小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしているときにはどうやって顔を小さくすることができるのかというのは2つの条件があります。

小顔矯正とは

2つの条件とは

小顔矯正をしていくときの2つの条件と言うのはある事を減らしていくと顔が小さくなるということがわかっているからですが、あることを減らしていくと言う事は簡単な方法ではありませんが多くの方が当院の院長の小顔矯正を見ているとまた受けている方も男ですが簡単そうに見えるために簡単だと思われてしまっているのが悔しいところなんですが努力をした成果でつかんだ技術ですからその技術を使いながら顔を小さくすることができると言う小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていくときには、単純に顔を小さくすればいいと言うわけではなく、顔と言うのは頭蓋骨の1部ですから頭蓋骨矯正と言う意味ではありませんが頭蓋骨の前側の部分が、顔と言う意味になりますので頭蓋骨の前側を小さくしていくということが小顔矯正です。

顔が大きくなる

顔を小さくするためにはどうやったら顔が小さくなるのかとか顔を小さくするためには何をするのかということを考えなければいけませんのでそのためにも検査することをしています。
検査をしてみると多くの方が顔が大きく肥大していると言うことがわかっています。
顔が肥大して大きくなっている

今、現在の顔の大きさが正常ではないということがわかっているんですが全員の方が顔が大きくなっていますので今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが、全員の方が顔が大きくなっていましたので正常に戻していくことで顔が小さくなっていくと言う小顔矯正ができます。

顔には

顔と言うのは何があるのかと説明すると表面の外側から言うと皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があってむくみがあって顔の骨しかありません。

今でも顔を触ってみるとわかってると思いますが親指と人差し指で顔をつまんでみてください。
顔をつまんでみてつまんだ部分に入っているのは皮膚と光脂肪と筋肉と人体と浮腫だけです。

今摘んだ部分の厚みが、どれぐらいあるのかということがありますので、筋肉や靭帯を減らすことができませんし皮膚を減らすことができませんので、あと残っているのは脂肪と浮腫みだけです。

親指と人差し指で顔を大きくつまんでみると、つまんだ厚みの部分が皮膚と皮下脂肪と筋肉と人体と粘膜です。

この中で減らすことができるのは脂肪と浮腫みだけなんです。
つまんだ部分で減らすことができるのはむくみと脂肪だけですからむくみや脂肪がどれぐらいあるのかで顔が小さくなるのが決まってきます。

疲れやストレスと小顔矯正

しかし小顔矯正をするときには脂肪やむくみだけを減らせばいいというものではありませんので脂肪やむくみを減らしても少ししか顔は小さくなってくれません。

顔の骨を小さくすることができれば

 

さらに摘んだ部分の奥にある骨を感じる部分が顔の骨ですから骨を減らすことをすれば顔がさらに小さくなっていきますが顔の骨を減らすことができるのかという問題があります。
顔の骨を減らすことができるのは外科的手術でしか可能ではありませんので骨を削るような事はしていません。

しかし多くの方の顔が

多くの方の顔が大きくなってるとしたら骨も大きくなっていると言うことを指しますので骨が大きくなっているんであれば骨を小さくすることが可能だと言うことなんです。
顔の骨が大きく膨らんでいると言う事ですからふくらんだ部分を解消していけば顔が小さくなると言う小顔矯正ができます。

そのためには顔の骨を小さくすると言うよりも正常に戻すことができるのが当院の小顔矯正ですから特に多くの方は顎の部分は大きく膨らんで肥大していますのでそれを多く矯正することで徐々に元に戻していくと言うことができると言う小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなるのは顔が大きくなっているのを正常に戻すことをしていくからです。

顔が大きい
2019年06月19日