顔が小さく小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが 顔を小さくしていくためには関係するものから減らさなければ効果がなかったり半減したりということがありますので関係しているものから減らすことを知るために検査することが1番、重要になります。

顔を小さく小顔矯正

今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが 全員と言っていいほど関係するものがむちゃくちゃあったり かなり多いような状況の方ばかりでしたから 関係するものを減らすことを押していくと簡単には減りませんが顔が小さくなるという効果があります。

関係するものというのは

小顔矯正をしている時に関係するものというのは 疲れやストレスです。
しかし疲れやストレスと言うと多くの方が簡単に考えてしまっていたり 疲れやストレスを減らすだけで顔が小さく なることはないと思う方も多くいます。

しかし実際に当院では疲れやストレスことを確認しながら減らすことができます。

しかし疲れやストレスというのは減らすことも難しく検査するということは普通一般的にはできないししていないと思いますので疲れやストレスをどうやって検査することができるのかということは秘密のテクニックを 持っていないとできないことですからここでは書くこともできませんし書いても分かりにくいと思います。

小顔矯正とは

顔を小さくするためには

顔を小さくしていくためには自分で顔が小さくなったということが分からなければ意味はありませんから 小顔矯正に入る前に自分の顔を鏡で見てもらうことをしています。

鏡で見る顔というのは何を見るのかと言うと 顔の大きさと形と浮腫度合いと左右差です。

特に意識してみないと分からないと思いますので意識をしてしっかりと自分の顔を比べてみると分かると思いますがむくみというのはぶよぶよしている感じがあったり たるんでいる感じがあるのがむくみですからむくみは、ある程度、分かりにくいと思います。

しかし浮腫よりも一番分かりやすいのは顔の左右差です。

顔というのは左右差が存在するんですが、中央から分けて右側と左側の顔の形や大きさが違うということですしむくみの度合いも、右や左側で違います。

顔を手で触ってみる

鏡で見て顔の左右差が分かったら、今度は手を顔に当てて、手だけで判断してもらいますが目で見るよりも体だけで、触って顔の大きさや左右さを確認するというのは簡単な方法ではありません 。

簡単だと思って触ったかたほど、わかっていないということがありますので、触り方である程度は分かります。

本当に顔が小さくなるから言えることなんですが、しっかりと自分の顔の大きさを調整に入る前に触って覚えておかないと小さくなっても分かりません。
顔を手で触るということは簡単な方法では、ありませんので簡単に考えて 触った方ほど顔が小さくなっても分からなくなっていますので、しっかりと触ることをしてください。

顔がせ正常なのか

顔を手で触る時には触り方があります

顔を手で触る時には両方の手首を合わせるようにしてくっつけて手のひらと 指先を顔に当てるだけです。

両方の手のひらを浮かないようにしてまた指が浮いたところがないのかを鏡で確認してもいいんですができたら意識をしながら感じようとして左右を分かってください。

顔を手で触るということは本当に難しいことですから簡単に考えて触ってしまったほど手を当てただけになっています。

手を当てただけや手を当て置いただけでは わかりません。
意識を持たないと左右差を感じようとしないと分かりませんのでしっかりと左右さを感じようとしてください。

小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も顔が小さくなることはありませんので顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったりという感じだと思います。
そしてもちろん顔が小さくなるだけでなく脂肪やむくみも取れていきます。

顔は大きくなる
2019年04月02日