膝の痛みとは

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛みには階段を上るときやありるとき曲げるときや伸ばす時の痛み、外側や内側の痛み、ヒアルロン酸ばかりするのではなく原因から改善していくようにしています。

膝の痛みが起きる時には、曲げると痛いとか、歩くと痛いとか、階段を登ったり降りたりすることが痛みがあるとか、内側とか外側とか、色々な部分の膝の痛みを言われますが、何かが起きているから膝の痛みになると考えなければいけませんので水が溜まっていれば水を抜くことでも楽になることもあるんですが、水が溜まるのは、どうしてなのかということを見つけ出さなければ注射器で水を抜いても、また溜まることもありますので原因も水が溜まったから起きたわけではありません。

膝の痛み

膝の痛みがある方が当院に来られると、膝の痛みのある部分を触って確認することをしていきますが確認をしてみると、炎症や腫れが多くあるということがありますので、病院に行って注射器で水を抜いた、すぐに来られる方もいるんですが、水を抜いても炎症や腫れが残ったままになっていて解消していないということも多くあります。

膝の痛みの原因

膝の痛みになっている時には確認をしなければいけませんのでまずは痛みになっている部分がどうなっているのかということを確認する必要がありますし骨盤の歪みや骨盤の開きなども関係しつし背骨のずれて神経が圧迫されて起きている痛みだということも考えられるし、色々なものを考えながら矯正していうことをしなければいけませんので、単純に膝だけで解消できることもあれば、膝以外で原因から起きている可能性もあります。

膝の痛みとは

まずは、何よりも膝の痛みの炎症や腫れて痛みが起きていることが多くありますので、膝の痛みの原因である袁紹やはりから改善していかなければいけませんが、炎症や腫れというのはその膝自体で起きている現象ですけど、何かが原因で起きていますので、原因を見つけ出すこともしなければいけませんので、炎症や腫れを抑えたからといって、楽になることもありますが、その先にあるものが関係している場合も多くあります。

膝の炎症やハレから確認

先ほども説明しましたが膝の炎症や腫れを確認して膝の炎症や腫れがある方は炎症や腫れから改善していくことを優先的にしなければ、その先にあるものを見つけ出すことはできませんので炎症や腫れを解消すれば良くなるのかと言うと、そういうものではありません。

まずは何よりも膝の検査をしてみて炎症や腫れが、どこにあるのか、本当に炎症や腫れがあるのかということを検査して見つけたさなければいけませんので、深さ範囲などいろいろなものが反応します。

 

 

 

膝の痛みが起きてしまうと、サポーターを巻いたり、病院に行って水を抜いたり、ヒアルロン酸を飲んだり、ヒアルロン酸を注入したりという色々な方法があると思うんですが、膝の痛みの原因が分かっていない場合が多くあるので、水を抜いたりすることも構いませんが、どうして水が溜まるのかということを考えなければいけません。

膝の痛みが起きる時には必ず何かの原因が存在しますので、何かの原因から改善していかなければ水を抜いても、一時的に楽になることもありますが、どうして膝の痛みが起きるのかということを探すことをしなければ繰り返しやすくなっていきます。

年齢だから軟骨がすり減ったり損傷を起こすのは、起こりえることなんですが、なにかの原因があるから急速に起きてしまっていることも考える必要がありますので、何も原因がなくて年齢だからといって起きることはないと思います。

1度、傷がついてしまった軟骨は、ヒアルロン酸などを飲むことやコラーゲンを服用することで改善できる可能性もありますが、飲めばいいというわけではありませんのでまずは原因から見つけ出すことをしなければいけないと思います。

膝の痛みのある方は

膝の痛みのある方は片側だけの痛みの方でしたら、痛みのある膝と、痛くない膝を比べてみてください。

比べて見る時には、目で見たり手で触ったりということをしてもらうわけですけど、何を確認してもらうのかと言うと、ブヨブヨしている感じや腫れて大きくなっていたり太さです。

病院や整骨院などでも膝の痛みの解消をしていると思いますが、原因を見つけ出すことまで至っていませんので、水が溜まっていれば水を抜いたりするだけで、腫れを抑えて行こうとしていますが、多くの場合、原因が残ったままになっていますので、簡単な方法で楽になることはありませんが少しずつでも膝の痛みが楽になるように、または取れるようにしていきたいと思います。

膝の痛みがある

膝の痛みのあるのが片方だけでしたら痛みがない方と痛みがあるほうを触って確認してみることも必要ですからただいたいというだけではなく、膝の部分の上下を触って 痛みがない側と痛みがある側を比べてみてください。

膝の水を抜く

膝の痛みがある側というのはない側と比べて大きく太くなっていることもありぶよぶよになっていることもありますので炎症や腫れが残っていることや水を抜けば引き締まるのかと言うとそうでもありませんので炎症や腫れから改善していかなければいけませんが病院に行って水を抜いて来院した方もいますが触って検査をしてみると炎症や腫れが残っていることもあります。

病院に行って注射で水を抜いたりすると膝の痛みが楽になることが多くあるんですが、膝の痛みを水だけが原因だとは考えない方がいいと思いますので、どうして水が溜まったのかということを矯正していく必要があります。

水を抜いて痛みが楽になっても

●太くなっている ⇒ 炎症やハレがある

●ブヨブヨしている ⇒ 関節だけに水がたまる事はない

 

膝の痛みがない側

痛みがない側は細く筋肉質的な感触を得ることができると思いますので、筋肉質な感触を得るということは、炎症や腫れもないということですし、水も溜まっていないということを示しています。

必ず膝の痛みのない側から触って何を比べるとかということを自覚しながら触ることをしてください。
ただ膝を触っても分かりません。
膝を触った感触や大きさや太さやブヨブヨ感を感じ取るようにして触ります。

 

 

 

膝の痛みを解消するなら炎症やハレを改善しないと。当院では北九州市小倉北区からも来院しています。

膝の痛みのある方が来院すると一番にすることは膝を触って検査する事をします。膝の痛みのある方は病院に行ったりサプリメント、医薬部外品を飲んだり、注射を打ったりして痛みを楽にする事をしていますが、単純にそれだけでは改善できていない場合が多くあります。

膝のサポーターを巻いて圧迫しても締め付けているだけです。締め付けると血行が悪くなり流れが停滞して神経も圧迫されてしまいます。

締め付けたりサプリメント、医薬部外品を飲んだりすることもいいかも知れませんが検査をしっかりやって、どうして膝の痛みが起きているのか、痛みの原因を見つけていきます。

膝の痛み

当院では病院で治療している方も多く来ていますが、検査してみると全員の方が基本的なことができていません。

基本的なこととは炎症やハレの検査です。検査してみると全員の方が炎症やハレが、解消できていません。

まずは、何よりも炎症やハレから改善していく必要があります。

膝の痛みのある方は炎症やハレが筋肉、じん帯、軟骨、骨も炎症やハレを起こしている場合があります。起こしている方ばかりですが、中にはない方もいますから検査することをしていきます。

膝の痛みがある方は、本当に筋肉、じん帯、軟骨、骨まで炎症やハレを起こしています。

膝の痛みの原因

膝の痛みには原因があります。

原因がなくて膝の痛みが起きることはありません。

膝の関節は老化すると関節自体が弱い方が膝の痛みになります。

膝の痛みのある方は一時的にヒアルロン酸注入したりすることもいいですが、原因から変えていくことをしないと、関節に油ばかりさしていても原因は変わりません。

どうして膝の痛みが起きたのか、理由があります。

老化だからと言ってしまえば、それまでですが。

膝の痛みは膝が弱い方が起きています。

膝の弱さがない方は膝の痛みになりません。

膝の弱い方が膝の痛みになりますから、膝自体を改善していかないと繰り返し起きたり変形性膝関節症になっていきます。

つまり、膝が変形して曲がってくるということが起こります。

膝の痛み

ヒアルロン酸注入をしても油みたいなものなので、油ばかりさしていていいかというとどうかなと思います。

膝の痛みのある方の膝を触ってみると関節がブヨブヨして腫れていることも多くなっています。

片方の膝だけ痛い方は、左右を比べると自分でもわかるかもしれません。

必ず、同じ部分を同じようにして触ってみてください。

大きさやブヨブヨ感があると思います。

場合のよっては硬くてハリがあるとか。

必ず、左右差がありますから、それを比べるようにしてみてください。

 

体質改善と膝の痛み

膝の痛みを改善するならかいつも深く関係していますので体質から直さなければいくら体を整えていたり調子を良くしたり流れを良くしただけや炎症や腫れを抑えただけでは治りが悪いということもありますので、そのためにも体質改善の矯正が必要になります。

膝の痛みと体質改善

 

内臓から膝の痛み

膝の痛みというのは痛みがある部分の問題もあるんですが内臓の状態からも起きていることがありますので、膝の痛みに関係しやすいのは肝臓が深く関係することがありますので、膝の痛みがあるという患者さんが来られたら肝臓の問題をイメージするぐらい密接に関係があるんですが、病気と言ってるわけではありませんので注意して説明を聞いてください。

膝の痛みと肝臓というのは密接に関係があって、他にも外反母趾や花粉症を起こす原因があるんですが、膝の痛みと言うと肝臓というのがイコールという状態の意味もあるぐらい深く関係しています。

しかし病気と言ってるわけではありませんので、病院に行って検査をしてみても異常なしだと言われてしまうこともあるんですが、病気になっていないだけで何かの問題を起こしていることも多くあるということです。

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。