腰痛が起きるときには、原因があります

北九州市小倉北区から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどなら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

腰痛が起きた時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますので骨盤の歪みがなくて腰が痛くなることはありません。

しかし腰痛といっても原因ときっかけが存在していますので原因ときっかけの両方が揃って初めて腰が痛くなります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

切っ掛けというのは重たい物を持ったりすることも切っ掛けですし、前かがみで何かをした時に腰が痛くなったりすることもきっかけの一つです。

朝、起きたらいつも腰が痛いというのも切っ掛けの一つですから原因ではありません。
車の運転をしているときや長く椅子に座ったりしてる時の腰の痛みもきっかけです。

きっかけが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが存在してそして背骨のズレが存在している時なんですが、この時には骨盤が不安定になっていますので骨盤の不安定という状態は骨盤が歪んだり骨盤が開いている状態のことを言います。

骨盤が不安定状態になっている時に同じ姿勢を続けていると徐々に骨盤の歪みや開きが大きくなっていきますので歪みや開きが大きくなることで腰が痛くなっていきます。

切っ掛けで腰痛が起きる

重たいものを持ったりした時も骨盤の歪みや骨盤の開きがあると重みでバランスが崩れてしまいますので体を支えることができませんので体を支えることができない状態で腰が痛くなり椎間板ヘルニアが起きたりすることもあります。
椎間板ヘルニアというのは特別なものではありませんので誰でも多くの方に起きている現象です。

また布団に寝ている時に腰の部分が歪みすぎると骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に徐々に歪みや開きが起きてしまうことがありますので歪みや開きが起きてしまうと朝すぐ起きた時から腰が痛いということになります。

そして骨盤の歪みや骨盤の開きがある時にまた背骨のズレがある時にくしゃみをしただけでも 腰に痛みが走る時もあります。

くしゃみをしただけで腰に痛みが走る場合は多くの場合、椎間板ヘルニアが起きている場合ですし足のしびれや足の痛みを伴って腰痛が起きている場合は坐骨神経痛の可能性があります。

背骨のズレと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

骨盤の歪み・背骨のズレ

しかしどうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きるのかという原因なんですが姿勢が悪かったりして起きるものではありません。
また急に重たい物を持ったりして骨盤が歪んだり骨盤が開いたりそして背骨がずれたりすることはありません。
何かの原因があるから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてそして背骨のズレが起きて腰が痛くなったり腰痛になったりしています。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

骨盤の歪みや背骨のズレが起きたりするのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態で多くなっていくものが原因です。
体に蓄積していくものが多くなればなるほど人の体は骨盤から歪みやひらき起こしそして背骨のズレになっていきます。

骨盤の歪みや背骨のズレを起こす原因は毎日毎日と生活に関係しているものだと説明しましたが何をしても増えるものですし何もしなくても増えていくものが原因です。
何をしても増えていくし何もしなくても増えるのものは疲れやストレスです。

疲れやストレス

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰痛に関係する部分であれば腰の痛みとして現れてきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在していますので、そうでもない部分は痛みやコリに関係することもなく先将来にも関係することはありませんが、弱い部分はそうはいきません。

弱い部分には疲れやストレスをためやすく冷めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
疲れやストレスを溜めてしまう弱い部分というのが一番の腰痛を起こしている原因になってしまっているわけですけど弱い部分というのは骨盤のどこなのかまたは他なのかということがあります。

骨盤の部分には何があるのかと言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨盤の三つの骨と背骨しか存在していません。
後は椎間板があるぐらいです。

この中で骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因はもちろん骨盤の部分にも関係していますがもう少し上の部分に関係があります。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腎臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレに

もう少し上というのは筋肉や靭帯でもなく骨盤の歪みや骨盤の開きではなく背骨のズレでもなく椎間板の問題でもなくそれらを総称して関係しているのが腎臓です。

腎臓と聞くと多くの方が病気というのを関係付けてしまいますが病気と言ってるわけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まることが普通に起きています。
腎臓に疲れやストレスが溜まってしまう方が腎臓が弱いわけですけど腎臓が弱いと腎臓に関係する筋肉である大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが狂ってしまい骨盤の歪みや骨盤の開きになり背骨がずれてしまいます。

しかしこの段階ではまだ痛みにはなっていません。
痛みになるためにはきっかけが必要です。

切っ掛けと原因

切っ掛けと原因である骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが初めて揃って歪みやズレが大きくなった時にきっかけで痛みが起こります。

当院では腰痛の治療をしていく時には 筋肉靭帯の炎症を確認して炎症があれば改善していくようにして骨盤の歪みや骨盤の開きを解消して背骨のズレも解消して椎間板ヘルニアが存在していれば椎間板ヘルニアも改善するようにして腎臓の働きを良くするような方法で腰痛の改善をしています。

低周波治療器や電気などをかけることはありませんので手の技術だけで腰の痛みの原因を探して整えていくことで楽にしていきます。
ボキボキしたりすることもありませんしボキボキしても本当の意味での骨の矯正にはなっていませんのでボキボキしたりする治療ではありません。

別にボキボキしなくても骨の矯正はできます。
そして先ほど説明したように腎臓が弱いわけですから弱い腎臓に疲れやストレスがたまりやすくなりますので弱い腎臓を少しずつでも強く支えていくことをしていくのが体質改善という治療になりますので体質改善の治療を行うためには数回の体を整えていく治療が必要になります。

2019年03月02日