姿勢矯正・猫背矯正は

姿勢が悪くなることや猫背になるのは、理由があります。

何も原因がないのに、姿勢が悪くなる事もなく、猫背になることは起こりません。

姿勢が悪くなったり、猫背になったりするのは簡単な理由で起きているモノでもありません。

もっと重大な理由があるから姿勢が悪くなり、猫背になります。

猫背になったり、姿勢が悪くなるのは、丸くなることで自分を守る姿勢を取っています。

その理由は、胸を張る姿勢がキツイからです。

猫背

特に心臓の弱りがある時には、胸を張る姿勢ができません。(病気ではありません)

急いで階段を上った時に、息が上がります。これは心臓の負担が起きたせいなんです。

姿勢が自分の体を守ろうとして、できるだけ今の体の状態で楽な姿勢をしようとします。

これが猫背、姿勢の悪さで出てきます。

人は、真っすぐな姿勢が楽にであれば、姿勢が良くなります。真っすぐな姿勢が楽だからです。

当院の院長は誰でもできない体の状態を検査する事ができます。(病気の検査ではありません)

専門家の先生でさえ、できないことがわからなければ、どうして姿勢が悪いかのか、猫背になっているのか、姿勢が悪いことはわかりますが、見ただけでは、わかりません。

姿勢を悪くするモノ、猫背になる原因が

自分でも気が付いていない体の状態があります。それは特別な事でもなく病気でもない為に、多くの方が、姿勢矯正をしたり、猫背矯正をしたり、運動したり、ストレッチしたり、筋トレしたり、間違った方法をしています。

筋肉を鍛えれば良い訳ではありません、それでは姿勢が悪くなる原因も減りませんし、増えていくだけです。

筋肉を鍛えれば鍛えるほど体はボロボロになっていきます。それも毎日の生活、掃除することや、洗濯ものを干すことや料理を作ること、階段の上り下り、歩くこと、買い物をして荷物を持つこと、車の運転、デスクワークすること、仕事すること、営業すること、配達することや車の運転、荷下ろし、パートで働くこと、さらに運動したり、体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、プールで泳いだり、歩いたりすることで多くの生み出されるモノが体に蓄積していきます。

それも毎日、毎日でです。

その積み重ねのモノが、体にたまっていきます。毎日、日常で多く積み重なるモノが、疲れです。

疲れが溜まる時に、疲れが、どこにたまっていくのか。

その前には体には、何があるのか??

体は体重の65%から75%が水分です。水分に疲れがたまることはありませんから、あとの残りは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓です。

この中で疲れが溜まりやすい所は筋肉になりますが、筋肉だけに、たまる事はありません。では、神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓の中で疲れをためやすい部分は、どこなのか??

それは、毎日、日常でも働いてくれている部分です。酸素を吸う事で呼吸したり、食べる物で消化や分解をしたりして体を動かすことができるエネルギーを生産してくれている所です。

人が体を動かす時には、必ず疲れが生み出されていきます。内臓も消化したり分解したり呼吸したりする事でも内臓に多くの疲れがたまっていくことが、本当に起こります。

この蓄積が問題なんです。

そして人の体は弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は疲れが多くたまる事はありません。しかし弱い部分は、そうは、いきません。

弱い部分には、何をしても、何もしなくても疲れがたまっていきます。

そうでもない部分は疲れを自力で少しでも減らしていきますが、弱い部分は、そうではありません。

弱い部分には多くの疲れが溜まりやすく、ため込んでしまった疲れは残っていきやすくなります。その蓄積で姿勢が悪くなり、猫背になる原因になります。

弱い部分が筋肉の場合もあるでしょうが、筋肉は体の表面しかありませんが、内臓は、体の奥になり、一番、重要な器官です

普通でも多くの疲れが毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものが溜まります。この全てが、筋肉にも、たまりながら内臓に蓄積していきます。

日常で多くの疲れが蓄積していくと、体は、何が起きるのか??

ありとあらゆる悪さが起こります。

当然ですが代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

しかし、それだけではありません。

浮腫みも多くなり脂肪が増えていき、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレになります。血液の流れも神経の流れもホルモンのバランスも悪くなり内臓の働きが悪くなります。

疲れがたまると痛みやコリになる場合と、ならない場合があります。

人によっては生理痛がひどくなったり、寝込むような生理痛になる場合もあれば、ひどい便秘になったり、膀胱炎になる方もいます。

腰痛や肩こりに代表されることが起きなくても、確実に体が蝕まれて姿勢を悪くして防御して猫背になります。

もちろん守るための動作なんですが、姿勢で内臓を圧迫することも起こります。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーで疲れはウも出されていきますが、眠りの問題が一番、影響が大きくあります。

眠りの浅さは、自分で気が付いている方もいれば、気が付いていない方もいます。

熟睡

眠りの浅さから姿勢も悪くなり猫背に

眠りとは熟睡の事を言います。熟睡とは脳が寝ている時間です。つまり布団やベットの上で目を閉じて横になってスースー寝息を立てていても寝ているとは言えません。

例えば6時間から8時間の睡眠時間があっても熟睡できる時間は最高で30分以内です。

この30分の時間が取れているか、取れていないかで、熟睡しているか、していないか決まります。

30分の熟睡がどれくらいできているのか、です。

また、熟睡が取れていないのかです。

疲れが多くなると、減らすことは一番、大変です。

疲れが多くなると、美味しい焼肉を食べてもウナギを食べても減りません。食べることで内臓は働くので負担にもなります。

疲れを由一、減らす事ができるのは、寝ている時だけですが熟睡の時間が、一番、減りやすいそうです。

つまり熟睡していなければ、減らないどころか、多くなるばかりです。

こんな状態では疲れが山となって多くなり、猫背になるもの、姿勢が悪くなるのも当然です。

眠りのは2つの種類があります。

一つは不眠症、もう一つは睡眠負債です。

不眠症

不眠症と姿勢、猫背

不眠症とは寝つきが悪く、1時間も2時間も眠れないのが、不眠症です。

不眠症は、夜に何回も目を覚ますのも不眠症ですし、すぐに眠れても不眠症です。

不眠症の方は検査してみるとボロボロになっている方ばかりです。

 

 

睡眠負債

睡眠負債と姿勢、猫背

睡眠負債の方は目が覚めないから寝ていると思っている方ばかりですが、実は睡眠負債は、かなり良くありません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の時間しか記憶に残りません。

その為、寝ていると思っています。

単純に目が覚めない方らと。

一番、怖いのは寝ながら考え事をしている睡眠です。

 

 

 

 

疲れやストレスの蓄積の多さが猫背になる。

自分でも気が付かない睡眠負債が姿勢を悪くしてしまいます。

姿勢が悪くなると猫背になるので、多くの方が間違ったことをしています。特に姿勢矯正ベルト、猫背矯正ベルトは最悪です。

また、運動したりすることも間違いです。

それには理由があります。

どうして猫背になるのか、姿勢が悪くなるのか、考える必要があるからです。

猫背矯正、姿勢矯正

何も考えもなく何かをしても効果は上がりません。

その為には、何が必要なのかと言うと検査です。検査と言うのは病院でおこなう病気の検査しかありませんが、当院で行う検査は違います。

病気の検査は病院に任せるとして、検査するのは体調の検査です。最近は多くの方が体調を落としています。体調を落とすとは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債に関係があります。

特に睡眠負債を説明すると多くの方が誤解していますが不眠症とは違います。不眠症は寝つきが悪く、寝ようとすると1時間も2時間も眠れないのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますのが不眠症の特徴です。

これに対して睡眠負債は目が覚める事はありません。その為、寝ていると思っています。実は、眠りと言うのは大脳が寝ている時間を言います。

疲れやストレス

人が見てスースー寝息を立ているから寝ている訳ではありません。

眠りと言うのは大脳が寝ていることを言いますから、夢を見る時間も寝ているとは言いません。しかし睡眠負債の特徴として寝ながら考え事をしている睡眠をしています。つまり眠れていないと言う事です、その為、疲労が強くありますが大脳が弱っているために、感じる事が出来ていません。大脳もマヒした状態になります。

つまり鈍感になります。

 

体には多くの疲れやストレスがたまっていきます。自分でもたまっていると思わなくてもたまっていますから、多くの疲れやストレスがたまると、誰でも姿勢が悪くなり猫背になっていきます。

疲れやストレスがたまって姿勢が悪く猫背になっているのに、運動したりすることは間違いです。筋肉を鍛えれば良いと言う訳ではありません。

姿勢矯正ベルトや猫背矯正ベルトなどは無理な姿勢を作っているだけですから負担が大きくあります。その為、多くの方は、持ちません。

背中を突き出して胸を張ると言う姿勢は、姿勢が悪い方には負担が大きくあります。その為、無理な姿勢になっています。

姿勢が悪くなったり猫背になるのは、今の体調では自然な状態です。

疲れやストレスがたまって落ちた体調を戻していくと、自然と猫背ではなくなっていきます。

体調を上げる

普通、一般的に体調を上げる施術はありません。マッサージしても揉んでも体調を上げることと、気持ち良さは違います。

揉んだりマッサージしたりして感じる気持ち良さは、気持ち良さであり体調を上げていることには、なりません。

またサプリメント、医薬部外品でも病院で行う点滴でも体調は上がりません。

体調を上げるのは自分自身であり、自分自身の大脳の力だからです。しかし、最近は多くの方が脳の力を落としていますから自力で上がることがありません。

その理由は、疲れやストレスの蓄積と睡眠負債にあります。

疲れやストレスの蓄積と睡眠負債

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスの蓄積ですが、疲れやストレスは弱い部分に多くたまっていきます。

弱い部分が疲れやストレスをためてしまうと自力で回復できませんから、姿勢が悪くなったり猫背になります。

逆に体調が良いなら猫背になる事もなく、姿勢が悪くなることもありません。

元気があれば猫背にはなりません

体調が良ければ姿勢が悪くなることもありません。

背中が丸くなる

内臓にたまる疲れやストレス

内臓に溜まった疲れやストレスを減らしていくと徐々に姿勢を正常に保つことができますので自然で正しい姿勢を保ちやすくなっていきますが単純にそれだけではないかと思いますので睡眠負債状態や睡眠障害が重なっていると内臓だけではすみません。

睡眠負債状態や睡眠障害などは不眠症とは違いますので不眠症といえば夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

しかし睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはありません。
目が覚めることはない代わりに一番浅い睡眠になっています。
一番浅い睡眠のことを寝ながら考え事を知る睡眠と言いますので寝ながら考え事をして睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えられていますが寝ながら考え事をしている睡眠というのは記憶に残ることはあまりありませんので目が覚めなければ寝ていると思っている方が多くいます。

体質改善の施術

当院では体質改善という治療ができますので体調が上がってとてもてきた時に治らないものを直していくのが体質改善治療になりますので体質改善の治療というのはアンチエイジングの治療でもあります。

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。