骨盤矯正で骨盤が変わる

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくなら骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が大きくなりますし歪みや開きがあると代謝が悪くなりリンパの流れが阻害されて老廃物が多く貯まるということが起きてむくみや脂肪が増えていっている可能性がありますので骨盤を整えていくことが小尻になる条件だと思います.
骨盤矯正

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をするなら普通一般的にはエステの骨盤矯正が上げられるんですがエステでは当院とは違って発汗させるようなことで骨盤を小さくする方法をおしていると思いますので骨盤周辺の筋肉を刺激して揉んだり、マッサージをする事や代謝率を上げることで骨盤を小さくする方法と骨盤の中にある水分を出して発刊させるような方法で骨盤矯正をしていると思います。
エステで一般的にやっている骨盤矯正というのは骨盤をマッサージするような感覚とラップを巻いたりタオルを巻いたり、発汗させるようなクリームを塗ったり蒸気を当てたりすることで中にある水分を出して骨盤を引き締めていく方法です。
骨盤矯正とは

当院の骨盤矯正は

当院で行っている骨盤矯正というのはエステの骨盤矯正とは違い、洋服を脱いだり着替えたりする必要もなく、着たままの洋服で骨盤矯正をすることをしています。
当院の骨盤矯正は骨盤を整えていくことで骨盤を小さく引き締めていく方法を取り入れていますのでエステの骨盤矯正とは全然意味からして違います。

骨盤矯正をする時に

骨盤矯正をする時には検査することをしていますので検査をしてみると多くの方が骨盤の崩れを起こしていますので崩れる骨盤というのは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが歪んだり開いたりすると代謝が悪くなりリンパの停滞が起きて老廃物が多く食べるという検証で骨盤が大きくなっていますので歪みの状態から大きくなったものとむくみや脂肪が増えたことから大きくなった骨盤がほとんどです。
今まで骨盤矯正を希望されて訪れた方、全員の方の検査をしていますが骨盤の歪みや骨盤の開きが全員の方にあり、骨盤の歪み・骨盤の開きが、ない方はいませんでした。
骨盤矯正で小尻に
骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると代謝が悪くなり、リンパの流れも悪くなって老廃物が多く貯まるということが起きてしまいますので、老廃物が多く溜まれば溜まるほど浮腫になっていきます。
またもちろん骨盤矯正で骨盤を小さくしていくわけですから、食事も深く関係していますので当分家炭水化物や油文の摂取や、食べていなくても高いカロリーのものを取っていると同じことが言えると思いますので食事制限も気をつけなければいけません。

骨盤を小さくするなら

骨盤を小さくして行くなら、骨盤の歪みや骨盤の開きが、どうして起きているのかということも考えなければいけませんので何も原因がなくて、骨盤が歪んだり開いたりすることはないと思います。
また横座りやあぐらを組んだりすることで、骨盤が歪んだりすると大変なことになりますのでそんな格好をしても、骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。
あぐらを組んでいるからといって骨盤が歪んだり開いたりすることもありませんし横座りをしているからといっても骨盤が歪んだり開いたりすることもなく足を組んでいるからといって骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんが、こういう格好をしている時にあることが生み出されているのに気がついていない場合がありますのであることというのは疲れの蓄積です。
骨盤矯正で小尻へ

疲れやストレスと骨盤矯正

例えば人というのは座っているだけで疲れてしまいますから、足を組み替えたりすることが多くあると思うんですが座って同じ姿勢をしているだけでも、疲れは生み出されていきますけど動き出すことで、人の体は疲れたということを忘れたようになってしまいますが忘れただけで消えたわけではなく残ったままになっているのが原因で、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして行きます。

骨盤が歪んだり開いたりするのは

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのが日常で多くなるものが、体に蓄積していくのが原因なんですが仕事をしても生活をしても、運動しても疲れが生み出されていることに人は気が付いていますが、いつのまにか疲れは消えたように忘れて行くのでなくなったように思えるかもわかりませんが残ったままになっています
仕事をして、「あー疲れたなー」と思っても、いつのまにか感じなくなっているため忘れたようになっているんですが蓄積しています。
生活する時に掃除をしたり洗濯をしたり料理を作ったりすることでも疲れは生じていきますので、生じた疲れは、いつのまにか感じなくなりますが残ったままになっています。

蓄積する疲れと骨盤矯正

階段を上ったり歩いたりすることでも疲れまして行きますが、いつのまにか、なくなったように感じなくなるため忘れて行きますが、残ったままになっています。
残る残るといってもすべて100%が残るわけではなく残る度合いは、その時、その時でも違いますし人でも違います。
何をしても残る疲れが何もしなくても残る疲れもあり、疲れの蓄積が体のありとあらゆる悪い状態になっていき、代謝を悪くしたり、リンパの流れや老廃物が多く貯まる現象が起きたりむくみや脂肪になったり、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていく結果を招いて行けます。
骨盤矯正と太り
疲れの蓄積ほど強いものはなく疲れも午前中の疲れや午後の疲れが、夕方の疲れや1日の全ての疲れやそのまた次の疲れが蓄積していく現状で、疲れの蓄積を減らす努力をもしていないし考えてもいないのに減ることはありません。
疲れが多くなればなるほど、ストレスに変換されてしまい、疲れやストレスの蓄積から体は崩れを起こしていき、骨盤の崩れを起こし骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたりむくみや脂肪を多くしてしまう結果を生み出していきます。

骨盤矯正と眠り

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりする原因とむくみや脂肪が多くなる原因というのは日常で多くなっていく疲れやストレスがどれぐらい溜まってるから違うんですけど後は眠りの問題もかなり大きく問題となります。
骨盤矯正で小尻に
眠りというのは不眠症という言葉がありますが不眠症は寝ようとする時に寝つきが合悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症なんですが、不眠症とは違って夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないということがあるんですが眠りが浅い場合があります。
眠りが浅いということは睡眠負債という言葉があるんですが寝ているようで眠れていない現象で深い眠りが取れていない状態のことを言います。
深く眠りができていない限りは眠れているわけではなく眠りというのは脳が寝ていない限りは眠れていませんので夢を見たり寝ながら考え事をしている時間があって行けなくなっている方は眠れているわけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていき背骨のズレも起きて片方状態になっているのに気がついていない方も多くなっています。

 

トップへ戻る