます。

そして骨盤矯正をしたあと、比べてもらいます。

スタッフがメジャーで測ることはしません。自分で感じてもらいます。本当に骨盤が小さくなるからできる事です。

当院の骨盤矯正はボキボキしない痛くない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正とは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州骨盤矯正が人気で評判の良い骨盤矯正をしています。

2018年07月18日

整体でもボキボキしない

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で整体なら30年の経験がある痛くない施術で腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛などと小顔矯正、骨盤矯正をしている北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
ボキボキしない整体

整体とは

整体と言うのは歪みやズレが起きた体を整えていく事です。歪みやズレが起きると腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、になります。

多くの場合、色々な痛みやコリには歪みやズレが深く関係しています。歪みやズレがなくて痛みやコリになることはありません。

風邪を引いても背骨のズレのズレが有ります。風邪を引くと言うことは一過性ですが背骨の7番目の背骨がズレを起こしています。7番目の骨は免疫に関係する骨です。つまり免疫力低下と言うことで風邪を引いていますが感染状態の時もあります。まだ、発症しているか、発症していないかは背骨のズレには関係ありません。

下痢の時にも背骨の5番目の骨がズレを起こしています。

背骨のズレは感染状態でも起こります。自分で感じていなくても感染していると体は正直に反応します。

暴飲暴食したり、脂分を多く取っていると胃が疲れます。胃が疲れると背骨の5番目がズレを起こします。胃に関係する背骨は5番目です。

心臓が疲れて弱ると背骨の1番目と2番目のズレが起こります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。心臓に関係する背骨は1番目と2番目です。

アルコールを飲んでばかりいると肝臓が疲れていきます。そうすると背骨の8番目の骨がズレていきます。肝臓に関係する背骨は8番目です。

生理痛の時も腰椎の3番目と5番目の骨がズレを起こしています。3番目は卵巣に関係する背骨です。5番目は子宮に関係する背骨です。

背骨のズレは内臓の弱りをと関係がありますが、病気ではありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きは全体的な体調と骨盤になる内臓の関係で歪みや開きになります。

疲れやストレスと内臓

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。疲れやストレスの蓄積が体の歪みになります。体の歪みとは背骨の歪みです。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるということは体に疲れやストレスがたまっています。疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレになりますが、疲れやストレスはたまるところがあります。

疲れやストレスがたまる所は内臓です。

日常的に体を動かく事で疲れやストレスが多くなります。

運動する事でもジョキングすることでも歩くことでも買い物する事でも旅行する時も仕事でも疲れやストレスは多く作られます。

疲れやストレスが作られて、どこにたまるのか、と言うことは考えていません。そしてたまった疲れやストレスを減らすことはどうしていますか。

疲れやストレスがたまると飲みに行ったり、カラオケに行ったり、旅行に行ったりすることでストレス発散と言いますが精神的にはストレス発散になりますが、肉体的にはストレスが発散できないどころかたまっていきます。

減るどころではありません。

例えば飲みに行く事でルコールの分解と脂分の分解に内臓がどれだけ働いてくれるのか、と言う事があります。内臓が働いてくれるから消化できます。内臓が働くことでも疲れやストレスが多くなります。

おいしい焼肉を食べても肉を消化することも脂分を分解する時も内臓が働いてくれています。何もしなくても食べる事でも内臓が働いてくれています。

それ以上に体を動かすことで疲れやストレスが多くなります。

この両方から多くなる疲れやストレスを内臓がためてしまいます。

体はどうやって内臓に蓄積した疲れやストレスを減らしているのか。それは寝ている時ですが、最近は多くの方が睡眠負債になっています。

整体と睡眠負債

睡眠負債と言うのは寝ているようで寝ていないと言う事です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。つまり熟睡です。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているかはわかりません。

目が覚めないから寝ているとは言えません。

単純に寝ていると考えている方は、目が覚めないからと思っています。

睡眠負債で眠りが浅いと脳細胞の急激な減少になっていきます。脳細胞の減少で弱った脳は痛みやコリを感じにくくなります。限界まで悪くしてやっと痛みやコリとして出てくる方もいます。

こじれせた痛みやコリになっている方もいます。

普通は体に疲れやストレスがたまって内臓にも疲れやストレスがたまることが歪みやズレになりますが、単純な疲れやストレスの蓄積だけではなくなります。

脳を弱らせると脳に限らず、内臓の老化が急速に進行していきます。

整体とは

普通の整体では筋肉を揉んでボキボキして低周波治療器や電器をして終了という感じだと思います。

しかしそれだけではダメなんです。

ボキボキするのは骨盤の歪み・背骨のズレの矯正ですが、どうして歪みやズレが起きたのか、見つけ出す必要があります。

疲れやストレスの蓄積が原因で歪みやズレになっているのに専門家の先生も分かっていません。

整体とカイロプラクティックでは歪みやズレだけが中心です。

どうして歪みやズレが起きたのか、と言う事までわかっていません。

整体と体質改善

歪みやズレが起きる所は内臓にたまっていくと説明しました。しかし内臓はそうでもない内臓と弱い内臓があります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなります。そうでもない内臓には痛みやコリはあまり関係しません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスをためてしまうと歪みやズレになり痛みやコリになります。

弱い内臓を強くしていくのが体質改善と言う施術になります。

弱い内臓は遺伝で受け継がれているものです。親が内臓の病気を持っていれば子供や孫も関係しますが、今すぐは病気と言う訳ではありません。

今は弱さです。

例えば肝臓が親が弱くて、それを子供がどれくらい弱さを受け継ぐかで決まりますが、肝臓の弱さがあればアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾になります。

病気になっていなくても弱さがあると起こりますから、病名が付いている、付いていないかは関係がありません。

病名がつけて病気として完成しているか、完成していないかですから、弱さがあります。アルコールは早めるだけでアルコールを飲む飲まないは多少の差しかなりません。

 

整体とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから整体の施術で矯正することで腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛などが楽になる矯正をしています。

北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月09日

ダイエットしたいなら痩せる方法で

  • はてなブックマークに追加
  • ダイエットをするなら基本的な体から整えていく事をしないと効果は上がりません北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
ダイエット(痩せる・細くなる方法)

ダイエットするなら

ダイエットをするなら体から整えることが重要です。

当院のダイエット(痩せる・細くなる方法)は体重よりも見た目でみて細くなることを優先しています。当院のダイエット法は体を整える事をしていくと徐々に細くなって浮腫み、脂肪が減っていく方法をしています。

ダイエットと言うと浮腫み、脂肪を減らしても体重は減るかも知れませんが、単純にそれだけではなく体を引き締めていく方法でダイエットをしています。

例えばですがダイエット(痩せる・細くなる方法)するには一番の効果を失っていくものがあります。これが多くあると、どんなに良いダイエット(痩せる・細くなる方法)をしても効果が出にくくなります。

ダイエット(痩せる・細くなる方法)をする時に効果を出にくくするものは疲れやストレス、睡眠負債です。

疲れやストレスとダイエット

ダイエット(痩せる・細くなる方法)するなら疲れやストレスの蓄積を考えなければいけません。一番のダイエット効果を失うのは疲れやストレスだからです。

疲れやストレスは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスがたまっていない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいます。その方は睡眠負債がある方です。

疲れやストレスはどれだけ多くしてもたまります。つまり限界はありません。ここまでしかたまらないと言う事はありません。

疲れやストレスの蓄積は限界までたまっていきます。疲れやストレスは生活する事でも掃除をすることでも仕事をすることでも、料理を作ることでも、歩くことでも、車の運転をすることでも、買い物をすることで重たいものを持ったり歩いたりすることでも温泉に入ることでも多くなるのが疲れやストレスです。

カラオケに行ってはっせんできるものは精神的な抑圧や緊張の解放です。

旅行に行っても精神的な開放ができますが体には疲れやストレスがたまります。

温泉に入っても精神的な開放ができますが体には疲れやストレスがたまります。

食事することで疲れやストレスが発散できるという方もいますが、これも内臓が働いてくれているからできる事です。内臓が働くと疲れやストレスが多くなります。

体を動かすことでも、疲れやストレスが多くなります。

運動する事でも疲れやストレスは増えていきます。

さらに睡眠負債があると、もっと重なります。

睡眠負債とダイエット

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債とは睡眠障害なんですが気が付いていない方が多くいます。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

しかし睡眠障害の方は目が覚めません。

目が覚めないから寝ていると思っています。

眠りと言うのは脳が寝ていることだけを言います。脳が寝ることが熟睡です。目が覚めないから寝ている、眠れていると思わないで下さい。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りが浅いと、最高に良いというダイエットをしても効果が出ません。睡眠障害があるのに夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

寝ている間に脂肪が多くなります。

寝ている間に浮腫みがおおくなります。それは眠れていないからです。

朝から浮腫みが多くなっていたりしていると眠りが出来ていません。

朝が一番、浮腫みがない

朝が一番、顔が引き締まっているべきなんです。

そして仕事や生活することで浮腫みが多くなるというのは当然です。疲れていきますから。

睡眠障害があると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳細胞の急激な減少を招いていきます。

そうするとイライラしやすくなります。

朝から顔が浮腫んでいる、ムクミが多いということは眠りが浅いという事を指しています。

眠りが浅いのに循環が良い訳はありません。

眠りが浅いのに体調は良い訳ありません。

眠りが浅いのにリンパの流れが良い訳ありません。

体調の悪さ

痛みやコリを感じる事でもなく疲れやストレスが多くたまっていると老化も急激に進行していきます。

老化が急激に進行すると体も太りやすくなります。

ダイエット(痩せる・細くなる方法)とは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院はダイエット痩せる・細くなる方法)を基本的なことからしていきます。

2018年07月05日

整体で矯正して楽にする

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で整体なら痛みやコリの原因になっている歪みやズレを矯正することで整えていくと楽になる矯正をしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
整体とは

整体とは

整体とは痛みやコリの原因が歪みやズレになると言うことを基本的なものとして捉えて骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどを楽にしていく方法です。

整体とは体を整えていく事ですが、体には歪みやズレが起きる原因が色々あります。原因として一番に上げられるものは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

それは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言っても多くの方に必ずあるものです。疲れやストレスがない方はいませんが感じていない方は多くいますしわかっていない方も多くいます。

疲れやストレスと言うのは

①運動してもストレッチしても筋トレしてもジョキングしても散歩しても多くなっていくものです。

②生活する、掃除する、食事を作る、お風呂に入る、買い物をすることで歩いたり荷物を持ったり、旅行に行ったり、温泉に入ったりする事でも疲れやストレスは多くなります。

③仕事でもデスクワークでも車の運転でも立ち仕事でも疲れやストレスは多くなります。

④精神的な緊張や抑圧でもプレッシャーでも疲れやストレスは多くなります。

⑤食べることで内臓が消化したり分解する時も多くなります。

⑥睡眠負債でも疲れやストレスが多くなります。

これらの蓄積が歪みやズレの原因になります。

しかし歪みやズレの原因になる疲れやストレスは、いったいどこにたまるのか。

色々なことをしたらたまる疲れやストレスは、どこにたまるのか、どうやって減らす事ができるのか。

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスがたまる所と言うのは体にたまっていきますが、体のどこにたまるのか、と言うことが問題です。今まで人は生きてきて考えることもないでしょうが、考えなければいけません。

疲れやストレスのたまる所は一番、重要な部分にたまっていきます。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水が疲れやストレスをためることはないと思うので、あとの35キロは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経も内臓の一部です。つまり疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

人は生活することで疲れやストレスをためていきます。

睡眠負債と内臓

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。眠りと言うのは大脳が寝ていることだけを眠りと言います。大脳が休養を取って寝ていることを眠りと言いますが寝ていても寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

大脳が寝ている睡眠を深い睡眠で熟睡と言います。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りが浅いと大脳が弱っていきます。大脳が弱ると色々な痛みやコリを感じなくなります。院長から『体調はどうですか』、と聞かれると多くの方が「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言います。検査して調べてみると骨盤の歪みが大きくあったり、背骨がガタガタで体調の悪さを示していますが、感じていないと言う事です。

大脳が弱りすぎると脳内ホルモンもモルヒネに似た物質が多く出てしまいます。これは脳内麻薬と言われるものですから、痛みやコリも感じなくなります。

感じないから体調は良いと思っています。

場合によってはハイテンションになります。ハイテンションになると痛みやコリは感じません。

だから背骨が歪みやズレを起こしているにも関わらず体調は良いと思っています。本当に体調が良いか、悪いかは検査することで判断していきます。

 

整体とは歪みやズレを矯正

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州市整体で体を整える

2018年06月29日

カイロプラクティックとは背骨矯正術

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックとは危険なこともなくボキボキすることもなく痛みやコリの原因になっている歪みやズレを矯正することで整えていき楽にする方法がカイロです。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイ
カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのはボキボキして骨盤や背骨を矯正する事ですが当院ではボキボキすることもしていません。痛くもないカイロプラクティックをしています。

カイロプラクティックの技術の中にはありませんが当院のカイロプラクティックの技術はマッサージするような感じで矯正ができることにあります。

マッサージするような感じでと説明しましたがマッサージをしている訳ではありません。当院の院長である私もマッサージして矯正ができるとは思いません。

他の方ではマネできない矯正ですからマッサージ感覚で骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの矯正ができます。

しかし体を整えると言うことは体力が必要ですから体力のない方ほどダルクなることがあります。これは揉み返しとは違いますが、似たようなものだと思って下さい。できるだけ早く楽にするようにしていますが、体力がない方ほど回復が遅れます。

自分で思っているほど全員の体力が落ちています。特に疲れやストレスの蓄積が多かったり睡眠負債があると体力は良いことはありません。

特に小顔矯正、骨盤矯正に訪れた方、全員が無茶苦茶といって良いほど悪いと言う事も起きています。院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

自分の体調の悪さを感じていませんし、わかっていません。

自分の体調がわかっていない方、感じていない方は睡眠負債が多くあると脳の弱りからモルヒネに似た物質の分泌が多くありマヒした状態になっています。

モルヒネは麻薬物質ですから痛みやコリに鈍感になりマヒしてきます。マヒして感じないから体調が良いと思っている方が多くいます。

体調が良ければ骨盤の歪みはありません。

体調が良ければ背骨のズレはありません。

当院では検査する事ができます。検査してみると多くの方は背骨のズレがありガタガタです。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは痛みやコリの原因になるのは歪みやズレにあると言うことを考えながら体を整えることをして痛みやコリを楽にする方法です。

カイロプラクティックの適応症は色々ありますが多くの痛みやコリは歪みから起きています。

例えば、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどは歪みが原因で起きている症状です。体に起きる色々な痛みやコリは歪みが原因で起きています。

しかし歪みを矯正しなくても楽にすることはできます。

しかし楽にすることと、直すことは違います。

カイロプラクティックは楽にすることは、もちろんですが体を直す事をしています。

しかし多くのカイロプラクティック院でも体を直す治療ができていません。ボキボキしても直している訳ではありません。ボキボキ音は骨が動いているものではありません。

ボキボキ音とは指のボキボキすることと同じです。指をボキボキして矯正したと思う方はいません。

ボキボキと聞こえるのは椎間板にたまった疲れやストレスが多くなると気泡が多くなりますから気泡が弾ける音です。

確かに気泡が弾けるだけでも楽になりますが、本当の骨の矯正ではありません。骨の矯正とは骨が癒着、固着した状態を矯正する時に言います。

ボキボキして骨が動くことはありません。気泡が弾けている音がボキボキと聞こえます。

カイロプラクティックと内臓

カイロプラクティックの対象にしている歪みは、どうして起きるのか、どこから起きるのか、と言う事がりますが、それな毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

毎日、日常で多くなるものは疲れやストレスです。

疲れやストレスは体にたまると言うことは知っていると思います。疲れやストレスがどこにたまるのか。ということが問題なんです。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に何十倍もたまります。ある部分と言うのは内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経も内臓の一部です。

筋肉よりも体の中にあるのが内臓です。食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れはどこにたまるのか内臓にたまります。例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。

例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

つまり内臓も仕事をして働いていますから、働くと疲れやストレスが生まれます。この疲れやストレスがたまるのが内臓です。

あとは日常に体を動かす事、仕事することでも疲れやストレスは多くなります。つまり疲れやストレスがたまるばかりなんですが、疲れやストレスを減らす事ができるのは寝ている時だけです。

しかし

睡眠負債とカイロプラクティック

最近は多くの方が睡眠負債になっています。唯一、疲れやストレスを減らす事ができるのは寝ている時だけです。

眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

疲れやストレスと睡眠負債

疲れやストレスが多い方は歪みが大きくあります。

睡眠負債のある方は歪みがかなり大きくあります。

両方が多くたまっていると体は大変な状況です。

睡眠負債が多くなると脳は弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリを感じなくなります。どんにひどい状況が起きていても本人は感じません。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックで歪みを矯正することで楽にしています。

2018年06月26日

肩こりは原因があるから

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で肩こりを楽にするならコリの原因から解消することが大切です。肩がコルのは原因があります。多くの場合、原因は背骨のズレです、筋肉だけ解消しても楽になりますが北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にすること

肩こりを楽にする為には色々な方法がありますが、肩こりと言うと筋肉のコリばかり注目が集まってしまって筋肉のコリばかり楽にしていますが、確かに筋肉のコリを解消すると肩こりは楽になります。楽になると言うよりも楽に感じます。

本当の肩こりを楽にすることは肩こりの原因から直していくことを考えるようにして下さい。

肩こりを楽にすることと、肩こりを直していく事は違います。

肩こりを楽にすることは楽にする事であり、肩こりを直すことは直すことです。

直すことと楽にする事は同じではありません。

筋肉を揉んだりすることは楽にすることです。マッサージなどで筋肉を揉んだりすることは癒しの一種ですから肩こりを直している訳ではありません。家族の方のマッサージと専門家の方のマッサージの違いはあります。原因を残したままになっています。

湿布を貼ったりしても楽になることはあります。湿布を貼ったりするとインドメタシンと言う薬剤や何かのエキスの効果で肩こりは楽になることもあります。原因を残したままになっています。

ドラックストアで売っているサプリメント、医薬部外品でも肩こりは楽になることもあります。栄養やビタミンと肩こりに効果があるエキスと言う効果があるもので楽になります。原因を残したままになっています。

低周波治療器や電器でも肩こりは楽になります。低電流の電気でプラス端子からマイナス端子へ電気を流すことで痛みやコリが散ってわからなくなります。リンパの流れが良くなって老廃物が多く流れていきます。循環が良くなりますが、元に戻りやすく原因を残したままになっています。

肩こりにはコリのなる原因があります。

肩こりとは

肩こりとは筋肉のコリと、どうして筋肉のコリが起きたのか、と言う原因があります。肩こりがどうして起きたのか、と言う原因を見つけ出す必要がありますが、多くの方の場合、専門家の先生も原因はわかりません。

原因がわからないから低周波治療器や電器をしています。また筋肉をもんだりしています。どうして筋肉が硬くなるのか。

湿布を貼ったりすること、マッサージすること、サプリメント、医薬部外品を飲むこと、低周波治療器や電器をすることは原因を見つけることができない方がしています。

肩こりの原因を見つける為にも検査する事をしないと見つかりません。検査と言っても病院の検査ではありません。

病院の検査は病気の検査ですから血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などは病気の検査になります。

当院で行う検査は筋肉のコリの検査から始めて行きます。本当に筋肉のコリが起きているのか、を検査で見つけて解消することから始めます。

もちろん多くの方は筋肉のコリがあります。筋肉のコリから解消して、次に進みます。

次には背骨のズレですね。背骨のズレが起きていると筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨が動くことで筋肉は引っ張られます。それがコリになります。

しかし、何も原因がないのに背骨のズレを起こすことはありません。背骨のズレが起きるのは原因があるから背骨のズレが起こります。

背骨のズレと肩こり

背骨のズレが起きると筋肉が引っ張られて肩こりになりますが、筋肉が引っ張られるとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまると循環が悪くなります。

何も原因がないのにリンパの流れが悪くなることが起きると大変です。

背骨のズレは姿勢でも起こりません。猫背でも背骨のズレにはなりません。背骨は中枢神経を守っています。姿勢で背骨のズレが起きると守れなくなります。

では、どうして背骨のズレが起きるのか、と言うと、それは疲れやストレスの蓄積です。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスはたまる所があります。筋肉にもたまりながらある部分にたまっていきます。

ある部分と言うのは内臓です。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパです。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経も内臓の一部です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

内臓は体の中にありますから体の中から崩れていきます。これが背骨のズレになります。そうすると肩こりになります。

疲れやストレスの蓄積が内臓にたまっていって背骨のズレが起きて筋肉のコリが起きて肩こりになります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

肩こりを解消する為には

肩こりを解消しようと思うなら肩こりの原因になっている内臓にたまった疲れやストレスを減らす事です。

① 筋肉のコリから解消すること

② 背骨のズレを解消すること

③ 内臓にたまった疲れやストレスを減らすこと

④ 体質改善で弱い内臓を強くしていくこと

肩こりを直していくなら、この4点です。

ですから筋肉のコリだけ解消して楽になっても多くが残っています。

肩こりのおおもとの原因は体質的な弱さがある方が肩こりになります。肩こりを起こしやすい体質、肩こり体質、

肩こりを改善

肩こりを改善するなら直していく事からしています。しかし初めから直していく事はできません。まずは肩こりを楽にすることからしていきます。

肩こりとは

 

 

 

北九州肩こりを楽にするなら原因から解消することが大切です。北九州市肩こり解消はカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月21日

小顔矯正とは顔を小さくすることだけど

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正をするならボキボキもしない痛くない顔が小さくなる矯正をしている30年になる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正とは

小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。小顔矯正をして行くときには顔を無理やり押さえつけたりすることなく小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、本当に顔を無理やり押さえつけたりすることなく顔を小さくする小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は、顔を正常に戻していく小顔矯正ですから、無理な小顔矯正はしていません。今まで30年間の小顔矯正では多くの方も顔を小さくすることをしてきましたが、全員の方が顔が小さくなっています。

顔を小さくしていく為には小顔矯正の一番、天敵になるものから減らす事をしていかなければ、どんなに効果がある小顔矯正をしても意味はありません。小顔矯正をする時には2つの悪いものがあります。

2つの小顔矯正をする時の問題

一つは疲れやストレスの蓄積

もう一つは睡眠負債です。

この2つが多く体にたまっていると、顔だけではなく体にも影響があります。小顔矯正で顔だけ小さくなっても体に脂肪や浮腫みが多かったり、骨盤の歪み・背骨のズレがあると顔の小ささが良く見えません。小顔矯正をする時には体も深い関係があります。

自分の体の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあるという事は疲れやストレスの蓄積で起きています。疲れやストレスは限界なく多くしてしまいます。疲れやストレスの蓄積には、ここまでしかたまらないと言う事はありません。奈落の底のように疲れやストレスはたまります。底なし沼のように疲れやストレスはたまります。

顔だけ小さくしても体はブヨブヨでは意味ありません。そのためしばらくの通院が必要ですが体を整えたり歪みやズレを解消したり体質改善をしていくと体は変わって引き締まっていきます。

当院の小顔矯正は全身をしていく小顔矯正をしていますから、顔だけ小さくしても顔は顔だけが大きい訳ではありません。

小顔矯正に関係するものを減らすことが重要です。小顔矯正をしている専門家の先生も知らない、わからない方も多くいます。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をして行くときには体に蓄積して多くなってしまったものを減らす事です。疲れやストレスはどこでもたまり蓄積していきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる所というのは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。人が呼吸する事でも血液の中に酸素を多く混ぜることでも肺が働いてくれるから血中酸素が多くなります。もし肺が働かなかったら大変なことになります。しかし内臓が疲れやストレスをためても減らすことを考えていません。

この疲れやストレスの蓄積が顔に脂肪や浮腫みを多くしています。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正をするときには睡眠負債も深く関係しています。睡眠負債があると脳が弱っていきます。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠があります。脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

眠りと言うのは目が覚めないから寝ていると言う訳ではありません。脳から寝ていないと脳は日増しに疲れやストレスをためて弱っていきます。

脳が弱ると頭痛、頭の痛みになったり肩こり、腰痛、腰の痛みなどの症状も起こしますが生理痛、便秘がひどくなるかたもいます。

しかし睡眠負債がおおくあると痛みやコリも感じません。痛みやコリが感じない所ではなくインフルエンザになっても発症はしません。隠れインフルエンザになり周りに移しています。脳が元気だから発症します、脳が元気だから熱が上がります。

脳で細菌やウィルスを減らします。熱を上げることで。

小顔矯正を受けるときには自分で顔を触っておぼえてもらいます。他人がメジャーで測ることなく自分で小さくなったのがわかるようにしています。

そのため小顔矯正に入る前には自分で顔を触ってもらいますが、簡単なようで簡単ではありません。簡単だと思って触った方ほど小さくなっても分からないと言う方がいます。

小顔矯正をする時には例えばですが顔を触って左右差を感じてもらいます。顔の左側が全体が大きいとか、右側の一部が出っ張っているとか。左右差があります。顔は左右が対称ではありません。

左右差を感じようとすると脳の感覚神経が働きます。手だけで触った方は変化しても分かりません。そのため今でも左右差を感じようとして触ってみてください。

小顔矯正と疲れやストレスと睡眠負債

小顔矯正をして行くときには一番の邪魔なものは疲れやストレスと睡眠負債です。

これが多くなると持続力はありません。維持することもできません。

多い方は小顔矯正が終わった瞬間に崩れていきます。

そのため小顔矯正だけではなく体も重要になります。

しかし初回は顔だけ触って小さくしていく事をしていきます。小顔矯正ですから顔を小さくしていくことから始めないといけませんから。

2回目か3回目の時には顔だけではなく体も正常に戻していく事をしないと効果が持続しません。

小顔矯正とは

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正なら北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年06月11日

整体とは体を整える事

  • はてなブックマークに追加
  • 整体と言うのは歪みやズレが起きた所を整えていくことで痛みやコリを楽にする方法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
整体とは

整体とは

整体とは歪みが起きた部分を矯正して整えていく方法です。どうして歪みを整える必要になるのかと言うと疲れやストレスがたまっていくことが原因で歪みになるからです。

体には毎日の生活による疲れやストレスが多くたまっています。生活上でたまる疲れやストレスは多くあります。掃除することも疲れやストレスはたまります。洗濯することも多くの疲れやストレスをためています。料理する時も疲れやストレスが多くなります。買い物も疲れやストレスが多くなるものです。

運動しても筋トレしても疲れやストレスは多くなります。多くの方が勘違いしていますが運動や筋トレは筋肉を鍛えているだけです。疲れやストレスを減らすことなく逆に疲れやストレスが増えていきます。筋肉を鍛えることで疲れやストレスは多くなります。脂肪は燃焼するかも知れませんが浮腫みは増えていきます。浮腫みが増えるときには疲れやストレスが多くたまって体調が悪くなります。体調と体力は違います。多くの方が筋肉を鍛えることが体力を向上させるような感じで言いますが上がることはありません。筋肉を鍛えることはは筋肉を強くしているだけです。

サプリメント、医薬部外品を飲んでも栄養ですから栄養は健康補助食品ですから食べるもので摂取することが一番です。栄養がある焼肉を食べてもウナギを食べても食欲が増しているだけで体調は上がりません。体力も付きません。焼肉、ウナギで上がれば病院に入院しているかたは全員、病院食として食べています。サプリメント、医薬部外品を飲んでも体に蓄積した疲れやストレスは減りません。

マッサージしても低周波治療器や電器をしても体にたまった疲れやストレスは減りません。

一番、減らすのが難しいのが疲れやストレスを減らす事なんです。

疲れやストレスと整体

疲れやストレスがあるから、たまるから何かの痛みやコリなどの症状が起きています。しかし疲れやストレスがたまらない生活はありません。

生活するだけではなく疲れやストレスは仕事でも多く蓄積していきます。そして最近、多くなっているのが睡眠負債です。

睡眠負債が多くなると体全身が老化していきます。

疲れやストレスの蓄積が多いと老化が促進して早くなります。疲れやストレスは歪みやズレを起こす原因であり内臓の老化を早めてしまいます。

内臓が老化して最終形態は病気です。しかし病気になるときは半年や1年ではなるものではなく10年、20年かけながら細胞の変化が起きて病気になります。

健康な細胞から病気の細胞になるには10年以上かかります。しかし人は親から作られます。精子と卵子が結合して生まれますから親の遺伝子、DNAが深く関係しています。

赤ちゃんが生まれてくると目元が親に似ているとか言いますよね、これが遺伝(DNA)です。これは内臓も似ていることを言います。

人の体は似ています。人の内臓には弱い部分と、そうでもない部分があります。

そうでもない内臓は何も起こしませんが、弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすく、疲れやストレスを多くためると細胞の変化が起きて老化していきます。この老化途中の内臓に疲れやストレスが多くたまって溢れた時に痛みやコリになります。

これが腰痛、肩こりなどの原因です。

睡眠負債と整体

生活でも仕事でも睡眠負債でも疲れやストレスは多くなります。疲れやストレスを減らす事ができるのは唯一、寝ている時だけです。

寝ていると言っても夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。目が覚めないから寝ていると言う事はありません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることを言います。

脳が寝ていない睡眠が多くなっています。いくら体は寝ている状態でも脳が寝ていません。脳が寝ていないのは夢よりも寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めることもなく、目が覚めた時には、忘れています。夢は記憶に残りますが寝ながら考え事をしている睡眠は記憶にも残りにくくなります。

眠りと言うのは脳から寝ていないと寝ていません。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。見た目だけで判断しないで下さい。また寝ている方も目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

一番、難しいのが睡眠負債を直すことと疲れやストレスを内臓から減らす事です。

体を整える整体

湿布を貼ったりマッサージしても低周波治療器や電器をしても刺激です。当院でも刺激をしますが当院の整体は検査することをしていきます。

検査する整体が特徴ですから検査すると一つずつ反応しますから一つずつ解消していく事ができます。病院の検査の血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査のようにすべて一度にわかるものではありません。

一つずつ反応が出てきますから、ある一つが良くなると2番目のものが反応してくるという方法で解消していきます。

多くの方は初回では体調が悪いのが普通です。その体調の悪さがどこまで悪いのか、どの段階まで悪くなっているのか、と言うことで違います。

多くの方は軽く考えています。奈落の底のような体調、ドン底のような体調と言われると多くの方が「私がですか」と言います。

睡眠負債があれば落ち方が大きくなるのは当然です。

整体は体を直していくこと

睡眠負債の方は急激な脳細胞の減少が起きていきます。脳細胞が減ったものは増えることはありません。脳細胞が減っていくと普段できていることも、いつかはわからなくなります。

出来なくなるのではなくわからなくなります。

脳細胞の減少はイライラしやすくなるし、頭痛、頭の痛み、夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚める、パニックになる、精神的に病む、不安が多くなる、会話が頭に入らない、会話が成り立たない、認知症、痴ほうに進行しやすくなります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから整体で体の歪みを整えると痛みやコリが楽になります。

2018年06月05日

急に腰が痛くなるのは

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから改善しないと骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛、腰の痛みの原因ですから北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みが起きたら炎症やハレがありますから温めないで冷やして下さい。お風呂に入ったりすることなく急性状態では安静をして下さい。つまり休養を取ると言うことが一番です。お風呂に入ることは慢性状態になると構いません。急性状態や痛みが強い時にはお風呂は良くありません。入浴している時からズキズキしてきたりお風呂から上がった後に痛みが強くなることもあります。

急性状態では休養を取った方が安全です。

腰痛、腰の痛みが慢性化したり長期間になると何をしても治りませんが急激な悪化はしないので何をしても良いです。冷やしても温めても構わないと思います。

何よりも急性状態では休養をとることをお勧めします。何でもかんでも日本人は休養をとれませんから、たまには休むことも必要です。

強い腰の痛みが取れても本当は大変な状態で腰痛、腰の痛みになっています。体が痛みを起す時には痛みだけではありません。もしかしたら、ここで休んでおかないと死んでしまうかも知れません。

体が何かの痛みを起こす時には警報が鳴っている時です。警報の中でも非常警報の時に腰痛、腰の痛みになります。それを逃がしてくれているのが痛みです。

痛みがある部分は圧力が高くなっています。圧力が低くて痛みになることはありません。しかし圧力が固くなってしまった原因があります。この原因が非常警報です。

なにか体に良くないことが起きているから骨盤の歪み・背骨のズレを起こして腰痛、腰の痛みになります。これを腰痛だと簡単に考えて湿布を貼ったり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたりする事は簡単です。

しかし、その陰に潜んでいるものは湿布を貼ったり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたりする事をしても変わっていません。腰痛、腰の痛みの痛みが圧力を下げることで楽になるでしょうが。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛、腰の痛みが起きる時には病院にいったり、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをしても痛みが楽になることはありますが原因を見つけることなく施術していますから、原因なんか関係ありません。

ただ痛みを楽にすることをして行けば良い訳ですから。患者さんも痛みさえと言う感じで来ますが。

腰痛、腰の痛みが良くなっても楽になっても心不全で死んだら意味ありません。心臓で圧力が高くなれば心臓に負担がきています。病気ではありません。負担が起きても心不全はあります。可能性です。

腰痛、腰の痛みに限らず痛みが起きている時には体は弱っています。体が弱るのも、どこが弱っているのか、と言うことを見つけることも必要だと思います。

しかし病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

腰痛、腰の痛みが良くなっても楽になっても脳梗塞で死んだら意味ありません。脳の血管に圧力が上がって起きることもあるかも知れません。可能性ですが。

腰痛、腰の痛みが起きているときには圧力が高くなっています。圧力を下げることはマッサージしても下がります。圧力を下げることは湿布を貼ったりしても下がります。圧力を下げることは低周波治療器や電器をしても下がります。

圧力ばかり下げることをしていると原因も、いつままでも同じままではありません。原因は進行していくと言う事です。

圧力を下げることを対症療法と言います、原因なんかみつけることなく楽にする方法です。

腰痛、腰の痛みには原因があります。原因をみつけて解消する事をしていかないと原因も同じままではありません。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みの原因は毎日の生活、仕事で多くたまるあるものが原因です。これは誰でもあるものです。ない方は一人もいません。全員に有るものですが、それは疲れやストレスです。

毎日の生活、仕事で多くたまる疲れやストレスが筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり筋肉にも疲れやストレスはたまりながら、その何十倍も疲れやストレスが内臓にたまっていき、骨盤の歪み・背骨のズレになります。

姿勢で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

体の内部から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。さらに大きく歪みやズレが起きると誰でも椎間板ヘルニアになります。

毎日の生活、仕事で多くたまる疲れやストレスは多くなるばかりです。しかし疲れやストレスをためておきながら減らす事はしていません。

疲れが溜まったら焼肉を食べたりウナギを食べたりケーキを食べたり脂分やアルコールを飲んだりしています。

余計に内臓に負担を強いています。内臓に負担をかかっているのに、さらに上乗せで負担を強制しています。

悪循環をしていることさえ考えもせずに。

人は動くことでも疲れやストレスが多くなります。

運動する、筋トレすることでも疲れやストレスは多くなります。

仕事することでも疲れやストレスは多くなります。しかし減らすことはしていませんしできていません。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスの蓄積が腰痛、腰の痛みになります。しかし疲れやストレスがたまっても腰痛、腰の痛みにならない方がいます。

疲れやストレスは自分の弱い内臓に多く蓄積していきます。内臓には弱い内臓とそうでもない内臓があります。弱い内臓は体質的に弱い内臓です。

体質的に弱い内臓は生まれつきです。体質と言うのは生まれに関係しています。生まれつきある弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまって老化しながら進行していきます。進行して完成したら病気ですから、今は進行途中ですから病気ではありません。未病です。

いまだ病気にあらず、です。

しかし弱い内臓は日々の疲れが溜まりやすくなっていますから、疲れやストレスがたまって限界を超えると骨盤の歪み・背骨のズレを最大に起こします。

最大に骨盤の歪み・背骨のズレが起きると腰痛、腰の痛みになります。軽い骨盤の歪み・背骨のズレは何も起こしません。いつでも骨盤の歪み・背骨のズレがあります。誰でも骨盤の歪み・背骨のズレは普段から起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレには段階が

しかし程度が軽いと痛みやコリにはなりません。

疲れやストレスが多くたまっていくと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に重いものを持ったりすると体を支えることができないで腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に体に合わない布団で寝ていると腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に車の運転を長くしていると同じ姿勢でいることで骨盤の歪み、背骨のズレが大きくなると腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時にクシャミをしただけで腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に靴下を履こうした時に急に腰が痛くなってしまいます。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時にデスクワークで座っているだけでも腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがない方は腰痛、腰の痛みにはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレを起こしているのは腎臓が弱い方ですが腎臓といっても病気ではありません。ですから病院で血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査してもわかりません。もし、わかれば病気です。

病気出ない状態で腰痛、腰の痛みは起きています。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州市のカイロプラクティック徳力整体院は腰痛、腰の痛みを楽にする為に努力しています。

2018年05月28日

骨盤矯正とは骨盤の歪み・骨盤の開きだけを

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正とは

当院では骨盤矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしています。今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが骨盤矯正をわかっていない方が多くいます。そのため骨盤矯正を知ってもらう為にも骨盤矯正を説明していきたいと思います。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。骨盤を小さくすることで小尻になることができます。骨盤と言うのは骨です。骨を小さくすると言う事ですよね。骨盤の骨が小さくなるのかと言うとなりません。正常な骨が小さくすることができたら良いでしょうが、骨盤の骨を小さくすることが可能でしたら大変なことです。

もし骨盤の骨が小さくできたら、すごく色々な部分に影響が出ます。もちろん、頭痛、頭の痛み、肩こり、腰痛、腰の痛み、噛み合わせ、生理痛が悪化、ひどくなる生理不順、出ない便秘、膀胱炎、尿漏れになる方も出てしまいます。骨盤に関係する部分、全てに影響が出ます。骨盤は土台ですから土台が狂えば大変です。頭がい骨まで影響が出ます。

正常な骨盤から、骨盤を小さくすると言うことは不可能ですし、できる方がいても、したらいけません。

安全な骨盤矯正は

しかし無理やりする骨盤矯正ではなく検査する事ができる先生がしている骨盤矯正が一番、安全です。

当院では骨盤矯正をする時には検査する事をしていますから無理な骨盤矯正はしていませんが、今まで多くの方を30年間で骨盤矯正をしてきましたが、正常な骨盤を初回から見たことがありません。

骨盤矯正をする時には検査していきますが検査してみると異常がある骨盤ばかりです。一人も正常な骨盤の方はいません。この正常ではない骨盤を整えていく事ができれば骨盤が小さくなります。

それを見つけていく為には、まずは骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正だけではダメなんです。多くの骨盤矯正をしている施術院が骨盤の歪み・骨盤の開き矯正ばかりしています。確かに骨盤の歪み・骨盤の開きでも矯正して整えると骨盤は小さくなります。

そして骨盤周辺の浮腫み、脂肪も減っていきます。それだけではありません。

最近は骨盤矯正を希望されて予約した方は、検査してみるとわかることがあります。普通は起こらないことが起きています。普通では考えられないことです。

それは骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形しています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をする時には一番、関係するものは、

① 体調

② 骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形

③ 睡眠負債    の3点になります

この3つとも多ければ多いほど骨盤を小さくしても維持することはできません。持続力もありません。3つとも多くすれば多くしてしまう事ができるものです。限界なく蓄積させてしまうものです。

①の体調とは多くの方が落ちています。院長から「体調はどうですか」と聞かれて、多くの方が「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言います。そこで体調を検査してみると大変なことがわかります。

大変なこととは体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。これには理由があります。最近は多くの方が寝ているようで寝ていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に思っています。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし寝ながら考え事をしている睡眠と言うものがあります。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。そのため目が覚めないから寝ていると思います。

夜中に何回も目が覚めればわかるでしょうが、目が覚めないから寝ていると思います。これが睡眠負債です。睡眠負債は睡眠障害になり脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリも感じませんしハイテンションになります。ハイテンションになると疲れ知らずです。疲れることをしても筋肉痛は起こりますが、体調の悪さは感じなくなります。

だから

体調が良いと思っています。

インフルエンザになっていても脳が弱ると熱が上がりません。インフルエンザになっているとも思いません、このことを隠れインフルエンザと言います。隠れシリーズには色々あります。隠れ心筋梗塞もあります。隠れ脳梗塞もあります。

睡眠負債の方が骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形しています。

場合によってはお腹を少し押さえられると痛みがある方もいます。普段は何も感じなくても押さえたら痛いと言う方も多くいます。

眠りが浅い方、睡眠負債の方は頭を触るとわかります。

最近は多くの方が

睡眠負債と骨盤矯正

骨盤矯正をする時には一番の邪魔なものは睡眠負債の脳の弱りです。睡眠負債が起きると日増しに脳が弱っていきます。脳が弱ると骨盤の歪み・背骨のズレが必ず起きていますが痛みやコリとして感じていません。

脳が弱ると目の下にクマがある方もいます。

顔にも骨盤にも周辺に浮腫み、脂肪が多くあることもあります。

睡眠負債が多くあると、戻しても整えても戻りやすくなります。その時に骨盤が小さくなっても崩れやすくなります。

骨盤矯正とは

 

北九州市小倉南区小倉北八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから骨盤矯正で人気があって評判の良い骨盤矯正をしている北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月23日

カイロプラクティックでもボキボキしない

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは痛い怖い荒いと言うイメージがありますが、これは以前、テレビでゲームの罰ゲームで芸能人がボキボキされて痛がる事をしていたからです。

カイロプラクティックと言うと代名詞がボキボキする矯正だと思われてしまいましたがカイロプラクティックが日本中に広まることにもありました。しかし今だに以前のイメージがあります。

カイロプラクティックと言うのは手の技と言う意味がある背骨・骨盤矯正術です。痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きていますから、唯一、骨盤の歪み・背骨のズレから矯正して整えていく事ができる方法です。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しなくても楽にすることはできます。何もボキボキしなくてもカイロプラクティックを受けなくても痛みやコリを楽にすることはできます。その楽にする方法とは湿布を貼ったりすることでも痛みやコリは楽にすることができるからです。

湿布を貼ったりするとインドメタシンや鎮痛効果がある薬効で痛みやコリを楽にして抑えることができます。スースーしたり冷たいなどの冷やすことでも痛みやコリは変わるからです。こらは炎症やハレをおさえて楽にしていく方法ですが、どうして痛みやコリが起きたのか、と言う事まで考えていませんし見ていません。痛みやコリが起きている時には炎症やハレも解消しなければいけませんが、どうして痛みやコリが起きたのか、どこから炎症やハレが起きたのか、と言う原因があります。炎症やハレが起きて痛みやコリになる為には原因が存在しています。原因も炎症やハレをおさえてしまえば楽になりますが、原因もいつまでも同じままでは居られません。つまり進行があると言うことですし、もうスタートを切っていると言う事です。

これがこんどは形を変えて出てきます。

痛みやコリと言うのは先将来の問題に関係があります。先将来と言うのは1年後かも知れませんし5年後、10年後かも知れません。また20年後かも。

体に痛みやコリが起きるときには

体に何かが起きる時には、必ず病気でも疲れやストレスの蓄積で体調が落ちた状態でも体質が関係しています。体質とは簡単に言うと遺伝的な要素があるものであり、家系的な弱さです。体質はクリームを塗っても変わりません。サプリメントを飲んでも体質は変わりません。食べるものを食べても体質は変わりません。

何をしても変わることはなく悪くなるばかりなのが体質です。体質と言うのは年齢とともにではなく年齢以上に悪くなっていきます。年齢以上に体質が悪くなるから病気になります。

例えばアトピー方は体質はアトピー体質です。親から受け継いだ体質が親はアトピーが出ていなくても膵臓が弱い体質があります。アトピーは膵臓の弱さがあるから起きています。膵臓の弱さがある遺伝がアトピーになります。

アトピー体質の方は体調を落とすと悪化してひどくなります。体調が良い時にはアトピーは少し落ち着きます。

膵臓が弱い方は糖尿の家系です。下痢や腹痛を起こしやすく肝臓肌、ノドの渇き、目の疲れなどを起こしやすくなります。

生まれつき背骨の胸椎6番目が歪みを起こしています。6番目は膵臓に関係する部分です。膵臓が弱いから6番目がズレています。6番目がズレているから膵臓が弱く生まれています。

糖尿の病気がある方は胸椎の6番目が生まれつき背骨のズレがあります。

アトピー方向に行かなくても膵臓が弱ければ下痢、軟便、ノドの渇き、乾燥肌、目のカスミを起こしやすくなります。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して整えていく事をしていますが、低周波治療器や電器を使うカイロプラクティック院は技術に問題があります。

カイロプラクティックの技術を補うために低周波治療器や電器を使います。当院も昔は低周波治療器や電器を使っていました。開業から10年くらいは低周波治療器や電器を使っていましたがある時、低周波治療器や電器とは何をしているのか研究することを思いつきました。

低周波治療器や電器は定電流の電気をプラスからマイナスへ流して筋肉を刺激しているだけです。筋肉を刺激することでリンパの流れが良くなり老廃物が流れますが、すぐに戻ります。

低周波治療器や電器をすればするほど患部は悪くなっていきます。

電気による刺激を受ければ受けるほど筋肉は硬くなっていきます。固くなると痛みやコリを感じません。昔の灸と同じです。やけどするくらいお灸で神経を焼いていきます。そうすると痛みやコリを感じません。

人は痛みやコリを感じなければいけません。痛みやコリを感じて体調の悪さ、調子の悪さを判断することができます。

しかしあることが起きていると感じなくなります。

睡眠負債

睡眠負債があると脳が弱っていきますから脳が弱ると痛みやコリを感じません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし目が覚めないから寝ていると思うのは違います。

目が覚めなくても寝ながら考え事をしている睡眠をしています。そのため検査する事ができますから検査すると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方が増えています。

背骨のズレはカイロプラクティック

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックなら北九州市でカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月18日

本当に顔を小さくできるのか

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正なら初回から顔が小さくなることで評判が良くてボキボキしないから人気がある北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

初回から小さくなる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。本当に初めから顔が小さくなりますが1回で終わる小顔矯正はありません。

① 小顔矯正をしていく時には、本当に顔が小さくなるのか??

② 維持することができるのか?? 

と言うことが一番、気になると思います。

①: 本当に顔が小さくなるのか、と言う疑問ですが、本当です。それも自分で実感してもらうようにしていますので、自分で小さくなったのがわかるようにしています。分かるようにしていますが小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありません。1センチだったり2センチだったりと言う感じで変化していきます。特に顔の脂肪、浮腫みは減っていきます。そしてアゴの部分は変わります。アゴの部分がスッキリして細く引き締まっていきます。それも、ご自分で分かるようにしています。

②:小顔を持続させる力、維持する力がある方が維持することができますし持続させることができます。当院で顔を小さくすることをしてあとは維持できるか、持続させる力があるかは自分に原因があります。当院では小顔矯正をして顔を小さくする事をしたわけですから、あとは自分の体に原因があります。自分の体を調整したりすることで数回かかります。

と言う事です。

小顔矯正の初回は

小顔矯正をする時の初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきます。当院の小顔矯正は20分くらいの小顔矯正ですが、時間が長くても効果はありません。短時間で集中して顔を変える事が出来なければ、その日は、もう変わりません。

時間を長くしても逆に顔は小さくなりません。それを知らない方がマッサージ見たいにして時間を変けているだけです。

当院では今まで30年間、小顔矯正をしてきましたが、多くの方の顔を小さくすることに成功しています。小顔矯正をして顔が小さくならなかったと言う方はいません。

しかしハッキリ言って顔が小さくなっても分からなかったと言う方はいます。これだけ小さくしても分からない?と思う方もいます。

当院では小顔矯正をしていく時には鏡で見るよりも手の感覚を大切にしています。他人がメジャーなどで測ることなく自分の手で顔を触ってわかるようにしています。

その触り方は簡単なんですが、わかるのは簡単ではありません。

顔の触り方

小顔矯正をする時には顔を触って大きさ、幅、形などをおぼえてもらいます。小顔矯正を受ける前の顔の大きさを直前に触っておぼえておかないと変化がわかりません。

触り方は簡単なんですが、

①アゴの部分に両方の手首を合わせます。

②合わせたらアゴの部分を触ります。

③あとは手のヒラ全体と指で顔を触るだけです。

これだけですが、簡単に触ると何も感じていない方がいます。ただ手を当てただけではわかりません。先ほども書いたように大きさ、幅、形をおぼえると言いましたから、おぼえないとわかりません。

そのおぼえる為には数学を解くよりも難しいことですが左右差を感じるようにしてもらいます。

例えばですが顔の右側が全体が大きいとか、左側の一部が大きいとか、顔には形が色々あります。この色々ある顔の形を覚える事なんです。

テレビでタレントさんや漫才の方の顔の形を見て下さい、大きさも形も色々です。顔をじっと見て怒られないのはテレビだけですから。人の形を見るのは、簡単です。目で見ることができますから。

しかし目で見ないでおぼえることは大変、難しいようです。そのため当院では2回、触り方を練習しています。

練習のタイミングは、デスク越しに練習する時と小顔矯正をする台に上向きに寝てもらって、一度さわってもらいます。

2度しても手だけで触って感じようとしない方はわかりません。手だけで触らないで手と脳で感じようとして触って下さい。

一番は左右差を感じようとすると頭が働きます。頭、つまり脳が働かないと感覚神経は機能しません。そうすると顔が小さくなっても分かりません。

持続力・維持するのは

持続力、維持することは体の調子にあります。体の調子とは体調です。体調とは疲れやストレスの蓄積度合いです。

体に疲れやストレスが多くなっていくと体は補正の為に色々な痛みやコリを起こしていきます。痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。

疲れやストレスの蓄積=骨盤の歪み・背骨のズレが起きる=痛みやコリになる、のが普通です。

しかし最近は、これに睡眠負債が重なっています。睡眠負債が重なって積み重ねが多くなると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になり脳がさらに弱ると脳衰弱になります。

脳の弱りは痛みやコリを麻痺させてしまいます。

脳の弱りは体調が落ちても分からなくなります。

脳が弱ると風邪をひくこともできません。

脳が弱るとインフルエンザウィルスが体内に侵入して増えても発症しません。隠れインフルエンザになります。

脳が元気だから脳が熱を上げていきます。脳が元気ではないと熱を上げてウィルスを減らす事もできません。ウィルスは熱に弱いからです。脳もそれをしているから熱を上げていきます。しかし脳に力がないのに熱を上げると熱で脳はやられて死亡になります。

脳が弱っていても限界までためてやっと出た熱に負けてしまうと言う事です。限界までと言うことは危険です。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時にはマッサージ感覚で顔を小さくすることができます。マッサージ感覚と言うのはマッサージではありません。実際にマッサージをして顔が小さくなることはありません。

小顔矯正をする時にはマッサージするみたいにして顔を揉んでいくと顔が小さくなります。

しかし小顔矯正でも体が歪んでいるのに顔だけしてもと言う事があります。

疲れやストレスの蓄積が大きいと、戻りが大きくなります。そして小顔矯正をしたあとダルクなります、ダルクなるのは顔を小さくすると言うとは変化が大きいからです。変化の変わる方に体調や体力を取られると「ダルク」なります。

また、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方ほど「ダルクなる」こともあります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると聞くと良い睡眠をしているように思えるでしょうが、実は寝ていても眠りが浅い眠りがあります。

眠りが浅い睡眠をしている方ほど脳疲労が起きています。脳疲労は体調、体力を低下させています。奈落の底のような体調、ドン底のような体調になっている方もいます。しかし初回からどれだけの体調か判断することは大変、難しくわかりません。

わからない為、小顔矯正をしたあと「ダルク」なる方がいます。体調や体力を回復させていく治療を当院でしていくと、徐々に上がってダルクなることは無くなります。

睡眠負債から落ちた脳の力・内臓の力は治療しない限りは上がりません。

サプリメントでも医薬部外品でも病院の点滴でも上がることはありません。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が小顔矯正にきています。

2018年05月14日

肩こりがどうして起きるのか、

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州でつらい肩こりを筋肉から楽にしたら肩こりの下痢を見つけることも大切ですから、コリがどこから起きているのか北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にする為には筋肉のコリから解消することをしています。肩こりと言うと筋肉のコリもありますから筋肉のコリから減らすようにして楽にすることもしています。しかし検査してみると筋肉のコリの方もいますが、肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている方は多くいません。しかし筋肉のコリを揉んだりして楽にすれば楽になることもあります。しかし楽にすることと肩こりを原因から見つけ出して直していくこととは違います。肩こりには原因が潜んでいます。

簡単には見つからない原因が潜んでいますから筋肉ばかりに注目してほぐしています。見た目で見ても表面上にあるのは筋肉だから筋肉から起きているコリだと多くの方が疑いもせずマッサージをしたり、筋肉を揉んだり、低周波治療器や電器をしたりして一時的に肩こりを楽にすることをして「肩こりを直した」とか「肩こりが直った」と思っています。

確かに湿布を貼ったりしても肩こりは楽になることもあります。肩こりが楽になるサプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、それなりの効果があるから売っています。肩こりと言うとマッサージしたりしても楽になるからある訳です。針を刺しても肩こりは楽になるでしょうが。ツボを押しても肩こりは楽になることもあります。低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になることもあります。

しかし楽になることと、肩こりの原因を見つけ出して直していく事は違います。

肩こりと言うと

肩こりが慢性化して長く肩こりを感じている方は筋肉の疲労が強くあります。筋肉疲労があるからリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。筋肉が疲労していると流れが悪くなるのは当然、起こります。

しかし長く肩こりになっている方、慢性化した肩こりがある方、肩こりを繰り返している方などは、筋肉が硬くなっていきます。この筋肉の硬さは老化による固さです。老化した固さは揉んでもマッサージしても低周波治療器や電器をしても、その時だけです。しかし限界を超えて筋肉が固くなると肩こりを感じなくなってしまいます。

肩こりになっても、肩こりを起こしても肩こりとしても感じません。肩こりがあるのにわからなくなります。筋肉が硬くなりすぎて周辺にある神経が肩こりを感じてくれません。そうすると手の握力が低下したり、つかみそこなったり、手のコワバリが起きていきます。

腕や手への血流も落ちていきます。筋肉が次第にハリがなくなってフニョフニョになっていきます。腕回りが細くなって筋肉が萎えていきます。

これが筋肉から起きる肩こりです。

筋肉以外で起きる肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですから筋肉ばかりほぐしていますが、筋肉だけで起きる肩こりはないと思っています。確かに毎日の生活や仕事などで肩や腕、指を多く使っている割には筋肉を癒すことはしていません。

筋肉のコリが強すぎて骨がズレると言うこともあるかも知れませんが、多くはないと思います。筋肉から骨がズレると言うよりも骨がズレると筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨が動くと筋肉は引っ張られていきます。引っ張られて緊張が高くなったり緩んだりします。これが肩こりになります。もちろん、この時にはリンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまっています。

しかし背骨のズレも姿勢や猫背で背骨のズレになることはありません。背骨の中には中枢神経がありますから、簡単にズレると中枢神経を守れなくなります。背骨のズレると中枢神経である脊髄も少なからず影響を受かますから。

簡単には背骨のズレが起きることはありません。

しかし、

姿勢、猫背で背骨のズレが起きることはありませんが、体の中からはどうでしょう。体の中から崩れることはないのか、と言う事ですが。

これは大変、多くあります。

体の中から崩れていくと

体の中に原因があって肩こりになることがあります。体の中の原因と言うのは何が原因なのか、なんですが。これは体に蓄積している疲れやストレスです。体が疲れた、とかストレスがたまったと簡単に言いますが、これが原因です。

体には毎日の生活、仕事などで多くの疲れやストレスがたまっていきます。この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言うことが問題になります。疲れやストレスは筋肉にもたまりますが。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管、と、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる場所を探すと筋肉とあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)にたまっていきます。

内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)

特に内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。つまり疲れやストレスは病気ではなく内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)にたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

暴飲暴食でも胃が疲れたとか言いますよね。これと同じことが起きていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。肺が働いてくれているから酸素を取り込んでもらえます。

固いものを噛むとアゴが疲れたと言うようにと、ここでも疲れが生まれています。食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れは どこにたまるのか、それは内臓にたまります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。我々は簡単に食事をしていますが。

生活する事でも疲れが多くなります。

仕事でも掃除でも、食事を作ることでも洗濯する事でも歩くことでも運動する事でも、疲れやストレスが多くなります。

また食事することでも消化する事でも内臓が働いて疲れが多くなります。

何をしても疲れやストレスが多くなるばかりなんです。ですから特別なことをしなくても疲れやストレスが多くなります。

この疲れやストレスの蓄積が骨盤の歪み・背骨のズレになります。疲れやストレスが肩こりを起こす部分に多くたまると骨盤の歪み・背骨のズレになり肩こりになります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為には肩こりの原因になっているものを見つけ出すこと。北九州市からも多くの方が。

2018年05月10日

腰痛と腰の痛みが起きたら

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから解消することをしないと残したままだと繰り返しやすくなりますし原因は違った形をして出てきます。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラク
腰痛、腰の痛み

腰痛とは

腰痛腰の痛みが起こりやすい方、腰痛、腰の痛みを繰り返す方、腰痛、腰の痛みが解消しない方の原因から解消していくこと。

腰痛、腰の痛みと言うと切っ掛けで起きることが多くありますが、普段から骨盤の歪み・背骨のズレは起きています。しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても何も感じませんし痛みもありません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度があります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがある時もあれば、軽く骨盤の歪み・背骨のズレがあるときもあります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがある時は、クシャミしただけで腰痛、腰の痛みになります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがあると眠りが浅かっただけで朝、目が覚めて腰痛、腰の痛みになることもあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度が軽いと腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛、腰の痛みになる時は骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあって切っ掛けが必要です。

切っ掛けとは

腰痛、腰の痛みを起こす切っ掛けとは、重いものを持ったり、体を捻ったり、前かがみの姿勢をしたり、同じ姿勢を続けたり、座り仕事をしたりすることです。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあって体を支えることができない姿勢が切っ掛けです。

長く座っていても骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなる時もあります。

前かがみで状態を支えることができないと腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みになるのは、骨盤の歪み・背骨のズレ切っ掛けの両方が揃ったときに起こります。

 

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は内臓にあります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまると体の中から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。

中枢神経を守っている背骨が姿勢でズレることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は、例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり骨盤の歪み・背骨のズレを起こす原因は内臓にたまった疲れやストレスが原因です。疲れやストレスが内臓にたまっていくと体は中から崩れていきます。

これが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。

つまり内臓疲労が腰痛、腰の痛みの原因になります。

しかも弱い内臓が腰痛、腰の痛みに関係する方が、腰痛、腰の痛みになります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなって骨盤の歪み・背骨のズレになり腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みになる内臓は特に腎臓です。つまり内臓の病気ではなく、弱い腎臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになって腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みの方は、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレを改善しなくても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。

サプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても低周波治療器や電器をしても、整体、カイロプラクティック院でもボキボキしても腰痛、腰の痛みは楽になります。

しかしサプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても低周波治療器や電器をして腰痛、腰の痛みが楽になっても骨盤の歪み・背骨のズレは残りますし腎臓の蓄積した疲労は取れていません。

整体、カイロプラクティックの施術でも骨盤の歪み・背骨のズレは解消させることもありますが、腎臓疲労まで解消できません。

当院では

腰痛、腰の痛みの原因を

当院では腰痛、腰の痛みの原因を見つけ出して変えていく事をしています。その為には炎症やハレから解消しないと、先のものが検査できませんから、炎症やハレから解消していきます。

①炎症やハレから解消

②骨盤の歪み・背骨のズレを改善

③内臓疲労解消

などの3つが初めの腰痛、腰の痛みの施術になります。

そして弱い内臓を強くする体質改善という施術があります。

体質改善は初めからできません。

ある程度腰痛、腰の痛みが楽になってからの施術になります。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を楽にする為には骨盤の歪み・背骨のズレから整えていくこと。

2018年05月07日

ダイエットとは痩せること

  • はてなブックマークに追加
  • 誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。
ダイエット、痩せる為には

ダイエットして痩せる

ダイエットして痩せる為には、痩せると言う事はどんなことでしょう。

ダイエットと言うのは体重計ばかり気にして減らすことばかりしていませんか。確かに体重計のメモリばかり気にしてストレスを与えて痩せる方法もあります。

体重をノートに書いていることで気になってストレスになって痩せる方法もあります。

色々なストレスを与えて痩せる方法があります。

また、サプリメント、ダイエット食品などで痩せようとする方法があります。

運動や筋トレで痩せる方法もあります。

痩せるレシピなどでダイエットしようと思う方もいます。

リンゴダイエット、バナナダイエットなどで痩せようとする方もいます。

あとは食事制限をして痩せようと思う方もいるでしょう。

どんなに効果があることでも、

基本的なことを忘れていませんか

基本的なこととと言うのは体調です。自分の体調がどんな状態なのかです。

体調と言うのは意味不明な言葉です。

自分で体調が良いと思えば体調は良いかも知れません。自分で体調は悪くないと言う方は体調が悪くないかも知れません。

当院では本人にもわからない体調を検査する事ができます。体調を検査することは誰でもできるものではなりません。

病院では病気の検査をしています。血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。もし病気になっていれば陽性反応がでて病名が付きます。

当院で行う検査は病気の検査ではありません。

体調の検査、歪みの検査、背骨のズレの検査なんですが。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

調子が落ちていると、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

疲れやストレスが蓄積していると、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

眠りが浅いと、骨盤の歪み・背骨のズレは最大に大きくなります。

疲れやストレスがたまっていたり、骨盤の歪み・背骨のズレがあると、いくらダイエットしても痩せにくく戻りがあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは35キロが骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓、中枢神経です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

全てはダイエットしても効果がないのは内臓に関係があります。内臓というのはホルモン系も関係しています。

しかも最近は多くのい方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

眠りが浅いと体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調です。

単純に目が覚めないから寝ていると思っています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

不眠症は寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどです。

しかし、自分で気が付かない不眠症があります。これが睡眠負債です。目が覚めないから寝ていると思っています。

この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

目が覚めないけど頭の中は妄想に近い睡眠です。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。単純にスースー気持ちが良さそうな睡眠をしていると思っているだけです。

眠りと言うのは脳から寝ていることです。脳が寝ていないと眠れていません。

脳から寝ている方は疲れやストレスが減りやすくなりますから太りにくくなります。

ホルモンバランスも悪くないと思います。

脳から寝ている時に内臓に蓄積した疲れやストレスが減っていきます。脳から寝ていないとハイテンションになり痩せにくくなります。

疲れやストレスが多く蓄積した方ほど、太りやすくなります。浮腫みも多くなります。

そして脳が弱るとホルモン、内臓の疲弊が強くなりますからダイエットしても痩せません。

ダイエット、痩せるなら

ダイエットして痩せるなら体から整えていく事で痩せて細くなります。当院のダイエット法は体を治していくダイエットをしています。

1度では無理ですが、徐々に痩せて細く引き締まっていく体を作ります。

まずは1回目でウエストを細くしていきます。そいsて小顔、小尻にもしていきます。

体が細くなれば体重は変わらなくても、あとで体重はついてきます。

人から見て、友人から見て、家族の方から見て細くなってきたね、と言われるのが優先です。

体の皮下脂肪が減っただけでも痩せてきたと人は思います。

浮腫みが減ってきても痩せたと感じる方がいます。

何よりも見た目から変えるダイエットをしています。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院はダイエットをして痩せる為に。

2018年05月01日

骨盤矯正で本当に小尻になるの

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で骨盤矯正をするなら1回目から骨盤が小さくなることで人気がある北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正をするなら当院が一番です。と言うのは初回から骨盤が小さくなるからです。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが、一人も骨盤が小さくならなかったと言う方はいないからです。

しかし骨盤矯正を希望されてきた方の多くは骨盤矯正というものを知りません。

骨盤矯正をするから骨盤を触って下さいと言うと骨盤がどこなのか、知らない方もいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。

骨盤を小さくすると言う事は骨を小さくしていく事です。骨盤の骨が小さくすることが骨盤矯正ですが、骨盤の骨が小さくなるのか、と言うと「いいえ」です。

正常な骨盤が小さくなったら大変です。しかもたった20分くらいの骨盤矯正で骨が小さくなったら、変です。

手術して骨を削れば可能でしょうが。そんなことをしていたら大変です。大変な大手術になります。

美容整形で骨盤の骨を手術して削ることをすると入院期間と費用が大変ことになります。

手術しなくても

当院の院長の骨盤矯正は他とは違いますから、同じように考えないで下さい。当院の院長である私は特殊な技術を有しています。

自分で言うのも変ですが、私が骨盤矯正をしていく時には、本当に骨盤が小さくなっていきます。

骨盤を小さくしていくのも、しっかりとした理論がありますから安心です。

しかし今まで骨盤矯正に訪れて骨盤が小さくなった方の中で骨盤矯正をしたあと、だるくなったと言う方はいます。

これは骨盤矯正をして骨盤が小さくなった変化に体力がついていかないと起きる現象です。

初回の方は自分で思っている以上に体力が低下しています。

体力が低下していいる事さえ、感じていない方が多くいます。

院長が「体調はどうですか」とか、「体調は良いですか」と聞かれると、全員が「体調は良いです」と言います。

それで検査してみると、異常に体調が悪くなっていますから、骨盤の歪み・背骨のズレがあります。さらに歪みが大きくなって椎間板ヘルニアになっている方もいます。

普通は骨盤の歪み・背骨のズレがあると腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、になります。

痛みやコリが起きているのに感じていない方が増えています。

体調が悪いのに、わかっていない方が増えています。

この方は睡眠負債の方です。睡眠障害の方は睡眠障害ですから、脳が弱っています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

不眠症でしたら寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどが不眠症でした。

しかし、最近の不眠症は信じられないでしょうが、目が覚めない方が不眠症です。不眠症と言うよりも睡眠障害です。

睡眠とは脳が寝る事です。

睡眠とは脳が休養を取ることです。

睡眠は脳が寝る事なんです

誰が見てもスースー寝息を立てて寝ていても脳の事までわかりませんよね。寝ている本人も寝ていますから、わかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし1時間も2時間も長く夢を見ることはありません。

夢を見たとしても、1秒くらいの夢を脳は長く感じるように見せています。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。

目が覚めなくても寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が体調が良い訳ありませんが、その体調は無視して骨盤矯正で小尻になりたいと言う方が多くいます。

本当は骨盤矯正よりも体調や眠りの方が問題なんですが。

と言うのも寝ながら考え事をしている睡眠は脳細胞の急激な減少を招いていくからです。脳細胞が減ったものは増えません。

もう2度と脳細胞の減少があると増えることはありません。脳細胞の減少は、初めは、物忘れ、うっかりが多くなります。

 

 

 

北九州骨盤矯正をするなら初回から骨盤が小さくなることで評判の良い人気がある北九州市のカイロプラクティック徳力整体院

2018年04月25日

つらい肩こりを楽に

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で肩こりを楽にするならコリを楽にしたら、そこから肩こりの原因を見つけていくことをしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを解消

肩こりを楽にしていく為には関係する所があります。肩こりに関係する所は筋肉のコリ、背骨のズレ、その他です。

肩こりと言うと筋肉のコリですが、何も原因がなくて筋肉のコリが起きることはありません。筋肉のコリが、どうして起きるのか、原因があります。

しかし我々は気が付いていない状態でいつも肩を使っています。家事をする時も包丁で野菜や肉を切ったりする時も、洗濯で洗濯物を干す動作も、掃除をする時も肩や腕を多く使います。何もしていないと言う方はいますが、そんなことはありません。

生活上でも多くの肩こりを起こすことを積み重ねていますし、仕事でも腕や肩を使うことを多くしています。

この腕や肩を使うことの積み重ねが肩こりになっています。

最近はスマホの捜査でも腕や肩を使っています。

ゲームをしたりすることでも肩や腕を酷使していますから積み重ねが肩こりに進展しています。

例えば家で横になって寝ている時も腕を頭の下に置くこと(腕枕)も肩には負担になります。

ショッピングをして重たいカートを押したりすることも肩こりに関係していますし、買い物した物を持つことでも積み重ねれば肩こりになります。

車の運転をしている時もハンドルを持つ動作は力が入っていないようで力が入っていますから筋肉疲労になります。

肩こりは筋肉疲労

肩こりは筋肉疲労から起きています。普段の何気ないことが積み重なって筋肉疲労になり肩こりになります。

筋肉疲労を積み重ねることが肩こりの原因です。筋トレしてもあとに残るのは筋肉疲労です。

運動しても筋肉に疲れやストレスはたまります。何をしても筋肉に疲れやストレスが多くなっていきます。

その筋肉疲労が減ることは減りますが、多くは残ることもあります。

体の状態で違いますが、筋肉疲労はホルモンで解消しています。副腎から出るホルモンで筋肉疲労を減らしています。

特に寝ている時に筋肉疲労は取れていきますが、脳から寝ていないと解消してくれません。

最近は寝ているようで眠れていない方が増えています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。単純に目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

目が覚める方の方が寝ている場合もあります。短時間でも寝ていることもあります。目が覚めない方のほうが寝ながら考え事をしている睡眠をして脳が寝ていません。

夢は記憶の残るのは目が覚める瞬間に見るからです。目が覚める1秒、3秒前に見るのが夢として記憶の残ります。

夢は、目が覚める前しか見ません。

あとは脳が寝ているか、寝ていないかで違いますが、誰が見ても寝ていると思われていても脳の中までわかりませんよね。

体はスースー寝息を立てていても、誰が見ても気持ちが良いと思う睡眠をしても、寝ているとは言えません。

頭の中のことまではわからないと言う事です。

寝ていないと

寝ていないと、眠れていないと体調はすごく悪くなっていきます。奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしていきます。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方ほど、落ちていることさえも分からない方もいます。

普通は体調が落ちたら感じます。どこかが痛いとか、つらいとか、わかります。

しかし、最近は、痛みやコリ、体調の悪さを感じない方が増えています。体調が感じない方が限界まで悪くなってやっと肩こりとして感じてくる方もいます。

肩こりが肩こりとして起きるときには肩こりを感じる部分だけが落ちていることはありません。

全体が調子を落としながら、肩こりに関係する部分を狂わしています。しかし眠れていないと軽い時でも分からなくなります。程度が軽い時でも普通は何かを感じます。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳疲労起きて肩こりを感じなくなります。痛みやコリに鈍感になります。

鈍感になった方がブレーキとアクセルを間違えたり、逆走したりしています。間違えた程度では済みません。

何かを取ろうとして事故を起こしたりしています。

また会話が成り立たなくなります。イライラしやすくなる方もいます。

時々、何言っているか分からなくなる方もいます。

肩こりと体調

肩こりを起こしている方は体調を落ちして肩こりになります。全身の調子を落として時に肩こりになる部分の調子を起こすから肩こりになります。

肩こりを感じている所だけが悪い訳ではありません。

体には何かの痛みやコリなどの症状が起きる時には痛みやコリを感じている部分だけが悪いことはありません。

全身に何かが起きています。そして肩こりを感じる部分で特に調子落として肩こりになります。

肩こりを起こす時は筋肉のコリだけではありません。

肩こりを起こす時には筋肉のコリと背骨のズレが有ります。どちらかと言うと筋肉のコリが起きた原因は背骨のズレにあることが多いようです。

背骨がズレる原因は身体にたまった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレス

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが筋肉以外にも蓄積していきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。大脳も内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスと言うのは内臓に蓄積して体は歪みやズレを起こしていきます。

つまり体の内部から崩れていきます。

①体に疲れやストレスがたまる、筋肉にも疲れやストレスがたまりながら内臓に蓄積していきます。

②肩こりに関係する内臓に多くの疲れやストレスがたまっていくと背骨のズレが起こります。

③背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨が動くと筋肉は緊張していきます。

④骨が動くから筋肉は緊張して筋肉疲労になりリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなり肩こりになります。

肩こりとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為に多くの方が来院しています。

2018年04月16日

顔を小さく小顔矯正とは

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正をするなら小顔効果がある専門家の先生がいる30年になるカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気があります。小顔矯正をする時には、痛くない怖くない危険な事もない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は、小顔矯正を受けている方が変化がわかるようにしているのが特徴です。自分で顔が小さくなったのがわかるようにしています。

そのため小顔矯正をする前にあることをしてもらいます。そうしないとわかりませんから。

小顔矯正に入る前にしてもらうことは、自分で顔を触っておぼえてもらう事です。

しかし簡単なことではありません。と言うのは鏡で見ることも構いませんが、当院では両方の手で感じてもらうようにしています。

手を顔に当てて小さくなったのがわかるようにしています。

簡単なことではありませんから、時々、わからないと言う方がいます。しかしわからない方も、本当に顔が小さくなっています。

ですから、できるだけ顔が小さくなったのがわからないと言うことがないようにしています。でも未だ全員がわかってくれません。

当院では小顔矯正をした時に顔が小さくなると言うことがわかってもらう為に小顔矯正に入る前に1回と、施術台に寝てもらって、もう一度、顔を触ってもらうようにしています。

つまり2度、顔を触っておぼえてもらいます。

小顔矯正をする時の顔の触り方

小顔矯正をする時の顔の触り方は、アゴの部分で両方の手首を合わせて顔全体を触ります。

小顔矯正の触り方

上の写真のように顔に手を当てます。手首を合わせた方が位置が決まります。手を動かすとわかりずらくなります。アゴの部分に手首を当ててアゴの部分と手のヒラと指を顔に密接させます。

手のヒラや指が浮いていないか確認して下さい。

そして最後に左右差を感じるようにして下さい。一番は左右差を感じることが大切になります。

左右差を感じようとすると手だけではなく、脳が働きます。脳が働いていくとしっかりと今の顔の大きさや幅をおぼえることができます。

左右差を感じようとしてみてください。顔は左右が対象ではなく、つまり顔の左右は同じではありません。

例えば、顔の右側が全体が大きいとか、左側の一部分だけが出っ張っているとか、必ずあります。

あとは顔の皮膚を引っ張ってみて浮腫み度合いを確認して下さい。浮腫みはさわっただけよりも皮膚を引っ張った方がわかります。

もう一度、触っておぼえることができる

小顔矯正には自信があるから、小顔矯正に入る前に、もう一度、顔を触っておぼえることしてもらいます。

施術するベットに上向きで寝てもらって、小顔矯正に入りますが、小顔矯正をする前に、もう一度、顔を触っておぼえてもらいます。

先ほどは、ご自分だけで触ってもらいましたが、今度は院長が協力しながら顔を触ってもらいます。

施術する台に上向きに寝てもらって顔を触ってもらいます。先ほどと同じようにして触ります。

ご自分の両手の上から院長が手を重ねます。この時に院長から「こう触って、ここら辺が大きいですねよ」とか言います。

顔の触り方と言うのは、大変、難しく簡単ではありません。

この時も顔の左右差を感じるようにして下さい。

顔の幅、大きさをおぼえたら

自分の顔の大きさをおぼえたら小顔矯正に本格的に入ります。当院の小顔矯正は本当に痛くない小顔矯正ですから安心です。

小顔矯正をする時には初めから顔が小さくなる効果があります。だから、顔を触っておぼえてもらいます。

小顔矯正をする時にはマッサージする見たいにして顔を小さくすることができますがマッサージではありません。

マッサージをして顔が小さくなることはありません。

院長の特殊な小顔矯正ですから、院長だけができる小顔矯正ですからマッサージするみたいにして顔が小さくなることができます。

一番、近いのがマッサージ感覚と言う感じです。

しかしマッサージではありません。顔を揉んでいるような感覚で顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には、小顔矯正をする前と、小顔矯正をしたあとを比べることができます。

比べることができるのが、当院の特徴です。しかも自分で小さくなったのがわかるようにしています。

小顔矯正をする時には、顔をマッサージするようにして顔を小さくすることができます。

顔を小さくしていく為には検査して顔が小さくなる所を確認しながら小顔矯正をしています。

顔の浮腫み、脂肪も減らすことをしないと顔は小さくなりませんが、それだけではありません。

顔の浮腫み、脂肪を減らす事でしたら小顔矯正とは言えません。それではエステと同じです。

小顔矯正ですから顔を小さくしていく事をしないと小顔矯正とは言えません。

当院では小顔矯正をしていく時には検査する事をしていますので、検査してみると顔に炎症やハレがあることがあります。

今まで多くの方が小顔矯正にきましたが、顔の炎症やハレがない方はいませんでした。

この顔の炎症やハレを解消していく事ができれば顔が小さくなります。

多く方にある顔の炎症やハレを矯正することができれば顔が正常に戻すことができます。それほど顔は大きくなっています。

顔の炎症やハレがある部分は骨自体の場合もありますし、皮膚や脂肪の炎症やハレがある方もいます。

それらを確認する為にも検査することが重要になります。

検査できないと異常が見つかりません。

 

 

北九州小顔矯正なら評判の良い痛くない小顔効果がある顔が小さくなるので北九州市から多くの方が来院しているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月10日

カイロプラクティックでも痛くない

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックは効果があって腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みなどを楽にすることができる唯一の治療法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは骨盤矯正、背骨矯正をして歪みやズレを整えて痛みやコリを楽にしていく方法です。

色々な痛みやコリは歪みやズレから起きています。しかし歪みを矯正しなくても楽にすることはできます。このため、痛みやコリのある方がどうしたら良いのかわからなくなっています。

痛みやコリがある方が通う治療院は病院、整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院、整体院、カイロプラクティック院などです。

どの治療も対症療法を多くしています。

治療には対症療法と言う治療と原因をみつけて改善する治療があります。

病気でしたら、病院にいきます。病院は病気の専門家ですから。検査も尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などをして調べてくれます。

もし、どこかの内臓が病気になっていて痛み、ハリになっていれば病名がついて薬の治療などが行われます。

痛み、ハリなどの症状は病気の場合もあります。そのため病気も疑う必要が出てきます。しかしなんでもかんでも病気とは言えない痛みやコリがあります。

いくら病院で検査しても異常が見つかることがなければ病気ではありません。

病気ではなければ、どこに行けば良いかと言う事になります。

どこにいって治療した方が良いのか、整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院、整体院、カイロプラクティック院などでも自分の所が一番、良いと言います。

整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院は保険が効きます。1割か3割の支払いで済みます。

保険が効くか効かないか

それに対して整体院、カイロプラクティック院では保険は効きません。保険が効きませんから料金が高くなります。多くの治療院では2000円から5000円の範囲だと思います。

別に初回金がいる所もあります。会員にならないと治療しない所もあります。それぞれで自由診療ですから違います。

しかし、どんなに高額でも良いとは限りません。高級なマンションにあれば高くなるでしょう。立派な建物にあれば高額になります。

また取得した技術も全員が違います。1年間か2年間カイロプラクティックの学校に行っていたと言う方もいます。どこかの協会に所属している方もいます。

何を学んでいくかで違います。

当院の院長である私は30年以上のカイロプラクティックの経験があります。初めは整体から入ってカイロプラクティックをしてきました。

始めのころは、なんだかわかりもせずに治療をしていました。整体からカイロプラクティックの技術を身に着けていくとボキボキしたりすることもしてきました。その時には他人が良いと言う低周波治療器や電器もしていました。

良いと言う低周波治療器や電器を多く使ってきた時代がありました。それらをしながらマッサージしたり、ボキボキしたり、ボキボキしない骨の矯正をしたり、低周波治療器や電器をしていました。こんな時代が10年くらいありました。

ある時からセミナーに多数、出席するようになりました。今まではセミナーに250回以上出席しました。

福岡、東京、神奈川、仙台、鹿児島などのセミナーに出て勉強してきました。一番、多くのセミナーは東京・神奈川です。

30年以上、立った今でも勉強は欠かさずしています。主にはテクニック面の向上を図ることをしています。

体調を上げるカイロプラクティックの技術

一番、難しいのは体調を上げる事です。体調を上げることは誰でもできません。

病院で点滴しても体調は上がりません。サプリメントでも薬でも体調は上がりません。マッサージしても低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。

体調が良くなると楽になることは違います。

楽にすることはマ