肩こりを楽にするなら

肩こりを改善していこうと思ったり楽にしたいと思うなら、肩こりの原因を見つけ出すことを考えないと何も原因を見つけ出すこともなく、筋肉を押したり揉んだりマッサージしても肩こりは楽になりますが、楽になることと原因を見つけ出して原因から解消していくということは全然意味からして違います。

 

肩こり

 

肩こりとは

 

肩こりというのは指先や腕や肩を使うことで筋肉疲労が起きたことを言いますので、筋肉疲労が起きてしまったら乳酸がたまったり代謝が悪くなったり、リンパの働きが悪くなっているを廃物が多く貯まるという現象は起きてしまいますが、普通であれば筋肉の疲労は自力で解消できなければいけないんですが、自力で解消できなくなることが原因で筋肉のコリを起こし肩こりになると思います。

 

普通は何気なく使っている指先や腕や肩というのはかなりの酷使状態になってしまっていますので酷使することが原因で、筋肉の疲労が取れないうちに次の広尾積み重なってしまうことが原因で肩こりになっていくんですが、普通であれば筋肉の緊張や筋肉のコリや筋肉の疲労があっても自力で解消できなければいけないんです。

 

肩こりとは普段の生活にも

 

肩こりを起こす時には普段の生活に原因があって起きていることがありますので、指先や腕や肩を使うことが原因で、どんな時でも生じてしまうのが、疲れの蓄積であるので疲れが多く溜まれば溜まるほど疲労になり、疲労から蓄積疲労になっていき筋肉の緊張や筋肉のコリや筋肉の疲労がとれなくなり代謝が悪くなったり、リンパの問題が起きたり老廃物がたまったりして筋肉疲労をとりづらくしてしまいます。

 

何気なく使っている指先や腕や肩を使うことで運動したりすることでも疲労が積み重なっていきますし、スマートフォンを操作する時でも指先や腕や肩に力が入ることから、筋肉疲労を起こすことで、肩の部分だけに筋肉の緊張や筋肉の疲労を起こしてしまい、肩こりになっていきますが普通であれば、筋肉疲労が起きても軽いうちは自力で取れることもありますが、多くなればなるほど、自力では解消することができなくなっていくことから筋肉の緊張が起こり肩こりになっていきます。

 

肩こりを解消するには

 

肩こりを解消するには普通一般的には湿布を貼ったり、家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらうことや低周波治療器に代表される電気や機械などをかけてもらう方法も肩こりを解消する方法なんですが、解消しても一時的であり原因を見つけ出すこともなく表面上の問題だけを解消しているだけなんです。

 

肩こりとは

 

肩こりを解消する方法は自分でする方法は筋トレをしたり肩や肩甲骨を動かして可動域を広げたりする方法が一般的な方法として挙げられますが筋肉が弱っているという専門家の先生もいますが筋肉はもちろん鍛えた方がいいんですが単純に弱っていることが原因で起きている肩こりであれば鍛えた方がいいと思いますが弱っているのに鍛えてしまうことがいいのかと言うとそうではありませんので確認をしなければいけません。

 

本当に肩の筋肉が弱っているのかどうかということを確認しないで行ってしまうと意味もなく痛めてしまったり逆になることもありますので注意しなければいけません。
弱っているのかどうかということや筋肉が本当に凝りを起こしているのかという問題も確認する必要がありますので確認するためには一番の方法は検査することです 。

 

普通一般的には筋肉を検査するということは難しいのでできない場合が多くあるんですがそれをやらない限りは本当に弱っているのかという問題やバランスが悪くなっているのかという問題も分からないと思いますし分からずに行ってしまっても良くなることもあるでしょうけど単純にそれだけでいいのかという問題があります。

 

当院の肩こり解消法は

 

当院で肩こりの方が来ると筋肉のコリが、どれぐらいあるのかという問題を割合で決めていますので検査した結果、多くの方は肩こりを100としたらパーセンテージ的に言うと2割か3割ぐらいが筋肉の緊張や筋肉のコリです。

 

あとの70%から80%の問題は筋肉だけではなく背骨のズレにあったりすることもありますので背骨のズレがどうして起きるのかという問題も確認しなければいけませんので何も原因がなくて背骨がズレたりすることはありません。

 

背骨のズレがあってもそれを矯正することは、もちろんですが強制すれば、全て終わりなのかという問題がありますので、背骨のズレも起きる原因があるからずれているわけですからずれた原因を見つけ出して変える事をしなければ、背骨のズレを本当の意味で矯正することはできないと思いますし整うことはありません。

 

どんなに背骨を整えて一時的に楽にすることはできても、原因が残っている限りはまたすぐに背骨がズレていくという現象が起こり、本当の原因を見つけ出して改善しなければ背骨のズレは延々と繰り返されてしまいます。

 

肩こりでも

 

肩こりが起きても人の体に何かの症状が起きる時には必ず原因があるから起きている現象なので筋肉のコリはどうして起きたのかという問題や身体全体の状態を確認することなく単純に肩を揉んだりマッサージしても楽になりますが楽になっても水面下で原因はいつまでも同じままではいられませんので進行するということがあるのが怖いところです。

 

せっかく筋肉のコリを起こして体が何かの異常を知らせているということもありますので知らせることを、メールの表示のように消すことなく原因を調べることをしないとメールの表示を消しただけでは体に残っている問題はクリアされることはありません。

 

例えることが非常に難しいですけど例えばビルの非常ベルが鳴ってもベルだけをスイッチを切って止めてもどこかに火災が起こっている可能性もあるということです。

 

この場合の火災というのは火元になりますが火元が原因の場合もありますので原因を見つけ出す事なく表面上のスイッチを切るように肩の筋肉を押したり揉んだりマッサージして楽にしても火元である原因が残ったままになっているということが大変怖いことなんです。

トップへ戻る