小顔矯正で顔が小さく小顔に

顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが小顔矯正といっても単純に顔を小さくすればいいというわけではなく小顔矯正で顔を小さくしていくための関係する部分を減らさなければ顔のが小さくなることはなく維持することもできません。

小顔矯正

顔を小さくする小顔矯正とは

顔を小さくしていくためには何をしたら顔小さくなるのかということを考えなければいけませんので顔というのは表面上は皮膚と皮下脂肪と筋肉と骨しか存在していません。

皮膚と皮下脂肪と筋肉と顔の骨の四つの部分から何を減らしたら顔が小さくなるのかという問題があるんですがもちろんここには書いていませんがむくみを減らすことでも顔は若干ですけど小さくなるかも分かりませんが単純にそれだけではありません。

小顔矯正をしていくときには皮膚と皮下脂肪と筋肉と顔の骨の何をしたら顔を小さくすることができるのかという問題なんですが皮下脂肪が増えている方は皮下脂肪を減らすことで少しだけ顔が小さくなっていくということがあります。

小顔矯正

どこを減らせば顔が小さくなる?

しかし顔を小さくしていく時には皮下脂肪だけを減らせば顔が小さくなるのかむくみを減らせば顔が小さくなるのかという問題なんですが皮下脂肪を全部を減らすことができませんので皮下脂肪と言ってもそんなに多くなっている方はいないと思います。
むくみといってもそんなに多くはありませんので顔が小さくなることはあまりないと思います。
では小顔矯正なのにむくみや皮下脂肪だけを減らせばいいというわけではないと言っているのは毎日毎日の疲れやストレスが多く生み出されて体に溜まることが原因になります。

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態でも多く積み重ねていきますので積み重なったものが体に蓄積していきますので体というのは顔も入るということなんです。
大変変な話になりますが顔にも疲れやストレスがたまるということが本当に起きてしまっているんです。

疲れやストレスと小顔矯正

顔に溜まった疲れやストレスというのは顔を大きくしてしまいますのでいつのまにか顔が大きくなってしまうということがあるということなんですが顔が大きくなっているのが異常になっていると考えれば正常に戻すことをしていけば顔が小さくなるということなんです。

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや眠りに関係する問題が取れないでも疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスが多くなると体にも蓄積していますが顔にも溜まっていきますので顔がむくんだり脂肪が多くなったり顔が徐々に大きくなっていきますが脂肪やむくみだけではなく大きくなってしまうのは顔の骨つまり顔面骨自体も大きくなっていき変形状態ということで顔が大きくなります。

今まで多くの方の顔を小さくすることができましたが全員の方が疲れやストレスを体にも溜まってしまっていますが顔にも溜まっている状態で普通でしたら痛みやコリを起こしていたり何かの縁を状態を感じていたりという状態の方ばかりでしたが痛みやコリを感じてもいないし体の不調状態を訴えている方は一人もいませんでしたので単純に小顔矯正をしてくださいという方が多くいました。

顔を小さくするとは

本当に顔の骨が小さくなる小顔矯正

しかし本当は小顔矯正と言っても顔を小さくすればいいというわけではありません。
小顔矯正というのは顔面骨ともいいますし顔の部分だとも考えている方が多くいますが専門的分野では顔面骨もありませんし顔という部分もありませんので頭蓋骨になります。
つまり顔の骨というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨の前側の部分が顔と言う呼び名になっています。

小顔矯正というのは頭蓋骨矯正という意味ではありませんが頭蓋骨を小さくするということにもなりますので全体でトータル的に考えれば頭蓋骨矯正という意味ではありませんので注意して説明をしっかり聞いてください。
小顔矯正をして行く時には 頭蓋骨の前側の部分だけを小さくすることはできないと思いますので 頭蓋骨の一部を変えても全体の変化があります。

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや眠りの浅瀬の問題で疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスというのは体にもたまりながら顔にも溜まっていきますので顔のむくみや脂肪が多くなり頭蓋骨の前側の顔の部分だけが大きくなっていくということがあります。
これらを正常に戻していくと顔が小さくなり顎のラインは特にすっきり引き締まるということで小顔矯正をしていますので意味のない小顔矯正ではなく大きく意味がある小顔矯正になります。

2019年02月23日