肩こりとは筋肉のコリなので

肩こりに効果があるのは

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐして楽にすることからしていますが筋肉のこりと言うコリという意味は意味不明な言葉でもあります。意味不明な言葉というのはイメージしにくいからです。
肩こりとは
筋肉がこることを肩こりと言いますので筋肉のこりというのは筋肉疲労や緊張という感じだと思います。肩の筋肉というのは重たいものを持ったりしても使っていますし軽いものを持っても保つことを維持することでも使っていますから何をしても腕や肩や指を使うことが多くありますので使うことが多くなればなるほど筋肉疲労は起きても当然だと思います。

特別なことをしなくてもコル

特別なことをしなくても筋肉のコリは起きてしまいます。肩こりを起こす場合は普段の動作や生活で起きて積み重なったものが原因ですから、積み重なる原因というのは色々な所で存在しています。
最近は多くの方が携帯を扱うことが多くありますから携帯やスマートフォンを使うことでも小さいボタンを扱ったりすることで力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労につながっています。普段の生活でも窓を拭いたりすることでも掃除をしたりすることでも腕や肩や指をよく使っていますので使うことで筋肉疲労が溜まっていきたまったものが凝りになっていきます。
生活上では使うことが多くある筋肉ですから仕事をする時でも多くの筋肉を使っていますので筋肉疲労が積み重なったものが凝りという状態になっています。
肩こりが起きるのは

肩こりとは

肩こりというのはいつもいつも使うことが多くある筋肉ですから積み重なったものが解消できないうちに積み重なっていくことで緊張が強くなり筋肉疲労が抜けなくなった状態が肩こりです。肩こりを解消していく治療というのは色々あると思いますが多くは湿布を貼ったりしても筋肉疲労が取れていきますので筋肉疲労が取れる段階のものであれば湿布を貼ったりしても楽になっていきます。
しかし筋肉疲労を楽にすることばかりしていると原因が潜んでいる場合がありますので原因が潜んでいるものもいつまでも同じままではいられません。どうして肩こりが起きるのか。
原因があるのかということを考えなければいけませんので多くの場合、肩こりは原因が必ず潜んでいます。しかし原因を見つけるということは簡単な方法ではないために多くの場合、対症療法ばかりしてその場しのぎをしている場合があります。

コリを検査する

当院の院長は30年の経験がありますので検査することをしていますから肩こりの原因になってるものを見つけ出すことをしていますが簡単な方法ではありませんけど、できるから簡単にしています。
検査をすると言っても病院でしている検査とは違いますので尿検査や血液検査やエコーやレントゲン検査をとることはありません。
筋肉のコリを検査する時に10段階で分けて確認するようにしていますが多くの肩こりの場合筋肉のこりというのは2段階から3段階の場合が多くあります。ひどい肩でも4段階ぐらいだと思いますから10段階中10段階という方は今まで30年間肩こりを解消してきていません。
肩こりがになってしまうと
肩こりの場合筋肉のこりだと思っている場合が多くあると思いますが、筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは一人も今までいませんでしたのでその先にあるものが繋がっている場合が多くあります。
筋肉のコリの先に繋がるものというのは背骨のズレです。筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動いたりすると筋肉が引っ張られたり、緩んだりします。

筋肉が引っ張れたり緊張したり

筋肉が引っ張られたり緩んだりするとリンパの働きが悪くなっている老廃物が多く溜まっていき循環が悪くなります。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったりすることはありませんので老廃物が溜まるということは考えられませんから何かの原因があるからリンパの働き悪くなるというのは当然だと思います。
筋肉のコリが起きる時にはどうして起きるのかという原因がありますから肩こりを起こしている方も肩こりを感じている方も24時間、365日、肩こりを感じている方はいません。
肩こりを感じない時というのは何かに集中している時が多くありますが集中している場合は肩こりを忘れてしまっている場合がありますが終わった途端に肩こりを感じてしまう場合があります。

肩こりとは

肩こりを感じる場合と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで積み重なっていくものが少しだけ減った時が増えた時に関係しています。積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。
体というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで色々な疲れやストレスが多く溜まっていきますので増えていくばかりです。
増えていくばかりですから減らす努力をしないと減ることはありません。
多くの方が減らす努力もしないで溜まるばかりの場合があります。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので体には弱い部分が存在していますから弱い部分には多くの疲れやストレスが徐々に溜まるばかりです。
肩こりに効果があるのは

弱い部分に疲れやストレスがたまる

人の体というのは弱い部分塗装ではない部分が存在しますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まる傾向がありますから弱い部分に疲れやすいですがたまると何かが起こります。疲れやストレスが溜まるところというのは弱い部分に溜まると言いましたが筋肉にもたまりながらあるところに多くの疲れやストレスがたまる傾向があります。
体というのは何があるのかということを考えてください。
例えば体をぎゅっと絞ってみると体重が100 kg の方がいるとしたら水分が60 kg から70 kg 出てきます。 出てきますあとの水 出てきますあとの水分に何かが玉 出てきますあとの水分に何かがたまるという事もないしすい 出てきますあとの水分に何かがたまるという言葉ないし水分が悪さ起こしということも考えられませんから、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。
35 kg の中には神経と血管とリンパなどの管と皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在しません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓ということになりますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して説明をしっかりと聞いて早合点しないでください。
多くの方が 内臓と聞いてしまうと病気というの関係築けてしまいますが病気になってしまう前に内蔵にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスがたまるのは

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向があると説明したように弱い部分が筋肉だったり関節だったりまた内臓だったりという状態でコリに発展していきます。
筋肉よりも中心部であるのが内臓です。内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきます。内臓に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど回復する力や治ろうとする力というのは落ちていきます。
そのためいつまでも、これが残りやすくなったり戻りやすくなったり繰り返し安くなります。肩こりになる方は疲れやストレスが弱い部分に泊まって背骨がずれて筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。これが肩こりのメカニズムです。


トップへ戻る