腰痛が起きるのは

腰痛や腰の痛みがある方は進行したものが椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になって足のしびれや足の痛みを起こしたりということが起きてしまいますが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と言うのも特別なものではなく誰でも多く起きている現象なんですが椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりすることも対症療法ばかりしていると原因が残ったままになっていますので原因を残したままになっていると進行していくと言うことで痛みがない時でも起きてしまうんです。

腰痛の原因

腰痛と腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときには必ず骨盤の歪みや骨盤の開きから起きているんですが歪みや開きや背骨のズレを解消しなくても楽にする治療があるために骨盤の歪みや骨盤の開きが置き去りになっていたり背骨がずれていてもい関係ないと言う状態の治療法がありますのでその治療法のことを対症療法といいます。

腰痛とは

対症療法とは

対症療法と言うやり方は多くの治療院で行われている治療法の代表的なものなんですが表情を感じている部分に対して何かをすると言う行為が対症療法になりますので対症療法と言うのは例えば痛いところが腰であれば腰に何かをすると言う治療法になります。

対症療法と言うのは例えばですけど痛みがあるところに病院に行って注射を打ってもらうと言うことも対症療法の1つになります。

病院でレントゲンなどをとっても骨折や日々等がなければどこから痛みが起きているのかということがわからないから注射を打って痛み止めをすると言う行為になりますので痛み止めをすれば楽に感じてしまうこともありますが原因が残ったままになっていると言うことで対症療法の1つです。

対症療法と痛みやコリ

またマッサージをすることでも筋肉を中心にマッサージと言うのは、行っていますのでマッサージすれば腰の痛みや腰痛を楽にすることもできますがマッサージと言うのは筋肉に対してしかほぐす事をしていませんので、筋肉だけでは起きている腰痛と言うのは、あまり存在していませんので原因が残ったままになっていますのでマッサージで筋肉ばかり中心に揉みほぐしたりすることをしていると楽になる可能性はあるんですが原因が残ったままになっています。

対症療法と低周波治療器や電器

腰の痛みや腰痛と言うと低周波治療器や電気などをかけて楽にする治療と言うのもありますが低周波治療器と言うのは運動療法の1つですからプラスからマイナスで電気を流すと言うことをしていると筋肉が動いて揉んでいるような状態になってしまいますので筋肉疲労を多くしてしまうということがありますから筋肉疲労が多くなってしまえば麻痺した状態を起こしていくということが楽になったと言うことになりますので本当の治療をしているわけではなく対症療法的なものの最高レベルが低周波治療器を当てると言う感じになります。

痛みがあるところに低周波治療器の端子を当ててタイマーをセットして強さを決めて15分ぐらい当てているだけですから簡単で1番、良い方法ですけど当院でも昔は低周波治療器の治療をしていましたので研究する、機会を得て低周波治療器が何をしているのかということがよくわかりましたのでそれからは低周波治療器を用いたりする事はしていません。

腰痛や腰の痛みは

腰痛や腰の痛みと言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きているときに骨盤が不安定状態になっていますので、骨盤が不安定状態のある時に気がつかないで重たいものを持ったり中腰をしたり同じ姿勢を続けたり前かがみになったりくしゃみをしただけでも、腰痛や腰の痛みが起きてしまうということがあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがないときには同じことをしても痛くなる事はありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うことがありますので、軽い時もあれば、ひどい時もありますので、大きく歪みや開きが、起きたときに何かをしたときに痛みになります。

低周波治療器を当てて楽にする治療というか電気を当てることほど簡単なことは、ありませんが対症療法ばかりしていると、原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きて骨盤の歪みや骨盤の開きがあっても癒着や固着状態が起きたり固まった状態を起こすこともあります。

腰痛の原因は歪みやズレから
2019年04月20日