骨盤矯正で小尻にするなら

骨盤矯正が人気なんですが骨盤矯正をしている時には始めに骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますので自分で骨盤が小さくなったということが分かるようにしているのが特徴です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしていますが全員の方が骨盤が小さくなっていますが骨盤矯正をする前に幅を覚えるということが簡単なようで難しいために分からないという方も時々いますのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えておいて欲しいんです。

特に骨盤矯正は小顔矯正とは違って目で見ることができませんので感じようとして触らないと単純に骨盤の横に手を置いただけではわからないということがありますのでわからないということがないようにしっかりと幅を覚えるようにしてください。

当院では骨盤矯正をして行く時には院内のスタッフが計測したりメジャーで測ったりすることはしていませんので、ご自分の手の感覚だけで分かってもらうことを重要視していますので他人がメジャーで測ると笑顔も違いますので自分でしっかりわかることが中心になります。

自分で変化がわかる事

骨盤矯正をする前に必ず全員の方の骨盤を自分で触って覚えてもらうことをしていますので骨盤の真横に手を置いて幅を感じようとして触ってください。

特に幅を感じようとして触ることが一番重要なんですが左右差が骨盤には存在していますので骨盤の左右差を感じようとして触ると右側の方が大きいとか左側の方が一部分が出っ張っているとかいう違いが必ず存在していますので違いがわかるようにして触ることが一番大切になります。

自分の手で骨盤が小さくなったのがわかることが一番重要だということなんです。
当院の院内のスタッフが測ったりすると計測する位置が違ったり強く測ったりゆるく測ったりということで待ち待ちの状態になってしまいますので嘘偽りがないように自分の手で触ることが一番だということです。

小尻になる

骨盤に手を当てただけでは、わからない

そのためには単純に骨盤に手を当てただけではわかりませんので骨盤の幅を少し中心に押しながら感じようとして触ってみてください。
骨盤矯正をする時には単純に骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというものでもないし強制しても少ししか小さくならない可能性がありますし骨盤周辺の脂肪やむくみを取るだけでも確かに骨盤は小さくなっていくかも分かりませんがそれだけではないということを説明したいと思います。

骨盤矯正をして行く時には検査することをしていますが検査をしてみると全員の方が体調が悪く調子を落としていますので体調の悪さから起きる現象が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていますので体調をあげて体を整えていくことで骨盤の歪みや骨盤の開きは解消していきます。

そして調子や体調を落とすことは背骨のズレを起こしていきますが背骨のズレを矯正すれば骨盤が小さくなるかと言うとそうではありませんので骨盤矯正では背骨のズレは関係ありません。

骨盤を触る位置

骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正

骨盤矯正で整えなければいけないのは骨盤の歪みや骨盤の開きは最低限のものですし骨盤周辺にあるむくみや脂肪を減らすというのも最低限のものですから骨盤がどうして歪んなのか骨盤がどうして開いたのかということを考えなければいけませんが、それはあることが関係しています。
骨盤矯正をしていく上で一番関係するものというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで増えていくものですし不眠症や睡眠不足や睡眠負債で多く積み重なっていくものが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。
骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして行くと骨盤が徐々に大きくなっていき脂肪が多くなりむくみやすくなって足が太くなっていきます。

小尻になると言うことは

一度に減らせるレベルというのは限りがありますが徐々に骨盤が小さくなっていきますのでご自分で初回は できるだけわかるぐらい変化させたいと思っています。

骨盤矯正をして行く時には多くの方が単純に骨盤が小さくなることだけ5時になることだけを希望されてきますが本当は深く関係しているものがいろいろ関係していますのでいろいろ関係しているものを一度に取り除くことはできません。

骨盤矯正をしています
2019年02月26日