生理痛を緩和するために

生理の時に生理痛が起きるのは当たり前だと思わないでください。
何かの異常が起きているから生理痛がひどくなっているわけですから生理痛がどうして起きるのかということも考えなければいけないんですが多くの方が薬の痛み止めを使うことがあり症状の緩和を測っているような状況です。

 

 

生理痛を楽にするなら

 

生理痛とは

 

生理痛で起きてしまう原因というのは原因があるから起きている現象と考えるようにしたほうがいいと思いますので、原因を探すこともなく見つけ出すこともなく薬ばかり飲んでしまって、一時しのぎをすることは良いこととは言えないと思いますので、原因を見つけ出す為にも体の崩れの検査をして、体が崩れているような状況であれば体の崩れ整えていくことが必要になります。

 

生理痛が起きてしまう原因

 

生理痛が起きてしまう原因は一つは、体質と、もう一つは、体調に由来しています。
体の崩れがあるということは、体調を落としているんですが体調を落とせば、落とすほど症状を感じるべきなんですが最近の方は症状を感じていないで体調をすごく落としている方が多くなっています。

 

生理痛を楽に

 

 

体調を落としてしまう原因

 

体調を落としてしまう原因は日常で、多くなっていく疲れが溜まった現象で起きていますので疲れとの特性として、一過性でしか感じ取ることができないため疲れが溜まっていることさえ気が付いていない方が多くいるんですが、体の方を検査してみると、しっかりとその証拠が現れてきます。

 

日常で多くなっていく疲れなんですが疲れが、かなり溜まっていくと、必ず起きる現象というのは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレなんですが、歪みやひらきやズレがあっても痛みやコリになったり何かの症状を起こしているということがないため多くの方が気が付いていないんですが生理の時に明らかにその症状が強く現れてきます。

 

疲れというのは日常で何をしても付きまとって生み出されていきますし、何もしなくても生み出されていくものなんですが疲れというのは、一時的にしか感じ取ることができないため疲れたと思っても、しばらくすると徐々になくなっていく傾向を起こし感じなくなるんです。
感じなくなっているだけで、大半は残ったままになっていますので、その積み重ねが生理痛をひどくする原因になっていきます 。

 

生理痛がひどくなるのは

 

生理痛がひどくなるのは、体の崩れが大きい時に生理になってしまうからです。
生理痛がいつもひどい方もいるでしょうけど、同じように感じても何かが違うかも分かりませんし生理痛が軽いかと思いますし、生理痛がひどくなったり軽くなったり、変化がある方もいるんですが、変化したり同じように起きてする原因が体調と体質に大きく由来しています。

 

生理痛が軽い時には疲れが蓄積が軽く体の崩れも少ない時です。
生理痛がひどい時には体の崩れが大きく疲れの蓄積が大きくなっている時で眠りの状態も深く関係しています。

 

 

生理痛と眠り

 

眠りの問題と生理痛

 

眠りの問題と言うと大脳が寝ていることだけを、熟睡していることだけを言います。
どんなに寝ている時にスーツに行きを立てていても脳が寝ているか、どうかは分かりませんから目で見て判断できるものでもなく本人も寝ているかどうかは定かではありません。
不眠症という言葉がありますが不眠症というのは2月を歩く30分も1時間も夜寝ようとする時に眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。
不眠症の方がを検査してみるとホルモンのバランスも歩く骨盤の歪みや骨盤の開きも大きくあって背骨のズレが起こしていますので、腰痛になったりすることは、当然ですし、下腹部の張りが起きてしまうのも当然です。
また、イライラしたり胃のもたれが起きてしまうのも同時に起きてしまうのも当然だと思うぐらいの方が多くいます。

 

睡眠負債と生理痛

 

不眠症とは違って睡眠負債という言葉がありますが睡眠負債ということは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めませんので、良い眠りをしていると思っているし、寝ていると思っているかもわかりませんが睡眠されということは眠りが浅い睡眠しかできていない状況なんです。

 

夜、寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど熟睡ができていない状態で朝を迎えることなんです。
睡眠負債の方は本人が寝ているのか寝ていないとかという判断はできることはありませんので脳が、どれぐらい寝ているのかで体の歪みや骨盤の歪みや骨盤の開きが違うんです。

 

当然眠れていなければ良い状態ではないんですが本人は全く気が付いていませんので体がどれぐらい歪んでいるのかとかまたは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがどれぐらい起きているのかということを認識できることはありませんので気が付いていません。
何かの症状が生理の時以外はないからといって良い状態とは限りません。

 

睡眠負債ということは寝ているようで眠れていない時間が多くなって、 大脳が極端に弱っていきますのでホルモンの親分みたいな脳下垂体ホルモンの弱りが出てしまっているのに気がついていないで全てのホルモン屋内臓系統が全滅している場合があります。

 

睡眠歳の方は夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間は後で下長くなっていて数回は夢を見るでしょうけど目が覚める瞬間にも夢を見るため夢の記憶しか残らないんです。

 

寝ながら考え事をしてる時間と夢の時間というのは膿が出ているわけではありませんので脳が寝ていない限りは熟睡ができていないという現象なんですが、 目が覚める瞬間に夢を見るため眠れていないことに気がついていないで神経的なものが麻痺してしまい痛みやコリを感じにくい方がいるんですが検査すれば骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく起こしていて背骨のズレも起こしているのに何も症状を感じていない方もいます

 

 

当院では北九州市小倉北区からも予約が増えているのは、交通の便も良くモノレールやバス停からも近く、車でおいでになる方も駐車場がありますので便利です。

トップへ戻る