腰痛、腰の痛み

腰の痛みが起きた時に、色々な施術方がありますが当院は対症療法ではなく原因から改善していく根本施術をしています。
対症療法と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
腰痛、腰の痛み
対症療法と言う施術は痛みがある所に電気を当てて痛みを散らすことです。痛みがある所に対して施術していくので対症療法と言います。色々な腰痛、腰の痛みの改善法があるので、その説明をしていきます。
病院などと整体院やカイロプラクティック院との決定的な違いは保険です。保険が効くのが病院などで、整骨院さん、マッサージさん、指圧さん、鍼灸さんですね。これに対して整体院やカイロプラクティック院は保険は効きません。
しかし疑問が生まれませんか??

保険が効かないのは

どうして保険が効く所があるのに、保険が効かない整体やカイロプラクティックがあるのか????それは整体やカイロプラクティックでは歪みを矯正して体を整えていく施術をしているからです。
整体やカイロプラクティックも電気を使う所があります。しかし、電機などは痛みや
コリを散らしているだけです。電器などで痛みやコリが直ることはありません。散らすことをしているだけですから原因は残っています。
これに対して他院の整体院やカイロプラクティック院では歪みの矯正が目的ですが、当院では歪みの原因になるものから改善することをしています。

必ず、何も原因がなくて歪みが起きることはありません。

原因があって歪みが起きています。この歪みの原因は体の奥底にあるものです。この体の奥底になるものは時々、腰痛、腰の痛みなどを起こしながら、痛みがないときも進行していきます。進行したものが最終的なものにつながっていきます。
●病院(主に外科)では、レントゲンが撮れます。主には骨折、外傷(ケガ)などが主ですが、注射や湿布、薬などですね。電器もしている所もあります。電器を置いている種類が違います。保険が効くので安くて済みます。
●整骨院さんでは、体を揉んだり電気を充てる施術をしています。電器を当ててしているので対症療法になります。
●マッサージさんは筋肉に対して施術する方法で体を癒してくれます。
●指圧さんは、ツボを使って施術している所です。
●鍼灸さんは針とお灸の施術になります。
それぞれでしていることに違いはありますが、一例ではこんなところかと思います。

 

対症療法

対症療法と言うのは、原因は関係ないと言う事です。腰痛、腰の痛みの原因は歪みです。骨盤の歪み、背骨のズレ、筋肉、靭帯のバランスなどは関係ありません。ここが整体院やカイロプラクティック院の施術と違いです。しかし、整体院やカイロプラクティック院も、施術院で技術力が違います。対症療法の電器をしている所ほど技術不足がうかがえると思います。(あくまでも個人の感想ですが)
●当院の整体、カイロプラクティック療法は、ただ歪みがと言う訳ではなく、どうして歪みが起きたのかと言う施術をしています。必ず歪みが起きた原因があります。
この歪みから施術していく事をしています。腰痛、腰の痛みは、原因があって起きています。 この原因があると、いつ起きても不思議ではない状態になります。あとは起きる切っ掛けです。

腰痛、腰の痛みが起きる切っ掛けは

切っ掛けは、前かがみの姿勢で仕事をしていたら腰が痛い、庭仕事で座って仕事をしていたら腰が痛くなった、重いものを持とうとしたら腰が痛くなった、体を捻って物を取ろうとしたら腰が痛くなった、長く車の運転をしていたら腰が痛くなった、靴下を履こうとしていたら腰が痛い、ブーツを履いて歩いていたら腰が痛くなった、などなど色々な腰痛があります。

トップへ戻る