筋肉のコリから楽にしていく肩こり

筋肉のコリから楽にしていく肩こり

肩こりを楽に

肩こりを解消するためにはいろいろな方法があると思うんですがまず代表的なものは家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったりと言う感じだと思いますし自分ですることも肩こりを解消する手段になりますのでドラッグストアで売っている湿布を貼ることでも有効の可能性もありますが肩こりと言うのも程度というか段階があります。

 

何でもかんでも湿布を貼ったりしたり家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらうことが1番かというとそういう状況ではなくなっている時もありますので、専門家の先生に受けてみることをお勧めしていますが、専門家の先生と言うのもマッサージをしたりすることが多くありマッサージにいくと言うことが多くありますし肩こりと言うと専門外なのに整骨院が有効だと言うことで安いからと言って整骨院に行って揉んでもらったり低周波治療器をかけたりすることが多くあります。

 

肩こりとは

 

考えなければいけない事は肩こりと言うのはどういう状況なのかまたは何が起こっているのか原因は何なのかということも考えなければいけませんので何でもかんでも筋肉を思えばいいと言うわけでもなくほぐせばいいと言うわけでもなく湿布を貼るといいと言うわけではありません。

 

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが強いために多くの方が筋肉ばかり揉んで保護して楽になるために筋肉を中心的に考えている方が多くいるんですが確かに家族の方や専門家の先生に肩を揉んでもらったりすると楽になるために肩こりが治ったと思うでしょうが実は違うんです。

 

どんなに良い方法で肩こりを楽にしても肩こりの原因になっているものを見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを解消するというか楽にするというか直すことができません。

 

肩こりがどうして起きるのか

 

肩こりがどうして起きるのかと言う方は多くの専門家の先生も知らないので一般の方が知っているわけはありませんが肩こりが起きてしまうとサプリメントを飲んだり湿布を貼ったり運動したり筋トレしたり肩甲骨を動かしたり専門家の先生のところに行って何かをしたりと言うことが多くあるんですが多くの先生は肩こりの原因を知りません

 

肩こりの原因を知らないのに何かをして楽にすることができるためになんとなく楽になっていると言うことがありますので正確にどういう状況で肩こりが起きているのかということを見つけ出して言いません。

 

肩こりがどうして起きるのか

 

肩こりはどこから起きるのかどうして起きるのかと言う感じでなぜ何と言う考えが必要なんですが多くの方はただ肩が凝っていると言うだけで考えようともしない方が多くいますので肩こりと言うのはしっかりとした原因があるんです。

 

肩こりを起こしている方は全体的に疲れやストレスが溜まっています

 

肩こりを起こしている部分と言うのは背骨が中心で起きている場合が多くありますので背骨がずれて筋肉が引っ張られて引っ張られることが原因でリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積しているということが起きているんです。

 

何も原因がないのにリンパの働きが悪くなったりする事はありませんし老廃物が蓄積すると言う事は考えられませんので単純にリンパマッサージをすれば、良いリンパ療法をすればいいと言うわけではありません。

 

多くの方がリンパの流れと言うのは大変な状況が起きているということがわかっていませんので専門家の先生も知らない場合が多くあります。

 

リンパと言うのは普通は何もしなくても流れていなければいけないんですが、何かの状態が起きているときには流れが停滞すると言う事なんですから脂肪とは違います。

 

疲れやストレスの蓄積が肩こりに

 

疲れやストレスの蓄積と言うのは大変多くの状況で生じていますので生活をする時でも買い物をする時でも料理を作る時でもフライパンを持つ時、お風呂、掃除、窓拭きでも多くの物事に肩を使うことがありますので方を使えば使うほど筋肉疲労が多くなっていきますし筋肉だけではなく体の奥底に疲れやストレスが溜まっていきます。

 

当然として肩や腕や指を使うことが原因で筋肉疲労が多くなっていくんですが普通は解消できていなければいけないんですがあることが積み重なってしまうと筋肉疲労が積み重なったままになっていて残ったままになっていることが原因で肩こりを起こします。

 

 

 

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉のコリから改善しなければ先に進むことができませんので筋肉のコリから改善することをしていますが肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きていることが少なく他の原因が絡んで起きていることがありますので他の原因を見つけ出すためにも筋肉のコリから改善して筋肉を柔らかくしたり、ほぐしたりすることをしていきます。

 

肩こりと言うのは

 

多くの場合肩こりと言うと対症療法と言う治療法が多く行われていますので、対症療法と言う治療法はほとんどの治療院で行っている治療法の1つです。

 

肩こりを改善していくためには、対症療法の治療法と根本的なものを行う根本療法と言う治療法の2つが存在しています。

 

対症療法と言う治療法は多くの治療院で行われている治療法なんですが対症療法と言うのは湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にすることができますし、ドラッグストアで売っているサプリメントを飲んでも、肩こりを緩和することができますし家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったりすることでも可能ですし筋肉がほぐれることもありますし、専門家の先生にマッサージをしてもらっても、筋肉がやらかくなる可能性もありますが、肩こりと言うのは筋肉ばかりで起きている事はありませんので、今まで30年間肩こりを改善してきて筋肉のコリだけで起きている方は1人もいませんでした。

 

確かに対症療法と言う治療法は良い治療法ですから、当院でも肩こりを解消していくときには用いることをしていますが、筋肉だけをほぐせばいいと言うわけではなく検査することができなければ筋肉ばかり解してしまうということが多いようです。

 

肩こりと根本療法

 

肩こりを改善していくためには根本的にどうして起きているのかということを見つけ出すこともなく対症療法ばかりしているとコリを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまいます。

 

肩こりを改善していくためにはどうすれば肩こりが改善することができるのかと言うことで筋肉のコリばかりほぐすことをしていることがありますので原因を見つけ出すことをしなければ何も原因がなくて筋肉が凝りを起こしたりすることがありません。

 

1番、簡単な方法が肩を揉んだりマッサージをしたり低周波治療器や電気などをかけたりすることですしサプリメントを飲んでしまうことなんです。

 

対症療法ばかり行うのも良い治療法なのかも分かりませんが原因を見つけ出すことをしなければ本当の原因と言うのは大変なことから起きています。

 

しかし対症療法と言うのは短期で楽になることもありますが短期で楽になって肩こりを感じなくなってしまうことが怖いと言うこともありますので、本当の原因を知ってしまうと大変なことが起きているとことがわかります。

 

肩こりを起こす原因

 

肩こりを起こすときには筋肉のコリからほぐすようにしていますが何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったり老廃物が溜まると言う事は起きませんので、普段の日常的な動きで多くのリンパの流れは良くなっているはずなんです。

 

大きく肩や腕や首を動かすことも大切なことなんですが、そんなことをしなくても普通一般的には循環が良くなっていくと言うことが、いろいろな動作で解消されるべきなんです。

 

肩こりを強く感じる

 

肩こりと言うのはいつも変化しているものですから今日は肩こりはいいけど昨日はひどい肩こりがあったと言う感じで変化していることがありますので変化すると言うのはすべて体調が原因なんです。

 

体調と言うのは意味不明な言葉でもありますので自分が体調がいいと言う思えば体調は良いわけですし体調が悪く感じてしまうと言う事は体調を落としているということにつながるんですがその原因として考えられる事はすべて疲れやストレスの蓄積と眠りに問題があります。

 

北九州市小倉南区で肩こりを解消しようと思うなら筋肉のコリからほぐすすればいけませんが肩こりと言うのは筋肉だけで起きているものは1つもありません。

 

肩こりと言うと多くの治療が筋肉ばかりに注目してしまって筋肉を揉んだりマッサージをしたり電気をしたりサプリメント飲んだり湿布を貼ったり、病院に行って注射をしたりと言う行為が多く行われているんですが、対症療法の治療法が多くあり原因もわからずに原因を検査することがなく治療していることが多くあります。

 

対症療法と肩こり

 

対症療法と言うのは普通一般的に行われている治療のほとんどが対症療法と言う治療法になりますので病気ではなければ検査することもできないので数値的な異常が出ることもなくわからないと言うことが多くあり湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にすることができるためにマッサージをしたりすることも肩こりを楽にすることができるんですが電気をしても肩こりが楽になってしまうために抽象的なことが行われているのが対症療法なんです。

 

抽象的な事と言うのは肩こりの原因になってるものを見つけ出す事は簡単なものではありませんので原因もわからずにただ肩の筋肉を押したり揉んだりして解消していることがありますので対症療法ばかりしていると原因もいつの間にか進行していくと言うことが起きてしまうんです。

 

肩こりと言うと多くの治療院が揉んだりマッサージをしたり勉強したりと言うことが多くあり自分でも湿布を貼ったりすることができますので湿布を貼っても楽になる程度であれば楽になっていきますし揉んで楽になる程度であれば楽になっていくでしょうし電気をかけても楽になる程度であれば楽になっていきます。

 

楽にすることと原因から直していくこと

 

肩こりと言うと原因が必ず存在しますので原因から見つけ出して改善しなければいけないのに抽象的な対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまうことがあります。

 

肩こりと言うのは原因があるから起きているわけですけど単純に何も原因がなくてリンパ流れが悪くなったり老廃物が溜まると言う事はまず考えられません。

 

普通一般的にリンパ療法というのがありますがリンパ療法と言うのは軽いマッサージと同じですからリンパを流せばいいと言うわけではなく老廃物を流せば良いと言うわけではなくどうしてリンパが停滞しているのか老廃物が多く蓄積してしまっているのかということを見つけ出すなければいけないのに単純に軽いマッサージをしてリンパ療法だと言うふうに言い張っているだけです。

 

原因がなくてリンパが停滞と言うのはない

 

原因もないのにリンパが停滞したり老廃物が溜まっていると言う事はまずありませんので首や肩や腕や体動かしたり仕事をしたり運動したりすることでもリンパが流れなければいけませんし停滞するということが考えられないので老廃物が多く溜まると言う事は無いんです。

 

リンパの働きが停滞して起きてしまう現象と言うのはむくみですからむくみがどうして起きるのかということも考えなければいけないんですが何も原因がなくてリンパが停滞してむくみができると言う事はないと言うことなんでむくみが起きてしまうと肩こりにつながると言うことでリンパ療法というのがあるわけです。

 

肩こりとは

 

肩こりと言うのは多くの場合あるものに関係して起きている現象なんですがどうして筋肉のコリが起きたりするのかコリと言うのは何なのかということを考えなければいけませんが多くの場合これと言うのは何も意味がわかっていなくて肩こりだと言っている場合が多くあります。

 

肩こりの凝りと言うのは筋肉の緊張や筋肉疲労や老廃物が多く溜まった現象のことを言いますので筋肉が一時的に硬くなることを肩こりといいます。

 

しかし何も原因がなくてしっかりと動かしたり1番、動作が多いのに筋肉疲労が起きているというのはあると思いますがリンパの働きが悪くなるということがまず考えられません。

 

最近は多くの方が肩や腕を動かさないからとか大きく上にあげない体とか固定化してしまった状態で筋肉が緊張したり披露したりと言うことで筋肉が効いて肌に硬くなる現象のことを肩こりだとテレビなどでも宣伝しているんですが普通一般的に洗濯物干したり上のものを取ったりすることでもしっかりと運動ができていると言うこともあるのにどうして肩こりが起きるのかと言う原因がわかっていないから言っているだけなんです。

 

肩こりが起きているときにはいつも肩こりを感じている方もいるでしょうけどときには辛く感じている方やひどく感じている方と言うのも差があるということがわかると思いますのでどうしてこの指ができるのかと言う問題もあるものの蓄積に関係していることなんです。

 

肩こりを解消するなら筋肉ばかりに注目していないで原因を見つけ出すことも考えなければいけませんのでいくらどんなに肩こりを楽にしても原因が残ったままになっていると進行していくと言うこともあると言うことなんです。

 

しかし肩こりの原因を見つけ出す方法は簡単な方法で見つけられることができませんので、肩の部分を触ったり揉んだりしても肩こりできているわけですから肩が硬いですねとか肩がこわばっていますねと言われる事は当然の結果だと思いますので、それは検査ではありません。

 

肩こりの検査する子ときには触ったり揉んだりしてもわかる事はありませんので専門家の先生も単純に人それぞれ筋肉の硬さや皮膚の硬さが違うのにそう言ってるだけですから検査しているわけではありません。

 

肩こりを検査する

 

肩こりと言うのは目で見て判断できるものではありませんし触っても判断できるものではありませんので肩こりがどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけないんですが見つけ出すのは病院でも病気の専門家ですから病気になってしまえば病院でもわかりますが肩こりと言うのは病気ではありませんので病院に行っても専門家ではないので意味はありません。

 

肩こりを検査するときには当院では分別して考えるようにしていますので本当に筋肉のコリが起きているのかということも考えなければいけませんし皮膚の皮下脂肪の厚みが多くなっていないかと言うことも考えなければいけませんし関係するのは筋肉だけではなく皮膚の厚みも関係することもありますので皮膚の厚みだったり皮下脂肪の厚みだったり筋肉の状態だったりと言うことを検査する必要もあります。

 

そしてそれ以上にリンパの働きも関係しますのでリンパの働きが滞留してしまって老廃物が多く溜まっていないかということを確認する必要があります。

 

しかし多くの方は当然として肩こりを起こしているわけですからリンパが働き悪くなっていて老廃物が多く蓄積しているんですがこれらの現象は結果です。

 

肩こりを起こしている

 

肩こりを起こしているわけですから当然としてリンパの働きがいいわけはありませんし老廃物が流れていないのは当然の結果ですからそんなことは当たり前です。

 

ですから単純にリンパマッサージをすればいいと言うわけではなくリンパマッサージと言うのは軽い擦るようなマッサージにしかなっていませんので本当の原因はリンパを流せばいいと言うわけではなくどうしてリンパが滞留してしまったのかと言う原因なんです。

 

リンパマッサージのように軽いマッサージを加えると確かにリンパが流れるでしょうけど強かろうが軽かろうがリンパは流れていかなければいけませんし、老廃物が溜まると言う事は普通では起こりません。どうして流れないのかと言うことを見つけたらなければ流せばいいと言うわけではないと言うことです。

 

肩こりになる原因

 

肩こりになる原因と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが肩の筋肉だったりその他にたまるのが原因なんですが溜まるのは筋肉だけではありません。

 

多く生み出されていくものは疲れやストレスです。

 

疲れやストレスの蓄積

 

肩こりを起こすときには人の体の中には弱い部分とそうでもない部分が存在しますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まっていき溜まることが原因で筋肉疲労が起きて背骨のズレが起きていきます。

 

肩こりもひどい時と軽い時があると思いますのでひどい時と言うのは疲れやストレスが多く溜まっている時であり軽い時と言うのは疲れやストレスの溜まる度合いが少し軽い時です。