浮腫みを解消する為には体を整える事

  • はてなブックマークに追加
  • 浮腫みには浮腫みを解消する方法と浮腫みを取る方法とサプリメントでするよりも原因から改善していくようにしています。

普通は何もしなくても浮腫みが多くなることはありませんのでムクミが増えてしまう理由として一番にあげられることは何かが体に起きていて、リンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積する事から水が増えてむくみになっています。

顔の浮腫み

ということを考えればリンパをただ流せばいいというわけではなく、リンパマッサージはリンパ療法というのはあまり意味がありませんので、リンパマッサージやリンパ療法というのはリンパを流しているだけですから原因から改善していくことはしていません。

リンパを流すためには軽いマッサージが、有効だとテレビなどで言ってしまったため、単純にリンパマッサージというのが流行したわけですけど、リンパが多くなる理由として一番にあげられることは流せばいいというわけではなく、老廃物を解消すればいいというわけではなく、体から整えていかなければ表面上の水を流しているだけにしか過ぎません。

表面上の水を流すと確かにリンパはなくなっていき浮腫みが減っていくでしょうけど、またすぐに戻って行きますしやればやるほど、浮腫みは多くなります。

やればやるほど浮腫みが多くなる理由は、浮腫みの原因から改善していないからです。

足の浮腫み

浮腫みが増える理由

浮腫みが増えてしまう原因として挙げられる二つの大きなものが存在しています。

浮腫みが増えてしまう原因として挙げられるものは特別なものではなく、毎日毎日の生活の中に存在しているものですから、毎日毎日の中にあるものというのは、生活において増えるほどであり仕事をすることでも増えるものであり、運動したり筋トレしたり歩いたりすることでも増えていくものであり、精神的な緊張やプレッシャーなどでも多くなるものです。

疲れやストレスの蓄積と浮腫み

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張が高くなるばかりなので多く満たされていくものは疲れやストレスなんですが疲れやストレスが溜まっていけばいくほど代謝も悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が多くてもあるということが起きています。

しかし、それだけではなく筋肉の緊張や筋肉疲労やこりも同時に起こりながら骨盤の歪みは背骨のズレも同時に起こしていき内臓の働きも病気ではない状態で低下していきます。

疲れやストレスというのは流れを悪くしてしまう原因になり色々な問題を起こして行きますが、浮腫みというのは、脂肪とは違って脂肪自体が増えてしまうこともあるんですが、浮腫というのは水という状態で増えていきますのでリンパの働きの問題で多くなるものです。

疲れやストレスが体に多く蓄積していくと代謝も悪くなって、流れが悪くなり老廃物も停滞気味になり、よどんでいる状態でむくみになっていきます。

疲れやストレスの蓄積と浮腫み

逆に何も原因が鳴ってむくみが多くなっていれば大変なことが起きていますので、病院に行って一度検査する必要がありますが多くのむくみの場合は、流れが悪くなることが原因で起きていますので流れが悪くなるのは疲れやストレスの蓄積なんですが、最近、多くの方が疲れやストレスを多くため込みすぎている結果、浮腫みが起きている場合もありますので、簡単に減らないこともあります。

眠りの問題からも浮腫みが

毎日の生活や運動することで仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなる疲れやストレスもあるんですが眠りの浅さからくる疲れやストレスも蓄積していくということがありますので両面から考えてやらなければいけませんが一番、問題になってくるのは眠りの浅さの方です。

熟睡と浮腫み

最近は自分でも気が付いていないで眠りが浅くなっている方が多くいるんですがね無理というのはただ寝ていればいいというわけではなくふとんの上やベットの上でスースー寝息を立てて目を閉じていれば寝ているのかと言うと、そうではありませんので、眠りというのは熟睡ができているのかということになります。

眠りというのは脳が寝ていることつまり熟睡状態の時間の長さを言います。

もちろん長ければ長いほど良いわけですけど、8時間睡眠時間があっても取れるのは30分以内だと言われています。

よく朝から顔がパンパンになっているということを聞くと思うんですが、朝というのは顔が一番引き締まっていなければいけませんので、眠りが浅ければ自分でも目が覚めなくても寝ていると思うでしょうが、朝から顔がパンパンになるということは考えられません。

不眠症と浮腫み

不眠症という言葉があるように不眠症というのは寝つきが悪く寝ようとする時に1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症の特徴なんですが、夜中に何回も目を覚ましてしまうのも不眠症の特徴になりますので目を覚ましても、すぐ眠れるからといって眠りの問題ができているのかということが考えなければいけないと思います。

寝つきが悪かったり夜中に何回も目を覚ましてすぐ眠れるからといって寝ているわけはありませんし本当の良い眠りができていない限りは熟睡ができていないということになりますので、脳がどんどん、どんどん日増しに弱っていき、脳内ホルモンの脳内麻薬が出て痛みやコリを分からなくなってしまっているということもありますので、その結果として大量にむくみが出てしまっているということも考えられるということ。

浮腫みと不眠症

不眠症のある方ほどむくみが多くなるのは当然ですし総合的な体調を検査しても異常と思えるぐらい落としているので痛みやコリを感じていないぐらいの状態の方が多くいますが検査をしてみるとそんな状況じゃないということがしっかりと分かりますのでどうすれば改善することができるのかという考えもしなければいけないほど大変なことになっています。

熟睡ができないというのは最大のストレスになりますので最大のストレスというのは色々なものを悪くしてしまいますので丸くした結果、流れも停滞して流れが停滞しただけではなく内臓の働きが落ちているという風に考えると骨盤の歪みは背骨のズレもあるというふうに理解が出来ると思います。

 

睡眠負債と浮腫み

新しい言葉だんですが昔は不眠症という言葉しかありませんでしたが睡眠負債という言葉が新しく生み出されていますので睡眠負債というのは夜、寝ようとする時に寝つきが良くすぐ眠れる市朝まで目が覚めないのが特徴なんですが、普通ではあればいい眠りをしているように思うでしょうが実は浅い睡眠しかしていません。

夜に目が覚める事がないため朝までぐっすり寝ていると思うでしょうが目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残っていなくて、夢を見る睡眠しかとっていないことが熟睡していると勘違いしてしまっています。

睡眠負債と浮腫み

当然、睡眠負債の方も不眠症の方と同じように、体がガタガタでボロボロになっているのに脳内麻薬が多く出て脳が麻痺した状態になれば、痛みやコリも感じにくく、自分の体調さえもわからなくなっていき風邪をひくこともないので、自分が元気だと思っている方も多くいますが元気だったら浮腫みが多くなることもなく、増える事もありません。

元気だから風邪を引くことができます。

脳が元気だから、 骨盤のゆがみや背骨がズレたら、痛みやコリを感じます。

 


浮腫みを減らしたり解消しようと思うなら浮腫みが、どうして多くなっているのかということを考えなければいけませんので、浮腫みというのは脂肪とは違います。

脂肪が増える理由としては、食べ過ぎていたり甘いものを多く食べたり、ご飯類を過食したり運動不足だったりエネルギーの過剰摂取から起きるものが多くあるんですが、浮腫みというのはリンパの働きが悪くなり老廃物が多く貯まることから起きる現象です。

むくみを解消するときにリンパマッサージとかリンパ療法という方法がありますがリンパというのは軽くマッサージした方が流れやすいということでリンパマッサージやリンパ療法などの方法があります。

浮腫みとは

浮腫みと顔

例えばですけど顔が朝からパンパンにむくんでいるとか体がパンパンにむくんでいるということは考えられないことなのでどうしてむくみが起きるのかということを見つけ出さなければいけませんので朝が一番、引き締まっていなければならないからです。

多くの方がむくみというのをよくわかっていないでなんとなくむくみだと思っている方が多くいますがむくみというのは大変なことが起きているんです。

普通は何も原因がなくてむくんだりすることはなく、どうして浮腫みが起きるのかということの原因があるからむくんでいるわけです

むくみというのは単純にリンパを流せばいいというわけでもなく老廃物を流せばいいというわけでもなくリンパマッサージをすれば流れるかと言うと一時的には流れるんですがまたすぐに元に戻ります。

元に戻るのは原因から改善していないから何です。
どうして浮腫ができるのか。
どうしてリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まっているのか。


足の浮腫み


 

浮腫みを減らしていくならサプリメントよりも運動するよりもストレッチよりも、なによりも体を整えていくことが大切です。

何をしても体が歪みやズレが起きていたり、崩れたままでは効果も出ません。

浮腫み
北九州市小倉北区 50代の女性
体と顔の浮腫みを解消して欲しい。

院長:
浮腫みを減らしていくなら体調を上げていくことからしないと効果はありません。
浮腫みと言うのは体調の低下でリンパの流れが悪くなって老廃物が増えてしまっていることが原因ですから体調から上げて整えることが一番大事です。


当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉南区 30代の女性
脚の浮腫みを解消したいです。

院長:
脚の浮腫みを減らすなら体調が悪いと減りにくくなりますから体調を上げるだけでも足の浮腫みが減ることがあります。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※ 変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

浮腫みは

体の浮腫みは色々な原因が考えられます。リンパの流れ、体調、体質です。ほとんどの場合、当院でも、浮腫みの解消をする方が多くいらっしゃいますが、ほとんどの方の体調が悪く、調子を落としているばかりです。体調を落としているとリンパの流れも悪くなるのは当然起きています。 体調が悪くて浮腫みが起きる事はありません。 浮腫みを減らしていくには、体調と体質から起きていますから。

浮腫みでお悩み

リンパの流れ

リンパの流れも停滞すると、浮腫みが起こります。しかし、なぜ、停滞するのか理由がハッキリしません。何かの原因でリンパの流れが停滞しているから浮腫みになります。リンパの流れの流れは、静脈に流れていきます。鎖骨の所の静脈にリンパの流れは続いています。この流れが停滞していくと浮腫みになります。

 

リンパの流れ

 

では、なぜ??停滞するのか

しっかりとした理由があります。リンパの流れの流れも働きですから、何らかの理由でリンパの流れが滞ります。これが体調なんです。体調を落とすと、色々な流れが悪くなります。その中にリンパの流れもあります。しかし、リンパの流れどころではありません。色々な血管の流れも悪くなっています。内臓に行く血管、脳へ行く血管、手や足に行く血管などなどです。

だから、冷えや浮腫みが

体調が悪いと代謝や循環も悪くなります。体全体の流れが悪くなります。その中にリンパの流れもあります。しかも、内臓の働きが低迷して悪くなります。

この中に肝臓もあります

肝臓は、リンパの流れと関係が深くあります。リンパの流れの流れと肝臓は関係がないような感じなんですが、深く結びついています。そういう結びつきかと言うと、リンパの流れに命令を出しているのが、肝臓のホルモンです。

肝臓から出るホルモンが、リンパに命令を出して流れるようにしてくれます。だから、体調と肝臓が浮腫みに深く関係しています。





ただ、単純に電機などで浮腫みを減らそうとしたりするのではなく、ダイエットで浮腫みを減らすことでは、戻りが大きくなります。

必ず、浮腫みは、浮腫み体質と言うのが関係しています。

浮腫み体質の方が、体調を落とした時に、浮腫みがより多く出てしまいます。顔の浮腫み、手の浮腫み、足の浮腫み、体の浮腫みなどが、体調が落ちた時に多くなります。

浮腫みの解消
浮腫み体質の方が体調が悪くなった時に、起きるのが、浮腫みです。

浮腫みが起きやすいのは、疲れやストレスの蓄積から起きています。体に疲れやストレスが多くたまると、体は疲労していきます。この疲労が、リンパの流れも悪くしてしまします。 リンパの流れが悪くなると、老廃物も多く蓄積していきます。 これが、浮腫みになる方もいます。

また、体に疲れやストレスが多くたまっていくと、代謝が悪くなりますから、それだけでも、浮腫みになります。

当院の体質改善で

当院には、体質改善という施術法があります。この体質改善は体調を上げて良くしたときに、初めて施術できる特殊な施術法です。根底にあるのは、体質なので、体質改善でそれを根底から変えていこうと考える施術です。

体質改善と言うのをよく聞くと思いますが、普通は体質改善にはなっていません。 サプリメントを飲んでも体質改善とはなりません。 クリームを塗っても体質は変わりません。 そんなに簡単に体質が変われば体質ではありません。

体質改善で体を変える時には、体の中から直していきます。

 

詳しくは体質改善のページへ

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。