どうしたら顔を小さくなるのか

当院では特徴がある小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正ではなく一番、効果があって長持ちする小顔矯正をしています。
その為には1回で顔が小さくなっていきますが、1回では持続する時間がありません。それには理由があります。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしても小顔の維持する時間が短くなるのは、体に蓄積しているあるものが原因です。この蓄積しているものは誰でもあるものであり、日常生活で多くなるものです。

小顔矯正をする時には、このあるものが密接に関係があります。
このあるものを減らしていくと顔が小さくなります。そして持続する時間を長くするには体質改善の治療で体を元気に健康にしていくと持続する時間が長くなり他の不調状態の部分も解消していきます。

この体質改善の治療はアンチエイジングであり、若返りの治療です。体を中から直していく事をしています。身体の中から変えて強くしていくのでしばらくかかります。

小顔矯正と言うのは、ただ顔を小さくすれば良いと言うものではなく顔を小さくするということは顔の骨を小さくすることです。美容の形成外科のように顔の骨を削ることはしませんが、当院の小顔矯正は顔の浮腫み、顔の脂肪を減らすことや皮膚のタルミを上げることや顔の骨を小さくしていく事ができる特殊な方法です。

1回で終わる小顔矯正はない

そのため1回で小顔矯正が終わることはなく、顔だけをして顔が小さくなっても体に歪みやズレがあったり、疲れやストレスが多く蓄積していると顔色もさえないし、顔の皮膚のツヤもない、お化粧のノリが悪かったりするのは、すべて体調にあります。このため体調からも上げて顔を小さくすることが必要になります。

今まで小顔矯正に訪れた方、全員が検査してみると体調が良い方はいませんでした。院長から「体調はどうですか」と言われると『体調は良いです』と言う方ばかりでしたが。
小顔矯正を希望されて来た方が100人いたとして100人とも体調が良い方はいませんでした。

体調が悪い方ほど顔が大きくなりますし、浮腫みが多くなったり、脂肪が増えたり、顔のツヤが無くなって顔色が悪くなります。目の下の涙袋が大きくなっている方、目の下にクマがある方は体調が落ちています。体調を上げていくと顔が小さくなります。

体調が悪いと、何が起きているのかと言うと、顔の皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨が炎症やハレを起こしています。これを矯正と言うよりも治療する技術があれば顔を小さくしていく事ができます。特にアゴのラインは多くの方が炎症やハレを起こしています。これを整ていくと顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には

当院の小顔矯正はアゴのラインをスッキリさせていく事ができるのと顔が小さくなっても頭が大きかったり頭でっかちでは意味ありません。頭も小さくすることができるのが当院の特徴です。

頭と言うのは頭なんですが頭には大脳が入っています。大脳も小さくすることができないと頭は小さくなりません。しかし危険なこともなく正常に戻していくと頭は小さくなっていくんです。頭の骨の一部が顔ですから、顔を小さくする為には頭も小さくならないと宇宙人みたいになって頭でっかちになってしまいます。

そこで当院では30年の経験から頭を小さくする特殊な技術があります。それもどうやって頭を小さくできるのか、と言うことも肝心です。

大脳の弱りと睡眠負債

それは大脳にも疲れやストレスがたまることがあります。大脳に疲れやストレスがたまると大脳は働きが低下してしまうだけではなく大脳の中にも老廃物が多くたまり循環が悪くなります。脳の中には空洞があって、この空洞のことを脳室と言いますが脳室は脳せき髄液を作る所です。

血液から無色透明な脳せき髄液を作る所ですが、脳の働きが落ちたりすると生産力も低下していきますが、流れが悪くなって疲れやストレスがたまると誰でも大脳は大きくなって肥大していきます。これを少しずつ1度にできるものは限界がありますが、戻していくと大脳も小さく正常になっていきます。大脳が正常になっていくと頭も小さくなっていきます。

疲れやストレスは誰でもあります。そのため自分で気が付かないで大脳にも疲れやストレスがたまります。特に睡眠負債の方が増えていますから、眠りが浅いと脳に疲れやストレスがたまります。これを減らす事ができると頭が小さくなりますが、1度でわかるのは限界があります。それほど大脳に疲れやストレスが多くたまっています。
そして小顔矯正をしていく時には大脳に限らず顔の骨にも疲れやストレスはたまっています。

疲れやストレスの蓄積

骨に疲れやストレスと言うと変なことをと思うからもいるでしょうが、本当の事です。骨に疲れやストレスがたまると骨も炎症やハレを起こしたり骨が肥大しながら大きくなります。それを正常に戻していくと顔が小さくなります。これも無理な小顔矯正ではなく正常に戻すことで顔が小さくなる小顔矯正です。

疲れやストレス

小顔矯正とは始めに検査して骨の炎症やハレがないか、確認します。今まで30年間でない方はいませんでしたので全員があります。骨が炎症やハレがあれば皮膚も脂肪も筋肉も炎症やハレがあります。炎症やハレがあると脂肪、浮腫みが多くなります。
この小顔矯正は特殊な小顔矯正ですからどこでも誰でもできる小顔矯正ではありません。当院の院長だけができる特殊な小顔矯正です。そのため一般的な常識ではありませんが特別な小顔矯正です。

誰でもある疲れやストレスの蓄積が頭を大きくしてしまっています。当院では検査する事ができますから検査して異常のある部分を見つけて正常に戻していくことで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

そのため今まで30年間で、顔が小さくならなかったと言う方はいません。しかし睡眠負債で大脳に疲れやストレスが多くたまると感覚マヒが起きますから、この方は頭を小さくしても顔を小さくしても分かりずらかったと言う方はいます。
当院では初回から小顔になることができる小顔矯正をしています。

顔の触り方

小顔矯正で顔が小さくなりますから小顔矯正を希望される方は、自分の顔を触っておぼえておきましょう。これが一番、大事な作業です。これをおろそかにすると変化がわからなくなります。

小顔矯正のさわり方

当院では小顔矯正に入る前に、顔を触っておぼえてもらうことを必ずしていますから、どれくらい顔が小さくなったのか、わかります。当院の小顔矯正は自分の手で触ることで小さくなったのがわかります。他人がメジャーなどで測ると位置が違ったり、きつく測ったりしていることもあります。

自分の手で確認するのが一番わかると思いますが、自分の手で顔を触って変化がわかると言うのは簡単ではありません。
だからしっかり触ることを指導しています。
当院では多くの小顔矯正を希望する方が訪れますが、小顔矯正する場合は、体調が関係しています。体調と小顔矯正がどう関係するのか、と言う事を言われますが、小顔矯正だけ中心にしても、その時だけいくら良い小顔矯正をしても、顔が小さくなりにくく、リバウンドが大きく戻りやすくなるからです。

今まで体調は悪くないと言う方も多く来院しましたが、自分で感じなければ体調は良いか、痛みやこりがなければ体調は良いかと言うとそうではありません。
当院の院長は個人個人違う体調を検査する技術を持っています。嘘偽りがない検査技術で、本人にもわからない体調を検査することができます。

体調も段階で表していますが

今まで小顔矯正を希望される方も体調が良い方は一人もいませんでした。
そのことから考えて、どれくい体調が良いのか、悪いのかと言う事になります。

この陽気の変動で体調が良い方はいませんので、体調が悪い方が眠りが浅い睡眠をどれくらいしているかと言う事も検査対象ですから、睡眠負債(NHKが番組で使ったいました)が多ければ多いほど体調は良いことはありません。
睡眠負債があると借金と同じですから、睡眠負債があればあるほど脳疲労が起きています。つまり脳疲労が起きると脳は弱ったり、衰弱したりすると言うことです。

疲れやストレスの蓄積
2019年01月25日