腰痛を楽にする為に

腰痛を楽にしていこうと思うならまずは痛みを楽にすることをしていますので楽にするためには筋肉や靭帯の炎症や腫れを 見つけ出すことからしていかなければいけませんし 筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善できたら、骨盤の歪みや骨盤の開きを確認しなければいけませんしさらに背骨のズレを見つけ出さなければいけません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

普通一般的には何も原因がなくて痛みになることはありませんので、何かが起きているから痛みになっているわけですから痛みの原因を見つけ出さなければ腰痛は腰の痛みを楽にすることはできないと思っています。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きなどを改善することがなく、腰の痛みを楽にする治療法も存在していますので腰の痛みを楽にする治療法というのは、対症療法という治療法になります。

対症療法とは

対症療法とは、湿布を貼ったりすることでも痛みは緩和することもありますしドラッグストアなどで売っている痛み止めを飲むことや、サプリメントを飲むことでも楽になることもあるでしょうし、家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり鍼を打ってもらったり、お灸をしてもらったり指圧をしてもらったりと、色々な方法がありますし、低周波治療器や電気などを使うことも痛みの緩和の手助けになっていることがあります。

低周波治療器や電器とは対症療法

多くの腰の痛みを楽にする方法というのは 対症療法という方法がおもですから 原因なんかは関係なく原因を見つけ出すこともなく改善することもなく表面上の痛みだけを楽にすることが対症療法ですけど、対症療法ばかりしていると、原因もいつまでも同じままではいられませんので原因も、徐々に痛みがない時でも進行していき一気に悪化した状態で表面上に出てくるということがあるんです。

骨盤の歪み・背骨のズレから痛みに

普通一般的には、骨盤の歪みや骨盤の開きがあっても痛みはないことがありますので急性状態の痛みだけを押さえてしまって治ったとか直したと思うでしょうが、実は大きな間違いなんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると痛みを感じるというのが普通でしょうが痛みがない時もありますので骨盤の歪みや骨盤の開きでいつまでも骨盤が不安定状態になったり背骨がずれたりしているのが長期間に及んで慢性状態に入ってしまうと癒着や固着状態を招いてしまうということもありますので簡単に動かなくなってしまっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きが長期間に及んで起きていると 骨盤の関節も硬くなったり 老化したりすることが起こりますので筋肉や靭帯でつながっている関節なんですが徐々に硬さを増していくということが起きてしまうと関節が固くなったりするような感じが初期でありますが徐々にそれだけでは済まなくなっていきます。

歪みやズレが起きると

骨盤の関節や背骨の関節というのは 神経を納めているものであり神経が出てくるところでもありますので、神経に何らかの影響があるということが起こると、神経的な麻痺が起きることもありますので神経が麻痺した状態が足の麻痺を起こしたりすることがあります。

疲れやストレスから歪みやズレになる

しかし骨盤の関節や背骨の歪みというのも 姿勢で起きたりすることもなく、猫背などで起きたりするものではありませんので、どこからズレたり歪んだりするのかという原因が体の中に存在しています。

骨盤が歪んだり開いたりする原因

骨盤が歪んだり開いたりする原因というのは主にですが、病気ではなく腎臓疲労に原因がある場合がありますので、腎臓疲労が起きて行くと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤の 固定が出来なくなって歪んだり引っ張られたりしていきます。

腎臓と言っても病気ではありませんので検査をしても意味はありませんけど 検査をして 数値の異常が見つかればもう病気になっているという意味でもあります。

数値の異常が見つかれば病院で検査をすることも可能でしょうかと 病名がついた状態で 治療をしなければいけないということがあります。

しかし多くの場合病気というわけではないで腎臓疲労が起きていますので腎臓疲労と言う疲労ですから病気と言っているわけではありません。

疲れやストレスと歪みやズレ

北九州市小倉北区からも多くの方が楽になっています。

2019年03月28日