小顔矯正で顔を小さくする

当院の特色の一つが小顔になる矯正です。

そして当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなっていきますが、条件があります。
その条件とは小顔矯正を始める前に顔の大きさを触っておぼえておくことです。

小顔矯正

自分の顔の大きさ、幅、輪郭、浮腫み度合いなどを触るだけなんですが、簡単にパッパッと触るとわかりません。必ず手を動かさないで、そのままの位置を維持しながら左右を感じるようにして下さい。

顔の触り方

この時に左右を感じようとすると手のひらと脳の感覚神経が高まります。普通はここまでしなくていいのですが、最近、時々、いい下限に触る方やおぼえていることができない方がいます。

手のヒラの神経と脳の感覚神経を動員するように左右差をおぼえて下さい、必ず変わっていますから。
これがわからないと手の感覚神経の問題か、脳の感覚神経の問題があるからです。この方も、治療を進めていくとわかるようになります。

このように小顔矯正と言っても簡単なことではありませんが、変化がわかる方ほど、しっかり触ろうとしますが、わからない方ほど簡単に顔を触っています。
当院の小顔矯正は美容でもなく癒しでもなく、体を直していくことで顔が小さくなる小顔矯正ですから効果と持続力が違います。
顔を色々触らないで手を動かさないで、アゴのラインから手のひら全体で顔を覆うように触ります。

矯正の特徴は

顔のさわり方

当院の小顔矯正は他とは違い、当院だけの特徴があります。他院ではマネできない当院だけの小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は院長がすると簡単そうに見えますが、簡単にしている訳ではありません。多くの方が勘違いされますが技術力がある院長がするから、初回から顔が小さくなることができます。

しかし、、初回は体調や体の歪みなんかは関係なく、顔を中心に小顔にしていきます。
顔が小さくなるための小顔矯正ですから、なんといっても顔を小さくしていくことを優先していきます。

矯正後を維持することは

しかし、顔だけ触って小顔矯正をしていくと、持続性がありません。次回は顔と体の両方を治療することから、さらなる小顔を目指していきます。
どこでも同じと思いますが、小顔矯正も1度で終わることはありません。しかし、当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで人気の小顔矯正です。
ですから初回から顔の形が小さくなるので

触り方をしっかり指導しますので、それをおぼえて触るだけです。
顔を触る時には左右差をおぼえるように触ります。必ず誰でも顔の左右差があります。右側は全体が大きいとか、左側は一部分だけが出っ張っているとか、必ずありますので、それを確認しながら覚えるだけです。
簡単なようで難しいですけど、自分の手ですぐに実感できて笑顔になることができるのが、自分の手ですから。当院ではご自分の手の感覚を一番、重要視しています。

疲れやストレスと小顔矯正

当院の矯正は

①予約日の予約時間の5分前には来院して下さい。 施術する前にカルテに必要事項を書いてもらいます。

②症状についてお聞きしますので、いつから起きているのか、どんな施術を今までしてきたかと言う事を話せるだけで結構ですから。

③顔を触っておぼえてもらいます。顔の大きさ、輪郭の形、頬骨のハリ、アゴのラインなど

④施術台に寝てもらって施術に入ります。

⑤初回は顔を触って小顔矯正をしていきますが、顔だけでは戻りやすく効果も出にくいので次回は体の歪みから施術したいと思います。痛みやコリがなくても歪みは起こしています。

⑥施術台に寝てもらって初めに、もう一度、顔を触って再確認してください。院長が顔を触ります。20秒くらいでもう一度触ってもらいます。こう言うふうに変わると言う事をお見せするためです。

⑦本格的に小顔矯正に入ります。

⑧20分くらいですが、20分くらいが一番、小顔矯正の効果が出ます。立って、もう一度顔を触りましょう。もう小顔になっていますから。
⑨小顔矯正も顔だけではなく体の歪み矯正も小顔効果を上げる一因です。顔だけが、顔の関係するものではありません。ですから小顔矯正には数回かかります。
⑩当院には、もう一つの小顔矯正があります。この体質改善と言う施術の小顔矯正は持続時間と効果が上がる小顔矯正です。体質改善の小顔矯正は体を直していく矯正ですから。
当院の体質改善は、体が細くなる矯正です。体重よりも見た目から体を細くする矯正になります。体が引き締れば人は痩せたと思います。まず、体重よりも見た目です。

小顔矯正と疲れやストレス
2019年01月25日