小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときには顔を無理矢理、押さえつけたりすることもなく痛いと言うこともない小顔矯正をしていますし電気や機械を使ったりすることもなく顔を小さくすることができる小顔矯正をしています。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

顔を小さくしていくためには何をしたら顔が小さくなるのかどうすれば顔を小さくすることができるのかということを確認しながら矯正をしていきますので当院の小顔矯正は全員の方が実感できるようにしているのが特徴ですから小顔矯正に入る前に確認しながら矯正をしていき小さくなったのがわかるようにしています。

小顔矯正をしていくときには自分でわかるようにしていると言いましたがどうやってわかるのかと言う説明をしていきたいと思います。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正に入る前に

小顔矯正に入る前にまずは鏡で見て自分の顔を覚えてもらうことをしますので覚えてもらうことと言うのは顔の大きさと左右差が中心になります。

特に顔見るときにはおぼろげに見てもわかる事はありませんのでしっかりと意識をしながら見るということが1番大切になりますので意識をしながら顔の形を覚えるようにしてみてください。

そしてさらに顔の形だけではなく顔と言うのは左右差がありますので左右差を感じようとして目で見て確認してください

顔を鏡でみる

顔の左右差

顔の左右差と言うのは全員の方が顔の左右が違いますのでわからないと言うことがないようにして欲しいために左右差を意識してもらうことを中心にしていきます。

例えばですけど端を中心として顔の右半分が大きくて左側は頬骨のあたりだけが出っ張っていると言う感じだと思いますので左右が逆転してしまっている方もいますが多くの場合顔の右側の方が大きくて、左側は頬骨の部分が出っ張っていると言う感じだと思います。

当院の院長は30年間小顔矯正を研究して実際に矯正をしてきましたので本当に顔が小さくなると言う小顔矯正をしていますが、では、どうやって顔を小さくするのかということを確認するためにもまずは、もう一度、小顔矯正に入る前にベッドの上に上向きで寝てもらって院長とともに顔をもう一度、触って貰います。

本当に小顔になるから

どうして3回も障ることをしたり見る事をするのかと言うと、本当に変わるからです。

当院では院内のスタッフがメジャーや計測をする道具で測ったりする事はしていませんので自分の力だけで感じてもらうことをしていますが、簡単だと思って触った方ほどわからなかったと言うこともありますのでどんなに小さくなるかと言うのをやってみなければわかりませんので、たとえ1センチ変わってもしっかりとわかるように触っておいて欲しいんです。

小顔矯正の触り方

小顔矯正と言うのは10センチ、20センチも顔が小さくなる事はありませんので1センチだったり2センチだったりと言う感じだと思いますのでたとえ1センチ変わってもしっかり触っておくと小さくなったのがわかります。

顔の大きさ

1番、簡単なのが鏡で目で見て確認する方法なんですが意識をしないと覚えておくことができませんのでしっかりと意識を引いたから鏡で見てください

そしてさらに手で触ると言うことも大変重要なことになりますので手で触って小さくなったのがわかれば小顔矯正をした後の笑顔が違いますのでしっかりと覚えておいてください。
手で触ると言う事は大変難しいことですから意識をしっかり持たないとわかりませんので意識を持ちやすいように左右差を比べてもらうことをしているわけです。

また左右差だけではなく顔のむくみ度合いと言うのも違うと思いますので顔のむくみの度合いを確認してみる方法も1番だと思いますので顔のむくみの度合いと言うのは右側半分と左側を比べてみて柔らかい方がよりむくんでいたり脂肪があると言うことです。

疲れやストレスと顔を小さくする
2019年04月17日