腰痛の原因

腰が痛くなったり、腰痛が起きるのは原因があるから腰痛になります。腰痛が起きても低周波治療器や電器をしたり、湿布を貼っても、病院で注射を打っても、マッサージしても、ボキボキしても腰痛は楽になるかも知れませんが、黒幕の原因は残ったままになっています。
腰痛
多くの腰痛の方の場合、急激な腰の痛みはある程度時間がたつと、少し楽になる方も多くいますが、治った訳ではありません。急性症状、急性状態が取れただけです。
急性状態・急激な症状が楽になっても腰痛を起こした原因は残っています。

腰痛と言うと、

重いものを持ったり、中腰で腰を痛めたり、同じ姿勢で腰が痛くなったり、車の運転で腰痛が起きたり、色々な腰痛の原因だと思われることがありますが、これらは原因ではなく切っ掛けです。
腰痛が起きるときには原因があるから切っ掛けで腰の痛みになります。

この腰痛が起きる原因は

腰痛の起きる原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。しかし骨盤の歪み・背骨のズレはない方はいません。多少なりとも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。
と言うのは骨盤の歪み・背骨のズレはあるものが原因で起きています。
このあるものとは特別なモノではなく誰でもあるものです。
ほとんどの方がこれを持っています。
それは生活したり、仕事をしたりすることでたまるものです。
そのたまるものとは疲れやストレスです。
体に多くの疲れやストレスがたまることで、この疲れやストレスは筋肉にもたまりながら最終的には内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではありません。
腰痛
内臓にたまる疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。
この骨盤の歪み・背骨のズレを起こす原因と言うのは内臓の中でも腎臓疲労が原因で起きています。
腎臓疲労が起きると腰の少し上に腎臓がありますから、その部分のハレや炎症が起きています。
腎臓疲労が起きると腎臓に関係する筋肉のバランスが崩れていきます。この筋肉は大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。
この筋肉は両方にありますが、多くの場合、この筋肉のバランスが崩れて骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

大腰筋、腸骨筋のバランス

大腰筋、腸骨筋の問題が骨盤の歪み・背骨のズレを起こして体を支えることができない状態になります。
この体を支えることができない状態の時に切っ掛けの重いものを持ったりすると腰痛になります。
一度、骨盤の歪み・背骨のズレが起きると急激な腰痛はある程度は楽になりますが、時々、腰痛が起きて腰が痛くなったり、いつも腰がと言う事になります。
悪化させると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になっていきます。

腰痛を解消するには

腰痛を解消するには骨盤の歪み・背骨のズレを解消していく必要があります。骨盤の歪み・背骨のズレを改善していきながら腎臓の疲労を解消して働きを上げていきます。
同時に骨盤の歪み・背骨のズレと腎臓の疲労を解消していくと腰痛が楽になっていきます。
当院に体質改善という治療法があります。この体質改善という治療法は腰痛の原因になっている腎臓の働きだけではんく腎臓自体を若返らせることができる事ができます。
腰痛の原因は腎臓が弱いからですから腎臓をつよくしていくことをすれば腎臓が若返りますから、若返った分だけ良く働きようになります。
腰痛

トップへ戻る