ダイエットに成功して痩せるなら

  • はてなブックマークに追加
  • 痩せることはダイエットすることですが人気が高く評判の良い有名な専門の一番効果の高いダイエットをしていますので体の中から変えていくことでダイエットで痩せていきます。

ダイエットして痩せる為には、色々な方法がありますが、運動したり体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、筋トレしたり、腹筋をしたりプールで泳いだり、アスレチックしたり、ヨガをしたりする事でも脂肪は燃焼して体重を減らすことができますが、簡単に脂肪が減る事はありません。脂肪を減らすことは、並大抵なことでは減らす事はできません。

ダイエット、痩せる為には

しかし簡単に脂肪は増えてしまいます。

簡単に脂肪が増えてしまう理由は、多くの方が、わかっていません。

だから、脂肪を減らす為には、運動療法が多く見受けれてしまいます。

しかし先ほども説明したように運動しても簡単には減ることがないのが脂肪です。

その為、多くの方が痩せたいとか、ダイエットしたいと思っていますが、願いは叶わない事ばかりです。

当院では、運動したりする事もなく、食事療法でもなく、ダイエット食品を進める事もなく基本に立ち返って体を整えて痩せる方法をしています。

当院は、ハッキリ言って体重の重さを減らすことは得意ではありません。その為、受けても体重は減らないかも知れません。

当院のダイエットは、体重の重さを減らす事よりも、見た目を引き締めていくダイエットになります。

本当に痩せるの ?体重を減らすダイエット

見た目を引き締まるダイエット

ダイエットして痩せる為には、外的な事ばかりしている方がいます。しかし、それでも痩せてくる事もありますが、代償は大きいものになります。

運動したり体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、筋トレしたり、腹筋をしたりプールで泳いだり、アスレチックしたり、ヨガをしたりする事でも、痩せてきますが、これらはすればするほど、あるモノが生み出されるからです。

運動療法をすると、誰でも生み出されていくモノが体にたまっていきます。運動すればするほど、生み出されてたまっていくモノは良いものが生み出されればいいんですが、たいてい奥影響があるモノが体にたまっていきます。

確かに運動慮法をすると代謝も上がりリンパの流れが良くなり老廃物が流れていきます。しかし、それは一時的なもので、していない時は余計に代謝を維持する事が出来ていません。

つまり、動かさないとリンパの流れも停滞すると言う事ですが、これが、起きるのも理由があります。

運動慮法の運動したり体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、筋トレしたり、腹筋をしたりプールで泳いだり、アスレチックしたり、ヨガをしたりする事でも生み出されるのは、疲れです。

体には運動をしなくても多くの疲れがたまっています。日常でたまる疲れもあるからです。

日常でたまる疲れがある上に、さらに運動療法で体を使うことで疲れの蓄積が多くなり疲労になり、体にたまっていきます。

普段の生活、掃除すること、料理を作ること、買い物、車の運転すること、仕事する事、パートで働くことでも疲れが多くなっていくばかりなのに、さらに運動して疲れを多くしているのに、それに気が付いていません。

気が付いていないから減らす事もしていません。

それは疲れは一時的に感じますが、いつの間にか感じなくなるからです。

たまった疲れ

例えば自分の家の階段を昇ったり下りたりする時でも、疲れが生み出されています。しかし、しばらくすると息が上がる事も収まりますが、残る疲れがあります。

仕事をして体を動かしたり荷物を持ったり車の運転で営業したり人と会う事でも疲れを感じることも多くありますが、残る疲れがあります。

運動したり体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたり、筋トレしたり、腹筋をしたりプールで泳いだり、アスレチックしたり、ヨガをしたりする事でも疲れが多くなり、運動した後のダルイとか、疲れた~と感じますが、解消できる疲れと、解消しない疲れに別れます。

どのくらい残るのかは、人で違います。

しかも疲れは、どこに残ってたまっていくのか?

疲れ

体に残る疲れは、かなり体に悪いダメージを与えていきますが、疲れもたまる所があります。疲れがたまる所が、ダイエットしたり痩せる時も、体を引き締めていく時も、かなり密接に関係しています。

疲れは全身にたまった時に、『疲れた~』と感じますが、いつの間にか、疲れを感じなくなっていきますが、これで、すべて無くなる事はありません。

疲れが残りやすい部分が、疲れを感じる全体から部分に移るだけです。

運動したり仕事をしたり体を動かすことで生み出される疲れは、全体にたまった時に人は感じます。しかし全体から部分に移ってきます。

その部分的な疲れが溜まりやすい部分は、体質的に弱い部分です。

体質的に弱い部分には、多くの疲れがたまっていき、体質的な弱さが、どこなのかで違いますが、ほとんどの場合、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレになっていきます。

しかし軽ければ痛みやコリも感じません。

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起きるのは、体にたまった疲れで起きていますが、疲れが、どこにたまっていくのか?

その説明をする前に、体には、何があるのか??

体重の半分以上は水分です。

体重の半分以上は水

水に疲れが溜まる事はないと思うので、あとは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓しかありません。(軽いのは除いています)

この中で筋肉に疲れが残ると、乳酸が多くなってしまうと言う事は、よく言われています。

つまり筋肉にも疲れは残ると言うことです。

あとの残った神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓に疲れがたまる所はないのか、研究して見ると、ある部分に多くの疲れがたまることがわかりました。しかも、ある部分は、毎日、毎日の食べたりすることでも疲れをためている部分だったのです。

それは内臓です。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です

食事したり、ご飯を食べたり、唐揚げを食べたり、ビールを飲んだり、水を飲んだりする事でも内臓は働いてくれています。働くと言う事は人が体を動かすことと同じです。

しかも、呼吸することでも疲れはたまっていきます。酸素を取り込むことで血中酸素は増えますが肺や横隔膜が動いたり働くと言う事は、人が体を動かすことと同じです。

疲れをためればためるほど、流れも悪くなりリンパの問題も起こりやすくなります。

疲れとダイエット

あとは、ダイエットする時に、関係するのは眠りです。

眠りが浅い方が増えていますが眠りが浅いと内臓・ホルモン系の問題が起こりやすいからです。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。

眠りとは

寝ている人を見て、スースー寝息を立てていれば寝ている訳ではありません。多くの方が勘違いしています。見た目で目を閉じてスースー寝息を立てれば寝れいると。

眠りには2通りの眠りがあります。

一つは不眠症です。もう一つは睡眠負債です。

不眠症

不眠症は寝つきが悪く、1時間も2時間も眠れない方が不眠症です。

夜中に何回も目を覚ます方も不眠症です。目を覚ましてもすぐに眠れても不眠症です。

 

睡眠負債とダイエット

睡眠負債

睡眠負債の方は、眠りが浅いことに気が付いてない方が多くいます。理由は目が覚めないからと。睡眠負債に方は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

しかし夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり目が覚める瞬間に夢を見るから、夢の記憶しか残りません。

その為、寝ていると思っています。

不眠症の方も睡眠負債の方も、気が付いてないだけで色々な問題を起こしています。症状を感じないからとか、痛みやコリがないからと言う方が多くいますが、体を検査してみると、すごく落ちている場合があります

体質改善とダイエット

体質改善

ダイエットして痩せるなら、何よりも体を変えていく事も必要だと思います。疲れの蓄積は弱い部分に多くたまる傾向があります。

体質から変えることで、太りやすい体質を変えていくことができますが、簡単なことで体質が変わる事も、短期で変えられるものではありません。

ダイエットする為にも体を鍛えると言う事よりも運動することよりもダイエット食品を試すよりも体を変える体質改善が有効だと思いますが体質改善は初回からできる方法ではありません。

まずは疲れの蓄積を減らすだけでも浮腫み・脂肪は減っていきます。

体を細くしたり引き締めたりすることも疲れを減らしていくと可能です。

しかし、疲れを減らすばかりでは、体は変わりません。

浮腫みが多い体質を変える事も必要です。

脂肪が多い体質を変える事も必要だと思います。

太りやすい体質を変えることも有効だと思います。

当院のダイエットは体を整えていく方法をしていますが、当院だけの方法です。

 

 

 

 

体から

ダイエットして痩せる為には、基本的なことを忘れたままでは効果は出ないこともあります。多くのダイエット法自体が、間違ったことをしています。

ダイエットして痩せる為には、色々な方法がありますが、運動療法では、汗の発汗を促して痩せる事をしていますが、いくら運動しても逆にダイエットしたり痩せることと敵対するものが多くなっていきます。

痩せる方法は色々ありますが、

ダイエットして痩せる為に、結構、キツイ努力をしていますが、運動したりすると脂肪の燃焼だけが行われるものではなく悪いものが多く生み出されて体にたまっていきます。

もちろん運動療法で筋肉を鍛えたければ、体を動かす事を、かなりすると脂肪は燃焼していきます。しかし頑張った分だけ多くの悪いものが体に蓄積して残っていきます。

体を動かすとは体操しても、ジョキングしても、エクササイズしても、アスレチックしても、ランニングマシーンで走っても、筋トレしても、プールで泳いでも、階段の上り下りでも、仕事をしても、ショッピングでも、日常的に多くの悪いのもが生み出されています。これは、何をしても、何もしなくても体に蓄積していきます。

脂肪は燃焼しても、燃焼する代わりに悪いものが蓄積していく方が大変になります。

ダイエット法は

体に蓄積していく悪いモノとは、誰もが簡単に考えています。これが、どれほど、恐ろしいかも考えもせずに。

これは、疲れです。

疲れと言うと多くの方が、『なんだぁ~』と思います。

しかし体を整えたり、痩せさせたりダイエットする時には、この体に蓄積した疲れの問題ほど大きな物はありません。

多くの方が太りだすと、食べすぎかな、とか、糖分控えなきゃ、運動不足かな、と思いますが、体に蓄積している疲れを考えません。

疲れが多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になって積み重なっていきます。

疲れがたまって脂肪になることが、ほとんどですが、どこに多くなるのか??

脂肪とダイエット

無ければならない脂肪もあれば、いらない脂肪もあります。脂肪が多くなるタイプは3つあります。ダイエットと言うと、一番、関係するのは脂肪です。そして浮腫みです。

浮腫みと脂肪は違います。脂肪は脂肪があります。浮腫みは水ですがリンパ液が主です。

しかし浮腫みになるリンパ液は、流せば良いと言う訳ではありません。

リンパマッサージとか、リンパ療法と言うのがありますが、リンパの流れていかない原因があるのに、その原因を見つけ出していません。

リンパ液が流れないと言うことは大変なことです。普通は何もしなくても流れているリンパ液が、何かの原因があるから流れていかないと言うことは。

 

皮下脂肪が増えるタイプ

皮膚の下には皮下脂肪があります。皮下脂肪の確認の仕方は自分でもできます。お腹ではなくて、肋骨の所を使います。人差し指と親指を立てて真っすぐにして、皮膚を大きく摘まむようにします。

指で摘まんで、厚みがあれば、脂肪の可能性があります。それが皮下脂肪です。皮下脂肪の下には固いものがあると思います。硬いものは、そこは肋骨です。

つまり肋骨のある部分を触ると、ある程度の脂肪の厚みがわかりますが、お腹は筋肉の下にある腹膜で判断できますが、一般の方は難しいですから。

一応、参考までに皮膚あって、皮下脂肪、そして筋肉層があって、その下が腹膜です。腹膜の中に、また脂肪があって大腸があります。

皮下脂肪

 

内臓周辺に脂肪が増えるタイプ

皮下脂肪は、あまりない方も、内臓周辺に脂肪が多くあることがあります。

内臓脂肪

 

皮下脂肪と内臓脂肪の両方あるタイプ

皮下脂肪と内臓脂肪

 

内臓に疲れが溜まると内臓の働きが悪くなり内臓肥大が起きる。疲れは体にたまるだけでも筋肉に、たまるだけでもなく内臓にもたまっていきます(病気ではありません)

 

 

体に多くの疲労が蓄積していく方ほど、体が大きくなり、大きくなった体を維持する為に、炭水化物の過剰摂取、甘いものを食べすぎる傾向、脂分の好む傾向があり、さらに食べるカロリーの量よりも体を動かさなくなる為、さらに太っていきます

体が大きくなると胃の大きさも大きくなりますから、お腹いっぱい食べなくても、結構、抑えた腹八分目でも食べすぎになります。

疲れが多くたまり疲労になっていくと胃の働き、大腸の働きが余計に悪くなり体外に排出される栄養も取り込んでしまいます。

食べる物が消化したり分解したりして作られるカロリーと体を動かすカロリーがバランスがちょうどいい方はいません。栄養士の方でも取りすぎています。

食べるのは3度の食事だけではないからです。

間食で多くのカロリーを取っています。

また、夕方にご飯を食べて、寝ただけなのに、朝食を食べてしまいます。運動している訳ではありません。なのに朝はお腹がすくこともあります。寝ているだけでも普通は体を回復させようとしてエネルギーを使います。寝ている間には、唯一、疲れを自力で減らす事ができますが眠りと言っても色々な眠りがあります。

本当に眠りの熟睡をしていないと、ただ、寝ているだけでは、多くの疲れが減ることがなく、積み重なるばかりです。

残る疲れ

普段から家庭で掃除したり、洗濯ものを干したり、料理を作ったり、買い物をしたりする生活で疲れが生み出されて、仕事したりパートで働いたり、物を持ったり、体を動かしたり、営業したり、車の運転したりする事をしているのに、さらにジョキングしたり、腹筋したり、プールで泳いだり、エクササイズしたり、アスレチックしたり、パワハラが有ったりすることで抑圧を受けたりして生み出された疲れは、どうしているの????

疲れを感じて多くの方は、カラオケに行って熱唱したりしてストレス発散??

飲みにいってストレス解消?

旅行にいって、温泉にいってドライブしてストレス解消は気分転換しかなりません。

気分転換とは精神的に解消が少しできる程度です。それも必要ですが、肉体的には???

体には、体を動かすことで多くの疲れの蓄積があるのに!!

飲みに行っても内臓を働かせています。カラオケに行っても息があがると言う事は運動と同じです。旅行でも温泉でも、行く疲れが溜まります。

精神的な疲れの解消は、少しはできても、体も疲れはたまる事ばかりしています。この蓄積が腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどを起こしたり、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなる原因を作ります。

この時には骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレも起きています。色々な痛みやコリになっていないだけです。

疲れの蓄積

疲れが残っても、頑張って体を動かしたり筋肉を鍛えたりすると脂肪の燃焼もしやすくなりますが、この時には筋肉を鍛えることで痩せたいと思う方は良いかも知れません。腹筋は6つに割れていきます。

しかし疲れの蓄積が多くなれば、なるほど体も蝕んでいく事もあります。全員の方が体の基本的なことが違いますから、あの人ができるから、自分もなれると思わないで下さい。

人は違います。

当院ではダイエットすると言うのは体重を落とすことが基本だと思いますが、当院のダイエット法は体重計の重さを減らす事が目的ではありません。

友人から見て、痩せてきたね、と言われることです。

家族の方から見て、細くなってきたね、と言わせることです。

そんなことを言われるのは体がボロボロでは言う方はいません。

疲れの蓄積は眠りでもたまっていきます。眠りとは熟睡の事を言います。つまり熟睡が出来ていないと太りやすく脂肪が多くなり浮腫みになります。

疲れと言うのは生活でも仕事する時でも体を動かす時でも疲れがたまっていきますから、この負の連鎖を変えない限りは、変化が起こりませんから維持することもできなくなります。

何かを変えない限りは、戻りがあると言うことでです。

その何かを変える事ができるのが体質改善の矯正になりますが、簡単ではなく短期で変わる事はありません。体質改善は体の質を変える事ですからマジック(手品)ではありません。

太りやすい体質を変えることも簡単に短気で変わる事もありません。

さらに、眠りが浅い方も、眠れるようにしなければホルモン系のバランスも悪いままです。

体質改善から変えると

ダイエットして痩せる為には、基本は体にたまっている疲れを減らしていく事なんですが、減らしても減らしても、また、多く蓄積してたまっていきます。疲れは日常で多く生み出されていきます。

しかも疲れは弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が太りにつながる方が太っていきやすくなります。

代謝の問題を持っている方は、代謝が悪くなることでリンパの流れが悪くなり老廃物がたまり浮腫みが多くなり浮腫みが脂肪を増やしてしまいます。

生活は変える事ができにくい場合もありますから、自分から変える必要があります。自分から変えると言う事は、体から変えていく事です。

疲れは、自分の弱い部分に多く蓄積していきますから、弱い部分が、どこなのかで太りやすい方と、そうでもない方に別れます。

体を変えるとは、何を変える事なのか??

どうすれば、変える事ができるのか?

主には表面上の筋肉よりも体の中から変える事が中心になると思います。弱い部分に疲れが溜まりますから、主に弱い部分は筋肉よりも関節よりも奥にある部分です。

奥にある部分が毎日、働いてくれているから体を動かすことができます。

体には何があるのか、説明すると体重の65%から75%は水分です。水に疲れがたまることはありませんから、あとは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓しかありません。この中で疲れの蓄積が起こりやすい部分は、どこなのか??

そこが太りに関係するからです。

太りに関係する部分

 

 

 

何よりもダイエットに成功して痩せたいと思うなら、あなたなら、どんな方法で痩せる??

ダイエットして痩せる方法は、色々あると思いますが、多くのダイエット法は基本的なことを忘れているような気がします。

痩せようとするなら、色々な方法がありますが、運動して痩せる方法、、サプリメントを飲んで痩せる方法、、ダイエット食品を飲んでみる方法、食事制限したり、炭水化物を抑制したり、甘いモノ、脂分、高カロリーを過剰摂取などもあります。

どれも、これも確かに良い方法だと思いますが、負担が大きいと思います。

体操してもストレッチしても筋トレしても腹筋してもジョキングしてもプールで泳いでもアスレチックをしても運動療法の中の一部ですから、確かに脂肪は 燃焼する事も有るでしょうが、簡単には脂肪は燃焼しません。

運動療法も全般的に、どれもこれも脂肪は燃焼していきますが、燃焼段階までするのは簡単ではありません。多くの方が続かなくてやめています。

運動療法をしても1か月や2か月では、減りません、しかし、すればするほど脂肪も簡単には減りませんが、浮腫みが多くなっていきます。それを、やり続けていくと浮腫みも出なくなり、やっと脂肪が燃焼していきます。

しかし、脂肪が燃焼するだけではありません。やれば、やるほど疲れの蓄積が多くなるからです。

疲れが多くなると初めは代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。それが浮腫みになる訳ですけど、それ以上、やると疲れが変換されて疲労になり、疲労の蓄積が蓄積疲労になっていきます。

これが、たまっていくと、浮腫みも増えにくくなるくらい体の状態が良くありません。

ダイエットして痩せる

痩せる時には運動療法をすると痩せていきますが、簡単には痩せる事はありませんが、筋肉質的に痩せたければ良いと思いますし、腹筋が6個に見えるほど腹筋を鍛えても痩せることは痩せて脂肪が減ります。しかし疲れは多くなるばかりですから、やればやるほど疲れが溜まっていきます。

疲れが溜まると骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが起こります。しかし、これらが起きるのは疲れが溜まる部分が深く関係しています。

疲れもたまる部分がありますから、疲れがたまる部分で骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレ捏がいます。

毎日、毎日の生活や仕事で多くなる疲れがあるのに、それ以上に疲れを上乗せしていきます。

痩せても健康的に痩せないと意味はありません。痩せて細くなっても骨ばって痩せてもキレイに見えることはありません。

最近は院長の目から見て細い方は骨ばって痩せています。また腕や足を見ても肌の色も悪く、硬そうに見えてしまいます。

つまり、運動慮法をすると、場合によっては、固くなっていく事もあります。

腕や足が固くなると言う事は、大変なことです。体を壊している事もあります。

運動療法をすると、全部ではありませんが体を壊すこともあります。

しかも眠りが浅い方も最近は多くいますから、眠りが浅いと必然的に浮腫みが多くなり脂肪を作っていきます。

こんな状態で運動療法をすると、体はボロボロです。

ダイエットして痩せようと思うなら、基本は体を整えて代謝を上げたり、流れを良くしたり、筋肉、内臓の働きを上げることから痩せていかないと効果もリバウンドウも大きいと思います。

ダイエットして痩せる

当院のダイエット法は他とは違います。

運動したりサプリメントを飲んだりすることなく、体を整えていくことで無理なく体を細くしたり浮腫みを減らしたり脂肪を減少させたりしていきます。

当院のダイエット法は、小顔矯正と骨盤矯正とウエストが細くクビレができる矯正と上半身を細くしたり、浮腫み、脂肪を減らす方法ですから、いつも小顔矯正や骨盤矯正などをする時にしている方法で痩せる矯正をしていきます。

その為、体が細くなっても体重計は変化がないかも知れません

良く患者さんから、自分でも思うし、家族からも言われるが、体重は変わっていないと言われることがあります。

 

 

なによりも重要な事とは、基本的なことです。

ダイエットするなら

外のことばかり気にしているようですが、自分の体の状態は、どうなのでしょう?????

今まで多くの方を細くしたり、体を引き締めたり、浮腫みを解消して減らしたり、ウエストを細くしたり、小顔にしたり、小尻にしたりしてきましたが、全員の方が体の状態が良くありません。

体の状態が良くないと言うのは、自分で体調が良いと言えば、良いことになります。

院長が『体調はどうですか?』聞くと、全員の方が『体調は良いです』とか、『体調は悪くありません』と言うばかりですが、当院の院長は検査する事ができます。

患者さん、本人が体調が良いと言っているのに、否定することは簡単ではありませんので、否定はできるだけしていませんが、結構、皆さん、体はボロボロです。

何も症状がないからと言って、また、痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。

体調が良いか、悪いかは、自分で感じるモノですが、慣れてしまうと、わからなくなる事もあります。また、生理になると生理痛が有ったり、生理不順があったり、便秘が有ったり、胃のモタレが有ったり、今はなくても肩こりが起こりやすいとか、今はなくても腰が痛くなるとか、時々、頭痛が起きるとか、あります。

今、痛みやコリがなくても、全ては体に現れています。

その総称を、体調の状態で表します。

太るのは

ダルイとか、疲れやすいとか、何かの症状を感じていなくても、体には多くのモノが積み重なっています。この積み重ねを減らす事をしないと、運動しても体操しても筋トレしてもジョキングしても、かなりしないと脂肪は減りにくく、浮腫みも多くなります。かなり運動関係をすると脂肪も出なくなり浮腫みも減りますが、この時点では、痩せると言うよりも健康的に細くなる事はありません。運動関連をすれば、するほど、体の状態は落ちて悪くなっていくからです。

努力して自分を追い込んで、一生懸命した結果、痩せれば良いかと言うと、そうではなく精神的に悪くなる方もいますし、体が気持ち悪いくらい落ちているのに感じていない方もいます。

筋肉質になりたければ別ですが、健康的に痩せようと思うなら、体を整えることが何よりも優先されます。

どんなに良いダイエット食品であろうと、運動関係であろうと、食事制限でも、体は整えられません。

具合の悪い状態で痩せても、具合の悪いことさえ、わからない状態ではダメですし、細くなっても硬くなります。硬くなると脂肪も浮腫みも作れません。

それで痩せた??と言えるかな!!

体を悪くしてして細くなっても、院長には、わかりますが、固く見えれば健康的に見えません。硬くなれば誰でも細くなります。

つまり女性らしさは無くなっていきます。細くなれば良いと言う訳でもなく、痩せれば良いと言う訳ではありません。

体はある程度の脂肪も必要です。男性から、同性から腕や肩を触られて、細く感じることも大切ですが、『かたぁ~』と感じられては細くしても意味はありません。

当院で体を整えていくと1回では無理ですが、徐々に体は引き締まって細くなっていきます。

体から整えないと、代謝も上がりません。

運動やサウナなどの熱さはストレスになります。ストレスと言うのは蓄積疲労です。蓄積疲労が多くたまっていくと代謝が上がる事はありません。

蓄積疲労が多くたまっているのに、リンパの流れが良いこともなく、老廃物がたくさん、たまっているのは、当然の結果です。

体を動かしたり、筋トレしたり腹筋したりジョキングしたりしても疲労は多く体にたまっていきます。

この蓄積疲労が太らせる原因になります。疲労が多くなると代謝も悪くなり老廃物が溜まっていきます。これが浮腫みになり、脂肪を作ります。

体を整えていく事をすると必然的に代謝も上がり流れが良くなり老廃物が流れていきますが、流れれば良いと言う訳ではなく、流れる先は内臓です。

流れても内臓の負担になれば浮腫み、脂肪が増えていき太るからです。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くの疲れが体にたまっていきます。これを減らすことが多くの方がしていませんし、できていません。

疲れは何をしても多くなり、何もしなくても多くなります。

さらに、眠りが浅いと脳が弱っていき、すべての流れが落ちて浮腫み、脂肪、顔が大きくなり、骨盤も太くなっていきます。

ダイエットして痩せたいなら

 

 

ダイエットと言うよりも、当院では、体重計のメモリを減らすよりも、人から見て『最近、痩せてきたね』とか、『細くなってきたように見えるけど、何かしているの?』と言う声をかけてもらえる矯正をしています。

その為には、多くのダイエット法でも特集されることもなく、雑誌でも取り上げられることもなく一般の方も知らない方が多くいますが、専門家の先生も知らない、できない、わからない方が多くいるんですが、あることが深く関係しています。

ある事は、特別なことやモノではなく、日常で多く生み出されるモノです。

いくら運動してもストレッチしても体操しても筋トレしても腹筋してもジョキングしてもあるモノは多くなって体に積み重なっていきます。簡単に脂肪は燃焼してくれません。

筋肉質的に痩せたければ運動、筋トレ、ジョキング

鍛えると言う事は筋肉量を増やしていきます。筋肉量が増えると体重は増えていきます。脂肪が減る代わりに筋肉が増えていくと筋肉の方が脂肪よりも重さがあります。

筋肉質になる事と、痩せる事は違います。

しかし、かなりしないと効果は簡単に上がることはありえません。

ダイエットしたり、痩せようと思うなら、どう痩せたいのか、考えて下さい。

当院のダイエットは体を整えていく事をしながら細くしていく事をしています。運動するよりも体の中から体を整えていかないと代謝は上がりません。運動している時だけ代謝が上がっても体がガタガタでは代謝も上がらないし維持する事はできません。

脂肪を燃焼させる為には代謝率と言いますが、効果的に燃焼できる状態ではないのに燃焼する事は起こりません。

ダイエットする時に、一番、関係するモノがあります。これは特別なモノではありません。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものがあります。

この関係するモノが多くなると、浮腫み、脂肪が増えていきます。

体が大きく太っていきます。

関係するモノとは疲れです。

疲れの蓄積と痩せる事

一番に、体を細くしたり体を絞るなら体を整えることをしないと痩せにくくリバウンドが大きくあります。

運動しても筋トレしてもジョキングしてもサウナに入っても無理なことになります。つまり負担が大きいと言う事です。

一番は痩せる為には、効果的な方法は、疲れをたまった所から減らす事です。

疲れがたまって多くなると疲労になり、疲労から蓄積疲労になり、ありとあらゆることが悪くなります。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れが体にたまっているのに、そのことも考えもせず、さらに運動したり筋トレしたりジョキングしたり腹筋したりダンベルしたりしています。

こんな事をしていたら、痩せる訳ありません。体は悲鳴を上げています。

健康的に細くなる

 

 

 

 

ダイエットしたり、痩せたいと思う方が多くいますが、テレビで特集されたり雑誌でも特集されることが一番、多いし、気になるのがダイエットなんですが、ダイエットと言うと運動した方がいいとかストレッチをしたほうがいいとか、食べるものを気にしたほうがいいとか、体重測ることでストレスを与えて痩せさせるという方法まであるくらいですから、どうやったら体重を減らして細くすることができるのかという問題があるんですが、どれもこれも外的要因ばかりしている感じで体の中のことを考えていません。

体を整えることからダイエット

見た目で細くするダイエット

当院ではダイエットというよりも体重計の目盛を減らすことよりも重要視しているのは、他の方から見て『痩せてきたね』と思われるようになる事をしたり、『最近、細くなってきたね』と言われるような矯正をしています。

ダイエット、痩せる為には効果的なことから

体重よりも見た目を細くするダイエットをしていますので、ハッキリ言って体重計のメモリを減らすことは得意ではありませんが、しかし、何よりも見た目で勝負することを重要視しています。

無理やりなダイエットではありませんし、体を整えると浮腫み、脂肪が減っていき、細くなる矯正をしています。

当院のダイエット法は他とは違いますから、体を整える事で細くする事ができる方法です。もちろん小顔矯正や骨盤矯正、ウエストが細くクビレ矯正をしているので、合わせた矯正になります。

つまり顔も小さくなり、小尻にもなり、ウエストも細くなっていきます。

細くなるには

まずは、検査して体調の状態を確認しています。

多くの方は、初回はボロボロです。痛みやコリがないからと言って体調が自分で思っているほど良いとは言えません。

体調が悪くなったり落ちてくると代謝が悪くなり浮腫み、脂肪が増えていくからですが、それだけではなく骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになっています。

その時にはリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

その原因は、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

これが体に蓄積しています。

蓄積していくモノは、特別なことではありません。

それは疲れです。

疲れが多くたまっていくと疲労になり、疲労の蓄積から、蓄積疲労になり、体の代謝を落としたり、浮腫み、脂肪を多くしたり、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

ダイエットするなら

また、それだけではなく、眠りの問題からも疲れが多くたまっていきます。普通は寝ている間に疲れが減っていきますが、熟睡が出来ていなければ疲れは減りません。

だから、寝ることで疲れを多くしてしまいます。

 

 

ダイエットをしたり痩せたいと思う方や細くなりたいという方が、多くいるんですが、そのために多くのダイエット法が存在しますので、ダイエット法といっても簡単に痩せることはなく、何かを飲んだり、何かを服用したり、何かをしたりということでいろいろな方法が存在しています。

予約した時間を変更したり、キャンセルは早めにお願いします。空いた時間に他の方が入れることもあります。

お電話もなしの無断で来院しない無断キャンセルの方は、次回の予約は受けてけていません。ギリギリの時間を予約されるよりも余裕があるようにして下さい、当日、交通機関の渋滞、事故、工事などがあります。遅れると治療はできなくなります。次の方に迷惑がかかります。

ダイエット方法

ダイエット方法

ダイエットをする時にはどうしても体重計の目盛りで重さを量ることが、中心になってしまっているので基本的なことを考えていません。 多くの方が、体重計に乗って重さは計ることばかりに集中してしまって体重を減らそうと思うことがダイエットだと思っているみたいなんです。

実は体重計の重さを減らす方法というのは、無理な方法が多いために効果が出にくいということがあるんです。

テレビや雑誌の特集でも体重の重さばかりを減らすことが中心になって体重計に乗ることを中心に進めているようなんですが、どれもこれも効果が出にくいということがあります。

ダイエットと食事

ダイエットと言うと一番に考えやすいことというのは食事なんですがダイエットするためのつまり太らないようにするための食事というものがありますが野菜を多く食べたりカロリーが少ない物を食べたり脂っこいものは避けるようにしたり甘いものやお菓子やケーキなどは避けるという感じの食事が中心だと思います。

細くなればいい体重計の重さを減らせばいいというわけではなく健康的に痩せていくことが一番の理想だと思っていますので健康的に痩せる方法を探さなければいけません。

もちろん食べ過ぎは誰だってカロリーの増大を招くため、太ってしまいやすいというのは、当然ですし太ってしまうということは、脂肪も多くなってしまいます。

またアルコールを飲もうとした時にアルコールだけでは物寂しい感じがするのでおつまみが多くなってしまったりすることがありカロリーの摂り過ぎということがあるわけです。

特に夜寝る前に食べてしまうことが原因でカロリー摂取をし過ぎてしまい太りやすくなってしまうということが夜に怒ります。

ダイエットと食事制限

ダイエットと食費制限

食事をする時でも量をかなり減らしてしまうと栄養が取れなくなって健康的に痩せることはありません、 食事をする量を減らしてしまっては誰だって脂肪は減っていくでしょうけど、そんなことをやって立ってキレイに痩せていくことはありません。

食べるということは体を維持するために必要なエネルギーを生産するものですから食事制限で極端に行ってしまうと本当に体を細くするというよりも骨ばったりスジ張ったりしていきますので健康的に体重を減らすことはできません。

ダイエットと朝食

ダイエットと朝食

本来なら朝と昼に多く食べるようにして、夜を控えた方が良い可能性もありますし、全然、食べないというよりもカロリーが低いものだけを食べるということが、いいのかも分かりませんが慣れないとお腹が減って眠れないということもあります。

食べたいものを食べれないというのもストレスになってしまいますので、逆に太りやすくなってしまう原因を招いていき体を壊してしまうこともありますから、ある程度は食べ過ぎない程度には食べる必要があります。

では他の方法がないのかを説明していきたいと思います。

10代から20代の女性の1日のカロリーは、1800Kcalです。

70代の女性は1500Kcalです。

ごはん普通盛り 140グラムは、235Kcalです。

ごはん大盛り  240グラムは、403Kcalです。

子供の茶碗   100グラムは、163Kcalです。

豆腐とわかめの味噌汁1杯は、  204Kcalです。

豆腐100グラム 55.9Kcal

素ウドン1杯は、270kcal

パン1枚6枚切り60グラム 158(プラス ジャム15グラム 30Kcal、バター10グラム 75Kcal)  60グラムのパン一枚でもバターやジャムを塗るとカロリーは、かなり上がります。

カロリーが少ないのは、セロリ、グレープフルーツ、レタス、スイカ、脂肪を取り除いた肉類、出汁、無脂肪・無糖ヨーグルト、りんご&オレンジ、唐辛子、コーヒーです。

・ブラックコーヒー = 8kcal
・ブラックコーヒー+砂糖= 31kcal
・ブラックコーヒー+ミルク= 20kcal
・ブラックコーヒー+砂糖+ミルク= 43kcal
・カフェオレ= 77kcal
・コーヒーフロート= 85kcal

バナナ1本、86キロカロリー

女性の1日のカロリー摂取量が1600kcal とすると多くの方は食べ過ぎていることになります。 とすると多くの方は食べ過ぎていることになります。

1日の食べるものや飲み物の カロリーが1600カロリーだとしたら1600を3で割ると、500Kcalちょっとになります。

ご飯普通盛りの140 gが235キロカロリーですから、普通のごはん茶碗を、朝、昼、夕と3杯食べたら705キロカロリーになります。

牛カルビ 100グラム 517Kcal 一切れ:103kcal

牛ロース  100グラム 318kcal  一切れ:63kcal

豚トロ   100グラム 386kcal  一切れ:77kcal

これを見ると食べすぎですね。 本当なのかな??

ダイエットとスープ

ダイエットとスープ

カロリーの少ないという食品を使ってスープを作ったりしていますが食べることには変わりはないのでカロリーが少ない食品を使ってスープを食べるということも、そんなには変わりはしません。

スープの具材にしらたきを使ったり4を作ったりとか色々なレシピで載っているんですがネギを使ったり鶏肉を使ったりという感じでカロリーが少ないものを使うことが多くありお腹は満たされていくということがあるんですが基本的なことができていない限りは水を飲んでも取ってしまいます 。

ダイエットとダイエット食品

ダイエット食品

ダイエット食品というとキトサンが入っている食品やカロリーが少なくなるという甘味成分を使ったりジュースを飲んだりクッキーを食べたりプロテインを飲んだり色々な方法があると思います 。

ダイエットができるというサプリメントを試しても効果的には栄養とればいいというわけではなく体が基本なのに体の歪みを忘れてしまったままになっています。

ダイエット

ダイエットと体を整えること

ダイエットと体を整えるということ

ダイエットをしている時には基本的なものになるのは特集でも入っていないしテレビでも言っていないし雑誌にも載っていないんですが当院では検査することをしていますので検査をしてみると全員の方が体調が落ちているということがありますし体調落とす時も毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く積み重なっていくものが原因で体調としています 。

体調を落とすということは疲れやストレスが多く蓄積している状態なんですが、体調を落とせ\ば落とすほど代謝が悪くなりリンパの働きも停滞気味になり、老廃物が多く蓄積していくということが全身で起こります。

一番は体調落とす原因として考えられるのは疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスもたまるところがあるから蓄積していくわけですからたまったところから疲れやストレスを減らすことをすると初回からか顔や骨盤やウエストなどが細く引き締まっていくという効果があるんです。
当院で行っているダイエット法というのは体重の重さを減らすというよりも最短で行っていくことができる行政法をしていますので見た目で判断してもらうことをしていますので体重計の重さを減らすことは後でついてくる場合があります。
そのため多くの方が体重計の重さは減らないんだけど友人からも、家族からも『細くなったね』とか、『痩せてきたね』と言われたとよく言われます。

ダイエットと眠りの問題

ダイエットと睡眠

ダイエットをして痩せようと思ったり細くなりたいと思ったりむくみを解消したいと思うなら眠りの問題も改善しなければ効果は半減どころではありません。

体にとって一番のダメージにつながるのは疲れやストレスだけではなく眠りの深さにも関係があります。

眠りというのは不眠症と睡眠負債という言葉があるように誰でも横になって目をつぶってスースー寝息を立てていれば寝ていると思うでしょうが実は眠りというのは違うんです 。眠りというのは大脳が休養とって脳が寝ていることを言います。

大脳が寝ていない限りは眠れていないということですからどんなに横になってスースー寝息を立てていても 、グーグー寝息を立てていても大脳の中のことまでわかっていません。

眠れていない方ほどホルモンのバランスも悪くホルモンどころではなく身体全体の状態が良くない状態になります。

眠れていない方ほど夜の間に、どんどん体が太っていき浮腫みや脂肪が多くなっていきます。

ダイエットと体質改善

根底にあるものは体質的な弱さであり悪さですから体質改善の施術で身体の中から改善していくことをしていきます。

まずは体を整えていくことを数回して、体が整ってきたらあるタイミングで院長が判断して、体質改善の治療が進めるか、どうかということを判断して進んでいくと更に変わっていきます。

疲れやストレスとダイエット

 

最近は多くの方がダイエットしたいとか痩せたいという感じで当院に来院されるんですが全員の方と言っていいほど体を整えていない方が多くいますので体を整えていくことが基本的なことになりますので体を整えていかない限りはどんな良いダイエット法を実践しても効果がは上がりにくく、痩せても維持することはできません。

当院のダイエットは友人や家族や知り合いから見て最近、『痩せたね』と言われる矯正です。

ダイエットしたい方や痩せたいという方が多く来られますが、食事制限をしても運動しても色々な方法を試してもサプリメントを飲んだり筋トレをしたりレシピを考えたりという色々な方法があると思うんですが体から整えていくことをしないと。

全員の方と言っていいほど自分の体のことを置き去りにしていますので自分の状態を確認しなければいけませんので当院ではご本人の確認をすることから始めていきますが多くの方は体調がすごく悪くなっているのに気がついていない方が多くいますので気が付いていなければ自分の状態がわかる理由はありません。

体を整えること

ダイエットをしたり痩せようと思うなら一番、関係するものはストレス(蓄積疲労)の蓄積です。

何よりも優先しなければいけないのは自分の体を整えていくことをしなければいけませんのでどんなに、いいダイエット法実践してもどんなにいいという紹介されたサプリメントを試してもダイエット食品お試しても運動しても筋トレしてもストレッチをしても体操しても食事制限をしても効果は上がりません。

効果が上がらないのは基本的なことができていないからです。

当院では基本的な事なんですがダイエットしたり痩せようと思う方は体の検査をすることをしていますので検査をしてみると、全員の方が、すごく体調が悪い方が多くいますので、そんな状態では浮腫みや脂肪も増えやすいし太りやすいというのは当然だと思っています。

今まで30年間ダイエットや痩せる方法を強制してきましたが一人として体調が良いと思う方はいませんでしたので全員の方にダイエットの矯正をしてみると細くなっていくということが分かっていますが当院のダイエット法というのは特殊ですからまずは人から見たり友人から見たり家族の方から見たりして『痩せたね』と言われることを基準としていますので体重計の目盛りは、あと回しです。

疲れやストレスとダイエット、痩せる為には

体重よりも見た目を細くするダイエット

多くの方が勘違いしている場合が多くあるんですがテレビや雑誌でも紹介されて体重計のメモリを気にしたりすることでストレスを与えて痩せさせようという方法もあるくらいですからダイエットする時には何よりも基本的なことから考えなければいけないんですが基本的なことを考えるためには検査ができないと体がどういう状況になっているのかということも分かりません。

そのため間違ったダイエット法が世に広まっています。

当院のダイエット法というのは体重計の目盛よりもまずは見た目を大事にすることからしていくわけですから体重計を言えば入りにくい可能性もあります。

しかし体重計は人に言わなければ重さはわかりませんので自分の体重はどれくらいあるのかということはしれることはありません。

しかしなによりも見た目が一番人に知れ渡りますので、見た目で見て脂肪があったり浮腫みがあったり太っていれば、あの人は太っているという感じに決めつけられてしまいます。

当院では体重計の目盛を気にするよりも自分の目線と他の方から見た目線を気にすることをしていきますので人から見て『最近、痩せてきたね』とか、『細くなってきたね』と言われることをの矯正をしています。

体を整えると

どんなに良いダイエットをしても、運動しても、食事制限をしても、どんなにダイエットいい方法をテレビで紹介されたからといって試しても、サプリメントを飲んでも、筋トレしてもレシピを考えても、スープを飲んでも、どれもこれも体を整えていません。

体を整えることから

ましてや運動や筋トレをしてしまうと、余計に浮腫みが多くなってしまい、脂肪も燃焼はなかなかうまくいきません。

筋肉を鍛えるということは運動や筋トレやストレッチでもできるんですが、筋肉を鍛えてしまうと脂肪は燃焼するという感じでよく紹介されているんですが、 脂肪も簡単に燃焼することはないので減ることはありませんので減ることはない代わりに多くなるものがあります。
多くなるものは疲れやストレスから生み出される浮腫みです。

ダイエットして痩せる為には小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット

体を整えると細くなる

当院では体を整えて行く時には肩こりでも、腰痛でも特にウエストが細くなるということがありますので腰痛の矯正の方も腰周辺を触ったり治療をしているとウエストが細くなって引き締まるという効果がありますから同じようにして細くすることができるんです。

体を整える矯正のことを、体調を上げると言います。

体というのは多くの疲れやストレスを溜めていますので体を整えていくことで代謝も良くなりリンパの働きも解消されている老廃物も流れていきますので脂肪やむくみも燃焼しやすくなり細くなっていくということでダイエットをしています。

しかし整えの行かなければいけないのは体というよりももっと詳細に言うと筋肉や靭帯やその他の部分にある浮腫の問題や脂肪を減らすことはもちろんですが、それだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレも関係しますし、さらに、その奥にある内臓の働きの問題も関係することがありますし、ホルモンの問題も関係しますし眠りの問題も関係します。

疲れやストレスとダイエット

ダイエットをして痩せようと思うなら疲れやストレスの蓄積が一番の問題なんですがさらに問題になるのは疲れやストレスが溜まった部分にあります。

疲れやストレスというのも溜まる部分があるから溜まっているわけですからたまるところがなければ溜まることはありませんので体に影響があるということはないんですが多くの疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓疲労を起こしていることがあります。

内臓という名前がでてきても病気というわけではありませんので内臓に蓄積したストレスが原因で太りやすいということなんです。

さらに内蔵と言うとホルモンの関係しますのでホルモンの部分にストレスが溜まっただけでも太りやすくなっていきます。

疲れやストレスの蓄積で

体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどでも多くの疲れやストレスが満たされていきますので、生み出されてしまった疲れやストレスは身体に溜まっていきますから体に溜まると体調が悪くなったりリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していきむくみや脂肪を作っていきます。

浮腫みや脂肪が溜まりやすいと太りやすいという事ほど疲れやストレスと関係するものはありません。

眠りと痩せること

ダイエットをして痩せようと思うなら、眠りの問題も深く関係しますので、眠れていなければ大脳の脳幹の部分にある脳下垂体の働きが異常と思えるほど悪くなっていますので、脳幹の働きや脳下垂体働きを悪くなっていることから太りやすいということもあります。

最近は多くの方が二つに分けることができるぐらい眠れていない方が多くなっていますので二つというのは不眠症と睡眠負債です。

不眠症と太る

不眠症というのは最近多くの方が気がついていないこともあるんですが夜寝ようとする時にすぐ眠れなくて1時間も2時間も3時間も眠れなかったりする方はわかりやすいんですが夜中に何回も目を覚ますことがあってトイレに行ったりすることがあるのが不眠症だと気がついていない方が多くいますし夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症の特徴でもあります。
不眠症というのは目が覚めやすいのが特徴でもあります。

不眠症の方はどうなってるかと言うと体調がすごく悪くむちゃくちゃと言っていいほど落ちているんですが簡単に上がるような状況では無い方が多くなっていますので簡単だと思ってほしくないんですが多くの方が簡単だと何も考えていない場合が多くあります。

不眠症というのは重症段階の方に入りますのですごく体調が悪くなっていて内臓の働きも低下していて骨盤の歪みや骨盤の開きも大きくあり背骨がずれてしまっているんですが脳内ホルモンが多く分泌されているため麻痺した方や鈍感になっている方が多くなっています。

眠りが浅いということは大脳が急激に弱っているだけではなく疲弊したり衰弱状態になってるかとも多くいますので衰弱状態の段階になっていれば脳内ホルモンの麻薬のような物質が出てしまいモルヒネに似た痛み止めになってしまいます。

そのため自分がどういう状況になっているのかということも分からずに痛みやコリがないからと言って平気で体調が良いと答えている方も多くいます。

不眠症の方は太りやすくむくみやすく脂肪も多くなりやすいため単純にむくみや脂肪や太りやすいだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がずれているんですが痛みやコリを感じていませんし内臓の働きも停滞してる状況なのが分かっていません。

こんな状況では徐々に太りやすくなっていき、水を飲んでも太るということだと思います。

睡眠負債とダイエット

不眠症とは違って睡眠負債という言葉がありますが睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんので居眠りをしていると勘違いしてしまっている方が多くいるんですが睡眠負債というのは目が覚めることがないのが特徴なんですが眠りが浅い睡眠しかしていないということになります。

眠りというのは大脳が休養とって大脳自体が眠っていることを言いますので、6時間、睡眠時間があっても30分も大脳が寝ていることはありません。

睡眠負債の方も不眠症の方と同じような状況になっていますので太りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていき朝から顔がパンパンになっていたり顔のむくみが多くなったり体のむくみが多くなって脂肪が多くなっていき徐々に太っていきます。
もちろんこの時にはホルモン系もすごく働きが悪くなっていて、ホルモンだけではなく内臓の働きも低下状態です。

睡眠とダイエット、痩せる為

 

痩せる為には

北九州市小倉北区からも、本当に変わるから多くの方が来院していますが、当院では体重計よりも、見た目を細くする事を優先しています。

体重が減っても体が浮腫み、脂肪が多かったり、体がブヨブヨしていたりすると体重を減らしても効果は半減しています。

体重計のメモリばかり気にしているとストレスが増えていきます。このストレスが脂肪を多くしています。

もちろん体重計の針の位置は気にした方が良いんですが、簡単には変わりません。

今から矯正して体を整えていけば夏に間に合います。もちろん短期では、難しいですから期間は必要です。

ダイエット、痩せようと思うなら体を整えて体質改善で変える事です。

太りやすい原因は

太りやすいのは原因があります。まずは基本から整える事。

ダイエットして痩せること

 

エステとは

ダイエット、痩せる為にはエステに行くと、高額ですが脂肪を揉んだりマッサージしたりクリームを塗ったり、暖かい蒸気を当てて燃焼させたり、急冷で冷やして肌を引き締めたりラップを巻いて燃焼させたりしてもと色々して痩せさせようとしています。

しかし体調の検査や体の検査はしていません。

形成外科では

脂肪を吸引したりすることが中心です。

自分でダイエット、痩せる為には

自分でダイエットしたり痩せようと思っても簡単ではありません。簡単に変わる事がないのがダイエットです。簡単に痩せれば多くの方は太っていません。

よっぽどドカ食いしなければ誰でも痩せています。

痩せないのは運動しないからだとか、食べすぎだとか言いますが、本当に、それだけでしょうか?

太りを解消して痩せるなら

 

ダイエットとは

 

当院のダイエットは初回から少しずつ変わりますが1度ですべて変わる事はありません。当院のダイエットは体重よりも見た目を細くするダイエットをしています。

ダイエット、痩せる為には、何が必要なのかと言うと、一番、深く関係しているモノがあります。これを解消しないと、どんなダイエットでも効果は半減どころではありません

ダイエット、痩せる為には、どうする?

ダイエットと言うと、食事制限をしたり、リンゴダイエット、バナナダイエット、サプリメント、医薬部外品を飲んだり、運動やジョキングしたり、筋トレしたり、ダイエットグッヅを試したりしていますが、どれもこれも基本的なことをしていません。

ダイエットして痩せたいと思う方が多くいますが、当院のダイエットは体重よりも見た目を細くするダイエットをしています。ダイエットと言うと体重計で測ることが多くありますが、当院のダイエットは体重計は変わらないかも知れません。

しかし、まずは見た目を変える事からしていきます。体重は人に言わなければわかりませんが、多くの場合、見た目で判断しています。

ダイエット、痩せる為には効果がある方法を

人の目は見た目で判断

体重はしゃべらなければ人には、わかりません。しかし人は体付きで判断しています。つまり見た目で判断していますから、人から見て細くなれば、誰だって痩せたと思います。

この状態を維持することを施術でしていくと体重は徐々に落ちていくと思います。

もちろん食べすぎは良くありませんし甘いモノ、カロリーが高いモノ、お菓子類は太りの大敵になります。

運動しても筋トレしてもジョキングしても逆に脂肪の燃焼も簡単ではありません。かなりやらないと効果は出ませんが、浮腫みが増えていきます。浮腫みが増えるのは原因がありますから。

浮腫みが増える原因は何をしても増えますし、何もしなくても増えていきます。

運動したりジョキングしたりストレッチしたりすると余計に多くなるのが浮腫みです。

何をしても、何もしなくても増えてしまうのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

実はダイエットするなら体にたまった疲れやストレスを減らさないと効果が上がりません。一見、無関係のようなモノですが、実は密接に関係しています。

疲れやストレスが体にたまっていくと、リンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

何も食べなくても水だけでも太るのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債からです。

痩せるには

疲れやストレスは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。

疲れやストレスがたまってない方はいません。しかし疲れやストレスと言うのは弱い部分に多くたまっていきます。弱い部分が、どこなのかと言うことで違います。

人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。これは誰でもあるモノです。弱さがない方はいませんが、人と比べるモノではありません。

もし人が疲れやストレスを全然、ためていなくてない方は痩せているかも知れません。

疲れやストレスをためる場所

疲れやストレスはたまる場所があります。人の体には弱い部分が疲れやストレスをためると説明しましたので、弱い部分に疲れやストレスがたまりますから、弱い部分とは、どこか。

弱い部分と言うのは例えば体の65%が水分です。水に疲れやストレスがたまることはないと思うので、あとの残りは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉、じん帯、脂肪(水分がない)、と骨と内臓です。内臓の中には大脳、脳幹、脊髄が入ります。

この中に疲れやストレスがたまる部分があります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、筋肉よりも何倍も疲れやストレスをためてしまうのは、内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

つまり、内臓にたまった疲労が、内臓疲労になり代謝を落としたりリンパの流れを悪くしたり老廃物を多くためたりします。

内臓疲労から太る

もちろん内臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレも起こります。痛みやコリがなくても歪みやズレは起きています。

内臓にも疲れやストレスがたまって、そして骨盤の歪み・背骨のズレも起きているから代謝も悪くなるのは当然です。

疲れやストレスを減らすこと

疲れやストレスを減らすことは、簡単ではありません。一番、難しく簡単には減らせることができないのが疲れやストレスです。

疲れやストレスは運動しても減りませんし、サプリメント、医薬部外品でも減りません。マッサージでもボキボキしても低周波治療器や電器をしても減りません。家でゴロゴロ、ダラダラしても減りません。

しかし、これを減らす事ができると、本当に痩せたり浮腫みが取れたり脂肪が減ったりします。これは、本当の事ですから、当院ではいつもしている施術です。

当院では小顔矯正をする時も、骨盤矯正をする時でも、ウエストが細くクビレを作る矯正でも疲れやストレスを減らすことで変わるので評判です。

小顔矯正

 

骨盤矯正

 

睡眠負債とダイエット

睡眠負債とダイエット、痩せる為にはには関係があります。不眠所と言うのは寝つきが悪く寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます、夢ばかり見るのが不眠症です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。睡眠負債は不眠症とは違います。

夜に寝たら、すぐに眠れて朝まで目が覚ますことはありませんが、一番、浅い睡眠です。

睡眠負債は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。目が覚めないからと言って良い睡眠をしているとは言えないこともあります。

睡眠負債、不眠症の方は太りやすくなります。脂肪や浮腫みも増えていきます。

睡眠負債

 

体質改善
体質改善とダイエット

ダイエットして痩せる為には、体を整えることが優先されますが、体を整えるとは、2通りの方法があります。

一つ目は基本的な体調です。体調とは疲れの蓄積です。疲れが多くなると体は、ありとあらゆる悪いことが起こります。

当然、その中には代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなるのも含まれます。

しかし、それだけではありません。

自律神経の乱れ、神経の流れ、血液の流れ、脳せき髄液の生産性、内臓の働きの低下、ホルモンバランスの崩れ、大脳への血流の低下、骨盤の歪み・背骨のズレなどが起こります。

弱い部分には多くの疲れが溜まりやすくなりますから、疲れの蓄積が、ありとあらゆる問題を起こしていきます。

弱い部分に多くの疲れが溜まると、浮腫みになります。

ホルモン系が弱い方はホルモンに疲れが蓄積していくことで、太っていきます。ホルモン系とは内臓です。

代謝もコントロールしているのは(大脳、甲状腺など)内臓です。

疲れが多く蓄積していくと太りやすい体質の方は、当然、太っていきます。

体質改善とはアンチエイジングの施術になります。体質改善で体の中から変えていくことで、さらなるダイエットができます。

しかし初回からできる施術ではありません。

期間を空けるとできません。

ダイエットの矯正を受けた方の感想と声
40代の女性(北九州市小倉南区から)
ダイエットして痩せたくて予約させてもらいました。今までは食べる事を減らしたり糖分を控えたりして体重は落とすことにつながり3キロほど体重が落ちましたが、以前よりブヨブヨした状態になって体重は落ちたのに脂肪?、浮腫み?が増えた状態になってしまいました。ここの整体は友人から聞いてきましたが友人も細くなりたくて来たそうなんですが、20回くらい通ったと言っていました。1回目からウエストが細くなって5回目では体重が1キロ減少して体質改善の矯正で体は軽くなって調子が良くなったそうです。家族からも痩せてきたと言われて嬉しかったと言っていました。私も、ここに通い出して体も軽くなって初回からウエストも細くなって受ければ受けるほどウエストも細くなっていくので、すごいと思っています。もちろん細くなるのはウエストだけじゃないです。私は40回くらい通っていますが回数券を買って10万円くらいですが、エステと違って一度に、高い代金を払う事もなく体の中から改善してくれるので、安心してお願いしています。色々な症状も取れて生理痛も便秘も解消してしまいました。
30代の女性(北九州市小倉南区から)
痩せたくて来ました、説明を読んだときに体重計の重さを減らすよりも、見た目を大事にすることと書いてあったので興味を持ちました。今まではプールで泳いだり筋トレしたりランニングマシーンで走ったり、自転車をこいだりして痩せようとしましたが、疲れるだけで効果が感じられなくて、いつも中途半端でした。ここの整体の先生のダイエットのやり方は体を整えていくことからしています。ダイエットですから過食や甘いモノは良くないのは当然ですが、過度の制限も良くないと言ってくれます。何よりも体を整えていくことが重要だそうです。体の中の状態が良くないと代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなるそうです。ホームページに書いてあるように、疲れの蓄積が一番の問題だと言う事ですが、あまりピンときませんでしたが、今では、しっかりとわかります。そして疲れがたまった体を疲れを減らしていくと体の状態が良くなるだけでなく体が引きしまっていきますから。知り合いからも、痩せてきたね、と言われたのは嬉しかったです。でも体重は、あまり変わりません。体重は変わりませんが、知り合いから言われることが嬉しいです。
30代の女性(北九州市小倉北区から)
今までは痩せる為に色々なことをしてきました。プールで泳いだりサウナに入ったりジョキングしたりすることも3年くらいしていますが、体重が4キロ痩せてきました。でも痩せてきた割には、脂肪が増えたような気がしていました。脂肪が増えたのに、体が重たくて。ここの整体院を見つけて矯正をしてもらうと、1回目は、体がダルクなりました。でも通っているうちに、本当に浮腫みが取れて減っていくのが、不思議でした。5回目をするころには受けてもダルクなる事もなく、ダルクなるどころか、体が軽くなってきました。しかも、子供からも主人からも、痩せてきたと言われました。今までしていたことは軽く挑戦していますが無理にしている訳でもなく毎日が調子が良いことが一番です。
40代の女性(北九州市小倉北区から)
細くなりたいのでダイエットしようと思ってエクササイズしたり体操したりホットヨガをしたりして発汗を促して汗を多くかけば痩せると言うのでしていましたが、疲れる事ばかりだから、続かなくて。結構、キツイし。何か良い方法で痩せないかと検索していると、ここが見つかりました。ここの説明は他とは違うような気がしました。
30代の女性(北九州市小倉北区から)
無理なダイエットじゃなく、キレイに痩せて見たくて来ましたが、本当に、初回からウエストが細くなっていったのには、驚かされました。確かに書いてあるように体重計は家で測っても、変わっていませんでしたが、自分で触って見てもウエストが細くなったのが、わかるくらい細くなっています。簡単にしているようにしか見えないのに、先生がウエストを数秒、揉んでいるだけなのに、細くなるなんてマジック見たいでした。初回から変わってきたので本物なのかな、と思って、しばらく通院させてもらいましたが、友人からも、最近、痩せてきたね、と言われるし嬉しい限りです。3か月間でしたが、40回以上してもらって、全身が細く小顔にも小尻にもなってウエストも細く、上半身も浮腫み、脂肪が減ってきました。合計金額は103、000円ですが、かけるだけの意味があると思います。痩せる為には体を整えることが重要だと、わかりました。
20代の女性(北九州市小倉南区から)
ここのダイエットは良いでね。本当に、その場で実感できるのが特徴です。
40代の女性(北九州市小倉南区から)
痩せたくてきましたけど、本当に浮腫みが取れていきます。

 

 

北九州市小倉北区からもダイエット、痩せる為にはトレーニングよりも鍛えるよりも運動するよりもジョキングするよりも、ダイエット食品やダイエットグッズを使うよりも効率の良い徳力整体院のダイエット法。

 

当院は北九州市小倉北区、小倉南区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。