生理痛を解消するなら

生理が来ると生理痛が起きでいろいろな症状が起きると言うことが、生理痛なんですが生理痛が起きてしまうと薬ばかり飲んでしまっていることが、多くありますので薬を飲む事は構わないんですが、原因を見つけ出して変えていくことを考えなければいつまでたっても薬を飲んでしまうということが起きてしまいます。

生理痛の

生理痛とは

多くの方が生理になると生理痛が起きたり下腹部の張りやだるさや痛みが起きたり腰痛が起きたり肩こりが起きたり吐き気がしたり体がだるくなったりといろいろな状態を起こしてしまっているので、寝込むような状態になっている方も多くいますが、すべては原因が存在しますので原因から改善していかなければ薬を飲んでも1時、抑えにしかなりませんのでその時には楽になる可能性もあるんですがまた次の生理のときには同じことを繰り返してしまいます。
生理痛と言うのは病気と言うわけではありませんので病院でいくら検査をしてもホルモンのバランスが悪いから薬を飲んだ方がいいとか言う感じの治療法しか存在していませんので原因を見つけ出すためにも検査することをしています。

生理痛とは

生理痛と検査

検査するというのは普通一般的には病気の検査しかありませんが当院の検査は生理に関係する部分の検査をしていきますのでまずは体調ですね。

体調と言うのは良い時と悪い時がありますので、体調が落ちたときには生理がひどくなって体調が少し良いときには、生理痛は軽く感じています。

もちろん生理痛が、いつもひどいと言う方もいますが原因が存在していますので生理痛を改善していくためには体調と体質が深く関係しています。

まずは体質を変えるのが、先ではなくて体調から上げて体を整えていくことをしなければいけませんので疲れやストレスが、多く溜まっていくと体調が落ちていきますので疲れやストレスを溜まった所から減らすことをしていかなければいけません。

生理痛と疲れやストレス

疲れやストレスが溜まれば溜まるほど、弱い部分にたまる傾向がありますので、弱い部分にたまっていくと生理になったときに、生理痛を起こしていきます。

疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分と言うのは体質的に弱い部分を指しますので、体質的に弱い部分のあるところに疲れやストレスが多く溜まっていくと体調レベルで弱くなっていきます。

生理痛と疲れやストレス

体質レベルと言うのは、細胞から弱いと言うことを指しますので弱くなった細胞はそんなに簡単に変えられることができませんが、まずは体調を上げていくことが優先になりますので体調上げていくためにも検査することをしています。

体調を上げていくためには

体調を上げていくと言う事は疲れやストレスが溜まったところを確認しなければいけませんしただまんもんでもマッサージしてもボキボキしても疲れやストレスが減る事はありません。

生理痛がある方は弱い部分に溜まる傾向が、ある疲れやストレスなんですが疲れやストレスと言うのも弱い部分に溜まりながら、何かの問題を起こしていきますので、弱い部分と言うのは生理の場合は、子宮や卵巣になりますしまたはホルモンになりますし単純にそれだけでは済まなくなって全身に疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスの多くは、内臓に溜まっていきますので筋肉にも溜まっていくことをもありますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜め込むのが内臓です。

疲れやストレスと言うのはどうかと構わずに溜まっていきますので弱い部分には何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまいます。

生理痛を直す
2019年04月20日