肩こりを楽にしていく為に

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりにはストレッチするよりも原因から解消と改善してマッサージ感覚で病院よりも薬を使うことなくツボよりも歪みから改善する

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。ツラい肩こりを楽にする為には色々な方法がありますが、対症療法の施術が多くあり原因を見つけ出す事をしていません。肩こりになる方は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になる事はあります。

しかし対症療法と言う施術の範囲を出ていないので対症療法と言う施術法になっています。近くの整形外科で院長の奥さんの肩こりを和らげるために注射を打ったりして死に至らしめたと言う事件もあります。

当院の肩こりを解消していく施術は、二つあります。一つ目は対症療法をして楽にすることです。もう一つは原因を見つけ出す事です。

まずは、何よりも肩こりを楽にしなければなりませんから、楽にする為にはマッサージ、揉んだりすることは、もちろんですが、その先になる背骨のズレも整えなければいけません。

そして背骨のズレもズレを起こした原因がありますから、どうして背骨のズレが起きたのか、見つける事をしていきます。原因がなくて背骨のズレが起きる事はありません。

肩こりになるのは

肩こりになるのは、筋肉のコリと言うイメージがありますから筋肉のコリからほぐしていきます。しかし、どうしてコリが起きるのか、と言う問題の方が大事なのに、大事な問題を忘れて楽にする事ばかりしています。

楽にすることばかりしていると、原因も、いつまでも同じままではいられません。つまり進行していく事もあります。

例えば筋肉が、いつまでも凝りっぱなしだと筋肉は徐々に固くなっていきますが、この硬さは揉んでもマッサージしても何をしても、変わらない硬さです。この硬さのことを筋肉の老化と言います。筋肉が老化して固くなったものを揉んでもマッサージしても、変わる事はありません。唯一、できるのが体質改善の施術のみになります。筋肉も老化することがあります。

肩こりとは

肩こりが起きるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。多くなって積み重なるものが肩こりに進行していきます。

毎日の生活、仕事、運動することで積み重なるのは疲れやストレスです。疲れやストレスと言うと簡単に考えていますが、疲れやストレスほど厄介なものはありません。

疲れやストレス

疲れやストレス

疲れやストレスほど肩こりに関係するものはありません。しかし疲れやストレスは、どこにたまるのか、と言うことが問題です。

疲れやストレスは体の弱い部分にたまっていく傾向があります。弱い部分が筋肉でしたら筋肉に多く長期間たまると筋肉は徐々に固くなります。(一時的な硬さではありません)

しかし疲れやストレスがたまるのは、筋肉だけではありません。それには体に何があるのか説明しなければいけませんので、体には体重の65%は水分です。つまり体重が100キロの方がいるとしたら65キロは水分です。あとは神経と血管とリンパ管と皮膚、筋肉、じん帯、脂肪、骨、内臓しかありません。

この中に疲れやストレスがたまる部分があります。肩こりになる部分が弱いから、弱い部分に疲れやストレスが、たまり肩こりになります。

筋肉が弱い方でしたら筋肉のコリになります。そしてコリが長くある場合と、慢性化させると筋肉は硬くなります。(一時的な硬さではありませんので揉んだも柔らなくならない硬さです。)

しかし今まで30年間、肩こりを解消してきて筋肉のコリだけの方は一人もいません。全員の方が背骨のズレがあります。しかし背骨のズレを矯正しなくても筋肉をほぐせば楽になることもある為、背骨のズレが残っています。

疲れやストレスの蓄積

背骨のズレになるのは

背骨のズレになるのは弱い部分に疲れやストレスがたまったのが原因なんですが、筋肉ではなく、さきほど説明した神経と血管とリンパ管と皮膚、筋肉、じん帯、脂肪、骨、内臓に疲れやストレスがたまったのが原因で背骨のズレが起きています。

背骨のズレは姿勢でも起きる事はなく、体の中に原因があります。筋肉なんかよりも奥にあるモノが原因で背骨のズレになります。

場合によっては筋肉でも背骨のズレが起きる事もあるかも知れませんが。多くの背骨のズレは内臓にたまる疲れやストレスが原因で起こります。

内臓疲労が肩こりに

肩こりになる時には筋肉の疲労が起きて、背骨のズレが同時に起きています。背骨のズレは内臓疲労から起きています。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスがたまると肩こりになる

睡眠負債から肩こりになることも

肩こりは疲れやストレスの蓄積だけではなく、睡眠負債からも肩こりになります。睡眠負債と不眠症は違いますから、不眠症は寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないのが不眠症です。

睡眠負債は目が覚めることがありません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りとは脳が寝ている時間を言います。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

脳が寝ていることを眠りと言いますので、寝ながら考え事をしている睡眠は寝ている訳ではありません。脳が寝ているとは熟睡をしていることになります。

目が覚めないからと言って寝ているとは言えません。

睡眠負債は体を弱らせていきます。睡眠負債の方は気が付いていませんが奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方が多くいますが、悪さを感じていません。

睡眠負債

 

体質改善と肩こり

肩こりになる部分は弱い部分だと説明しましたので、弱い部分はいくら鍛えても強くなるどころか、弱くなり痛めやすくなります。

一度に変えることはできませんが、少しずつ、変える事ができるのが体質改善の施術になります。

体質改善は初回からできる方はいません。まずは体を整えたり、作ったりしないとできる事はありません。

体質改善