腰痛、腰の痛みになると

北九州市小倉北区から腰痛なら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

腰が痛くなったりするのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますので歪みやズレが起きている時に重たいものを持ったり前かがみをしたりバランスが崩れることをすると体を支えることができないために腰が痛くなってしまいます。

骨盤の歪みや骨盤の開きを伴わないで腰が痛くなることはありませんので必ず骨盤の歪みや骨盤の開きを伴いながら痛みになっていきますが、 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えないでも表面上の痛みを楽にすることはできる こともあります。

腎臓ひろうから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを整えなくても湿布を貼っても楽になることもありますしサプリメントを飲んでも楽になることがありますしマッサージや指圧や鍼を打っても楽になることはありますがまた電気をかけても低周波治療器をかけても楽になってしまいますから表面上の痛みだけは対症療法という方法で楽になっていくこともありますが根本から直さないと原因が残ったままになっています。

原因が残ったままだと繰り返しやすくも取りやすく慢性化しやすくなっていきますので、 腰の痛みが無いからといって安心してはいられません。

腰が痛くなったり腰痛になったりするのは骨盤のトラブルが原因ですからトラブルから改善していかないと表面上の痛みをいくら楽にできても原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられないということがありますから進行してしまいます。
また骨盤の歪みや骨盤の開きを慢性化してしまった状態になってしまうと固着状態に入っていきますので簡単に動いてくれることはなくなってしまいますので固まった状態になってしまいます。

骨盤の歪みや背骨がずれたりする原因

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれたりする原因も必ず存在していますので一年に一回でも腰が痛くなったりしたり一年に2回以上腰が痛くなる場合も必ず原因が存在しているということで徐々に進行していきます。

疲れやストレスから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

普通一般的には時々痛みを起こしながら進行していく場合が多くありますので慢性化という状態は使いたくありませんが慢性化状態になって治りにくい状態になってしまいます。

腰の痛みがどんなことをしても治らないということが慢性化状態になってしまいいつも長く腰が痛いという感じになってしまい生活することや仕事をすることも困難になることもありますのでそういう状態になる前に何らかの手を打たなければいけません。
腰痛や腰の痛みにつながる骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのは疲れやストレスが溜まることが原因で疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰に関係するものであれば骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしやすく背骨がずれたりすることが多くありますので原因を見つけ出して原因から改善していかなければいけません。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかということを追求していくことが必要になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりする原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで積み重なっていくものが体に溜まるのが原因ですし、 また不眠症や睡眠負債などの眠りが浅いことや目が覚めてしまうことが原因で貯まっていくものも原因になります。
体に溜まっていく多くのものというのはどういうものなのかということなんですが、それ疲れやストレスです。

疲れやストレス

遠くの人が疲れやストレスと言うと簡単に考えてしまう傾向がありますが本当は疲れやストレスというのは一番、減らすのは難しく簡単には減らないから一番、厄介なものなんです。
疲れやストレスを減らすためにはマッサージをしても揉んでもらっても減らせることはできませんから簡単ではありませんが気持ちいいのと疲れやストレスが減った状態というのは違います。

疲れやストレスを減らすためには単純に押したり揉んだりしているだけではだめですし湿布を貼ってもうダメなんです。

また栄養やサプリメントを飲んでも疲れやストレスは減ることはありませんので疲れやストレスを減らすためには何をすればいいのかということを考えなければいけません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになると

疲れやストレスというのは一番厄介なものですから溜まっていく部分があるということなんですが体には何があるのかと言うと神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していませんので、この中で疲れやすレスを多く食べやすい所というのは筋肉と内臓になりますが内臓といっても病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。

毎日毎日食事をしたり呼吸をしたりすることで働いてくれている内臓ですから人が体を動かす時でも筋肉を使う時でも歩いたりする時でもジョギングをしたりする時でも買い物したりする時でも仕事をしたりする時でも、お風呂に入ったりする時でも料理を作ったりする時でも掃除をしたりする時でも多くの疲れやストレスが生み出されてしまい、それらがすべて内臓にも溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

内臓に溜まっていくことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨がずれて痛みに繋がっていきます。

内臓疲労ということですから病気というわけではありませんので多くの方が健康から即、病気なのかということを考えなければいけません。

病院などで色々な検査をして異常が無くても水面下で起きているものは病気として反応はありませんので数値的な異常が出るまで待たなければいけません。
しかし数値的な異常が出てしまっては完全に病気になっているわけですから病院で何らかの治療をしなければいけないということなんですが多くの場合、病気になる前に起きていることが多くありますので痛みというのは病気に進行していっている可能性もあるということなんですが、完成していない限りは病気として過ごしていけないじょが出ることもなく見つかることは少ないと思います。

腰痛になってしまう原因として一番に考えられる疲れやストレスが溜まりやすい内臓というのは腎臓です。

腎臓疲労

腎臓というのは関係する筋肉がありますので筋肉というのは、大腰筋と腸骨筋という筋肉の二つの筋肉に影響を出してしまいますので、腎臓が弱ったり疲れたりすると大腰筋と腸骨筋のバランスが悪くなり骨盤が維持できない状態になってしまいますので、骨盤の歪みや骨盤の開きそして引っ張られた結果、背骨がズレたり、骨盤が歪んだりして不安定状態になってしまった結果背骨がズレていくということがあります。

多くの体に起きる症状というのは病気ではない状態で起きていますが内臓疲労から起きている場合が多くありますので内臓疲労から起きるものが一番の体にとってのダメージにつながっていきますのでダメージが歪みやズレになり歪みやズレから痛みやコリになっていくというものが本当に起きています。

腎臓と疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2019年03月04日