腰痛、腰の痛みの起きる原因

腰痛や腰の痛みが起きたらまたは繰り返しやすい方は原因から改善していかなければいけませんが急性状態と言うのは今起きて数日夜起きた瞬間と言うのはできるだけ温めないようにして冷やしたほうが効果があります。
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起きるのは

急激な痛みに見舞われる腰痛や腰の痛みなんですが急性状態で起きた瞬間や2日か3日までの間はできるだけ温めないようにして患部を冷やして炎症や腫れを取り除く方が効果があります。痛みが起きてしまうときには起きた瞬間では何もわかっていないでも冷たい湿布を貼って冷やしたほうが効果がありますので収まるまでしばらく安静状態を保ったり家でゆっくりしたりと言うことをしたほうがいいと思いますし温めたほうがいいと言うことも聞くかもわかりませんが、温める時間というか状態が変わりますので何もわからないときには冷やしたほうがいいと思います。
腰痛、腰の痛みと歪みやズレ

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときには起きた瞬間や3日までの間は冷やしたほうがいいと思いますので温めたり入浴したりすることも悪いとは言いませんがそれぞれ皆さん状態が違いますので何もわからないときには冷やした方が慢性状態を防ぐと言うこともありますのでまずは冷やしてください。
しかし痛みになってしまった原因と言うのは痛みが治まった後も必ず残っていますので残った状態を確認するためにも検査することが必要になりますから検査をしてみて確認をしなければいけないと思います。

腰の痛みの原因

腰の痛みと言うと重たいものを持ったりして痛めてしまったり車の運転をしているだけで腰がズキズキ痛いとかくしゃみをしただけで腰が響くとかまっすぐ立っているだけで腰が痛いとか何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰を痛めてしまったり靴下をはこうとして腰が痛くなったり長く歩いているだけで腰が痛いとかいろいろなことを言われるんですがすべては原因があるから起きている現象なんです。
腰痛や腰の痛みの原因と言うのは普段から日常的に多くしているものが体に積み重なった結果で起きている現象があります
結果的には骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが原因なんですが歪みや開きや背骨のズレも原因がなくて起きる事はありませんのでどこかに原因があって起きているものです。
腰痛、腰の痛みが起きる

腰痛が起きるときには

腰痛が起きるときには土台である骨盤が歪んだり開いたりしてさらに背骨のズレが起きているときに体を支えることができない姿勢や重たいものを持ったりしてバランスが崩れた時に起きていますのでバランスや姿勢で崩れた状態の時に体を保持することができない状態つまり支えることができない状態の時に急激な痛みに見舞われます。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレもどうして起きるのか原因があるから起きている現象ですからどこに原因があるのかということを見つけ出さなければいけないと思いますので、見つけ出すためにも検査することをして骨盤の歪みや骨盤の開きが本当にあるのかと言う問題や背骨のズレの部分がどこにあるのかということを探す必要があります。
何も原因がなくて歪んだり開いたりずれたりする事はありませんので姿勢で歪んだりずれたり開いたりすることもありませんのでどうして歪んだり開いたりずれたりするのか原因を見つけ出す必要があります。
しかし結果的にはすぐに歪んだり開いたり、ずれたりすることがわかるんですが原因を見つけ出すと言う事は検査することができない限りは大変、難しいことです。

骨盤が歪んだり開いたりずれたりする原因

骨盤が歪んだりずれたりする原因と言うのは日常的に多くなっていくものがいつの間にか自分でも気がつかないうちに多く溜まっているのが原因なんです。
。人の体と言うのは
人の体は生きている限り生活している限り仕事をしている限りいろいろなことをやっていますので、いろいろなことをやるってしまうと疲れが生み出されていきます。
腰痛、腰の痛みは骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレから
生み出された疲れは体に蓄積していくんですが疲れと言うのは一過性で感じ取ることしかできませんので仕事をしても、あー疲れたなと思っても、いつの間にか感じなくなっていきますので、消えたようになくなったように思えるかも分かりませんが残ったままになっているんですが、残る度合いが皆さん違います。
。料理を作ったり洗濯をしたり掃除をしたり階段を登ったり降りたりすることでも疲れは生じていきますがその時にしか疲れは感じることができませんのでしばらくするとなくなったように、消えたように思えるかも分かりませんが大半は残ったままになっています。

歪みやズレから痛みもバランスも

残ったままになっている疲れが、どんどん蓄積していくとストレスに変換されてしまいストレスから体は、ありとあらゆるダメージを受けていきますので代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなって、老廃物が多くたまると言う現象が起きていきさらにそれだけではなく、背骨の歪みや骨盤の歪みや開きが起きていきます
疲れは限界なくため込むことができますので一過性で感じてしまう疲れなんですが疲れも多くなってしまうと、ストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積からありとあらゆることが、悪くなる現象が起きて行神経や血管やリンパの流れだけではなく、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていきさらに骨盤の狂いが生じた状態が、どこから起きているのかという問題も重なった状態で起きていきます。
疲れやストレスの蓄積と言うのは大変体に多くのダメージを与えてしまいますので疲れやストレスから、自分でも気がつかない位にたまったものが体にダメージを与えていく結果を招いて行目に見える現象として骨盤の歪みや骨盤の開きそしてさらに背骨のズレを起こしていっています。
腰痛、腰の痛みと疲れやストレスの蓄積

トップへ戻る