骨盤矯正で小尻に

初回から骨盤が小さくなることで人気のある骨盤の矯正をしていますが今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていきましたが全員の方が骨盤が小さくなっていますので骨盤矯正を受けてもらうときには安心して受けてもらうことができますが骨盤矯正をしていくときには骨盤が小さくなったのがわかるようにしています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正なんですが多くの方は何も考えていないで予約されていますので骨盤を小さくするとはどういうことなのかということをしっかり考えて受けるようにしてください。

骨盤矯正をしていくときには単純に骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正しても小さくなる可能性もあるんですが単純にそれだけではないんです。

骨盤矯正をしていくときには多くの方が骨盤矯正をすれば良いと言う感じで来られますが骨盤がどうして歪んでいるのか骨盤がどうして開いているのかということも考えなければいけませんので何も原因がなくて骨盤が歪んだり開いたりする事はありません。

骨盤を小さくしていく

骨盤を小さくしていくと言うのはどういうことなのかということを説明していきたいと思いますが骨盤と言うのは横幅を変えることですから後山家から見た幅を変えていくのが骨盤矯正ですから単純に骨盤の歪みや開きを矯正すればいいと言うわけではなくそれだけでは少ししか小さくなることができませんので骨盤矯正をして周辺にあるむくみや脂肪を減らす事はもちろんです。

骨盤を小さくする

骨盤のむくみや脂肪

骨盤周辺には多くのむくみや脂肪があることがありますが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることからむくみが脂肪が増えていくと言うことで代謝が悪くなってしまうと増える現象なんです。

しかし単純にそれだけではなく骨盤が、どうして歪んだり開いたりするのかということが問題があると言う事なんですが、骨盤が歪んだり、開いたりするのは、どこから起きるのかどうして起きるのかということも考えなければいけませんので当院では正確な検査をすることをしています。

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正をしていくときには

骨盤矯正をしていくときには骨盤矯正に入る前に自分で手で触って骨盤の幅を覚えてもらうようにしていますので当院では院内のスタッフがメジャーや計測する道具を用いて骨盤を図ったりする事はありませんので自分の体だけで感じるようにしてもらいますが簡単ではありません。

自分の骨盤を触ると言うことも大変難しいことですから当院で骨盤矯正を希望されて訪れた方の多くは骨盤の幅を触ることができていません。
骨盤の幅などに違うところを触っていることが多くありますので骨盤の幅と言うのは真横です。

骨盤の幅を変えると言うのは骨盤の真横を触って覚えなければいけませんので自分でもしっかりと骨盤の真横を今でも触ってみてください。
骨盤の真横には股関節があると思いますので股関節を少し押してみると骨を触ることができますので出っ張った骨があれば股関節になります。

骨盤矯正をする時に

そして骨盤の部分の真横をつまんでみると大きくつまんでみるとわかるんですが皮膚と光脂肪と筋肉と人体と浮腫が自分の体でもわかりますので骨盤を親指と他の4本の指と分けてつまむようにして引っ張ってみてください。

この部分がどれだけ分厚いのかで減る関係が違いますので筋肉や靭帯を減らすことができませんし皮膚は最低限なければいけないものですけど減らすことができるのはむくみや脂肪だけですから。

骨盤矯正をするには

骨盤矯正をするときには疲れやストレスの蓄積というのが深く関係していますのでどちらかと言うと1番に関係するのが疲れやストレスなんです。

疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど体はむくみを起こしたり脂肪を多くしてしまいますのでその上にさらに骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていくということが起きてしまいますが単純にそれだけではなく骨盤の中にある内臓も深く関係します。

骨盤矯正をしていくときには骨盤の中にある内臓が深く関係していますので便秘だったり生理痛や生理不順が関係すると言うことですから骨盤の中にある内臓は大腸と小腸と膀胱と子宮と卵巣が主になります。

つまり便秘の方は朝に便が多く溜まっていると大丈も大きく膨らんで横に膨らんでいきますのでそれだけでも骨盤が横に広がっていくと言うことが起きています。

骨盤矯正で小尻にする為には
2019年07月01日