骨盤矯正で小尻に

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をしていくときに何をどうすれば骨盤が小さくなるのかということを考えながら骨盤矯正をしていますが初回から多くの方の場合、骨盤が小さくなっていくと言うことで評判の良い骨盤矯正です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいと言うわけではありませんのでその他にもいろいろな部分の調整をしていかなければ骨盤が小さくなっていく事はありませんが元は骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することで本当に骨盤が小さくなっていきます。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあると言う事はありましたが単純にそれだけで済んでしまうくらい簡単な骨盤矯正はありません。

骨盤矯正で矯正する

骨盤を小さくしていく

骨盤を小さくしていくためには自分で言葉が小さくなったのがわからなければ意味はありませんので当院では必ず自分で骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますので院内のスタッフがメジャーや計測する道具を用いて骨盤を図ったりすることはしていません。
そのため骨盤矯正をしていくときに自分の骨盤を触って覚えてもらうことを2度ほど練習をします。

1つ目は自分で骨盤の幅を触って覚えること。
もう一つは院長とともに骨盤の幅を触って覚えること。

2度ほど練習するのは、本当に骨盤の幅が変わるからなんですが、小さくなってもわからなければ意味はありませんし比べることができないと小さくなったのがわかりません。

骨盤矯正をしていくために骨盤の幅を触って覚えると言う事は1番の中心ですが、多くの方は、ただ小尻なりたいと言うだけで来ていますので骨盤の矯正をするときの意味がよくわかっていなくて受けている方が多くいますから骨盤の幅と言うのは後から見たり前から見たりした横幅を変えることです。

骨盤矯正と言うのは骨盤の横幅を変える事ですから自分でも骨盤の横幅を両方の手のひらで片側ずつ当てて触ってみるとわかると思いますが横幅を触ってみると多くの方は骨盤の幅を触っていないことが多くあります。
骨盤の幅と言うのは股関節の部分になりますので本当に骨盤の真横を触ることをするんです。

小尻になる骨盤矯正

普通一般的には骨盤と言うのはどこなのかということもわかっていないのに骨盤矯正をしたいと思ってきている方も多くいますのでしっかりと説明することをしていますので骨盤の幅と言うのは両横の幅を変えることになります。

骨盤の歪みや骨盤の開き

多くの場合、骨盤の歪みや骨盤の開きがあると脂肪やむくみが多くなっていき、足が太くなっていくと言うことがありますので、骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正しても太くなった足は戻る事はありませんので、太くなった部分は脂肪やむくみを多く溜めてしまっていると言うでも全体的に脂肪が多くなっているから足が太くなっています。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きも原因がなくて起きる事はありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまう原因と言うのは毎日毎日の疲れやストレスが体に溜まっていくのが原因なんですが疲れやストレスと言うのは生活していても何をしても疲れやストレスが多くなるばかりですし仕事をすることでも多くなっていきますし洗濯したり掃除をしたり料理を作ったりすることでも多くなっていくのが疲れやストレスなんです。
疲れやストレスが溜まると

疲れやストレスと骨盤矯正

疲れやストレスが多くたまれば溜まっていくほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていくと足が太くなり骨盤周辺と足周辺にむくみや脂肪が多くなっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりするのは疲れやストレスが溜まっていることが原因ですが疲れやストレスも溜まるところがあるから溜まっていくわけですけど体のどこにたまるのかということも考えなければいけません。
疲れやストレスと言うのは筋肉にもたまりながらさらにその奥にたまっていきますので奥にたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきます。

疲れやストレスと骨盤矯正とは
2019年04月15日