膝の痛みなら

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛みには階段を上るときやありるとき曲げるときや伸ばす時の痛み、外側や内側の痛み、ヒアルロン酸ばかりするのではなく原因から改善していくようにしています。

膝の痛みを解消するなら炎症やハレを改善しないと。当院では北九州市小倉北区からも来院しています。

膝の痛みのある方が来院すると一番にすることは膝を触って検査する事をします。膝の痛みのある方は病院に行ったりサプリメント、医薬部外品を飲んだり、注射を打ったりして痛みを楽にする事をしていますが、単純にそれだけでは改善できていない場合が多くあります。

膝のサポーターを巻いて圧迫しても締め付けているだけです。締め付けると血行が悪くなり流れが停滞して神経も圧迫されてしまいます。

締め付けたりサプリメント、医薬部外品を飲んだりすることもいいかも知れませんが検査をしっかりやって、どうして膝の痛みが起きているのか、痛みの原因を見つけていきます。

膝の痛み

当院では病院で治療している方も多く来ていますが、検査してみると全員の方が基本的なことができていません。

基本的なこととは炎症やハレの検査です。検査してみると全員の方が炎症やハレが、解消できていません。

まずは、何よりも炎症やハレから改善していく必要があります。

膝の痛みのある方は炎症やハレが筋肉、じん帯、軟骨、骨も炎症やハレを起こしている場合があります。起こしている方ばかりですが、中にはない方もいますから検査することをしていきます。

膝の痛みがある方は、本当に筋肉、じん帯、軟骨、骨まで炎症やハレを起こしています。

膝の痛みの原因

膝の痛みには原因があります。

原因がなくて膝の痛みが起きることはありません。

膝の関節は老化すると関節自体が弱い方が膝の痛みになります。

膝の痛みのある方は一時的にヒアルロン酸注入したりすることもいいですが、原因から変えていくことをしないと、関節に油ばかりさしていても原因は変わりません。

どうして膝の痛みが起きたのか、理由があります。

老化だからと言ってしまえば、それまでですが。

膝の痛みは膝が弱い方が起きています。

膝の弱さがない方は膝の痛みになりません。

膝の弱い方が膝の痛みになりますから、膝自体を改善していかないと繰り返し起きたり変形性膝関節症になっていきます。

つまり、膝が変形して曲がってくるということが起こります。

膝の痛み

ヒアルロン酸注入をしても油みたいなものなので、油ばかりさしていていいかというとどうかなと思います。

膝の痛みのある方の膝を触ってみると関節がブヨブヨして腫れていることも多くなっています。

片方の膝だけ痛い方は、左右を比べると自分でもわかるかもしれません。

必ず、同じ部分を同じようにして触ってみてください。

大きさやブヨブヨ感があると思います。

場合のよっては硬くてハリがあるとか。

必ず、左右差がありますから、それを比べるようにしてみてください。

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。