腰痛の原因

北九州市小倉北区からも多くの方が来院しています。

腰痛を解消しようと思うなら筋肉や靭帯の炎症を抑えることから始めていきますが筋肉や靭帯の炎症だけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きがありますが骨盤の歪みや骨盤の開きを解消しなくても楽にする治療法があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

楽にする治療法と言うのは対症療法と言う治療法なんですが湿布を貼っても楽に感じてしまうこともありますし家族の方に腰を揉んでもらっても楽に感じてしまうこともありますし専門家の先生にマッサージをしてもらったりすることも買って腰痛を楽にすることができる可能性もありますし低周波治療器や電気などをかけても腰痛をできる可能性もありますが表面上を楽にしても原因が残ったままになっています。

腰痛とは筋肉や靭帯の炎症や腫れ

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレ
歪みや開きやズレを起こした原因
主には光が関係しますので表面上の痛みだけを楽にすることは可能なんですが原因を残したままになっていると癒着したり固まったり脊椎間狭窄状態になったりと言うことで長い間放置しておいて良いものではないので進行していくとことが起きてしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きとは

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのは筋肉や靭帯を伸ばされたり緩んだり緊張したりと言うことが長く続いてしまうと固まってしまうことが多くありますので筋肉や靭帯が固まってしまうと固定関節ではないために動かなければいけないか右折が動きにくくなっていくということで筋肉や靭帯も固まってしまうことがあります。

肩こりなども同じことなんですが筋肉や靭帯も固まってしまうということが起きてしまいますので腰痛や腰の痛みのある方も筋肉や靭帯が軋轢が長時間音慢性化してしまうと大変なことになっていき固定化したものは固まってしまいますので動かなくなると言うことで歪みやズレではなく拘縮状態に陥っている方もいます。

腰の痛みは

筋肉や靭帯も長時間引っ張られたままだと、そのままになってしまうことです。
筋肉や靭帯を長時間緩んだままになっていると力がなくなっていき緩んだままになっていくと言うことです。

腰痛や腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みが起きるのはしっかりとした原因が存在していますので原因から改善していかないといつまでたっても同じことを繰り返してしまいますので、腰痛と言うのはしっかりとした原因がありますのでまずは対症療法で表面上の痛みを楽にすることをしていますが当院では矯正が、目的ですから筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善したら骨盤の歪みや骨盤の開きを改善して背骨の部分の歪みやズレを改善できるようにしていますし椎間板ヘルニアを見つけ出して、解消していくこともやっています。
椎間板ヘルニアと言うのも特別なものではなく誰でも多くの方で起きている現象なんですがしっかりとした起きる原因があるから骨盤が歪んでおり言葉が開いたりそして背骨がずれたりしています。
骨盤が不安定状態になっていると君は何も感じませんが体を支えることができない姿勢をしたときに骨盤の部分には、すごい重圧がかかりますので重圧がかかることが原因で一気に腰の痛みとして感じます。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因と言うのは特別なことではなく毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやストレッチをすることで多く積み重なっていくものが原因ですから積み重なっていくものは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰の部分であれば腰痛を起こしていくと言う状態になってしまいます。
弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まっていきますから弱い部分と言うのはどこなのかということも考えなければいけませんし疲れやストレスというのが全体に蓄積していきながらさらに弱い部分に何十倍も多くの疲れやストレスを溜めていきます。

腰痛の原因

疲れやストレスと言うのは

疲れやストレスと言うのは誰でもあることですから誰でも骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていて背骨がずれていると言うことがあるんですが軽いうちは何も感じ取ることができませんのでひどくなると一気に体を支えることができない姿勢をしたときに腰の痛みや腰痛として感じてしまうと言うことです。
疲れやストレスと言うのを減らすことができるのは唯一寝ている間の熟睡状態の時だけです。

熟睡と言うのは夜寝ようとするときになかなか眠れなくて1時間も2時間も3時間も眠れないとか夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症の特徴の1つです。
不眠症と言うのは目が覚めるのが特徴なんですが睡眠負債と言うのは目が覚めることがないけど熟睡ができていない朝、居眠りしかしてない状態ですかられていると勘違いしている方が多くなっています。

女性で言えば朝から顔がパンパンになってむくんでいると言う事は出ていないからです。
これと同じ現象で起きているのが熟睡ができていないつまり熟睡と言うのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので大脳が休養とっていない限りは寝ているとは言えません。

こんな状態では疲れやストレスが減ることもなく増えるばかりですからいつかはどこかが痛くなると言う状況になってしまいます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどと睡眠
2019年04月12日