肩こりを解消して楽に

肩こりを解消していくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますが筋肉のコリと言うのはどういう意味があるのかと説明すると筋肉のコリと言うのは筋肉の緊張だったり筋肉の疲労だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言いますが筋肉が一時的に硬くなることと永久に老化した筋肉になってしまうと言うこともありますので二通りの筋肉の硬さが存在すると言う事ですからここでは一時的に硬くなってしまう肩こりのことをいいます。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージが強いために筋肉のコリばかり解して筋肉をマッサージしたり筋肉を揉んだり家族の方に叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり、針を打ったり病院に行って注射を打ったり、指圧をしたり低周波治療器は電気などをしたり代表的な湿布を貼ったりと言うことが多く見受けられますがこれらの治療法は、原因を見つけ出すこともなく凝りがある部分に対して何かをしていますので対象療法という治療法になります。

対症療法と言う方法は検査することもなく確認をすることもなく症状のある部分に対して何かの治療をする事なんですが肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージがどうしても付きまとってしまいますので筋肉のコリを解消するために対症療法を用いることが多くあり原因が置き去りになっています。

肩こりの原因

肩こりを起こすときには肩こりの原因が存在するから肩こりとして起きているわけですからどうしてどこから起きるのかなぜ起きるのかということを考えないといつまでたっても表面上の対症療法の治療ばかり原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまいます。
肩こりと言うのはいつも変化していますのでひどく肩こりを感じてしまったり今日は調子がいいとかいろいろな肩こりがありますがどれもこれも原因がしっかりと残ったままになっていますので原因から見つけ出すことをしなければ表面上の対症療法ばかりして安心してはいられません。

疲れやストレスから肩こりになる

肩こりがどうして起きるのか

肩こりがどうして起きるのかというのを説明すると日常的にあることが積み重なったことで起きているのが肩こりですから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなっていくものが積み重なったもので肩こりとして起きていきます。
多くなっていくものというのは何をしても多くなっていきますし何もしなくても多くなっていくものが体に蓄積していきあることが起きていきます。
あることと言うのは歪みやズレです。

歪みやズレ

肩こりが起きるときには筋肉のコリだけで起きている事はありませんので体に多くの歪みやズレが生じているんですが何も原因がなくて歪んだりずれたりすることもありませんし姿勢が悪くても猫背でも歪みやズレが起きる事はありません。
歪みやズレが起きると筋肉と言うのは骨から骨にくっついているものですから筋肉がずれて動くことが原因で筋肉は引っ張られたり緩んだりするとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりになっていきます。

歪みやズレから肩こりになる

歪みやズレの原因

歪みやズレと言うのも特別なものではなく日常的に起きている事なんですが日常的に多くなるものと言うのは疲れやストレスです。
疲れやストレスが多く蓄積すればするほど体は歪みやズレを起こしていきますので歪みやズレを起こすと筋肉が引っ張られて一時的に硬くなったり緊張したりと言うことで肩こりを起こしていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと言うのは誰でもあるものですから多少なりとも全員の方が歪みやズレがありますが歪みやズレも軽いのからひどいのからいろいろな歪みやズレがありますので歪みやズレの問題と言うのは疲れやストレスの溜まり度合いで違います。
体と言うのは日常的にいろいろな物事で体動かしていると多くの疲れやストレスが積み重なっていきますし動かさなくても家でごろごろダラダラしていても家でゆっくりしていても疲れやストレスが多く積み重なっていきます。

唯一疲れやストレスが減ることができるのは寝ている間だけなんですが最近は多くの方が不眠症や睡眠負債状態になっていますので熟睡が取れていませんので疲れやストレスは蓄積するばかりですので減る事はありません。

不眠症と言うのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れないことが不眠症ですけど睡眠負債と言うのは目が覚めることがないのが特徴ですけど不眠症とは違い目が覚めてしまうと言うよりも睡眠負債と言うのは目が覚めることがないけど眠りが1番浅い睡眠しかしていないと言う状態です。

眠りと肩こり
2019年04月12日