肩こりを解消するためには

肩こりを考えるときに、どうして起きたのか、どこから肩こりになってしまったのか、考えるようにして下さい。と言うのも肩こりと言うのは単純なことで起きていないからです。
本当の原因を知ってしまうと大変なことが起きているとわかります。
肩こりには、いくつかのコリがあります。筋肉だけのコリの場合と、筋肉も伴いながら起きている肩こり、こじらせている肩こりとあります。最近の肩こりの方は、こじらせている肩こりの方が多くなっています。
肩こりを楽にするには1回や数回で楽にります。
こじらせていない限りはですが。
肩こり

肩こりとは

しかし肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけ出すことは違います。
肩こりが起きるときには、普段していることが原因です。
毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスがたまっていきます。
この積み重なったものが肩こりになっていきます。
筋肉のコリから解消していきます。
筋肉のコリだけで起きている肩こりであれば楽になれば終了です。
しかし多くの肩こりには筋肉のコリだけで起きていることはありません。
筋肉のコリをほぐせば楽に感じてしまうことが多くありますが、楽になるだけでは持ちませんし繰り返しやすくなりますし、肩こりを感じない間も原因が進行する事もあります。
肩こりとは
表面上の肩こりのコリだけ楽にすれば肩こりを感じなくなることがありますから治ったと思うでしょうが違います。
表面上の肩こりを楽にするには湿布を貼ったり、マッサージしたり、低周波治療器や電器をしたりすることでも楽になります。
肩こりを楽にしていくなら筋肉のコリからほぐすようにして、ほぐれてきたら、それで終わりではなく、そこから肩こりの原因を見つけ出して原因から減らしていく事をしないと。多くの肩こりの治療は中途半端で止まっています。
肩こりと言うと筋肉さえほぐして楽にするばかりですが、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたりという肩こり解消法が多くありますが、確かに筋肉をほぐせば肩こりは楽になると思いますが、それだけではダメなんです。
肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけ出して変えていくことは違います。
楽にすることは楽にしているだけです。
原因が残ったままになっています。肩こりには肩こりを起こす原因があります。
肩こりの原因から変えていく為には、まずは肩こりを楽にすることを優先していきますが、その先にあるものがあります。
他の治療院の肩こり解消法は楽にしていることを治したと言っていますが、筋肉をほぐして、マッサージをして、低周波治療器や電器をして肩こりが直ることはありません。楽にしているだけです。
肩こりを楽にすることは短期で可能ですが、肩こりを直していくには、しばらくの回数が必要になります。

肩こりを楽にする

肩こりの説明をしていきますので、しばらく、お付き合いして下さい。
ボキボキしない整体カイロプラクティックで肩こりが楽になって、小顔矯正と骨盤矯正も好評ですよ。
肩こりというと筋肉のコリばかりして楽にしていることが多く見受けられます。
肩こりを楽にしていくことと、肩こりを直していくことは違います。
肩こりになると
確かに肩こりの筋肉のコリだけを解消すれば肩こりは楽に感じます。
肩こりを楽にして直したと思う方も多くいますし現実に専門家の先生も、そう思っています。
肩こりと言うとなんでもかんでも筋肉のコリと言うイメージが根付いている為と、実際に筋肉のコリをほぐせば楽に感じるからです。
しかし肩こりをらくにしても原因は残ったままになっています。
多くの肩こりを楽にする治療がありますが、多くは対症療法ばかりしています。
対症療法と言うのは、コリを感じる部分に対して何かをすることです。
何かとは湿布を貼ったりすることで肩こりが楽になることもあります。
湿布を貼ったりして肩こりが楽になることもありますが、肩こりにも程度があります。
程度が軽いものは肩こりが楽になります。
湿布を貼ったりして肩こりが楽になる場合は湿布の鎮痛効果と冷やすことで楽になります。
主には効果が色々ありますがスースーするインドメタシンと言う薬剤が鎮痛効果があります。
特に湿布と言うのは、捻挫などの炎症やハレを解消するのが目的です。
多くの肩こりは僧帽筋のコリから。

肩こりを解消する

肩こりを原因から解消することをしています。

肩こりには

@ 筋肉のコリ
A 筋肉が固くなっている肩こり
B 歪みやズレから起きる肩こり
C 内臓から起きる肩こり    があります。

肩こり

@ 筋肉のコリで肩こり 筋肉がコルとは筋肉がコリを起こすとリンパの流れが悪くなります。
しかし、肩こりが起きているときに、リンパの流れは悪くなるのは、当たり前と言う事で起きています。
でも、リンパの流れが悪い事が原因ではありません。
なぜ、リンパの流れが悪くなるのか、というのがあります。  
つまり、黒幕があると言う事になります。
肩こりと背骨のズレ
筋肉がコリを起こすと、老廃物もたまります。
老廃物が、たまると、血流が悪くなって、もっと肩こりが起きやすくなります。
筋肉のコリで肩こりが起きている方は、筋肉のコリをほぐしていきます。
そうすると、肩こりが楽になる方も多くいます。
しかし、肩こりの原因が、筋肉のコリではない方もいます。

筋肉が固くなって肩こりに

筋肉が固くなると言う事は、もう、揉んでも、揉んでも、その時だけの方です。
筋肉は、電機や機械でも、一時的に肩こりが解消したような感じになることがありますが、本当の問題は、全ての残っています。
筋肉も固くなることがあります。
筋肉が固くなると、いくら筋肉を揉んでも、ほぐしても、その時だけです。
筋肉が固い原因は、老化です。
老化している筋肉は、電機や機械、揉んでも、柔らかさを維持できません。
この時の筋肉の柔らかさを維持できるようにするには、体質改善という施術で筋肉を柔らかくしていく必要があります。
筋肉の柔らかさが維持できるようにしていく施術が体質改善 アンチエイジング(若返り)という施術です。

肩こりが歪みやズレから起きている方

肩こりは、体の歪みや背骨のズレからも起きます。筋肉のコリだけでもなく、筋肉が固くなっている肩こりでもなく、歪みやズレから起きている肩こりの方は多くいます。 体の歪みと首の骨や肩の骨のズレが起きて、肩こりになります。
しかし、Bの歪みとズレの原因は、
Cの内臓の疲れから起きています。
内臓から起きている肩こり。 体は内臓が疲れていると歪みやズレが起きます。
内臓にストレスがたまると、骨のズレや体の歪みになります。肩こりが長く続く場合は、内臓にストレスがたまって、骨のズレや体の歪みが起きている場合が多く見受けられます。
体の中から改善していくと内臓の疲れは軽くなっていきます。
そうすると、肩こりは楽になります。
内臓も元気になると、体全体が楽になります。
肩こりと背骨のズレと原因

肩こりを体質改善で根本から

歳とともに内臓も、老化しています。
この老化した内臓が肩こりを起こします。
老化した内臓は、改善できる方法があります。 当院では、この方法を体質改善 アンチエイジング(若返り)と言っています。
体の中から若返ることができるので、体も元気になるし、体調も良くなります。
弱くなった内臓を変えていくのが体質改善 アンチエイジング(若返り)と言う施術法です。
弱くなった内臓から起きる色々な症状が多くあります。でも、今は病気でもありません。 未病です。
未病と言うのは、今は病気ではないと言う意味です。

肩こりとは

普通は、肩こりは、筋肉で起きています。その筋肉は、僧帽筋と言う筋肉です。
この筋肉がコリを起こすと肩こりになります。
肩こりと言っても筋肉のコリだけで起こることは、ほとんどありません。
@肩こりが筋肉だけのコリだとしたら、そんなに長く肩こりは起きていません。  
何か、他の原因があるから、時々だったり、いつも肩こりが起きています。

肩こりが起きるのは

普通は、肩を使う仕事をした、パソコンを打つことをした、など、原因があります。  
これを、肩や腕を使って筋肉が、凝っていますので、使いコリと言います。 
使いコリは、通常でしたら、ホルモンが出て筋肉をほぐしていきます。  
筋肉は、通常、ホルモンでコリを解消することができます。  
筋肉のコリは、何もしなくても、解消できる時もありますが、コリが強くなると、ホルモンで解消していきます。
しかし、連続で肩を使う事をすると、ホルモンの分泌が、間に合いません。  
通常、夜、寝ているときに、ホルモンが分泌して筋肉のコリを解消していきます。  
しかし、眠りが浅かったりすると、ホルモンの分泌が正常に出なくて筋肉のコリを解消できません。  
眠りが浅いと、脳がストレスをためていきます。  
脳がストレスをたまると、寝ているつもりでも、積もりだけになります。  
体は、ドンドン体調を落としていきます。  
それに応じて、体に疲れやストレスがたまっていきます。
肩こりと眠り

トップへ戻る