腰痛とは

北九州市小倉北区からも多くの方が骨盤の歪みやズレを整える為に来ています。

腰痛を改善して楽にしていくためには表面上の痛みを楽にすることをしていきますが楽にすればいいかと言うと、そう言うものではありませんので楽になったら原因を見つけ出していかなければいけません。

腰痛とは

腰痛と言うのは起きる原因があるから起きているわけですけど起きる原因をまずは改善するよりも見つけ出すよりも表面上の痛みを楽にすることから始めていかなければいけないと言うことなんです。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの方が重たいものを持ったりしたら腰が痛くなったとか座って仕事をしていて立とうとした瞬間に腰が痛くて体を飲ませない位腰が痛いとか車の運転をしていると腰が痛くなるとか前かがみで何かの仕事をしているときに腰が辛いとかいろいろな腰痛を言われると思うんです。
いちど腰痛を起こしてしまうと数年に一塊繰り返すとか1年に一塊繰り返すとか慢性化状態になってしまうと長期にわたり痛みがあると言う方もいますので痛みの原因を探っていかなければいけませんから単純に対症療法をすればいいと言うわけではないと言うことなんです。

腰のいたみとは

対症療法とは

対症療法と言うのは普通一般的に多くの治療院で行われている治療法の1つです。

対症療法と言う治療法は病院に行って痛み止めの注射を売ったりすることも対症療法の1つですしヒップを貼ったりすることも対症療法になりますし家族の方に揉んでもらったりすることも対症療法の1つですし専門家の先生に、マッサージをしてもらうことも対症療法になりますしはりやお灸をしたり指圧をしたりすることも対症療法の1つですし低周波治療器や電気などをかけたりすることも対症療法の1つになります。

低周波治療器や電器

そして整体院やカイロプラクティック院で行われている骨盤矯正や背骨の矯正と言うのもそれだけでは対症療法のほうに入ってしまいます。

対症療法

対症療法と言うのは表面上の痛みだけを楽にすることに特化して治療している方法なんですが痛みを改善する力はあるんですが原因を見つけ出すことができないと思っています。
腰痛や腰の痛みになってしまった方は、表面上の痛みだけを楽にすることを治ったとか専門家の先生も直したと言うでしょうが実は表面上の痛みだけを楽にしても原因が残ったままになっています。

腰痛の原因とは

原因が残ったままになっていると原因も痛みがない時に進行していくと言うことが起きてしまいますので厄介な状況になったりすることもありますし、一気に椎間板ヘルニアになったり、坐骨神経痛に進行していくと言うことで足の痛みや足のしびれが起きたり足が麻痺したりと言うことが起きたり、脊椎間狭窄症と言う症状になったりする可能性もありますし靭帯や筋肉が硬くなると言う現象も起きてしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きの原因がありますのでどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかということを見つけ出さなければ、単純に何も原因がなくて歪んだり開いたりズレたりする事はありません。

腰痛とは

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレ

腰痛と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きて骨盤が不安定になって暇良い体を支えることができないことから起きている現象ですから体調というのがすごく悪く痛みだけを感じているだけではなく体調が悪いと言うことが痛みの原因になります。
しかし体調と言うのは自分で管理していない限りはわかりませんので痛みの強いところだけが痛いと言うことで症状を訴える方が多くいます。

実際に痛みが起きたり凝りが起きるときには強い時と弱い時があると思いますが強い時と言うのは体調が落ちて悪くなっている時であり体調と言うのは疲れやストレスが多く溜まった段階で落ちている状態のことをいいます。

歪みやズレから腰痛になる

体調と痛み

体調が落ちれば落ちるほど落とすことができますので落とした方ほど歪みやズレや開きになっていくということが起きてしまうんですが何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりする事はありませんので何かが起きているということを考えなければいけないと言うことなんです。

体調と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで疲れやストレスを多く生み出されて生み出した疲れやストレスが体に溜まっていくのが原因です。

北九州地区で腰痛の解消は歪みやズレから起きています。

腰痛を解消する
2019年04月17日