骨盤矯正で小尻に


  • はてなブックマークに追加
  • 骨盤矯正でストレッチするよりも骨盤ベルトで固定するよりもグッズよりもクッションよりも効果が高い骨盤矯正をしています。

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。骨盤矯正をしていくなら顔に多くなった脂肪を減らす事、浮腫みを減らす事、骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正することは当然ですが、それだけでは少ししか変わりません。

骨盤矯正で骨盤を小さくする

骨盤矯正と言っても、骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正すれば良いと言う訳ではありません。

骨盤矯正なら

実は、最近は多くの方が骨盤矯正に来ていますが、当院では検査する事ができますから検査してみると全員の方の骨盤が正常ではありません。正常ではないと言うのは異常と言う訳ではなく骨盤が大きくなって太くなっていると言うことが多くあります。

これを正常に戻していくと骨盤が小さくなっていきますが簡単には小さくなりませんから数回かかります。

 

骨盤矯正で小尻に

 

骨盤を小さくしていく為には

今まで多くの方の骨盤をを小さくしてきましたが、院長が『体調はどうですか』とか、『調子が悪くないですか』と聞くと、多くの方が同じ答えを返してきます。
同じ答えと言うのは、「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と答えてくれますが、当院では検査する事ができますから検査してみると全員の方が体調は悪く骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくあります。そして、それだけではなく背骨のズレがありガタガタ状態になっています。
これらは体調の悪さを表していますから、本当は体調が悪いと言う事なんですが、体調が良いのか、悪いのかと言うことは抽象的なものでしかありません。と言うのは今まで30年間以上、骨盤矯正をしてきて体調が良い方は一人もいません。

体調の悪さとは痛みやコリが無いからと言って良いとは限りません。体調の悪さと言うのは何を指しているのかと言うと疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスがたまっていない方はいません。骨盤矯正をしていく時には深く関係するものは疲れやストレスです。いつの間のカたまってしまった疲れやストレスが体にもたまりながら顔にもたまっています。

疲れやストレス

骨盤に多くの疲れやストレスがたまると骨盤のの大きさが正常では無くなって大きくなります。そして骨盤に浮腫み、脂肪が増えていきます。この蓄積した疲れやストレスを減らしていくと骨盤が小さくなって細く引き締まっていきますが1度ですべて減らせる事はありません。
当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが、小さくなった方が骨場の小ささを維持することや持続力はありますか、と聞かれますが、それには体の状態も検査したり整えたりしないとないと思いますと答えています。維持することや持続性は全体が関与しています。しかし骨盤矯正ですから初回は本当に骨盤が小さくなることからしていますので骨盤だけ触っていきます。

当院では評判の良い骨盤矯正をしていますが、骨盤を小さくしていく為には検査することから始めていきますが、今まで多くの方が小尻になっています。と言うのは今現在の骨盤の大きさが正常ではないからです。これも骨盤矯正を研究してわかったことなんですが希望されて訪れた方、全員が骨盤が大きく肥大していることがわかったからです。
しかし何も原因がなくて肥大する事はありません。と言うのは骨盤が肥大すると言う事は普通ではないからです。もちろん骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正することは、もちろんですが。

疲れやストレスと小顔矯正

骨盤が肥大するということは骨盤が大きくなります。つまり骨盤の肥大で大きくなっているとしたら正常に戻すことで小さくできると言う事になります。
他院では検査もできない先生が骨盤矯正をしている場合もありますが当院では研究と臨床と実践に努めています。

骨盤が大きくなる原因・肥大する原因

何も原因がないのに骨盤が大きくなることはありませんし肥大する事はありません。何かがあるから起きている現象です。それを突き止めないと骨盤を小さくすることはできません。
骨盤が大きくなって肥大している原因は毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスにあります。疲れやストレスがたまっていない方はいません。と言うことは全員の方があると思います。

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くの疲れやストレスが生み出されていきますが疲れやストレスというのは体に溜まるということはわかっていますので体のどこに溜まるのかという問題がありますが骨盤も体の一部ですから疲れやストレスがたまらないということはないと思いますので骨盤に疲れやストレスがたまるということが本当に起きているんです。
骨盤矯正をしていくときには多くの治療院で骨盤矯正をしていると思いますが単純に骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正するだけに留まっています。
ですから当院のような検査をしているところは少ないと思いますので当院では正確な検査をすることをしていますから骨盤が大きくなったり肥大している原因を突き止めて正常に戻すことをしていくと骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしています。

小顔矯正と疲れやストレスの蓄積

体質改善と骨盤矯正

当院では骨盤矯正をしていくときに体質改善の治療で骨盤矯正をすることができますので体質改善というのはアンチエイジングの治療であります。

骨盤に疲れやストレスが溜まるということは疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので骨盤のどこが弱いのかにおいて問題が違ってきますが疲れやストレスが溜まっているところを解消して正常に戻すことをしていくということは弱い部分が存在しているからです。 弱い部分を強くすることができるのが体質改善の施術になりますが一度で体質改善が全て終わることはありませんのでしばらくの通院が必要になります 。

体質改善の矯正ができるのは早い方で3回目ぐらいからですから初回からできるものではありません。
体質改善の説明は専門のページで行なっています。

 

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をして行く時には

1回目

骨盤矯正をするので自分の骨盤の幅を覚えてもらいます。骨盤矯正をしたあと、実際に小さくなったのがわかるように自分の骨盤の幅を触っておぼえます。矯正したあと、本当に小さくなったのが、わかるようにしています。

2回目

1回目の骨盤矯正で骨盤が小さくなったのが、そのまま維持できている方はいません。それには理由があります。どの方も骨盤矯正をしたあとの小ささを維持してくれれば、やりやすいのですが多分、そんな方はいません。と言うのは関係する部分の調整が済んでいません。つまり戻りがあると言う事ですが、戻りがあるのは矯正の技術的な問題ではありません。つまり患者さん側の問題なんですが、骨盤を小さくするまでが骨盤矯正の技術です。戻るのは疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠障害、睡眠障害に深く関係があります。

3回目~

3回目以降は疲れやストレスがたまった部分から疲れやストレスを減らすことと睡眠障害、睡眠障害のある方は改善しなければ崩れやすくなります。ただし一番、難しいのが睡眠障害、睡眠負債です。不眠症とは違います。

不眠症とは夜中に何回も目が覚めたり、寝ようとすると1時間も2時間も目が覚めて眠れない方が不眠症です。睡眠障害、睡眠負債の方は目が覚めません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

できる時には体質改善の施術も必要になります。

骨盤矯正で骨盤を小さくするには

骨盤矯正をしていくのは、骨盤を小さくしていく事なんですが、多くの方が骨盤矯正と言う意味を分かっていなくて、ただ骨盤を小さくしたいと言うことで訪れます。

骨盤を小さくしていく為には、どうしたら骨盤が小さくなるのか、と言うことを考える必要があります。

骨盤矯正と言うと骨盤周辺の浮腫み、脂肪を減らす事でも骨盤は少し小さくなります。

骨盤矯正と言うと骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すると骨盤が少し小さくなります。

しかし骨盤が小さくなれば、なったで中の内臓はどうなるのか、と言う疑問があります。

骨盤矯正と内臓

そして骨盤の歪み・骨盤の開きが、どうして起きるのか、と言う疑問があります。

今まで骨盤矯正をしてきて、多くの方の骨盤を小さくする事をしてきましたが、当院では大切にしていることがあります。それは自分で骨盤が小さくなったのがわかることです。

その為、スタッフが計測することはしていません。メジャーでスタッフが測ることはしていないので希望されて来た方がわかるようにしています。

骨盤が小さくなったのがわかるようにしていますが、触り方は簡単ではありません。簡単に触ってしまうと小さくなっても分かりません。骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありません。骨盤矯正で変わるのは1センチだったり2センチだったりと言う感じです。

例え1センチ小さくなっても、わかるように触って下さい。触り方は説明します。

骨盤矯正で小尻になる矯正をしていますが骨盤矯正をして行くときには、深く関係していることがあります。