肩こりになると

北九州市小倉北区からも多くの方が肩こりの解消に訪れる徳力整体院。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りから解消するのは当然ですが筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは少ないと思っています。

肩こり

肩こりとは

肩こりが起きてしまう原因として考えられることは肩というのは肩の部分だけではなく指や手のひらや肘などでも負担になっている使い方が多くありますので使えば使うほど肩に力が入ってしまい筋肉疲労や筋肉の緊張が残ってしまって肩こりになってしまうということが多くありますが筋肉だけでコリや緊張をや疲労を起こしたら普通は1日や2日で改善しなければいけませんが改善しないうちにまた多くの緊張や疲労やコリなどが積み重なって慢性的になっていることもあると思います。

肩こりがどうして起きてしまうのかということを考えなければ単純にこりを改善することができても楽にすることができて、戻りやすくコリを感じない時でも進行していくということがあるのが怖いところです。

肩こりというのは

肩こりというのは、コリを感じる時もあれば、コリがあるのに感じていない場合もあるからです。

肩こりを強く感じている時もあれば肩こりを軽く感じてしまう時もありますので強く感じている時と悪い時の差というのは体調の状態で関係して変化しています。
体調が落ちていれば肩こりを強く感じてしまい体調が少し良い時には肩こりを軽く感じることです。

しかし原因が改善されたわけではありませんので、その時の体の状態において強く感じたり弱く感じたり軽く感じたりということで変化するということなのです。

肩こりの原因

肩こりを感じてしまう時には原因がありますので原因から改善しなければいけませんが多くの治療というのは対症療法という治療の範囲に入ってしまっていますので原因なんかは見つけ出すこともなく検査することもなく単純に湿布を貼ったり家族の方に揉んでもらったり叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電気などをかけたりして楽にすることを考えています。

しかし楽にすることと、原因を見つけ出して改善していくということは全然、意味からして違います。

対症療法

原因を見つけ出すこともなく楽にすることを対症療法と言います。

原因なんかは関係なく楽にすることを対症療法と言います。

表面上の痛みやコリを楽にすることを対症療法と言います。
対症療法と対するものは根本療法なんですが根本療法というのは原因を検査することをして見つけ出すことをしています。

しかし普通の原因を見つけ出すという根本療法をしている整体とカイロプラクティックの先生も骨盤矯正や背骨の矯正を主にしている場合がありますのでボキボキしたりまたは低周波治療器や電気などをかけたりということが多いようですからあまり根本療法とは言えない感じです。

肩こりと筋肉のコリ

肩こりを起こす時には必ず筋肉のこりと背骨のズレが起きていますので背骨のズレを矯正すれば筋肉は戻ってくるのかと言うと一時的には戻るでしょうが背骨の矯正だけ押してもまたすぐに背骨がズレてしまいます。

背骨のズレを起こしている原因があるということですから原因から改善していかなければ背骨のズレを矯正したら終わりマッサージしたら終わりというわけではありません。

どうして背骨のズレが起きてしまったのかどこから背骨がずれたのかという原因を検査することで見つけ出さなければ表面上の背骨のズレを矯正しても、しばらくは、いいでしょうが原因もいつまでも同じままではいられません。
当院では肩こりの方の治療としてまずは筋肉の凝りからほぐすようにしています。

肩こりと背骨のズレ

筋肉のコリと背骨のズレ

筋肉の凝りがほぐれてきたら次にあるのは背骨のズレですから背骨のズレを矯正してもちろん痛くない方法でしていますので安心ですが椎間板ヘルニアになっている可能性もありますので椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも来てしまうものですからヘルニアを見つけて調整して整えていくことをしています。
筋肉の凝りが改善できて背骨のズレと椎間板ヘルニアが正常になったらどこから背骨のズレが起きたのか椎間板ヘルニアになるまで進行してしまったのかということも考えて見つけ出すことをしています。

見つけ出さなければいけないのは背骨のズレの原因です。
筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれたり動いたりすることで筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしますのでリンパの働きを悪くなり老廃物が多くたまに循環が悪くなるということで肩こりとして感じてしまいます。

肩こりと筋肉と背骨のズレ
2019年03月19日