頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるのは

頭痛を楽にしていくためには頭痛の原因になっている部分から楽にして直していくことをしています。
頭痛が起きている方、頭痛を繰り返す方、頭痛薬を持ち歩く方、頭痛もちの方は原因があって頭痛になっています。
頭痛薬などの痛み止めを飲めば頭痛は良くなるかも知れませんが、いつかは効かなくなったり、頭痛ではない他の原因に進行することもあります。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛
頭痛というのは頭の緊張です。この頭痛が起きる緊張が、どうして起きるのか、と言う理由があります。
この理由から楽にするというよりも直していかないと「頭痛が最近、起きていない」からと言って安心はしてはいられません。
一度、起きた頭痛は頭痛が起きていない時も進行していきます。頭痛持ちの方、頭痛を繰り返す方、時々頭痛が起きる方、などは風邪でもない時に起きていれば大変なことが起きています。
その大変なことが起きているのに頭痛薬を飲んで楽になるからと思っていると「いつかは」と言うことが起きてしまいます。

頭痛は

頭痛、頭の痛み、偏頭痛
最近の頭痛の方の原因は、睡眠負債です。
寝ているつもりでも眠りが浅いと脳疲労が日増しに強くなっていきます。
寝ている状態でも眠れていないと言う事です。
昔の睡眠不足の方は、寝つきが悪い、夜中に目を覚ます、一度目が覚めたら眠れない、寝始めが悪いなどと言う事でしたが、最近の睡眠負債の方は違います。
寝ているから、わからないと思いますが、夢ばかり見ると言うよりも、寝ながら考え事をしています。
両方とも眠りが浅い睡眠ですが、夢の方が、まだ寝ています。寝ていると言っても浅い睡眠には違いありません。

レム睡眠

眠りが浅い睡眠です。夢を見ることも多くありますが多くの方は起きた瞬間に夢を見ていたと言う記憶があります。
しかし寝ながら考え事をしていたと言う睡眠は、もっと浅く寝ています。妄想と同じような感じで寝が浅く脳が寝ていません。
脳が寝ていないと内臓も休めません。特に寝る前に食べると消化途中ですから、内臓が休めないと言うことは脳も休めません。
脳が休めないのに深く眠ることができる訳ありません。
この時に脳疲労が強くなっていき内臓疲労も極端に強く落ちていきますから体調がすごく悪くなります。
痛みやこりが起きる方もいますが、脳疲労が強くなるとエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというホルモンがでてきますから痛みやこりが感じなくなります。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛
エンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンはモルヒネににた成分なので鈍感になります。
しかし特別、限界を超えたものだけ痛みやこりとしてでてきます。
それが頭痛としておきていることもあります。
当院では検査することができます
当院の院長は検査することで、脳がどうなっているのか検査することができます。
脳が弱っているのか??
脳が緊張しているのか??
髄膜は??
頭の骨の頭蓋骨は??
体調は??
骨盤の歪み・背骨のズレの状態は??
という検査を頭痛の方も行う必要があります。
すれはすべてが頭痛の問題につながるからです。

トップへ戻る