ダイエット、痩せる為には

ダイエットをして痩せようと思うなら基本的なことから考えていかないとどんなにいいダイエットをしてもテレビで特集をしているようなダイエットをしても効果がなかったりするのは基本的なことができていない関係です。

ダイエット、痩せる為には

ダイエットをして痩せるためには体を整えていくということを言いましたが体を整えていくということはどういうことなのかということを考えなければいけませんが体を整えていくということは検査することでわかることがあります。

今まで多くの方の体を細くすることをしてきましたが体重計ばかり気にして痩せようとしても効果が上がりにくいのが実情ですからまずは何と言っても、他人から見て、また家族の方から見て、また友人の方から見て『痩せたね』と言われる体を作っていきます。

痩せる為には

そのためには一回で整うことはありませんので数回から数十回以上の矯正が必要になりますが状況に合わせて対処していますので一回目から少しずつ体が細くむくみや希望が解消されていきます。

体というのは皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨がありますのでむくみや脂肪というのは皮下脂肪の部分に多くあったりそれ以外の部分に多くあるのがむくみですからむくみが脂肪を減らすことをしていくためには表面層から変えていくことをしていますが肋骨の中の部分の状況も体を細くするためには関係することがありますので肋骨の内側の部分も施術をして強制することをしていくと徐々に細くなっていくということがあります。
ダイエットして痩せようと思うなら自分で感じようとしなければいけませんので体を必ず触ってもらうことをしています。

体を触ってもらう時にはむくみや脂肪を感じながら触ると分かりやすいと思いますのでただ単に手を当てただけではわかることはできませんからしっかりとわかろうとして差を見つけてください。

疲れやストレスとダイエット、痩せる為には

浮腫みも違いがある

例えばですけど同じ部分を右側と左側で触ってもむくみの度合いも違うし脂肪のつき具合も違うからです。

この違いを触ってわかることがむくみや脂肪が減ったということがしっかりとわかるようになりますのでただ手を当ててなければわかりませんし感じようとしなければむくみが脂肪が激減しない限りはわかりませんがそんな調整方法はありません。

ダイエットをして痩せようと思う方の多くが健康食品やサプリメントを服用したりりんごダイエット夜バナナダイエットがいいと言われればそれに飛びついたり運動したり筋トレしたりジョギングをしたりストレッチをしたりダイエットグッズを使って痩せようとしたり色々な方法を実践していると思いますが、なかなか効果が出にくいのが実情です。

効果が現れない原因は体から整えていくことをしていないからだと思います。
当院では検査することをしていますので検査をしているとダイエットの天敵と言われる疲れやストレスの蓄積が多くなっている方がいます。

疲れやストレスの蓄積

ダイエットをして痩せようと思うなら疲れやストレスを蓄積でむくみや脂肪が多くなっていきますのでむくみや脂肪を減らすだけではなくたまった疲れやストレスを減らすことをしなければ効果はなく戻りやすくなっていきます。
当院ではダイエットをする時には効果のあるように体を整えていきますしそのためにはまず

太りやすい

一番、関係するものは体調と体質です。

体調というのは痛みやコリがない状態でも多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスというのは循環悪くしてしまいリンパが働きが低下して老廃物が多く蓄積していくことも起きていますし、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていたり背骨がずれてガタガタ状態になっている方もいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあっても痛みやコリを感じていない場合もありますので骨盤の歪みや骨盤の開きというのは、体に蓄積した疲れやストレスが原因で起きています。

疲れやストレスというのは

疲れやストレスというのは誰でもたまっているものですから生活している限り生きている限り誰でも多くの疲れやストレスを溜め込んでいますので疲れやストレスがない方はいません。

疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていくわけですけど背骨がずれてガタガタ状態になっている方も多くいますが、こんな状態では、浮腫みも起こりやすく脂肪も多くなりやすく太るのは当然だと思います。

そしてさらにダイエットをして痩せたいと思うなら、眠りの問題も確認しなければいけません眠りの問題というのは重要な問題になりますので、本当の意味で寝ているのかということを考えなければいけないということですから眠れていないほど太りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていきます。

不眠症

不眠症という言葉がありますが不眠症というのは夜寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたり夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症です。

不眠症と睡眠負債

不眠症の方は身体全体に疲れやストレスが溜まりやすくない脳疲労が強く起きてしまいますのでない脳疲労というのは非常に厄介なものになっていきますので体のホルモンもガタガタ状態で代謝が悪くなりリンパの働きも悪くなっていき単純にそれだけではなくなっていきます。

もちろんこの時には歪みやズレも大きくなっていきます。
不眠症というのは気がつきやすいんですが睡眠負債ということがあります。

睡眠負債とは

睡眠負債というのは夜寝ようとする時に朝まで目が覚めることがないために寝ていると勘違いしているんですが睡眠負債というのはスースー寝息を立てていても目が覚めることがなく朝まで眠れていると勘違いしてる場合があるんですがね無理というのは とって寝ていることだけを言いますので眠りが浅い寝ながら考え事をしている状況であれば寝ているとは言えないということです。

眠りが浅ければホルモンの中枢中脳中枢であるない脳が弱っていきますので大脳が弱れば脳下垂体ホルモンがバランスを崩していきかくホルモンの命令を狂わしてしまうのが原因でホルモンの働きも悪くなり循環も悪くなることから太りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていきます。

眠りとダイエット、痩せる為には
2019年04月03日