骨盤矯正で小尻に

痛くもなく小尻になることができる骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正は始めから骨盤が小さくなることで人気があります。
骨盤矯正
当院では院長である私が骨盤矯正をしていきますが骨盤矯正をする前に骨盤の大きさをおぼえてもらって骨盤矯正に入ります。
必ず骨盤矯正に入る前には骨盤の幅を直前におぼえてもらいます。骨盤矯正をする前と骨盤矯正をそいたあとを比べることができるのが当院の特徴です。
ですから変わらなかったとか言うのはありませんが、わからないと言う方はいます。骨盤矯正も骨盤矯正に入る前に骨盤を触っておぼえてもらいますが、自分で自分の幅を触ることができない、おぼえていることができない方が時々いるのは事実です。
この方も履いてきたスカートやジーパンが緩くなってわかると言う方もいます。
骨盤が小さくなって、小さくなったのがわかるのは色々あると思いますが、一番はやはり自分の手でわかることです。

自分の手でわかる事

他人がメジャーなどで測ることも良いと思いますが、計測の位置が違ったり、骨盤矯正をする前にはゆるく測って、矯正した後はキツク測ると小さくなるのが当然です。しかしこれは嘘の骨盤矯正です。
こういう嘘や虚偽ないように自分の手で測るようにして触ると言うことは嘘や虚偽はありません。
しかしこの触り方は、簡単ではありません。簡単に触ってしまった方ほどわからないこともあります。
簡単ではないと言っているのに簡単に触っている方がいます。その触り方ではわからないかも、と思っていても言えないこともあります。
わかる方は「難しいですね」と言います。わからない方は簡単に短時間で触ります。
時間ではありませんが、手だけの触り方ではなく感覚神経を動員しないと把握ができません。把握すると言うことは感じようとすることです。
骨盤矯正
骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変わりません。(どんだけ大きいのか)
骨盤矯正で変わるのは1センチだったり2センチ、3センチです。
当院ではメジャーで測っていませんから、どれくらい変わったのかわかりませんが。大きく変わってもセンチでは測っていません。もしかしたら3センチ以上かも知れません。
個人とその時で変化はそれぞれ違います。
しかし骨盤矯正でも院長がした後の骨盤を維持することは誰でもできません。それには理由があります。

維持する、持続力

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れましたが、全員と言って良いほど体調が悪く、体調が良い方はいません。当院では検査する事ができます。
検査してみると体調が良い方は今まではいませんでした。
しかし体調とは体に蓄積した疲れやストレスの多さを言います。疲れやストレスの軽い方からひどいと思えるくらいため込んだ方。
疲れやストレスが多い方ほど維持する力がありません。持続させることはできないと思います。
ご自分の中の状態が悪い方ほど維持することはできません。
当院であることが起こりました。
それは骨盤矯正の途中で立ってもらった時がありました。そうすると立った瞬間から少しすると小さくなった骨盤が崩れていく、ことがありました。
このことがあってから研究しましたが、研究した結果、体調の悪さにあると気が付きました。
骨盤矯正をして、骨盤を小さくすることができても、しばらくすると戻ったりするのは、今までためてしまった疲れやストレスが原因です。
疲れやストレスを簡単に考えるべきものではありません。
疲れやストレスと言うのはためてしまうと大変な事につながっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは身体に蓄積していきますが、体のどこにたまっていくのか、知っている方、わかる方は少ないと思います。
専門家の先生も知る人はいません。
疲れやストレスは筋肉にもたまりますが内臓に多く蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。
内臓に疲れやストレスがたまると体調が落ちていきます。体調が落ちた方ほど落ち方においては、骨盤矯正をしても維持することはできません。
骨盤矯正
骨盤矯正をした後が、最高に良い状態ですから、そこからどれくらい落ちていくのか、と言う事になります。
どれくらい落ちるのか、と言うことが体調の状態です。
ですから2回目の骨盤矯正は体調も上げていくことをしていきます。
1回目の骨盤矯正は骨盤が小さくなると言うことを、わかってもらう為に骨盤周辺を触って骨盤を小さくしていくことをしていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは骨盤を小さくしていく方法です。骨盤を小さくしていく為には骨盤の歪み、骨盤の開きを矯正して整えていく事でも骨盤は小さくなります。
多くの方に骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。今まで骨盤の歪み・骨盤の開きがない方はいませんでした。
そして骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤周辺の脂肪や浮腫みがおおくなっていますから、脂肪や浮腫みを減らすことでも骨盤は小さくしていきますが、それだけではありません。
検査してみるとわかることなんですが、体調の落ちた方で骨盤の骨に炎症やハレがある方がいます。
骨盤にも炎症やハレがあると骨自体が大きく変形しています。生きているから骨も炎症やハレを起こします。
普通は起きるものではありません。しかし最近の骨盤矯正を希望させる方は骨の炎症やハレを起こして骨盤が変形しながら大きくなっています。
これを治療することができるので骨盤が正常に戻って小さくなっていきます。

トップへ戻る