肩こりを楽にするなら

肩こりを原因から改善することをしています。肩こりと言うと筋肉と言うイメージが強いくあります。
肩こりは筋肉疲労から起きています。一度、筋肉疲労が起き出すと肩こりになりやすくなります。
肩こり
肩こりを起こす筋肉は僧帽筋と言う名前の筋肉です。この僧帽筋がコリを起こした時にコリを感じて肩こりになっています。
肩こりと言うと筋肉のこりなので僧帽筋のコリが肩こりです。
しかし、どうして僧帽筋がコリを起こしているのか、と言う理由まで解消しないと、いくら筋肉だけ治療しても肩こりは、すぐに戻ります。
筋肉の疲労がたまった時には、肩を動かしたり、首を回したり、腕を動かすことで、リンパの流れ、循環も良くなりますから、循環やリンパの流れが解消すると普通のコリでしたら筋肉のコリは良くなります。
筋肉の疲労が起きて血流が悪くなると動かしたりするだけで老廃物が流れて流れることで、循環が良くなって筋肉疲労が解消していきます。
しかし筋肉疲労ではない状態でコリを起こしていると、そうはいきません。
筋肉も疲労状態が長いと筋肉の疲労では済まなくなります。筋肉の疲労が長くて多いと筋肉は固くなって老化していきます。
老化した筋肉は揉んでも一時的でしか変わりません。その時だけです。
老化した筋肉は低周波治療器をしても、一時的にしている時だけ良い感じがしますが、効果はありません。
筋肉の老化というのは、簡単なものではありませんし、変える治療はありません。
唯一、あるとしたら体質改善の治療だけです。
肩こり

肩こりは筋肉以外にも

肩こりと言うと筋肉のイメージが強くありますが、筋肉もどうして起きたのか、と言うことがあります。
多くの肩こりの場合、肩こりの筋肉のコリが起きるのは背骨の歪み、首の骨のズレが原因です。
背骨や首の骨がズレを起こすと筋肉は骨から骨へ付着していますので歪みやズレを起こすことで筋肉は引っ張られるようになります。
この引っ張られたりすることがコリになり肩こりになります。
特に体調が落ちた時に歪みやズレは大きく強くなりますから、肩こりを強く感じてしまいます。
体調が良いと肩こりは軽く感じるか、肩こりがありません。
しかし体調が落ちると肩こりが繰り返します。
体調の上下が起きるのは眠りの浅さと疲れやストレスの蓄積度合いです。
眠りが浅いと、体調は落ちていきます。どん底まで落ちる方もいます。奈落まで落ちた方もいます。さらにこれ以上落ちた方もいます。当院の院長は体調を検査することができます。
体調を検査すると、どこまで落ちているのか判断できます。
体調の落ち方には限界はありません。どこまでも落ちていきます。
落ちすぎ方は、そのままではいられません。何かの異常状態が起きていきます。
以前できたことがいつの間にかできなくなっていたりすることもあります。記憶の問題やうっかりが多くなったりすることもあります。
これも進行していきます。

肩こりと言うけど

肩こりというけど本当に体が起こす症状なので、簡単には考えることはできません。
ですが肩こりを起こしている方ほど、簡単に考えています。
湿布を貼ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、病院で注射を打ったり、薬やサプリメントで肩こりを改善しようとしたり。
肩こりは体が起こす唯一のボディランゲージです。
つまり警報です。その警報に気が付かず警報のスイッチを切るばかりしていて良いのか??と言うことを考えましょう。
肩こりは体が自分に知れせる警報です。どこかに異常があるから警報が鳴っています。
しかし警報が鳴っていてもマッサージ、低周波治療器や電器などをすると警報のスイッチを切ることができます。つまり肩こりを感じなくすると言う事です。
肩こり

トップへ戻る