更年期障害の治し方

更年期障害だと言われたら、病院で、もらう薬も良いと思いますが。更年期障害には原因がありますから原因から変えていくことも考えてみてください。

更年期障害の方は、何かの体の不調や異常があって病院を訪れて色々な検査をしても、異常らしい異常が見つかる事もないから年齢で言われることがあります。

閉経前後の年齢になっていれば検査しても異常が出ないから更年期障害だと言われます。そうすると多くの方が納得するからです。

更年期障害

昔で言えば、神経痛だと言われていることと、同じようなモノです。

つまり異常が見つからないからです。異常が見つからないと言うことは病気ではありません。

病院は病気の専門家ですから、病気になれば病院で検査することが必要です。しかし病院で検査しても異常が出なければ病気ではないかも知れません。(場合によっては見つからないだけかもしれません)

しかし更年期障害だと言われてしまうと、多くの場合、薬の方法になります。

本当に、薬だけで良いのか、他に方法がないのか??

もちろん病気の先生は絶対ですから薬の処方があれば従う必要があります。

しかし当院では独自の検査をしていますから、体の状態が、わかります。

更年期障害と自律神経失調症は分別はできません。同じような症状が起こります、違いは閉経前後の年齢くらいしかありません。

閉経前後になるとホルモンバランスが崩れて、ありとあらゆる症状が起きるのが更年期障害ですから。

しかし、それだけではありません。年齢におきて閉経はありますが、それだけではなく体に状態も深く関係しているからです。

体の状態とは、2通りの状態があります。一つ目は体調です。

体調と言うのは意味不明な言葉の一つです。

自分で体調が良いと言えば体調は良いことになります。

しかし更年期障害がある訳ですから体調が良い訳ではありません。

 

更年期だからといって更年期障害が出るわけではありませんので更年期でも何も症状が起きないで閉経を迎えるこ方もいますので更年期障害になる方は障害になる問題があるということです。

更年期になっても何も弊害がなるものがない場合は、更年期障害は起きるものではありませんので、誰でも更年期障害になることはありません。 更年期障害になるのは原因がいくつか考えられるんですが、一つは体調の度合いと体質と眠りに問題がありますので、大きく分けてこの3点の問題が大きくあると更年期障害になっていきます。

更年期障害とは

更年期障害になってしまった方は病院に行って検査を受けてみると今更年期障害だという診断が下ってホルモン系の薬や安定剤や睡眠導入剤などの薬をもらうことが多くあると思いますので病院に従って薬を飲まなければいけません。

しかしそれだけでは解消しないということも多くあるためにまずは体から整えていくということが優先だと思います。

薬を飲んでも体が整うことはありませんので当院では検査することをして、どういう状況になっているのかということを考えながら解消することをしています。

疲れやストレスの蓄積と更年期障害

年齢的に更年期に近い形が疲れやストレスを多く貯めてしまって更年期になっていくと色々な症状が起きてしまって自力で回復することができないぐらい体調を落としてしまうと更年期障害になってしまいます。

体調を落とすというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで体には多くの疲れやストレスが蓄積していきますので疲れやストレスというのは弱い部分や弱っている部分にたまる傾向がありますので弱い部分が閉経前後の内臓であれば内臓に蓄積していき自律神経のバランスを崩した状態で起きるのが更年期障害になります。

しかし疲れやストレスというのは、美味しいものを食べても、焼肉を食べても、鰻も食べても減ることはありませんので唯一減らすことができるのは熟睡の時間だけです。

眠りと更年期障害

眠りというのは布団やベッドの上で目をつぶってスースー寝息を立てていれば寝ているのかと言うと違います。
眠りというのは大脳が休養とって寝ている時間つまり熟睡の時間はどれぐらいあるのかということなんですが8時間睡眠時間のある方が深く熟睡できる時間というのは30分以内だと言われています。
つまりこの30分の時間があるのかないのかね体調の状態が違いますので更年期障害から脱出出来るのか出来ないのかということの問題も違ってきます。

不眠症と更年期障害

更年期障害の方が眠りに問題を抱えていると二つの眠りの問題がありますがその一つというのは不眠症です。

不眠症と言うと夜寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないのが不眠症の特徴なんですが夜中に何回も目を覚ますのも不眠症になります。

眠りに問題を抱えているのに体調がいいわけはありませんけど最近多くの方が大脳お得に弱らせてしまっている方が多くいますので大脳が弱れば弱るほど脳内ホルモンが多く出てしまい脳内麻薬のホルモンが多く出て痛みやコリを分からなくなっていて限界まで悪くした状態でやっと何かの症状を感じているということもあります。

 

睡眠負債と更年期障害

睡眠負債の方は夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんです。

夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど浅い睡眠しかできていないのに目が覚める瞬間に夢を見るから寝ていると思っている方がいます。

この形が更年期を迎えて更年期障害になっているとホルモンのバランスもすごく悪く大脳の働きも低下してしまっているので大脳が元気じゃないと回復することができません。

 

 

 

当院では北九州市小倉北区からも更年期障害なら。

更年期障害になる時には閉経だけが原因ではありません。女性であれば40代から50代ではホルモン分泌が低下していきますから更年期を迎えますが更年期障害になる方はなりますが、ならない方もいます。

更年期障害になる方と、ならない方の差があります。

閉経前後の方が体調を落としていることが多くあります。普通は自力でも回復できるものが回復できないまで落ちていると薬では回復しません。

一度には無理ですが体調を回復させていくと徐々に更年期障害の症状から解放されていきます。治療したあとダルクなる事もあります。

更年期障害

更年期障害

更年期障害になると色々な症状が起きていきます。ある年齢の方が対象で更年期障害になります。多くの方は閉経を迎える50歳前後の方が発症していますが40代でも更年期障害になります。閉経が50歳代とは限らないからです。

30代でも閉経の兆候がある方もいます。

更年期障害

長く兆候が出てしまっている方が長期間、患う方もいます。

体から直せないと薬、サプリメント、医薬部外品、漢方と言う事になります。

当院では更年期障害を体から直していく事をしていきます。しかし1回や2回で直ることはありません。しばらくの期間が必要になります。

更年期障害になる方は、閉経と重なっていることが多くありますが重なっているものは体調です。体調を検査すると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

更年期障害とは

基本は体調

奈落の底のような体調、ドン底のような体調は疲れやストレスの蓄積と睡眠負債に原因があります。

体には毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。

疲れやストレス

疲れやストレスはどこにたまるのか。

例えば体は体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水と言っても血液、リンパ液、体液です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経も内臓の一部です。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

閉経になる方が体調を落とすと

閉経を迎える方が体調が落ちていくと更年期障害になります。

そして疲れやストレスだけではなく睡眠負債も深く関係しています。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。眠りというのは大脳が寝ていることを言います。つまり熟睡です。

熟睡ができていれば閉経の前後でも更年期障害になることはありません。全員が閉経を迎えますが全員の方が更年期障害に悩まされることはありません。

何かの原因があるから更年期障害になっています。更年期障害になる方と、ならない方がいます。

更年期障害を原因から解消するには病院からもらって薬ではなく原因があります。

原因から改善していくようにしましょう。

更年期障害は閉経前後に起きる体調の悪さといろいろな問題が重なった時に起きていますのでホルモンのバランスだけで起きるものではありませんので色々な関係するところを整えていことで更年期障害は解消されて楽になっていくと思います。

病院などで診察して体のいろいろな不調状態を訴えるとカルテに書いてある年齢を見て50歳前後であれば更年期障害という診断が下る場合も多くあります。

すべては年齢において決まることなどで色々な検査をしても異常が出なければ病気ではないという診断が下りますので病気ではなければ自律神経失調症か更年期障害しかありませんのでどちらかが病名として決まります。

病院では

病院では異常がなければ、もうそれ以上検査しても分かりません。病院では病気を見つけて治療するのが目的の専門家ですから、病気ではないとわかりませんから、いくら訴えてもそれ以上はわかりません。

そうすると年齢を見て更年期障害と言う診断が下ります。年齢的に50歳前後であれば閉経が考えられるということから更年期障害という診断が下ってしまいます。そうすると治療というのはホルモンのバランスを整えていく薬か症状を抑えていく薬かということの薬の治療になります。

当院の改善法は、

当院の更年期障害からのを改善法は、まずいろいろな調子を整えていくことから初めていきます。

薬でいろいろな症状を抑えることもできると思いますけど抑えているだけでは何もなりませんので改善と解消をしていくことが、一番重要です。

いつまでも薬で抑えていても色々な悪さは改善されない場合も多くありますので、原因から変えていかなければ、何も変えることはできません。

薬というものは治すことはできませんので抑えているだけだと思います。

多くの更年期障害の場合どうして更年期障害になっているのかという理由がありますのでその理由から改善していくようにすると更年期障害は徐々に変化して改善が見受けられるようになります。

何よりもすべての問題は体調に起因しています

体調を上げていくことがすべての問題の解消になりますので、体調が上がってくるとホルモンのバランスも整っていき内臓の働きも矯正されて、いろいろなバランスが整っていきます。

 

 

 

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。