生理痛を緩和

生理の時の生理痛を楽にしていくなら原因を見つけ出すことが一番なんですが、原因は簡単に見つかることもありませんので、原因を見つけ出す前に体を整えていくことから始めていかなければ、原因は見つかることはありませんし、変えられる方法はありません。

 

生理が近くなっても生理痛の変化がある場合がありますので、変化があるのは、その時の体調が深く関係をしていますので、体調が、気がつかないで落としていれば生理痛は深くなったり、また眠りが浅いことに気がついていないで体を崩している場合もありますので、崩していると生理痛がひどくなってしまいます。

 

生理痛

 

 

生理痛と眠り

 

生理痛と言っても眠りの問題も深く関係していますので寝つきが悪かったり夜中に何回も目を覚ましたりすると体は正常な状態を保つことはできませんので崩れやゆがみが大きくなり骨盤の開きや骨盤のゆがみが大きくなっているということがあるので当然の結果として生理痛はひどくなってしまいます。

 

生理痛に関係するものは骨盤の中に入っている場合がありますので、骨盤の歪みや骨盤の開きというのは、生理痛に関係するものに影響を与える結果になってしまい、気が付かない状態で生理痛をひどくしてしまっている場合があります。

 

夜中に何回も目を覚ましたり寝つきが悪い状態のことを不眠症と言いますが、不眠症以外の方も多くいるため、睡眠負債という言葉がありますが、睡眠負債というのは、寝れば寝るほど眠りが浅い状態で体の崩れが、大きくなり歪みを起こしてしまうことが、原因で生理痛をひどくするということがあるんです。

 

最近は多くの方が眠りが浅いことに気がついていないで、睡眠負債状態で負債を抱えるような睡眠をしていても、自分では理解できてもいないしわかってもいない状態で、体がボロボロガタガタの方が多くいます。

 

生理痛と眠り

 

もし本当にうまく眠れているような状態であれば、熟睡ができている状態であれば、骨盤の歪みや骨盤の開きなんかが大きく起きたりすることもありませんし、生理痛につながることはないと思いますし腰痛などが、起きたりか腹部痛が起きたりすることもないと思います。

 

当院では整体やカイロプラクティックの技術を用いて生理痛を改善していくことをしていくんですが、何よりも確認することをしていますので、体の状態を確認してみると多くの方が受ける方が整っているわけではなく体がボロボロ状態の方も多くいますけど、本人があまり分かっていない場合もあります。

 

睡眠負債と生理痛

 

不眠症は多くの形が理解できると思いますが睡眠負債というのは大変難しく多くの方が勘違いしている場合があるんですが睡眠負債というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがないけど熟睡ができない状態で寝ているわけです。

 

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので眠りが浅いということは大脳が寝ているわけではありませんし夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている睡眠になっているということなんです。

 

寝ながら考え事をしてて睡眠というのは脳が活性化してる状態で脳が休養とっているわけでもありませんしねているわけでもありませんので熟睡ができない状態になっているということなんです。

 

睡眠負債が起きてしまうと大脳が徐々に疲れを溜め込んでいき肥料を起こし、疲労につながりやすく、脳疲労が起きてしまうと全ての脳下垂体の親分である脳下垂体ホルモンの分泌にも影響をしてしまうため、ホルモン系の異常が起きることから、生理痛になってしまうことやさらに骨盤の歪みや骨盤の開きが眠りが浅いことが原因で起きてしまっています。

 

生理に関係する部分で本当に熟睡ができているのかというの状態を検査してみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きいある方は眠れているわけはありません。

 

寝ている間に、日頃の疲れが取れて行かなければいけない状況が取れなくなって解消できなくなっているということがわかります。

 

睡眠負債や不眠症の方が、どういう状況になっているのか説明すると多くの骨盤屋背骨のズレは起きて行き筋肉だけではなくありとあらゆる働きや疲れが取れなくなっているということで生理痛が酷くなっていきます。

 

当院では検査することをしていますが検査してみると多くの方が、初めてでは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくはあり、背骨のズレも大きくあって押さえたら痛いという方までいますので痛みが起きるような状況になっていても普段は感じていない場合が多くあります。

 

普段の生活でも

 

生理に影響するものは不眠症や睡眠負債だけではなく、普段の生活でも仕事をすることでも体を動かしたり運動したりすることでも、ありとあらゆることから、生み出された疲れの影響で体は骨盤の歪みは骨盤の開きを起こし、背骨のズレに繋がっていくということもありますので普段寝ている時にしか新しく生み出された疲れを減らすことや解消することができないのに眠りが浅い関係からも手伝って多くの歪みやズレを起こして行きます。

 

普段は何気なく生活したり仕事したり体を動かしたり運動したりすることをしていますが、生み出されていくつ彼はなくなっていくものと残るものに分かれます。

 

なくなる疲れは生理痛に影響を出すことはありませんが、残る疲れというのは、生理痛を起こす原因になってしまいますので、疲れの蓄積を早く減らすことをしていかないと溜まった時に生理になってしまうと生理痛がひどくなってしまいます。

 

普段生活している時でも仕事をして、「あー疲れたなー」と思っても、いつのまにか疲れが新しく生み出されたことに気がついていないで次のことをしています。

 

この時にも消える疲れもあれば残る疲れもあります。

 

しかし体に残ってしまっても、その時にしか感じとることができませんので自分の体にたまっていることさえ感じていない方が多いようです。

 

疲れの蓄積が多くなって体に溜まって残っていくと体にとってはストレスとして感じてしまい疲れやストレスの蓄積が体の崩れを起こし生理痛につながっていきます。

 

 

当院では北九州市小倉北区からも予約が増えているのは、交通の便も良くモノレールやバス停からも近く、車でおいでになる方も駐車場がありますので便利です。

トップへ戻る