肩こりになると

北九州市小倉北区から肩こりなら30年の経験があるから評判の徳力整体院。

肩こりを起こしたら多くの方が湿布を貼ったりマッサージをしたり専門家の先生に揉んでもらったりサプリメントを飲んだりするかと思いますし病院に行って注射を打ってもらうことも方法として考えられますが低周波治療器や電気などをかけても楽になることがありますが原因を見つけ出すことなくしていますので対症療法の治療法だということです。

肩こりとは

肩こりを対症療法で

対症療法というのは僕の治療法に用いられている治療法なんですが楽にすることを目的として施術している治療法なので原因なんかは関係なく検査することもなくマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけたりする方法が対症療法です。

しかし肩こりになってしまう方は筋肉のこりというイメージがどうしても付きまとってしまいますので簡単に考えてしまっている場合が多くありますが筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは今まで30年間肩こりを改善してきて一人もいません。

確かに筋肉が緊張したり筋肉疲労から起きるこりが起きるとリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなることが考えられますが筋肉のコリだけでしたら首や肩を動かしたり湿布を貼ったりすることで多くの場合は改善していくという感じなんですが、 そこにあるものが存在していると改善しにくくなっていくわけです。

肩こりと筋肉のコリ

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いんですが筋肉のコリを伴いながら背骨のズレが起きていますので背骨がずれたりすると筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が動くことで筋肉が引っ張られたり緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなって肩こりになります。
しかし背骨がずれたりすることも姿勢でずれたりすることはありませんので背骨がずれたりするのは体の中に原因が存在しています。
背骨がずれる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや不眠症や寝ながら考え事をしている睡眠負債で多くなっていくものが原因なんですが何をしても多くなるものですし何もしなくても多く蓄積していくものでもあります。
蓄積していくものというのは疲れやストレスなんです。

疲れやストレス

疲れやストレスというのは誰でもたまっているものですから溜まっていない方はいませんがたまり方に問題があります。

疲れやストレスがたまるところというのは人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分はあまり肩こりにも関係しませんが弱い部分は疲れやストレスをためやすくためてしまうと背骨のズレになっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまるということは体に何があるのかということを説明しないと分からないと思いますので体には神経血管リンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスを多く食べやすい所というのは筋肉にも食べてしまいますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れを食べてしまうのが内臓なんです。
しかし内臓と言うと多くの方が病気というのを関係付けて思いますが内臓の病気と言ってるわけではなく非常に疲れやストレスが溜まってくると背骨のズレになっていくということなんです。

疲れやストレスと背骨のズレ

弱い部分にたまる疲れやストレス

弱い部分に疲れやストレスが溜まるということは内臓に、たまると説明しましたので内臓のどこなのかということで背骨のズレが起きる原因が違います。

背骨の部分には関係する内臓が存在していますので首の骨の下の方は横隔膜に関係している部分でもありますから横隔膜に何らかのトラブルが生じた時には首の骨の4番目と5番目と6番目と7番目の骨はズレを起こしていきます。

また胸椎の1番目と2番目は心臓に関係する部分ですから息苦しさや胸苦しさや時々胸の辺りでチクッとする痛みが一瞬起きている場合も心臓の負担が考えられますが病気と言ってるわけではありません。

また胸椎3番目では肺に行く神経が出るところですから、肺に何らかの問題が生じた時には背骨の胸椎の3番目の骨がずれを起こしていきますが時々咳が出たり喉がいがらっぽくなったりするのが肺の問題になります。

内臓が疲れやストレスをためてしまい弱っているということなんですが弱っていることでも背骨のズレが起きてしまいますので背骨がズレが起きてしまうと筋肉が引っ張られたり緩んだりしながらリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなり神経の流れや血液自体も流れが悪くなります。

疲れやストレスがたまると背骨のズレになる

背骨のズレ

背骨がズレが起きただけでも神経の流れ流れを阻害してしまい血流も阻害してしまうということが起きてしまいますので筋肉や靭帯が引っ張られただけではすみません。

しかし筋肉や靭帯が引っ張られたりする時にはくっついている脂肪層も引っ張られていきますし表面上にある皮膚も引っ張られていきますので筋肉だけで引っ張られるということはないと思います。

当院では肩こりを改善していくためには筋肉の凝りからほぐすようにしていますし筋肉の凝りがほぐれてきたらリンパの流れも改善するようにしていますし背骨のズレを矯正してさらに背骨のズレが起きた原因を見つけ出すことをしていますが最近多くの方が不眠症や眠りが浅いことが原因で肩こりを起こしている方もいます。

最近は多くの方が夜中に何回も目を覚ますことが多くなっていますので目を覚ませば様と喉体調が良いことがありませんしいろいろ内臓にも負担になっているということがあるんです。

睡眠負債と不眠症と肩こり

また一番、気がつきにくい睡眠負債状態というのも多くの方が患っている現象なんですが睡眠負債というのは眠りが浅いことを言いますので目が覚めることがなくても眠りが浅ければ体調が飛ん族のよ体調になっていますし色々な内臓にも負担になっていることがありますので必ず背骨のズレが起きています。

睡眠負債と肩こり

多くの方が 眠りの状態を聞いてみると何回も目を覚ましたりすることがある方や目が覚めることがなくても検査すると分かりますが異常に体調落としてる方が多くいますので異常に体調を落とす時には眠りに関係している場合が多くありますが眠りの改善というのは脳が行うことですから脳の改善をしていかなければいけませんが脳の改善というのは一番難しい問題になります。

不眠症や眠りが浅いことや見ながら考え事をしてる睡眠や夢を見たりすることが多くなっていくと大脳は急激に弱っていきますので一番に問題を起こすのは痛みやコリを感じにくいということなんです。

自分の体調は自分がわかってなければいけませんが一番に分からなくなっていくのは麻痺した状態は鈍感状態になっていく痛みやこりなんです。
痛みやコリを感じにくくなるだけではなく温感も麻痺するかと思いますので温感が麻痺すると 、寒さが分からなくなったり暑さが分からない方がいます。

2019年03月02日