肩こりになるのは

肩こりになるのは、どうしてコリになるのか、多くの方が悩んだり困ったりしている肩こりの原因を見つけています。

肩こり

肩こりを感じたら、普通は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり、マッサージしたり低周波治療器や電器をしても針を打ったり、お灸をしたり指圧をしたり病院で注射を打ったりしている方が多くいます。

また整体院やカイロプラクティックでも、背骨矯正でボキボキしたりすることもあります。多くは肩こりの原因が運動不足だとか、腕や肩を使う事をしないとか、使い過ぎだとか、同じ肩ばかりに荷物を持つからだとか、姿勢が悪いとか、色々言われます。

しかし、実は、それだけではありません。

肩こりになる時には、原因があります。

肩こりの原因

肩こりになるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。これは、誰でもあるモノです。ない方はいません。

毎日の生活で多くなるモノとは、何をしても多くなるし、何もしなくても多くなっていきます。

この多くなるモノが体に積み重なって蓄積されていきます。

これが疲れやストレスです。疲れやストレスがたまっていない方はいません。誰でも多くの疲れやストレスがたまっていますが、痛みやコリになっていないだけかも知れません。

また睡眠負債が最近、多くなっていますので睡眠負債が多くなると大脳は弱っていきますから、痛みやコリにマヒした状態になり体調の悪さや痛みやコリも感じなくなります。

限界まで悪さをためてしまうと、やっと感じる方もいます。

風邪やインフルエンザでも大脳が元気だから大脳の力で熱を出して上げていきます。細菌やウィルスを減らす為に熱を大脳が上げていきます。

しかし大脳が弱っていると熱を上げることができません。熱が出ないか、微熱になります。

そうすると隠れインフルエンザ、隠れ風邪になります。つまりあるけど発症しない状態です。

普通は疲れやストレスの蓄積で肩こりになりますが。それだけではありません。

睡眠負債から肩こりに

眠りが浅くても肩こりになります。

自分でも気が付いていないで眠りが浅い形が多くいますので眠りの浅い方ほど体調が悪くどん底られ体調をしていても、眠りが浅いために頭が弱っていると自分の体調の悪さも感じ取ることができないで悪さを溜め込んでしまって、限界までに進行した時に初めて悪さを感じてしまってもかなり進んでいますので回復が遅れてしまいます 。

眠りが浅いということは大脳が元気な理由はありませんので大脳が弱ってしまうと脳の形を変えてしまうこともありますので大脳というのは一番大切なものではありますので痛みやコリを感じなくなっているということが起きている可能性もあります。

肩こりと言っても肩こりがいい時もあれば肩こりを強く感じてしまう日もありますのでどこが違うのかと言うと疲れやストレスの蓄積度合いが違うわけです。

睡眠負債が多くあると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく起きていますがそして背骨のズレが大きくあるんですが骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがどうして起きるのかと言うと内臓に蓄積してしまった疲れやストレスが原因なんですが、睡眠負債において大脳まで弱ってしまっていると維持することができませんので維持できるようにしていかないと持続性がなくも取りやすく効果がなくなっていきます。

睡眠負債