腰痛、腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みを改善していくためには多くの方法があると思いますが代表的には湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることや運動したり体操したりストレッチをしたりする方法もありますしマッサージすることや鍼灸をすることや指圧をしたりすることや整体やカイロプラクティックなどに行ってボキボキしたりすることや強制したりする方法など多くの方法があります。

腰痛、腰の痛み

しかし多くの治療法というのは原因の確認が出来ていませんので原因を見つけ出すことも改善することもできていない方法なのでしばらくするとまた痛くなったりすることもあるということが起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みと切っ掛け

腰痛が起きるきっかけというのは重たい物を持ったりすることや前かがみになって何かをしているときや朝から腰が痛いとか座ってるだけで腰がズキズキするとかくしゃみをしただけで腰が痛くなるとか色々な腰痛のきっかけがありますがこれらはすべてきっかけにしかすぎないので原因ではありません。

腰痛を起こす時にはきっかけと原因の両方が初めて揃った時に痛みを起こしていきますのでどちらかが欠けても痛みになることはありまありありませんが何もきっかけがないのに起きてしまったということもありますので限界までもうひとつの原因が存在している時にはいつ起きても不思議ではない状態になっていると言えます。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛を起こす時には身体全体のバランスが崩れている時に起こりますので体の崩れでお昼時にはどういう現象が起きているのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっている時であり背骨のズレが拡大して起きている時でもありますので体を支えることができないほど歪みやズレが大きくなっている時に気がつかないで何かをしたら腰の痛みになっていきます。

腰痛、腰の痛みとは

体が崩れの程度が少ない時には同じことをしても腰の痛みになることはありません。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは程度と言うか段階がありますので段階が大きくなればなるほど体を支えることができなくなりますので何時を起こしても不思議じゃない状態になってしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレの原因

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因がなくて起きることはありませんので何かの原因があって歪んだり開いたりズレたりすることが起きていますのでその原因になってるものは特別なものではなく毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや体を動かしたりすることで積み重なる生み出されていくものが原因です。

いつのまにか体に溜まっていくことが起きているんですが体に溜まっていけばいくほど自然と体は防衛反応を起こしていき歪みやひらきやズレが大きくなっていきますので限界になっていることが起きていても気がつかないで生活している場合が多くあります。

しかしいつかは限界は来てしまうものですから限界を超えた時にはひどい痛みが起きたり強い痛みになってしまったり改善できないほどの状態になってしまうこともあります。

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが大きくなってしまった時に普段していることをすると体を支えられなくなってしまいますので体を支えなくなることが原因でぎっくり腰起こしたり痛みになってしまってなかなかうまく自力では回復できないぐらいのものになります。

普段、人は骨盤の歪みや骨盤の開きがあっても背骨がズレてしまっていても何も感じていない場合があるんですがどんどん多くなればなるほど歪みやズレも開きも大きくなっていきますので大きくなったものが原因で、いつかは表面上に出てしまって改善できないほどの状態になってしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあっても軽ければまたは中程度ぐらいまでは多くの場合気がつかないで単純なこわばりだろうとか貼っているだろうとかいう感じしか思いません。

しかしそれが徐々に改善できないほど大きくなってしまったのが原因であらゆる症状を起こしていき痛みやコリに発展していく場合が大きくなっています。

2019年12月16日