腰痛の解消するなら

北九州市小倉北区からも腰痛の改善と解消に多くの方が予約されています。

腰痛を改善しようと思うなら湿布を貼ったりすることや家族の方に揉んでもらうことやマッサージすることや 低周波治療器は、電気などをかけたりすることもドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んだりすることも良い治療法だと思いますが原因が残ったままになっていますので原因を改善することなく、また見つけ出すこともなく表面上の痛みを楽にする治療法の事を 対症療法 といいます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

対症療法とは

確かに対症療法というのは、良い治療法の一つなんですが 腰痛は腰の痛みを起こしている原因を見つけ出していませんので表面上の痛みがどうして起きているのかということを見つけ出さなければいけませんので、 見た目で見て いろいろな状況がわかるものではありませんので、腰痛や腰の痛みというのは専門の整体やカイロプラクティックの方が専門分野になっています。

しかし、多くの整体院やカイロプラクティック院で行っている骨盤矯正や背骨の矯正というのは 骨の歪みやズレばかりに注目してしまっていますのでどうして歪みやズレが起きたのかということを見つけ出すことをしていませんし、それ以上の検査をしていません。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きとして背骨のズレが原因なんですが 、姿勢で骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きることはありませんし、横座りでも起きることもなく猫背だからといって骨盤が歪んだりすると、中枢神経系を守ることができませんので、歪みやズレというのは中枢神経系に影響が大きくありますので簡単に歪んだりすることはありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きかrあ

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こすのは

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨がズレたりするのは原因がしっかりとあるから歪みやひらきやズレになるわけですから、その原因を見つけ出すことをしていかなければいけませんが、表面上で見て 見つかるものではありませんのでしっかりとした検査をすることが、重要になっていきます。

当院では院長が、治療を実際に行なっていますが、検査することを忘れていることはありませんし、検査をした上で初めて治療が成り立っているわけですからしっかりと検査をすることをして 状況を考えながら調整をしていきます。

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが存在しているんですが 、どうして歪みやズレや開きが起きるのかという原因は特別なものではなく、

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーや寝つきが悪いことや、 夜中に何回も目も目を覚ましてしまうことや 眠りが一番、浅い睡眠負債状態なので多くなっているものが原因です。

疲れやストレスと

疲れやストレスの蓄積

体には多くの疲れやストレスは、毎日毎日の生活や運動することや仕事で積み重なっていきますし、眠りの問題でも多くなってしまいます。

疲れやストレスというのは、溜まっていない方はいませんので誰でも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるんですが、軽ければ何も症状を感じていることもないし、これを感じ取ることもできませんので、誰でも歪みやひらきやすればあるということです。

特に骨盤が歪んだりする時には筋肉バランスの問題が、一番、関係することもありますが筋肉バランスも、どうしてバランスが、崩れたのかという原因があるということですから、疲れやストレスも溜まる場所があるから溜まっているわけですけど、たまるのはどこなのかということを考えなければいけません。

疲れやストレスというのは人の弱い部分に溜まっていきますので人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しているというわけなんですがそうでもない部分は痛みやコリに繋がったり先将来の問題につながったりすることはありませんが弱い部分は疲れやストレスをためやすく冷めてしまうと徐々に細胞を変化を起こしていきますので先将来につながっていきます

歪みやズレが
2019年03月25日