肩こりを楽にする筋肉のコリから

北九州市小倉で肩こりを解消するなら。

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りからほぐしていかなければいけませんが肩こりを起こしている筋肉というのは僧帽筋という筋肉になりますので首の付け根から腕の部分から背中まで広がっている大きな筋肉が凝りを起こした時が肩こりになります。

僧帽筋のコリが肩こり

僧帽筋のコリが肩こり

僧帽筋という筋肉の上の部分が緊張したり筋肉疲労を起こしたりすることでリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい循環が悪くなることから肩こりになっていきます。

僧帽筋の筋肉は多くの生活で使うことがありますので指先を使ったりすることでも力が入ることがありますから力が入ることで筋肉疲労を起こすことがありますしスマホなどの細かい文字を操作したりボタンを操作したりすることでも力が入っていますから力が入ることで筋

肉疲労が大きい緊張や筋肉疲労から肩こりになってしまいます。
また人というのは持ちやすい革にバッグを持ったり肩にかけたりしますので筋肉疲労は当然起きやすくなりますので使いやすい側と使いにくい側が存在していますので、使いやすい革に多く使うことがありますから使うことで筋肉疲労が起きてしまいます。

筋肉疲労から肩こりになる

肩こりを楽にすることは色々ありますが。

肩こりと言うと湿布を貼ったりすることが多くありますが湿布を貼っても鎮痛効果で楽になることもありますし楽になる程度の肩こりであれば楽になっていきますが単純にそれを繰り返していたらそれだけでは済まないことが起きてしまいますので湿布を貼っても効果がないということもあります。

肩こりといっても程度と言うか段階がありますので軽いものから中程度の元から重症程度のものからそれ以上のものの肩こりが存在していますので段階に合わせてどういう状況になっているのかということを考えなければいけませんので単純に湿布を貼ったりして楽になることもあるでしょうが違うことも多くあります。

肩こりというところを中心的に考えていかなければいけませんので筋肉のコリがどうして起きるのかということも見つけ出さなければいけませんから、軽いこりでしたら自力でも改善することができるでしょうが中程度残りになってしまうと自力で解決するのは大変難しいようです。

筋肉のコリをほぐす事

当院では肩こりの筋肉をほぐすこともしていますが原因を見つけ出すことをしていますのでどこから肩こりが起きているのかということを見つけ出すことをしています。

今まで30年間肩こりを改善してきて筋肉のこりだけで起きている近くにの方は一人もいませんので検査をすることでこりの原因になっているものを見つけ出すことをしています。

肩こりの治療法というのは湿布を貼ったりサプリメントやドラッグストアなどで売っている健康食品を飲んでも楽になることもありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし鍼を打っても送っても指圧をしても楽になることもあるかも分かりません。

また低周波治療器や電気などをかけても楽になることもありますが肩こりには原因が存在していますので原因から直していかないと慢性化状態を作ってしまうこともあります。
肩こりには原因が存在していますので原因から改善していくということが一番重要だと思います。

背骨のズレが肩こりに

肩こりの原因

肩こりがどうして起きるのかどこから起きるのかということは一番の肩こりを改善していくための解消法になりますが多くの場合、運動していないとかいうこともあるでしょうし肩や腕動かしていないから鍛えていないから筋肉が弱っているからという考えもあると思いますが単純にそれだけではありません。

肩こりが起きてしまう原因を考えれば筋肉疲労から起きていますので筋肉疲労と言うと肩や腕や指先を使うことが原因なんですが同じことをしても筋肉疲労にならない方もいれば筋肉疲労になってしまうかと思いますので筋肉の弱さにも原因がある可能性もありますが単純にそれだけではありません。

筋肉の弱さが肩こりに

筋肉が弱いからと言って肩こりになるのかと言うとそうではないということなんです。

筋肉の強さというのは運動したり鍛えていたりすることでも強さは違ってきますが鍛えれば

鍛えるほど強くなるかと言うと重たい物を持ったりすることができるかも分かりませんが筋肉が強くなることと逆に積み重なるものが生まれていきます。

筋肉を鍛えることで運動したりすることで筋肉が強くなる代わりに代表として筋肉疲労が多くなってしまいますので何をしても筋肉疲労が多くなってしまいますし筋肉にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

筋肉に多くの疲れやストレスが溜まることでも肩こりを起こしやすくなっていきますので単純に来たいればいいというわけではなくそんなに簡単に鍛えられることもありません。

肩こりになるのは
2019年02月26日