小顔矯正

人気がある小顔矯正

 

当院では初回から顔が小さくなることで人気があります。小顔矯正をする時には、痛くない怖くない危険な事もない小顔矯正をしています。

 

当院の小顔矯正は、小顔矯正を受けている方が変化がわかるようにしているのが特徴です。自分で顔が小さくなったのがわかるようにしています。

 

そのため小顔矯正をする前にあることをしてもらいます。そうしないとわかりませんから。

 

小顔矯正に入る前にしてもらうことは、自分で顔を触っておぼえてもらう事です。

 

しかし簡単なことではありません。と言うのは鏡で見ることも構いませんが、当院では両方の手で感じてもらうようにしています。

 

手を顔に当てて小さくなったのがわかるようにしています。

 

簡単なことではありませんから、時々、わからないと言う方がいます。しかしわからない方も、本当に顔が小さくなっています。

 

ですから、できるだけ顔が小さくなったのがわからないと言うことがないようにしています。でも未だ全員がわかってくれません。

 

当院では小顔矯正をした時に顔が小さくなると言うことがわかってもらう為に小顔矯正に入る前に1回と、施術台に寝てもらって、もう一度、顔を触ってもらうようにしています。

 

つまり2度、顔を触っておぼえてもらいます。

 

小顔矯正をする時の顔の触り方

 

小顔矯正をする時の顔の触り方は、アゴの部分で両方の手首を合わせて顔全体を触ります。

 

小顔矯正の触り方
上の写真のように顔に手を当てます。手首を合わせた方が位置が決まります。手を動かすとわかりずらくなります。アゴの部分に手首を当ててアゴの部分と手のヒラと指を顔に密接させます。

 

手のヒラや指が浮いていないか確認して下さい。

 

そして最後に左右差を感じるようにして下さい。一番は左右差を感じることが大切になります。

 

左右差を感じようとすると手だけではなく、脳が働きます。脳が働いていくとしっかりと今の顔の大きさや幅をおぼえることができます。

 

左右差を感じようとしてみてください。顔は左右が対象ではなく、つまり顔の左右は同じではありません。

 

例えば、顔の右側が全体が大きいとか、左側の一部分だけが出っ張っているとか、必ずあります。

 

あとは顔の皮膚を引っ張ってみて浮腫み度合いを確認して下さい。浮腫みはさわっただけよりも皮膚を引っ張った方がわかります。

 

もう一度、触っておぼえることができる

 

小顔矯正には自信があるから、小顔矯正に入る前に、もう一度、顔を触っておぼえることしてもらいます。

 

施術するベットに上向きで寝てもらって、小顔矯正に入りますが、小顔矯正をする前に、もう一度、顔を触っておぼえてもらいます。

 

先ほどは、ご自分だけで触ってもらいましたが、今度は院長が協力しながら顔を触ってもらいます。

 

施術する台に上向きに寝てもらって顔を触ってもらいます。先ほどと同じようにして触ります。

 

ご自分の両手の上から院長が手を重ねます。この時に院長から「こう触って、ここら辺が大きいですねよ」とか言います。

 

顔の触り方と言うのは、大変、難しく簡単ではありません。

 

この時も顔の左右差を感じるようにして下さい。

 

顔の幅、大きさをおぼえたら

 

自分の顔の大きさをおぼえたら小顔矯正に本格的に入ります。当院の小顔矯正は本当に痛くない小顔矯正ですから安心です。

 

小顔矯正をする時には初めから顔が小さくなる効果があります。だから、顔を触っておぼえてもらいます。

 

小顔矯正をする時にはマッサージする見たいにして顔を小さくすることができますがマッサージではありません。

 

マッサージをして顔が小さくなることはありません。

 

院長の特殊な小顔矯正ですから、院長だけができる小顔矯正ですからマッサージするみたいにして顔が小さくなることができます。

 

一番、近いのがマッサージ感覚と言う感じです。

 

しかしマッサージではありません。顔を揉んでいるような感覚で顔が小さくなっていきます。

 

小顔矯正をする時には

 

小顔矯正をする時には、小顔矯正をする前と、小顔矯正をしたあとを比べることができます。

 

比べることができるのが、当院の特徴です。しかも自分で小さくなったのがわかるようにしています。

 

小顔矯正をする時には、顔をマッサージするようにして顔を小さくすることができます。

 

顔を小さくしていく為には検査して顔が小さくなる所を確認しながら小顔矯正をしています。

 

顔の浮腫み、脂肪も減らすことをしないと顔は小さくなりませんが、それだけではありません。

 

顔の浮腫み、脂肪を減らす事でしたら小顔矯正とは言えません。それではエステと同じです。

 

小顔矯正ですから顔を小さくしていく事をしないと小顔矯正とは言えません。

 

当院では小顔矯正をしていく時には検査する事をしていますので、検査してみると顔に炎症やハレがあることがあります。

 

今まで多くの方が小顔矯正にきましたが、顔の炎症やハレがない方はいませんでした。

 

この顔の炎症やハレを解消していく事ができれば顔が小さくなります。

 

多く方にある顔の炎症やハレを矯正することができれば顔が正常に戻すことができます。それほど顔は大きくなっています。

 

顔の炎症やハレがある部分は骨自体の場合もありますし、皮膚や脂肪の炎症やハレがある方もいます。

 

それらを確認する為にも検査することが重要になります。

 

検査できないと異常が見つかりません。

 

 

 

 

 

北九州で小顔矯正なら評判の良い痛くない小顔効果がある顔が小さくなるので北九州市から多くの方が来院しているカイロプラクティック徳力整体院。

トップへ戻る