小顔矯正

当院では多くの方が小顔になりたくて小顔矯正を受けに来られるんですが当院の小顔矯正のやり方はボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので安心して受けてもらうことができる小顔矯正をしています。

小顔矯正なら

小顔矯正をして行く時には顔の変化が分からなければ意味はないと院長も思っていますので小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさを触って覚えてもらうことをしています。
何よりも小顔矯正をしていくわけですから顔が小さくなったのがわからなければ受けた意味もありません。

小顔矯正をするなら

しかし顔を小さくするということは多くの方が考えてもいないことなんですが買おうというのは前側の部分の頭蓋骨のことを言いますので頭蓋骨矯正という意味ではありませんが頭骸骨の顔の部分を変化させて小さくしていくという意味もあります。
小顔矯正をして行く時には頭蓋骨の前側の部分だけを小さくするということは大変難しいことですが何をしたら顔を小さくすることができるのかと言うことを確認しなければいけませんのでそのためにも検査することをして検査結果で判明したものを減らすことをしています。

浮腫み・脂肪を減らすこと

顔というのはむくみや脂肪が多くあってむくみや脂肪から顔が大きくなっている方もいるでしょうけど単純にむくみや脂肪というのは顔を触って押して 確認してみると押すことができるので自分でどれぐらい脂肪やむくみが多くなっているのかという判断になると思いますが簡単な方法で分かるやり方は親指と人差し指をまっすぐ立ててつまむようにして大きく顔の皮膚をつまんでみてください。

鏡でみたり

顔をおぼえる

顔の皮膚をつまんでみてどれぐらい厚みがあるのかで顔の皮膚と筋肉と靭帯と脂肪の厚みがわかると思いますので顔の皮膚や筋肉靭帯を減らすことは出来ませんので皮下脂肪である脂肪がどれぐらいあるのかで変化する度合いが違うからです。

確かに小顔矯正と言うと顔のむくみや脂肪を減らすことでも小さくなると思いますが脂肪やむくみがどれぐらいあるかで減らすことを押していけば小さくなる度合いが違うわけですけど単純に小顔矯正と言ってもそれだけではありません。

顔に多くなってしまった脂肪やむくみが大量にあれば大量にあるものを減らすことで顔が小さくなっていきますが顔のむくみや脂肪が多くなっている時にはある現象が起きています。
ある現象というのは顔の骨も大きくなっているんです。

顔の骨が変化する

顔の骨が大きくなっていて同時に顔のむくみや脂肪が多くなっているという現実がありますので単純に小顔矯正と言ってもむくみや脂肪だけを減らせばいいというわけではありませんので顔の骨がどれぐらい大きくなっているのかで小顔矯正をすることで顔が小さくなる度合いが違ってきます。

顔が大きくなる

顔の骨が大きくなるというのは大変変な話だと思いますが実際に起きている現象ですから顔の骨も小さくしながらむくみや脂肪を減らすことで顔が小さくなっていきます。
小顔矯正をする時には当院のやり方はまずは鏡で自分の顔を覚えてもらうことをしてもらっています。 鏡で見るポイントというのは顔の大きさと目で見たむくみ度合いを覚えてもらいます。

そして鏡で自分の顔の大きさやむくみ度合いを覚えたら今度は手で触って顔の大きさを覚えてもらいますが目で見るよりも手で触るということは簡単な方法ではありませんので簡単に触ってしまった方ほど変化してもわからなかったということがありますのでわからないということがないように調整に入る前にしっかりと自分の顔を触って覚えてもらうことをお勧めしています。

鏡で見たり手で触ったり

鏡で見て顔の大きさを覚えたり手で触って顔の大きさや幅を覚えたり指でつまんで浮腫度合いを覚えたりしてそれから小顔矯正に入っていきますので小顔矯正に入る前に鏡で見たり手で触ったりつまんだりした部分を覚えてもらうことをしてください。

矯正に入る前の顔の大きさを覚えていないと変化したのが分かりませんのでしっかりと触って覚えてもらうことをお勧めしています。

当院では小顔矯正をして行く時には必ず毎回同じことをしてもらいますので鏡で見たり手で触ったりということで覚えるようにして小顔矯正に入っていきますので安心して矯正を受けてください。

そして多くの方が思うことがあるんですが小顔矯正をして顔が小さくなったら維持することができますかとか持続性はありますかと聞かれることが多くあるんですが体の状態から考えて一回受けて顔が小さくなったからといって喜んではいられない状況が体の中にある場合は維持することができない場合や持続性がないことは当然だと思いますのでしばらく小顔矯正を受けるようにしてください。

当院の小顔矯正は単純に顔を小さくするだけではなく身体全体を支えていくことができる小顔矯正をしていますので小顔矯正で顔が小さくなっても安心してはいられないぐらいの体の状況の方が多くいます。

小顔矯正をうけると

顔の浮腫み・脂肪を減らしても

小顔矯正をしている時に顔を小さくするためにはどうしてむくみや脂肪が増えてしまったのかまた顔の骨が大きくなって膨らんでしまったのかという原因がありますので原因がどれぐらい深くまた幅広くあるのかで意味が全然違ってきますので顔にむくみや脂肪が多くなっていたり顔の骨が大きくなるということは身体の状況も大変な状況が起きているということが伺えると思います。

小顔矯正をして行く時には顔だけではなく体の状況も大きく影響をしてしまいますので体から変えていかなければいけないということもありますので小顔矯正で一回目で顔が小さくなったからといって終わりではありません。

小顔矯正をして1回目で変化させることができますので顔が変化するということは身体の全てが色々なものが変わってくる恐れがありますので体調や調子を落としていたりむくみや脂肪が多い方ほど小顔矯正を受けた後にだるくなることもありますので注意しなければいけないことですが患者さん側としてはできるだけ顔を小さくして欲しいと言いますが身体状況から考えればそういう状況じゃないということもあります。

2019年10月02日