腰痛を解消するなら

腰痛を改善していこうと思うなら腰痛の原因になっているものから見つけ出さなければいけませんが多くの治療と言うのは対症療法の治療になっていますので原因を見つけ出すこともなく痛みを感じているところに対して何かをする対症療法の治療が多く見受けられます。

腰痛とは

腰痛と言うと多くの治療法の中でも湿布を貼ったりしても楽になることもありますしドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んでも楽になることもありますし家族の方に揉んでもらっても専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし低周波治療器や電気などをかけても楽に感じてしまうため楽にすることばかり注目してしまっています。

腰痛と言うのは腰痛を起こす原因があるから痛みになっているわけですから痛みになっている原因から改善して直していかないと原因を残したままになって表面上の痛みだけを楽にしてしまっています。

低周波治療器や電器と腰痛

痛みが起きる原因

腰痛や腰の痛みが起きるときには重たいものを持ったりして痛くなったとか前かがみになって何かを取ろうとした時に腰が痛くなったとか立ちっぱなしでしばらく経っているだけで腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか車の運転で長時間座っていると徐々に腰が痛くなってくるとか座って仕事をして立とうとした時に腰が痛くて立てなかったとか合わない布団に寝ていると腰が痛いとかいろいろな条件のことを言われますがこれらは全てきっかけです。

きっかけと原因の両方が重なった状態で痛みが起きますので片側だけでは起きる事はありませんので骨盤の歪みいや骨盤の開きが大きくなっても痛みになる事はなく何も感じていない場合がありますが骨盤の歪みや骨盤の開きも大きくなったり軽くなったり小さくなったりしています。

骨盤の歪み・背骨のズレから痛みに

いつも変化しているのが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレなんですが歪みや開きやズレがあっても少し凝っていると言う状況しか感じる取ることができませんので歪みや開きやズレと言う上程度があると言う事ですから軽度が大きくなったときに重たいものを持ったりして体を支えることができないでバランスを崩したときに痛みになります。

腰が痛くなる

悪化させたものが椎間板ヘルニアであり坐骨神経痛と言う状態で感じてしまいますので慢性化したり長期に悪くなった状態が重なると一気に椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になって足のしびれ足の痛みが起きてびんびん足が痛いとか歩けない状況が起きていきます。
腰痛が起きているときには表面上の痛みだけを楽にすることが普通一般的に行われている治療ですが原因を残したままになっていると骨盤の歪みや骨盤の開きもいつまでも同じままではいられませんのでサビ付くような状態で固着、癒着などが起きてしまいます。

骨盤の歪み・背骨のズレが慢性化すると

骨盤の歪みや骨盤の開きが慢性化状態で長く続いてしまうと時間に関係なく起きてしまうのが脊椎間狭窄症と言う症状になってしまい神経の圧迫がいつまでも起きてしまって腰が痛いとか足がしびれたり痛みになったり麻痺した状態になって歩けなくなってくることもあります。

疲れやストレスから歪みやズレに

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのも特別なものではありませんので誰でもいつでも起きている現象なんですが疲れやストレスが溜まってくると徐々に大きく歪んだり開いたりずれたりしていきますので日常生活的に大きく起きていますからいつでも誰でも起きる可能性があると言う事なんですが疲れやストレスが弱い部分に溜まる傾向があります。

疲れやストレスと腰痛

疲れやストレスと言うのは誰でも多くたまっているものですから多少なりとも歪みやズレや開きがあると言う事ですから完全に骨盤や背骨がズレや歪みがないと言う方は逆にいません。

腰痛が起きるときには疲れやストレスの蓄積だけではなく最近多くの方が出ているようで眠れていない現象で痛みになっている場合がありますので眠りが浅いと言う事は大脳が急激に終わっていきますので保持することや維持することができないと言うことでたったら崩れていくと言う骨盤の方もいます。

疲れやストレスと腰痛とは
2019年04月08日